Azure Storage の冗長性Azure Storage redundancy

Azure Storage では、計画されたイベントや計画外のイベント (一時的なハードウェア障害、ネットワークの停止または停電、大規模な自然災害など) から保護するため、常にデータの複数のコピーが格納されます。Azure Storage always stores multiple copies of your data so that it is protected from planned and unplanned events, including transient hardware failures, network or power outages, and massive natural disasters. 冗長性により、障害が発生しても、ストレージ アカウントが Azure Storage のサービス レベル アグリーメント (SLA) を満たすことが保証されます。Redundancy ensures that your storage account meets the Service-Level Agreement (SLA) for Azure Storage even in the face of failures.

ご自身のシナリオに最適な冗長性オプションを決定する際には、低コストと高可用性および耐久性のトレードオフを検討してください。When deciding which redundancy option is best for your scenario, consider the tradeoffs between lower costs and higher availability and durability. どの冗長性オプションを選択するかの判断に役立つ要因は次のとおりです。The factors that help determine which redundancy option you should choose include:

  • プライマリ リージョンでのデータのレプリケート方法How your data is replicated in the primary region
  • 地域災害から保護するため、プライマリ リージョンから地理的に離れている 2 番目の場所にデータをレプリケートするかどうかWhether your data is replicated to a second location that is geographically distant to the primary region, to protect against regional disasters
  • プライマリ リージョンが何らかの理由で使用できなくなった場合に、アプリケーションがセカンダリ リージョンのレプリケートされたデータへの読み取りアクセスを必要とするかどうかWhether your application requires read access to the replicated data in the secondary region if the primary region becomes unavailable for any reason

プライマリ リージョンでの冗長性Redundancy in the primary region

Azure Storage アカウントのデータは、常にプライマリ リージョンで 3 回レプリケートされます。Data in an Azure Storage account is always replicated three times in the primary region. Azure Storage には、プライマリ リージョンでデータをレプリケートする方法について、次の 2 つのオプションが用意されています。Azure Storage offers two options for how your data is replicated in the primary region:

  • ローカル冗長ストレージ (LRS) は、プライマリ リージョンの 1 つの物理的な場所内で、データを同期的に 3 回コピーします。Locally redundant storage (LRS) copies your data synchronously three times within a single physical location in the primary region. LRS は最もコストのかからないレプリケーション オプションですが、高可用性を必要とするアプリケーションには推奨されません。LRS is the least expensive replication option, but is not recommended for applications requiring high availability.
  • ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は、プライマリ リージョンの 3 つの Azure 可用性ゾーン間でデータを同期的にコピーします。Zone-redundant storage (ZRS) copies your data synchronously across three Azure availability zones in the primary region. 高可用性を必要とするアプリケーションでは、プライマリ リージョンで ZRS を使用し、セカンダリ リージョンにもレプリケートすることをお勧めします。For applications requiring high availability, Microsoft recommends using ZRS in the primary region, and also replicating to a secondary region.

ローカル冗長ストレージLocally-redundant storage

ローカル冗長ストレージ (LRS) は、プライマリ リージョンの 1 つの物理的な場所内で、データを 3 回レプリケートします。Locally redundant storage (LRS) replicates your data three times within a single physical location in the primary region. LRS では、オブジェクトに年間 99.999999999% (9 が 11 個) 以上の持続性が提供されます。LRS provides at least 99.999999999% (11 nines) durability of objects over a given year.

LRS は、コストが最も安い冗長オプションであり、他のオプションと比較して持続性は最も低くなります。LRS is the lowest-cost redundancy option and offers the least durability compared to other options. LRS は、サーバー ラックとドライブの障害からデータを保護します。LRS protects your data against server rack and drive failures. ただし、データセンター内で火災や洪水などの災害が発生した場合、LRS を使用しているストレージ アカウントのすべてのレプリカが失われたり、回復不能になる可能性があります。However, if a disaster such as fire or flooding occurs within the data center, all replicas of a storage account using LRS may be lost or unrecoverable. このリスクを軽減するために、Microsoft ではゾーン冗長ストレージ (ZRS)、geo 冗長ストレージ (GRS)、または geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) を使用することを推奨しています。To mitigate this risk, Microsoft recommends using zone-redundant storage (ZRS), geo-redundant storage (GRS), or geo-zone-redundant storage (GZRS).

