Azure File Sync のデプロイDeploy Azure File Sync

Azure File Sync を使用すると、オンプレミスのファイル サーバーの柔軟性、パフォーマンス、互換性を維持したまま Azure Files で組織のファイル共有を一元化できます。Use Azure File Sync to centralize your organization's file shares in Azure Files, while keeping the flexibility, performance, and compatibility of an on-premises file server. Azure File Sync により、ご利用の Windows Server が Azure ファイル共有の高速キャッシュに変わります。Azure File Sync transforms Windows Server into a quick cache of your Azure file share. SMB、NFS、FTPS など、Windows Server 上で利用できるあらゆるプロトコルを使用して、データにローカルにアクセスできます。You can use any protocol that's available on Windows Server to access your data locally, including SMB, NFS, and FTPS. キャッシュは、世界中にいくつでも必要に応じて設置することができます。You can have as many caches as you need across the world.

この記事に記載されている手順を完了する前に、「Azure Files のデプロイの計画」と「Azure File Sync のデプロイの計画」を読むことを強くお勧めします。We strongly recommend that you read Planning for an Azure Files deployment and Planning for an Azure File Sync deployment before you complete the steps described in this article.

前提条件Prerequisites

  • Azure File Sync をデプロイするのと同じリージョンに Azure ファイル共有が存在すること。詳細については、次を参照してください。An Azure file share in the same region that you want to deploy Azure File Sync. For more information, see:

  • Azure File Sync と同期する、サポートされている Windows Server または Windows Server クラスターの少なくとも 1 つのインスタンス。サポートされている Windows Server バージョンの詳細については、Windows Server との相互運用性に関するページをご覧ください。At least one supported instance of Windows Server or Windows Server cluster to sync with Azure File Sync. For more information about supported versions of Windows Server, see Interoperability with Windows Server.

  • Az PowerShell モジュールは、PowerShell 5.1 または PowerShell 6+ のどちらでも使用できます。The Az PowerShell module may be used with either PowerShell 5.1 or PowerShell 6+. Azure File Sync 用の Az PowerShell モジュールは、サポートされているすべてのシステム (Windows 以外のシステムを含む) で使用できますが、サーバー登録コマンドレットは常に、登録している Windows Server インスタンスで直接実行する必要があります。You may use the Az PowerShell module for Azure File Sync on any supported system, including non-Windows systems, however the server registration cmdlet must always be run directly on the Windows Server instance you are registering. Windows Server 2012 R2 では、 $PSVersionTable オブジェクトの PSVersion プロパティの値を調べることによって、少なくとも PowerShell 5.1.* を実行していることを確認できます。On Windows Server 2012 R2, you can verify that you are running at least PowerShell 5.1.* by looking at the value of the PSVersion property of the $PSVersionTable object:

    $PSVersionTable.PSVersion
    

    Windows Server 2012 R2 の最新のインストールのように、PSVersion の値が 5.1.* 未満の場合は、Windows Management Framework (WMF) 5.1 をダウンロードしてインストールすることで簡単にアップグレードできます。If your PSVersion value is less than 5.1.*, as will be the case with most fresh installations of Windows Server 2012 R2, you can easily upgrade by downloading and installing Windows Management Framework (WMF) 5.1. Windows Server 2012 R2 でダウンロードしてインストールする適切なパッケージは、Win8.1AndW2K12R2-KB*******-x64.msu です。The appropriate package to download and install for Windows Server 2012 R2 is Win8.1AndW2K12R2-KB*******-x64.msu.

    PowerShell 6+ は、サポートされているすべてのシステムで使用でき、その GitHub ページ経由でダウンロードできます。PowerShell 6+ can be used with any supported system, and can be downloaded via its GitHub page.

    重要

    PowerShell から直接登録するのではなく、サーバー登録 UI を使用する予定がある場合は、PowerShell 5.1 を使用する必要があります。If you plan to use the Server Registration UI, rather than registering directly from PowerShell, you must use PowerShell 5.1.

  • PowerShell 5.1 を使用することを選択した場合は、少なくとも .NET 4.7.2 がインストールされていることを確認してください。If you have opted to use PowerShell 5.1, ensure that at least .NET 4.7.2 is installed. 詳細については、使用しているシステムで「.NET Framework のバージョンおよび依存関係」を参照してください。Learn more about .NET Framework versions and dependencies on your system.

