Azure File Sync に登録されたサーバーの管理Manage registered servers with Azure File Sync

Azure ファイル同期を使用すると、オンプレミスのファイル サーバーの柔軟性、パフォーマンス、互換性を損なわずに Azure Files で組織のファイル共有を一元化できます。Azure File Sync allows you to centralize your organization's file shares in Azure Files without giving up the flexibility, performance, and compatibility of an on-premises file server. これは、Windows Server を Azure ファイル共有のクイック キャッシュに変換することで行います。It does this by transforming your Windows Servers into a quick cache of your Azure file share. Windows Server で使用可能な任意のプロトコル (SMB、NFS、FTPS など) を使用してデータにローカル アクセスすることができ、世界中に必要な数だけキャッシュを持つことができます。You can use any protocol available on Windows Server to access your data locally (including SMB, NFS, and FTPS) and you can have as many caches as you need across the world.

この記事では、サーバーをトレージ同期サービスに登録して管理する方法について説明します。The following article illustrates how to register and manage a server with a Storage Sync Service. Azure File Sync をエンドツーエンドでデプロイする方法の詳細については、Azure File Sync をデプロイする方法に関するページを参照してください。See How to deploy Azure File Sync for information on how to deploy Azure File Sync end-to-end.

サーバーをストレージ同期サービスに登録/登録解除するRegister/unregister a server with Storage Sync Service

サーバーを Azure File Sync に登録すると、Windows Server と Azure の間に信頼関係が確立されます。Registering a server with Azure File Sync establishes a trust relationship between Windows Server and Azure. この関係を使用して、サーバーに "サーバー エンドポイント" を作成できます。サーバー エンドポイントは、Azure ファイル共有 ("クラウド エンドポイント" とも呼ばれます) と同期する必要がある特定のフォルダーを表します。This relationship can then be used to create server endpoints on the server, which represent specific folders that should be synced with an Azure file share (also known as a cloud endpoint).

前提条件Prerequisites

サーバーをストレージ同期サービスに登録するには、まず必要な前提条件を満たすようにサーバーを準備する必要があります。To register a server with a Storage Sync Service, you must first prepare your server with the necessary prerequisites:

  • サーバーでは、サポートされているバージョンの Windows Server を実行している必要があります。Your server must be running a supported version of Windows Server. 詳細については、Azure File Sync のシステム要件との相互運用性に関する記事を参照してください。For more information, see Azure File Sync system requirements and interoperability.

  • ストレージ同期サービスがデプロイされていること。Ensure that a Storage Sync Service has been deployed. ストレージ同期サービスのデプロイ方法の詳細については、「How to deploy Azure File Sync」(Azure ファイル同期をデプロイする方法) を参照してください。For more information on how to deploy a Storage Sync Service, see How to deploy Azure File Sync.

  • サーバーがインターネットに接続され、Azure にアクセスできること。Ensure that the server is connected to the internet and that Azure is accessible.

  • サーバー マネージャーの UI を使用して、管理者の [IE セキュリティ強化の構成] を無効にします。Disable the IE Enhanced Security Configuration for administrators with the Server Manager UI.

    [IE セキュリティ強化の構成] が強調表示された サーバー マネージャーの UI

  • Azure PowerShell モジュールがサーバーにインストールされていること。Ensure that the Azure PowerShell module is installed on your server. サーバーがフェールオーバー クラスターのメンバーである場合、そのクラスター内のすべてのノードには Az モジュールが必要になります。If your server is a member of a Failover Cluster, every node in the cluster will require the Az module. Az モジュールをインストールする方法の詳細については、Azure PowerShell のインストールと構成に関するページを参照してください。More details on how to install the Az module can be found on the Install and configure Azure PowerShell.

    注意

    サーバーの登録と登録解除には、最新バージョンの Az PowerShell モジュールを使用することをお勧めします。We recommend using the newest version of the Az PowerShell module to register/unregister a server. Az パッケージがこのサーバーにインストールされていたことがあり、そのサーバー上の PowerShell バージョンが 5.* 以降の場合、Update-Module コマンドレットを使用してそのパッケージを更新することができます。If the Az package has been previously installed on this server (and the PowerShell version on this server is 5.* or greater), you can use the Update-Module cmdlet to update this package.

  • お使いの環境でネットワーク プロキシ サーバーを使用する場合、同期エージェントが使用するサーバー上のプロキシ設定を構成します。If you utilize a network proxy server in your environment, configure proxy settings on your server for the sync agent to utilize.

