StorSimple デバイス マネージャー サービスを使用してボリュームを管理する (Update 3 以降)Use the StorSimple Device Manager service to manage volumes (Update 3 or later)

概要Overview

このチュートリアルでは、StorSimple デバイス マネージャー サービスを使用して、Update 3 以降を実行している StorSimple 8000 シリーズ デバイスでボリュームを作成し、管理する方法について説明します。This tutorial explains how to use the StorSimple Device Manager service to create and manage volumes on the StorSimple 8000 series devices running Update 3 and later.

StorSimple デバイス マネージャー サービスは Azure Portal の拡張機能で、StorSimple ソリューションを単一の Web インターフェイスから管理できるようにします。The StorSimple Device Manager service is an extension in the Azure portal that lets you manage your StorSimple solution from a single web interface. Azure Portal を使用してすべてのデバイス上のボリュームを管理します。Use the Azure portal to manage volumes on all your devices. StorSimple サービスの作成と管理、デバイスの管理、ポリシーのバックアップ、カタログのバックアップ、およびアラートの表示も可能です。You can also create and manage StorSimple services, manage devices, backup policies, and backup catalog, and view alerts.

ボリュームの種類Volume types

StorSimple ボリュームは、次のいずれかです。StorSimple volumes can be:

  • ローカル固定ボリューム: これらのボリュームのデータは、常にローカル StorSimple デバイスに残ります。Locally pinned volumes: Data in these volumes remains on the local StorSimple device at all times.
  • 階層化ボリューム: これらのボリュームのデータは、クラウドにあふれる場合があります。Tiered volumes: Data in these volumes can spill to the cloud.

アーカイブ ボリュームは、階層化ボリュームの一種です。An archival volume is a type of tiered volume. アーカイブ ボリュームでより大きな重複除去チャンク サイズを使用すると、デバイスはより大きなデータのセグメントをクラウドに転送できます。The larger deduplication chunk size used for archival volumes allows the device to transfer larger segments of data to the cloud.

必要であれば、ボリュームの種類をローカルから階層化に、または階層化からローカルに変更できます。If necessary, you can change the volume type from local to tiered or from tiered to local. 詳細については、「 ボリュームの種類を変更する」を参照してください。For more information, go to Change the volume type.

ローカル固定ボリュームLocally pinned volumes

ローカル固定ボリュームは、クラウドにデータを積み重ねない、完全にプロビジョニングされたボリュームです。そのため、クラウド接続に関係なく、プライマリ データがローカルに保証されます。Locally pinned volumes are fully provisioned volumes that do not tier data to the cloud, thereby ensuring local guarantees for primary data, independent of cloud connectivity. ローカル固定ボリュームのデータは、重複除去や圧縮が行われません。ただし、ローカル固定ボリュームのスナップショットは重複除去されます。Data on locally pinned volumes is not deduplicated and compressed; however, snapshots of locally pinned volumes are deduplicated.

ローカル固定ボリュームは、完全にプロビジョニングされます。そのため、ボリュームを作成するときに、デバイスに十分な領域が必要です。Locally pinned volumes are fully provisioned; therefore, you must have sufficient space on your device when you create them. プロビジョニングできるローカル固定ボリュームの最大サイズは、StorSimple 8100 デバイスで 8 TB、8600 デバイスで 20 TB です。You can provision locally pinned volumes up to a maximum size of 8 TB on the StorSimple 8100 device and 20 TB on the 8600 device. StorSimple では、デバイスの残りのローカル領域が、スナップショット、メタデータ、およびデータ処理用に予約されます。StorSimple reserves the remaining local space on the device for snapshots, metadata, and data processing. ローカル固定ボリュームのサイズを、使用可能な最大領域のサイズまで拡大することもできますが、一度作成すると、ボリュームのサイズを縮小することはできません。You can increase the size of a locally pinned volume to the maximum space available, but you cannot decrease the size of a volume once created.

ローカル固定ボリュームを作成すると、階層化ボリュームの作成に使用可能な領域が減少します。When you create a locally pinned volume, the available space for creation of tiered volumes is reduced. その逆の場合もあります。階層化ボリュームが既にある場合、ローカル固定ボリュームの作成に使用可能な領域は、上記の上限よりも低くなります。The reverse is also true: if you have existing tiered volumes, the space available for creating locally pinned volumes will be lower than the maximum limits stated above. ローカル ボリュームの詳細については、ローカル固定ボリュームに関してよく寄せられる質問のページをご覧ください。For more information on local volumes, refer to the frequently asked questions on locally pinned volumes.