LRS を使用しているストレージ アカウントへの書き込み要求は、同期的に行われます。A write request to a storage account that is using LRS happens synchronously. 書き込み操作は、データが 3 つのレプリカすべてに書き込まれた場合にのみ、正常に返されます。The write operation returns successfully only after the data is written to all three replicas.

LRS は、次のシナリオに適しています。LRS is a good choice for the following scenarios:

  • データの損失が発生した場合に再構築が簡単なデータをアプリケーションで格納する場合は、LRS を選択することもできます。If your application stores data that can be easily reconstructed if data loss occurs, you may opt for LRS.
  • データ ガバナンスの要件によって、データのレプリケートが国内や地域内に制限されているアプリケーションの場合は、LRS を選択することができます。If your application is restricted to replicating data only within a country or region due to data governance requirements, you may opt for LRS. 場合によっては、データが geo レプリケーションされているペア リージョンが別の国または地域にある可能性があります。In some cases, the paired regions across which the data is geo-replicated may be in another country or region. ペアリングされるリージョンの詳細については、「Azure リージョン」を参照してください。For more information on paired regions, see Azure regions.

ゾーン冗長ストレージZone-redundant storage

ゾーン冗長ストレージ (ZRS) は、プライマリ リージョンの 3 つの Azure 可用性ゾーン間で Azure Storage データを同期的にレプリケートします。Zone-redundant storage (ZRS) replicates your Azure Storage data synchronously across three Azure availability zones in the primary region. 各可用性ゾーンは、独立した電源、冷却装置、ネットワークを備えた独立した物理的な場所です。Each availability zone is a separate physical location with independent power, cooling, and networking. ZRS は、Azure Storage データ オブジェクトに年間 99.9999999999% (トゥエルブ ナイン) 以上の持続性を提供します。ZRS offers durability for Azure Storage data objects of at least 99.9999999999% (12 9's) over a given year.

ZRS を使用すると、データは、ゾーンが使用できなくなった場合でも読み取り操作と書き込み操作の両方にアクセスできます。With ZRS, your data is still accessible for both read and write operations even if a zone becomes unavailable. ゾーンが使用できなくなった場合、Azure により DNS の再指定などのネットワークの更新が行われます。If a zone becomes unavailable, Azure undertakes networking updates, such as DNS re-pointing. このような更新は、更新が完了する前にデータにアクセスすると、アプリケーションに影響を与える可能性があります。These updates may affect your application if you access data before the updates have completed. ZRS 用のアプリケーションを設計するときは、指数バックオフを使用した再試行ポリシーを実装するなど、一時的な障害処理方法に関するプラクティスに従ってください。When designing applications for ZRS, follow practices for transient fault handling, including implementing retry policies with exponential back-off.

ZRS を使用しているストレージ アカウントへの書き込み要求は、同期的に行われます。A write request to a storage account that is using ZRS happens synchronously. 書き込み操作は、3 つの可用性ゾーンのすべてのレプリカにデータが書き込まれた場合にのみ、正常に返されます。The write operation returns successfully only after the data is written to all replicas across the three availability zones.

整合性、持続性、高可用性を必要とするシナリオでは、プライマリ リージョンで ZRS を使用することをお勧めします。Microsoft recommends using ZRS in the primary region for scenarios that require consistency, durability, and high availability. ZRS は、データが一時的に使用できなくなった場合に、データに対して優れたパフォーマンス、低待機時間、および回復性を提供します。ZRS provides excellent performance, low latency, and resiliency for your data if it becomes temporarily unavailable. ただし、ZRS 自体では、複数のゾーンが永続的に影響を受ける地域障害からデータを保護することはできません。However, ZRS by itself may not protect your data against a regional disaster where multiple zones are permanently affected. 地域災害から保護するために、Microsoft では geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) を使用することを推奨しています。これはプライマリ リージョンで ZRS を使用し、セカンダリ リージョンにもデータを geo レプリケートします。For protection against regional disasters, Microsoft recommends using geo-zone-redundant storage (GZRS), which uses ZRS in the primary region and also geo-replicates your data to a secondary region.