    1. プロキシ IP アドレスとポート番号を決定します。Determine your proxy IP address and port number
    2. 以下の 2 つのファイルを編集します。Edit these two files:
      • C:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config\machine.configC:\Windows\Microsoft.NET\Framework64\v4.0.30319\Config\machine.config
      • C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\Config\machine.configC:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319\Config\machine.config
    3. 上記 2 ファイルの /System.ServiceModel 下に図 1 (このセクションの下) の行を追加します。127.0.0.1:8888 は適正な IP アドレス (127.0.0.1 を置き換える) と適正なポート番号 (8888 を置き換える) に変更します。Add the lines in figure 1 (beneath this section) under /System.ServiceModel in the above two files changing 127.0.0.1:8888 to the correct IP address (replace 127.0.0.1) and correct port number (replace 8888):
    4. コマンド ライン経由で以下の WinHTTP プロキシ設定を設定します。Set the WinHTTP proxy settings via command line:
      • プロキシを表示する: netsh winhttp show proxyShow the proxy: netsh winhttp show proxy
      • プロキシを設定する: netsh winhttp set proxy 127.0.0.1:8888Set the proxy: netsh winhttp set proxy 127.0.0.1:8888
      • プロキシをリセットする: netsh winhttp show proxyReset the proxy: netsh winhttp reset proxy
      • エージェントのインストール後にこれが設定された場合に、同期エージェントを再起動する: net stop filesyncsvcif this is setup after the agent is installed, then restart our sync agent: net stop filesyncsvc
    Figure 1:
    <system.net>
        <defaultProxy enabled="true" useDefaultCredentials="true">
            <proxy autoDetect="false" bypassonlocal="false" proxyaddress="http://127.0.0.1:8888" usesystemdefault="false" />
        </defaultProxy>
    </system.net>

サーバーをストレージ同期サービスに登録するRegister a server with Storage Sync Service

Azure File Sync の "同期グループ" で、サーバーを "サーバー エンドポイント" として使用するには、"ストレージ同期サービス" にサーバーを登録しておく必要があります。Before a server can be used as a server endpoint in an Azure File Sync sync group, it must be registered with a Storage Sync Service. サーバーを登録できるストレージ同期サービスは、一度に 1 つに限られます。A server can only be registered with one Storage Sync Service at a time.

Azure File Sync エージェントをインストールするInstall the Azure File Sync agent

  1. Azure ファイル同期エージェントをダウンロードします。Download the Azure File Sync agent.

  2. Azure ファイル同期エージェントのインストーラーを起動します。Start the Azure File Sync agent installer.

    Azure ファイル同期エージェントのインストーラーで最初に表示されるウィンドウ

  3. 必ず、Microsoft Update による Azure ファイル同期エージェントの更新を有効にします。Be sure to enable updates to the Azure File Sync agent using Microsoft Update. サーバー パッケージの重要なセキュリティ修正プログラムと機能強化は Microsoft Update を介して提供されるため、有効にすることが重要です。It is important because critical security fixes and feature enhancements to the server package are shipped via Microsoft Update.

    Azure ファイル同期エージェントのインストーラーの [Microsoft Update] ウィンドウで、Microsoft Update が有効であることを確認する

  4. サーバーがまだ登録されていない場合、インストールの完了すぐにサーバーの登録 UI が表示されます。If the server has not been previously registered, the server registration UI will pop up immediately after completing the installation.

重要

サーバーがフェールオーバー クラスターのメンバーである場合、クラスターのすべてのノードに Azure ファイル同期エージェントをインストールする必要があります。If the server is a member of a Failover Cluster, the Azure File Sync agent needs to be installed on every node in the cluster.

サーバーの登録 UI を使用してサーバーを登録するRegister the server using the server registration UI

  1. Azure File Sync エージェントのインストールが完了した直後にサーバーの登録 UI が開始されない場合は、C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\ServerRegistration.exe を実行して手動で開始することができます。If the server registration UI did not start immediately after completing the installation of the Azure File Sync agent, it can be started manually by executing C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\ServerRegistration.exe.

  2. [サインイン] をクリックして Azure サブスクリプションにアクセスします。Click Sign-in to access your Azure subscription.

    [サーバーの登録] UI のダイアログの表示

  3. ダイアログから、正しいサブスクリプション、リソース グループ、およびストレージ同期サービスを選択します。Pick the correct subscription, resource group, and Storage Sync Service from the dialog.

    ストレージ同期サービスの情報

  4. プレビューでは、このプロセスを完了するために 1 回または複数回のサインインが必要です。In preview, one more sign-in is required to complete the process.

