ゾーン冗長ストレージ (ZRS):高可用 Azure Storage アプリケーションZone-redundant storage (ZRS): Highly available Azure Storage applications

ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は、1 つのリージョン内の 3 つのストレージ クラスターにデータを同期してレプリケートします。Zone-redundant storage (ZRS) replicates your data synchronously across three storage clusters in a single region. 各ストレージ クラスターは物理的に他のストレージ クラスターと分離されており、それぞれの可用性ゾーン (AZ) 内にあります。Each storage cluster is physically separated from the others and is located in its own availability zone (AZ). 各可用性ゾーンは—その中の ZRS クラスターとともに—自律的であり、独立したユーティリティとネットワーク機能を備えています。Each availability zone—and the ZRS cluster within it—is autonomous and includes separate utilities and networking features.

ZRS レプリケーションを使用してストレージ アカウントにデータを格納した場合、可用性ゾーンが使用できなくなったときに、データに引き続きアクセスして管理することができます。When you store your data in a storage account using ZRS replication, you can continue to access and manage your data if an availability zone becomes unavailable. ZRS はパフォーマンスに優れ、短い待機時間です。ZRS provides excellent performance and low latency. ZRS は、ローカル冗長ストレージ (LRS) と同じスケーラビリティ ターゲットを実現します。ZRS offers the same scalability targets as locally redundant storage (LRS).

一貫性、持続性、および高可用性を必要とするシナリオの場合は ZRS を検討してください。Consider ZRS for scenarios that require consistency, durability, and high availability. 停電または自然災害によって可用性ゾーンが利用できない場合でも、ZRS は、ストレージ オブジェクトに年間 99.9999999999% (トゥエルブ ナイン) 以上の持続性を実現します。Even if an outage or natural disaster renders an availability zone unavailable, ZRS offers durability for storage objects of at least 99.9999999999% (12 9's) over a given year.

可用性ゾーンの詳細については、Availability Zones の概要に関するページを参照してください。For more information about availability zones, see Availability Zones overview.

サポート範囲とリージョンの可用性Support coverage and regional availability

現在、ZRS は標準の汎用 v2 のアカウントの種類をサポートしています。ZRS currently supports standard general-purpose v2 account types. ストレージ アカウントの種類の詳細については、Azure Storage アカウントの概要に関するページを参照してください。For more information about storage account types, see Azure storage account overview.

ZRS は、ブロック BLOB、非ディスク ページ BLOB、ファイル、テーブル、およびキューに使用できます。ZRS is available for block blobs, non-disk page blobs, files, tables, and queues.

ZRS は、次のリージョンで一般公開されています。ZRS is generally available in the following regions:

  • 東南アジアAsia Southeast
  • 西ヨーロッパEurope West
  • 北ヨーロッパEurope North
  • フランス中部France Central
  • 東日本Japan East
  • 英国南部UK South
  • 米国東部US East
  • 米国東部 2US East 2
  • 米国西部 2US West 2
  • 米国中部US Central

Microsoft は、今後も ZRS が有効な Azure リージョンを増やす予定です。Microsoft continues to enable ZRS in additional Azure regions. 新しいリージョンの情報については、Azure サービスの更新情報に関するページを定期的に参照してください。Check the Azure Service Updates page regularly for information about new regions.

ゾーンが利用不可になった場合What happens when a zone becomes unavailable?

データは、ゾーンが使用できなくなった場合でも読み取り操作と書き込み操作の両方にアクセスできます。Your data is still accessible for both read and write operations even if a zone becomes unavailable. 一時的な障害の処理の方法に従うことをお勧めします。Microsoft recommends that you continue to follow practices for transient fault handling. これらの方法には、指数バックオフを使用した再試行ポリシーの実行などがあります。These practices include implementing retry policies with exponential back-off.

ゾーンが利用不可になると、Azure は DNS の再指定などのネットワークの更新を実行します。When a zone is unavailable, Azure undertakes networking updates, such as DNS repointing. このような更新は、更新が完了する前にデータにアクセスしている場合、アプリケーションに影響を与える可能性があります。These updates may affect your application if you are accessing your data before the updates have completed.

ZRS は、複数のゾーンが永続的に影響を受けるリージョンの災害からデータを保護することはできませんが、ZRS may not protect your data against a regional disaster where multiple zones are permanently affected. データが一時的に利用できなくなった場合は、そのデータの回復性を提供します。Instead, ZRS offers resiliency for your data if it becomes temporarily unavailable. リージョンの災害から保護するには、geo 冗長ストレージ (GRS) を使用することをお勧めします。For protection against regional disasters, Microsoft recommends using geo-redundant storage (GRS). GRS について詳しくは、「geo 冗長ストレージ (GRS):Azure Storage のリージョン間レプリケーション」をご覧ください。For more information about GRS, see Geo-redundant storage (GRS): Cross-regional replication for Azure Storage.