ZRS をサポートしているストレージ アカウントの種類とリージョンを、次の表に示します。The following table shows which types of storage accounts support ZRS in which regions:

ストレージ アカウントの種類Storage account type サポートされているリージョンSupported regions サポートされているサービスSupported services
汎用 v21General-purpose v21 東南アジアAsia Southeast
オーストラリア東部Australia East
北ヨーロッパEurope North
西ヨーロッパEurope West
フランス中部France Central
東日本Japan East
南アフリカ北部South Africa North
英国南部UK South
米国中部US Central
米国東部US East
米国東部 2US East 2
米国西部 2US West 2
ブロック blobBlock blobs
ページ BLOB2Page blobs2
ファイル共有 (標準)File shares (standard)
テーブルTables
キューQueues
BlockBlobStorage1BlockBlobStorage1 東南アジアAsia Southeast
オーストラリア東部Australia East
西ヨーロッパEurope West
米国東部US East
ブロック BLOB のみBlock blobs only
FileStorageFileStorage 東南アジアAsia Southeast
オーストラリア東部Australia East
西ヨーロッパEurope West
米国東部US East
Azure Files のみAzure Files only

1 アーカイブ層は、ZRS アカウントでは現在サポートされていません。1 The archive tier is not currently supported for ZRS accounts.
2 仮想マシン用の Azure マネージド ディスクを含むストレージ アカウントは、常に LRS を使用します。2 Storage accounts that contain Azure managed disks for virtual machines always use LRS. Azure のアンマネージド ディスクでは、LRS も使用する必要があります。Azure unmanaged disks should also use LRS. GRS を使用する Azure アンマネージド ディスクのストレージ アカウントを作成することはできますが、非同期 geo レプリケーションの整合性に関する潜在的な問題のため、推奨されません。It is possible to create a storage account for Azure unmanaged disks that uses GRS, but it is not recommended due to potential issues with consistency over asynchronous geo-replication. マネージドとアンマネージド ディスクのどちらも ZRS または GZRS をサポートしていません。Neither managed nor unmanaged disks support ZRS or GZRS. マネージド ディスクの詳細については、Azure マネージド ディスクの価格に関するページをご覧ください。For more information on managed disks, see Pricing for Azure managed disks.

ZRS をサポートしているリージョンの詳細については、「Azure の Availability Zones の概要」の「リージョン別のサービスのサポート」を参照してください。For information about which regions support ZRS, see Services support by region in What are Azure Availability Zones?.

セカンダリ リージョンでの冗長性Redundancy in a secondary region

高可用性を必要とするアプリケーションでは、プライマリ リージョンから数百キロ離れたセカンダリ リージョンにストレージ アカウントのデータを追加でコピーすることもできます。For applications requiring high availability, you can choose to additionally copy the data in your storage account to a secondary region that is hundreds of miles away from the primary region. ご使用のストレージ アカウントがセカンダリ リージョンにコピーされている場合は、地域全体が停電になった場合やプライマリ リージョンが復旧できない災害が発生しても、データは保持されます。If your storage account is copied to a secondary region, then your data is durable even in the case of a complete regional outage or a disaster in which the primary region isn't recoverable.

ストレージ アカウントの作成時に、アカウントのプライマリ リージョンを選択します。When you create a storage account, you select the primary region for the account. ペアのセカンダリ リージョンはプライマリ リージョンに基づいて決定され、変更することはできません。The paired secondary region is determined based on the primary region, and can't be changed. Azure でサポートされているリージョンの詳細については、「Azure リージョン」を参照してください。For more information about regions supported by Azure, see Azure regions.

