クイック スタート:Windows Virtual Machines で Azure Files 共有を作成して管理するQuickstart: Create and manage Azure Files share with Windows virtual machines

この記事では、Azure Files 共有を作成して使用する基本的な手順について説明します。The article demonstrates the basic steps for creating and using an Azure Files share. このクイック スタートでは、Azure Files 共有サービスを体験できるよう、Azure ファイル共有をすばやく設定することに重点を置いています。In this quickstart, the emphasis is on quickly setting up an Azure Files share so you can experience how the service works. ご利用の環境に Azure ファイル共有を作成して使用するさらに詳しい手順については、「Windows で Azure ファイル共有を使用する」を参照してください。If you need more detailed instructions for creating and using Azure file shares in your own environment, see Use an Azure file share with Windows.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

環境を準備するPrepare your environment

このクイック スタートでは、次の項目を設定します。In this quickstart, you set up the following items:

  • Azure ストレージ アカウントと Azure ファイル共有An Azure storage account and an Azure file share
  • Windows Server 2016 Datacenter VMA Windows Server 2016 Datacenter VM

ストレージ アカウントの作成Create a storage account

Azure ファイル共有を使用するためには、あらかじめ Azure ストレージ アカウントを作成しておく必要があります。Before you can work with an Azure file share, you have to create an Azure storage account. 汎用 v2 ストレージ アカウントでは、Azure Storage サービス (BLOB、ファイル、キュー、およびテーブル) のすべてにアクセスできます。A general-purpose v2 storage account provides access to all of the Azure Storage services: blobs, files, queues, and tables. このクイック スタートでは汎用 v2 ストレージ アカウントを作成しますが、作成手順はどの種類のストレージ アカウントでも似ています。The quickstart creates a general-purpose v2 storage account but, the steps to create any type of storage account are similar. 1 つのストレージ アカウントに格納できる共有の数に制限はありません。A storage account can contain an unlimited number of shares. 1 つの共有に格納できるファイルの数に制限はなく、ストレージ アカウントの容量の上限までファイルを格納できます。A share can store an unlimited number of files, up to the capacity limits of the storage account.

Azure Portal で汎用 v2 ストレージ アカウントを作成するには、次の手順に従います。To create a general-purpose v2 storage account in the Azure portal, follow these steps:

  1. Azure portal のメニューで [すべてのサービス] を選択します。On the Azure portal menu, select All services. リソースの一覧で「ストレージ アカウント」と入力します。In the list of resources, type Storage Accounts. 入力を始めると、入力内容に基づいて、一覧がフィルター処理されます。As you begin typing, the list filters based on your input. [ストレージ アカウント] を選択します。Select Storage Accounts.

  2. 表示された [ストレージ アカウント] ウィンドウで [追加] を選択します。On the Storage Accounts window that appears, choose Add.

  3. ストレージ アカウントを作成するサブスクリプションを選択します。Select the subscription in which to create the storage account.

  4. [リソース グループ] フィールドの下の [新規作成] を選択します。Under the Resource group field, select Create new. 次の図のように、新しいリソース グループの名前を入力します。Enter a name for your new resource group, as shown in the following image.

    ポータルでリソース グループを作成する方法を示すスクリーンショット

  5. 次に、ストレージ アカウントの名前を入力します。Next, enter a name for your storage account. 選択する名前は Azure 全体で一意である必要があります。The name you choose must be unique across Azure. また、名前の長さは 3 から 24 文字とし、数字と小文字のみを使用できます。The name also must be between 3 and 24 characters in length, and can include numbers and lowercase letters only.

  6. ストレージ アカウントの場所を選択するか、または既定の場所を使います。Select a location for your storage account, or use the default location.

  7. 以下のフィールドは既定値に設定されたままにします。Leave these fields set to their default values:

    フィールドField Value
    デプロイメント モデルDeployment model リソース マネージャーResource Manager
    パフォーマンスPerformance StandardStandard
    アカウントの種類Account kind StorageV2 (汎用 v2)StorageV2 (general-purpose v2)
    レプリケーションReplication 読み取りアクセス geo 冗長ストレージ (RA-GRS)Read-access geo-redundant storage (RA-GRS)
    アクセス層Access tier ホットHot
  8. Azure Data Lake Storage を使用する予定がある場合は、 [Advanced](詳細) タブを選択し、 [階層型名前空間][Enabled](有効) に設定します。If you plan to use Azure Data Lake Storage, choose the Advanced tab, and then set Hierarchical namespace to Enabled.