  • Az PowerShell モジュール。これは、次の手順に従ってインストールできます。Azure PowerShell をインストールして構成します。The Az PowerShell module, which can be installed by following the instructions here: Install and configure Azure PowerShell.

  • Az.StorageSync モジュール。これは現在、Az モジュールとは独立にインストールされます。The Az.StorageSync module, which is currently installed independently of the Az module:

    Install-Module Az.StorageSync -AllowClobber
    

Azure File Sync で使用する Windows Server の準備Prepare Windows Server to use with Azure File Sync

フェールオーバー クラスターの各サーバー ノードなど、Azure File Sync で使用する各サーバーで、Internet Explorer セキュリティ強化の構成を無効にします。For each server that you intend to use with Azure File Sync, including each server node in a Failover Cluster, disable Internet Explorer Enhanced Security Configuration. これは、初回のサーバー登録でのみ必要です。This is required only for initial server registration. サーバーの登録後に再び有効にできます。You can re-enable it after the server has been registered.

  1. サーバー マネージャーを開きます。Open Server Manager.
  2. [ローカル サーバー] をクリックします。Click Local Server:
    サーバー マネージャー UI の左側にある [ローカル サーバー]"Local Server" on the left side of the Server Manager UI
  3. [プロパティ] サブウィンドウで、 [IE セキュリティ強化の構成] リンクを選択します。On the Properties subpane, select the link for IE Enhanced Security Configuration.
    サーバー マネージャー UI の [IE セキュリティ強化の構成] ウィンドウThe "IE Enhanced Security Configuration" pane in the Server Manager UI
  4. [Internet Explorer セキュリティ強化の構成] ダイアログ ボックスで、 [管理者][ユーザー] の両方で [オフ] を選択します。In the Internet Explorer Enhanced Security Configuration dialog box, select Off for Administrators and Users:
    [オフ] が選択された [Internet Explorer セキュリティ強化の構成] ポップアップ ウィンドウThe Internet Explorer Enhanced Security Configuration pop-window with "Off" selected

ストレージ同期サービスのデプロイDeploy the Storage Sync Service

Azure File Sync のデプロイでは最初に、選択したサブスクリプションのリソース グループにストレージ同期サービス リソースを配置します。The deployment of Azure File Sync starts with placing a Storage Sync Service resource into a resource group of your selected subscription. 必要に応じて、これらをプロビジョニングすることをお勧めします。We recommend provisioning as few of these as needed. 後でサーバーとこのリソースの間に信頼関係を作成し、サーバーは 1 つのストレージ同期サービスにのみ登録できます。You will create a trust relationship between your servers and this resource and a server can only be registered to one Storage Sync Service. そのため、必要な数のストレージ同期サービスをデプロイし、サーバーのグループを分離することをお勧めします。As a result, it is recommended to deploy as many storage sync services as you need to separate groups of servers. 異なるストレージ同期サービスを使用するサーバー間では同期できないことに注意してください。Keep in mind that servers from different storage sync services cannot sync with each other.

注意

ストレージ同期サービスは、デプロイされたサブスクリプションとリソース グループからアクセス許可を継承します。The Storage Sync Service inherited access permissions from the subscription and resource group it has been deployed into. アクセス権を持つユーザーを慎重に確認することをお勧めします。We recommend that you carefully check who has access to it. 書き込みアクセス権を持つエンティティは、このストレージ同期サービスに登録されたサーバーからファイルの新しいセットの同期を開始することができ、それらにアクセスできる Azure Storage にデータが送られます。Entities with write access can start syncing new sets of files from servers registered to this storage sync service and cause data to flow to Azure storage that is accessible to them.

ストレージ同期サービスをデプロイするには、Azure portal に移動し、 [リソースの作成] をクリックして、Azure File Sync を検索します。検索結果から [Azure File Sync] を選択した後、 [作成] を選択して [ストレージ同期のデプロイ] タブを開きます。To deploy a Storage Sync Service, go to the Azure portal, click Create a resource and then search for Azure File Sync. In the search results, select Azure File Sync, and then select Create to open the Deploy Storage Sync tab.