階層化ボリュームTiered volumes

階層化ボリュームは、シン プロビジョニングされたボリュームです。頻繁にアクセスされるデータはデバイスのローカルに保持され、使用頻度の低いデータは自動的にクラウドに置かれます。Tiered volumes are thinly provisioned volumes in which the frequently accessed data stays local on the device and less frequently used data is automatically tiered to the cloud. 仮想プロビジョニングは、物理リソースを超える空き容量がストレージにあるように見える仮想化テクノロジです。Thin provisioning is a virtualization technology in which available storage appears to exceed physical resources. StorSimple では、事前に十分なストレージを確保するのではなく、仮想プロビジョニングを使用して、現在の要件を満たすために必要な容量のみを割り当てます。Instead of reserving sufficient storage in advance, StorSimple uses thin provisioning to allocate just enough space to meet current requirements. クラウド ストレージの柔軟な性質がこの手法を容易にし、StorSimple は変化する需要に合わせてクラウド ストレージを増減できます。The elastic nature of cloud storage facilitates this approach because StorSimple can increase or decrease cloud storage to meet changing demands.

階層化ボリュームをアーカイブ データに使用する場合は、 [アクセス頻度の低いアーカイブ データにこのボリュームを使用します] チェック ボックスをオンにして、ボリュームの重複除去チャンク サイズを 512 KB に変更します。If you are using the tiered volume for archival data, select the Use this volume for less frequently accessed archival data check box to change the deduplication chunk size for your volume to 512 KB. このオプションをオフにすると、対応する階層化されたボリュームに 64 KB のチャンク サイズが使用されます。If you do not select this option, the corresponding tiered volume will use a chunk size of 64 KB. より大きな重複除去のチャンク サイズを使用すると、デバイスはより大きなアーカイブ データをクラウドに転送できるようになります。A larger deduplication chunk size allows the device to expedite the transfer of large archival data to the cloud.

プロビジョニング容量Provisioned capacity

デバイスとボリュームの種類ごとの最大プロビジョニング容量については、次の表を参照してくださいRefer to the following table for maximum provisioned capacity for each device and volume type. (仮想デバイスではローカル固定ボリュームを使用できない点に注意してください)。(Note that locally pinned volumes are not available on a virtual device.)

階層化ボリュームの最大サイズMaximum tiered volume size ローカル固定ボリュームの最大サイズMaximum locally pinned volume size
物理デバイスPhysical devices
81008100 64 TB64 TB 8 TB8 TB
86008600 64 TB64 TB 20 TB20 TB
仮想デバイスVirtual devices
80108010 30 TB30 TB 該当なしN/A
80208020 64 TB64 TB 該当なしN/A

[ボリューム] ブレードThe volumes blade

[ボリューム] ブレードでは、Microsoft Azure StorSimple デバイスでイニシエーター (サーバー) 用にプロビジョニングされているストレージ ボリュームを管理できます。The Volumes blade allows you to manage the storage volumes that are provisioned on the Microsoft Azure StorSimple device for your initiators (servers). ここには、サービスに接続されている StorSimple デバイス上のボリュームの一覧が表示されます。It displays the list of volumes on the StorSimple devices connected to your service.

[ボリューム] ページ

ボリュームは、次の一連の属性で構成されます。A volume consists of a series of attributes:

  • [ボリューム名] - ボリュームを識別するのに役立つ、わかりやすい一意の名前。Volume Name – A descriptive name that must be unique and helps identify the volume. この名前は、特定のボリュームをフィルター処理する場合に監視レポートにも使用されます。This name is also used in monitoring reports when you filter on a specific volume. いったんボリュームが作成されると、その名前を変更することはできません。Once the volume is created, it cannot be renamed.
  • [状態] - オンラインまたはオフラインにすることができます。Status – Can be online or offline. ボリュームがオフラインの場合、ボリュームにアクセスして使用することが許可されているイニシエーター (サーバー) はこのボリュームを認識できません。If a volume is offline, it is not visible to initiators (servers) that are allowed access to use the volume.
  • [容量] - イニシエーター (サーバー) によって格納できるデータの合計量を指定します。Capacity – specifies the total amount of data that can be stored by the initiator (server). ローカル固定ボリュームは、完全にプロビジョニングされ、StorSimple デバイス上に置かれます。Locally-pinned volumes are fully provisioned and reside on the StorSimple device. 階層化ボリュームはシン プロビジョニングされ、データは重複除去されます。Tiered volumes are thinly provisioned and the data is deduplicated. シン プロビジョニングされたボリュームでは、デバイスが、構成済みのボリューム容量に従って物理ストレージ容量を内部またはクラウドに事前割り当てすることがありません。With thinly provisioned volumes, your device doesn’t pre-allocate physical storage capacity internally or on the cloud according to configured volume capacity. ボリュームの容量は、要求に応じて割り当てられ、使用されます。The volume capacity is allocated and consumed on demand.
  • [種類] – ボリュームが階層化 (既定) であるかローカル固定であるかを示します。Type – Indicates whether the volume is Tiered (the default) or Locally pinned.