Azure Storage には、セカンダリ リージョンにデータをコピーするための 2 つのオプションが用意されています。Azure Storage offers two options for copying your data to a secondary region:

  • geo 冗長ストレージ (GRS) は、LRS を使用して、プライマリ リージョンの 1 つの物理的な場所内で、データを同期的に 3 回コピーします。Geo-redundant storage (GRS) copies your data synchronously three times within a single physical location in the primary region using LRS. その後、セカンダリ リージョンの 1 つの物理的な場所にデータを非同期的にコピーします。It then copies your data asynchronously to a single physical location in the secondary region.
  • geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) は、ZRS を使用して、プライマリ リージョンの 3 つの Azure 可用性ゾーン間でデータを同期的にコピーします。Geo-zone-redundant storage (GZRS) copies your data synchronously across three Azure availability zones in the primary region using ZRS. その後、セカンダリ リージョンの 1 つの物理的な場所にデータを非同期的にコピーします。It then copies your data asynchronously to a single physical location in the secondary region.

GRS と GZRS の主な違いは、プライマリ リージョンでのデータのレプリケート方法です。The primary difference between GRS and GZRS is how data is replicated in the primary region. セカンダリ ロケーションでは、データは常に LRS を使用して 3 回同期的にレプリケートされます。Within the secondary location, data is always replicated synchronously three times using LRS. セカンダリ リージョンの LRS は、ハードウェア障害からデータを保護します。LRS in the secondary region protects your data against hardware failures.

GRS または GZRS では、セカンダリ リージョンへのフェールオーバーがない限り、セカンダリ ロケーションのデータを読み取りまたは書き込みアクセスに利用できません。With GRS or GZRS, the data in the secondary location isn't available for read or write access unless there is a failover to the secondary region. セカンダリ ロケーションへの読み取りアクセスについては、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) または読み取りアクセス geo ゾーン冗長ストレージ (RA-GZRS) を使用するようにストレージ アカウントを構成します。For read access to the secondary location, configure your storage account to use read-access geo-redundant storage (RA-GRS) or read-access geo-zone-redundant storage (RA-GZRS). 詳細については、「セカンダリ リージョンのデータへの読み取りアクセス」を参照してください。For more information, see Read access to data in the secondary region.

プライマリ リージョンが使用できなくなった場合、セカンダリ リージョンへのフェールオーバーを選択できます。If the primary region becomes unavailable, you can choose to fail over to the secondary region. フェールオーバーが完了すると、セカンダリ リージョンがプライマリ リージョンになり、データの読み取りと書き込みを再び行うことができます。After the failover has completed, the secondary region becomes the primary region, and you can again read and write data. ディザスター リカバリーの詳細と、セカンダリ リージョンへのフェールオーバーの方法については、「ディザスター リカバリーとストレージ アカウントのフェールオーバー」を参照してください。For more information on disaster recovery and to learn how to fail over to the secondary region, see Disaster recovery and storage account failover.

重要

データはセカンダリ リージョンに非同期的にレプリケートされるため、プライマリ リージョンに影響を与える障害が発生すると、プライマリ リージョンを復旧できない場合にデータが失われる可能性があります。Because data is replicated to the secondary region asynchronously, a failure that affects the primary region may result in data loss if the primary region cannot be recovered. プライマリ リージョンへの最新の書き込みと、セカンダリ リージョンへの最後の書き込みとの間隔は、回復ポイントの目標 (RPO) と呼ばれます。The interval between the most recent writes to the primary region and the last write to the secondary region is known as the recovery point objective (RPO). RPO は、データを復旧できる対象の時点を示します。The RPO indicates the point in time to which data can be recovered. 現在、データをセカンダリ リージョンにレプリケートするのにかかる時間に関する SLA はありませんが、Azure Storage では通常、RPO は 15 分未満となります。Azure Storage typically has an RPO of less than 15 minutes, although there's currently no SLA on how long it takes to replicate data to the secondary region.