    [サインイン] ダイアログ

重要

サービスがフェールオーバー クラスターのメンバーである場合、各サーバーで [サーバーの登録] を実行する必要があります。If the server is a member of a Failover Cluster, each server needs to run the Server Registration. Azure Portal で登録済みサーバーを表示すると、Azure File Sync は、各ノードを同じフェールオーバー クラスターのメンバーとして自動的に認識し、適宜、各メンバーをグループ化します。When you view the registered servers in the Azure Portal, Azure File Sync automatically recognizes each node as a member of the same Failover Cluster, and groups them together appropriately.

PowerShell でサーバーを登録するRegister the server with PowerShell

PowerShell を使用してサーバー登録を実行することもできます。You can also perform server registration via PowerShell.

Register-AzStorageSyncServer -ResourceGroupName "<your-resource-group-name>" -StorageSyncServiceName "<your-storage-sync-service-name>"

ストレージ同期サービスからサーバーの登録を解除するUnregister the server with Storage Sync Service

ストレージ同期サービスからサービスの登録を解除するために必要な手順がいくつかあります。There are several steps that are required to unregister a server with a Storage Sync Service. サーバーの登録を適切に解除する方法を見てみましょう。Let's take a look at how to properly unregister a server.

警告

Microsoft のエンジニアによってはっきりと指示された場合を除き、サーバーを登録解除してから再登録することにより、またはサーバー エンドポイントを削除してから再作成することにより、同期、クラウドの階層化、または Azure File Sync のその他の側面に関する問題のトラブルシューティングを試みないでください。Do not attempt to troubleshoot issues with sync, cloud tiering, or any other aspect of Azure File Sync by unregistering and registering a server, or removing and recreating the server endpoints unless explicitly instructed to by a Microsoft engineer. サーバーの登録解除およびサーバー エンドポイントの削除は破壊的な操作であり、登録されたサーバーやサーバー エンドポイントが再作成された後で、サーバー エンドポイントがあるボリューム上の階層化されたファイルは Azure ファイル共有上の場所に "再接続" されず、同期エラーが発生します。Unregistering a server and removing server endpoints is a destructive operation, and tiered files on the volumes with server endpoints will not be "reconnected" to their locations on the Azure file share after the registered server and server endpoints are recreated, which will result in sync errors. また、サーバー エンドポイントの名前空間の外部に存在する階層化されたファイルは完全に失われる可能性があることにも注意してください。Also note, tiered files that exist outside of a server endpoint namespace may be permanently lost. クラウドの階層化が有効にされていなくても、階層化されたファイルがサーバー エンドポイント内に存在することがあります。Tiered files may exist within server endpoints even if cloud tiering was never enabled.

(省略可能) すべての階層型データを回収する(Optional) Recall all tiered data

現在階層化されているファイルを、Azure File Sync を削除した後でも使用できるようにしたい場合は (つまり、これがテスト環境ではなく運用環境の場合)、サーバー エンドポイントを含む各ボリュームのすべてのファイルを呼び戻します。If you would like files that are currently tiered to be available after removing Azure File Sync (i.e. this is a production, not a test, environment), recall all files on each volume containing server endpoints. すべてのサーバー エンドポイントのクラウド階層化を無効にした後、次の PowerShell コマンドレットを実行します。Disable cloud tiering for all server endpoints, and then run the following PowerShell cmdlet:

Import-Module "C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll"
Invoke-StorageSyncFileRecall -Path <a-volume-with-server-endpoints-on-it>

警告

サーバー エンドポイントをホストするローカル ボリュームに、階層化されたデータをすべて回収できるだけの空き領域がない場合、Invoke-StorageSyncFileRecall コマンドレットは失敗します。If the local volume hosting the server endpoint does not have enough free space to recall all the tiered data, the Invoke-StorageSyncFileRecall cmdlet will fail.

すべての同期グループからサーバーを削除するRemove the server from all sync groups

ストレージ同期サービスでサーバーの登録を解除する前に、そのサーバーのすべてのサーバー エンドポイントを削除する必要があります。Before unregistering the server on the Storage Sync Service, all server endpoints on that server must be removed. これは Azure Portal で実行できます。This can be done via the Azure portal:

  1. サーバーが登録されているストレージ同期サービスに移動します。Navigate to the Storage Sync Service where your server is registered.

  2. ストレージ同期サービスの各同期グループで、このサーバーのすべてのサーバー エンドポイントを削除します。Remove all server endpoints for this server in each sync group in the Storage Sync Service. これは、[同期グループ] ウィンドウの関連するサーバー エンドポイントを右クリックして実行できます。This can be accomplished by right-clicking the relevant server endpoint in the sync group pane.