以下のタスクを実行するには、このチュートリアルの手順に従います。Use the instructions in this tutorial to perform the following tasks:

  • ボリュームを追加するAdd a volume
  • ボリュームを変更するModify a volume
  • ボリュームの種類を変更するChange the volume type
  • ボリュームを削除するDelete a volume
  • ボリュームをオフラインにするTake a volume offline
  • ボリュームを監視するMonitor a volume

ボリュームを追加するAdd a volume

ボリュームの作成は、StorSimple 8000 シリーズ デバイスのデプロイメント時に完了しています。You created a volume during deployment of your StorSimple 8000 series device. ボリュームを追加するには、同様の手順を実行します。Adding a volume is a similar procedure.

ボリュームを追加するにはTo add a volume

  1. [デバイス] ブレードの表形式のデバイス一覧で、デバイスを選択します。From the tabular listing of the devices in the Devices blade, select your device. [+ ボリュームの追加] をクリックします。Click + Add volume.

    新しいバージョンの追加

  2. [ボリュームの追加] ブレードで、次の操作を行います。In the Add a volume blade:

    1. [デバイスの選択] フィールドには、現在のデバイスが自動的に設定されています。The Select device field is automatically populated with your current device.

    2. ドロップダウン リストから、ボリュームを追加する必要があるボリューム コンテナーを選択します。From the drop-down list, select the volume container where you need to add a volume.

    3. ボリュームの [名前] を入力します。Type a Name for your volume. いったんボリュームが作成されると、その名前を変更することはできません。Once the volume is created, you cannot rename the volume.

    4. [タイプ] ボックスの一覧で、ボリュームのタイプを選択します。On the drop-down list, select the Type for your volume. ローカルの保証、低待機時間、高パフォーマンスを必要とするワークロードでは、 [ローカル固定] ボリュームを選択します。For workloads that require local guarantees, low latencies, and higher performance, select a Locally pinned volume. それ以外のデータの場合は、 [階層化] を選択します。For all other data, select a Tiered volume. アーカイブ データにこのボリュームを使用する場合は、 [アクセス頻度の低いアーカイブ データにこのボリュームを使用します] チェックボックスをオンにします。If you are using this volume for archival data, check Use this volume for less frequently accessed archival data.

      階層化されたボリュームはシン プロビジョニングされ、簡単に作成できます。A tiered volume is thinly provisioned and can be created quickly. アーカイブ データに対して階層化されたボリュームについて [アクセス頻度の低いアーカイブ データにこのボリュームを使用します] を選択すると、ボリュームの重複除去のチャンク サイズが 512 KB に変更されます。Selecting Use this volume for less frequently accessed archival data for tiered volume targeted for archival data changes the deduplication chunk size for your volume to 512 KB. このフィールドが選択されていない場合、対応する階層化されたボリュームは 64 KB のチャンク サイズを使用します。If this field is not checked, the corresponding tiered volume uses a chunk size of 64 KB. より大きな重複除去のチャンク サイズを使用すると、デバイスはより大きなアーカイブ データをクラウドに転送できるようになります。A larger deduplication chunk size allows the device to expedite the transfer of large archival data to the cloud.

      ローカル固定のボリュームはシック プロビジョニングされ、ボリューム上のプライマリ データがデバイスに対してローカルのままになり、クラウドへの書き込みは行われません。A locally pinned volume is thickly provisioned and ensures that the primary data on the volume stays local to the device and does not spill to the cloud. ローカル固定のボリュームを作成する場合、デバイスは、要求されたサイズのボリュームをプロビジョニングするために、ローカル層で使用できる領域を確認します。If you create a locally pinned volume, the device checks for available space on the local tiers to provision the volume of the requested size. ローカル固定のボリュームを作成する操作によって、デバイスからクラウドに既存のデータが書き込まれる場合があるため、ボリュームの作成にかかる時間が長くなる可能性があります。The operation of creating a locally pinned volume may involve spilling existing data from the device to the cloud and the time taken to create the volume may be long. 合計時間は、プロビジョニングされたボリューム、利用可能なネットワーク帯域幅、およびデバイスのデータのサイズによって異なります。The total time depends on the size of the provisioned volume, available network bandwidth, and the data on your device.

    5. ボリュームの [プロビジョニングされた容量] を指定します。Specify the Provisioned Capacity for your volume. 選択したボリュームの種類に基づく使用可能な容量を確認してください。Make a note of the capacity that is available based on the volume type selected. 指定したボリュームのサイズが、使用可能な領域を超えてはいけません。The specified volume size must not exceed the available space.