ZRS レプリケーションへの変換Converting to ZRS replication

LRS、GRS、および RA-GRS 間の移行は簡単です。Migrating to or from LRS, GRS, and RA-GRS is straightforward. アカウントの冗長性の種類を変更するには、Azure portal またはストレージ リソース プロバイダー API を使用します。Use the Azure portal or the Storage Resource Provider API to change your account's redundancy type. その後 Azure は、データを適宜レプリケートします。Azure will then replicate your data accordingly.

ZRS との間のデータ移行には別の戦略が必要です。Migrating data to or from ZRS requires a different strategy. ZRS 移行には、リージョン内の 1 つのストレージ スタンプから複数のスタンプへのデータの物理的移動が含まれます。ZRS migration involves the physical movement of data from a single storage stamp to multiple stamps within a region.

ZRS に移行するとき、主に 2 つの選択肢があります。There are two primary options for migration to ZRS:

  • 既存のアカウントから新しい ZRS アカウントにデータを手動でコピーまたは移動する。Manually copy or move data to a new ZRS account from an existing account.
  • ライブ マイグレーションを要求する。Request a live migration.

手動の移行を実行することを強くお勧めします。Microsoft strongly recommends that you perform a manual migration. 手動の移行はライブ マイグレーションよりも高い柔軟性を備えています。A manual migration provides more flexibility than a live migration. 手動の移行では、タイミングを制御できます。With a manual migration, you're in control of the timing.

手動の移行を実行する場合は、次の選択肢があります。To perform a manual migration, you have options:

  • AzCopy のような既存のツール、Azure Storage クライアント ライブラリのいずれか、 または信頼できるサード パーティ製ツールを使用します。Use existing tooling like AzCopy, one of the Azure Storage client libraries, or reliable third-party tools.
  • Hadoop または HDInsight に詳しい場合は、ソースと宛先 (ZRS) の両方のアカウントをクラスターにアタッチします。If you're familiar with Hadoop or HDInsight, attach both source and destination (ZRS) account to your cluster. 次に、DistCp などのツールを使用してデータ コピー処理を並列化します。Then, parallelize the data copy process with a tool like DistCp.
  • Azure Storage クライアント ライブラリのいずれかを使用して、独自のツールをビルドします。Build your own tooling using one of the Azure Storage client libraries.

手動の移行ではアプリケーションのダウンタイムが発生することがあります。A manual migration can result in application downtime. アプリケーションが高可用性を必要とする場合、Microsoft はライブ マイグレーションのオプションも提供します。If your application requires high availability, Microsoft also provides a live migration option. ライブ マイグレーションはインプレース移行です。A live migration is an in-place migration.

ライブ マイグレーション中は、データがソースと宛先のストレージ スタンプ間で移行中にストレージ アカウントを使用できます。During a live migration, you can use your storage account while your data is migrated between source and destination storage stamps. 移行プロセス中は、通常と同じレベルの持続性と可用性の SLA を維持できます。During the migration process, you have the same level of durability and availability SLA as you normally do.

ライブ マイグレーションでは次の制限に注意してください。Keep in mind the following restrictions on live migration:

  • Microsoft はお客様のライブ マイグレーションの要求に速やかに対応しますが、ライブ マイグレーションがいつ完了するかについての保証はありません。While Microsoft handles your request for live migration promptly, there's no guarantee as to when a live migration will complete. データを特定の日付までに ZRS に移行する必要がある場合は、手動の移行を実行することをお勧めします。If you need your data migrated to ZRS by a certain date, then Microsoft recommends that you perform a manual migration instead. 一般的に、アカウントで保存しているデータが多いほど、データの移行には時間がかかります。Generally, the more data you have in your account, the longer it takes to migrate that data.
  • ライブ マイグレーションは、LRS または GRS のレプリケーションを使用するストレージ アカウントについてのみサポートされます。Live migration is supported only for storage accounts that use LRS or GRS replication. 自分のアカウントが RA-GRS を使用している場合は、続行する前に、まず自分のアカウントのレプリケーションの種類を LRS または GRS のいずれかに変更する必要があります。If your account uses RA-GRS, then you need to first change your account's replication type to either LRS or GRS before proceeding. この中間の手順により、移行前に RA GRS によって提供される読み取り専用のセカンダリ エンドポイントが削除されます。This intermediary step removes the secondary read-only endpoint provided by RA-GRS before migration.
  • アカウントにはデータが含まれている必要があります。Your account must contain data.
  • 同じリージョン内のデータのみ移行できます。You can only migrate data within the same region. ソース アカウントとは異なるリージョンにある ZRS アカウントにデータを移行する場合は、手動の移行を実行する必要があります。If you want to migrate your data into a ZRS account located in a region different than the source account, then you must perform a manual migration.
  • Standard ストレージ アカウントの種類のみがライブ マイグレーションをサポートします。Only standard storage account types support live migration. Premium ストレージ アカウントは手動で移行する必要があります。Premium storage accounts must be migrated manually.
  • ZRS から LRS、GRS、RA-GRS にライブ マイグレーションすることはできません。Live migration from ZRS to LRS, GRS or RA-GRS is not supported. 新しいストレージ アカウントか既存のストレージ アカウントにデータを手動で移動する必要があります。You will need to manually move the data to a new or an existing storage account.

