ストレージ アカウントでの Azure Storage のスケーラビリティとパフォーマンスのターゲットAzure Storage scalability and performance targets for storage accounts

この記事では、Azure ストレージ アカウントでのスケーラビリティとパフォーマンスのターゲットについて詳しく説明します。This article details the scalability and performance targets for Azure storage accounts. ここで示すスケーラビリティおよびパフォーマンスのターゲットは、ハイエンドのターゲットですが、達成可能です。The scalability and performance targets listed here are high-end targets, but are achievable. いかなる場合でも、ストレージ アカウントで達成される要求レートおよび帯域幅は、格納されたオブジェクトのサイズ、使用されているアクセス パターン、およびアプリケーションで実行されているワークロードの種類によって異なります。In all cases, the request rate and bandwidth achieved by your storage account depends upon the size of objects stored, the access patterns utilized, and the type of workload your application performs.

必ずサービスをテストして、パフォーマンスがユーザー要件を満たしているかどうかを確認してください。Be sure to test your service to determine whether its performance meets your requirements. 可能であれば、トラフィック量の急増を回避し、トラフィックがパーティション間でうまく分散されるようにしてください。If possible, avoid sudden spikes in the rate of traffic and ensure that traffic is well-distributed across partitions.

ワークロードがアプリケーションのパーティションで処理できる上限に達すると、Azure Storage はエラー コード 503 (サーバーがビジー状態) またはエラー コード 500 (操作タイムアウト) の応答を返し始めます。When your application reaches the limit of what a partition can handle for your workload, Azure Storage begins to return error code 503 (Server Busy) or error code 500 (Operation Timeout) responses. 503 エラーが発生する場合は、再試行に対してエクスポネンシャル バックオフ ポリシーを使用するようアプリケーションを変更することを検討します。If 503 errors are occurring, consider modifying your application to use an exponential backoff policy for retries. 指数関数的バックオフによって、そのパーティションへの負荷が減少し、そのパーティションへのトラフィック量の増加が緩和されます。The exponential backoff allows the load on the partition to decrease, and to ease out spikes in traffic to that partition.

ストレージ アカウントのスケールの上限Storage account scale limits

次の表では、Azure の汎用 v1、v2、および BLOB ストレージのアカウントの既定の制限について説明します。The following table describes default limits for Azure general-purpose v1, v2, and Blob storage accounts. 受信制限は、ストレージ アカウントに送信される要求のすべてのデータを指します。The ingress limit refers to all data from requests that are sent to a storage account. 送信制限は、ストレージ アカウントから受信する応答のすべてのデータを指します。The egress limit refers to all data from responses that are received from a storage account.

ResourceResource 既定の制限Default limit
サブスクリプションあたりの各リージョンのストレージ アカウント数 (Standard アカウントと Premium アカウント両方を含む)Number of storage accounts per region per subscription, including both standard and premium accounts 250250
ストレージ アカウントの最大容量Maximum storage account capacity 米国とヨーロッパでは 2 PB、英国を含む他のすべてのリージョンでは 500 TB2 PB for US and Europe, 500 TB for all other regions, which includes the UK
ストレージ アカウントあたりの BLOB コンテナー、BLOB、ファイル共有、テーブル、キュー、エンティティ、メッセージの最大数Maximum number of blob containers, blobs, file shares, tables, queues, entities, or messages per storage account 制限なしNo limit
ストレージ アカウントあたりの最大要求レート1Maximum request rate1 per storage account 1 秒あたり 20,000 要求20,000 requests per second
ストレージ アカウントあたりの最大受信速度1 (米国リージョン)Maximum ingress1 per storage account (US regions) RA-GRS/GRS が有効な場合は 10 Gbps、LRS/ZRS2 の場合は 20 Gbps10 Gbps if RA-GRS/GRS is enabled, 20 Gbps for LRS/ZRS2
ストレージ アカウントあたりの最大受信速度1 (米国以外のリージョン)Maximum ingress1 per storage account (non-US regions) RA-GRS/GRS が有効な場合は 5 Gbps、LRS/ZRS2 の場合は 10 Gbps5 Gbps if RA-GRS/GRS is enabled, 10 Gbps for LRS/ZRS2
汎用 v2 および BLOB ストレージ アカウントの最大送信速度 (すべてのリージョン)Maximum egress for general-purpose v2 and Blob storage accounts (all regions) 50 Gbps50 Gbps
汎用 v1 ストレージ アカウントの最大送信速度 (米国リージョン)Maximum egress for general-purpose v1 storage accounts (US regions) RA-GRS/GRS が有効な場合は 20 Gbps、LRS/ZRS2 の場合は 30 Gbps20 Gbps if RA-GRS/GRS is enabled, 30 Gbps for LRS/ZRS2
汎用 v1 ストレージ アカウントの最大送信速度 (米国以外のリージョン)Maximum egress for general-purpose v1 storage accounts (non-US regions) RA-GRS/GRS が有効な場合は 10 Gbps、LRS/ZRS2 の場合は 15 Gbps10 Gbps if RA-GRS/GRS is enabled, 15 Gbps for LRS/ZRS2