      ローカル固定のボリュームは 8.5 TB まで、階層化されたボリュームは 200 TB までを 8100 デバイスにプロビジョニングできます。You can provision locally pinned volumes up to 8.5 TB or tiered volumes up to 200 TB on the 8100 device. より大きな 8600 デバイスでは、ローカル固定ボリュームを 22.5 TB まで、階層化ボリュームを 500 TB までプロビジョニングできます。On the larger 8600 device, you can provision locally pinned volumes up to 22.5 TB or tiered volumes up to 500 TB. 階層化されたボリュームのワーキング セットをホストするには、デバイス上のローカル領域が必要なため、ローカル固定のボリュームを作成すると、階層化されたボリュームのプロビジョニングに使用できる領域が影響を受けます。As local space on the device is required to host the working set of tiered volumes, creation of locally pinned volumes impacts the space available for provisioning tiered volumes. そのため、ローカル固定のボリュームを作成すると、階層化されたボリュームの作成に使用可能な領域が減少します。Therefore, if you create a locally pinned volume, space available for creation of tiered volumes is reduced. 同様に、階層化されたボリュームを作成すると、ローカル固定のボリュームの作成に使用可能な領域が減少します。Similarly, if a tiered volume is created, the available space for creation of locally pinned volumes is reduced.

      8100 デバイスに 8.5 TB (許容される最大サイズ) のローカル固定のボリュームをプロビジョニングすると、デバイスで使用可能なローカル領域がすべて使い果たされます。If you provision a locally pinned volume of 8.5 TB (maximum allowable size) on your 8100 device, then you have exhausted all the local space available on the device. この時点で、階層化されたボリュームのワーキング セットをホストするためのローカル領域がデバイスになくなるため、階層化されたボリュームを以後作成できなくなります。You can't create any tiered volume from that point onwards as there is no local space on the device to host the working set of the tiered volume. 既存の階層化されたボリュームも、使用可能な領域に影響します。Existing tiered volumes also affect the space available. たとえば、約 106 TB のボリュームが既に階層化されている 8100 デバイスがある場合、ローカル固定されたボリュームに使用できるのは 4 TB の領域のみになります。For example, if you have an 8100 device that already has tiered volumes of roughly 106 TB, only 4 TB of space is available for locally pinned volumes.

    6. [接続済みのホスト] フィールドで矢印をクリックします。In the Connected hosts field, click the arrow. [接続済みホスト] ブレードで、既存の ACR を選択するか、新しい ACR を追加します。In the Connected hosts blade, choose an existing ACR or add a new ACR. 新しい ACR を選択する場合は、ACR の名前を指定し、Windows ホストの iSCSI 修飾名 (IQN) を入力します。If you choose a new ACR, then supply a Name for your ACR, provide the iSCSI Qualified Name (IQN) of your Windows host. IQN がない場合は、「Windows Server ホストの IQN の取得」を参照してください。If you don't have the IQN, go to Get the IQN of a Windows Server host. Create をクリックしてください。Click Create. 指定した設定でボリュームが作成されます。A volume is created with the specified settings.

      Create をクリックしてください。

新しいボリュームが使用できるようになります。Your new volume is now ready to use.

注意

ローカル固定ボリュームを作成した後、すぐに別のローカル固定ボリュームを作成した場合、ボリューム作成ジョブは連続して実行されます。If you create a locally pinned volume and then create another locally pinned volume immediately afterwards, the volume creation jobs run sequentially. 最初のボリューム作成ジョブが完了してからでないと、次のボリューム作成ジョブは開始できません。The first volume creation job must finish before the next volume creation job can begin.

ボリュームを変更するModify a volume

ボリュームを拡張する必要がある場合やボリュームにアクセスするホストを変更する必要がある場合は、ボリュームを変更します。Modify a volume when you need to expand it or change the hosts that access the volume.

重要

  • デバイス上のボリューム サイズを変更した場合、ホスト上のボリュームのサイズも変更する必要があります。If you modify the volume size on the device, the volume size needs to be changed on the host as well.
  • ここで説明されているホスト側の手順は、Windows Server 2012 (2012R2) 向けです。The host-side steps described here are for Windows Server 2012 (2012R2). Linux などの他のホスト オペレーティング システムでは、手続きが異なります。Procedures for Linux or other host operating systems will be different. 別のオペレーティング システムで稼働しているホスト上のボリュームを変更する場合は、お使いのホスト オペレーティング システムの指示を参照してください。Refer to your host operating system instructions when modifying the volume on a host running another operating system.

ボリュームを変更するにはTo modify a volume

  1. StorSimple デバイス マネージャー サービスに移動し、 [デバイス] をクリックします。Go to your StorSimple Device Manager service and then click Devices. デバイスの表形式のリストから、変更しようしているボリュームがあるデバイスを選択します。From the tabular listing of the devices, select the device that has the volume that you intend to modify. [設定]、[ボリューム] の順にクリックします。Click Settings > Volumes.

