Azure File Sync の監視

Azure File Sync を使用すると、オンプレミスのファイル サーバーの柔軟性、パフォーマンス、互換性を維持したまま Azure Files で組織のファイル共有を一元化できます。 Azure File Sync により、ご利用の Windows Server が Azure ファイル共有の高速キャッシュに変わります。 SMB、NFS、FTPS など、Windows Server 上で利用できるあらゆるプロトコルを使用して、データにローカルにアクセスできます。 キャッシュは、世界中にいくつでも必要に応じて設置することができます。

この記事では、Azure Monitor、ストレージ同期サービス、Windows Server を使用して、Azure File Sync デプロイを監視する方法について説明します。

このガイドでは、次のシナリオが扱われています。

  • Azure Monitor で Azure File Sync メトリックを表示します。
  • Azure Monitor でアラートを作成して、重大な状況を事前に通知します。
  • Azure portal を使用して Azure File Sync デプロイの正常性を表示します。
  • Windows サーバーでイベント ログとパフォーマンス カウンターを使用して Azure File Sync デプロイの正常性を監視する方法について説明します。

Azure Monitor

Azure Monitor を使用してメトリックを表示し、同期、クラウドを使った階層化、およびサーバー接続に関するアラートを構成します。

メトリック

Azure File Sync のメトリックは既定で有効になっており、15 分ごとに Azure Monitor に送信されます。

Azure Monitor で Azure File Sync メトリックを表示する方法

  1. Azure portal[ストレージ同期サービス] に移動し、 [メトリック] をクリックします。
  2. [メトリック] ドロップダウンをクリックし、表示するメトリックを選択します。

Azure File Sync のメトリックのスクリーンショット

Azure Monitor では、Azure File Sync の次のメトリックを使用できます。

メトリックの名前 説明
同期したバイト数 データ転送 (アップロードとダウンロード) のサイズ。

単位:バイト
集計の種類:SUM
適用可能なディメンション:サーバー エンドポイント名、同期の方向、同期グループ名
クラウドを使った階層化のキャッシュ ヒット率 キャッシュから取得されたかクラウドからリコールされたバイトの割合 (ファイル全体ではない)。

単位: パーセンテージ
集計の種類:Average
適用可能なディメンション: サーバー エンドポイント名、サーバー名、同期グループ名
クラウドを使った階層化の呼び戻しサイズ 呼び戻されたデータのサイズ。

単位:バイト
集計の種類:SUM
適用可能なディメンション:サーバー名、同期グループ名
アプリケーションによるクラウドを使った階層化の呼び戻しサイズ アプリケーションによって呼び戻されたデータのサイズ。

単位:バイト
集計の種類:SUM
適用可能なディメンション:アプリケーション名、サーバー名、同期グループ名
クラウドを使った階層化のリコール成功率 成功したリコール要求の割合。

単位: パーセンテージ
集計の種類:Average
適用可能なディメンション: サーバー エンドポイント名、サーバー名、同期グループ名
クラウドを使った階層化の呼び戻しスループット データの呼び戻しスループットのサイズ。

単位:バイト
集計の種類:SUM
適用可能なディメンション:サーバー名、同期グループ名
ファイルが同期していない 同期に失敗しているファイルの数。

単位:Count
集計の種類:平均、合計
適用可能なディメンション:サーバー エンドポイント名、同期の方向、同期グループ名
同期されたファイル数 転送された (アップロードとダウンロード) ファイルの数。

単位:Count
集計の種類:SUM
適用可能なディメンション:サーバー エンドポイント名、同期の方向、同期グループ名
サーバー キャッシュ サイズ サーバーにキャッシュされたデータのサイズ。

単位:バイト
集計の種類:Average
適用可能なディメンション: サーバー エンドポイント名、サーバー名、同期グループ名
サーバーのオンライン状態 サーバーから受信したハートビートの数。

単位:Count
集計の種類:最大値
適用可能なディメンション:サーバー名
同期セッションの結果 同期セッションの結果 (1=成功した同期セッション; 0=失敗した同期セッション)

単位:Count
集計の種類:最大値
適用可能なディメンション:サーバー エンドポイント名、同期の方向、同期グループ名

警告

アラートは、監視データで重要な状態が見つかると事前に通知します。 Azure Monitor でのアラートの構成の詳細については、「Microsoft Azure のアラートの概要」をご覧ください。

