Azure File Sync エージェントのリリース ノートRelease notes for the Azure File Sync agent

Azure ファイル同期を使用すると、オンプレミスのファイル サーバーの柔軟性、パフォーマンス、互換性を損なわずに Azure Files で組織のファイル共有を一元化できます。Azure File Sync allows you to centralize your organization's file shares in Azure Files without giving up the flexibility, performance, and compatibility of an on-premises file server. お使いの Windows Server のインストール済み環境が、Azure ファイル共有の高速キャッシュに生まれ変わります。Your Windows Server installations are transformed into a quick cache of your Azure file share. SMB、NFS、FTPS など、Windows Server 上で利用できるあらゆるプロトコルを使用して、データにローカルにアクセスできます。You can use any protocol that's available on Windows Server to access your data locally (including SMB, NFS, and FTPS). キャッシュは、世界中にいくつでも必要に応じて設置することができます。You can have as many caches as you need around the world.

この記事では、サポートされているバージョンの Azure File Sync エージェントのリリース ノートについて取り上げます。This article provides the release notes for the supported versions of the Azure File Sync agent.

サポートされているバージョンSupported versions

Azure File Sync エージェントでサポートされるバージョンは次のとおりです。The following versions are supported for the Azure File Sync agent:

マイルストーンMilestone エージェントのバージョン番号Agent version number リリース日Release date StatusStatus
V10.1 リリース - KB4522411V10.1 Release - KB4522411 10.1.0.010.1.0.0 2020 年 6 月 5 日June 5, 2020 サポートされていますSupported
2020 年 5 月の更新プログラム ロールアップ - KB4522412May 2020 update rollup - KB4522412 10.0.2.010.0.2.0 2020 年 5 月 19 日May 19, 2020 サポートされていますSupported
V10 リリース - KB4522409V10 Release - KB4522409 10.0.0.010.0.0.0 2020 年 4 月 9 日April 9, 2020 サポートされていますSupported
2019 年 12 月の更新プログラム ロールアップ - KB4522360December 2019 update rollup - KB4522360 9.1.0.09.1.0.0 2019 年 12 月 12日December 12, 2019 サポートされていますSupported
V9 リリース - KB4522359V9 Release - KB4522359 9.0.0.09.0.0.0 2019 年 12 月 2 日December 2, 2019 サポートされていますSupported
V8 リリース - KB4511224V8 Release - KB4511224 8.0.0.08.0.0.0 2019 年 10 月 8 日October 8, 2019 サポートされていますSupported
2019 年 7 月の更新プログラム ロールアップ - KB4490497July 2019 update rollup - KB4490497 7.2.0.07.2.0.0 2019 年 7 月 24 日July 24, 2019 サポートされています - エージェント バージョンは 2020 年 9 月 1 日に有効期限が切れますSupported - Agent version will expire on September 1, 2020
2019 年 7 月の更新プログラム ロールアップ - KB4490496July 2019 update rollup - KB4490496 7.1.0.07.1.0.0 2019 年 7 月 12 日July 12, 2019 サポートされています - エージェント バージョンは 2020 年 9 月 1 日に有効期限が切れますSupported - Agent version will expire on September 1, 2020
V7 リリース - KB4490495V7 Release - KB4490495 7.0.0.07.0.0.0 2019 年 6 月 19 日June 19, 2019 サポートされています - エージェント バージョンは 2020 年 9 月 1 日に有効期限が切れますSupported - Agent version will expire on September 1, 2020
V6 リリースV6 Release 6.0.0.0 ~ 6.3.0.06.0.0.0 - 6.3.0.0 該当なしN/A サポートされていません - エージェント バージョンは 2020 年 4 月 21 日に有効期限が切れましたNot Supported - Agent versions expired on April 21, 2020
V5 リリースV5 Release 5.0.2.0 - 5.2.0.05.0.2.0 - 5.2.0.0 該当なしN/A サポートされていません - エージェント バージョンは 2020 年 3 月 18 日に有効期限が切れましたNot Supported - Agent versions expired on March 18, 2020
V4 リリースV4 Release 4.0.1.0 ~ 4.3.0.04.0.1.0 - 4.3.0.0 該当なしN/A サポートされていません - エージェント バージョンは 2019 年 11 月 6 日に有効期限が切れましたNot Supported - Agent versions expired on November 6, 2019
V3 リリースV3 Release 3.1.0.0 - 3.4.0.03.1.0.0 - 3.4.0.0 該当なしN/A サポートされていません - エージェント バージョンは 2019 年 8 月 19 日に有効期限が切れましたNot Supported - Agent versions expired on August 19, 2019
GA 前のエージェントPre-GA agents 1.1.0.0 - 3.0.13.01.1.0.0 - 3.0.13.0 該当なしN/A サポートされていません - エージェント バージョンは 2018 年 10 月 1 日に有効期限が切れましたNot Supported - Agent versions expired on October 1, 2018

Azure ファイル同期エージェントの更新ポリシーAzure File Sync agent update policy

Azure File Sync エージェントは、新機能の追加や問題の解決を目的として定期的に更新されます。The Azure File Sync agent is updated on a regular basis to add new functionality and to address issues. Azure File Sync エージェントの更新プログラムを公開されしだい入手できるように Microsoft Update を構成しておくことをお勧めします。We recommend you configure Microsoft Update to get updates for the Azure File Sync agent as they're available.

エージェントのメジャー バージョンとマイナー バージョンMajor vs. minor agent versions

  • エージェントのメジャー バージョンには、多くの場合、新しい機能が含まれています。メジャー バージョンでは、バージョン番号の先頭部分の数値が増えていきます。Major agent versions often contain new features and have an increasing number as the first part of the version number. 次に例を示します。*2.*.**For example: *2.*.**
  • エージェントのマイナー バージョンは "修正プログラム" とも呼ばれ、メジャー バージョンよりも頻繁にリリースされます。Minor agent versions are also called "patches" and are released more frequently than major versions. 多くの場合、バグの修正と軽微な機能強化が含まれ、新しい機能は含まれません。They often contain bug fixes and smaller improvements but no new features. 例: **.3.**For example: **.3.**

アップグレード パスUpgrade paths

Azure File Sync エージェントの更新プログラムのインストールを承認してテストする方法は 4 つあります。There are four approved and tested ways to install the Azure File Sync agent updates.

  1. (推奨) エージェントの更新プログラムを自動的にダウンロードしてインストールするように Microsoft Update を構成する。(Preferred) Configure Microsoft Update to automatically download and install agent updates.
    すべての Azure File Sync の更新プログラムを実行して、サーバー エージェントの最新の修正を確実に適用することを常にお勧めします。We always recommend taking every Azure File Sync update to ensure you have access to the latest fixes for the server agent. Microsoft Update では、更新プログラムのダウンロードとインストールを自動的に実行することで、このプロセスをシームレスにしています。Microsoft Update makes this process seamless, by automatically downloading and installing updates for you.
  2. AfsUpdater.exe を使用してエージェントの更新プログラムをダウンロードし、インストールする。Use AfsUpdater.exe to download and install agent updates.
    AfsUpdater.exe は、エージェントのインストール ディレクトリにあります。The AfsUpdater.exe is located in the agent installation directory. 実行可能ファイルをダブルクリックすると、エージェントの更新プログラムがダウンロードされてインストールされます。Double-click the executable to download and install agent updates.
  3. Microsoft Update 修正プログラム ファイル (.msp 実行可能ファイル) を使用して、既存の Azure File Sync エージェントを修正する。最新の Azure File Sync 更新プログラム パッケージは、Microsoft Update カタログからダウンロードできます。Patch an existing Azure File Sync agent by using a Microsoft Update patch file, or a .msp executable. The latest Azure File Sync update package can be downloaded from the Microsoft Update Catalog.
    .msp 実行可能ファイルを実行すると、前回の更新パスで Microsoft Update によって自動的に使用されたのと同じ方法を使用して、Azure File Sync のインストールがアップグレードされます。Running a .msp executable will upgrade your Azure File Sync installation with the same method used automatically by Microsoft Update in the previous upgrade path. Microsoft Update 修正プログラムを適用すると、Azure File Sync のインストールのインプレース アップグレードが実行されます。Applying a Microsoft Update patch will perform an in-place upgrade of an Azure File Sync installation.
  4. Microsoft ダウンロード センターから最新の Azure File Sync エージェント インストーラーをダウンロードする。Download the newest Azure File Sync agent installer from the Microsoft Download Center.
    既存の Azure File Sync エージェントのインストールをアップグレードするには、古いバージョンをアンインストールした後、ダウンロードしたインストーラーから最新バージョンをインストールします。To upgrade an existing Azure File Sync agent installation, uninstall the older version and then install the latest version from the downloaded installer. サーバーの登録、同期グループ、およびその他の設定は、Azure File Sync インストーラーによって管理されます。The server registration, sync groups, and any other settings are maintained by the Azure File Sync installer.

自動エージェントのライフサイクル管理Automatic agent lifecycle management

バージョン 6 のエージェントでは、ファイル同期チームによってエージェントの自動アップグレード機能が導入されました。With agent version 6, the file sync team has introduced an agent auto-upgrade feature. 2 つのモードのいずれかを選択して、サーバーでアップグレードが試行されるメンテナンス期間を指定できます。You can select either of two modes and specify a maintenance window in which the upgrade shall be attempted on the server. この機能は、エージェントの期限切れを防止する手段を提供するか、面倒な作業なしで最新状態を維持する設定を許可することで、エージェントのライフサイクル管理を支援するように設計されています。This feature is designed to help you with the agent lifecycle management by either providing a guardrail preventing your agent from expiration or allowing for a no-hassle, stay current setting.

  1. 既定の設定では、エージェントの期限切れの防止が試行されます。The default setting will attempt to prevent the agent from expiration. 示されているエージェントの有効期限の 21 日以内に、エージェントがセルフアップグレードを試行します。Within 21 days of the posted expiration date of an agent, the agent will attempt to self-upgrade. 有効期限まで 21 日以内になると週に 1 回、選択されているメンテナンス期間にアップグレードを試行します。It will start an attempt to upgrade once a week within 21 days prior to expiration and in the selected maintenance window. このオプションでは、通常の Microsoft Update 修正プログラムを適用する必要性は解消されません。This option does not eliminate the need for taking regular Microsoft Update patches.
  2. 必要に応じて、新しいエージェント バージョンが使用可能になるとすぐにエージェントが自動アップグレードされるように選択できます (現在クラスター サーバーには適用できません)。Optionally, you can select that the agent will automatically upgrade itself as soon as a new agent version becomes available (currently not applicable to clustered servers). この更新は、選択されているメンテナンス期間内に行われ、新機能と機能強化が一般提供されるとすぐに、サーバーはそれらの恩恵を受けることができます。This update will occur during the selected maintenance window and allow your server to benefit from new features and improvements as soon as they become generally available. これは安心して利用できる推奨設定であり、エージェントのメジャー バージョンだけでなく定期的な更新プログラムがサーバーに提供されます。This is the recommended, worry-free setting that will provide major agent versions as well as regular update patches to your server. リリースされるすべてのエージェントは GA 品質です。Every agent released is at GA quality. このオプションを選択すると、Microsoft はお客様に最新のエージェント バージョンをフライト化します。If you select this option, Microsoft will flight the newest agent version to you. クラスター化サーバーは除外されます。Clustered servers are excluded. フライト化が完了すると、エージェントは Microsoft ダウンロード センターでも利用可能になります (aka.ms/AFS/agent)。Once flighting is complete, the agent will also become available on Microsoft Download Center aka.ms/AFS/agent.
自動アップグレードの設定の変更Changing the auto-upgrade setting

次の手順では、インストーラーの完了後に変更を行う必要がある場合に、設定を変更する方法について説明します。The following instructions describe how to change the settings after you've completed the installer, if you need to make changes.

PowerShell コンソールを開き、同期エージェントをインストールしたディレクトリに移動してから、サーバー コマンドレットをインポートします。Open a PowerShell console and navigate to the directory where you installed the sync agent then import the server cmdlets. これは、既定ではこのようになります。By default this would look something like this:

cd 'C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent'
Import-Module -Name .\StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll

Get-StorageSyncAgentAutoUpdatePolicy を実行して、現在のポリシー設定を確認し、変更するかどうかを判断できます。You can run Get-StorageSyncAgentAutoUpdatePolicy to check the current policy setting and determine if you want to change it.

