StorSimple 8000 シリーズのソフトウェア、高可用性、ネットワークの要件StorSimple 8000 series software, high availability, and networking requirements

概要Overview

重要

StorSimple 8000 シリーズは 2022 年 12 月に提供終了となります。StorSimple 8000 series will reach its end-of-life in December 2022. StorSimple 8000 シリーズを新しくデプロイすることを検討している場合、ワークロード用として Azure File SyncAzure Data Box オンライン デバイスなどの代替製品を検討することをお勧めします。If you are considering new deployments of StorSimple 8000 series, we recommend that you explore other alternatives such as Azure File Sync or Azure Data Box Online devices for your workloads.

Microsoft Azure StorSimple へようこそ。Welcome to Microsoft Azure StorSimple. この記事では、StorSimple デバイスおよび StorSimple デバイスにアクセスするストレージ クライアントにおける重要なシステム要件とベスト プラクティスについて説明します。This article describes important system requirements and best practices for your StorSimple device and for the storage clients accessing the device. StorSimple システムをデプロイする前に以下の情報を慎重に確認します。さらにデプロイと後続の操作中にも必要に応じて以下の情報を参照することをお勧めします。We recommend that you review the information carefully before you deploy your StorSimple system, and then refer back to it as necessary during deployment and subsequent operation.

システム要件は次のとおりです。The system requirements include:

  • ストレージ クライアントのソフトウェア要件 - サポートされているオペレーティング システムと、これらのオペレーティング システムに関する追加要件について説明します。Software requirements for storage clients - describes the supported operating systems and any additional requirements for those operating systems.
  • 、StorSimple デバイスのネットワーク要件 - iSCSI、クラウド、または管理トラフィックを使用できるようにするため、ファイアウォールで開いておく必要があるポートについての情報を提供します。Networking requirements for the StorSimple device - provides information about the ports that need to be open in your firewall to allow for iSCSI, cloud, or management traffic.
  • StorSimple の高可用性の要件 - StorSimple デバイスおよびホスト コンピューターの高可用性要件およびベスト プラクティスについて説明します。High availability requirements for StorSimple - describes high availability requirements and best practices for your StorSimple device and host computer.

ストレージ クライアントのソフトウェア要件Software requirements for storage clients

次のソフトウェア要件は、StorSimple デバイスにアクセスするストレージ クライアントに適用されます。The following software requirements are for the storage clients that access your StorSimple device.

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems 必須のバージョンVersion required その他の要件/注意事項Additional requirements/notes
Windows ServerWindows Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2、20162008 R2 SP1, 2012, 2012 R2, 2016 StorSimple iSCSI ボリュームの使用は以下の Windows ディスク タイプのみでサポートされます。StorSimple iSCSI volumes are supported for use on only the following Windows disk types:
  • ベーシック ディスク上のシンプル ボリュームSimple volume on basic disk
  • ダイナミック ディスク上のシンプルおよびミラー ボリュームSimple and mirrored volume on dynamic disk
サポートされるのは、オペレーティング システムにネイティブで存在するソフトウェア iSCSI イニシエーターだけです。Only the software iSCSI initiators present natively in the operating system are supported. ハードウェア iSCSI イニシエーターはサポートされません。Hardware iSCSI initiators are not supported.

Windows Server 2012 および 2016 のシン プロビジョニングおよび ODX 機能は StorSimple iSCSI ボリュームを使用している場合にサポートされます。Windows Server 2012 and 2016 thin provisioning and ODX features are supported if you are using a StorSimple iSCSI volume.

StorSimple は、シン プロビジョニングされたボリュームと完全にプロビジョニングされたボリュームを作成できます。StorSimple can create thinly provisioned and fully provisioned volumes. 部分的にプロビジョニングされたボリュームは作成できません。It cannot create partially provisioned volumes.

