Azure Files とはWhat is Azure Files?

Azure Files はクラウドで、業界標準の Server Message Block (SMB) プロトコルを介してアクセスできる、完全に管理されたファイル共有を提供します。Azure Files offers fully managed file shares in the cloud that are accessible via the industry standard Server Message Block (SMB) protocol. Azure ファイル共有は、クラウドまたはオンプレミスにある Windows、macOS、および Linux に同時にマウントできます。Azure file shares can be mounted concurrently by cloud or on-premises deployments of Windows, Linux, and macOS. さらに、高速アクセスするため、Azure File Sync を使用して、データが使用されている場所の近くの Windows サーバーに Azure ファイル共有をキャッシュできます。Additionally, Azure file shares can be cached on Windows Servers with Azure File Sync for fast access near where the data is being used.

ビデオVideos

Azure File Sync の概要 (2 分)Introducing Azure File Sync (2 m) Azure Files と Sync (Ignite 2017) (85 分)Azure Files with Sync (Ignite 2017) (85 m)
Azure File Sync の概要に関する動画のスクリーンキャスト - クリックして再生Screencast of the Introducing Azure File Sync video - click to play! Azure Files と Sync に関するプレゼンテーションのスクリーンキャスト - クリックして再生Screencast of the Azure Files with Sync presentation - click to play!

Azure Files の適用ケースWhy Azure Files is useful

Azure ファイル共有は、以下の作業に使用できます。Azure file shares can be used to:

  • オンプレミスのファイル サーバーの置換または補完:Replace or supplement on-premises file servers:
    Azure Files を使用して、従来のオンプレミス ファイル サーバーまたは NAS デバイスを完全に置き換えたり、補完することができます。Azure Files can be used to completely replace or supplement traditional on-premises file servers or NAS devices. Windows、macOS、Linux などの一般的なオペレーティング システムに、世界中のどこからでも、Azure ファイル共有を簡単にマウントできます。Popular operating systems such as Windows, macOS, and Linux can directly mount Azure file shares wherever they are in the world. また、Azure File Sync を使用すると、Azure ファイル共有を、オンプレミスまたはクラウドにある Windows サーバーにレプリケートすることも可能で、使用されているデータを分散キャッシュしてパフォーマンスを向上させることができます。Azure file shares can also be replicated with Azure File Sync to Windows Servers, either on-premises or in the cloud, for performance and distributed caching of the data where it's being used.

  • アプリケーションの "リフトアンドシフト":"Lift and shift" applications:
    Azure Files を使用すると、ファイル アプリケーションやユーザー データをファイル共有に保存し、アプリケーションをクラウドに簡単に "リフト アンド シフト" できます。Azure Files makes it easy to "lift and shift" applications to the cloud that expect a file share to store file application or user data. Azure Files を使用すると、アプリケーションとそのデータの両方が Azure に移動される "従来の" リフト アンド シフト シナリオと、アプリケーション データは Azure Files に移動され、アプリケーションはオンプレミスで実行を継続する、"ハイブリッド" リフト アンド シフト シナリオの両方に対応できます。Azure Files enables both the "classic" lift and shift scenario, where both the application and its data are moved to Azure, and the "hybrid" lift and shift scenario, where the application data is moved to Azure Files, and the application continues to run on-premises.

  • クラウド開発の簡略化:Simplify cloud development:
    また、Azure Files は、新しいクラウド開発プロジェクトを簡素化するためにさまざまな方法で使用できます。Azure Files can also be used in numerous ways to simplify new cloud development projects. 例: For example:

    • 共有アプリケーションの設定:Shared application settings:
      分散アプリケーションの一般的なパターンでは、複数のアプリケーション インスタンスからアクセスできる集中管理された場所に構成ファイルが配置されます。A common pattern for distributed applications is to have configuration files in a centralized location where they can be accessed from many application instances. アプリケーション インスタンスは File REST API を介してその構成を読み込むことができ、ユーザーは、必要に応じて、ローカルで SMB 共有をマウントすることでそれにアクセスできます。Application instances can load their configuration through the File REST API, and humans can access them as needed by mounting the SMB share locally.