    [ボリューム] ブレードに移動する

  2. ボリュームの表形式のリストからボリュームを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。From the tabular listing of volumes, select the volume and right-click to invoke the context menu. [オフラインにする] を選択し、変更するボリュームをオフラインにします。Select Take offline to take the volume you will modify offline.

    ボリュームを選択してオフラインにする

  3. [オフラインにする] ブレードで、ボリュームをオフラインにする影響を確認し、対応するチェック ボックスをオンにします。In the Take offline blade, review the impact of taking the volume offline and select the corresponding checkbox. 最初に、ホスト上の対応するボリュームがオフラインであることを確認します。Ensure that the corresponding volume on the host is offline first. StorSimple に接続されているホスト サーバー上のボリュームをオフラインにする方法については、オペレーティング システム固有の手順を参照してください。For information on how to take a volume offline on your host server connected to StorSimple, refer to operating system specific instructions. [オフラインにする] をクリックします。Click Take offline.

    ボリュームをオフラインにする影響を確認する

  4. ボリュームがオフラインになった (ボリュームの状態によって示されます) ら、ボリュームを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。After the volume is offline (as shown by the volume status), select the volume and right-click to invoke the context menu. [Modify volume] (ボリュームを変更する) を選択します。Select Modify volume.

    [Modify volume] (ボリュームを変更する) を選択する

  5. [Modify volume] (ボリュームを変更する) ブレードでは、以下の変更を行うことができます。In the Modify volume blade, you can make the following changes:

    1. ボリュームの名前は編集できません。The volume Name cannot be edited.

    2. [種類] をローカル固定から階層化に、または階層化からローカル固定に変換します (詳細については、「ボリュームの種類を変更する」を参照してください)。Convert the Type from locally pinned to tiered or from tiered to locally pinned (see Change the volume type for more information).

    3. プロビジョニング容量を増やす。Increase the Provisioned Capacity. プロビジョニング容量 は、増やすことしかできません。The Provisioned Capacity can only be increased. ボリュームを作成した後で小さくすることはできません。You cannot shrink a volume after it is created.

    4. [接続済みのホスト] で、ACR を変更することができます。Under Connected hosts, you can modify the ACR. ACR を変更するには、ボリュームがオフラインになっている必要があります。To modify an ACR, the volume must be offline.

      ボリュームをオフラインにする影響を確認する

  6. [保存] をクリックして変更を保存します。Click Save to save your changes. 確認を求められたら、 [はい] をクリックします。When prompted for confirmation, click Yes. ボリュームを更新中であることを示すメッセージが Azure ポータルに表示されます。The Azure portal will display an updating volume message. ボリュームが正常に更新されると、成功メッセージが表示されます。It will display a success message when the volume has been successfully updated.

    ボリュームをオフラインにする影響を確認する

  7. ボリュームを拡張する場合は、Windows ホスト コンピューターで次の手順を実行します。If you are expanding a volume, complete the following steps on your Windows host computer:

    1. [コンピューターの管理] -> [ディスクの管理] の順に移動します。Go to Computer Management ->Disk Management.

    2. [ディスクの管理] を右クリックし、 [ディスクの再スキャン] を選択します。Right-click Disk Management and select Rescan Disks.

    3. ディスクの一覧で、更新したボリュームを選択して右クリックし、 [ボリュームの拡張] を選択します。In the list of disks, select the volume that you updated, right-click, and then select Extend Volume. ボリューム拡張ウィザードが起動します。The Extend Volume wizard starts. [次へ] をクリックします。Click Next.

    4. 既定の値を使用してウィザードを完了します。Complete the wizard, accepting the default values. ウィザードが終了すると、サイズが増えたボリュームが表示されます。After the wizard is finished, the volume should show the increased size.

      注意

      ローカル固定ボリュームを拡張した後、すぐに別のローカル固定ボリュームを拡張した場合、ボリューム拡張ジョブは連続して実行されます。If you expand a locally pinned volume and then expand another locally pinned volume immediately afterwards, the volume expansion jobs run sequentially. 最初のボリューム拡張ジョブが完了してからでないと、次のボリューム拡張ジョブは開始できません。The first volume expansion job must finish before the next volume expansion job can begin.

ボリュームの種類を変更するChange the volume type

ボリュームの種類を、階層化からローカル固定に、またはローカル固定から階層化に変更することができます。You can change the volume type from tiered to locally pinned or from locally pinned to tiered. ただし、この変換を頻繁に行うべきではありません。However, this conversion should not be a frequent occurrence.

階層化ボリュームからローカル ボリュームへの変換に関する考慮事項Tiered to local volume conversion considerations

ボリュームを階層化からローカル固定に変換する理由には、次のようなものがあります。Some reasons for converting a volume from tiered to locally pinned are:

  • データの可用性とパフォーマンスに関するローカルな保証Local guarantees regarding data availability and performance
  • クラウドの待機時間やクラウドの接続の問題の回避Elimination of cloud latencies and cloud connectivity issues.