現在のポリシー設定を遅延更新追跡に変更する場合は、以下を使用できます。To change the current policy setting to the delayed update track, you can use:

Set-StorageSyncAgentAutoUpdatePolicy -PolicyMode UpdateBeforeExpiration

現在のポリシー設定を即時更新追跡に変更する場合は、以下を使用できますTo change the current policy setting to the immediate update track, you can use:

Set-StorageSyncAgentAutoUpdatePolicy -PolicyMode InstallLatest

エージェントのライフサイクルと変更管理の保証Agent lifecycle and change management guarantees

Azure File Sync は、新機能および機能強化を継続的に導入するするクラウド サービスです。Azure File Sync is a cloud service, which continuously introduces new features and improvements. つまり、Azure File Sync エージェントの特定のバージョンは、一定の期間のみサポートされます。This means that a specific Azure File Sync agent version can only be supported for a limited time. デプロイを容易にするために、次のルールによって、変更管理プロセス中にエージェントの更新/アップグレードに対応するための十分な時間と通知が保証されます。To facilitate your deployment, the following rules guarantee you have enough time and notification to accommodate agent updates/upgrades in your change management process:

  • エージェントのメジャー バージョンは、最初のリリースから少なくとも 6 か月間サポートされます。Major agent versions are supported for at least six months from the date of initial release.
  • エージェントのメジャー バージョン間のサポートは、少なくとも 3 か月間重複することが保証されます。We guarantee there is an overlap of at least three months between the support of major agent versions.
  • 登録済みサーバーに対する警告は、有効期限がまもなく終了することを通知するエージェントを使用して、有効期限の少なくとも 3 か月前に発行されます。Warnings are issued for registered servers using a soon-to-be expired agent at least three months prior to expiration. Storage Sync Service の登録済みサーバー セクションで、登録済みサーバーがエージェントの古いバージョンを使用しているかどうかをチェックできます。You can check if a registered server is using an older version of the agent under the registered servers section of a Storage Sync Service.
  • マイナー エージェントの有効期間は、メジャー バージョンに関連付けられています。The lifetime of a minor agent version is bound to the associated major version. たとえば、エージェントのバージョン 3.0 がリリースされると、エージェントのバージョン 2.*は、すべてがまとめて期限切れになります。For example, when agent version 3.0 is released, agent versions 2.* will all be set to expire together.

注意

有効期間に関する警告が表示されているエージェントのバージョンをインストールしようとすると、警告が表示されますが、インストールは成功します。Installing an agent version with an expiration warning will display a warning but succeed. 期限切れのエージェントのバージョンのインストールまたはそれを使用した接続は、サポートされていないためにブロックされます。Attempting to install or connect with an expired agent version is not supported and will be blocked.

エージェント バージョン 10.1.0.0Agent version 10.1.0.0

次のリリース ノートは、2020 年 6 月 5 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 10.1.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 10.1.0.0 of the Azure File Sync agent released June 5, 2020. これらはバージョン 10.0.0.0 と 10.0.2.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 10.0.0.0 and 10.0.2.0.

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • Azure プライベート エンドポイントのサポートAzure private endpoint support
    • ストレージ同期サービスへの同期トラフィックをプライベート エンドポイントに送信できるようになりました。Sync traffic to the Storage Sync Service can now be sent to a private endpoint. これにより、ExpressRoute または VPN 接続を経由したトンネリングが可能になります。This enables tunneling over an ExpressRoute or VPN connection. 詳細については、「Azure File Sync ネットワーク エンドポイントの構成」を参照してください。To learn more, see Configuring Azure File Sync network endpoints.
  • [同期されたファイル数] メトリックでは、進行状況が最後ではなく、大規模な同期の実行中に表示されるようになりました。Files Synced metric will now display progress while a large sync is running, rather than at the end.
  • エージェントのインストール、クラウドを使った階層化、同期とテレメトリに関するその他の信頼性の向上Miscellaneous reliability improvements for agent installation, cloud tiering, sync and telemetry

エージェント バージョン 10.0.2.0Agent version 10.0.2.0

次のリリース ノートは、2020 年 5 月 19 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 10.0.2.0 を対象としています。The following release notes are for version 10.0.2.0 of the Azure File Sync agent released May 19, 2020. これらは、バージョン 10.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記です。These notes are in addition to the release notes listed for version 10.0.0.0.

このリリースで修正された問題:Issue fixed in this release:

  • ストレージ同期エージェント (FileSyncSvc) は、Azure File Sync v10 エージェントをインストールした後に頻繁にクラッシュします。Storage Sync Agent (FileSyncSvc) crashes frequently after installing the Azure File Sync v10 agent.

注意

このリリースは、新しいバージョンが利用可能になったときに自動的に更新されるように構成されたサーバーにフライト化されていませんでした。This release was not flighted to servers that are configured to automatically update when a new version becomes available. この更新プログラムをインストールするには、Microsoft Update または Microsoft Update カタログを使用します (インストール手順については、KB4522412 を参照してください)。To install this update, use Microsoft Update or Microsoft Update Catalog (see KB4522412 for installation instructions).

エージェント バージョン 10.0.0.0Agent version 10.0.0.0

次のリリース ノートは、(2020 年 4 月 9 日にリリースされた) Azure File Sync エージェントのバージョン 10.0.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 10.0.0.0 of the Azure File Sync agent (released April 9, 2020).

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • ポータルでの同期進行の機能強化Improved sync progress in the portal

    • V10 エージェント リリースでは、実行中の同期セッションの種類が Azure portal にすぐに表示されます。With the V10 agent release, the Azure portal will soon begin to show the type of sync session that is running. 例:E.g. 初回のダウンロード、定期的なダウンロード、バックグラウンドでの再呼び出し (高速ディザスター リカバリーの場合) など。initial download, regular download, background recall (fast disaster recovery cases) and similar.
  • クラウドの階層化のポータル エクスペリエンスの改善Improved cloud tiering portal experience

    • 階層化または再呼び出しに失敗したファイルがある場合、サーバー エンドポイントのプロパティで階層化エラーを確認できるようになりました。If you have files that are failing to tier or recall, you can now view the tiering errors in the server endpoint properties.
    • サーバー エンドポイントで、追加のクラウド階層化情報を入手できます。Additional cloud tiering information is available for a server endpoint:
      • ローカル キャッシュ サイズLocal cache size
      • キャッシュ使用効率Cache usage efficiency
      • クラウド階層化ポリシーの詳細: ボリューム サイズ、現在の空き領域、またはローカル キャッシュ内の最も古いファイルが最後にアクセスされた時刻。Cloud tiering policy details: volume size, current free space, or the last accessed time of the oldest file in the local cache.
    • これらの変更は、最初の V10 エージェントのリリース直後に、Azure portal に送信されます。These changes will ship in the Azure portal shortly after the initial V10 agent release.
  • ストレージ同期サービスまたはストレージ アカウント、あるいはその両方を別の Azure Active Directory (AAD) テナントに移動することのサポートSupport for moving the Storage Sync Service and/or storage account to a different Azure Active Directory (AAD) tenant

    • Azure File Sync で、ストレージ同期サービスまたはストレージ アカウント、あるいはその両方の、別のリソース グループ、サブスクリプション、または Azure AD テナントへの移動がサポートされるようになりました。Azure File Sync now supports moving the Storage Sync Service and/or storage account to a different resource group, subscription or Azure AD tenant.
  • さまざまなパフォーマンスと信頼性の向上Miscellaneous performance and reliability improvements

    • ストレージ アカウントで仮想ネットワーク (VNET) とファイアウォール ルールが構成されていると、Azure ファイル共有の変更検出が失敗する場合があります。Change detection on the Azure file share may fail if virtual network (VNET) and firewall rules are configured on the storage account.
    • 再呼び出しに関連するメモリ使用量の削減。Reduced memory consumption associated with recall.
    • Invoke-AzStorageSyncChangeDetection コマンドレット使用時のパフォーマンスの向上。Improved performance when using the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection cmdlet.
    • その他の信頼性の向上。Other miscellaneous reliability improvements.

評価ツールEvaluation Tool

Azure File Sync をデプロイする前に、Azure File Sync 評価ツールを使用して、お使いのシステムと互換性があるかどうかを評価する必要があります。Before deploying Azure File Sync, you should evaluate whether it is compatible with your system using the Azure File Sync evaluation tool. このツールは Azure PowerShell コマンドレットであり、サポートされていない文字やサポートされていない OS バージョンなど、ファイル システムとデータセットに関する潜在的な問題をチェックします。This tool is an Azure PowerShell cmdlet that checks for potential issues with your file system and dataset, such as unsupported characters or an unsupported OS version. インストールおよび使用手順については、計画ガイドの「評価ツール」セクションを参照してください。For installation and usage instructions, see Evaluation Tool section in the planning guide.

エージェントのインストールとサーバー構成Agent installation and server configuration

Windows Server で Azure File Sync エージェントをインストールして構成する方法の詳細については、「Planning for an Azure File Sync deployment (Azure File Sync のデプロイの計画)」および Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。For more information on how to install and configure the Azure File Sync agent with Windows Server, see Planning for an Azure File Sync deployment and How to deploy Azure File Sync.

  • エージェント インストール パッケージは、引き上げられた (管理者) 特権でインストールする必要があります。The agent installation package must be installed with elevated (admin) permissions.
  • Nano Server のデプロイ オプションでは、このエージェントはサポートされません。The agent is not supported on Nano Server deployment option.
  • このエージェントがサポートされるのは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2 のみです。The agent is supported only on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server 2012 R2.
  • エージェントには、少なくとも 2 GiB のメモリが必要です。The agent requires at least 2 GiB of memory. 動的メモリを有効にした仮想マシンでサーバーが実行されている場合は、2048 MiB 以上のメモリで VM を構成する必要があります。If the server is running in a virtual machine with dynamic memory enabled, the VM should be configured with a minimum 2048 MiB of memory.
  • Storage Sync Agent (FileSyncSvc) サービスは、システム ボリューム情報 (SVI) ディレクトリが圧縮されているボリュームに配置されたサーバーのエンドポイントをサポートしません。The Storage Sync Agent (FileSyncSvc) service does not support server endpoints located on a volume that has the system volume information (SVI) directory compressed. この構成は、予期しない結果になります。This configuration will lead to unexpected results.

相互運用性Interoperability

  • 階層化されたファイルにアクセスするウイルス対策やバックアップなどのアプリケーションは、オフライン属性を考慮してそれらのファイルのコンテンツの読み取りをスキップする場合を除き、望ましくない再呼び出しを行う可能性があります。Antivirus, backup, and other applications that access tiered files can cause undesirable recall unless they respect the offline attribute and skip reading the content of those files. 詳細については、「Troubleshoot Azure File Sync (Azure File Sync のトラブルシューティング)」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Azure File Sync.
  • ファイル スクリーンによってファイルがブロックされた場合、File Server Resource Manager (FSRM) ファイル スクリーンが頻繁に同期エラーを引き起こす可能性があります。File Server Resource Manager (FSRM) file screens can cause endless sync failures when files are blocked because of the file screen.
  • Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバー上での sysprep の実行はサポートされていません。予期しない結果になる可能性があります。Running sysprep on a server that has the Azure File Sync agent installed is not supported and can lead to unexpected results. Azure File Sync エージェントは、サーバー イメージの展開と sysprep ミニ セットアップの完了後にインストールされます。The Azure File Sync agent should be installed after deploying the server image and completing sysprep mini-setup.

同期の制限事項Sync limitations

次の項目は同期されませんが、システムの残りの部分は引き続き正常に動作します。The following items don't sync, but the rest of the system continues to operate normally:

  • サポートされていない文字を含むファイル。Files with unsupported characters. サポートされていない文字の一覧については、トラブルシューティング ガイドのページを参照してください。See Troubleshooting guide for list of unsupported characters.

  • 末尾がピリオドのファイルまたはディレクトリ。Files or directories that end with a period.

  • 2,048 文字を超えるパス。Paths that are longer than 2,048 characters.

  • 監査に使用されるセキュリティ記述子のシステム アクセス制御リスト (SACL) 部分。The system access control list (SACL) portion of a security descriptor that's used for auditing.

  • 拡張属性。Extended attributes.

  • 代替データ ストリーム。Alternate data streams.

  • 再解析ポイント。Reparse points.

  • ハード リンク。Hard links.

  • 圧縮がサーバー ファイルに設定されている場合、変更が他のエンドポイントからそのファイルに同期されるときに、圧縮は保持されません。Compression (if it's set on a server file) isn't preserved when changes sync to that file from other endpoints.

  • サービスがデータを読み取ることを妨げる、EFS (またはその他のユーザー モードの暗号化) で暗号化されたファイル。Any file that's encrypted with EFS (or other user mode encryption) that prevents the service from reading the data.

    注意

    転送中のデータは、Azure File Sync によって常に暗号化されます。Azure File Sync always encrypts data in transit. データは常に暗号化されて Azure に保存されます。Data is always encrypted at rest in Azure.

サーバー エンドポイントServer endpoint

  • サーバー エンドポイントは、NTFS ボリューム上にのみ作成できます。A server endpoint can be created only on an NTFS volume. ReFS、FAT、FAT32 などのファイル システムは、現在 Azure File Sync でサポートされていません。ReFS, FAT, FAT32, and other file systems aren't currently supported by Azure File Sync.
  • システム ボリュームでは、クラウドの階層化はサポートされていません。Cloud tiering is not supported on the system volume. システム ボリュームにサーバー エンドポイントを作成するには、サーバー エンドポイントを作成するときにクラウドの階層化を無効にします。To create a server endpoint on the system volume, disable cloud tiering when creating the server endpoint.
  • フェールオーバー クラスタリングは、クラスター化ディスクでのみサポートされ、クラスターの共有ボリューム (CSV) ではサポートされません。Failover Clustering is supported only with clustered disks, but not with Cluster Shared Volumes (CSVs).
  • サーバー エンドポイントを入れ子にすることはできません。A server endpoint can't be nested. 同じボリューム上に、別のエンドポイントと並列に共存させることはできます。It can coexist on the same volume in parallel with another endpoint.
  • サーバー エンドポイントの場所内に OS またはアプリケーションのページング ファイルを格納しないでください。Do not store an OS or application paging file within a server endpoint location.
  • サーバーの名前を変更した場合、ポータル内のサーバー名は更新されません。The server name in the portal is not updated if the server is renamed.