geo 冗長ストレージGeo-redundant storage

geo 冗長ストレージ (GRS) は、LRS を使用して、プライマリ リージョンの 1 つの物理的な場所内で、データを同期的に 3 回コピーします。Geo-redundant storage (GRS) copies your data synchronously three times within a single physical location in the primary region using LRS. その後、プライマリ リージョンから何百キロも離れたセカンダリ リージョン内の 1 つの物理的な場所にデータが非同期にレプリケートされます。It then copies your data asynchronously to a single physical location in a secondary region that is hundreds of miles away from the primary region. GRS は、Azure Storage データ オブジェクトに年間 99.99999999999999% (シックスティーン ナイン) 以上の持続性を提供します。GRS offers durability for Azure Storage data objects of at least 99.99999999999999% (16 9's) over a given year.

書き込み操作は、まずプライマリの場所にコミットされ、LRS を使用してレプリケートされます。A write operation is first committed to the primary location and replicated using LRS. 更新は、セカンダリ リージョンに非同期にレプリケートされます。The update is then replicated asynchronously to the secondary region. データがセカンダリの場所に書き込まれると、LRS を使用してその場所内にレプリケートされます。When data is written to the secondary location, it's also replicated within that location using LRS.

geo ゾーン冗長ストレージGeo-zone-redundant storage

geo ゾーン冗長ストレージ (GZRS) により、可用性ゾーン間での冗長性によって提供される高可用性と、geo レプリケーションによって提供されるリージョン障害からの保護が結合されます。Geo-zone-redundant storage (GZRS) combines the high availability provided by redundancy across availability zones with protection from regional outages provided by geo-replication. GZRS ストレージ アカウント内のデータは、プライマリ リージョンの 3 つの Azure 可用性ゾーン間でコピーされ、地域災害から保護するためにセカンダリ リージョンにもレプリケートされます。Data in a GZRS storage account is copied across three Azure availability zones in the primary region and is also replicated to a secondary geographic region for protection from regional disasters. 最大限の一貫性、持続性、高可用性、優れたパフォーマンス、ディザスター リカバリーのための回復性を必要とするアプリケーションに対しては、GZRS を使用することをお勧めします。Microsoft recommends using GZRS for applications requiring maximum consistency, durability, and availability, excellent performance, and resilience for disaster recovery.

GZRS ストレージ アカウントを使用すると、可用性ゾーンが使用できなくなったり、回復できなくなった場合に、引き続きデータの読み取りと書き込みを行うことができます。With a GZRS storage account, you can continue to read and write data if an availability zone becomes unavailable or is unrecoverable. さらに、リージョン全体の障害が発生した場合や、プライマリ リージョンを回復できない災害が発生した場合にも、データは保持されます。Additionally, your data is also durable in the case of a complete regional outage or a disaster in which the primary region isn't recoverable. GZRS は、オブジェクトに年間 99.99999999999999% (シックスティーンナイン) 以上の持続性を確保するように設計されています。GZRS is designed to provide at least 99.99999999999999% (16 9's) durability of objects over a given year.

GZRS と RA-GZRS は、汎用 v2 ストレージ アカウントでのみサポートされます。Only general-purpose v2 storage accounts support GZRS and RA-GZRS. ストレージ アカウントの種類の詳細については、Azure Storage アカウントの概要に関するページを参照してください。For more information about storage account types, see Azure storage account overview. GZRS と RA-GZRS では、ブロック BLOB、ページ BLOB (VHD ディスクを除く)、ファイル、テーブル、およびキューがサポートされています。GZRS and RA-GZRS support block blobs, page blobs (except for VHD disks), files, tables, and queues.

GZRS と RA-GZRS は、次のリージョンでサポートされています。GZRS and RA-GZRS are supported in the following regions:

  • 東南アジアAsia Southeast
  • 北ヨーロッパEurope North
  • 西ヨーロッパEurope West
  • 東日本Japan East
  • 英国南部UK South
  • 米国中部US Central
  • 米国東部US East
  • 米国東部 2US East 2
  • 米国西部 2US West 2

価格については、BLOBFilesQueuesTables の価格の詳細を参照してください。For information on pricing, see pricing details for Blobs, Files, Queues, and Tables.