Azure File Sync のアラートを作成する方法

  1. Azure portal で、 [ストレージ同期サービス] に移動します。
  2. [監視] セクションで [アラート] をクリックし、 [+ 新しいアラート ルール] をクリックします。
  3. [条件の選択] をクリックし、アラートに関する次の情報を指定します。
    • メトリック
    • ディメンション名
    • アラート ロジック
  4. [アクション グループの選択] をクリックし、既存のアクション グループを選択するか、新しいアクション グループを作成して、アクション グループ (電子メール、SMS など) をアラートに追加します。
  5. アラート ルール名説明、および 重大度 などの アラートの詳細 を指定します。
  6. [アラート ルールの作成] をクリックして、アラートを作成します。

次の表に、監視するシナリオの例とアラートに使用する適切なメトリックを示します。

シナリオ アラートに使用するメトリック
サーバー エンドポイントの正常性が原因でポータルにエラーが表示される 同期セッションの結果
ファイルがサーバーまたはクラウド エンドポイントへの同期に失敗する ファイルが同期していない
登録済みのサーバーがストレージ同期サービスと通信できない サーバーのオンライン状態
クラウドを使った階層化の呼び戻しサイズが 1 日で 500 GiB を超えた クラウドを使った階層化の呼び戻しサイズ

これらのシナリオのアラートを作成する方法については、「アラートの例」を参照してください。

ストレージ同期サービス

Azure portal で Azure File Sync デプロイの正常性を表示するには、 [ストレージ同期サービス] に移動します。ここで、次の情報を確認できます。

  • 登録済みサーバーの正常性
  • サーバー エンドポイントの正常性
    • ファイルが同期していない
    • 同期アクティビティ
    • クラウドの階層化の効率性
    • 階層化されていないファイル
    • 呼び戻しエラー
  • メトリック

登録済みサーバーの正常性

ポータルで 登録済みサーバーの正常性 を表示するには、 [ストレージ同期サービス][登録済みサーバー] セクションに移動します。

登録済みサーバーの正常性のスクリーンショット

  • 登録済みサーバー の状態が [オンライン] である場合、サーバーは正常にサービスと通信しています。
  • 登録済みサーバー の状態が [オフラインのようです] である場合、ストレージ同期モニター プロセス (AzureStorageSyncMonitor.exe) が実行されていないか、またはサーバーが Azure File Sync サービスにアクセスできません。 詳細については、トラブルシューティングのドキュメントを参照してください。

サーバー エンドポイントの正常性

ポータルで サーバー エンドポイント の正常性を表示するには、 [ストレージ同期サービス][同期グループ] セクションに移動し、同期グループ を選択します。

サーバー エンドポイントの正常性のスクリーンショット

  • ポータルの サーバー エンドポイントの正常性同期アクティビティ は、サーバーのテレメトリ イベント ログに記録されている同期イベント (ID 9102 および 9302) に基づきます。 一時的なエラーが原因で同期セッションが失敗した場合 (エラーで取り消された場合など)、現在の同期セッションが進行中である (ファイルが適用される) 限り、ポータルにはサーバー エンドポイントが 正常 な状態として引き続き表示されます。 イベント ID 9302 は同期の進行状況イベントであり、同期セッションが完了するとイベント ID 9102 がログに記録されます。 詳細については、同期の正常性同期の進行状況に関するドキュメントを参照してください。 サーバー エンドポイントの正常性に [エラー] または [アクティビティなし] が表示される場合は、ガイダンスとして トラブルシューティング ドキュメントを参照してください。
  • ポータルで 同期されていないファイル の数は、サーバーのテレメトリ イベント ログに記録されているイベント ID 9121 に基づいています。 このイベントは、同期セッションが完了すると、アイテム単位のエラーごとにログに記録されます。 アイテム単位のエラーを解決するには、「同期していない特定のファイルやフォルダーがあるかどうかを確認するにはどうすればよいですか」を参照してください。
  • ポータルで クラウドの階層化の効率性 を表示するには、 [サーバー エンドポイントのプロパティ] に移動し、 [クラウドの階層化] セクションに移動します。 クラウドの階層化の効率性について提供されるデータは、サーバーのテレメトリ イベント ログに記録されるイベント ID 9071 に基づいています。 詳細については、「クラウドの階層化を監視する」を参照してください。
  • ポータルで 階層化されていないファイル および 呼び戻しエラー を表示するには、 [サーバー エンドポイントのプロパティ] に移動し、 [クラウドの階層化] セクションに移動します。 階層化されていないファイル は、サーバーのテレメトリ イベント ログに記録されるイベント ID 9003 に基づいており、呼び戻しエラー は、イベント ID 9006 に基づいています。 階層化または呼び戻しに失敗したファイルを調査するには、「階層に失敗したファイルのトラブルシューティングを行う方法」と「呼び戻しに失敗したファイルのトラブルシューティングを行う方法」を参照してください。