クラウド エンドポイントCloud endpoint

  • Azure File Sync は、Azure ファイル共有に対する直接的な変更をサポートします。Azure File Sync supports making changes to the Azure file share directly. ただし、Azure ファイル共有に対して行われた変更は、まず Azure File Sync の変更検出ジョブによって認識される必要があります。However, any changes made on the Azure file share first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint once every 24 hours. Azure ファイル共有で変更されたファイルを直ちに同期したければ、Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell コマンドレットを使用すると、Azure ファイル共有における変更の検出を手動で開始できます。To immediately sync files that are changed in the Azure file share, the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell cmdlet can be used to manually initiate the detection of changes in the Azure file share. さらに、REST プロトコルで Azure ファイル共有に対して行われた変更は、SMB の最終更新時刻を更新するものではなく、同期による変更とは見なされません。In addition, changes made to an Azure file share over the REST protocol will not update the SMB last modified time and will not be seen as a change by sync.

  • ストレージ同期サービスやストレージ アカウントは、別のリソース グループ、サブスクリプション、または Azure AD テナントに移動できます。The storage sync service and/or storage account can be moved to a different resource group, subscription, or Azure AD tenant. ストレージ同期サービスまたはストレージ アカウントを移動した後、Microsoft.StorageSync アプリケーションにストレージ アカウントへのアクセス権を付与する必要があります (「Azure File Sync がストレージ アカウントへのアクセス権を持っていることを確認します」を参照してください)。After the storage sync service or storage account is moved, you need to give the Microsoft.StorageSync application access to the storage account (see Ensure Azure File Sync has access to the storage account).

    注意

    クラウド エンドポイントを作成するときは、ストレージ同期サービスとストレージ アカウントが同じ Azure AD テナントに存在する必要があります。When creating the cloud endpoint, the storage sync service and storage account must be in the same Azure AD tenant. クラウド エンドポイントが作成された後、ストレージ同期サービスとストレージ アカウントを別の Azure AD テナントに移動できます。Once the cloud endpoint is created, the storage sync service and storage account can be moved to different Azure AD tenants.

クラウドの階層化Cloud tiering

  • 階層化されたファイルが Robocopy を使用して別の場所にコピーされた場合、その結果のファイルは階層化されません。If a tiered file is copied to another location by using Robocopy, the resulting file isn't tiered. 誤ってオフライン属性が Robocopy によるコピー操作の対象となり、オフライン属性が設定される場合があります。The offline attribute might be set because Robocopy incorrectly includes that attribute in copy operations.
  • robocopy を使用してファイルをコピーする場合は、/MIR オプションを使用してファイルのタイムスタンプを保存します。When copying files using robocopy, use the /MIR option to preserve file timestamps. これにより、必ず最近アクセスされたファイルより先に、古いファイルが階層化されます。This will ensure older files are tiered sooner than recently accessed files.

エージェント バージョン 9.1.0.0Agent version 9.1.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 12 月 12 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 9.1.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 9.1.0.0 of the Azure File Sync agent released December 12, 2019. これらは、バージョン 9.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記です。These notes are in addition to the release notes listed for version 9.0.0.0.

このリリースで修正された問題:Issue fixed in this release:

  • Azure File Sync エージェント バージョン 9.0 にアップグレードした後、次のいずれかのエラーで同期が失敗します。Sync fails with one of the following errors after upgrading to Azure File Sync agent version 9.0:
    • 0x8e5e044e (JET_errWriteConflict)0x8e5e044e (JET_errWriteConflict)
    • 0x8e5e0450 (JET_errInvalidSesid)0x8e5e0450 (JET_errInvalidSesid)
    • 0x8e5e0442 (JET_errInstanceUnavailable)0x8e5e0442 (JET_errInstanceUnavailable)

エージェント バージョン 9.0.0.0Agent version 9.0.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 12 月 2 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 9.0.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 9.0.0.0 of the Azure File Sync agent (released December 2, 2019).

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • セルフサービス復元のサポートSelf-service restore support

    • 以前のバージョンの機能を使用して、ユーザーが自分のファイルを復元できるようになりました。Users can now restore their files by using the previous version feature. V9 リリースより前のバージョンでは、クラウドの階層化が有効になっているボリュームで以前のバージョンの機能はサポートされていませんでした。Prior to the v9 release, the previous version feature was not supported on volumes that had cloud tiering enabled. この機能は、クラウドの階層化が有効になっているエンドポイントが存在する各ボリュームに対して個別に有効にする必要があります。This feature must be enabled for each volume separately, on which an endpoint with cloud tiering enabled exists. 詳細については、次を参照してください。To learn more, see
      以前のバージョンおよび VSS (ボリューム シャドウ コピー サービス) を使用するセルフサービス復元Self-service restore through Previous Versions and VSS (Volume Shadow Copy Service).
  • ファイル共有のより大きなサイズのサポートSupport for larger file share sizes

    • Azure File Sync では、1 つの同期名前空間で最大 64 TiB、1 億ファイルがサポートされるようになりました。Azure File Sync now supports up to 64TiB and 100 million files in a single, syncing namespace.
  • Server 2019 におけるデータ重複除去のサポートData Deduplication support on Server 2019

    • データ重複除去は、クラウドを使った階層化が有効になっている Windows Server 2019 でサポートされるようになりました。Data Deduplication is now supported with cloud tiering enabled on Windows Server 2019. クラウドの階層化を使用するボリュームでデータ重複除去をサポートするには、Windows update KB4520062 をインストールする必要があります。To support Data Deduplication on volumes with cloud tiering, Windows update KB4520062 must be installed.
  • 階層化するファイルの最小ファイル サイズの改善Improved minimum file size for a file to tier

    • 階層化するファイルの最小ファイル サイズは、ファイル システムのクラスター サイズ (ファイル システムのクラスター サイズの 2 倍) に基づいています。The minimum file size for a file to tier is now based on the file system cluster size (double the file system cluster size). たとえば、既定では、NTFS ファイル システムのクラスター サイズは 4 KB です。その結果、ファイルの最小ファイル サイズは 8 KB になります。For example, by default, the NTFS file system cluster size is 4KB, the resulting minimum file size for a file to tier is 8KB.
  • ネットワーク接続テスト コマンドレットNetwork connectivity test cmdlet

    • Azure File Sync 構成の一部として、複数のサービ スエンドポイントに接続する必要があります。As part of Azure File Sync configuration, multiple service endpoints must be contacted. 各ユーザーには、サーバーからアクセスできる必要がある独自の DNS 名があります。They each have their own DNS name that needs to be accessible to the server. これらの URL は、サーバーが登録されているリージョンにも固有です。These URLs are also specific to the region a server is registered to. サーバーが登録されると、接続テスト コマンドレット (PowerShell およびサーバー登録ユーティリティ) を使用して、このサーバーに固有のすべての URL との通信をテストできます。Once a server is registered, the connectivity test cmdlet (PowerShell and Server Registration Utility) can be used to test communications with all URLs specific to this server. このコマンドレットは、不完全な通信によってサーバーが Azure File Sync で完全に動作しない場合のトラブルシューティングに役立ちます。また、プロキシとファイアウォールの構成を微調整するために使用できます。This cmdlet can help troubleshoot when incomplete communication prevents the server from fully working with Azure File Sync and it can be used to fine tune proxy and firewall configurations.

      ネットワーク接続テストを実行するには、次の PowerShell コマンドを実行します。To run the network connectivity test, run the following PowerShell commands:

      Import-Module "C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll"Import-Module "C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll"
      テスト - StorageSyncNetworkConnectivityTest-StorageSyncNetworkConnectivity

  • クラウドの階層化が有効になっている場合にサーバー エンドポイントの改善を削除するRemove server endpoint improvement when cloud tiering is enabled

    • 以前と同様に、サーバー エンドポイントを削除しても、Azure ファイル共有内のファイルは削除されません。As before, removing a server endpoint does not result in removing files in the Azure file share. ただし、ローカル サーバー上の再解析ポイントの動作は変更されています。However, behavior for reparse points on the local server has changed. 再解析ポイント (サーバー上のローカルではないファイルへのポインター) は、サーバー エンドポイントを削除するときに削除されるようになりました。Reparse points (pointers to files that are not local on the server) are now deleted when removing a server endpoint. 完全にキャッシュ化されたファイルはサーバーに残ります。The fully cached files will remain on the server. この改善により、サーバー エンドポイントを削除するときに、階層化されたファイルが孤立しなくなりました。This improvement was made to prevent orphaned tiered files when removing a server endpoint. サーバー エンドポイントが再作成されると、階層化されたファイルの再解析ポイントがサーバー上で再作成されます。If the server endpoint is recreated, the reparse points for the tiered files will be recreated on the server.
  • パフォーマンスと信頼性の向上Performance and reliability improvements

    • リコールの失敗が軽減されました。Reduced recall failures. ネットワーク帯域幅に基づいて、再呼び出しサイズが自動的に調整されるようになりました。Recall size is now automatically adjusted based on network bandwidth.
    • 新しいサーバーを同期グループに追加するときのダウンロード パフォーマンスが向上しました。Improved download performance when adding a new server to a sync group.
    • 制約の競合により、同期されないファイルが削減されました。Reduced files not syncing due to constraint conflicts.
    • サーバー エンドポイント パスがボリューム マウント ポイントの場合、特定のシナリオでは、ファイルの階層化が失敗するか、予期せずに取り消されます。Files fail to tier or are unexpectedly recalled in certain scenarios if the server endpoint path is a volume mount point.

評価ツールEvaluation Tool

Azure File Sync をデプロイする前に、Azure File Sync 評価ツールを使用して、お使いのシステムと互換性があるかどうかを評価する必要があります。Before deploying Azure File Sync, you should evaluate whether it is compatible with your system using the Azure File Sync evaluation tool. このツールは Azure PowerShell コマンドレットであり、サポートされていない文字やサポートされていない OS バージョンなど、ファイル システムとデータセットに関する潜在的な問題をチェックします。This tool is an Azure PowerShell cmdlet that checks for potential issues with your file system and dataset, such as unsupported characters or an unsupported OS version. インストールおよび使用手順については、計画ガイドの「評価ツール」セクションを参照してください。For installation and usage instructions, see Evaluation Tool section in the planning guide.

エージェントのインストールとサーバー構成Agent installation and server configuration

Windows Server で Azure File Sync エージェントをインストールして構成する方法の詳細については、「Planning for an Azure File Sync deployment (Azure File Sync のデプロイの計画)」および Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。For more information on how to install and configure the Azure File Sync agent with Windows Server, see Planning for an Azure File Sync deployment and How to deploy Azure File Sync.

  • エージェント インストール パッケージは、引き上げられた (管理者) 特権でインストールする必要があります。The agent installation package must be installed with elevated (admin) permissions.
  • Nano Server のデプロイ オプションでは、このエージェントはサポートされません。The agent is not supported on Nano Server deployment option.
  • このエージェントがサポートされるのは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2 のみです。The agent is supported only on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server 2012 R2.
  • エージェントには、少なくとも 2 GiB のメモリが必要です。The agent requires at least 2 GiB of memory. 動的メモリを有効にした仮想マシンでサーバーが実行されている場合は、2048 MiB 以上のメモリで VM を構成する必要があります。If the server is running in a virtual machine with dynamic memory enabled, the VM should be configured with a minimum 2048 MiB of memory.
  • Storage Sync Agent (FileSyncSvc) サービスは、システム ボリューム情報 (SVI) ディレクトリが圧縮されているボリュームに配置されたサーバーのエンドポイントをサポートしません。The Storage Sync Agent (FileSyncSvc) service does not support server endpoints located on a volume that has the system volume information (SVI) directory compressed. この構成は、予期しない結果になります。This configuration will lead to unexpected results.

相互運用性Interoperability

  • 階層化されたファイルにアクセスするウイルス対策やバックアップなどのアプリケーションは、オフライン属性を考慮してそれらのファイルのコンテンツの読み取りをスキップする場合を除き、望ましくない再呼び出しを行う可能性があります。Antivirus, backup, and other applications that access tiered files can cause undesirable recall unless they respect the offline attribute and skip reading the content of those files. 詳細については、「Troubleshoot Azure File Sync (Azure File Sync のトラブルシューティング)」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Azure File Sync.
  • ファイル スクリーンによってファイルがブロックされた場合、File Server Resource Manager (FSRM) ファイル スクリーンが頻繁に同期エラーを引き起こす可能性があります。File Server Resource Manager (FSRM) file screens can cause endless sync failures when files are blocked because of the file screen.
  • Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバー上での sysprep の実行はサポートされていません。予期しない結果になる可能性があります。Running sysprep on a server that has the Azure File Sync agent installed is not supported and can lead to unexpected results. Azure File Sync エージェントは、サーバー イメージの展開と sysprep ミニ セットアップの完了後にインストールされます。The Azure File Sync agent should be installed after deploying the server image and completing sysprep mini-setup.

同期の制限事項Sync limitations

次の項目は同期されませんが、システムの残りの部分は引き続き正常に動作します。The following items don't sync, but the rest of the system continues to operate normally:

  • サポートされていない文字を含むファイル。Files with unsupported characters. サポートされていない文字の一覧については、トラブルシューティング ガイドのページを参照してください。See Troubleshooting guide for list of unsupported characters.

  • 末尾がピリオドのファイルまたはディレクトリ。Files or directories that end with a period.

  • 2,048 文字を超えるパス。Paths that are longer than 2,048 characters.

  • 2 KB を超えるセキュリティ記述子の随意アクセス制御リスト (DACL) 部分The discretionary access control list (DACL) portion of a security descriptor if it's larger than 2 KB. (この問題が該当するのは、1 つの項目に対するアクセス制御エントリ (ACE) が約 40 個を超える場合のみです)。(This issue applies only when you have more than about 40 access control entries (ACEs) on a single item.)

