Azure ファイル共有の誤削除を防ぐPrevent accidental deletion of Azure file shares

Azure Storage は、ファイル共有の論理的な削除機能を提供するようになりました。Azure Storage now offers soft delete for file shares. 論理的な削除を使用すると、アプリケーションまたは他のストレージ アカウント ユーザーが誤ってファイル共有を削除した場合に、データを回復できます。Soft delete allows you to recover your file share when it is mistakenly deleted by an application or other storage account user.

論理的な削除のしくみHow soft delete works

Azure ファイル共有の論理的な削除が有効になっている場合、ファイル共有が削除されると、完全に消去される代わりに論理的に削除された状態に移行します。When soft delete for Azure file shares is enabled, if a file share is deleted, it transitions to a soft deleted state instead of being permanently erased. 論理的に削除されたデータが完全に削除され、復旧できなくなるまでの時間を構成することができます。この保有期間中はいつでも共有の削除を取り消すことができます。You can configure the amount of time soft deleted data is recoverable before it's permanently deleted, and undelete the share anytime during this retention period. 削除を取り消すと、共有とすべてのコンテンツ (スナップショットを含む) が削除前の状態に復元されます。After being undeleted, the share and all of contents, including snapshots, will be restored to the state it was in prior to deletion. 論理的な削除はファイル共有レベルでのみ機能します。そのため、削除された個々のファイルは完全に消去されます。Soft delete only works on a file share level - individual files that are deleted will still be permanently erased.

論理的な削除は、新規または既存のファイル共有のいずれかに対して有効にすることができます。Soft delete can be enabled on either new or existing file shares. また、論理的な削除には下位互換性があります。論理的な削除の保護を利用するために、アプリケーションを変更する必要はありません。Soft delete is also backwards compatible, so you don't have to make any changes to your applications to take advantage of the protections of soft delete.

有効期限が切れる前に論理的な削除状態のファイル共有を完全に削除するには、共有の削除を取り消し、論理的な削除を無効にしてから、共有を再度削除する必要があります。To permanently delete a file share in a soft delete state before its expiry time, you must undelete the share, disable soft delete, and then delete the share again. その論理的な削除がオフの間に、そのストレージ アカウント内の他のファイル共有が誤って削除される可能性があるため、論理的な削除を再度有効にする必要があります。Then you should re-enable soft delete, since any other file shares in that storage account will be vulnerable to accidental deletion while soft delete is off.

論理的に削除された Premium ファイル共有の場合、ファイル共有クォータ (ファイル共有のプロビジョニングされたサイズ) は、論理的に削除された共有の有効期限 (共有が完全に削除されるタイミング) まで、ストレージ アカウント クォータの合計の計算に使用されます。For soft-deleted premium file shares, the file share quota (the provisioned size of a file share) is used in the total storage account quota calculation until the soft-deleted share expiry date, when the share is fully deleted.

構成設定Configuration settings

論理的な削除の有効化または無効化Enabling or disabling soft delete

ファイル共有の論理的な削除はストレージ アカウント レベルで有効です。このため、論理的な削除の設定は、ストレージ アカウント内のすべてのファイル共有に適用されます。Soft delete for file shares is enabled at the storage account level, because of this, the soft delete settings apply to all file shares within a storage account. 論理的な削除は、いつでも有効または無効にすることができます。You can enable or disable soft delete at any time. 新しいストレージ アカウントを作成すると、ファイル共有の論理的な削除が既定で無効になります。これは、デプロイ中または後でいつでも有効にすることができます。When you create a new storage account, soft delete for file shares is disabled by default, you can enable it during deployment or anytime afterwards. 既存のストレージ アカウントでは、論理的な削除は既定で無効のままになります。Soft delete will remain disabled by default for existing storage accounts. Azure ファイル共有に対して Azure ファイル共有のバックアップを構成してある場合、Azure ファイル共有の論理的な削除は、その共有のストレージ アカウントで自動的に有効になります。If you have configured Azure file share backup for a Azure file share, then soft delete for Azure file shares will be automatically enabled on that share's storage account.

ファイル共有の論理的な削除が有効な状態で、一部のファイル共有を削除してから論理的な削除を無効にしても、その期間に共有が保存されていれば、それらのファイル共有に引き続きアクセスして回復できます。If you enable soft delete for file shares, delete some file shares, and then disable soft delete, if the shares were saved in that period you can still access and recover those file shares. 論理的な削除を有効にするときは、保持期間も構成する必要があります。When you enable soft delete, you also need to configure the retention period.

保持期間Retention period

保持期間は、論理的に削除されたファイル共有が保存され、回復できる期間です。The retention period is the amount of time that soft deleted file shares are stored and available for recovery. 明示的に削除されたファイル共有の場合は、データが削除された時点で保持期間のクロックが開始します。For file shares that are explicitly deleted, the retention period clock starts when the data is deleted. 現在、保有期間は 1 日から 365 日の範囲で指定できます。Currently you can specify a retention period between 1 and 365 days. 論理的な削除のリテンション期間はいつでも変更できます。You can change the soft delete retention period at any time. 更新された保持期間は、保持期間が更新された後に削除された共有にのみ適用されます。An updated retention period will only apply to shares deleted after the retention period has been updated. 保持期間の更新前に削除された共有は、そのデータが削除されたときに構成された保持期間に基づいて期限切れになります。Shares deleted before the retention period update will expire based on the retention period that was configured when that data was deleted.

価格と課金Pricing and billing

Standard と Premium の両方のファイル共有は、プロビジョニングされた容量ではなく、論理的な削除時の使用済み容量に課金されます。Both standard and premium file shares are billed on the used capacity when soft deleted, rather than provisioned capacity. さらに、Premium ファイル共有には、論理的な削除状態の間、スナップショット レートで課金されます。Additionally, premium file shares are billed at the snapshot rate while in the soft delete state. Standard ファイル共有は、論理的な削除状態の間、通常のレートで課金されます。Standard file shares are billed at the regular rate while in the soft delete state. 構成されている保有期間の後で完全に削除されたデータについては課金されません。You won't be charged for data that is permanently deleted after the configured retention period.

Azure File Storage の一般的な料金の詳細については、Azure File Storage の料金ページを参照してください。For more information on prices for Azure File Storage in general, see the Azure File Storage Pricing Page.

論理的な削除を初めて有効にするときは、保有期間を短くして、この機能が請求に及ぼす影響をよく理解することをお勧めします。When you initially enable soft delete, we recommend using a small retention period to better understand how the feature affects your bill.

次のステップNext steps

論理的な削除を有効にして使用する方法については、論理的な削除を有効にする方法に関する記事を参照してください。To learn how to enable and use soft delete, continue to Enable soft delete.