メトリック グラフ

  • ストレージ同期サービス ポータルでは、次のメトリック グラフを表示できます。

    メトリックの名前 説明 ブレードの名前
    同期したバイト数 転送された (アップロードとダウンロード) データのサイズ 同期グループ、サーバー エンドポイント
    クラウドを使った階層化の呼び戻し 呼び戻されたデータのサイズ 登録済みサーバー
    ファイルが同期していない 同期に失敗しているファイルの数 サーバー エンドポイント
    同期されたファイル数 転送された (アップロードとダウンロード) ファイルの数 同期グループ、サーバー エンドポイント
    サーバーのオンライン状態 サーバーから受信したハートビートの数 登録済みサーバー
  • 詳細については、「Azure Monitor」セクションを参照してください。

    注意

    ストレージ同期サービス ポータルのグラフには、24 時間の時間範囲があります。 異なる時間範囲やディメンションを表示するには、Azure Monitor を使用します。

Windows Server

Azure File Sync エージェントがインストールされている Windows Server で、イベント ログ および パフォーマンス カウンター を使用すると、そのサーバー上のサーバー エンドポイントの正常性を確認できます。

イベント ログ

サーバーのテレメトリ イベント ログを使用して、登録済みサーバー、同期、およびクラウドを使った階層化の正常性を監視します。 テレメトリ イベント ログは、イベント ビューアーの Applications and Services\Microsoft\FileSync\Agent にあります。

同期の正常性

  • 同期セッションが完了すると、イベント ID 9102 がログに記録されます。 同期セッションが正常に終了している (HResult = 0) かどうか、および項目単位の同期エラーがあるかどうか (PerItemErrorCount) を確認する場合は、このイベントを使用します。 詳細については、同期の正常性および項目単位のエラーに関するドキュメントを参照してください。

    注意

    同期セッション全体が失敗する場合や、PerItemErrorCount が 0 以外の場合があります。 しかし、それでも同期セッションは進行し、一部のファイルは正常に同期します。 このことは、Applied フィールド (AppliedFileCount、AppliedDirCount、AppliedTombstoneCount、AppliedSizeBytes) で確認できます。 このフィールドでは、成功したセッションの数が示されます。 行内に失敗した同期セッションが複数あるのに、Applied の数が増えている場合は、サポート チケットを開く前に、時間をとって同期の再試行を待ちます。

  • イベント ID 9121 は、同期セッションが完了すると、アイテム単位のエラーごとにログに記録されます。 このイベントを使用して、このエラーとの同期に失敗したファイルの数を確認します (PersistentCountTransientCount)。 持続的なアイテム単位のエラーを調査する必要があります。「同期していない特定のファイルやフォルダーがあるかどうかを確認するにはどうすればよいですか」を参照してください。

  • アクティブな同期セッションがある場合は、5 分から 10 分ごとにイベント ID 9302 がログに記録されます。 このイベントを使用して、同期される項目の数 (TotalItemCount)、それまでに同期された項目の数 (AppliedItemCount)、項目単位のエラーのために同期に失敗した項目の数 (PerItemErrorCount) を判断します。 同期が進行していない場合 (AppliedItemCount=0)、同期セッションは最終的に失敗し、イベント ID 9102 はエラーと共にログに記録されます。 詳細については、同期の進行に関するドキュメントをご覧ください。

登録済みサーバーの正常性

  • サーバーでサービスのジョブについてクエリが実行されている場合、30 秒ごとにイベント ID 9301 がログに記録されます。 GetNextJob が 0 の状態 で終了した場合、サーバーはサービスと通信できます。 GetNextJob がエラーで終了した場合は、トラブルシューティングに関するドキュメントを参考にしてください。

クラウドを使った階層化の正常性

  • サーバー上の階層化アクティビティを監視するには、テレメトリ イベント ログ (イベント ビューアーの [アプリケーションとサービス][Microsoft][FileSync][Agent] の下) にあるイベント ID 9003、9016、9029 を使用します。