  • 監査に使用されるセキュリティ記述子のシステム アクセス制御リスト (SACL) 部分。The system access control list (SACL) portion of a security descriptor that's used for auditing.

  • 拡張属性。Extended attributes.

  • 代替データ ストリーム。Alternate data streams.

  • 再解析ポイント。Reparse points.

  • ハード リンク。Hard links.

  • 圧縮がサーバー ファイルに設定されている場合、変更が他のエンドポイントからそのファイルに同期されるときに、圧縮は保持されません。Compression (if it's set on a server file) isn't preserved when changes sync to that file from other endpoints.

  • サービスがデータを読み取ることを妨げる、EFS (またはその他のユーザー モードの暗号化) で暗号化されたファイル。Any file that's encrypted with EFS (or other user mode encryption) that prevents the service from reading the data.

    注意

    転送中のデータは、Azure File Sync によって常に暗号化されます。Azure File Sync always encrypts data in transit. データは常に暗号化されて Azure に保存されます。Data is always encrypted at rest in Azure.

サーバー エンドポイントServer endpoint

  • サーバー エンドポイントは、NTFS ボリューム上にのみ作成できます。A server endpoint can be created only on an NTFS volume. ReFS、FAT、FAT32 などのファイル システムは、現在 Azure File Sync でサポートされていません。ReFS, FAT, FAT32, and other file systems aren't currently supported by Azure File Sync.
  • サーバーのエンドポイントを削除する前にファイルが再呼び出しされない場合、階層化ファイルはアクセスできなくなります。Tiered files will become inaccessible if the files are not recalled prior to deleting the server endpoint. ファイルへのアクセスを復元するには、サーバー エンドポイントを再作成します。To restore access to the files, recreate the server endpoint. サーバー エンドポイントが削除されてから 30 日間が経過した場合、またはクラウド エンドポイントが削除された場合は、再呼び出しされなかった階層化ファイルは使用できなくなります。If 30 days have passed since the server endpoint was deleted or if the cloud endpoint was deleted, tiered files that were not recalled will be unusable. 詳細については、「サーバー エンドポイントを削除した後、サーバー上で階層化されたファイルにアクセスできない」を参照してください。To learn more, see Tiered files are not accessible on the server after deleting a server endpoint.
  • システム ボリュームでは、クラウドの階層化はサポートされていません。Cloud tiering is not supported on the system volume. システム ボリュームにサーバー エンドポイントを作成するには、サーバー エンドポイントを作成するときにクラウドの階層化を無効にします。To create a server endpoint on the system volume, disable cloud tiering when creating the server endpoint.
  • フェールオーバー クラスタリングは、クラスター化ディスクでのみサポートされ、クラスターの共有ボリューム (CSV) ではサポートされません。Failover Clustering is supported only with clustered disks, but not with Cluster Shared Volumes (CSVs).
  • サーバー エンドポイントを入れ子にすることはできません。A server endpoint can't be nested. 同じボリューム上に、別のエンドポイントと並列に共存させることはできます。It can coexist on the same volume in parallel with another endpoint.
  • サーバー エンドポイントの場所内に OS またはアプリケーションのページング ファイルを格納しないでください。Do not store an OS or application paging file within a server endpoint location.
  • サーバーの名前を変更した場合、ポータル内のサーバー名は更新されません。The server name in the portal is not updated if the server is renamed.

クラウド エンドポイントCloud endpoint

  • Azure File Sync は、Azure ファイル共有に対する直接的な変更をサポートします。Azure File Sync supports making changes to the Azure file share directly. ただし、Azure ファイル共有に対して行われた変更は、まず Azure File Sync の変更検出ジョブによって認識される必要があります。However, any changes made on the Azure file share first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint once every 24 hours. Azure ファイル共有で変更されたファイルを直ちに同期したければ、Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell コマンドレットを使用すると、Azure ファイル共有における変更の検出を手動で開始できます。To immediately sync files that are changed in the Azure file share, the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell cmdlet can be used to manually initiate the detection of changes in the Azure file share. さらに、REST プロトコルで Azure ファイル共有に対して行われた変更は、SMB の最終更新時刻を更新するものではなく、同期による変更とは見なされません。In addition, changes made to an Azure file share over the REST protocol will not update the SMB last modified time and will not be seen as a change by sync.

  • ストレージ同期サービスやストレージ アカウントは、既存の Azure AD テナント内の別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動できます。The storage sync service and/or storage account can be moved to a different resource group or subscription within the existing Azure AD tenant. ストレージ アカウントを移動する場合は、そのストレージ アカウントにハイブリッド ファイル同期サービス アクセス権を付与する必要があります (「Azure File Sync がストレージ アカウントへのアクセス権を持っていることを確認します」を参照してください)。If the storage account is moved, you need to give the Hybrid File Sync Service access to the storage account (see Ensure Azure File Sync has access to the storage account).

    注意

    Azure File Sync では、別の Azure AD テナントへのサブスクリプションの移動がサポートされません。Azure File Sync does not support moving the subscription to a different Azure AD tenant.

クラウドの階層化Cloud tiering

  • 階層化されたファイルが Robocopy を使用して別の場所にコピーされた場合、その結果のファイルは階層化されません。If a tiered file is copied to another location by using Robocopy, the resulting file isn't tiered. 誤ってオフライン属性が Robocopy によるコピー操作の対象となり、オフライン属性が設定される場合があります。The offline attribute might be set because Robocopy incorrectly includes that attribute in copy operations.
  • robocopy を使用してファイルをコピーする場合は、/MIR オプションを使用してファイルのタイムスタンプを保存します。When copying files using robocopy, use the /MIR option to preserve file timestamps. これにより、必ず最近アクセスされたファイルより先に、古いファイルが階層化されます。This will ensure older files are tiered sooner than recently accessed files.
  • クラウドの階層化が有効になっているボリュームに pagefile.sys が配置されていると、ファイルの階層化に失敗することがあります。Files may fail to tier if the pagefile.sys is located on a volume that has cloud tiering enabled. pagefile.sys は、クラウドの階層化が無効になっているボリューム上に配置する必要があります。The pagefile.sys should be located on a volume that has cloud tiering disabled.

エージェント バージョン 8.0.0.0Agent version 8.0.0.0

次のリリース ノートは、Azure File Sync エージェントのバージョン 8.0.0.0 (2019 年 10 月 8 日にリリース) を対象としています。The following release notes are for version 8.0.0.0 of the Azure File Sync agent (released October 8, 2019).

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • 復元パフォーマンスの向上Restore performance Improvements
    • Azure Backup によって実行される回復の回復時間が短縮されました。Faster recovery times for recovery done through Azure Backup. 復元されたファイルは、Azure File Sync サーバーにより高速に同期されます。Restored files will sync back down to Azure File Sync servers much faster.
  • クラウドの階層化のポータル エクスペリエンスの改善Improved cloud tiering portal experience
    • 階層化されたファイルの呼び戻しに失敗した場合、サーバー エンドポイントのプロパティで呼び戻しエラーを確認できるようになりました。If you have tiered files that are failing to recall, you can now view the recall errors in the server endpoint properties. また、クラウドの階層化フィルター ドライバーがサーバーに読み込まれていない場合、サーバー エンドポイントの正常性に、エラーと軽減ステップが表示されるようになりました。Also, the server endpoint health will now show an error and mitigation steps if the cloud tiering filter driver is not loaded on the server.
  • エージェント インストールの簡素化Simpler agent installation
    • Az/AzureRM PowerShell モジュールでサーバーの登録が不要になったため、インストールがより簡単かつ迅速になりました。The Az\AzureRM PowerShell module is no longer required to register the server making installation simpler and fast.
  • さまざまなパフォーマンスと信頼性の向上Miscellaneous performance and reliability improvements

評価ツールEvaluation Tool

Azure File Sync をデプロイする前に、Azure File Sync 評価ツールを使用して、お使いのシステムと互換性があるかどうかを評価する必要があります。Before deploying Azure File Sync, you should evaluate whether it is compatible with your system using the Azure File Sync evaluation tool. このツールは Azure PowerShell コマンドレットであり、サポートされていない文字やサポートされていない OS バージョンなど、ファイル システムとデータセットに関する潜在的な問題をチェックします。This tool is an Azure PowerShell cmdlet that checks for potential issues with your file system and dataset, such as unsupported characters or an unsupported OS version. インストールおよび使用手順については、計画ガイドの「評価ツール」セクションを参照してください。For installation and usage instructions, see Evaluation Tool section in the planning guide.

エージェントのインストールとサーバー構成Agent installation and server configuration

Windows Server で Azure File Sync エージェントをインストールして構成する方法の詳細については、「Planning for an Azure File Sync deployment (Azure File Sync のデプロイの計画)」および Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。For more information on how to install and configure the Azure File Sync agent with Windows Server, see Planning for an Azure File Sync deployment and How to deploy Azure File Sync.

  • エージェント インストール パッケージは、引き上げられた (管理者) 特権でインストールする必要があります。The agent installation package must be installed with elevated (admin) permissions.
  • Nano Server のデプロイ オプションでは、このエージェントはサポートされません。The agent is not supported on Nano Server deployment option.
  • このエージェントがサポートされるのは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2 のみです。The agent is supported only on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server 2012 R2.
  • エージェントには、少なくとも 2 GiB のメモリが必要です。The agent requires at least 2 GiB of memory. 動的メモリを有効にした仮想マシンでサーバーが実行されている場合は、2048 MiB 以上のメモリで VM を構成する必要があります。If the server is running in a virtual machine with dynamic memory enabled, the VM should be configured with a minimum 2048 MiB of memory.
  • Storage Sync Agent (FileSyncSvc) サービスは、システム ボリューム情報 (SVI) ディレクトリが圧縮されているボリュームに配置されたサーバーのエンドポイントをサポートしません。The Storage Sync Agent (FileSyncSvc) service does not support server endpoints located on a volume that has the system volume information (SVI) directory compressed. この構成は、予期しない結果になります。This configuration will lead to unexpected results.

相互運用性Interoperability

  • 階層化されたファイルにアクセスするウイルス対策やバックアップなどのアプリケーションは、オフライン属性を考慮してそれらのファイルのコンテンツの読み取りをスキップする場合を除き、望ましくない再呼び出しを行う可能性があります。Antivirus, backup, and other applications that access tiered files can cause undesirable recall unless they respect the offline attribute and skip reading the content of those files. 詳細については、「Troubleshoot Azure File Sync (Azure File Sync のトラブルシューティング)」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Azure File Sync.
  • ファイル スクリーンによってファイルがブロックされた場合、File Server Resource Manager (FSRM) ファイル スクリーンが頻繁に同期エラーを引き起こす可能性があります。File Server Resource Manager (FSRM) file screens can cause endless sync failures when files are blocked because of the file screen.
  • Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバー上での sysprep の実行はサポートされていません。予期しない結果になる可能性があります。Running sysprep on a server that has the Azure File Sync agent installed is not supported and can lead to unexpected results. Azure File Sync エージェントは、サーバー イメージの展開と sysprep ミニ セットアップの完了後にインストールされます。The Azure File Sync agent should be installed after deploying the server image and completing sysprep mini-setup.

同期の制限事項Sync limitations

次の項目は同期されませんが、システムの残りの部分は引き続き正常に動作します。The following items don't sync, but the rest of the system continues to operate normally:

  • サポートされていない文字を含むファイル。Files with unsupported characters. サポートされていない文字の一覧については、トラブルシューティング ガイドのページを参照してください。See Troubleshooting guide for list of unsupported characters.

  • 末尾がピリオドのファイルまたはディレクトリ。Files or directories that end with a period.

  • 2,048 文字を超えるパス。Paths that are longer than 2,048 characters.

  • 2 KB を超えるセキュリティ記述子の随意アクセス制御リスト (DACL) 部分The discretionary access control list (DACL) portion of a security descriptor if it's larger than 2 KB. (この問題が該当するのは、1 つの項目に対するアクセス制御エントリ (ACE) が約 40 個を超える場合のみです)。(This issue applies only when you have more than about 40 access control entries (ACEs) on a single item.)

  • 監査に使用されるセキュリティ記述子のシステム アクセス制御リスト (SACL) 部分。The system access control list (SACL) portion of a security descriptor that's used for auditing.

  • 拡張属性。Extended attributes.

  • 代替データ ストリーム。Alternate data streams.

  • 再解析ポイント。Reparse points.

  • ハード リンク。Hard links.

  • 圧縮がサーバー ファイルに設定されている場合、変更が他のエンドポイントからそのファイルに同期されるときに、圧縮は保持されません。Compression (if it's set on a server file) isn't preserved when changes sync to that file from other endpoints.

  • サービスがデータを読み取ることを妨げる、EFS (またはその他のユーザー モードの暗号化) で暗号化されたファイル。Any file that's encrypted with EFS (or other user mode encryption) that prevents the service from reading the data.

    注意

    転送中のデータは、Azure File Sync によって常に暗号化されます。Azure File Sync always encrypts data in transit. データは常に暗号化されて Azure に保存されます。Data is always encrypted at rest in Azure.