1 Azure Standard Storage アカウントでは、要求によりさらに高いイングレス制限がサポートされます。1Azure Standard Storage accounts support higher limits for ingress by request. イングレスのアカウント制限の引き上げを要求する場合は、Azure サポートにお問い合わせくださいTo request an increase in account limits for ingress, contact Azure Support.

2 Azure Storage のレプリケーションには次のオプションがあります。2 Azure Storage replication options include:

  • RA-GRS: 読み取りアクセス geo 冗長ストレージ。RA-GRS: Read-access geo-redundant storage. RA-GRS が有効な場合、2 次拠点への送信ターゲットは、1 次拠点と同じになります。If RA-GRS is enabled, egress targets for the secondary location are identical to those for the primary location.
  • GRS: geo 冗長ストレージ。GRS: Geo-redundant storage.
  • ZRS: ゾーン冗長ストレージ。ZRS: Zone-redundant storage.
  • LRS: ローカル冗長ストレージ。LRS: Locally redundant storage.

注意

ほとんどのシナリオで汎用 v2 ストレージ アカウントを使用することをお勧めしています。We recommend that you use a general-purpose v2 storage account for most scenarios. 汎用 v1 または Azure BLOB ストレージ アカウントは汎用 v2 アカウントに簡単にアップグレードできます。その際にダウンタイムは発生せず、データをコピーする必要はありません。You can easily upgrade a general-purpose v1 or an Azure Blob storage account to a general-purpose v2 account with no downtime and without the need to copy data.

Azure Storage アカウントの詳細については、「ストレージ アカウントの概要」を参照してください。For more information on Azure Storage accounts, see Storage account overview.

アプリケーションで必要とされるスケーラビリティが、単一ストレージ アカウントあたりのスケーラビリティ ターゲットを超えている場合は、複数のストレージ アカウントを使用するようにアプリケーションを構築できます。If the needs of your application exceed the scalability targets of a single storage account, you can build your application to use multiple storage accounts. その後、それらのストレージ アカウント間でデータをパーティション分割できます。You can then partition your data objects across those storage accounts. ボリューム価格については、「 Azure Storage 料金 」を参照してください。For information on volume pricing, see Azure Storage pricing.

すべてのストレージ アカウントはフラット ネットワーク トポロジで実行され、ストレージ アカウントがいつ作成されたかにかかわらず、この記事で概要を説明するスケーラビリティとパフォーマンスのターゲットがサポートされます。All storage accounts run on a flat network topology and support the scalability and performance targets outlined in this article, regardless of when they were created. Azure Storage フラット ネットワークのアーキテクチャとスケーラビリティの詳細については、Microsoft Azure Storage: 強力な一貫性を備えた高使用可能なクラウド ストレージ サービスを参照してください。For more information on the Azure Storage flat network architecture and on scalability, see Microsoft Azure Storage: A Highly Available Cloud Storage Service with Strong Consistency.