開いたウィンドウに、次の情報を入力します。On the pane that opens, enter the following information:

  • 名前: ストレージ同期サービスの (サブスクリプションごとに) 一意の名前。Name: A unique name (per subscription) for the Storage Sync Service.
  • サブスクリプション:ストレージ同期サービスを作成するサブスクリプション。Subscription: The subscription in which you want to create the Storage Sync Service. 組織の構成方針によっては、1 つ以上のサブスクリプションにアクセスできることがあります。Depending on your organization's configuration strategy, you might have access to one or more subscriptions. Azure サブスクリプションは、各クラウド サービス (Azure Files など) に対する課金の最も基本的なコンテナーです。An Azure subscription is the most basic container for billing for each cloud service (such as Azure Files).
  • リソース グループ: リソース グループは、ストレージ アカウントやストレージ同期サービスなどの Azure リソースの論理グループです。Resource group: A resource group is a logical group of Azure resources, such as a storage account or a Storage Sync Service. Azure File Sync 用の新しいリソース グループを作成するか、既存のリソース グループを選択できます (リソース グループをコンテナーとして使用して、組織のリソースを論理的に分離することをお勧めします。たとえば、HR リソースや特定のプロジェクトのリソースをグループ化します)。You can create a new resource group or use an existing resource group for Azure File Sync. (We recommend using resource groups as containers to isolate resources logically for your organization, such as grouping HR resources or resources for a specific project.)
  • 場所: Azure File Sync をデプロイするリージョン。この一覧ではサポートされているリージョンのみを使用できます。Location: The region in which you want to deploy Azure File Sync. Only supported regions are available in this list.

完了したら、 [作成] を選択して、ストレージ同期サービスをデプロイします。When you are finished, select Create to deploy the Storage Sync Service.

Azure File Sync エージェントをインストールするInstall the Azure File Sync agent

Azure File Sync エージェントは、Windows Server を Azure ファイル共有と同期できるようにするダウンロード可能なパッケージです。The Azure File Sync agent is a downloadable package that enables Windows Server to be synced with an Azure file share.

このエージェントは、Microsoft ダウンロード センター からダウンロードできます。You can download the agent from the Microsoft Download Center. ダウンロードが完了したら、MSI パッケージをダブルクリックして Azure File Sync エージェントのインストールを開始します。When the download is finished, double-click the MSI package to start the Azure File Sync agent installation.

重要

フェールオーバー クラスターで Azure File Sync を使用する場合は、クラスターのすべてのノードに Azure File Sync エージェントをインストールする必要があります。If you intend to use Azure File Sync with a Failover Cluster, the Azure File Sync agent must be installed on every node in the cluster. Azure File Sync で動作するようにクラスター内の各ノードを登録する必要があります。Each node in the cluster must registered to work with Azure File Sync.

次を実行することをお勧めします。We recommend that you do the following:

  • トラブルシューティングとサーバーのメンテナンスを簡素化するために、既定のインストール パス (C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent) をそのまま使用します。Leave the default installation path (C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent), to simplify troubleshooting and server maintenance.
  • Microsoft Update を有効にして、Azure File Sync を最新の状態に保ちます。Enable Microsoft Update to keep Azure File Sync up to date. 機能の更新プログラムと修正プログラムを含め、Azure File Sync エージェントに対するすべての更新が Microsoft Update から実行されます。All updates, to the Azure File Sync agent, including feature updates and hotfixes, occur from Microsoft Update. 最新の更新プログラムを Azure File Sync に適用することをお勧めします。詳細については、Azure File Sync の更新ポリシーに関する記事をご覧ください。We recommend installing the latest update to Azure File Sync. For more information, see Azure File Sync update policy.

Azure File Sync エージェントのインストールが完了すると、サーバー登録 UI が自動的に開きます。When the Azure File Sync agent installation is finished, the Server Registration UI automatically opens. 登録の前にストレージ同期サービスが必要です。ストレージ同期サービスを作成する方法については、次のセクションをご覧ください。You must have a Storage Sync Service before registering; see the next section on how to create a Storage Sync Service.

Windows Server をストレージ同期サービスに登録するRegister Windows Server with Storage Sync Service

Windows Server をストレージ同期サービスに登録すると、サーバー (またはクラスター) とストレージ同期サービスの間に信頼関係が確立されます。Registering your Windows Server with a Storage Sync Service establishes a trust relationship between your server (or cluster) and the Storage Sync Service. 1 つのサーバーは、1 つのストレージ同期サービスにのみ登録でき、同じストレージ同期サービスに関連付けられている他のサーバーおよび Azure ファイル共有と同期できます。A server can only be registered to one Storage Sync Service and can sync with other servers and Azure file shares associated with the same Storage Sync Service.