    同期グループからサーバー エンドポイントを削除する

この処理は、次のように単純な PowerShell スクリプトでも実行できます。This can also be accomplished with a simple PowerShell script:

Connect-AzAccount

$storageSyncServiceName = "<your-storage-sync-service>"
$resourceGroup = "<your-resource-group>"

Get-AzStorageSyncGroup -ResourceGroupName $resourceGroup -StorageSyncServiceName $storageSyncServiceName | ForEach-Object { 
    $syncGroup = $_; 
    Get-AzStorageSyncServerEndpoint -ParentObject $syncGroup | Where-Object { $_.ServerEndpointName -eq $env:ComputerName } | ForEach-Object { 
        Remove-AzStorageSyncServerEndpoint -InputObject $_ 
    } 
}

サーバーの登録を解除するUnregister the server

すべてのデータを回収し、すべての同期グループからサーバーを削除したら、サーバーの登録を解除できます。Now that all data has been recalled and the server has been removed from all sync groups, the server can be unregistered.

  1. Azure Portal で、ストレージ同期サービスの [登録済みサーバー] セクションに移動します。In the Azure portal, navigate to the Registered servers section of the Storage Sync Service.

  2. 登録解除するサーバーを右クリックし、[サーバーの登録解除] をクリックします。Right-click on the server you want to unregister and click "Unregister Server".

    サーバーの登録解除

データセンターで Azure File Sync が良好なネイバーであることを確認するEnsuring Azure File Sync is a good neighbor in your datacenter

Azure File Sync がデータセンターで実行されている唯一のサービスであることはほとんどないため、Azure File Sync のネットワークとストレージの使用を制限できます。Since Azure File Sync will rarely be the only service running in your datacenter, you may want to limit the network and storage usage of Azure File Sync.

重要

制限の設定が低すぎると、Azure File Sync の同期と回収のパフォーマンスに影響を及ぼします。Setting limits too low will impact the performance of Azure File Sync synchronization and recall.

Azure File Sync のネットワークの制限を設定するSet Azure File Sync network limits

Azure File Sync のネットワーク使用率は、StorageSyncNetworkLimit コマンドレットを使用して調整できます。You can throttle the network utilization of Azure File Sync by using the StorageSyncNetworkLimit cmdlets.

注意

階層型されたファイルにアクセスする場合、ネットワークの制限は適用されません。Network limits do not apply when a tiered file is accessed.

たとえば、営業日の午前 9 時~午後 5 時 (17 時) に、Azure File Sync が 10 Mbps 以上使用しないようにするためのスロットルの新しい制限を作成できます。For example, you can create a new throttle limit to ensure that Azure File Sync does not use more than 10 Mbps between 9 am and 5 pm (17:00h) during the work week:

Import-Module "C:\Program Files\Azure\StorageSyncAgent\StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll"
New-StorageSyncNetworkLimit -Day Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday, Friday -StartHour 9 -EndHour 17 -LimitKbps 10000

制限を確認するには、次のコマンドレットを使用します。You can see your limit by using the following cmdlet:

Get-StorageSyncNetworkLimit # assumes StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll is imported

ネットワークの制限を削除するには、Remove-StorageSyncNetworkLimit を使用します。To remove network limits, use Remove-StorageSyncNetworkLimit. たとえば、次のコマンドは、ネットワークの制限をすべて削除します。For example, the following command removes all network limits:

Get-StorageSyncNetworkLimit | ForEach-Object { Remove-StorageSyncNetworkLimit -Id $_.Id } # assumes StorageSync.Management.ServerCmdlets.dll is imported

Windows Server の記憶域 QoS を使用するUse Windows Server storage QoS

Windows Server 仮想化ホストで実行されている仮想マシンで Azure File Sync がホストされている場合、記憶域 QoS (記憶域のサービス品質) を使用して記憶域 IO の使用を調整できます。When Azure File Sync is hosted in a virtual machine running on a Windows Server virtualization host, you can use Storage QoS (storage quality of service) to regulate storage IO consumption. 記憶域 QoS ポリシーは、最大値 (制限、上記の StorageSyncNetwork の制限を強制する方法と同様) または最小値 (予約) として設定できます。The Storage QoS policy can be set either as a maximum (or limit, like how StorageSyncNetwork limit is enforced above) or as a minimum (or reservation). 最大値ではなく最小値を設定すると、使用可能なストレージ帯域幅を他のワークロードが使用していない場合に、Azure File Sync がバーストして使用できるようになります。Setting a minimum instead of a maximum allows Azure File Sync to burst to use available storage bandwidth if other workloads are not using it. 詳細については、記憶域のサービス品質に関する記事をご覧ください。For more information, see Storage Quality of Service.

関連項目See also