サーバー エンドポイントServer endpoint

  • サーバー エンドポイントは、NTFS ボリューム上にのみ作成できます。A server endpoint can be created only on an NTFS volume. ReFS、FAT、FAT32 などのファイル システムは、現在 Azure File Sync でサポートされていません。ReFS, FAT, FAT32, and other file systems aren't currently supported by Azure File Sync.
  • サーバーのエンドポイントを削除する前にファイルが再呼び出しされない場合、階層化ファイルはアクセスできなくなります。Tiered files will become inaccessible if the files are not recalled prior to deleting the server endpoint. ファイルへのアクセスを復元するには、サーバー エンドポイントを再作成します。To restore access to the files, recreate the server endpoint. サーバー エンドポイントが削除されてから 30 日間が経過した場合、またはクラウド エンドポイントが削除された場合は、再呼び出しされなかった階層化ファイルは使用できなくなります。If 30 days have passed since the server endpoint was deleted or if the cloud endpoint was deleted, tiered files that were not recalled will be unusable. 詳細については、「サーバー エンドポイントを削除した後、サーバー上で階層化されたファイルにアクセスできない」を参照してください。To learn more, see Tiered files are not accessible on the server after deleting a server endpoint.
  • システム ボリュームでは、クラウドの階層化はサポートされていません。Cloud tiering is not supported on the system volume. システム ボリュームにサーバー エンドポイントを作成するには、サーバー エンドポイントを作成するときにクラウドの階層化を無効にします。To create a server endpoint on the system volume, disable cloud tiering when creating the server endpoint.
  • フェールオーバー クラスタリングは、クラスター化ディスクでのみサポートされ、クラスターの共有ボリューム (CSV) ではサポートされません。Failover Clustering is supported only with clustered disks, but not with Cluster Shared Volumes (CSVs).
  • サーバー エンドポイントを入れ子にすることはできません。A server endpoint can't be nested. 同じボリューム上に、別のエンドポイントと並列に共存させることはできます。It can coexist on the same volume in parallel with another endpoint.
  • サーバー エンドポイントの場所内に OS またはアプリケーションのページング ファイルを格納しないでください。Do not store an OS or application paging file within a server endpoint location.
  • サーバーの名前を変更した場合、ポータル内のサーバー名は更新されません。The server name in the portal is not updated if the server is renamed.

クラウド エンドポイントCloud endpoint

  • Azure File Sync は、Azure ファイル共有に対する直接的な変更をサポートします。Azure File Sync supports making changes to the Azure file share directly. ただし、Azure ファイル共有に対して行われた変更は、まず Azure File Sync の変更検出ジョブによって認識される必要があります。However, any changes made on the Azure file share first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint once every 24 hours. Azure ファイル共有で変更されたファイルを直ちに同期したければ、Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell コマンドレットを使用すると、Azure ファイル共有における変更の検出を手動で開始できます。To immediately sync files that are changed in the Azure file share, the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell cmdlet can be used to manually initiate the detection of changes in the Azure file share. さらに、REST プロトコルで Azure ファイル共有に対して行われた変更は、SMB の最終更新時刻を更新するものではなく、同期による変更とは見なされません。In addition, changes made to an Azure file share over the REST protocol will not update the SMB last modified time and will not be seen as a change by sync.

  • ストレージ同期サービスやストレージ アカウントは、既存の Azure AD テナント内の別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動できます。The storage sync service and/or storage account can be moved to a different resource group or subscription within the existing Azure AD tenant. ストレージ アカウントを移動する場合は、そのストレージ アカウントにハイブリッド ファイル同期サービス アクセス権を付与する必要があります (「Azure File Sync がストレージ アカウントへのアクセス権を持っていることを確認します」を参照してください)。If the storage account is moved, you need to give the Hybrid File Sync Service access to the storage account (see Ensure Azure File Sync has access to the storage account).

    注意

    Azure File Sync では、別の Azure AD テナントへのサブスクリプションの移動がサポートされません。Azure File Sync does not support moving the subscription to a different Azure AD tenant.

クラウドの階層化Cloud tiering

  • 階層化されたファイルが Robocopy を使用して別の場所にコピーされた場合、その結果のファイルは階層化されません。If a tiered file is copied to another location by using Robocopy, the resulting file isn't tiered. 誤ってオフライン属性が Robocopy によるコピー操作の対象となり、オフライン属性が設定される場合があります。The offline attribute might be set because Robocopy incorrectly includes that attribute in copy operations.
  • robocopy を使用してファイルをコピーする場合は、/MIR オプションを使用してファイルのタイムスタンプを保存します。When copying files using robocopy, use the /MIR option to preserve file timestamps. これにより、必ず最近アクセスされたファイルより先に、古いファイルが階層化されます。This will ensure older files are tiered sooner than recently accessed files.

エージェント バージョン 7.2.0.0Agent version 7.2.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 7 月 24 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 7.2.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 7.2.0.0 of the Azure File Sync agent released July 24, 2019. バージョン 7.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 7.0.0.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • プロキシの構成が null である場合、ストレージ同期エージェント (FileSyncSvc) がクラッシュします。Storage Sync Agent (FileSyncSvc) crashes if the proxy configuration is null.
  • サーバー上の複数のエンドポイントに同じ名前が使用されている場合、サーバーのエンドポイントで BCDR が開始されます (エラー 0x80c80257 - ECS_E_BCDR_IN_PROGRESS)。Server endpoint will start BCDR (error 0x80c80257 - ECS_E_BCDR_IN_PROGRESS) if multiple endpoints on the server have the same name.
  • クラウドを使った階層化の信頼性が向上しました。Cloud tiering reliability improvements.

エージェント バージョン 7.1.0.0Agent version 7.1.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 7 月 12 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 7.1.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 7.1.0.0 of the Azure File Sync agent released July 12, 2019. バージョン 7.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 7.0.0.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • Windows Server 2012 R2 で、SMB 経由でのサーバー エンドポイントの場所へのアクセスまたは参照に時間がかかる。Accessing or browsing a server endpoint location over SMB is slow on Windows Server 2012 R2.
  • Azure File Sync v6 エージェントのインストール後に、CPU 使用率が増加する。Increased CPU utilization after installing the Azure File Sync v6 agent.
  • クラウドを使った階層化のテレメトリの改善。Cloud tiering telemetry improvements.
  • クラウドを使った階層化と同期に関して、さまざまな点で信頼性が向上しています。Miscellaneous reliability improvements for cloud tiering and sync.

エージェント バージョン 7.0.0.0Agent version 7.0.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 6 月 19 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 7.0.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 7.0.0.0 of the Azure File Sync agent (released June 19, 2019).

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • ファイル共有のより大きなサイズのサポートSupport for larger file share sizes
    • 大容量の Azure ファイル共有のプレビューでは、File Sync のサポートの上限も引き上げられています。With the preview of larger Azure file shares, we are increasing our support limits for file sync as well. この第 1 段階において、Azure File Sync では、1 つの同期名前空間で最大 25 TB、5,000 万ファイルがサポートされるようになりました。In this first step, Azure File Sync now supports up to 25 TB and 50 million files in a single, syncing namespace. 大容量ファイル共有のプレビューに申し込むには、 https://aka.ms/azurefilesatscalesurvey のフォームに記入してください。To apply for the large file share preview, fill in this form https://aka.ms/azurefilesatscalesurvey.
  • ストレージ アカウントに対するファイアウォールと仮想ネットワークの設定のサポートSupport for firewall and virtual network setting on storage accounts
    • ストレージ アカウントに対するファイアウォールと仮想ネットワークの設定が Azure File Sync で新たにサポートされました。Azure File Sync now supports the firewall and virtual network setting on storage accounts. ファイアウォールと仮想ネットワークの設定と連動するようにデプロイを構成する方法については、「ファイアウォールと仮想ネットワークの設定を構成する」を参照してください。To configure your deployment to work with the firewall and virtual network setting, see Configure firewall and virtual network settings.
  • Azure ファイル共有内の変更済みファイルを即座に同期する PowerShell コマンドレットPowerShell cmdlet to immediately sync files changed in the Azure file share
    • Azure ファイル共有で変更されたファイルを直ちに同期したければ、Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell コマンドレットを使用すると、Azure ファイル共有における変更の検出を手動で開始できます。To immediately sync files that are changed in the Azure file share, the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection PowerShell cmdlet can be used to manually initiate the detection of changes in the Azure file share. このコマンドレットは、なんらかの自動プロセスによって Azure ファイル共有に変更が加えられたり、管理者によって (ファイルやディレクトリを共有に移動するなどの) 変更が実行されたりするシナリオを意図したものです。This cmdlet is intended for scenarios where some type of automated process is making changes in the Azure file share or the changes are done by an administrator (like moving files and directories into the share). エンド ユーザーの変更に関しては、Azure File Sync エージェントを IaaS VM にインストールし、エンド ユーザーに IaaS VM 経由でファイル共有にアクセスしてもらうことをお勧めします。For end-user changes, the recommendation is to install the Azure File Sync agent in an IaaS VM and have end users access the file share through the IaaS VM. そのようにすることで、すべての変更がすぐに他のエージェントと同期され、Invoke-AzStorageSyncChangeDetection コマンドレットを使う必要はありません。This way all changes will quickly sync to other agents without the need to use the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection cmdlet. 詳細については、Invoke-AzStorageSyncChangeDetection のドキュメントを参照してください。To learn more, see the Invoke-AzStorageSyncChangeDetection documentation.
  • 同期されていないファイルに遭遇した場合のポータルのエクスペリエンスが向上Improved portal experience if you encounter files that are not syncing
    • 同期に失敗するファイルがあった場合、一時的なエラーと永続的なエラーとがポータルで区別されます。If you have files that are failing to sync, we now differentiate between transient and persistent errors in the portal. 一時的なエラーは通常、自動的に解決され、管理者による対処は必要ありません。Transient errors usually resolve themselves without the need for admin action. たとえば、使用中のファイルは、ファイル ハンドルがクローズされるまで同期されません。For example, a file that is currently in use will not sync until the file handle is closed. 永続的なエラーについては、影響を受けたファイルの数がエラーごとに表示されるようになりました。For persistent errors, we now show the number of files impacted by each error. 永続的なエラーの数は、同期グループの全サーバー エンドポイントの [ファイルが同期していない] 列にも表示されます。The persistent error count is also displayed in the files not syncing column of all server endpoints in a sync group.
  • Azure Backup のファイル レベルの復元の強化Improved Azure Backup file-level restore
    • Azure Backup を使用して復元された個々のファイルが検出され、サーバー エンドポイントにより迅速に同期されるようになりました。Individual files restored using Azure Backup are now detected and synced to the server endpoint faster.
  • クラウドを使った階層化の呼び戻しコマンドレットの信頼性の向上Improved cloud tiering recall cmdlet reliability
    • Invoke-StorageSyncFileRecall コマンドレットでは、robocopy と同様に、ファイルごとの再試行回数とファイルごとの再試行の遅延を顧客が指定できるようになりました。The Invoke-StorageSyncFileRecall cmdlet now allows customers to specify per file retry count and per file retry delay similar to robocopy. 以前はこのコマンドレットは、指定されたパスにあるすべての階層化されたファイルをランダムな順序で再呼び出ししていました。Previously, this cmdlet would recall all tiered files under a given path in random order. このコマンドレットは、新しい -Order パラメーターを使用して、最優先されるデータを最初に呼び戻し、クラウドの階層化ポリシーに従います (日付ポリシーが満たされるか、ボリュームの空き領域条件が満たされるかのどちらか早いタイミングで呼び戻しを停止します)。With the new -Order parameter, this cmdlet will recall the hottest data first and honor the cloud tiering policy (stop recalling if the date policy is met or the volume free space is met; whichever happens first).
  • TLS 1.2 のみのサポート (TLS 1.0 および 1.1 を無効化)Support for TLS 1.2 only (TLS 1.0 and 1.1 is disabled)
    • Azure File Sync では、TLS 1.0 および 1.1 が無効になっているサーバーで、TLS 1.2 のみの使用がサポートされるようになりました。Azure File Sync now supports using TLS 1.2 only on servers that have TLS 1.0 and 1.1 disabled. この改善が行われる前は、サーバーで TLS 1.0 および 1.1 が無効になっていると、サーバー登録が失敗していました。Prior to this improvement, server registration would fail if TLS 1.0 and 1.1 was disabled on the server.
  • 同期およびクラウドを使った階層化のパフォーマンスと信頼性のその他の強化Miscellaneous performance and reliability improvements for sync and cloud tiering
    • このリリースでは、信頼性とパフォーマンスが強化されています。There are several reliability and performance improvements in this release. その一部は、クラウドを使った階層化をより効率的にし、帯域幅調整スケジュールが設定されている場合に Azure File Sync の機能を全体的に向上させることを目的としています。Some of them are targeted to make cloud tiering more efficient and Azure File Sync as a whole work better in those situations when you have a bandwidth throttling schedule set.

評価ツールEvaluation Tool

Azure File Sync をデプロイする前に、Azure File Sync 評価ツールを使用して、お使いのシステムと互換性があるかどうかを評価する必要があります。Before deploying Azure File Sync, you should evaluate whether it is compatible with your system using the Azure File Sync evaluation tool. このツールは Azure PowerShell コマンドレットであり、サポートされていない文字やサポートされていない OS バージョンなど、ファイル システムとデータセットに関する潜在的な問題をチェックします。This tool is an Azure PowerShell cmdlet that checks for potential issues with your file system and dataset, such as unsupported characters or an unsupported OS version. インストールおよび使用手順については、計画ガイドの「評価ツール」セクションを参照してください。For installation and usage instructions, see Evaluation Tool section in the planning guide.