ライブ マイグレーションは Azure サポート ポータルから要求できます。You can request live migration through the Azure Support portal. ポータルから、ZRS に変換するストレージ アカウントを選択します。From the portal, select the storage account you want to convert to ZRS.

  1. [新しいサポート要求] を選択しますSelect New Support Request
  2. アカウント情報に基づき [基本] に入力します。Complete the Basics based on your account information. [サービス] セクションで、[Storage Account Management](ストレージ アカウントの管理) と ZRS に変換するリソースを選択します。In the Service section, select Storage Account Management and the resource you want to convert to ZRS.
  3. [次へ] を選択します。Select Next.
  4. [Problem](問題) セクションで以下の値を指定します。Specify the following values the Problem section:
    • [重大度]:既定値をそのまま使用します。Severity: Leave the default value as-is.
    • [問題の種類]:[データ移行] を選択します。Problem Type: Select Data Migration.
    • [カテゴリ]:[Migrate to ZRS within a region](リージョン内の ZRS への移行) を選択します。Category: Select Migrate to ZRS within a region.
    • [タイトル]:ZRS アカウント移行などのわかりやすいタイトルを入力します。Title: Type a descriptive title, for example, ZRS account migration.
    • [詳細]:[詳細] ボックスには、たとえば、__ リージョンで [LRS、GRS] から ZRS に移行するなどの詳細情報を入力します。Details: Type additional details in the Details box, for example, I would like to migrate to ZRS from [LRS, GRS] in the __ region.
  5. [次へ] を選択します。Select Next.
  6. [連絡先情報] ブレードの連絡先情報が正しいことを確認します。Verify that the contact information is correct on the Contact information blade.
  7. 作成 を選択します。Select Create.

サポート担当者はお客様に連絡し、必要なサポートを提供します。A support person will contact you and provide any assistance you need.

ZRS のライブ マイグレーションについてよくあるご質問Live migration to ZRS FAQ

移行中はダウンタイムを予定するべきですか。Should I plan for any downtime during the migration?

移行によってダウンタイムが発生することはありません。There is no downtime caused by the migration. ライブ マイグレーション中、移行元と移行先のストレージ スタンプの間でデータが移行されているとき、引き続きストレージ アカウントを使用できます。During a live migration, you can continue your storage account while your data is migrated between source and destination storage stamps. 移行プロセス中は、通常と同じレベルの持続性と可用性の SLA を維持できます。During the migration process, you have the same level of durability and availability SLA as you normally do.

移行でデータが失われることはありますか。Is there any data loss associated with the migration?

移行でデータが失われることはありません。There is no data loss associated with the migration. 移行プロセス中は、通常と同じレベルの持続性と可用性の SLA を維持できます。During the migration process, you have the same level of durability and availability SLA as you normally do.

移行が完了したら、アプリケーションを更新する必要はありますか。Are any updates required to the application(s) once the migration is complete?

移行が完了すると、アカウントのレプリケーション タイプが "ゾーン冗長ストレージ (ZRS)" に変わります。Once the migration is complete the replication type of the account(s) will change to "Zone-redundant storage (ZRS)". サービス エンドポイント、アクセス キー、SAS、その他のアカウント構成オプションは変更されません。Service endpoints, access keys, SAS and any other account configuration options remain unchanged and intact.

汎用 v1 アカウントを ZRS にライブ マイグレーションするように依頼できますか。Can I request a live migration of my general-purpose v1 account(s) to ZRS?

ZRS は汎用 v2 アカウントにのみ対応しています。そのため、ZRS へのライブ マイグレーションを依頼する前に、必ずアカウントを汎用 v2 にアップグレードしてください。ZRS only supports general-purpose v2 accounts so before submitting a request for a live migration to ZRS make sure to upgrade your account(s) to general-purpose v2. 詳細については、「Azure ストレージ アカウントの概要」と「汎用 v2 ストレージ アカウントにアップグレードする」を参照してください。See Azure storage account overview and Upgrade to a general-purpose v2 storage account for more details.

読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) アカウントを ZRS にライブ マイグレーションするように依頼できますか。Can I request a live migration of my read-access geo-redundant storage (RA-GRS) account(s) to ZRS?