セカンダリ リージョンのデータへの読み取りアクセスRead access to data in the secondary region

geo 冗長ストレージ (GRS または GZRS を使用) は、リージョン障害から保護するために、セカンダリ リージョンの別の物理的な場所にデータをレプリケートします。Geo-redundant storage (with GRS or GZRS) replicates your data to another physical location in the secondary region to protect against regional outages. ただし、そのデータが読み取れるのは、お客様または Microsoft がプライマリ リージョンからセカンダリ リージョンへのフェールオーバーを開始した場合だけです。However, that data is available to be read only if the customer or Microsoft initiates a failover from the primary to secondary region. セカンダリ リージョンへの読み取りアクセスを有効にすると、プライマリ リージョンが使用できなくなる状況を含め、読み取りにおいて常にデータを使用することができます。When you enable read access to the secondary region, your data is available to be read at all times, including in a situation where the primary region becomes unavailable. セカンダリ リージョンへの読み取りアクセスについては、読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS) または読み取りアクセス geo ゾーン冗長ストレージ (RA-GZRS) を有効にします。For read access to the secondary region, enable read-access geo-redundant storage (RA-GRS) or read-access geo-zone-redundant storage (RA-GZRS).

セカンダリへの読み取りアクセス用にアプリケーションを設計するDesign your applications for read access to the secondary

ご使用のストレージ アカウントがセカンダリ リージョンへの読み取りアクセス用に構成されている場合、プライマリ リージョンが何らかの理由で使用できなくなった場合に、セカンダリ リージョンからデータを読み取るようにシームレスに変更するようにアプリケーションを設計できます。If your storage account is configured for read access to the secondary region, then you can design your applications to seamlessly shift to reading data from the secondary region if the primary region becomes unavailable for any reason.

RA-GRS または RA-GZRS を有効にした後はセカンダリ リージョンを読み取りアクセスのために使用できるため、アプリケーションを事前にテストして、停止が発生した場合にセカンダリから正しく読み取りが行われることを確認できます。The secondary region is available for read access after you enable RA-GRS or RA-GZRS, so that you can test your application in advance to make sure that it will properly read from the secondary in the event of an outage. 高可用性向けにアプリケーションを設計する方法の詳細については、「geo 冗長性を使用して高可用性アプリケーションを設計する」に関する記事を参照してください。For more information about how to design your applications for high availability, see Use geo-redundancy to design highly available applications.

セカンダリへの読み取りアクセスが有効になっていると、アプリケーションはプライマリ エンドポイントからだけでなく、セカンダリ エンドポイントからも読み取れます。When read access to the secondary is enabled, your application can be read from the secondary endpoint as well as from the primary endpoint. セカンダリ エンドポイントでは、アカウント名にサフィックス " –secondary" が追加されます。The secondary endpoint appends the suffix –secondary to the account name. たとえば、BLOB ストレージのプライマリ エンドポイントが myaccount.blob.core.windows.net の場合、セカンダリ エンドポイントは myaccount-secondary.blob.core.windows.net になります。For example, if your primary endpoint for Blob storage is myaccount.blob.core.windows.net, then the secondary endpoint is myaccount-secondary.blob.core.windows.net. ストレージ アカウントのアカウント アクセス キーは、プライマリ エンドポイントとセカンダリ エンドポイントの両方で同じです。The account access keys for your storage account are the same for both the primary and secondary endpoints.

最終同期時刻プロパティを確認するCheck the Last Sync Time property

データはセカンダリ リージョンに非同期的にレプリケートされるため、セカンダリ リージョンは多くの場合、プライマリ リージョンより遅れています。Because data is replicated to the secondary region asynchronously, the secondary region is often behind the primary region. プライマリ リージョンで障害が発生した場合、プライマリへのすべての書き込みがまだセカンダリにレプリケートされていない可能性があります。If a failure happens in the primary region, it's likely that all writes to the primary will not yet have been replicated to the secondary.