  9. [確認および作成] を選択して、ストレージ アカウントの設定を確認し、アカウントを作成します。Select Review + Create to review your storage account settings and create the account.

  10. 作成 を選択します。Select Create.

ストレージ アカウントの種類およびその他のストレージ アカウントの設定について詳しくは、「Azure ストレージ アカウントの概要」をご覧ください。For more information about types of storage accounts and other storage account settings, see Azure storage account overview. リソース グループの詳細については、「Azure Resource Manager の概要」をご覧ください。For more information on resource groups, see Azure Resource Manager overview.

Azure ファイル共有を作成するCreate an Azure file share

次に、ファイル共有を作成します。Next, you create a file share.

  1. Azure ストレージ アカウントのデプロイが完了したら、 [リソースに移動] を選択します。When the Azure storage account deployment is complete, select Go to resource.

  2. ストレージ アカウントのウィンドウで [ファイル] を選択します。Select Files from the storage account pane.

    [ファイル] を選択する

  3. [ファイル共有] を選択します。Select File Share.

    ファイル共有の追加ボタンを選択する

  4. 新しいファイル共有に qsfileshare という名前を付け、 [クォータ] に「1」と入力してから、 [作成] をクリックします。Name the new file share qsfileshare > enter "1" for the Quota > select Create. クォータは最大で 5 TiB にすることができますが、このクイック スタートでは 1 GiB しか必要ありません。The quota can be a maximum of 5 TiB, but you only need 1 GiB for this quickstart.

  5. ローカル コンピューター上に、qsTestFile という新しいテキスト ファイルを作成します。Create a new txt file called qsTestFile on your local machine.

  6. 新しいファイル共有を選択し、ファイル共有上の場所に対して [アップロード] を選択します。Select the new file share, then on the file share location, select Upload.

    ファイルをアップロードする

  7. .txt ファイルを作成した場所に移動して qsTestFile.txt を選択し、 [アップロード] を選択します。Browse to the location where you created your .txt file > select qsTestFile.txt > select Upload.

この時点で、Azure ストレージ アカウントと、1 つのファイルを含む Azure のファイル共有を作成できました。So far, you've created an Azure storage account and a file share with one file in it in Azure. 次に、このクイック スタートでのオンプレミス サーバーを表す、Windows Server 2016 Datacenter がある Azure VM を作成します。Next you'll create the Azure VM with Windows Server 2016 Datacenter to represent the on-premises server in this quickstart.

VM をデプロイするDeploy a VM

  1. 次に、ポータルの左側にあるメニューを展開して、Azure portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Next, expand the menu on the left side of the portal and choose Create a resource in the upper left-hand corner of the Azure portal.

  2. Azure Marketplace リソースの一覧の上にある検索ボックスで Windows Server 2016 Datacenter を検索して選択し、 [作成] を選択します。In the search box above the list of Azure Marketplace resources, search for and select Windows Server 2016 Datacenter, then choose Create.

  3. [基本] タブの [プロジェクトの詳細] で、このクイック スタートのために作成したリソース グループを選択します。In the Basics tab, under Project details, select the resource group you created for this quickstart.

    ポータルのブレードで VM に関する基本情報を入力する

  4. [インスタンスの詳細] で、VM に qsVM という名前を付けます。Under Instance details, name the VM qsVM.

  5. [リージョン][可用性オプション][イメージ][サイズ] は、既定の設定のままにしておきます。Leave the default settings for Region, Availability options, Image, and Size.

  6. [管理者アカウント] で、 [ユーザー名] として VMadmin を追加し、VM のパスワードを入力します。Under Administrator account, add VMadmin as the Username and enter a Password for the VM.

  7. [受信ポートの規則] で、 [Allow selected ports] (選択されたポートを許可する) を選択してから、ドロップダウンから [RDP (3389)][HTTP] を選択します。Under Inbound port rules, choose Allow selected ports and then select RDP (3389) and HTTP from the drop-down.

  8. [Review + create](レビュー + 作成) を選択します。Select Review + create.