注意

サーバーの登録時には、Azure 資格情報を使ってストレージ同期サービスと Windows Server の間に信頼関係が作成されますが、その後、サーバーは独自の ID を作成して使用します。この ID は、サーバーが登録されていて、現在の Shared Access Signature トークン (ストレージ SAS) が有効な間だけ有効です。Server registration uses your Azure credentials to create a trust relationship between the Storage Sync Service and your Windows Server, however subsequently the server creates and uses its own identity that is valid as long as the server stays registered and the current Shared Access Signature token (Storage SAS) is valid. サーバーの登録が解除されるとサーバーに新しい SAS トークンを発行できなくなるので、サーバーは Azure ファイル共有にアクセスできず、すべての同期を停止します。A new SAS token cannot be issued to the server once the server is unregistered, thus removing the server's ability to access your Azure file shares, stopping any sync.

Azure File Sync エージェントがインストールされると、サーバー登録 UI が自動的に開きます。The Server Registration UI should open automatically after installation of the Azure File Sync agent. 開かない場合、これを次に示すファイルの場所から手動で開くことができます: C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\ServerRegistration.exe。If it doesn't, you can open it manually from its file location: C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\ServerRegistration.exe. サーバー登録 UI が開いたら、 [サインイン] を選択して開始します。When the Server Registration UI opens, select Sign-in to begin.

サインインすると、次の情報の入力を求められます。After you sign in, you are prompted for the following information:

サーバー登録 UI のスクリーンショット

  • Azure サブスクリプション: ストレージ同期サービスを含むサブスクリプション (「ストレージ同期サービスのデプロイ」をご覧ください)。Azure Subscription: The subscription that contains the Storage Sync Service (see Deploy the Storage Sync Service).
  • リソース グループ: ストレージ同期サービスを含むリソース グループ。Resource Group: The resource group that contains the Storage Sync Service.
  • ストレージ同期サービス: 登録するストレージ同期サービスの名前。Storage Sync Service: The name of the Storage Sync Service with which you want to register.

適切な情報を選択したら、 [登録] を選択してサーバー登録を完了します。After you have selected the appropriate information, select Register to complete the server registration. 登録プロセスの一環として、追加のサインインを求められます。As part of the registration process, you are prompted for an additional sign-in.

同期グループとクラウド エンドポイントを作成するCreate a sync group and a cloud endpoint

同期グループは、一連のファイルの同期トポロジを定義します。A sync group defines the sync topology for a set of files. 同期グループ内のエンドポイントは、相互に同期を維持されます。Endpoints within a sync group are kept in sync with each other. 同期グループには、Azure ファイル共有と 1 つ以上のサーバー エンドポイントを表す、1 つのクラウド エンドポイントが含まれている必要があります。A sync group must contain one cloud endpoint, which represents an Azure file share and one or more server endpoints. サーバー エンドポイントは、登録されているサーバー上のパスを表します。A server endpoint represents a path on registered server. 1 つのサーバーが、複数の同期グループにサーバー エンドポイントを持つことができます。A server can have server endpoints in multiple sync groups. 目的の同期トポロジを適切に記述するために必要なだけいくつでも同期グループを作成できます。You can create as many sync groups as you need to appropriately describe your desired sync topology.

クラウド エンドポイントは、Azure ファイル共有へのポインターです。A cloud endpoint is a pointer to an Azure file share. すべてのサーバー エンドポイントはクラウド エンドポイントと同期するので、クラウド エンドポイントはハブになります。All server endpoints will sync with a cloud endpoint, making the cloud endpoint the hub. Azure ファイル共有のストレージ アカウントは、ストレージ同期サービスと同じリージョンに存在する必要があります。The storage account for the Azure file share must be located in the same region as the Storage Sync Service. Azure ファイル共有の全体が同期されますが、1 つ例外があり、NTFS ボリューム上の非表示の "システム ボリューム情報" フォルダーに相当する特別なフォルダーがプロビジョニングされます。The entirety of the Azure file share will be synced, with one exception: A special folder, comparable to the hidden "System Volume Information" folder on an NTFS volume, will be provisioned. このディレクトリの名前は ".SystemShareInformation" です。This directory is called ".SystemShareInformation". このディレクトリには、他のエンドポイントに同期されない重要な同期メタデータが含まれます。It contains important sync metadata that will not sync to other endpoints. このディレクトリを使用したり削除したりしないでください。Do not use or delete it!