通常、これらは頻繁にアクセスする既存の小さいボリュームです。Typically, these are small existing volumes that you want to access frequently. ローカル固定ボリュームは、作成時に完全にプロビジョニングされます。A locally pinned volume is fully provisioned when it is created.

階層化ボリュームをローカル固定ボリュームに変換する場合、StorSimple は変換を開始する前に、十分な領域がデバイスにあることを確認します。If you are converting a tiered volume to a locally pinned volume, StorSimple verifies that you have sufficient space on your device before it starts the conversion. 領域が不足している場合は、エラーが表示され、操作は取り消されます。If you have insufficient space, you will receive an error and the operation will be canceled.

注意

階層化からローカル固定への変換を開始する前に、他のワークロードの領域の要件も検討してください。Before you begin a conversion from tiered to locally pinned, make sure that you consider the space requirements of your other workloads.

階層化ボリュームからローカル固定ボリュームへの変換は、デバイスのパフォーマンスを低下させる可能性があります。Conversion from a tiered to a locally pinned volume can adversely affect device performance. さらに、次の要因によって変換が完了するまでの時間が長くなることがあります。Additionally, the following factors might increase the time it takes to complete the conversion:

  • 十分な帯域幅がない。There is insufficient bandwidth.
  • 最新のバックアップがない。There is no current backup.

これらの要因による影響を最小限に抑えるには、以下を行います。To minimize the effects that these factors may have:

  • 帯域幅スロットル ポリシーを見直し、専用の 40 Mbps の帯域幅が使用可能であることを確認する。Review your bandwidth throttling policies and make sure that a dedicated 40 Mbps bandwidth is available.
  • ピーク外の時間帯に変換をスケジュールする。Schedule the conversion for off-peak hours.
  • 変換を開始する前に、クラウドのスナップショットを作成する。Take a cloud snapshot before you start the conversion.

(さまざまなワークロードをサポートする) 複数のボリュームを変換する場合は、優先順位の高いボリュームから変換されるように、ボリュームの変換に優先順位を付けます。If you are converting multiple volumes (supporting different workloads), then you should prioritize the volume conversion so that higher priority volumes are converted first. たとえば、ファイル共有ワークロードをサポートするボリュームを変換する前に、仮想マシン (VM) をホストするボリュームまたは SQL ワークロードをサポートするボリュームを変換します。For example, you should convert volumes that host virtual machines (VMs) or volumes with SQL workloads before you convert volumes with file share workloads.

ローカル ボリュームから階層化ボリュームへの変換に関する考慮事項Local to tiered volume conversion considerations

他のボリュームをプロビジョニングするために追加の領域が必要になった場合に、ローカル固定ボリュームを階層化ボリュームに変更することがあります。You may want to change a locally pinned volume to a tiered volume if you need additional space to provision other volumes. ローカル固定ボリュームを階層化ボリュームに変換する場合、デバイスの利用可能な容量は、解放された容量のサイズの分だけ増加します。When you convert the locally pinned volume to tiered, the available capacity on the device increases by the size of the released capacity. 接続の問題で、ローカル型から階層化型へのボリュームの変換ができない場合、ローカル ボリュームが示すプロパティは、変換が完了するまで階層化ボリュームのものになります。If connectivity issues prevent the conversion of a volume from the local type to the tiered type, the local volume will exhibit properties of a tiered volume until the conversion is complete. これは、一部のデータがクラウドにあふれた可能性があるためです。This is because some data might have spilled to the cloud. このあふれたデータは、デバイスのローカル領域を占有し続け、操作が再開されて完了するまで解放できません。This spilled data continues to occupy local space on the device that cannot be freed until the operation is restarted and completed.

注意

ボリュームの変換には時間がかかる場合があり、開始後は取り消すことができません。Converting a volume can take some time and you cannot cancel a conversion after it starts. 変換中、ボリュームはオンラインのままであり、バックアップは実行できますが、変換の実行中にボリュームを拡張したり復元したりすることはできません。The volume remains online during the conversion, and you can take backups, but you cannot expand or restore the volume while the conversion is taking place.

ボリュームの種類を変更するにはTo change the volume type

  1. StorSimple デバイス マネージャー サービスに移動し、 [デバイス] をクリックします。Go to your StorSimple Device Manager service and then click Devices. デバイスの表形式のリストから、変更しようしているボリュームがあるデバイスを選択します。From the tabular listing of the devices, select the device that has the volume that you intend to modify. [設定]、[ボリューム] の順にクリックします。Click Settings > Volumes.

    [ボリューム] ブレードに移動する

  2. ボリュームの表形式のリストからボリュームを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。From the tabular listing of volumes, select the volume and right-click to invoke the context menu. [変更] を選択します。Select Modify.

