Azure ファイル共有を作成するCreate an Azure file share

Azure ファイル共有を作成するには、その使用方法について 3 つの質問に答える必要があります。To create an Azure file share, you need to answer three questions about how you will use it:

  • Azure ファイル共有のパフォーマンス要件はどのようなものですか?What are the performance requirements for your Azure file share?
    Azure Files には、ハード ディスク ベース (HDD ベース) のハードウェアでホストされる Standard ファイル共有と、ソリッドステート ディスク ベース (SSD ベース) ハードウェアでホストされる Premium ファイル共有が用意されています。Azure Files offers standard file shares which are hosted on hard disk-based (HDD-based) hardware, and premium file shares, which are hosted on solid-state disk-based (SSD-based) hardware.

  • Azure ファイル共有の冗長性の要件はどのようなものですか?What are your redundancy requirements for your Azure file share?
    Standard ファイル共有では、ローカル冗長 (LRS) ストレージ、ゾーン冗長 (ZRS) ストレージ、geo 冗長 (GRS) ストレージ、または geo ゾーン冗長 (GZRS) ストレージが用意されています。ただし、大きいファイルの共有機能は、ローカル冗長およびゾーン冗長のファイル共有でのみサポートされます。Standard file shares offer locally-redundant (LRS), zone redundant (ZRS), geo-redundant (GRS), or geo-zone-redundant (GZRS) storage, however the large file share feature is only supported on locally redundant and zone redundant file shares. Premium ファイル共有では、どのような種類の geo 冗長性もサポートされていません。Premium file shares do not support any form of geo-redundancy.

    Premium ファイル共有は、リージョンのサブセット内でローカル冗長とゾーン冗長で利用できます。Premium file shares are available with locally redundancy and zone redundancy in a subset of regions. ご自分のリージョンで現在 Premium ファイル共有を使用できるかどうかを見つけるには、Azure の [リージョン別の利用可能な製品] ページを参照してください。To find out if premium file shares are currently available in your region, see the products available by region page for Azure. ZRS をサポートするリージョンの詳細については、Azure Storage の冗長性に関する記事を参照してください。For information about regions that support ZRS, see Azure Storage redundancy.

  • どのくらいのサイズのファイル共有が必要ですか?What size file share do you need?
    ローカルおよびゾーン冗長ストレージ アカウントでは、Azure ファイル共有は 100 TiB まで拡張できますが、geo および geo ゾーン冗長ストレージ アカウントでは、Azure ファイル共有は 5 TiB までしか拡張できません。In local and zone redundant storage accounts, Azure file shares can span up to 100 TiB, however in geo- and geo-zone redundant storage accounts, Azure file shares can span only up to 5 TiB.

これら 3 つの選択の詳細については、「Azure Files のデプロイの計画」を参照してください。For more information on these three choices, see Planning for an Azure Files deployment.

前提条件Prerequisites

ストレージ アカウントの作成Create a storage account

Azure ファイル共有は、ストレージの共有プールを表す最上位オブジェクトである "ストレージ アカウント" にデプロイされます。Azure file shares are deployed into storage accounts, which are top-level objects that represent a shared pool of storage. このストレージのプールは、複数のファイル共有をデプロイするのに使用できます。This pool of storage can be used to deploy multiple file shares.

Azure では、お客様のさまざまなストレージ シナリオに対して複数のストレージ アカウントの種類がサポートされていますが、Azure Files には主に 2 種類のストレージ アカウントがあります。Azure supports multiple types of storage accounts for different storage scenarios customers may have, but there are two main types of storage accounts for Azure Files. 作成する必要があるストレージ アカウントの種類は、Standard ファイル共有または Premium ファイル共有のどちらを作成するかによって異なります。Which storage account type you need to create depends on whether you want to create a standard file share or a premium file share:

  • General Purpose バージョン 2 (GPv2) ストレージ アカウント:GPv2 ストレージ アカウントを使うと、Standard のハード ディスク ベース (HDD ベース) のハードウェアに、Azure ファイル共有をデプロイできます。General purpose version 2 (GPv2) storage accounts: GPv2 storage accounts allow you to deploy Azure file shares on standard/hard disk-based (HDD-based) hardware. GPv2 ストレージ アカウントでは、Azure ファイル共有を格納するだけでなく、BLOB コンテナー、キュー、テーブルなどの他のストレージ リソースを格納することもできます。In addition to storing Azure file shares, GPv2 storage accounts can store other storage resources such as blob containers, queues, or tables. ファイル共有は、トランザクション最適化 (既定)、ホット、またはクール層にデプロイできます。File shares can be deployed into the transaction optimized (default), hot, or cool tiers.