重要

同期グループ内の任意のクラウド エンドポイントまたはサーバー エンドポイントで変更を行うことにより、ファイルを同期グループ内の他のエンドポイントに同期できます。You can make changes to any cloud endpoint or server endpoint in the sync group and have your files synced to the other endpoints in the sync group. クラウド エンドポイント (Azure ファイル共有) を直接変更した場合、その変更は、Azure File Sync の変更検出ジョブによって最初に認識される必要があります。If you make a change to the cloud endpoint (Azure file share) directly, changes first need to be discovered by an Azure File Sync change detection job. クラウド エンドポイントに対する変更検出ジョブは、24 時間に 1 回のみ起動されます。A change detection job is initiated for a cloud endpoint only once every 24 hours. 詳細については、「Azure Files についてよく寄せられる質問 (FAQ)」を参照してください。For more information, see Azure Files frequently asked questions.

同期グループを作成するには、Azure Portal でストレージ同期サービスに移動し、 [+ 同期グループ] を選びます。To create a sync group, in the Azure portal, go to your Storage Sync Service, and then select + Sync group:

Azure Portal で新しい同期グループを作成する

表示されるウィンドウで次の情報を入力して、同期グループとクラウド エンドポイントを作成します。In the pane that opens, enter the following information to create a sync group with a cloud endpoint:

  • 同期グループ名: 作成する同期グループの名前。Sync group name: The name of the sync group to be created. この名前は、ストレージ同期サービス内で一意である必要がありますが、理にかなった任意の名前を指定できます。This name must be unique within the Storage Sync Service, but can be any name that is logical for you.
  • サブスクリプション:「ストレージ同期サービスのデプロイ」でストレージ同期サービスをデプロイしたサブスクリプション。Subscription: The subscription where you deployed the Storage Sync Service in Deploy the Storage Sync Service.
  • ストレージ アカウント: [ストレージ アカウントの選択] を選んだ場合は、同期する Azure ファイル共有を持っているストレージ アカウントを選択できる別のウィンドウが表示されます。Storage account: If you select Select storage account, another pane appears in which you can select the storage account that has the Azure file share that you want to sync with.
  • Azure ファイル共有: 同期する Azure ファイル共有の名前。Azure file share: The name of the Azure file share with which you want to sync.

サーバー エンドポイントを作成するCreate a server endpoint

サーバー エンドポイントは、登録済みサーバー上の特定の場所を表します。たとえば、サーバー ボリュームのフォルダーなどです。A server endpoint represents a specific location on a registered server, such as a folder on a server volume. サーバー エンドポイントは (マウントされた共有ではなく) 登録されたサーバー上のパスであり、クラウドの階層化を使用するには、パスが非システム ボリューム上にある必要があります。A server endpoint must be a path on a registered server (rather than a mounted share), and to use cloud tiering, the path must be on a non-system volume. ネットワーク接続ストレージ (NAS) はサポートされていません。Network attached storage (NAS) is not supported.

サーバー エンドポイントを追加するには、新しく作成した同期グループに移動し、 [サーバー エンドポイントの追加] を選びます。To add a server endpoint, go to the newly created sync group and then select Add server endpoint.

[同期グループ] ウィンドウで新しいサーバー エンドポイントを追加する

[サーバー エンドポイントの追加] ウィンドウで、次の情報を入力してサーバー エンドポイントを作成します。In the Add server endpoint pane, enter the following information to create a server endpoint:

  • 登録済みサーバー: サーバー エンドポイントを作成するサーバーまたはクラスターの名前。Registered server: The name of the server or cluster where you want to create the server endpoint.
  • パス: 同期グループの一部として同期される Windows Server のパス。Path: The Windows Server path to be synced as part of the sync group.
  • クラウドの階層化: クラウドの階層化を有効または無効にするスイッチ。Cloud Tiering: A switch to enable or disable cloud tiering. クラウドの階層化によって、使用頻度やアクセス頻度が低いファイルを Azure Files に階層化できます。With cloud tiering, infrequently used or accessed files can be tiered to Azure Files.
  • ボリュームの空き領域: サーバー エンドポイントが配置されているボリュームに確保する空き領域のサイズ。Volume Free Space: The amount of free space to reserve on the volume on which the server endpoint is located. たとえば、単一のサーバー エンドポイントで [ボリュームの空き領域] をボリュームの 50% に設定すると、データの約半量が Azure Files に階層化されます。For example, if volume free space is set to 50% on a volume that has a single server endpoint, roughly half the amount of data is tiered to Azure Files. クラウドの階層化が有効かどうかにかかわらず、Azure ファイル共有は、データの完全なコピーを常に同期グループ内に保持します。Regardless of whether cloud tiering is enabled, your Azure file share always has a complete copy of the data in the sync group.

サーバー エンドポイントを追加するには、 [作成] を選びます。To add the server endpoint, select Create. Azure ファイル共有と Windows Server でファイルの同期が維持されます。Your files are now kept in sync across your Azure file share and Windows Server.

Azure File Sync でのオンボードOnboarding with Azure File Sync

Azure File Sync での最初のオンボードで完全なファイル忠実性とアクセス制御リスト (ACL) を維持しながらダウンタイムをゼロにするための推奨手順を以下に示します。The recommended steps to onboard on Azure File Sync for the first with zero downtime while preserving full file fidelity and access control list (ACL) are as follows:

  1. ストレージ同期サービスをデプロイします。Deploy a Storage Sync Service.
  2. 同期グループを作成します。Create a sync group.
  3. 完全なデータ セットがあるサーバーに Azure File Sync エージェントをインストールします。Install Azure File Sync agent on the server with the full data set.
  4. そのサーバーを登録し、共有にサーバー エンドポイントを作成します。Register that server and create a server endpoint on the share.
  5. 同期で、Azure ファイル共有 (クラウド エンドポイント) への完全アップロードを行います。Let sync do the full upload to the Azure file share (cloud endpoint).
  6. 初期アップロードが完了したら、残りの各サーバーに Azure File Sync エージェントをインストールします。After the initial upload is complete, install Azure File Sync agent on each of the remaining servers.
  7. 残りの各サーバーに新しいファイル共有を作成します。Create new file shares on each of the remaining servers.
  8. 必要に応じて、クラウドの階層化ポリシーを使用して新しいファイル共有にサーバー エンドポイントを作成します。Create server endpoints on new file shares with cloud tiering policy, if desired. (この手順では、初期セットアップに使用できる追加のストレージが必要です。)(This step requires additional storage to be available for the initial setup.)
  9. Azure File Sync エージェントで、実際にデータ転送を行わずに完全な名前空間の迅速な復元を行います。Let Azure File Sync agent to do a rapid restore of the full namespace without the actual data transfer. 完全な名前空間の同期後、同期エンジンは、サーバー エンドポイントのクラウドの階層化ポリシーに基づいてローカル ディスク領域を満たします。After the full namespace sync, sync engine will fill the local disk space based on the cloud tiering policy for the server endpoint.
  10. 同期の完了を確認した後、必要に応じてトポロジをテストします。Ensure sync completes and test your topology as desired.
  11. ユーザーとアプリケーションをこの新しい共有にリダイレクトします。Redirect users and applications to this new share.
  12. 必要に応じて、サーバー上の重複する共有を削除できます。You can optionally delete any duplicate shares on the servers.

初期オンボード用の余分なストレージがなく、既存の共有に接続する場合は、Azure ファイル共有内のデータを事前シードすることができます。If you don't have extra storage for initial onboarding and would like to attach to the existing shares, you can pre-seed the data in the Azure files shares. このアプローチが推奨されるのは、ダウンタイムを受け入れることができ、初期のオンボード プロセス中にサーバー共有上のデータが変更されないことを確実に保証できる場合のみです。This approach is suggested, if and only if you can accept downtime and absolutely guarantee no data changes on the server shares during the initial onboarding process.