  9. [作成] を選択しますSelect Create. 新しい VM の作成が完了するまでに数分かかります。Creating a new VM will take a few minutes to complete.

  10. VM のデプロイが完了したら、 [リソースに移動] を選択します。Once your VM deployment is complete, select Go to resource.

この時点で、新しい仮想マシンを作成し、データ ディスクを接続できました。At this point, you've created a new virtual machine and attached a data disk. 次に、VM に接続する必要があります。Now you need to connect to the VM.

VM に接続するConnect to your VM

  1. 仮想マシンのプロパティ ページで、 [接続] を選択します。Select Connect on the virtual machine properties page.

    ポータルから Azure VM に接続する

  2. [Connect to virtual machine](仮想マシンへの接続) ページで、ポート番号 3389 を介して IP アドレスを使って接続する既定のオプションをそのまま使用して、 [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。In the Connect to virtual machine page, keep the default options to connect by IP address over port number 3389 and select Download RDP file.

  3. ダウンロードした RDP ファイルを開き、プロンプトが表示されたら [接続] を選択します。Open the downloaded RDP file and select Connect when prompted.

  4. [Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。In the Windows Security window, select More choices and then Use a different account. ユーザー名に「localhost\username」と入力します。ここで <username> は、仮想マシン用に作成した VM 管理者のユーザー名です。Type the username as localhost\username, where <username> is the VM admin username you created for the virtual machine. 仮想マシン用に作成したパスワードを入力し、 [OK] を選択します。Enter the password you created for the virtual machine, and then select OK.

    その他

  5. サインイン処理中に証明書の警告が表示される場合があります。You may receive a certificate warning during the sign-in process. [はい] または [続行] を選択して接続を作成します。select Yes or Continue to create the connection.

Azure ファイル共有を Windows ドライブにマップするMap the Azure file share to a Windows drive

  1. Azure portal で qsfileshare ファイル共有に移動し、 [接続] を選択します。In the Azure portal, navigate to the qsfileshare fileshare and select Connect.

  2. 2 つ目のボックスの内容をコピーしてメモ帳に貼り付けます。Copy the contents of the second box and paste it in Notepad.

    Azure Files の [接続] ウィンドウの UNC パス

  3. VM でエクスプローラーを開き、そのウィンドウで [この PC] を選択します。In the VM, open File Explorer and select This PC in the window. この選択により、リボンで使用できるメニューが変更されます。This selection will change the menus available on the ribbon. [コンピューター] メニューの [ネットワーク ドライブの割り当て] を選択します。On the Computer menu, select Map network drive.

  4. ドライブ文字を選択し、UNC パスを入力します。Select the drive letter and enter the UNC path. このクイック スタートの名前付けの候補に従った場合は、メモ帳から \qsstorageacct.file.core.windows.net\qsfileshare をコピーします。If you've followed the naming suggestions in this quickstart, copy \qsstorageacct.file.core.windows.net\qsfileshare from Notepad.

    両方のチェック ボックスがオンになっていることを確認します。Make sure both checkboxes are checked.

    [ネットワーク ドライブの割り当て] ダイアログのスクリーンショット

  5. [完了] を選択します。Select Finish.

  6. [Windows セキュリティ] ダイアログ ボックスで次の操作を行います。In the Windows Security dialog box:

    • メモ帳から AZURE\ で始まるストレージ アカウント名をコピーし、 [Windows セキュリティ] ダイアログ ボックスにユーザー名として貼り付けます。From Notepad, copy the storage account name prepended with AZURE\ and paste it in the Windows Security dialog box as the username. このクイック スタートの名前付けの候補に従った場合は、AZURE\qsstorageacct をコピーします。If you've followed the naming suggestions in this quickstart, copy AZURE\qsstorageacct.

    • メモ帳からストレージ アカウント キーをコピーし、 [Windows セキュリティ] ダイアログ ボックスにパスワードとして貼り付けます。From Notepad, copy the storage account key and paste it in the Windows Security dialog box as the password.

      Azure Files の [接続] ウィンドウの UNC パス

共有スナップショットの作成Create a share snapshot

ドライブをマップしたら、スナップショットを作成できます。Now that you've mapped the drive, you can create a snapshot.

  1. ポータルでファイル共有に移動し、 [スナップショットの作成] を選択します。In the portal, navigate to your file share and select Create snapshot.