ZRS へのライブ マイグレーションを依頼する前に、アプリケーションとワークロードで読み取り専用セカンダリ エンドポイントにアクセスする必要がないことを確認し、ストレージ アカウントのレプリケーション タイプを geo 冗長ストレージ (GRS) に変更してください。Before submitting a request for a live migration to ZRS make sure your application(s) or workload(s) no longer require access to the secondary read-only endpoint and change the replication type of your storage account(s) to geo-redundant storage (GRS). 詳細については、「レプリケーション戦略の変更」を参照してください。See Changing replication strategy for more details.

別のリージョンにある ZRS にストレージ アカウントをライブ マイグレーションするように依頼できますか。Can I request a live migration of my storage account(s) to ZRS to another region?

ソース アカウントのリージョンとは異なるリージョンにある ZRS アカウントにデータを移行する場合は、手動で移行する必要があります。If you want to migrate your data into a ZRS account located in a region different from the region of the source account, then you must perform a manual migration.

ZRS クラシック:BLOB の冗長性をブロックするレガシー オプションZRS Classic: A legacy option for block blobs redundancy

注意

Microsoft は、2021 年 3 月 31 日に ZRS クラシック アカウントを非推奨にして移行します。Microsoft will deprecate and migrate ZRS Classic accounts on March 31, 2021. ZRS クラシックのお客様には、非推奨になる前に詳細をご連絡します。More details will be provided to ZRS Classic customers before deprecation.

リージョンで ZRS が一般公開されると、そのリージョンのポータルからは ZRS クラシック アカウントを作成できなくなります。Once ZRS becomes generally available in a region, customers won't be able to create ZRS Classic accounts from the Portal in that region. Microsoft PowerShell と Azure CLI を使用した ZRS クラシック アカウントの作成は、ZRS クラシックが非推奨になるまでのオプションです。Using Microsoft PowerShell and Azure CLI to create ZRS Classic accounts is an option until ZRS Classic is deprecated.

ZRS クラシックでは、1 つから 2 つのリージョン内の複数のデータセンターに、データが非同期的にレプリケートされます。ZRS Classic asynchronously replicates data across data centers within one to two regions. Microsoft がセカンダリへのフェールオーバーを開始していないと、レプリケートされたデータを利用できないことがあります。Replicated data may not be available unless Microsoft initiates failover to the secondary. ZRS クラシック アカウントと LRS、GRS、または RA-GRS を相互に変換することはできません。A ZRS Classic account can't be converted to or from LRS, GRS, or RA-GRS. また、ZRS クラシック アカウントは、メトリックまたはログをサポートしていません。ZRS Classic accounts also don't support metrics or logging.

ZRS クラシックを利用できるのは、汎用 V1 (GPv1) ストレージ アカウントのブロック BLOB に限られます。ZRS Classic is available only for block blobs in general-purpose V1 (GPv1) storage accounts. ストレージ アカウントについて詳しくは、「Azure ストレージ アカウントの概要」をご覧ください。For more information about storage accounts, see Azure storage account overview.

LRS、ZRS クラシック、GRS、または RA-GRS アカウントとの間で ZRS アカウント データを手動で移行するには、次のいずれかのツールを使用します:AzCopy、Azure Storage Explorer、Azure PowerShell、または Azure CLI。To manually migrate ZRS account data to or from an LRS, ZRS Classic, GRS, or RA-GRS account, use one of the following tools: AzCopy, Azure Storage Explorer, Azure PowerShell, or Azure CLI. また、Azure Storage クライアント ライブラリのいずれかを使用して、独自の移行ソリューションを構築することもできます。You can also build your own migration solution with one of the Azure Storage client libraries.

また、ZRS が利用できるリージョンであれば、ポータルで、あるいは Azure PowerShell または Azure CLI を使用し、ZRS Classic アカウントを ZRS にアップグレードできます。You can also upgrade your ZRS Classic account(s) to ZRS in the Portal or using Azure PowerShell or Azure CLI in the regions where ZRS is available.

ポータルで ZRS にアップグレードするには、アカウントの構成セクションに移動し、[アップグレードする] を選択します。To upgrade to ZRS in the Portal go to the Configuration section of the account and choose Upgrade:ポータルで ZRS Classic を ZRS にアップグレードする

PowerShell を利用して ZRS にアップグレードするには、次のコマンドを呼び出します。To upgrade to ZRS using PowerShell call the following command:

Set-AzStorageAccount -ResourceGroupName <resource_group> -AccountName <storage_account> -UpgradeToStorageV2

CLI を利用して ZRS にアップグレードするには、次のコマンドを呼び出します。To upgrade to ZRS using CLI call the following command:

az storage account update -g <resource_group> -n <storage_account> --set kind=StorageV2

関連項目See also