    コンテキスト メニューから [変更] を選択する

  3. [Modify volume] (ボリュームを変更する) ブレードで、 [種類] ドロップダウン リストから新しい種類を選択し、ボリュームの種類を変更します。On the Modify volume blade, change the volume type by selecting the new type from the Type drop-down list.

    • 種類を [ローカル固定] に変更する場合は、十分な容量があるかどうかを StorSimple が確認します。If you are changing the type to Locally pinned, StorSimple will check to see if there is sufficient capacity.

    • 種類を [階層化] に変更し、このボリュームをアーカイブ データ用に使用する場合は、 [アクセス頻度の低いアーカイブ データにこのボリュームを使用します] チェック ボックスをオンにします。If you are changing the type to Tiered and this volume will be used for archival data, select the Use this volume for less frequently accessed archival data check box.

    • ローカル固定ボリュームを階層化ボリュームとして構成している場合や、その逆 の構成をしている場合は、次のメッセージが表示されます。If you are configuring a locally pinned volume as tiered or vice-versa, the following message appears.

      ボリュームの種類の変更に関するメッセージ

  4. [保存] をクリックして変更を保存します。Click Save to save the changes. 確認を求めるメッセージが表示されたら、 [はい] をクリックして変換プロセスを開始します。When prompted for confirmation, click Yes to start the conversion process.

    保存して確認する

  5. Azure Portal には、ボリュームを更新するジョブの作成についての通知が表示されます。The Azure portal displays a notification for the job creation that would update the volume. ボリューム変換ジョブの状態を監視するには、この通知をクリックします。Click on the notification to monitor the status of the volume conversion job.

    ボリューム変換のジョブ

ボリュームをオフラインにするTake a volume offline

ボリュームを変更または削除する場合は、ボリュームをオフラインにすることが必要になる場合があります。You may need to take a volume offline when you are planning to modify or delete the volume. ボリュームがオフラインのときは、ボリュームに対して読み取り/書き込みアクセスを行うことはできません。When a volume is offline, it is not available for read-write access. ホストおよびデバイス上のボリュームをオフラインにする必要があります。You must take the volume offline on the host and the device.

ボリュームをオフラインにするにはTo take a volume offline

  1. ボリュームをオフラインにする前に、対象のボリュームが使用されていないことを確認します。Make sure that the volume in question is not in use before taking it offline.

  2. 最初に、ホスト上でボリュームをオフラインにします。Take the volume offline on the host first. これにより、ボリューム上のデータが破損するリスクを排除できます。This eliminates any potential risk of data corruption on the volume. 具体的な手順については、ホストのオペレーティング システムの説明を参照してください。For specific steps, refer to the instructions for your host operating system.

  3. ホストがオフラインになったら、次の手順を実行して、デバイス上のボリュームをオフラインにします。After the host is offline, take the volume on the device offline by performing the following steps:

    1. StorSimple デバイス マネージャー サービスに移動し、 [デバイス] をクリックします。Go to your StorSimple Device Manager service and then click Devices. デバイスの表形式のリストから、変更しようしているボリュームがあるデバイスを選択します。From the tabular listing of the devices, select the device that has the volume that you intend to modify. [設定]、[ボリューム] の順にクリックします。Click Settings > Volumes.

      [ボリューム] ブレードに移動する

    2. ボリュームの表形式のリストからボリュームを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。From the tabular listing of volumes, select the volume and right-click to invoke the context menu. [オフラインにする] を選択し、変更するボリュームをオフラインにします。Select Take offline to take the volume you will modify offline.

      ボリュームを選択してオフラインにする

  4. [オフラインにする] ブレードで、ボリュームをオフラインにする影響を確認し、対応するチェック ボックスをオンにします。In the Take offline blade, review the impact of taking the volume offline and select the corresponding checkbox. [オフラインにする] をクリックします。Click Take offline.

    ボリュームをオフラインにする影響を確認する

    ボリュームがオフラインになると通知されます。You are notified when the volume is offline. ボリュームの状態も、オフラインへと更新されます。The volume status also updates to Offline.

  5. ボリュームがオフラインになった後は、ボリュームを選択して右クリックすると、コンテキスト メニューで [オンライン] オプションが使用できるようになります。After a volume is offline, if you select the volume and right-click, Bring Online option becomes available in the context menu.

注意

[オフラインにする] コマンドは、ボリュームをオフラインにする要求をデバイスに送信します。The Take Offline command sends a request to the device to take the volume offline. ホストがボリュームを使用しているときにこのコマンドを実行すると、接続が切断されますが、ボリュームをオフラインにする操作は失敗しません。If hosts are still using the volume, this results in broken connections, but taking the volume offline will not fail.