  • FileStorage ストレージ アカウント:FileStorage ストレージ アカウントを使うと、Premium のソリッドステート ディスク ベース (SSD ベース) のハードウェアに、Azure ファイル共有をデプロイできます。FileStorage storage accounts: FileStorage storage accounts allow you to deploy Azure file shares on premium/solid-state disk-based (SSD-based) hardware. FileStorage アカウントは、Azure ファイル共有を格納するためにのみ使用できます。FileStorage アカウントでその他のストレージ リソース (BLOB コンテナー、キュー、テーブルなど) をデプロイすることはできません。FileStorage accounts can only be used to store Azure file shares; no other storage resources (blob containers, queues, tables, etc.) can be deployed in a FileStorage account.

Azure portal を使用してストレージ アカウントを作成するには、ダッシュボードから [+ リソースの作成] を選択します。To create a storage account via the Azure portal, select + Create a resource from the dashboard. その結果表示される Azure Marketplace の検索ウィンドウで、ストレージ アカウント を検索し、検索結果を選択します。In the resulting Azure Marketplace search window, search for storage account and select the resulting search result. これにより、ストレージ アカウントの概要ページが表示されます。ストレージ アカウントの作成ウィザードを続行するには、 [作成] を選択します。This will lead to an overview page for storage accounts; select Create to proceed with the storage account creation wizard.

ブラウザーでのストレージ アカウントの簡易作成オプションのスクリーンショット

基本Basics

ストレージ アカウントを作成するために完了する最初のセクションには、 [基本] というラベルが付いています。The first section to complete to create a storage account is labeled Basics. これには、ストレージ アカウントを作成するために必要なすべてのフィールドが含まれています。This contains all of the required fields to create a storage account. GPv2 ストレージ アカウントを作成するには、確実に [パフォーマンス] オプション ボタンを [Standard] に設定し、 [アカウントの種類] ドロップダウン リストで [StorageV2 (汎用 v2)] を選択します。To create a GPv2 storage account, ensure the Performance radio button is set to Standard and the Account kind drop-down list is selected to StorageV2 (general purpose v2).

[Standard] が選択された [パフォーマンス] オプション ボタンと、[StorageV2] が選択された [アカウントの種類] のスクリーンショット

FileStorage ストレージ アカウントを作成するには、確実に [パフォーマンス] オプション ボタンを [Premium] に設定し、 [アカウントの種類] ドロップダウン リストで [FileStorage] を選択します。To create a FileStorage storage account, ensure the Performance radio button is set to Premium and the Account kind drop-down list is selected to FileStorage.

[Premium] が選択された [パフォーマンス] オプション ボタンと、[FileStorage] が選択された [アカウントの種類] のスクリーンショット

その他の基本フィールドは、ストレージ アカウントの選択とは無関係です。The other basics fields are independent from the choice of storage account:

  • ストレージ アカウント名: 作成するストレージ アカウントリソースの名前。Storage account name: The name of the storage account resource to be created. この名前はグローバルに一意である必要がありますが、任意の名前を使用できます。This name must be globally unique, but otherwise can any name you desire. SMB 経由で Azure ファイル共有をマウントするときに、ストレージ アカウント名がサーバー名として使用されます。The storage account name will be used as the server name when you mount an Azure file share via SMB.
  • [場所] :デプロイ先のストレージ アカウントのリージョン。Location: The region for the storage account to be deployed into. これは、リソース グループに関連付けられているリージョン、または使用可能なその他のリージョンを指定できます。This can be the region associated with the resource group, or any other available region.
  • [Replication](レプリケーション) :このフィールドはレプリケーションというラベルが付いていますが、実際には 冗長性 を意味します。必要な冗長レベルは、ローカル冗長 (LRS)、ゾーン冗長 (ZRS)、geo 冗長 (GRS)、geo ゾーン冗長 (GZRS) です。Replication: Although this is labeled replication, this field actually means redundancy; this is the desired redundancy level: locally redundancy (LRS), zone redundancy (ZRS), geo-redundancy (GRS), and geo-zone-redundancy (GZRS). このドロップダウン リストには、Azure ファイル共有には適用されない読み取りアクセス geo 冗長 (RA-GRS) と読み取りアクセス geo ゾーン冗長 (RA-GZRS) も含まれています。これらが選択されたストレージ アカウントで作成されたファイル共有は、実際にはそれぞれ geo 冗長または geo ゾーン冗長のいずれかになります。This drop-down list also contains read-access geo-redundancy (RA-GRS) and read-access geo-zone redundancy (RA-GZRS), which do not apply to Azure file shares; any file share created in a storage account with these selected will actually be either geo-redundant or geo-zone-redundant, respectively.

ネットワークNetworking

[ネットワーク] セクションでは、ネットワーク オプションを構成できます。The networking section allows you to configure networking options. これらの設定は、ストレージ アカウントを作成する場合は省略可能であり、必要に応じて後で構成できます。These settings are optional for the creation of the storage account and can be configured later if desired. これらのオプションの詳細については、「Azure Files のネットワークに関する考慮事項」を参照してください。For more information on these options, see Azure Files networking considerations.

データ保護Data protection

[データ保護] セクションでは、お使いのストレージ アカウント内の Azure ファイル共有に対する論理的な削除ポリシーを構成できます。The data protection section allows you to configure the soft-delete policy for Azure file shares in your storage account. BLOB の論理的な削除、コンテナー、コンテナーのポイントインタイム リストア、バージョン管理、および変更フィードに関連するその他の設定は、Azure BLOB ストレージにのみ適用されます。Other settings related to soft-delete for blobs, containers, point-in-time restore for containers, versioning, and change feed apply only to Azure Blob storage.

詳細設定Advanced

[詳細] セクションには、Azure ファイル共有のいくつかの重要な設定が含まれています。The advanced section contains several important settings for Azure file shares:

  • [安全な転送が必須] :このフィールドは、ストレージ アカウントへの通信でストレージ アカウントが転送中の暗号化を必要とするかどうかを示します。Secure transfer required: This field indicates whether the storage account requires encryption in transit for communication to the storage account. SMB 2.1 サポートが必要な場合は、これを無効にする必要があります。If you require SMB 2.1 support, you must disable this.
  • [大きいファイルの共有] :このフィールドでは、ストレージ アカウントに対して最大 100 TiB にまたがるファイル共有を有効にします。Large file shares: This field enables the storage account for file shares spanning up to 100 TiB. この機能を有効にすると、ストレージ アカウントがローカル冗長およびゾーン冗長ストレージのオプションのみに制限されます。Enabling this feature will limit your storage account to only locally redundant and zone redundant storage options. GPv2 ストレージ アカウントを大きいファイルの共有に対して有効にすると、大きいファイルの共有機能を無効にすることはできません。Once a GPv2 storage account has been enabled for large file shares, you cannot disable the large file share capability. すべての Premium ファイル共有が 100 TiB までスケールアップできるため、FileStorage ストレージ アカウント (Premium ファイル共有のストレージ アカウント) にはこのオプションはありません。FileStorage storage accounts (storage accounts for premium file shares) do not have this option, as all premium file shares can scale up to 100 TiB.

Azure Files に適用される重要な詳細設定のスクリーンショット

[詳細] タブで使用できるその他の設定 (Azure Data Lake Storage Gen 2 の階層型名前空間、既定の BLOB 層、BLOB ストレージ用の NFSv3 など) は、Azure Files には適用されません。The other settings that are available in the advanced tab (hierarchical namespace for Azure Data Lake storage gen 2, default blob tier, NFSv3 for blob storage, etc.) do not apply to Azure Files.