シン プロビジョニングされたボリュームを再フォーマットすると長い時間がかかる場合があります。Reformatting a thinly provisioned volume may take a long time. 再フォーマットするのではなく、ボリュームを削除して、新しいボリュームを作成することをお勧めします。We recommend deleting the volume and then creating a new one instead of reformatting. それでもボリュームを再フォーマットする場合は以下を実行します。However, if you still prefer to reformat a volume:
  • 領域の再利用による遅延を避けるために、再フォーマットする前に次のコマンドを実行します。Run the following command before the reformat to avoid space reclamation delays:
    fsutil behavior set disabledeletenotify 1
  • フォーマットが完了したら、次のコマンドを使用して領域の再利用を再び有効にします。After the formatting is complete, use the following command to re-enable space reclamation:
    fsutil behavior set disabledeletenotify 0
  • KB 2878635 の説明に従って、Windows Server 2012 の修正プログラムを Windows Server コンピューターに適用します。Apply the Windows Server 2012 hotfix as described in KB 2878635 to your Windows Server computer.
StorSimple Snapshot Manager または SharePoint 用 StorSimple アダプターを構成する場合は、「オプション コンポーネントのソフトウェア要件」を参照してください。If you are configuring StorSimple Snapshot Manager or StorSimple Adapter for SharePoint, go to Software requirements for optional components.
Windows Server クライアントが SMB プロトコルを使用して StorSimple デバイスにアクセスしている場合、並列処理の増加に関するガイダンスを確認するには、「SMB ファイル サーバーのパフォーマンス チューニング」を参照してください。If your Windows Server client is using the SMB protocol to access the StorSimple device, go to Performance tuning for SMB file servers for guidance on increasing parallel processing.
VMware ESXVMware ESX 5.5 および 6.05.5 and 6.0 iSCSI クライアントとして VMware vSphere でサポートされます。Supported with VMware vSphere as iSCSI client. VAAI ブロック機能は、StorSimple デバイス上の VMware vSphere でサポートされます。VAAI-block feature is supported with VMware vSphere on StorSimple devices.
Linux RHEL/CentOSLinux RHEL/CentOS 5、6 および 75, 6, and 7 Open-iSCSI イニシエーター バージョン 5、6 および 7 での Linux iSCSI クライアントのサポート。Support for Linux iSCSI clients with open-iSCSI initiator versions 5, 6, and 7.
LinuxLinux SUSE Linux 11SUSE Linux 11

注意

現在、IBM AIX は StorSimple ではサポートされていません。IBM AIX is currently not supported with StorSimple.

オプション コンポーネントのソフトウェア要件用のソフトウェア要件Software requirements for optional components

オプションの StorSimple コンポーネント (StorSimple Snapshot Manager および SharePoint 用 StorSimple アダプター) のソフトウェア要件を次に示します。The following software requirements are for the optional StorSimple components (StorSimple Snapshot Manager and StorSimple Adapter for SharePoint).

コンポーネントComponent ホスト プラットフォームHost platform その他の要件/注意事項Additional requirements/notes
StorSimple Snapshot ManagerStorSimple Snapshot Manager Windows Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2Windows Server 2008 R2 SP1, 2012, 2012 R2 ミラー化されたダイナミック ディスクをバックアップ/復元する場合、およびアプリケーション整合性バックアップを実行する場合は、Windows Server 上で StorSimple Snapshot Manager を使用する必要があります。Use of StorSimple Snapshot Manager on Windows Server is required for backup/restore of mirrored dynamic disks and for any application-consistent backups.
StorSimple Snapshot Manager は、Windows Server 2008 R2 SP1 (64 ビット)、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012 でのみサポートされます。StorSimple Snapshot Manager is supported only on Windows Server 2008 R2 SP1 (64-bit), Windows Server 2012 R2, and Windows Server 2012.
  • Window Server 2012 を使用している場合は、StorSimple Snapshot Manager をインストールする前に .NET 3.5 ~ 4.5 をインストールする必要があります。If you are using Window Server 2012, you must install .NET 3.5–4.5 before you install StorSimple Snapshot Manager.
  • Windows Server 2008 R2 SP1 を使用している場合は、StorSimple Snapshot Manager をインストールする前に Windows Management Framework 3.0 をインストールする必要があります。If you are using Windows Server 2008 R2 SP1, you must install Windows Management Framework 3.0 before you install StorSimple Snapshot Manager.
SharePoint 用 StorSimple アダプターStorSimple Adapter for SharePoint Windows Server 2008 R2 SP1、2012、2012 R2Windows Server 2008 R2 SP1, 2012, 2012 R2
  • SharePoint 用 StorSimple アダプターは SharePoint 2010 および SharePoint 2013 でのみサポートされます。StorSimple Adapter for SharePoint is only supported on SharePoint 2010 and SharePoint 2013.
  • RBS には SQL Server Enterprise Edition のバージョン 2008 R2 または 2012 が必要です。RBS requires SQL Server Enterprise Edition, version 2008 R2 or 2012.