    • 診断の共有:Diagnostic share:
      Azure ファイル共有は、クラウド アプリケーションが、ログ、メトリック、およびクラッシュ ダンプを書き込める便利な場所です。An Azure file share is a convenient place for cloud applications to write their logs, metrics, and crash dumps. ログは、File REST API を通してアプリケーション インスタンスによって書き込まれ、開発者は、ローカル コンピューターにファイル共有をマウントすることによってログにアクセスできます。Logs can be written by the application instances via the File REST API, and developers can access them by mounting the file share on their local machine. これにより、柔軟性が向上するため、開発者は、使い慣れた既存のツールを引き続き使用して、クラウド開発を行えます。This enables great flexibility, as developers can embrace cloud development without having to abandon any existing tooling they know and love.

    • 開発/テスト/デバッグ:Dev/Test/Debug:
      クラウド内の VM で作業している開発者または管理者には、一連のツールまたはユーティリティが必要になることがよくあります。When developers or administrators are working on VMs in the cloud, they often need a set of tools or utilities. このようなユーティリティやツールを各 VM にコピーする作業には時間がかかります。Copying such utilities and tools to each VM can be a time consuming exercise. ローカルから VM に Azure ファイル共有をマウントすることによって、開発者や管理者はユーティリティやツールにすばやくアクセスでき、コピーする必要がなくなります。By mounting an Azure file share locally on the VMs, a developer and administrator can quickly access their tools and utilities, no copying required.

主な利点Key benefits

  • 共有アクセスShared access. Azure ファイル共有では、業界標準の SMB プロトコルがサポートされています。そのため、アプリケーションの互換性を気にせずに、オンプレミスのファイル共有を Azure ファイル共有にシームレスに置き換えることができます。Azure file shares support the industry standard SMB protocol, meaning you can seamlessly replace your on-premises file shares with Azure file shares without worrying about application compatibility. 複数のマシン、アプリケーション/インスタンスでファイル システムを共有できる Azure Files は、共有性を必要とするアプリケーションにとって、大きな利点になります。Being able to share a file system across multiple machines, applications/instances is a significant advantage with Azure Files for applications that need shareability.
  • フル マネージドFully managed. Azure ファイル共有は、ハードウェアまたは OS を管理することなく、作成できます。Azure file shares can be created without the need to manage hardware or an OS. つまり、重要なセキュリティ アップグレードの際にサーバー OS に修正プログラムを適用したり、故障したハード ディスクを交換したりする作業は必要ありません。This means you don't have to deal with patching the server OS with critical security upgrades or replacing faulty hard disks.
  • スクリプトとツールScripting and tooling. PowerShell コマンドレットと Azure CLI を使用して、Azure アプリケーションの管理の一環として Azure ファイル共有を作成、マウント、管理することができます。Azure ファイル共有の作成と管理には、Azure portal と Azure Storage Explorer を使用できます。PowerShell cmdlets and Azure CLI can be used to create, mount, and manage Azure file shares as part of the administration of Azure applications.You can create and manage Azure file shares using Azure portal and Azure Storage Explorer.
  • 回復性Resiliency. Azure Files は、当初から、常に使用できることを目的にして構築されています。Azure Files has been built from the ground up to be always available. オンプレミスのファイル共有を Azure Files に置き換えることで、ローカルの停電またはネットワークの問題に対処するために夜間に起き出す必要がなくなります。Replacing on-premises file shares with Azure Files means you no longer have to wake up to deal with local power outages or network issues.
  • 慣れているプログラミング方法Familiar programmability. Azure で実行されているアプリケーションは、ファイル システム I/O API を介して共有内のデータにアクセスできます。Applications running in Azure can access data in the share via file system I/O APIs. そのため、開発者は、既存のコードとスキルを活用して、既存のアプリケーションを移行することができます。Developers can therefore leverage their existing code and skills to migrate existing applications. システム IO API の他に、Azure Storage クライアント ライブラリまたは Azure Storage REST API も使用できます。In addition to System IO APIs, you can use Azure Storage Client Libraries or the Azure Storage REST API.

次の手順Next Steps