Premium パフォーマンス ストレージ アカウントのスケールの上限Premium performance storage account scale limits

Premium パフォーマンス ブロック BLOB ストレージPremium performance block blob storage

Premium パフォーマンス ブロック BLOB ストレージ アカウントは、キロバイト単位の小さなオブジェクトを使用するアプリケーションのために最適化されています。A premium performance block blob storage account is optimized for applications that use smaller, kilobyte range, objects. 高いトランザクション率、または、一貫して待ち時間の短いストレージが必要とされるアプリケーションに最適です。It's ideal for applications that require high transaction rates or consistent low-latency storage. Premium パフォーマンス ブロック BLOB ストレージは、アプリケーションに合わせて規模を変えられるように設計されています。Premium performance block blob storage is designed to scale with your applications. 秒単位で非常に大量の要求が必要とされる、あるいはペタバイト単位のストレージ容量が必要とされるアプリケーションをデプロイする場合は、Azure portal でサポート リクエストを送信し、Microsoft にお問い合わせください。If you plan to deploy application(s) that require hundreds of thousands of requests per second or petabytes of storage capacity, please contact us by submitting a support request in the Azure portal.

Premium パフォーマンス FileStorage (プレビュー)Premium performance FileStorage (preview)

Premium ファイルは、FileStorage (プレビュー) と呼ばれる一意のストレージ アカウントを使用します。Premium files use a unique storage account called FileStorage (preview). このアカウントの種類は、高 IOPS、高スループットで、一貫して待機時間の短い のワークロード向けに設計されています。This account type is designed for workloads with high IOPS, high throughput with consistent low-latency. Premium ファイル ストレージは、プロビジョニングされた共有サイズに合わせて拡大縮小されます。Premium file storage scales with the provisioned share size.

領域Area ターゲットTarget
プロビジョニングされた最大サイズMax provisioned size 100 TiB100 TiB
共有Shares 無制限Unlimited
IOPSIOPS 100,000100,000
イングレスIngress 4,136 MiB/秒4,136 MiB/s
エグレスEgress 6,204 MiB/秒6,204 MiB/s

Premium ファイル共有のスケール ターゲットについては、Premium ファイルのスケール ターゲットに関するセクションを参照してください。For premium file share scale targets, see the Premium files scale targets section.

Premium パフォーマンス ページ BLOB ストレージPremium performance page blob storage

Premium パフォーマンスの汎用 v1 ストレージ アカウントまたは v2 ストレージ アカウントには、次のスケーラビリティ ターゲットがあります。Premium performance, general-purpose v1, or v2 storage accounts have the following scalability targets:

合計アカウント容量Total account capacity ローカル冗長ストレージ アカウントの合計帯域幅Total bandwidth for a locally redundant storage account
ディスク容量:35 TBDisk capacity: 35 TB
スナップショット容量:10 TBSnapshot capacity: 10 TB
受信1 と送信2 を合わせて最大 50 GB/秒Up to 50 gigabits per second for inbound1 + outbound2

1 ストレージ アカウントに送信されるすべてのデータ (要求)1 All data (requests) that are sent to a storage account

2 ストレージ アカウントから受信されるすべてのデータ (応答)2 All data (responses) that are received from a storage account

非管理対象ディスクに Premium パフォーマンス ストレージ アカウントを使用しており、アプリケーションが 1 つのストレージ アカウントのスケーラビリティ ターゲットを超えた場合、マネージド ディスクへの移行が必要になることがあります。If you are using premium performance storage accounts for unmanaged disks and your application exceeds the scalability targets of a single storage account, you might want to migrate to managed disks. 管理ディスクに移行しない場合は、複数のストレージ アカウントを使用するようにアプリケーションを作成します。If you don't want to migrate to managed disks, build your application to use multiple storage accounts. その後、それらのストレージ アカウント間でデータをパーティション分割します。Then, partition your data across those storage accounts. たとえば、複数の VM で合計 51 TB のディスクを接続する場合、ディスクを 2 つのストレージ アカウントに分散します。For example, if you want to attach 51-TB disks across multiple VMs, spread them across two storage accounts. Premium Storage アカウント 1 つあたりの上限は 35 TB です。35 TB is the limit for a single premium storage account. 1 つの Premium パフォーマンス ストレージ アカウントでプロビジョニングするディスクの容量が 35 TB を超えることがないようにしてください。Make sure that a single premium performance storage account never has more than 35 TB of provisioned disks.