  1. オンボード プロセス中にいずれのサーバー上のデータも変更されないようにします。Ensure that data on any of the server can't change during the onboarding process.
  2. Robocopy や直接 SMB コピーなど、SMB 経由で任意のデータ転送ツールを使用してサーバー データを Azure ファイル共有に事前シードします。Pre-seed Azure file shares with the server data using any data transfer tool over the SMB e.g. Robocopy, direct SMB copy. AzCopy は SMB 経由でデータをアップロードしないため、事前シード処理には使用できません。Since AzCopy does not upload data over the SMB so it can't be used for pre-seeding.
  3. 既存の共有を指している目的のサーバー エンドポイントで Azure File Sync トポロジを作成します。Create Azure File Sync topology with the desired server endpoints pointing to the existing shares.
  4. 同期によるすべてのエンドポイントでの調整プロセスを完了します。Let sync finish reconciliation process on all endpoints.
  5. 調整が完了したら、変更のために共有を開くことができます。Once reconciliation is complete, you can open shares for changes.

現時点では、事前シード処理のアプローチにはいくつかの制限があります。Please be aware that currently, pre-seeding approach has a few limitations -

  • ファイルの完全忠実性は維持されません。Full fidelity on files is not preserved. たとえば、ファイルの ACL やタイムスタンプは失われます。For example, files lose ACLs and timestamps.
  • 同期トポロジが完全に稼働する前にサーバー上のデータを変更すると、サーバー エンドポイントで競合が発生することがあります。Data changes on the server before sync topology is fully up and running can cause conflicts on the server endpoints.
  • クラウド エンドポイントを作成した後、Azure File Sync は、最初の同期を開始する前にクラウド内のファイルを検出するプロセスを実行します。このプロセスの完了にかかる時間は、ネットワークの速度、使用可能な帯域幅、ファイルとフォルダーの数など、さまざまな要因によって異なります。After the cloud endpoint is created, Azure File Sync runs a process to detect the files in the cloud before starting the initial sync. The time taken to complete this process varies depending on the various factors like network speed, available bandwidth, and number of files and folders. プレビュー リリースでの大まかな見積もりでは、検出プロセスは約 10 ファイル/秒で実行されます。そのため、データがクラウドに事前シードされる場合は、事前シード処理の実行が高速であっても、システムが完全に稼働するまでの全体的な時間が大幅に長くなることがあります。For the rough estimation in the preview release, detection process runs approximately at 10 files/sec. Hence, even if pre-seeding runs fast, the overall time to get a fully running system may be significantly longer when data is pre-seeded in the cloud.

DFS レプリケーション (DFS-R) のデプロイを Azure File Sync に移行するMigrate a DFS Replication (DFS-R) deployment to Azure File Sync

DFS-R のデプロイを Azure File Sync に移行するには:To migrate a DFS-R deployment to Azure File Sync:

  1. 置き換える DFS-R トポロジを表すための同期グループを作成します。Create a sync group to represent the DFS-R topology you are replacing.
  2. 移行する DFS-R トポロジの完全なデータ セットがあるサーバーで開始します。Start on the server that has the full set of data in your DFS-R topology to migrate. そのサーバーに Azure File Sync をインストールします。Install Azure File Sync on that server.
  3. そのサーバーを登録し、移行する最初のサーバーのサーバー エンドポイントを作成します。Register that server and create a server endpoint for the first server to be migrated. クラウドの階層化を有効にしないでください。Do not enable cloud tiering.
  4. すべてのデータが Azure ファイル共有 (クラウド エンドポイント) に同期されるようにします。Let all of the data sync to your Azure file share (cloud endpoint).
  5. 残りの各 DFS-R サーバーに、Azure File Sync エージェントをインストールします。Install and register the Azure File Sync agent on each of the remaining DFS-R servers.
  6. DFS-R を無効にします。Disable DFS-R.
  7. 各 DFS-R サーバーにサーバー エンドポイントを作成します。Create a server endpoint on each of the DFS-R servers. クラウドの階層化を有効にしないでください。Do not enable cloud tiering.
  8. 同期の完了を確認した後、必要に応じてトポロジをテストします。Ensure sync completes and test your topology as desired.
  9. DFS-R の使用を終了します。Retire DFS-R.
  10. 必要に応じて、任意のサーバー エンドポイントでクラウドの階層化を有効にできるようになります。Cloud tiering may now be enabled on any server endpoint as desired.

詳しくは、Azure File Sync と分散ファイル システム (DFS) の相互運用に関するページをご覧ください。For more information, see Azure File Sync interop with Distributed File System (DFS).

次の手順Next steps