    • イベント ID 9003 は、サーバー エンドポイントのエラー分布を示します。 次に例を示します。Total Error Count や ErrorCode。 エラー コードごとに 1 つのイベントがログ記録されます。
    • イベント ID 9016 は、ボリュームの非実体化の結果を示します。 次に例を示します。空き領域の割合、セッション内の非実体化されたファイルの数、非実体化が失敗したファイルの数。
    • イベント ID 9029 では、サーバー エンドポイントの非実体化セッション情報が提供されます。 次に例を示します。セッション内の試行されたファイルの数、セッション内の階層化されたファイルの数、既に階層化されているファイルの数。
  • サーバー上の呼び戻しアクティビティを監視するには、テレメトリ イベント ログ (イベント ビューアーの [アプリケーションとサービス][Microsoft][FileSync][Agent] の下) にあるイベント ID 9005、9006、9009、9059、および 9071 を使用します。

    • イベント ID 9005 は、サーバー エンドポイントの呼び戻しの信頼性を示します。 次に例を示します。アクセスされた一意のファイルの合計数、アクセスが失敗した一意のファイルの合計数。
    • イベント ID 9006 は、サーバー エンドポイントの呼び戻しエラーの分布を示します。 次に例を示します。失敗した要求の合計数、ErrorCode。 エラー コードごとに 1 つのイベントがログ記録されます。
    • イベント ID 9009 では、サーバー エンドポイントの呼び戻しセッション情報が提供されます。 次に例を示します。DurationSeconds、CountFilesRecallSucceeded、CountFilesRecallFailed。
    • イベント ID 9059 では、サーバー エンドポイントのアプリケーション呼び戻し分布が提供されます。 次に例を示します。ShareId、Application Name、TotalEgressNetworkBytes。
    • イベント ID 9071 では、サーバー エンドポイントの、クラウドを使った階層化の効率性が示されます。 次に例を示します。TotalDistinctFileCountCacheHit、TotalDistinctFileCountCacheMiss、TotalCacheHitBytes、TotalCacheMissBytes.

パフォーマンス カウンター

サーバーで Azure File Sync のパフォーマンス カウンターを使用して、同期アクティビティを監視します。

サーバー上で Azure File Sync のパフォーマンス カウンターを表示するには、パフォーマンス モニター (Perfmon.exe) を開きます。 カウンターは、AFS Bytes Transferred オブジェクトおよび AFS Sync Operations オブジェクトの下にあります。

パフォーマンス モニターでは、Azure File Sync の以下のパフォーマンス カウンターを使用できます。

パフォーマンス オブジェクト\カウンター名 説明
AFS Bytes Transferred\Downloaded Bytes/sec 1 秒あたりのダウンロードされたバイト数。
AFS Bytes Transferred\Uploaded Bytes/sec 1 秒あたりのアップロードされたバイト数。
AFS Bytes Transferred\Total Bytes/sec 1 秒あたりの合計バイト数 (アップロードとダウンロード)。
AFS Sync Operations\Downloaded Sync Files/sec 1 秒あたりのダウンロードされたファイル数。
AFS Sync Operations\Uploaded Sync Files/sec 1 秒あたりのアップロードされたファイル数。
AFS Sync Operations\Total Sync File Operations/sec 同期されたファイルの合計数 (アップロードとダウンロード)。

アラートの例

ここでは、Azure File Sync のアラートの例をいくつか紹介します。

注意

アラートを作成するときに雑音が多すぎる場合は、しきい値とアラート ロジックを調整します。

サーバー エンドポイントの正常性が原因でエラーがポータルに表示された場合にアラートを作成する方法

  1. Azure portal で、それぞれの [ストレージ同期サービス] に移動します。
  2. [監視] セクションに移動し、 [アラート] をクリックします。
  3. [+ 新しいアラート ルール] をクリックして、新しいアラート ルールを作成します。
  4. [条件の選択] をクリックして、条件を構成します。
  5. [シグナル ロジックの構成] ブレードで、シグナル名の下の [Sync session result](同期セッションの結果) をクリックします。
  6. 次のディメンション構成を選択します。
    • ディメンション名:サーバー エンドポイント名
    • 演算子: =
    • ディメンション値:All current and future values(現在および将来のすべての値)
  7. [アラート ロジック] に移動し、次の手順を行います。
    • しきい値を [Static] に設定
    • 演算子:より小さい
    • 集計の種類: [最大]
    • しきい値: 1
    • 評価基準:集計の細分性 = 24 時間 | 評価の頻度 = 1 時間ごと
    • [完了] をクリック
  8. [アクション グループの選択] をクリックし、既存のアクション グループを選択するか、新しいアクション グループを作成して、アクション グループ (電子メール、SMS など) をアラートに追加します。
  9. アラート ルール名説明、および 重大度 などの アラートの詳細 を指定します。
  10. [アラート ルールの作成] をクリックします。