エージェントのインストールとサーバー構成Agent installation and server configuration

Windows Server で Azure File Sync エージェントをインストールして構成する方法の詳細については、「Planning for an Azure File Sync deployment (Azure File Sync のデプロイの計画)」および Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。For more information on how to install and configure the Azure File Sync agent with Windows Server, see Planning for an Azure File Sync deployment and How to deploy Azure File Sync.

  • エージェント インストール パッケージは、引き上げられた (管理者) 特権でインストールする必要があります。The agent installation package must be installed with elevated (admin) permissions.
  • Nano Server のデプロイ オプションでは、このエージェントはサポートされません。The agent is not supported on Nano Server deployment option.
  • このエージェントがサポートされるのは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2 のみです。The agent is supported only on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server 2012 R2.
  • エージェントには、少なくとも 2 GiB のメモリが必要です。The agent requires at least 2 GiB of memory. 動的メモリを有効にした仮想マシンでサーバーが実行されている場合は、2048 MiB 以上のメモリで VM を構成する必要があります。If the server is running in a virtual machine with dynamic memory enabled, the VM should be configured with a minimum 2048 MiB of memory.
  • Storage Sync Agent (FileSyncSvc) サービスは、システム ボリューム情報 (SVI) ディレクトリが圧縮されているボリュームに配置されたサーバーのエンドポイントをサポートしません。The Storage Sync Agent (FileSyncSvc) service does not support server endpoints located on a volume that has the system volume information (SVI) directory compressed. この構成は、予期しない結果になります。This configuration will lead to unexpected results.

相互運用性Interoperability

  • 階層化されたファイルにアクセスするウイルス対策やバックアップなどのアプリケーションは、オフライン属性を考慮してそれらのファイルのコンテンツの読み取りをスキップする場合を除き、望ましくない再呼び出しを行う可能性があります。Antivirus, backup, and other applications that access tiered files can cause undesirable recall unless they respect the offline attribute and skip reading the content of those files. 詳細については、「Troubleshoot Azure File Sync (Azure File Sync のトラブルシューティング)」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Azure File Sync.
  • ファイル スクリーンによってファイルがブロックされた場合、File Server Resource Manager (FSRM) ファイル スクリーンが頻繁に同期エラーを引き起こす可能性があります。File Server Resource Manager (FSRM) file screens can cause endless sync failures when files are blocked because of the file screen.
  • Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバー上での sysprep の実行はサポートされていません。予期しない結果になる可能性があります。Running sysprep on a server that has the Azure File Sync agent installed is not supported and can lead to unexpected results. Azure File Sync エージェントは、サーバー イメージの展開と sysprep ミニ セットアップの完了後にインストールされます。The Azure File Sync agent should be installed after deploying the server image and completing sysprep mini-setup.

同期の制限事項Sync limitations

次の項目は同期されませんが、システムの残りの部分は引き続き正常に動作します。The following items don't sync, but the rest of the system continues to operate normally:

  • サポートされていない文字を含むファイル。Files with unsupported characters. サポートされていない文字の一覧については、トラブルシューティング ガイドのページを参照してください。See Troubleshooting guide for list of unsupported characters.

  • 末尾がピリオドのファイルまたはディレクトリ。Files or directories that end with a period.

  • 2,048 文字を超えるパス。Paths that are longer than 2,048 characters.

  • 2 KB を超えるセキュリティ記述子の随意アクセス制御リスト (DACL) 部分The discretionary access control list (DACL) portion of a security descriptor if it's larger than 2 KB. (この問題が該当するのは、1 つの項目に対するアクセス制御エントリ (ACE) が約 40 個を超える場合のみです)。(This issue applies only when you have more than about 40 access control entries (ACEs) on a single item.)

  • 監査に使用されるセキュリティ記述子のシステム アクセス制御リスト (SACL) 部分。The system access control list (SACL) portion of a security descriptor that's used for auditing.

  • 拡張属性。Extended attributes.

  • 代替データ ストリーム。Alternate data streams.

  • 再解析ポイント。Reparse points.

  • ハード リンク。Hard links.

  • 圧縮がサーバー ファイルに設定されている場合、変更が他のエンドポイントからそのファイルに同期されるときに、圧縮は保持されません。Compression (if it's set on a server file) isn't preserved when changes sync to that file from other endpoints.

  • サービスがデータを読み取ることを妨げる、EFS (またはその他のユーザー モードの暗号化) で暗号化されたファイル。Any file that's encrypted with EFS (or other user mode encryption) that prevents the service from reading the data.

    注意

    転送中のデータは、Azure File Sync によって常に暗号化されます。Azure File Sync always encrypts data in transit. データは常に暗号化されて Azure に保存されます。Data is always encrypted at rest in Azure.

サーバー エンドポイントServer endpoint

  • サーバー エンドポイントは、NTFS ボリューム上にのみ作成できます。A server endpoint can be created only on an NTFS volume. ReFS、FAT、FAT32 などのファイル システムは、現在 Azure File Sync でサポートされていません。ReFS, FAT, FAT32, and other file systems aren't currently supported by Azure File Sync.
  • サーバーのエンドポイントを削除する前にファイルが再呼び出しされない場合、階層化ファイルはアクセスできなくなります。Tiered files will become inaccessible if the files are not recalled prior to deleting the server endpoint. ファイルへのアクセスを復元するには、サーバー エンドポイントを再作成します。To restore access to the files, recreate the server endpoint. サーバー エンドポイントが削除されてから 30 日間が経過した場合、またはクラウド エンドポイントが削除された場合は、再呼び出しされなかった階層化ファイルは使用できなくなります。If 30 days have passed since the server endpoint was deleted or if the cloud endpoint was deleted, tiered files that were not recalled will be unusable.
  • システム ボリュームでは、クラウドの階層化はサポートされていません。Cloud tiering is not supported on the system volume. システム ボリュームにサーバー エンドポイントを作成するには、サーバー エンドポイントを作成するときにクラウドの階層化を無効にします。To create a server endpoint on the system volume, disable cloud tiering when creating the server endpoint.
  • フェールオーバー クラスタリングは、クラスター化ディスクでのみサポートされ、クラスターの共有ボリューム (CSV) ではサポートされません。Failover Clustering is supported only with clustered disks, but not with Cluster Shared Volumes (CSVs).
  • サーバー エンドポイントを入れ子にすることはできません。A server endpoint can't be nested. 同じボリューム上に、別のエンドポイントと並列に共存させることはできます。It can coexist on the same volume in parallel with another endpoint.
  • サーバー エンドポイントの場所内に OS またはアプリケーションのページング ファイルを格納しないでください。Do not store an OS or application paging file within a server endpoint location.
  • サーバーの名前を変更した場合、ポータル内のサーバー名は更新されません。The server name in the portal is not updated if the server is renamed.

クラウド エンドポイントCloud endpoint

  • Azure File Sync は、Azure ファイル共有に対する直接的な変更をサポートします。Azure File Sync supports making changes to the Azure file share directly. ただし、Azure ファイル共有に対して行われた変更は、まず Azure File Sync の変更検出ジョブによって認識される必要があります。However, any changes made on the Azure file share first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint once every 24 hours. さらに、REST プロトコルで Azure ファイル共有に対して行われた変更は、SMB の最終更新時刻を更新するものではなく、同期による変更とは見なされません。In addition, changes made to an Azure file share over the REST protocol will not update the SMB last modified time and will not be seen as a change by sync.

  • ストレージ同期サービスやストレージ アカウントは、既存の Azure AD テナント内の別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動できます。The storage sync service and/or storage account can be moved to a different resource group or subscription within the existing Azure AD tenant. ストレージ アカウントを移動する場合は、そのストレージ アカウントにハイブリッド ファイル同期サービス アクセス権を付与する必要があります (「Azure File Sync がストレージ アカウントへのアクセス権を持っていることを確認します」を参照してください)。If the storage account is moved, you need to give the Hybrid File Sync Service access to the storage account (see Ensure Azure File Sync has access to the storage account).

    注意

    Azure File Sync では、別の Azure AD テナントへのサブスクリプションの移動がサポートされません。Azure File Sync does not support moving the subscription to a different Azure AD tenant.

クラウドの階層化Cloud tiering

  • 階層化されたファイルが Robocopy を使用して別の場所にコピーされた場合、その結果のファイルは階層化されません。If a tiered file is copied to another location by using Robocopy, the resulting file isn't tiered. 誤ってオフライン属性が Robocopy によるコピー操作の対象となり、オフライン属性が設定される場合があります。The offline attribute might be set because Robocopy incorrectly includes that attribute in copy operations.
  • robocopy を使用してファイルをコピーする場合は、/MIR オプションを使用してファイルのタイムスタンプを保存します。When copying files using robocopy, use the /MIR option to preserve file timestamps. これにより、必ず最近アクセスされたファイルより先に、古いファイルが階層化されます。This will ensure older files are tiered sooner than recently accessed files.

エージェント バージョン 6.3.0.0Agent version 6.3.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 6 月 27 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 6.3.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 6.3.0.0 of the Azure File Sync agent released June 27, 2019. バージョン 6.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 6.0.0.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • Windows Server 2012 R2 で、SMB 経由でのサーバー エンドポイントの場所へのアクセスまたは参照に時間がかかるAccessing or browsing a server endpoint location over SMB is slow on Windows Server 2012 R2
  • Azure File Sync v6 エージェントのインストール後に、CPU 使用率が増加するIncreased CPU utilization after installing the Azure File Sync v6 agent
  • クラウドを使った階層化のテレメトリの改善Cloud tiering telemetry improvements

エージェント バージョン 6.2.0.0Agent version 6.2.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 6 月 13 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 6.2.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 6.2.0.0 of the Azure File Sync agent released June 13, 2019. バージョン 6.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 6.0.0.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • サーバー エンドポイントの作成後、バックグラウンドでの呼び戻しでファイルをサーバーにダウンロードしているときに、CPU 使用率が高くなることがあるAfter creating a server endpoint, High CPU usage may occur when background recall is downloading files to the server
  • トークンの有効期限が原因で、同期操作とクラウドを使った階層化操作が ECS_E_SERVER_CREDENTIAL_NEEDED エラーで失敗することがあるSync and cloud tiering operations may fail with error ECS_E_SERVER_CREDENTIAL_NEEDED due to token expiration
  • ファイルをダウンロードするための URL に予約文字が含まれていると、ファイルの呼び戻しに失敗することがあるRecalling a file may fail if the URL to download the file contains reserved characters

エージェント バージョン 6.1.0.0Agent version 6.1.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 5 月 6 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 6.1.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 6.1.0.0 of the Azure File Sync agent released May 6, 2019. バージョン 6.0.0.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 6.0.0.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • Azure File Sync エージェント バージョン 6.0 がインストールされているサーバーでは、Windows Admin Center にエージェントのバージョンとサーバー エンドポイントの構成が表示されません。Windows Admin Center fails to display the agent version and server endpoint configuration on servers which have Azure File Sync agent version 6.0 installed.

エージェント バージョン 6.0.0.0Agent version 6.0.0.0

次のリリース ノートは、(2019 年 4 月 22 日にリリースされた) Azure File Sync エージェントのバージョン 6.0.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 6.0.0.0 of the Azure File Sync agent (released April 22, 2019).

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • エージェントの自動更新のサポートAgent auto-update support
  • Azure ファイル共有 ACL のサポートSupport for Azure file share ACLs
    • Azure File Sync では、サーバー エンドポイン間での ACL の同期は常にサポートされてきましたが、クラウド エンドポイント (Azure ファイル共有) には同期されていませんでした。Azure File Sync has always supported syncing ACLs between server endpoints but the ACLs were not synced to the cloud endpoint (Azure file share). このリリースでは、サーバー エンドポイントとクラウド エンドポイントの間での ACL の同期がサポートされました。This release adds support for syncing ACLs between server and cloud endpoints.
  • サーバー エンドポイントの並列アップロードと並列ダウンロードの同期セッションParallel upload and download sync sessions for a server endpoint
    • サーバー エンドポイントで、ファイルのアップロードとダウンロードを同時にできるようになりました。Server endpoints now support uploading and downloading files at the same time. もうダウンロードの完了を待たずに、Azure ファイル共有にファイルをアップロードできます。No more waiting for a download to complete so files can be uploaded to the Azure file share.
  • クラウドを使った階層化の新しいコマンドレットによるボリュームおよび階層化状態の取得New Cloud Tiering cmdlets to get volume and tiering status
    • 2 つの新しい、サーバー ローカルの PowerShell コマンドレットを使用して、クラウドを使った階層化およびファイル呼び戻し情報を取得できるようになりました。Two new, server-local PowerShell cmdlets can now be used to obtain cloud tiering and file recall information. これらにより、サーバー上の 2 つのイベント チャネルからの情報をログに記録することが可能になります。They make logging information from two event channels on the server available:
      • Get-StorageSyncFileTieringResult では、階層化していないすべてのファイルとそのパスを一覧表示し、その理由を報告します。Get-StorageSyncFileTieringResult will list all files and their paths that haven't tiered and reports on the reason why.
      • Get-StorageSyncFileRecallResult では、すべてのファイル呼び戻しイベントを報告します。Get-StorageSyncFileRecallResult reports all file recall events. 呼び戻されたすべてのファイルとそのパス、およびその呼び戻しの成功またはエラーを一覧表示します。It lists every file recalled and its path as well as success or error for that recall.
    • 既定では、どちらのイベント チャネルもそれぞれ最大 1 MB まで格納できます。イベント チャネルのサイズを増やすことによって、報告されるファイルの量を増やすことができます。By default, both event channels can store up to 1 MB each – you can increase the amount of files reported by increasing the event channel size.
  • FIPS モードのサポートSupport for FIPS mode
    • Azure File Sync では、Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバーで、FIPS モードを有効にできるようになりました。Azure File Sync now supports enabling FIPS mode on servers which have the Azure File Sync agent installed.
  • クラウドを使った階層化と同期に関して、さまざまな点で信頼性が向上していますMiscellaneous reliability improvements for cloud tiering and sync

評価ツールEvaluation Tool

Azure File Sync をデプロイする前に、Azure File Sync 評価ツールを使用して、お使いのシステムと互換性があるかどうかを評価する必要があります。Before deploying Azure File Sync, you should evaluate whether it is compatible with your system using the Azure File Sync evaluation tool. このツールは Azure PowerShell コマンドレットであり、サポートされていない文字やサポートされていない OS バージョンなど、ファイル システムとデータセットに関する潜在的な問題をチェックします。This tool is an Azure PowerShell cmdlet that checks for potential issues with your file system and dataset, such as unsupported characters or an unsupported OS version. インストールおよび使用手順については、計画ガイドの「評価ツール」セクションを参照してください。For installation and usage instructions, see Evaluation Tool section in the planning guide.