重要

BLOB のアクセス レベルを選択しても、ファイル共有の層には影響しません。Selecting the blob access tier does not affect the tier of the file share.

TagsTags

タグは名前と値のペアで、同じタグを複数のリソースやリソース グループに適用することでリソースを分類したり、統合した請求を表示したりできるようにします。Tags are name/value pairs that enable you to categorize resources and view consolidated billing by applying the same tag to multiple resources and resource groups. これらは省略可能であり、ストレージ アカウントの作成後に適用できます。These are optional and can be applied after storage account creation.

確認と作成Review + create

ストレージ アカウントを作成する最後の手順は、 [確認と作成] タブで [作成] ボタンを選択することです。ストレージ アカウントのすべての必須フィールドが入力されていないと、このボタンは使用できません。The final step to create the storage account is to select the Create button on the Review + create tab. This button won't be available if all of the required fields for a storage account are not filled.

ファイル共有の作成Create file share

ストレージ アカウントを作成したら、後はファイル共有を作成するだけです。Once you've created your storage account, all that is left is to create your file share. このプロセスは、Premium ファイル共有と Standard ファイル共有のどちらを使用しているかに関係なく、ほぼ同じです。This process is mostly the same regardless of whether you're using a premium file share or a standard file share. 次の相違点について検討してください。You should consider the following differences.

Standard ファイル共有は、Standard の層であるトランザクション最適化 (既定)、ホット、クールのいずれかにデプロイできます。Standard file shares may be deployed into one of the standard tiers: transaction optimized (default), hot, or cool. これはストレージ アカウントのファイル共有層ごとのもので、BLOB のアクセス レベル の影響を受けません (このプロパティは Azure Blob Storage にのみ関連します。Azure Files には関係ありません)。This is a per file share tier that is not affected by the blob access tier of the storage account (this property only relates to Azure Blob storage - it does not relate to Azure Files at all). 共有の層は、デプロイ後いつでも変更できます。You can change the tier of the share at any time after it has been deployed. Premium ファイル共有を Standard の層に直接変換することはできません。Premium file shares cannot be directly converted to any standard tier.

重要

ファイル共有は、GPv2 ストレージ アカウントの種類内の層 (トランザクション最適化、ホット、クール) をまたいで移動できます。You can move file shares between tiers within GPv2 storage account types (transaction optimized, hot, and cool). 層の間で共有を移動させると、トランザクションが発生します。ホットな層からクールな層に移動すると、共有内の各ファイルについてクールな層の書き込みトランザクション料金が発生します。一方、クールな層からホットな層に移動すると、共有内の各ファイルについて、クールな層の読み取りトランザクション料金が発生します。Share moves between tiers incur transactions: moving from a hotter tier to a cooler tier will incur the cooler tier's write transaction charge for each file in the share, while a move from a cooler tier to a hotter tier will incur the cool tier's read transaction charge for each file the share.

クォータ プロパティの意味は、Premium と Standard のファイル共有の間で若干異なります。The quota property means something slightly different between premium and standard file shares:

  • Standard ファイル共有の場合、それはエンド ユーザーがアクセスできない Azure ファイル共有の上限です。For standard file shares, it's an upper boundary of the Azure file share, beyond which end-users cannot go. クォータが指定されていない場合、Standard ファイル共有は最大 100 TiB (ストレージ アカウントに対して大きいファイルの共有プロパティが設定されていない場合は 5 TiB) にまたがることができます。If a quota is not specified, standard file share can span up to 100 TiB (or 5 TiB if the large file shares property is not set for a storage account).

  • Premium ファイル共有の場合、クォータは プロビジョニング済みのサイズ を意味します。For premium file shares, quota means provisioned size. 実際の使用量に関係なく、プロビジョニング済みのサイズが課金される容量です。The provisioned size is the amount that you will be billed for, regardless of actual usage. Premium ファイル共有を計画する方法の詳細については、Premium ファイル共有のプロビジョニングに関するセクションを参照してください。For more information on how to plan for a premium file share, see provisioning premium file shares.