ファイルがサーバーまたはクラウド エンドポイントへの同期に失敗する場合にアラートを作成する方法

  1. Azure portal で、それぞれの [ストレージ同期サービス] に移動します。
  2. [監視] セクションに移動し、 [アラート] をクリックします。
  3. [+ 新しいアラート ルール] をクリックして、新しいアラート ルールを作成します。
  4. [条件の選択] をクリックして、条件を構成します。
  5. [シグナル ロジックの構成] ブレードで、シグナル名の下の [Files not syncing](同期されていないファイル) をクリックします。
  6. 次のディメンション構成を選択します。
    • ディメンション名:サーバー エンドポイント名
    • 演算子: =
    • ディメンション値:All current and future values(現在および将来のすべての値)
  7. [アラート ロジック] に移動し、次の手順を行います。
    • しきい値を [Static] に設定
    • 演算子:より大きい
    • 集計の種類: 平均
    • しきい値: 100
    • 評価基準:集計の細分性 = 5 分 | 評価の頻度 = 5 分ごと
    • [完了] をクリック
  8. [アクション グループの選択] をクリックし、既存のアクション グループを選択するか、新しいアクション グループを作成して、アクション グループ (電子メール、SMS など) をアラートに追加します。
  9. アラート ルール名説明、および 重大度 などの アラートの詳細 を指定します。
  10. [アラート ルールの作成] をクリックします。

登録済みのサーバーがストレージ同期サービスと通信できない場合にアラートを作成する方法

  1. Azure portal で、それぞれの [ストレージ同期サービス] に移動します。
  2. [監視] セクションに移動し、 [アラート] をクリックします。
  3. [+ 新しいアラート ルール] をクリックして、新しいアラート ルールを作成します。
  4. [条件の選択] をクリックして、条件を構成します。
  5. [シグナル ロジックの構成] ブレードで、シグナル名の下の [サーバーのオンライン状態] をクリックします。
  6. 次のディメンション構成を選択します。
    • ディメンション名:サーバー名
    • 演算子: =
    • ディメンション値:All current and future values(現在および将来のすべての値)
  7. [アラート ロジック] に移動し、次の手順を行います。
    • しきい値を [Static] に設定
    • 演算子:より小さい
    • 集計の種類: [最大]
    • しきい値 (バイト単位):1
    • 評価基準:集計の細分性 = 1 時間 | 評価の頻度 = 30 分ごと
      • メトリックは 15 から 20 分ごとに Azure Monitor に送信されることにご注意ください。 評価の頻度 を 30 分未満に設定しないでください (偽のアラートが生成されます)。
    • [完了] をクリック
  8. [アクション グループの選択] をクリックし、既存のアクション グループを選択するか、新しいアクション グループを作成して、アクション グループ (電子メール、SMS など) をアラートに追加します。
  9. アラート ルール名説明、および 重大度 などの アラートの詳細 を指定します。
  10. [アラート ルールの作成] をクリックします。

クラウドを使った階層化の呼び戻しサイズが 1 日で 500 GiB を超えた場合にアラートを作成する方法

  1. Azure portal で、それぞれの [ストレージ同期サービス] に移動します。
  2. [監視] セクションに移動し、 [アラート] をクリックします。
  3. [+ 新しいアラート ルール] をクリックして、新しいアラート ルールを作成します。
  4. [条件の選択] をクリックして、条件を構成します。
  5. [シグナル ロジックの構成] ブレードで、シグナル名の下の [クラウドを使った階層化の呼び戻しサイズ] をクリックします。
  6. 次のディメンション構成を選択します。
    • ディメンション名:サーバー名
    • 演算子: =
    • ディメンション値:All current and future values(現在および将来のすべての値)
  7. [アラート ロジック] に移動し、次の手順を行います。
    • しきい値を [Static] に設定
    • 演算子:より大きい
    • 集計の種類: 合計
    • しきい値 (バイト単位):67108864000
    • 評価基準:集計の細分性 = 24 時間 | 評価の頻度 = 1 時間ごと
    • [完了] をクリック
  8. [アクション グループの選択] をクリックし、既存のアクション グループを選択するか、新しいアクション グループを作成して、アクション グループ (電子メール、SMS など) をアラートに追加します。
  9. アラート ルール名説明、および 重大度 などの アラートの詳細 を指定します。
  10. [アラート ルールの作成] をクリックします。

次のステップ