エージェントのインストールとサーバー構成Agent installation and server configuration

Windows Server で Azure File Sync エージェントをインストールして構成する方法の詳細については、「Planning for an Azure File Sync deployment (Azure File Sync のデプロイの計画)」および Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。For more information on how to install and configure the Azure File Sync agent with Windows Server, see Planning for an Azure File Sync deployment and How to deploy Azure File Sync.

  • エージェント インストール パッケージは、引き上げられた (管理者) 特権でインストールする必要があります。The agent installation package must be installed with elevated (admin) permissions.
  • Nano Server のデプロイ オプションでは、このエージェントはサポートされません。The agent is not supported on Nano Server deployment option.
  • このエージェントがサポートされるのは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2 のみです。The agent is supported only on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server 2012 R2.
  • エージェントには、少なくとも 2 GiB のメモリが必要です。The agent requires at least 2 GiB of memory. 動的メモリを有効にした仮想マシンでサーバーが実行されている場合は、2048 MiB 以上のメモリで VM を構成する必要があります。If the server is running in a virtual machine with dynamic memory enabled, the VM should be configured with a minimum 2048 MiB of memory.
  • Storage Sync Agent (FileSyncSvc) サービスは、システム ボリューム情報 (SVI) ディレクトリが圧縮されているボリュームに配置されたサーバーのエンドポイントをサポートしません。The Storage Sync Agent (FileSyncSvc) service does not support server endpoints located on a volume that has the system volume information (SVI) directory compressed. この構成は、予期しない結果になります。This configuration will lead to unexpected results.

相互運用性Interoperability

  • 階層化されたファイルにアクセスするウイルス対策やバックアップなどのアプリケーションは、オフライン属性を考慮してそれらのファイルのコンテンツの読み取りをスキップする場合を除き、望ましくない再呼び出しを行う可能性があります。Antivirus, backup, and other applications that access tiered files can cause undesirable recall unless they respect the offline attribute and skip reading the content of those files. 詳細については、「Troubleshoot Azure File Sync (Azure File Sync のトラブルシューティング)」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Azure File Sync.
  • ファイル スクリーンによってファイルがブロックされた場合、File Server Resource Manager (FSRM) ファイル スクリーンが頻繁に同期エラーを引き起こす可能性があります。File Server Resource Manager (FSRM) file screens can cause endless sync failures when files are blocked because of the file screen.
  • Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバー上での sysprep の実行はサポートされていません。予期しない結果になる可能性があります。Running sysprep on a server which has the Azure File Sync agent installed is not supported and can lead to unexpected results. Azure File Sync エージェントは、サーバー イメージの展開と sysprep ミニ セットアップの完了後にインストールされます。The Azure File Sync agent should be installed after deploying the server image and completing sysprep mini-setup.

同期の制限事項Sync limitations

次の項目は同期されませんが、システムの残りの部分は引き続き正常に動作します。The following items don't sync, but the rest of the system continues to operate normally:

  • サポートされていない文字を含むファイル。Files with unsupported characters. サポートされていない文字の一覧については、トラブルシューティング ガイドのページを参照してください。See Troubleshooting guide for list of unsupported characters.

  • 末尾がピリオドのファイルまたはディレクトリ。Files or directories that end with a period.

  • 2,048 文字を超えるパス。Paths that are longer than 2,048 characters.

  • 2 KB を超えるセキュリティ記述子の随意アクセス制御リスト (DACL) 部分The discretionary access control list (DACL) portion of a security descriptor if it's larger than 2 KB. (この問題が該当するのは、1 つの項目に対するアクセス制御エントリ (ACE) が約 40 個を超える場合のみです)。(This issue applies only when you have more than about 40 access control entries (ACEs) on a single item.)

  • 監査に使用されるセキュリティ記述子のシステム アクセス制御リスト (SACL) 部分。The system access control list (SACL) portion of a security descriptor that's used for auditing.

  • 拡張属性。Extended attributes.

  • 代替データ ストリーム。Alternate data streams.

  • 再解析ポイント。Reparse points.

  • ハード リンク。Hard links.

  • 圧縮がサーバー ファイルに設定されている場合、変更が他のエンドポイントからそのファイルに同期されるときに、圧縮は保持されません。Compression (if it's set on a server file) isn't preserved when changes sync to that file from other endpoints.

  • サービスがデータを読み取ることを妨げる、EFS (またはその他のユーザー モードの暗号化) で暗号化されたファイル。Any file that's encrypted with EFS (or other user mode encryption) that prevents the service from reading the data.

    注意

    転送中のデータは、Azure File Sync によって常に暗号化されます。Azure File Sync always encrypts data in transit. データは常に暗号化されて Azure に保存されます。Data is always encrypted at rest in Azure.

サーバー エンドポイントServer endpoint

  • サーバー エンドポイントは、NTFS ボリューム上にのみ作成できます。A server endpoint can be created only on an NTFS volume. ReFS、FAT、FAT32 などのファイル システムは、現在 Azure File Sync でサポートされていません。ReFS, FAT, FAT32, and other file systems aren't currently supported by Azure File Sync.
  • サーバーのエンドポイントを削除する前にファイルが再呼び出しされない場合、階層化ファイルはアクセスできなくなります。Tiered files will become inaccessible if the files are not recalled prior to deleting the server endpoint. ファイルへのアクセスを復元するには、サーバー エンドポイントを再作成します。To restore access to the files, recreate the server endpoint. サーバー エンドポイントが削除されてから 30 日間が経過した場合、またはクラウド エンドポイントが削除された場合は、再呼び出しされなかった階層化ファイルは使用できなくなります。If 30 days have passed since the server endpoint was deleted or if the cloud endpoint was deleted, tiered files that were not recalled will be unusable.
  • システム ボリュームでは、クラウドの階層化はサポートされていません。Cloud tiering is not supported on the system volume. システム ボリュームにサーバー エンドポイントを作成するには、サーバー エンドポイントを作成するときにクラウドの階層化を無効にします。To create a server endpoint on the system volume, disable cloud tiering when creating the server endpoint.
  • フェールオーバー クラスタリングは、クラスター化ディスクでのみサポートされ、クラスターの共有ボリューム (CSV) ではサポートされません。Failover Clustering is supported only with clustered disks, but not with Cluster Shared Volumes (CSVs).
  • サーバー エンドポイントを入れ子にすることはできません。A server endpoint can't be nested. 同じボリューム上に、別のエンドポイントと並列に共存させることはできます。It can coexist on the same volume in parallel with another endpoint.
  • サーバー エンドポイントの場所内に OS またはアプリケーションのページング ファイルを格納しないでください。Do not store an OS or application paging file within a server endpoint location.
  • サーバーの名前を変更した場合、ポータル内のサーバー名は更新されません。The server name in the portal is not updated if the server is renamed.

クラウド エンドポイントCloud endpoint

  • Azure File Sync は、Azure ファイル共有に対する直接的な変更をサポートします。Azure File Sync supports making changes to the Azure file share directly. ただし、Azure ファイル共有に対して行われた変更は、まず Azure File Sync の変更検出ジョブによって認識される必要があります。However, any changes made on the Azure file share first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint once every 24 hours. さらに、REST プロトコルで Azure ファイル共有に対して行われた変更は、SMB の最終更新時刻を更新するものではなく、同期による変更とは見なされません。In addition, changes made to an Azure file share over the REST protocol will not update the SMB last modified time and will not be seen as a change by sync.

  • ストレージ同期サービスやストレージ アカウントは、既存の Azure AD テナント内の別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動できます。The storage sync service and/or storage account can be moved to a different resource group or subscription within the existing Azure AD tenant. ストレージ アカウントを移動する場合は、そのストレージ アカウントにハイブリッド ファイル同期サービス アクセス権を付与する必要があります (「Azure File Sync がストレージ アカウントへのアクセス権を持っていることを確認します」を参照してください)。If the storage account is moved, you need to give the Hybrid File Sync Service access to the storage account (see Ensure Azure File Sync has access to the storage account).

    注意

    Azure File Sync では、別の Azure AD テナントへのサブスクリプションの移動がサポートされません。Azure File Sync does not support moving the subscription to a different Azure AD tenant.

クラウドの階層化Cloud tiering

  • 階層化されたファイルが Robocopy を使用して別の場所にコピーされた場合、その結果のファイルは階層化されません。If a tiered file is copied to another location by using Robocopy, the resulting file isn't tiered. 誤ってオフライン属性が Robocopy によるコピー操作の対象となり、オフライン属性が設定される場合があります。The offline attribute might be set because Robocopy incorrectly includes that attribute in copy operations.
  • robocopy を使用してファイルをコピーする場合は、/MIR オプションを使用してファイルのタイムスタンプを保存します。When copying files using robocopy, use the /MIR option to preserve file timestamps. これにより、必ず最近アクセスされたファイルより先に、古いファイルが階層化されます。This will ensure older files are tiered sooner than recently accessed files.
  • SMB クライアントからファイルのプロパティを表示するとき、SMB によるファイルのメタデータのキャッシュが原因で、オフライン属性が正しく設定されていないように見えることがあります。When you're viewing file properties from an SMB client, the offline attribute might appear to be set incorrectly due to SMB caching of file metadata.

エージェント バージョン 5.2.0.0Agent version 5.2.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 4 月 4 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 5.2.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 5.2.0.0 of the Azure File Sync agent released April 4, 2019. バージョン 5.0.2.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 5.0.2.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • オフライン データ転送とデータ転送再開機能の信頼性の向上Reliability improvements for offline data transfer and data transfer resume features
  • 同期テレメトリの向上Sync telemetry improvements

エージェント バージョン 5.1.0.0Agent version 5.1.0.0

次のリリース ノートは、2019 年 3 月 7 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 5.1.0.0 を対象としています。The following release notes are for version 5.1.0.0 of the Azure File Sync agent released March 7, 2019. バージョン 5.0.2.0 に関して記載されているリリース ノートへの追記となります。These notes are in addition to the release notes listed for version 5.0.2.0.

このリリースで修正された問題は、以下のとおりです。List of issues fixed in this release:

  • サーバー上で変更の列挙が失敗した場合、エラー 0x80c8031d (ECS_E_CONCURRENCY_CHECK_FAILED) でファイルが同期できないことがありますFiles may fail to sync with error 0x80c8031d (ECS_E_CONCURRENCY_CHECK_FAILED) if change enumeration is failing on the server
  • 同期セッションまたはファイルがエラー 0x80072f78 (WININET_E_INVALID_SERVER_RESPONSE) を受け取った場合、同期によって操作が再試行されるようになりますIf a sync session or file receives an error 0x80072f78 (WININET_E_INVALID_SERVER_RESPONSE), sync will now retry the operation
  • エラー 0x80c80203 (ECS_E_SYNC_INVALID_STAGED_FILE) でファイルが同期に失敗することがありますFiles may fail to sync with error 0x80c80203 (ECS_E_SYNC_INVALID_STAGED_FILE)
  • ファイルの再呼び出し時にメモリ使用量が多くなることがありますHigh memory usage may occur when recalling files
  • クラウドを使った階層化のテレメトリの改善Cloud tiering telemetry improvements

エージェント バージョン 5.0.2.0Agent version 5.0.2.0

次のリリース ノートは、2019 年 2 月 12 日にリリースされた Azure File Sync エージェントのバージョン 5.0.2.0 を対象としています。The following release notes are for version 5.0.2.0 of the Azure File Sync agent (released February 12, 2019).