ストレージ リソース プロバイダーのスケールの上限Storage resource provider scale limits

次の制限は、Azure Resource Manager と Azure Storage を使用して管理操作を実行しているときにのみ適用されます。The following limits apply only when you perform management operations by using Azure Resource Manager with Azure Storage.

ResourceResource 既定の制限Default limit
Storage アカウント管理操作数 (読み取り)Storage account management operations (read) 5 分あたり 800800 per 5 minutes
Storage アカウント管理操作数 (書き込み)Storage account management operations (write) 1 時間あたり 200200 per hour
Storage アカウント管理操作数 (リスト)Storage account management operations (list) 5 分あたり 100100 per 5 minutes

Azure Blob Storage のスケール ターゲットAzure Blob storage scale targets

ResourceResource ターゲットTarget
単一の BLOB コンテナーの最大サイズMaximum size of single blob container ストレージ アカウントの最大容量と同じSame as maximum storage account capacity
ブロック BLOB 内または追加 BLOB 内の最大ブロック数Maximum number of blocks in a block blob or append blob 50,000 ブロック50,000 blocks
ブロック BLOB 内の最大ブロック サイズMaximum size of a block in a block blob 100 MiB100 MiB
ブロック BLOB の最大サイズMaximum size of a block blob 50,000 x 100 MiB (約 4.75 TiB)50,000 X 100 MiB (approximately 4.75 TiB)
追加 BLOB のブロックの最大サイズMaximum size of a block in an append blob 4 MiB4 MiB
追加 BLOB の最大サイズMaximum size of an append blob 50,000 x 4 MiB (約 195 GiB)50,000 x 4 MiB (approximately 195 GiB)
ページ BLOB の最大サイズMaximum size of a page blob 8 TiB8 TiB
BLOB コンテナーごとの保存されるアクセス ポリシーの最大数Maximum number of stored access policies per blob container 55
単一 BLOB のターゲット スループットTarget throughput for single blob ストレージ アカウントイングレス/エグレスの上限まで1Up to storage account ingress/egress limits1

1 1 回のオブジェクト スループットはいくつかの要因に左右されます。それにはコンカレンシー、要求サイズ、パフォーマンス レベル、アップロード元の速度、ダウンロード先などがありますが、それらに限定されません。1 Single object throughput depends on several factors, including, but not limited to: concurrency, request size, performance tier, speed of source for uploads, and destination for downloads. 高スループット ブロック BLOB パフォーマンス拡張を活用するには、サイズが 4 MiB 以上のプット BLOB またはプット ブロック要求を使用します (プレミアムパフォーマンス ブロック BLOB ストレージまたは Data Lake Storage Gen2 の場合は 256 KiB 以上)。To take advantage of high-throughput block blob performance enhancements, use a Put Blob or Put Block request size of > 4 MiB (> 256 KiB for premium-performance block blob storage or for Data Lake Storage Gen2).

Azure Files のスケール ターゲットAzure Files scale targets

Azure Files と Azure File Sync のスケールおよびパフォーマンス ターゲットの詳細については、「Azure Files のスケーラビリティおよびパフォーマンスのターゲット」を参照してください。For more information on the scale and performance targets for Azure Files and Azure File Sync, see Azure Files scalability and performance targets.

