geo 冗長ストレージ (GRS): Azure Storage のリージョン間レプリケーションGeo-redundant storage (GRS): Cross-regional replication for Azure Storage

geo 冗長ストレージ (GRS) は、プライマリ リージョンから数百マイル離れたセカンダリ リージョンにデータをレプリケートすることで、通年で少なくとも 99.99999999999999% (シックスティーンナイン) の持続性をオブジェクトに確保するように設計されています。Geo-redundant storage (GRS) is designed to provide at least 99.99999999999999% (16 9's) durability of objects over a given year by replicating your data to a secondary region that is hundreds of miles away from the primary region. ご使用のストレージ アカウントで GRS が有効になっている場合は、地域的な停電やプライマリ リージョンが復旧できない災害が発生しても、データは保持されます。If your storage account has GRS enabled, then your data is durable even in the case of a complete regional outage or a disaster in which the primary region isn't recoverable.

GRS を選択する場合は、関連する 2 つの選択肢から選択できます。If you opt for GRS, you have two related options to choose from:

  • GRS は、セカンダリ リージョンの別のデータセンターにデータをレプリケートしますが、Microsoft がプライマリ リージョンからセカンダリ リージョンへのフェールオーバーを開始する場合にのみ、そのデータを読み取ることができます。GRS replicates your data to another data center in a secondary region, but that data is available to be read only if Microsoft initiates a failover from the primary to secondary region.
  • 読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) は GRS に基づいています。Read-access geo-redundant storage (RA-GRS) is based on GRS. RA-GRS は、セカンダリ リージョンの別のデータセンターにデータをレプリケートします。また、セカンダリ リージョンから読み取るオプションもあります。RA-GRS replicates your data to another data center in a secondary region, and also provides you with the option to read from the secondary region. RA-GRS を使用すると、Microsoft がプライマリ リージョンからセカンダリ リージョンへのフェールオーバーを開始するかどうかにかかわらず、セカンダリ リージョンから読み取ることができます。With RA-GRS, you can read from the secondary region regardless of whether Microsoft initiates a failover from the primary to secondary region.

GRS または RA-GRS が有効なストレージ アカウントでは、すべてのデータが最初にローカル冗長ストレージ (LRS) でレプリケートされます。For a storage account with GRS or RA-GRS enabled, all data is first replicated with locally redundant storage (LRS). 更新は、まずプライマリの場所にコミットされ、LRS を使用してレプリケートされます。An update is first committed to the primary location and replicated using LRS. 更新は、GRS を使用してセカンダリ リージョンに非同期にレプリケートされます。The update is then replicated asynchronously to the secondary region using GRS. データがセカンダリの場所に書き込まれると、LRS を使用してその場所内にレプリケートされます。When data is written to the secondary location, it's also replicated within that location using LRS.

プライマリ リージョンとセカンダリ リージョンの両方が、ストレージ スケール ユニット内の異なる障害ドメインとアップグレード ドメイン間でレプリカを管理します。Both the primary and secondary regions manage replicas across separate fault domains and upgrade domains within a storage scale unit. ストレージ スケール ユニットは、データセンター内の基本的なレプリケーション ユニットです。The storage scale unit is the basic replication unit within the datacenter. このレベルのレプリケーションは LRS で提供されています。詳細については、「ローカル冗長ストレージ (LRS):Azure Storage の低コストのデータ冗長性」を参照してください。Replication at this level is provided by LRS; for more information, see Locally redundant storage (LRS): Low-cost data redundancy for Azure Storage.