機能強化と修正された問題Improvements and issues that are fixed

  • Azure Government クラウドのサポートSupport for Azure Government cloud
    • Azure Government クラウドのプレビュー サポートを追加しました。We have added preview support for the Azure Government cloud. これには、ホワイトリストに登録されたサブスクリプションと Microsoft からの特別なエージェントのダウンロードが必要です。This requires a white-listed subscription and a special agent download from Microsoft. プレビューのご利用方法については、AzureFiles@microsoft.com までメールでお問い合わせください。To get access to the preview, please email us directly at AzureFiles@microsoft.com.
  • データ重複除去のサポートSupport for Data Deduplication
    • データ重複除去は、Windows Server 2016 および Windows Server 2019 でクラウドを使った階層化が有効になっている環境で完全にサポートされるようになりました。Data Deduplication is now fully supported with cloud tiering enabled on Windows Server 2016 and Windows Server 2019. クラウドを使った階層化が有効なボリュームで重複除去を有効にすると、より多くのストレージをプロビジョニングしなくても、より多くのファイルをオンプレミスでキャッシュできます。Enabling deduplication on a volume with cloud tiering enabled lets you cache more files on-premises without provisioning more storage.
  • オフライン データ転送のサポート (Data Box など)Support for offline data transfer (e.g. via Data Box)
    • 任意の方法で、大量のデータを Azure File Sync に簡単に移行できます。Easily migrate large amounts of data into Azure File Sync via any means you choose. Azure Data Box、AzCopy のほか、サード パーティの移行サービスを選択することもできます。You can choose Azure Data Box, AzCopy and even third-party migration services. Data Box の場合、データを Azure に取り込むために大量の帯域幅を使用する必要はありません。メールで送信するだけの操作です。No need to use massive amounts of bandwidth to get your data into Azure, in the case of Data Box – simply mail it there! 詳細については、オフラインデータ転送のドキュメントを参照してください。To learn more, see Offline Data Transfer Docs.
  • 同期パフォーマンスの向上Improved sync performance
    • 同じボリューム上に複数のサーバー エンドポイントがあるお客様の場合、このリリースの前には同期のパフォーマンスが遅いと感じられる場合がありました。Customers with multiple server endpoints on the same volume may have experienced slow sync performance prior to this release. Azure File Sync は、1 日 1 回サーバー上で一時 VSS スナップショットを作成して、開くハンドルを含むファイルを同期します。Azure File Sync creates a temporary VSS snapshot once a day on the server to sync files that have open handles. VSS 同期セッションがアクティブ場合、ボリューム上の複数のサーバー エンドポイントの同期がサポートされるようになりました。Sync now supports multiple server endpoints syncing on a volume when a VSS sync session is active. VSS 同期セッションが完了するまで待つ必要がなくなるため、ボリューム上の他のサーバー エンドポイント上で同期を再開できます。No more waiting for a VSS sync session to complete so sync can resume on other server endpoints on the volume.
  • ポータルの監視機能の向上Improved monitoring in the portal
    • 以下を表示するグラフがストレージ同期サービス ポータルに追加されました。Charts have been added in the Storage Sync Service portal to view:
      • 同期したファイルの数Number of files synced
      • 転送されたデータのサイズSize of data transferred
      • 同期していないファイルの数Number of files not syncing
      • 呼び戻されたデータのサイズSize of data recalled
      • サーバーの接続状態Server connectivity status
    • 詳細については、「Azure File Sync を監視する」を参照してください。To learn more, see Monitor Azure File Sync.
  • スケーラビリティと信頼性の向上Improved scalability and reliability
    • ディレクトリ内のファイル システム オブジェクト (ディレクトリとファイル) の最大数が 1,000,000 に増えました。Maximum number of file system objects (directories and files) in a directory has increased to 1,000,000. 以前の制限は 200,000 でした。Previous limit was 200,000.
    • サイズの大きいファイルの転送が中断した場合、同期では再送信ではなくデータ転送の再開を試みます。Sync will try to resume data transfer rather than retransmitting when a transfer is interrupted for large files

評価ツールEvaluation Tool

Azure File Sync をデプロイする前に、Azure File Sync 評価ツールを使用して、お使いのシステムと互換性があるかどうかを評価する必要があります。Before deploying Azure File Sync, you should evaluate whether it is compatible with your system using the Azure File Sync evaluation tool. このツールは Azure PowerShell コマンドレットであり、サポートされていない文字やサポートされていない OS バージョンなど、ファイル システムとデータセットに関する潜在的な問題をチェックします。This tool is an Azure PowerShell cmdlet that checks for potential issues with your file system and dataset, such as unsupported characters or an unsupported OS version. インストールおよび使用手順については、計画ガイドの「評価ツール」セクションを参照してください。For installation and usage instructions, see Evaluation Tool section in the planning guide.

エージェントのインストールとサーバー構成Agent installation and server configuration

Windows Server で Azure File Sync エージェントをインストールして構成する方法の詳細については、「Planning for an Azure File Sync deployment (Azure File Sync のデプロイの計画)」および Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。For more information on how to install and configure the Azure File Sync agent with Windows Server, see Planning for an Azure File Sync deployment and How to deploy Azure File Sync.

  • エージェント インストール パッケージは、引き上げられた (管理者) 特権でインストールする必要があります。The agent installation package must be installed with elevated (admin) permissions.
  • Windows Server Core または Nano Server のデプロイ オプションでは、エージェントはサポートされません。The agent is not supported on Windows Server Core or Nano Server deployment options.
  • このエージェントがサポートされるのは、Windows Server 2019、Windows Server 2016 および Windows Server 2012 R2 のみです。The agent is supported only on Windows Server 2019, Windows Server 2016, and Windows Server 2012 R2.
  • エージェントには、少なくとも 2 GiB のメモリが必要です。The agent requires at least 2 GiB of memory. 動的メモリを有効にした仮想マシンでサーバーが実行されている場合は、2048 MiB 以上のメモリで VM を構成する必要があります。If the server is running in a virtual machine with dynamic memory enabled, the VM should be configured with a minimum 2048 MiB of memory.
  • Storage Sync Agent (FileSyncSvc) サービスは、システム ボリューム情報 (SVI) ディレクトリが圧縮されているボリュームに配置されたサーバーのエンドポイントをサポートしません。The Storage Sync Agent (FileSyncSvc) service does not support server endpoints located on a volume that has the system volume information (SVI) directory compressed. この構成は、予期しない結果になります。This configuration will lead to unexpected results.
  • FIPS モードはサポートされていないため、無効にする必要があります。FIPS mode is not supported and must be disabled.

相互運用性Interoperability

  • 階層化されたファイルにアクセスするウイルス対策やバックアップなどのアプリケーションは、オフライン属性を考慮してそれらのファイルのコンテンツの読み取りをスキップする場合を除き、望ましくない再呼び出しを行う可能性があります。Antivirus, backup, and other applications that access tiered files can cause undesirable recall unless they respect the offline attribute and skip reading the content of those files. 詳細については、「Troubleshoot Azure File Sync (Azure File Sync のトラブルシューティング)」を参照してください。For more information, see Troubleshoot Azure File Sync.
  • ファイル スクリーンによってファイルがブロックされた場合、File Server Resource Manager (FSRM) ファイル スクリーンが頻繁に同期エラーを引き起こす可能性があります。File Server Resource Manager (FSRM) file screens can cause endless sync failures when files are blocked because of the file screen.
  • Azure File Sync エージェントがインストールされているサーバー上での sysprep の実行はサポートされていません。予期しない結果になる可能性があります。Running sysprep on a server which has the Azure File Sync agent installed is not supported and can lead to unexpected results. Azure File Sync エージェントは、サーバー イメージの展開と sysprep ミニ セットアップの完了後にインストールされます。The Azure File Sync agent should be installed after deploying the server image and completing sysprep mini-setup.

同期の制限事項Sync limitations

次の項目は同期されませんが、システムの残りの部分は引き続き正常に動作します。The following items don't sync, but the rest of the system continues to operate normally:

  • サポートされていない文字を含むファイル。Files with unsupported characters. サポートされていない文字の一覧については、トラブルシューティング ガイドのページを参照してください。See Troubleshooting guide for list of unsupported characters.

  • 末尾がピリオドのファイルまたはディレクトリ。Files or directories that end with a period.

  • 2,048 文字を超えるパス。Paths that are longer than 2,048 characters.

  • 2 KB を超えるセキュリティ記述子の随意アクセス制御リスト (DACL) 部分The discretionary access control list (DACL) portion of a security descriptor if it's larger than 2 KB. (この問題が該当するのは、1 つの項目に対するアクセス制御エントリ (ACE) が約 40 個を超える場合のみです)。(This issue applies only when you have more than about 40 access control entries (ACEs) on a single item.)

  • 監査に使用されるセキュリティ記述子のシステム アクセス制御リスト (SACL) 部分。The system access control list (SACL) portion of a security descriptor that's used for auditing.

  • 拡張属性。Extended attributes.

  • 代替データ ストリーム。Alternate data streams.

  • 再解析ポイント。Reparse points.

  • ハード リンク。Hard links.

  • 圧縮がサーバー ファイルに設定されている場合、変更が他のエンドポイントからそのファイルに同期されるときに、圧縮は保持されません。Compression (if it's set on a server file) isn't preserved when changes sync to that file from other endpoints.

  • サービスがデータを読み取ることを妨げる、EFS (またはその他のユーザー モードの暗号化) で暗号化されたファイル。Any file that's encrypted with EFS (or other user mode encryption) that prevents the service from reading the data.

    注意

    転送中のデータは、Azure File Sync によって常に暗号化されます。Azure File Sync always encrypts data in transit. データは常に暗号化されて Azure に保存されます。Data is always encrypted at rest in Azure.

サーバー エンドポイントServer endpoint

  • サーバー エンドポイントは、NTFS ボリューム上にのみ作成できます。A server endpoint can be created only on an NTFS volume. ReFS、FAT、FAT32 などのファイル システムは、現在 Azure File Sync でサポートされていません。ReFS, FAT, FAT32, and other file systems aren't currently supported by Azure File Sync.
  • サーバーのエンドポイントを削除する前にファイルが再呼び出しされない場合、階層化ファイルはアクセスできなくなります。Tiered files will become inaccessible if the files are not recalled prior to deleting the server endpoint. ファイルへのアクセスを復元するには、サーバー エンドポイントを再作成します。To restore access to the files, recreate the server endpoint. サーバー エンドポイントが削除されてから 30 日間が経過した場合、またはクラウド エンドポイントが削除された場合は、再呼び出しされなかった階層化ファイルは使用できなくなります。If 30 days have passed since the server endpoint was deleted or if the cloud endpoint was deleted, tiered files that were not recalled will be unusable.
  • システム ボリュームでは、クラウドの階層化はサポートされていません。Cloud tiering is not supported on the system volume. システム ボリュームにサーバー エンドポイントを作成するには、サーバー エンドポイントを作成するときにクラウドの階層化を無効にします。To create a server endpoint on the system volume, disable cloud tiering when creating the server endpoint.
  • フェールオーバー クラスタリングは、クラスター化ディスクでのみサポートされ、クラスターの共有ボリューム (CSV) ではサポートされません。Failover Clustering is supported only with clustered disks, but not with Cluster Shared Volumes (CSVs).
  • サーバー エンドポイントを入れ子にすることはできません。A server endpoint can't be nested. 同じボリューム上に、別のエンドポイントと並列に共存させることはできます。It can coexist on the same volume in parallel with another endpoint.
  • サーバー エンドポイントの場所内に OS またはアプリケーションのページング ファイルを格納しないでください。Do not store an OS or application paging file within a server endpoint location.
  • サーバーの名前を変更した場合、ポータル内のサーバー名は更新されません。The server name in the portal is not updated if the server is renamed.

クラウド エンドポイントCloud endpoint

  • Azure File Sync は、Azure ファイル共有に対する直接的な変更をサポートします。Azure File Sync supports making changes to the Azure file share directly. ただし、Azure ファイル共有に対して行われた変更は、まず Azure File Sync の変更検出ジョブによって認識される必要があります。However, any changes made on the Azure file share first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint once every 24 hours. さらに、REST プロトコルで Azure ファイル共有に対して行われた変更は、SMB の最終更新時刻を更新するものではなく、同期による変更とは見なされません。In addition, changes made to an Azure file share over the REST protocol will not update the SMB last modified time and will not be seen as a change by sync.

  • ストレージ同期サービスやストレージ アカウントは、既存の Azure AD テナント内の別のリソース グループまたはサブスクリプションに移動できます。The storage sync service and/or storage account can be moved to a different resource group or subscription within the existing Azure AD tenant. ストレージ アカウントを移動する場合は、そのストレージ アカウントにハイブリッド ファイル同期サービス アクセス権を付与する必要があります (「Azure File Sync がストレージ アカウントへのアクセス権を持っていることを確認します」を参照してください)。If the storage account is moved, you need to give the Hybrid File Sync Service access to the storage account (see Ensure Azure File Sync has access to the storage account).

    注意

    Azure File Sync では、別の Azure AD テナントへのサブスクリプションの移動がサポートされません。Azure File Sync does not support moving the subscription to a different Azure AD tenant.

クラウドの階層化Cloud tiering

  • 階層化されたファイルが Robocopy を使用して別の場所にコピーされた場合、その結果のファイルは階層化されません。If a tiered file is copied to another location by using Robocopy, the resulting file isn't tiered. 誤ってオフライン属性が Robocopy によるコピー操作の対象となり、オフライン属性が設定される場合があります。The offline attribute might be set because Robocopy incorrectly includes that attribute in copy operations.
  • robocopy を使用してファイルをコピーする場合は、/MIR オプションを使用してファイルのタイムスタンプを保存します。When copying files using robocopy, use the /MIR option to preserve file timestamps. これにより、必ず最近アクセスされたファイルより先に、古いファイルが階層化されます。This will ensure older files are tiered sooner than recently accessed files.
  • SMB クライアントからファイルのプロパティを表示するとき、SMB によるファイルのメタデータのキャッシュが原因で、オフライン属性が正しく設定されていないように見えることがあります。When you're viewing file properties from an SMB client, the offline attribute might appear to be set incorrectly due to SMB caching of file metadata.