ストレージ アカウントを作成したばかりの場合は、[デプロイ] 画面から [リソースに移動] を選択して移動できます。If you just created your storage account, you can navigate to it from the deployment screen by selecting Go to resource. ストレージ アカウントで、 [ファイル共有] というラベルの付いたタイルを選択します (ストレージ アカウントの目次を介して ファイル共有 に移動することもできます)。Once in the storage account, select the tile labeled File shares (you can also navigate to File shares via the table of contents for the storage account).

[ファイル共有] タイルのスクリーンショット

ファイル共有リストには、このストレージ アカウントで以前に作成したファイル共有がすべて表示されます。ファイル共有がまだ作成されていない場合は、空のテーブルが表示されます。In the file share listing, you should see any file shares you have previously created in this storage account; an empty table if no file shares have been created yet. [+ ファイル共有] を選択して、新しいファイル共有を作成します。Select + File share to create a new file share.

新しい [ファイル共有] ブレードが画面に表示されます。The new file share blade should appear on the screen. 新しいファイル共有ブレードのフィールドをすべて入力して、ファイル共有を作成します。Complete the fields in the new file share blade to create a file share:

  • [名前] : 作成するファイルの名前。Name: the name of the file share to be created.
  • [クォータ] : Standard ファイル共有のファイル共有のクォータ。Premium ファイル共有のプロビジョニング済みのファイル共有のサイズ。Quota: the quota of the file share for standard file shares; the provisioned size of the file share for premium file shares.
  • [層] : ファイル共有用に選択した層。Tiers: the selected tier for a file share. このフィールドは、汎用 (GPv2) ストレージ アカウント でのみ使用できます。This field is only available in a general purpose (GPv2) storage account. トランザクション最適化、ホット、またはクールを選択できます。You can choose transaction optimized, hot, or cool. 共有の層はいつでも変更できます。The share's tier can be changed at any time. 移行中は可能な限り最もホットな層を選択してトランザクションの費用を最小限に抑え、移行の完了後に必要に応じて下位の層に切り替えることをお勧めします。We recommend picking the hottest tier possible during a migration, to minimize transaction expenses, and then switching to a lower tier if desired after the migration is complete.

[作成] を選択して、新しい共有の作成を完了します。Select Create to finishing creating the new share.

注意

ファイル共有の名前はすべて小文字にする必要があります。The name of your file share must be all lowercase. ファイル共有とファイルの名前付けの詳細については、「Naming and referencing shares, directories, files, and metadata (共有、ディレクトリ、ファイル、およびメタデータの名前付けおよび参照)」を参照してください。For complete details about naming file shares and files, see Naming and referencing shares, directories, files, and metadata.

Azure ファイル共有の層の変更Changing the tier of an Azure file share

汎用 v2 (GPv2) ストレージ アカウント にデプロイされるファイル共有は、トランザクション最適化、ホット、クールのいずれかの層に格納できます。File shares deployed in general purpose v2 (GPv2) storage account can be in the transaction optimized, hot, or cool tiers. Azure ファイル共有の層はいつでも変更でき、前述のトランザクション コストが適用されます。You can change the tier of the Azure file share at any time, subject to transaction costs as described above.

ストレージ アカウントのメイン ページで、 [ファイル共有] を選択し、 [ファイル共有] というラベルの付いたタイルを選択します (ストレージ アカウントの目次を介して [ファイル共有] に移動することもできます)。On the main storage account page, select File shares select the tile labeled File shares (you can also navigate to File shares via the table of contents for the storage account).

[ファイル共有] タイルのスクリーンショット

ファイル共有のテーブルの一覧で、層を変更するファイル共有を選択します。In the table list of file shares, select the file share for which you would like to change the tier. ファイル共有の概要ページで、メニューから [層の変更] を選択します。On the file share overview page, select Change tier from the menu.

[層の変更] ボタンが強調表示されているファイル共有の概要ページのスクリーンショット

表示されたダイアログで、目的の層 (トランザクション最適化、ホット、またはクール) を選択します。On the resulting dialog, select the desired tier: transaction optimized, hot, or cool.

層の変更ダイアログのスクリーンショット

次のステップNext steps