ボリュームを削除するDelete a volume

重要

ボリュームは、オフラインのときに限り削除することができます。You can delete a volume only if it is offline.

ボリュームを削除するには、次の手順を実行します。Complete the following steps to delete a volume.

ボリュームを削除するにはTo delete a volume

  1. StorSimple デバイス マネージャー サービスに移動し、 [デバイス] をクリックします。Go to your StorSimple Device Manager service and then click Devices. デバイスの表形式のリストから、変更しようしているボリュームがあるデバイスを選択します。From the tabular listing of the devices, select the device that has the volume that you intend to modify. [設定]、[ボリューム] の順にクリックします。Click Settings > Volumes.

    [ボリューム] ブレードに移動する

  2. 削除するボリュームの状態を確認します。Check the status of the volume you want to delete. 削除するボリュームがオフラインでない場合は、最初にそれをオフラインにします。If the volume you want to delete is not offline, take it offline first. ボリュームをオフラインにする」の手順に従ってください。Follow the steps in Take a volume offline.

  3. ボリュームがオフラインになったら、ボリュームを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューを開き、 [削除] を選択します。After the volume is offline, select the volume, right-click to invoke the context menu and then select Delete.

    コンテキスト メニューから [削除] を選択する

  4. [削除] ブレードで、ボリュームの削除の影響を確認し、チェック ボックスを選択します。In the Delete blade, review and select the checkbox against the impact of deleting a volume. ボリュームを削除すると、ボリューム上に存在するすべてのデータが失われます。When you delete a volume, all the data that resides on the volume is lost.

    変更を保存して確認する

  5. ボリュームが削除された後、ボリュームの表形式の一覧は、削除を示すように更新されます。After the volume is deleted, the tabular list of volumes updates to indicate the deletion.

    更新されたボリュームの一覧

    注意

    ローカル固定ボリュームを削除する場合、新しいボリュームで使用可能な領域がすぐに更新されない可能性があります。If you delete a locally pinned volume, the space available for new volumes may not be updated immediately. StorSimple デバイス マネージャー サービスは、ローカルで使用可能な領域を定期的に更新します。The StorSimple Device Manager Service updates the local space available periodically. 新しいボリュームを作成するときは、その前に数分待つことをお勧めします。We suggest you wait for a few minutes before you try to create the new volume.

    また、ローカル固定ボリュームを削除した後、すぐに別のローカル固定ボリュームを削除した場合、ボリューム削除ジョブは連続して実行されます。Additionally, if you delete a locally pinned volume and then delete another locally pinned volume immediately afterwards, the volume deletion jobs run sequentially. 最初のボリューム削除ジョブが完了してからでないと、次のボリューム削除ジョブは開始できません。The first volume deletion job must finish before the next volume deletion job can begin.

ボリュームを監視するMonitor a volume

ボリュームの監視機能を使用すると、ボリュームの I/O に関連する統計情報を収集できます。Volume monitoring allows you to collect I/O-related statistics for a volume. 既定では、最初に作成される 32 個のボリュームに対して監視が有効に設定されます。Monitoring is enabled by default for the first 32 volumes that you create. 追加のボリュームに対しては、監視は既定で無効に設定されます。Monitoring of additional volumes is disabled by default.

注意

複製されたボリュームの監視は、既定で無効に設定されます。Monitoring of cloned volumes is disabled by default.

ボリュームの監視を有効または無効にするには、次の手順を実行します。Perform the following steps to enable or disable monitoring for a volume.

ボリュームの監視を有効または無効にするにはTo enable or disable volume monitoring

  1. StorSimple デバイス マネージャー サービスに移動し、 [デバイス] をクリックします。Go to your StorSimple Device Manager service and then click Devices. デバイスの表形式のリストから、変更しようしているボリュームがあるデバイスを選択します。From the tabular listing of the devices, select the device that has the volume that you intend to modify. [設定]、[ボリューム] の順にクリックします。Click Settings > Volumes.

  2. ボリュームの表形式のリストからボリュームを選択し、右クリックしてコンテキスト メニューを開きます。From the tabular listing of volumes, select the volume and right-click to invoke the context menu. [変更] を選択します。Select Modify.

  3. [Modify volume] (ボリュームを変更する) ブレードの [監視] で、 [有効化] または [無効化] を選択して、監視を有効または無効にします。In the Modify volume blade, for Monitoring select Enable or Disable to enable or disable monitoring.

    監視を無効にする

  4. [保存] をクリックし、確認を求められたら、 [はい] をクリックします。Click Save and when prompted for confirmation, click Yes. Azure Portal には、ボリュームの更新についての通知が表示され、その後、ボリュームが正常に更新された後、成功についてのメッセージが表示されます。The Azure portal displays a notification for updating the volume and then a success message, after the volume is successfully updated.

次のステップNext steps