セカンダリ リージョンにレプリケートされた書き込み操作を特定するために、アプリケーションでストレージ アカウントの [最終同期時刻] プロパティを確認することができます。To determine which write operations have been replicated to the secondary region, your application can check the Last Sync Time property for your storage account. 最終同期時刻より前にプライマリ リージョンに書き込まれたすべての書き込み操作は、セカンダリ リージョンに正常にレプリケートされています。つまり、セカンダリ リージョンからの読み取りが可能です。All write operations written to the primary region prior to the last sync time have been successfully replicated to the secondary region, meaning that they are available to be read from the secondary. 最終同期時刻の後にプライマリ リージョンに書き込まれた書き込み操作は、セカンダリ リージョンにレプリケートされている場合とそうでない場合があります。つまり、読み取り操作で使用できない場合があります。Any write operations written to the primary region after the last sync time may or may not have been replicated to the secondary region, meaning that they may not be available for read operations.

[最終同期時刻] プロパティの値は、Azure PowerShell、Azure CLI、または Azure Storage クライアント ライブラリのいずれかを使用してクエリできます。You can query the value of the Last Sync Time property using Azure PowerShell, Azure CLI, or one of the Azure Storage client libraries. [最終同期時刻] プロパティは、GMT 日付/時刻の値です。The Last Sync Time property is a GMT date/time value. 詳細については、「ストレージ アカウントの最終同期時刻プロパティを確認する」を参照してください。For more information, see Check the Last Sync Time property for a storage account.

冗長オプションの概要Summary of redundancy options

次のセクションの表は、Azure Storage で使用可能な冗長オプションをまとめています。The tables in the following sections summarize the redundancy options available for Azure Storage

耐久性と可用性パラメーターDurability and availability parameters

次の表では、各冗長オプションの主要なパラメーターについて説明します。The following table describes key parameters for each redundancy option:

パラメーターParameter LRSLRS ZRSZRS GRS/RA-GRSGRS/RA-GRS GZRS/RA-GZRSGZRS/RA-GZRS
指定された 1 年間にわたるオブジェクトの持続性のパーセンテージ1Percent durability of objects over a given year1 99.999999999% (イレブン ナイン) 以上at least 99.999999999% (11 9's) 99.9999999999% (トゥエルブ ナイン) 以上at least 99.9999999999% (12 9's) 99.99999999999999% (シックスティーン ナイン) 以上at least 99.99999999999999% (16 9's) 99.99999999999999% (シックスティーン ナイン) 以上at least 99.99999999999999% (16 9's)
読み取り要求の可用性 SLA 1Availability SLA for read requests1 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) GRS の場合、99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) for GRS

RA-GRS の場合、99.99% 以上 (クール アクセス層の場合、99.9%)At least 99.99% (99.9% for cool access tier) for RA-GRS
GZRS の場合、99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) for GZRS

RA-GZRS の場合、99.99% 以上 (クール アクセス層の場合、99.9%)At least 99.99% (99.9% for cool access tier) for RA-GZRS
書き込み要求の可用性 SLA 1Availability SLA for write requests1 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier) 99.9% 以上 (クール アクセス層の場合、99%)At least 99.9% (99% for cool access tier)

1 Azure Storage の持続性と可用性の保証については、Azure Storage の SLA に関するページを参照してください。1 For information about Azure Storage guarantees for durability and availability, see the Azure Storage SLA.

