Microsoft サポートに問い合わせる

StorSimple デバイス マネージャーのサービスの概要ブレードには、新しいサポート要求を記録 する機能が用意されています。 StorSimple ソリューションで問題が発生した場合は、テクニカル サポートに対するサービス要求を作成できます。 サポート エンジニアとのオンライン セッションで、StorSimple デバイスのサポート セッションを開始することが必要になる場合もあります。 この記事で説明する内容は次のとおりです。

  • サポート リクエストを作成する方法
  • ポータル内からサポート要求ライフ サイクルを管理する方法
  • StorSimple デバイスの Windows PowerShell インターフェイスでサポート セッションを開始する方法

サポート要求を作成する前に、 StorSimple 8000 シリーズのサポート SLA および情報 を確認してください。

サポート要求の作成

サポート プランに応じて、StorSimple デバイス マネージャー サービスの概要ブレードから、StorSimple デバイスに関する問題のサポート チケットを直接作成できます。 サポート要求を作成するには、次の手順を実行します。

サポート要求を作成するには

  1. StorSimple デバイス マネージャー サービスに移動します。 サービスの概要ブレードの設定で、 [サポート + トラブルシューティング] セクションに移動し、 [新しいサポート要求] をクリックします。

    新しいポータルでの MS サポートへの問い合わせ

  2. [新しいサポート要求] ブレードで、 [基本] を選択します。 [基本] ブレードで、次の手順を実行します。

    1. [問題の種類] ドロップダウン リストで [技術] を選択します。

    2. 現在の サブスクリプションサービス の種類、および リソース (StorSimple デバイス マネージャー サービス) が自動的に選択されています。

    3. 複数のプランがサブスクリプションに関連付けられている場合は、適切な サポート プラン をドロップダウン リストから選択します。 テクニカル サポートを利用するには、有料サポート プランに加入している必要があります。

    4. [次へ] をクリックします。

      新しいポータルでの MS サポートへの問い合わせ 2

  3. [新しいサポート要求] ブレードで、 [手順 2 問題] を選択します。 [問題] ブレードで、次の手順を実行します。

    1. [重大度] を選択します。

    2. 問題がアプライアンスまたは StorSimple デバイス マネージャー サービスに関連付けられているかどうかを指定します。

    3. この問題の カテゴリ を選択し、問題の 詳細 を指定します。

    4. 問題の開始日時を指定します。

    5. [ファイルのアップロード] で、フォルダー アイコンをクリックしてサポート パッケージを参照します。

    6. [診断情報の共有] チェック ボックスをオンにします。

    7. [次へ] をクリックします。

      新しいポータルでの MS サポートへの問い合わせ 3

  4. [新しいサポート要求] ブレードで、 [手順 3 連絡先情報] をクリックします。 [連絡先情報] ブレードで、次の手順を実行します。

    1. [連絡先オプション] で、希望する連絡方法 (電話または電子メール) および言語を指定します。 応答時間が、サブスクリプション プランに基づいて自動的に選択されます。

    2. [連絡先情報] で、名前、メール、オプションの連絡先、国や地域を指定します。 [今後のサポート要求用に連絡先の変更を保存] チェック ボックスをオンにします。

    3. Create をクリックしてください。

      新しいポータルでの MS サポートへの問い合わせ 4

      Microsoft サポートでは、この情報を使用してお客様に連絡し、詳細、診断、および解決策に関する情報を提供します。 要求を送信した後、その要求を処理するサポート エンジニアから速やかに連絡があります。

サポート要求を管理する

サポート チケットを作成したら、ポータル内からチケットのライフサイクルを管理できます。

サポート要求を管理するには

  1. ヘルプとサポート ページにアクセスするには、 [参照] > [ヘルプとサポート] の順に移動します。

    サポート要求を管理する

  2. [ヘルプとサポート] ブレードにすべてのサポート リクエストの表形式の一覧が表示されます。

    サポート要求を管理する 2

  3. サポート要求を選択してクリックします。 この要求のステータスと詳細を表示することができます。 この要求をフォローアップする場合は、 [+ 新しいメッセージ] をクリックします。

    サポート要求を管理する 3

StorSimple 用 Windows PowerShell でのサポート セッションの開始

StorSimple デバイスで発生した問題のトラブルシューティングを行うには、Microsoft サポート チームと情報交換する必要があります。 Microsoft サポートがサポート セッションを使用してユーザーのデバイスにログオンすることが必要になる場合があります。

サポート セッションを開始するには、次の手順を実行します。

サポート セッションを開始するには

  1. シリアル コンソールから直接デバイスにアクセスするか、リモート コンピューターから telnet セッションを使用してデバイスにアクセスします。 そのためには、「 PuTTY を使用してデバイスのシリアル コンソールに接続する」の手順を実行します。

  2. 開いたセッションで、 Enter キーを押して、コマンド プロンプトを開きます。

  3. シリアル コンソール メニューで、オプション 1 の [フル アクセスによるログイン] を選択します。

  4. プロンプトで、次のパスワードを入力します。

    Password1

  5. プロンプトで、次のコマンドを入力します。

    Enable-HcsSupportAccess

  6. 暗号化された文字列が表示されます。 この文字列をメモ帳などのテキスト エディターにコピーします。

  7. この文字列を保存し、電子メール メッセージで Microsoft サポートに送信します。

重要

サポートへのアクセスは、Disable-HcsSupportAccess を実行して無効にできます。 また、StorSimple デバイスでは、セッションの開始後 8 時間が経過すると、サポートへのアクセスが無効になります。 サポート セッションを開始した後、StorSimple デバイスの資格情報を変更することをお勧めします。

次のステップ

StorSimple 8000 シリーズ デバイスに関連する問題を診断および解決する方法を確認します