    スナップショットの作成

  2. VM で qstestfile.txt を開き、「this file has been modified」と入力した後、ファイルを保存して閉じます。In the VM, open the qstestfile.txt and type "this file has been modified" > Save and close the file.

  3. 別のスナップショットを作成します。Create another snapshot.

共有スナップショットを参照するBrowse a share snapshot

  1. ファイル共有で [スナップショットの表示] を選択します。On your file share, select View snapshots.

  2. [ファイル共有のスナップショット] ウィンドウで、一覧にある最初のスナップショットを選択します。On the File share snapshots pane, select the first snapshot in the list.

    タイムスタンプの一覧で選択されたスナップショット

  3. そのスナップショットのウィンドウで、 [qsTestFile.txt] を選択します。On the pane for that snapshot, select qsTestFile.txt.

スナップショットから復元するRestore from a snapshot

  1. [ファイル共有のスナップショット] ブレードで、 [qsTestFile] を右クリックし、 [復元] をクリックします。From the file share snapshot blade, right-click the qsTestFile, and select the Restore button.

  2. [元のファイルを上書きする] を選択します。Select Overwrite original file.

    [ダウンロード] ボタンと [復元] ボタン

  3. VM でそのファイルを開きます。In the VM, open the file. 未変更のバージョンが復元されています。The unmodified version has been restored.

共有スナップショットの削除Delete a share snapshot

  1. ファイル共有で [スナップショットの表示] を選択します。On your file share, select View snapshots.

  2. [ファイル共有のスナップショット] ウィンドウで、一覧にある最後のスナップショットを選択し、 [削除] をクリックします。On the File share snapshots pane, select the last snapshot in the list and click Delete.

    [削除] ボタン

Windows で共有スナップショットを使用するUse a share snapshot in Windows

オンプレミスの VSS スナップショットと同様、マウントした Azure ファイル共有にあるスナップショットも [以前のバージョン] タブを使用して表示できます。Just like with on-premises VSS snapshots, you can view the snapshots from your mounted Azure file share by using the Previous Versions tab.

  1. マウントされた共有をエクスプローラーで探します。In File Explorer, locate the mounted share.

    ファイル エクスプローラーのマウントされた共有

  2. [qsTestFile.txt] を選択して右クリックし、メニューから [プロパティ] を選択します。Select qsTestFile.txt and > right-click and select Properties from the menu.

    選択したディレクトリの右クリック メニュー

  3. [以前のバージョン] を選択して、このディレクトリの共有スナップショットの一覧を表示します。Select Previous Versions to see the list of share snapshots for this directory.

  4. [開く] を選択して、スナップショットを開きます。Select Open to open the snapshot.

    [以前のバージョン] タブ

以前のバージョンから復元するRestore from a previous version

  1. [復元] を選択します。Select Restore. この操作により、ディレクトリ全体の内容が、共有スナップショットを作成したときの元の場所に再帰的にコピーされます。This action copies the contents of the entire directory recursively to the original location at the time the share snapshot was created.

    警告メッセージ内の [復元] ボタン メモ: ファイルが変更されていない場合、そのファイルはスナップショットと同じバージョンであるため、そのファイルの以前のバージョンは表示されません。Restore button in warning message Note:If your file has not changed, you will not see a previous version for that file because that file is the same version as the snapshot. これは、Windows ファイル サーバーでの動作と一致しています。This is consistent with how this works on a Windows file server.

リソースをクリーンアップするClean up resources

作業が終わったら、リソース グループを削除できます。When you're done, you can delete the resource group. リソース グループを削除すると、ストレージ アカウント、Auzre ファイル共有、およびリソース グループ内にデプロイしたリソースがすべて削除されます。Deleting the resource group deletes the storage account, the Azure file share, and any other resources that you deployed inside the resource group.

  1. 左側のメニューの [リソース グループ] を選択します。In the left menu, select Resource groups.
  2. リソース グループを右クリックし、 [リソース グループの削除] を選択します。Right-click the resource group, and then select Delete resource group. ウィンドウが開き、リソース グループと共に削除されるリソースに関する警告が表示されます。A window opens and displays a warning about the resources that will be deleted with the resource group.
  3. リソース グループの名前を入力し、 [削除] を選択します。Enter the name of the resource group, and then select Delete.

次のステップNext steps