Azure File Sync とは

Azure File Sync を使用すると、Windows ファイル サーバーの柔軟性、パフォーマンス、互換性を維持しながら、Azure Files に組織のファイル共有を一元化できます。 データの完全なコピーをローカルに保持することを選択するユーザーもいますが、Azure File Sync を使用すると、さらに Windows サーバーを Azure ファイル共有の高速キャッシュに変換することができます。 SMB、NFS、FTPS など、Windows Server 上で利用できるあらゆるプロトコルを使用して、データにローカルにアクセスできます。 キャッシュは、世界中にいくつでも必要に応じて設置することができます。

ビデオ

Azure File Sync の概要 Azure Files と Sync (Ignite 2019)
Azure File Sync の概要に関する動画のスクリーンキャスト - クリックして再生 Azure Files と Sync に関するプレゼンテーションのスクリーンキャスト - クリックして再生

Azure File Sync の利点

クラウドの階層化

クラウドの階層化を有効にすると、最も頻繁にアクセスするファイルがローカル サーバーにキャッシュされ、アクセス頻度の低いファイルがクラウドに階層化されます。 キャッシュに使用するローカル ディスク領域の容量は制御できます。 階層化されたファイルは、オンデマンドで簡単に再呼び出しできます。これにより、データの一部だけをオンプレミスに格納すればよいので、コストを削減しながらシームレスなエクスペリエンスを実現できます。 クラウドの階層化の詳細については、「クラウドの階層化の概要」を参照してください。

マルチサイト アクセスと同期

Azure File Sync は、分散アクセスのシナリオに最適です。 Azure File Sync のデプロイの一部として、オフィスごとにローカルの Windows サーバーをプロビジョニングできます。 あるオフィスでサーバーに加えられた変更は、他のすべてのオフィスのサーバーに自動的に同期されます。

事業継続とディザスター リカバリー

Azure File Sync は Azure Files によってサポートされています。これにより、高可用性ストレージを実現する複数の冗長オプションが提供されます。 Azure にはデータの回復性を保証するコピーが含まれているため、ローカル サーバーは破棄可能なキャッシュ デバイスとなり、障害が発生したサーバーからの復旧は、Azure File Sync のデプロイに新しいサーバーを追加することによって行うことができます。 ローカルのバックアップから復元するのではなく、別の Windows サーバーをプロビジョニングし、そこに Azure File Sync エージェントをインストールしてから、これを Azure File Sync のデプロイに追加します。 Azure File Sync は、データをダウンロードする前にファイルの名前空間をダウンロードします。これにより、できるだけ速やかにサーバーを稼働させることができます。 さらにすばやく回復する場合は、デプロイの一環としてウォーム スタンバイ サーバーを使用するか、Azure File Sync と Windows クラスタリングを併用することもできます。

クラウド側のバックアップ

Azure Backup を使用してクラウドで一元的なバックアップを行うことによって、オンプレミスでのバックアップ コストを削減できます。 Azure Files SMB 共有にはネイティブなスナップショット機能があり、Azure Backup を使用することで、プロセスの自動化、バックアップのスケジュール設定、保有期間の管理を行うことができます。 Azure Backup もオンプレミス サーバーと統合されるため、クラウドに復元すると、これらの変更が Windows サーバーに自動的にダウンロードされます。

次の手順