azcopyazcopy

AzCopy は、Azure Storage との間でデータを移動するコマンドライン ツールです。AzCopy is a command-line tool that moves data into and out of Azure Storage.

概要Synopsis

コマンドの一般的な形式は、azcopy [command] [arguments] --[flag-name]=[flag-value] のようになります。The general format of the commands is: azcopy [command] [arguments] --[flag-name]=[flag-value].

問題を報告する場合や、ツールの詳細については、https://github.com/Azure/azure-storage-azcopy を参照してください。To report issues or to learn more about the tool, see https://github.com/Azure/azure-storage-azcopy.

オプションOptions

--cap-mbps (float) 転送速度の上限を設定します (メガビット/秒)。--cap-mbps (float) Caps the transfer rate, in megabits per second. 瞬間的なスループットは、上限と若干異なる場合があります。Moment-by-moment throughput might vary slightly from the cap. このオプションを 0 に設定した場合や省略した場合、スループットは制限されません。If this option is set to zero, or it is omitted, the throughput isn't capped.

--help azcopy のヘルプ--help Help for azcopy

--output-type (string) コマンドの出力の形式。--output-type (string) Format of the command's output. 選択肢には、text、json などがあります。The choices include: text, json. 既定値は text です。The default value is text. (既定値は text)(default text)

--trusted-microsoft-suffixes (string) Azure Active Directory ログイン トークンを送信できる追加のドメイン サフィックスを指定します。--trusted-microsoft-suffixes (string) Specifies additional domain suffixes where Azure Active Directory login tokens may be sent. 既定値は " .core.windows.net; .core.chinacloudapi.cn; .core.cloudapi.de; .core.usgovcloudapi.net" です。The default is '.core.windows.net;.core.chinacloudapi.cn;.core.cloudapi.de;.core.usgovcloudapi.net'. ここに記載されているすべてが既定値に追加されます。Any listed here are added to the default. セキュリティのために、Microsoft Azure のドメインのみをここに入力してください。For security, you should only put Microsoft Azure domains here. 複数のエンティティは、セミコロンで区切ります。Separate multiple entries with semi-colons.

関連項目See also