障害のシナリオでの耐久性と可用性Durability and availability by outage scenario

次の表は、特定のシナリオにおいてデータに耐久性と可用性があるかどうかを、ご使用のストレージ アカウントに対して有効な冗長性の種類に応じて示しています。The following table indicates whether your data is durable and available in a given scenario, depending on which type of redundancy is in effect for your storage account:

障害のシナリオOutage scenario LRSLRS ZRSZRS GRS/RA-GRSGRS/RA-GRS GZRS/RA-GZRSGZRS/RA-GZRS
データ センター内のノードが使用できなくなるA node within a data center becomes unavailable はいYes はいYes [はい]Yes はいYes
データ センター全体 (ゾーンまたは非ゾーン) が使用できなくなるAn entire data center (zonal or non-zonal) becomes unavailable いいえNo はいYes 1Yes1 はいYes
プライマリ リージョンでリージョン全体の障害が発生するA region-wide outage occurs in the primary region ×No いいえNo 1Yes1 1Yes1
プライマリ リージョンが使用できなくなった場合、セカンダリ リージョンに対する読み取りアクセスが可能Read access to the secondary region is available if the primary region becomes unavailable いいえNo いいえNo はい (RA-GRS を使用)Yes (with RA-GRS) はい (RA-GZRS を使用)Yes (with RA-GZRS)

1プライマリ リージョンが使用できなくなった場合に書き込みの可用性を復元するには、アカウントのフェールオーバーが必要です。1 Account failover is required to restore write availability if the primary region becomes unavailable. 詳細については、「ディザスター リカバリーとストレージ アカウントのフェールオーバー」を参照してください。For more information, see Disaster recovery and storage account failover.

サポートされるストレージ アカウントの種類Supported storage account types

次の表は、ストレージ アカウントの種類ごとにサポートされる冗長性オプションを示しています。The following table shows which redundancy options are supported by each type of storage account. ストレージ アカウントの種類については、「ストレージ アカウントの概要」を参照してください。For information for storage account types, see Storage account overview.

LRSLRS ZRSZRS GRS/RA-GRSGRS/RA-GRS GZRS/RA-GZRSGZRS/RA-GZRS
汎用 v2General-purpose v2
汎用 v1General-purpose v1
ブロック BLOB ストレージBlock blob storage
BLOB ストレージBlob storage
File StorageFile storage
汎用 v2General-purpose v2
ブロック BLOB ストレージBlock blob storage
File StorageFile storage
汎用 v2General-purpose v2
汎用 v1General-purpose v1
BLOB ストレージBlob storage
汎用 v2General-purpose v2

ストレージ アカウントの冗長オプションに従って、すべてのストレージ アカウントのすべてのデータがコピーされます。All data for all storage accounts is copied according to the redundancy option for the storage account. ブロック BLOB、追加 BLOB、ページ BLOB、キュー、テーブル、ファイルなどのオブジェクトがコピーされます。Objects including block blobs, append blobs, page blobs, queues, tables, and files are copied. すべての層 (アーカイブ層を含む) のデータがコピーされます。Data in all tiers, including the archive tier, is copied. BLOB 層の詳細については、「Azure Blob Storage: ホット、クール、アーカイブ ストレージ層」を参照してください。For more information about blob tiers, see Azure Blob storage: hot, cool, and archive access tiers.

各冗長オプションの料金情報については、Azure Storage の価格に関するページをご覧ください。For pricing information for each redundancy option, see Azure Storage pricing.

注意

現在、Azure Premium Disk Storage は、ローカル冗長ストレージ (LRS) のみをサポートしています。Azure Premium Disk Storage currently supports only locally redundant storage (LRS). ブロック BLOB ストレージ アカウントでは、特定のリージョンで、ローカル冗長ストレージ (LRS) とゾーン冗長ストレージ (ZRS) をサポートしています。Block blob storage accounts support locally redundant storage (LRS) and zone redundant storage (ZRS) in certain regions.

データ整合性Data integrity

Azure Storage では、巡回冗長検査 (CRCs) を使用して、格納データの整合性を定期的に検証します。Azure Storage regularly verifies the integrity of data stored using cyclic redundancy checks (CRCs). データの破損が検出された場合は、冗長データを使用して修復されます。If data corruption is detected, it is repaired using redundant data. また Azure Storage では、データの格納時または取得時にデータ パケットの破損を検出する目的ですべてのネットワーク トラフィックのチェックサムを計算します。Azure Storage also calculates checksums on all network traffic to detect corruption of data packets when storing or retrieving data.

関連項目See also