使用するレプリケーション オプションを決定するときは、次の点に注意してください。Keep these points in mind when deciding which replication option to use:

  • ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は同期レプリケーションの可用性を高めるため、シナリオによっては GRS または RA-GRS よりも適した選択肢となります。Zone-redundant storage (ZRS) provides highly availability with synchronous replication and may be a better choice for some scenarios than GRS or RA-GRS. ZRS の詳細については、ZRS に関するページを参照してください。For more information on ZRS, see ZRS.
  • 非同期レプリケーションには、データがプライマリ リージョンに書き込まれた時間から、それがセカンダリ リージョンにレプリケートされるまでの遅延が伴います。Asynchronous replication involves a delay from the time that data is written to the primary region, to when it is replicated to the secondary region. 地域的な災害が発生した場合に、データをプライマリ リージョンから復旧できないと、セカンダリ リージョンにまだレプリケートされていない変更が失われる可能性があります。In the event of a regional disaster, changes that haven't yet been replicated to the secondary region may be lost if that data can't be recovered from the primary region.
  • GRS では、Microsoft がセカンダリ リージョンへのフェールオーバーを開始しない限り、レプリカを読み取りまたは書き込みアクセスに利用できません。With GRS, the replica isn't available for read or write access unless Microsoft initiates a failover to the secondary region. フェールオーバーの場合、フェールオーバーの完了後にそのデータへの読み取りおよび書き込みアクセス権が得られます。In the case of a failover, you'll have read and write access to that data after the failover has completed. 詳細については、ディザスター リカバリーのガイダンスに関するページを参照してください。For more information, please see Disaster recovery guidance.
  • アプリケーションがセカンダリ リージョンから読み取る必要がある場合は、RA-GRS を有効にします。If your application needs to read from the secondary region, enable RA-GRS.

読み取りアクセス geo 冗長ストレージRead-access geo-redundant storage

読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) は、ストレージ アカウントの可用性を最大化します。Read-access geo-redundant storage (RA-GRS) maximizes availability for your storage account. RA-GRS は、2 つのリージョンにまたがる geo レプリケーションだけでなく、セカンダリ ロケーションにあるデータに対する読み取り専用アクセスを提供します。RA-GRS provides read-only access to the data in the secondary location, in addition to geo-replication across two regions.

セカンダリ リージョンのデータに対して読み取り専用アクセスを有効にすると、ご利用のストレージ アカウントのプライマリ エンドポイントだけでなく、セカンダリ エンドポイントのデータも使用できます。When you enable read-only access to your data in the secondary region, your data is available on a secondary endpoint as well as on the primary endpoint for your storage account. セカンダリ エンドポイントはプライマリ エンドポイントと似ていますが、アカウント名に –secondary というサフィックスが追加されます。The secondary endpoint is similar to the primary endpoint, but appends the suffix –secondary to the account name. たとえば、Blob service のプライマリ エンドポイントが myaccount.blob.core.windows.net の場合、セカンダリ エンドポイントは myaccount-secondary.blob.core.windows.net になります。For example, if your primary endpoint for the Blob service is myaccount.blob.core.windows.net, then your secondary endpoint is myaccount-secondary.blob.core.windows.net. ストレージ アカウントのアクセス キーは、プライマリ エンドポイントとセカンダリ エンドポイントの両方で同じです。The access keys for your storage account are the same for both the primary and secondary endpoints.

RA-GRS 使用時の考慮事項:Some considerations to keep in mind when using RA-GRS:

  • RA-GRS を使うときは、通信対象のエンドポイントをアプリケーションで管理する必要があります。Your application has to manage which endpoint it is interacting with when using RA-GRS.
  • 非同期レプリケーションには遅延が伴うため、データをプライマリ リージョンから復旧できないと、セカンダリ リージョンにまだレプリケートされていない変更は失われる可能性があります。Since asynchronous replication involves a delay, changes that haven't yet been replicated to the secondary region may be lost if data can't be recovered from the primary region.
  • ストレージ アカウントの最後の同期時刻を確認できます。You can check the Last Sync Time of your storage account. 最後の同期時刻は、GMT 日付/時刻の値です。Last Sync Time is a GMT date/time value. 最後の同期時刻より前にプライマリに対して書き込まれたデータはすべて、セカンダリ ロケーションに対して正常に書き込まれています。つまり、これらのデータは、セカンダリ ロケーションから読み取ることができます。All primary writes before the Last Sync Time have been successfully written to the secondary location, meaning that they are available to be read from the secondary location. 最後の同期時刻より後にプライマリに対して書き込まれたデータに関しては、読み取りできる場合とできない場合とがあります。Primary writes after the Last Sync Time may or may not be available for reads yet. この値を、Azure PortalAzure PowerShell、または Azure Storage クライアント ライブラリの 1 つを使用して、クエリできます。You can query this value using the Azure portal, Azure PowerShell, or from one of the Azure Storage client libraries.
  • セカンダリ リージョンへの GRS または RA-GRS アカウントのアカウント フェールオーバー (プレビュー) を開始する場合、そのアカウントへの書き込みアクセスは、フェールオーバーが完了した後に復元されます。If you initiate an account failover (preview) of a GRS or RA-GRS account to the secondary region, write access to that account is restored after the failover has completed. 詳細については、「ディザスター リカバリーとストレージ アカウントのフェールオーバー (プレビュー)」を参照してください。For more information, see Disaster recovery and storage account failover (preview).
  • RA-GRS は高可用性を目的として作られています。RA-GRS is intended for high-availability purposes. スケーラビリティのガイダンスについては、パフォーマンス チェックリストをご覧ください。For scalability guidance, review the performance checklist.
  • RA-GRS を使用して高可用性を確保するためのお勧めの設計方法については、「RA-GRS を使用した高可用性アプリケーションの設計」を参照してください。For suggestions on how to design for high availability with RA-GRS, see Designing Highly Available Applications using RA-GRS storage.

GRS の RPO や RTO とは何ですか。What is the RPO and RTO with GRS?

Recovery Point Objective (RPO: 目標復旧ポイント): GRS と RA-GRS のストレージ サービスでは、データがプライマリ ロケーションからセカンダリ ロケーションに非同期的に geo レプリケートされます。Recovery Point Objective (RPO): In GRS and RA-GRS, the storage service asynchronously geo-replicates the data from the primary to the secondary location. プライマリ リージョンが使用不能になった場合は、セカンダリ リージョンへのアカウント フェールオーバー (プレビュー) を実行できます。In the event that the primary region becomes unavailable, you can perform an account failover (preview) to the secondary region. フェールオーバーを開始すると、geo レプリケートされていない最近の変更が失われる可能性があります。When you initiate a failover, recent changes that haven't yet been geo-replicated may be lost. データが失われる可能性がある分数は、RPO と呼ばれます。The number of minutes of potential data that's lost is known as the RPO. RPO は、データを復旧できる対象の時点を示します。The RPO indicates the point in time to which data can be recovered. 現在、geo レプリケーションの所要時間を規定する SLA はありませんが、Azure Storage では RPO を 15 分未満とするのが一般的です。Azure Storage typically has an RPO of less than 15 minutes, although there's currently no SLA on how long geo-replication takes.

Recovery Time Objective (RTO: 目標復旧時間): RTO は、フェールオーバーを実行してストレージ アカウントをオンラインに戻すまでにかかる時間の指標です。Recovery Time Objective (RTO): The RTO is a measure of how long it takes to perform the failover and get the storage account back online. フェールオーバーの所要時間には、次のアクションが含まれます。The time to perform the failover includes the following actions:

  • プライマリからセカンダリ リージョンへのストレージ アカウントのフェールオーバーが開始されるまでの時間。The time until the customer initiates the failover of the storage account from the primary to the secondary region.
  • Azure がプライマリ DNS エントリの参照先をセカンダリ ロケーションに変更してフェールオーバーを実行するのに必要な時間。The time required by Azure to perform the failover by changing the primary DNS entries to point to the secondary location.

ペアになっているリージョンPaired regions

ストレージ アカウントの作成時に、アカウントのプライマリ リージョンを選択します。When you create a storage account, you select the primary region for the account. ペアのセカンダリ リージョンはプライマリ リージョンに基づいて決定され、変更することはできません。The paired secondary region is determined based on the primary region, and can't be changed. Azure でサポートされているリージョンに関する最新の情報については、「ビジネス継続性とディザスター リカバリー (BCDR): Azure のペアになっているリージョン」を参照してください。For up-to-date information about regions supported by Azure, see Business continuity and disaster recovery (BCDR): Azure paired regions.

関連項目See also