StorSimple デバイスのネットワーク要件Networking requirements for your StorSimple device

StorSimple デバイスはロックされたデバイスです。Your StorSimple device is a locked-down device. ただし、iSCSI、クラウド、管理トラフィックを許可するには、ファイアウォールでポートを開く必要があります。However, ports need to be opened in your firewall to allow for iSCSI, cloud, and management traffic. 次の表は、ファイアウォールで開く必要があるポートの一覧です。The following table lists the ports that need to be opened in your firewall. この表では、イン または 受信 はデバイスにアクセスするクライアント要求が入ってくる方向を意味します。In this table, in or inbound refers to the direction from which incoming client requests access your device. アウト または 送信 は StorSimple デバイスがデプロイを超えて外部に (たとえば、インターネットに) データを送信する方向を意味します。Out or outbound refers to the direction in which your StorSimple device sends data externally, beyond the deployment: for example, outbound to the Internet.

ポート番号1,2Port No.1,2 インまたはアウトIn or out ポート範囲Port scope 必須Required NotesNotes
TCP 80 (HTTP)3TCP 80 (HTTP)3 アウトOut WANWAN いいえNo
  • 送信ポートは、更新プログラムを取得するためのインターネット アクセスに使用します。Outbound port is used for Internet access to retrieve updates.
  • 送信 Web プロキシは、ユーザーが構成できます。The outbound web proxy is user configurable.
  • システムの更新を許可するために、コントローラーの固定 IP に対してもこのポートを開く必要があります。To allow system updates, this port must also be open for the controller fixed IPs.
TCP 443 (HTTPS)3TCP 443 (HTTPS)3 アウトOut WANWAN はいYes
  • 送信ポートは、クラウドのデータへのアクセスに使用します。Outbound port is used for accessing data in the cloud.
  • 送信 Web プロキシは、ユーザーが構成できます。The outbound web proxy is user configurable.
  • システムの更新を許可するために、コントローラーの固定 IP に対してもこのポートを開く必要があります。To allow system updates, this port must also be open for the controller fixed IPs.
  • このポートは、ガベージ コレクション用のコントローラーでも使用されます。This port is also used on both the controllers for garbage collection.
UDP 53 (DNS)UDP 53 (DNS) アウトOut WANWAN 場合によっては、メモを参照してください。In some cases; see notes. このポートは、インターネット ベースの DNS サーバーを使用する場合にのみ必要です。This port is required only if you are using an Internet-based DNS server.
UDP 123 (NTP)UDP 123 (NTP) アウトOut WANWAN 場合によっては、メモを参照してください。In some cases; see notes. このポートは、インターネット ベースの NTP サーバーを使用する場合にのみ必要です。This port is required only if you are using an Internet-based NTP server.
TCP 9354TCP 9354 アウトOut WANWAN はいYes 送信ポートは、StorSimple デバイス マネージャー サービスと通信するために StorSimple デバイスによって使用されます。The outbound port is used by the StorSimple device to communicate with the StorSimple Device Manager service.
3260 (iSCSI)3260 (iSCSI) /In LANLAN いいえNo このポートは、iSCSI を介してデータにアクセスするために使用されます。This port is used to access data over iSCSI.
59855985 /In LANLAN いいえNo 受信ポートは、StorSimple デバイスと通信するために StorSimple Snapshot Manager によって使用されます。Inbound port is used by StorSimple Snapshot Manager to communicate with the StorSimple device.
このポートは、HTTP 経由で Windows PowerShell for StorSimple にリモート接続する場合にも使用されます。This port is also used when you remotely connect to Windows PowerShell for StorSimple over HTTP.
59865986 /In LANLAN いいえNo このポートは、HTTPS 経由で Windows PowerShell for StorSimple にリモート接続する場合にも使用されます。This port is used when you remotely connect to Windows PowerShell for StorSimple over HTTPS.

1 受信ポートがパブリック インターネットで開かれている必要はありません。1 No inbound ports need to be opened on the public Internet.

2 複数のポートでゲートウェイ構成が行われる場合、送信トラフィックの順序は、以下の「ポートのルーティング」で説明するポート ルーティング順序で決定されます。2 If multiple ports carry a gateway configuration, the outbound routed traffic order will be determined based on the port routing order described in Port routing, below.