ResourceResource Standard ファイル共有Standard file shares Premium ファイル共有 (プレビュー)Premium file shares (preview)
ファイル共有の最小サイズMinimum size of a file share 最小サイズなし。従量課金制No minimum; pay as you go 100 GiB、プロビジョニング済み100 GiB; provisioned
ファイル共有の最大サイズMaximum size of a file share 5 TiB5 TiB 100 TiB100 TiB
ファイル共有内の最大ファイル サイズMaximum size of a file in a file share 1 TiB1 TiB 1 TiB1 TiB
ファイル共有内の最大ファイル数Maximum number of files in a file share 制限なしNo limit 制限なしNo limit
共有あたりの最大 IOPSMaximum IOPS per share 1,000 IOPS1,000 IOPS 100,000 IOPS100,000 IOPS
ファイル共有あたりの保存されるアクセス ポリシーの最大数Maximum number of stored access policies per file share 55 55
1 つのファイル共有のターゲット スループットTarget throughput for a single file share 最大 60 MiB/秒Up to 60 MiB/sec Premium ファイル共有のイングレスとエグレスの値を参照してくださいSee premium file share ingress and egress values
1 つのファイル共有の最大エグレスMaximum egress for a single file share Standard ファイル共有のターゲット スループットを参照してくださいSee standard file share target throughput 最大 6,204 MiB/秒Up to 6,204 MiB/s
1 つのファイル共有の最大イングレスMaximum ingress for a single file share Standard ファイル共有のターゲット スループットを参照してくださいSee standard file share target throughput 最大 4,136 MiB/秒Up to 4,136 MiB/s
開くことができるハンドルの 1 ファイルあたりの最大数Maximum open handles per file 2,000 オープン ハンドル2,000 open handles 2,000 オープン ハンドル2,000 open handles
共有スナップショットの最大数Maximum number of share snapshots 200 共有スナップショット200 share snapshots 200 共有スナップショット200 share snapshots
オブジェクト (ディレクトリとファイル) の名前の最大長Maximum object (directories and files) name length 2,048 文字2,048 characters 2,048 文字2,048 characters
最大パス名コンポーネント (パス \A\B\C\D 内。各文字はコンポーネント)Maximum pathname component (in the path \A\B\C\D, each letter is a component) 255 文字255 characters 255 文字255 characters

Premium ファイルのスケール ターゲットPremium files scale targets

Premium ファイルについては、ストレージ アカウント、共有、ファイルという 3 つの制限カテゴリについて考慮する必要があります。There are three categories of limitations to consider for premium files: storage accounts, shares, and files.

例: 1 つの共有で 100,000 IOPS を達成できます。1 つのファイルで最大 5,000 IOPS までスケールアップできます。For example: A single share can achieve 100,000 IOPS and a single file can scale up to 5,000 IOPS. そのため、たとえば、1 つの共有に 3 つのファイルを置くと、その共有から得られる最大 IOPS は 15,000 となります。So, for example, if you have three files in one share, the max IOPs you can get from that share is 15,000.

Premium ファイル共有の制限Premium file share limits

重要

ストレージ アカウントの制限はすべての共有に適用されます。Storage account limits apply to all shares. ストレージ アカウントの最大までスケールアップすることは、ストレージ アカウントごとの共有が 1 つだけの場合にのみ達成できます。Scaling up to the max for storage accounts is only achievable if there is only one share per storage account.

領域Area ターゲットTarget
プロビジョニングされた最小サイズMin provisioned size 100 GiB100 GiB
プロビジョニングされた最大サイズMax provisioned size 100 TiB100 TiB
最小サイズ増減Minimum size increase/decrease 1 GiB1 GiB
ベースライン IOPSBaseline IOPS GiB あたり 1 IOPS (最大 100,000)1 IOPS per GiB up to 100,000
IOPS バーストIOPS bursting GiB あたり 3x IOPS (最大 100,000)3x IOPS per GiB up to 100,000
エグレス レートEgress rate 60 MiB/s + 0.06 * プロビジョニング済み GiB60 MiB/s + 0.06 * provisioned GiB
イングレス レートIngress rate 40 MiB/s + 0.04 * プロビジョニング済み GiB40 MiB/s + 0.04 * provisioned GiB
スナップショットの最大数Maximum number of snapshots 200200

Premium ファイルの制限Premium file limits

領域Area ターゲットTarget
SizeSize 1 TiB1 TiB
ファイルあたりの最大 IOPSMax IOPS per file 5,0005,000
コンカレント処理数Concurrent handles 2,0002,000

Azure File Sync のスケール ターゲットAzure File Sync scale targets

Azure File Sync は使用量無制限を目標に設計されていますが、使用量無制限が常に可能なわけではありません。Azure File Sync has been designed with the goal of limitless usage, but limitless usage is not always possible. 次の表では、Microsoft のテストの境界と、どのターゲットがハード制限かを示します。The following table indicates the boundaries of Microsoft's testing and also indicates which targets are hard limits:

ResourceResource ターゲットTarget ハード制限Hard limit
リージョンあたりのストレージ同期サービス数Storage Sync Services per region 20 のストレージ同期サービス20 Storage Sync Services はいYes
ストレージ同期サービスごとの同期グループ数Sync groups per Storage Sync Service 100 の同期グループ100 sync groups はいYes
ストレージ同期サービスごとの登録サーバー数Registered servers per Storage Sync Service 99 サーバー99 servers はいYes
同期グループあたりのクラウド エンドポイント数Cloud endpoints per sync group 1 クラウド エンドポイント1 cloud endpoint はいYes
同期グループあたりのサーバー エンドポイント数Server endpoints per sync group 50 サーバー エンドポイント50 server endpoints いいえNo
サーバーあたりのサーバー エンドポイント数Server endpoints per server 30 個のサーバー エンドポイント30 server endpoints はいYes
同期グループあたりのファイル システム オブジェクト数 (ディレクトリとファイル)File system objects (directories and files) per sync group 2,500 万オブジェクト25 million objects いいえNo
ディレクトリ内のファイル システム オブジェクト (ディレクトリとファイル) の最大数Maximum number of file system objects (directories and files) in a directory 100 万オブジェクト1 million objects はいYes
オブジェクト (ディレクトリとファイル) のセキュリティ記述子の最大サイズMaximum object (directories and files) security descriptor size 64 KiB64 KiB はいYes
ファイル サイズFile size 100 GiB100 GiB いいえNo
階層化するファイルの最小ファイル サイズMinimum file size for a file to be tiered 64 KiB64 KiB はいYes
同時同期セッション数Concurrent sync sessions V4 エージェント以降:制限は、使用できるシステム リソースに応じて変わります。V4 agent and later: The limit varies based on available system resources.
V3 エージェント: プロセッサごとに 2 つのアクティブな同期セッション、またはサーバーごとに最大 8 つのアクティブな同期セッション。V3 agent: Two active sync sessions per processor or a maximum of eight active sync sessions per server.
はいYes

注意

Azure File Sync エンドポイントは、Azure ファイル共有のサイズにスケールアップできます。An Azure File Sync endpoint can scale up to the size of an Azure file share. Azure ファイル共有のサイズの上限に達した場合、同期は操作できません。If the Azure file share size limit is reached, sync will not be able to operate.

Azure Queue Storage のスケール ターゲットAzure Queue storage scale targets

ResourceResource ターゲットTarget
1 つのキューの最大サイズMaximum size of a single queue 500 TiB500 TiB
キュー内の最大メッセージ サイズMaximum size of a message in a queue 64 KiB64 KiB
キューあたりの保存されるアクセス ポリシーの最大数Maximum number of stored access policies per queue 55
ストレージ アカウントあたりの最大要求レートMaximum request rate per storage account 毎秒 20,000 メッセージ (メッセージ サイズは 1 KiB を想定)20,000 messages per second, which assumes a 1-KiB message size
1 つのキューのターゲット スループット (1 KiB のメッセージ)Target throughput for a single queue (1-KiB messages) 毎秒最大 2,000 メッセージUp to 2,000 messages per second

Azure Table Storage のスケール ターゲットAzure Table storage scale targets

ResourceResource ターゲットTarget
1 つのテーブルの最大サイズMaximum size of a single table 500 TiB500 TiB
テーブル エンティティの最大サイズMaximum size of a table entity 1 MiB1 MiB
テーブル エンティティの最大プロパティ数Maximum number of properties in a table entity 255。次の 3 つのシステム プロパティが含まれます。PartitionKey、RowKey、Timestamp255, which includes three system properties: PartitionKey, RowKey, and Timestamp
エンティティ内のプロパティ値の最大合計サイズMaximum total size of property values in an entity 1 MiB1 MiB
テーブルあたりの保存されるアクセス ポリシーの最大数Maximum number of stored access policies per table 55
ストレージ アカウントあたりの最大要求レートMaximum request rate per storage account 毎秒 20,000 トランザクション (エンティティ サイズは 1 KiB を想定)20,000 transactions per second, which assumes a 1-KiB entity size
1 つのテーブル パーティションのターゲット スループット (1 KiB のエンティティ)Target throughput for a single table partition (1 KiB-entities) 毎秒最大 2,000 エンティティUp to 2,000 entities per second

関連項目See also