3 StorSimple デバイスのコントローラーの固定の IP アドレスがルーティング可能でインターネットに直接または構成済みの Web プロキシ経由で接続可能である必要があります。3 The controller fixed IPs on your StorSimple device must be routable and able to connect to the Internet directly or via the configured web proxy. 固定 IP アドレスは、デバイスに更新プログラムを提供したりガベージ コレクションを実行したりするために使用されます。The fixed IP addresses are used for servicing the updates to the device and for garbage collection. デバイスのコントローラーが固定の IP を使用してインターネットに接続できない場合は、StorSimple デバイスを更新できず、ガベージ コレクションは正しく動作しません。If the device controllers cannot connect to the Internet via the fixed IPs, you will not be able to update your StorSimple device and garbage collection will not work properly.

重要

StorSimple デバイスと Azure 間でファイアウォールが TLS トラフィックの変更や暗号化解除を行っていないことを確認します。Ensure that the firewall does not modify or decrypt any TLS traffic between the StorSimple device and Azure.

ファイアウォール ルールの URL パターンURL patterns for firewall rules

多くの場合、ネットワーク管理者は、受信トラフィックと送信トラフィックをフィルターする URL パターンに基づいて、高度なファイアウォール ルールを構成できます。Network administrators can often configure advanced firewall rules based on the URL patterns to filter the inbound and the outbound traffic. StorSimple デバイスと StorSimple デバイス マネージャー サービスは、Azure Service Bus、Azure Active Directory Access Control、ストレージ アカウント、Microsoft Update サーバーなど、他の Microsoft アプリケーションに依存しています。Your StorSimple device and the StorSimple Device Manager service depend on other Microsoft applications such as Azure Service Bus, Azure Active Directory Access Control, storage accounts, and Microsoft Update servers. その Microsoft アプリケーションと関連付けられた URL パターンを使用してファイアウォール ルールを構成できます。The URL patterns associated with these applications can be used to configure firewall rules. Microsoft アプリケーションに関連付けられた URL パターンは変化する可能性がある点を理解することが重要です。It is important to understand that the URL patterns associated with these applications can change. これにより、ネットワーク管理者は必要に応じて StorSimple のファイアウォール ルールを監視し更新する必要があります。This in turn will require the network administrator to monitor and update firewall rules for your StorSimple as and when needed.

ほとんどの場合、StorSimple 固定 IP アドレスに基づき、送信トラフィックのファイアウォール ルールを設定することが推奨されます。We recommend that you set your firewall rules for outbound traffic, based on StorSimple fixed IP addresses, liberally in most cases. ただし、次の情報を使用して、セキュリティで保護された環境を作成するのにために必要な高度なファイアウォール ルールを設定することもできます。However, you can use the information below to set advanced firewall rules that are needed to create secure environments.

注意

デバイスの (ソース) IP は、常にすべての有効なネットワーク インターフェイスに合わせて設定するようにします。The device (source) IPs should always be set to all the enabled network interfaces. 宛先 IP は、Azure データセンターの IP 範囲に合わせて設定するようにします。The destination IPs should be set to Azure datacenter IP ranges.

Azure ポータルの URL パターンURL patterns for Azure portal

URL パターンURL pattern コンポーネント/機能Component/Functionality デバイスの IPDevice IPs
https://*.storsimple.windowsazure.com/*
https://*.accesscontrol.windows.net/*
https://*.servicebus.windows.net/*
https://login.windows.net
StorSimple デバイス マネージャー サービスStorSimple Device Manager service
Access Control ServiceAccess Control Service
Azure Service BusAzure Service Bus
認証サービスAuthentication Service
クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces
https://*.backup.windowsazure.com デバイス登録Device registration DATA 0 のみDATA 0 only
https://crl.microsoft.com/pki/*
https://www.microsoft.com/pki/*
証明書の失効Certificate revocation クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces
https://*.core.windows.net/*
https://*.data.microsoft.com
http://*.msftncsi.com
Azure ストレージ アカウントと監視Azure storage accounts and monitoring クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces
https://*.windowsupdate.microsoft.com
https://*.windowsupdate.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
http://*.windowsupdate.com
https://download.microsoft.com
http://wustat.windows.com
https://ntservicepack.microsoft.com
Microsoft Update サーバーMicrosoft Update servers
コントローラーの固定 IP のみController fixed IPs only
http://*.deploy.akamaitechnologies.com Akamai CDNAkamai CDN コントローラーの固定 IP のみController fixed IPs only
https://*.partners.extranet.microsoft.com/*
https://dcupload.microsoft.com/
https://*.support.microsoft.com/
サポート パッケージSupport package クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces

Azure Government ポータルの URL パターンURL patterns for Azure Government portal

URL パターンURL pattern コンポーネント/機能Component/Functionality デバイスの IPDevice IPs
https://*.storsimple.windowsazure.us/*
https://*.accesscontrol.usgovcloudapi.net/*
https://*.servicebus.usgovcloudapi.net/*
https://login.microsoftonline.us
StorSimple デバイス マネージャー サービスStorSimple Device Manager service
Access Control ServiceAccess Control Service
Azure Service BusAzure Service Bus
認証サービスAuthentication Service
クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces
https://*.backup.windowsazure.us デバイス登録Device registration DATA 0 のみDATA 0 only
https://crl.microsoft.com/pki/*
https://www.microsoft.com/pki/*
証明書の失効Certificate revocation クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces
https://*.core.usgovcloudapi.net/*
https://*.data.microsoft.com
http://*.msftncsi.com
Azure ストレージ アカウントと監視Azure storage accounts and monitoring クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces
https://*.windowsupdate.microsoft.com
https://*.windowsupdate.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
https://*.update.microsoft.com
http://*.windowsupdate.com
https://download.microsoft.com
http://wustat.windows.com
https://ntservicepack.microsoft.com
Microsoft Update サーバーMicrosoft Update servers
コントローラーの固定 IP のみController fixed IPs only
http://*.deploy.akamaitechnologies.com Akamai CDNAkamai CDN コントローラーの固定 IP のみController fixed IPs only
https://*.partners.extranet.microsoft.com/*
https://dcupload.microsoft.com/
https://*.support.microsoft.com/
サポート パッケージSupport package クラウド対応のネットワーク インターフェイスCloud-enabled network interfaces

ルーティング メトリックRouting metric

ルーティング メトリックは、指定したネットワークにデータをルーティングするインターフェイスとゲートウェイに関連付けられています。A routing metric is associated with the interfaces and the gateway that route the data to the specified networks. ルーティング プロトコルによって、指定された宛先への最適なパスを計算するために使用されます (同じ宛先への複数のパスが存在することがわかった場合)。Routing metric is used by the routing protocol to calculate the best path to a given destination, if it learns multiple paths exist to the same destination. ルーティング メトリックが低いと、優先順位が高くなります。The lower the routing metric, the higher the preference.

StorSimple のコンテキストで、複数のネットワーク インターフェイスとゲートウェイがトラフィックを伝送するように構成されている場合、ルーティング メトリックはインターフェイスの相対的な使用順序を決定する役割を果たします。In the context of StorSimple, if multiple network interfaces and gateways are configured to channel traffic, the routing metrics will come into play to determine the relative order in which the interfaces will get used. ルーティング メトリックをユーザーが変更することはできません。The routing metrics cannot be changed by the user. ただし、 Get-HcsRoutingTable コマンドレットを使用して、StorSimple デバイスのルーティング テーブル (およびメトリック) を出力することはできます。You can however use the Get-HcsRoutingTable cmdlet to print out the routing table (and metrics) on your StorSimple device. Get-HcsRoutingTable コマンドレットの詳細については、 StorSimple デプロイのトラブルシューティングに関するページをご覧ください。More information on Get-HcsRoutingTable cmdlet in Troubleshooting StorSimple deployment.

Update 2 以降のバージョンに使用されるルーティング メトリック アルゴリズムは以下のとおりです。The routing metric algorithm used for Update 2 and later versions can be explained as follows.

  • 事前に定義された一連の値が、ネットワーク インターフェイスに割り当てられています。A set of predetermined values have been assigned to network interfaces.

  • 以下に示す表の例では、さまざまなネットワーク インターフェイスがクラウド対応の場合とクラウド非対応 (ただしゲートウェイが構成済み) の場合に、割り当てられる値を示しています。Consider an example table shown below with values assigned to the various network interfaces when they are cloud-enabled or cloud-disabled but with a configured gateway. ここで割り当てられている値はあくまでも一例です。Note the values assigned here are example values only.

    ネットワーク インターフェイスNetwork interface クラウド対応Cloud-enabled クラウド非対応 (ゲートウェイを使用)Cloud-disabled with gateway
    Data 0Data 0 11 -
    Data 1Data 1 22 2020
    Data 2Data 2 33 3030
    Data 3Data 3 44 4040
    Data 4Data 4 55 5050
    Data 5Data 5 66 6060
  • クラウド トラフィックがネットワーク インターフェイスを介してルーティングされる順序は、次のとおりです。The order in which the cloud traffic will be routed through the network interfaces is:

    Data 0 > Data 1 > Date 2 > Data 3 > Data 4 > Data 5Data 0 > Data 1 > Date 2 > Data 3 > Data 4 > Data 5

    これは、次の例で説明できます。This can be explained by the following example.

    2 つのクラウド対応ネットワーク インターフェイスとして Data 0 と Data 5 を使用する StorSimple デバイスを考えてみます。Consider a StorSimple device with two cloud-enabled network interfaces, Data 0 and Data 5. Data 1 から Data 4 まではクラウドに対応しておらず、ゲートウェイが構成されています。Data 1 through Data 4 are cloud-disabled but have a configured gateway. このデバイスでトラフィックがルーティングされる順序は、次のようになります。The order in which traffic will be routed for this device will be:

    Data 0 (1) > Data 5 (6) > Data 1 (20) > Data 2 (30) > Data 3 (40) > Data 4 (50)Data 0 (1) > Data 5 (6) > Data 1 (20) > Data 2 (30) > Data 3 (40) > Data 4 (50)

    かっこ内の数値は、それぞれのルーティング メトリックを示しています。The numbers in parentheses indicate the respective routing metrics.

    Data 0 が失敗すると、クラウド トラフィックは Data 5 を介してルーティングされます。If Data 0 fails, the cloud traffic will get routed through Data 5. ゲートウェイがその他のすべてのネットワークで構成されている場合、Data 0 と Data 5 の両方が失敗すると、クラウド トラフィックは Data 1 を介して送信されます。Given that a gateway is configured on all other network, if both Data 0 and Data 5 were to fail, the cloud traffic will go through Data 1.

  • クラウド対応ネットワーク インターフェイスが失敗すると、そのインターフェイスへの接続が 30 秒間隔で 3 回試行されます。If a cloud-enabled network interface fails, then are 3 retries with a 30 second delay to connect to the interface. すべての再試行が失敗した場合、トラフィックはルーティング テーブルによって決定されるとおりに、次に利用可能なクラウド対応インターフェイスにルーティングされます。If all the retries fail, the traffic is routed to the next available cloud-enabled interface as determined by the routing table. すべてのクラウド対応ネットワーク インターフェイスが失敗した場合、デバイスは他のコントローラーにフェールオーバーされます (この場合、再起動はありません)。If all the cloud-enabled network interfaces fail, then the device will fail over to the other controller (no reboot in this case).

  • iSCSI 対応のネットワーク インターフェイスで VIP エラーが発生した場合、2 秒間隔で 3 回まで再試行されます。If there is a VIP failure for an iSCSI-enabled network interface, there will be 3 retries with a 2 seconds delay. この動作は、以前のリリースと同じです。This behavior has stayed the same from the previous releases. すべての iSCSI ネットワーク インターフェイスが失敗すると、コントローラー フェールオーバーが発生します (再起動が伴います)。If all the iSCSI network interfaces fail, then a controller failover will occur (accompanied by a reboot).

  • VIP エラーが発生すると、StorSimple デバイスでアラートも生成されます。An alert is also raised on your StorSimple device when there is a VIP failure. 詳細については、 アラートのクイック リファレンスに関するページを参照してください。For more information, go to alert quick reference.

  • 再試行に関しては、クラウドよりも iSCSI が優先されます。In terms of retries, iSCSI will take precedence over cloud.

    次の例で考えてみましょう。StorSimple デバイスで、2 つのネットワーク インターフェイス Data 0 と Data 1 が有効になっているとします。Consider the following example: A StorSimple device has two network interfaces enabled, Data 0 and Data 1. Data 0 はクラウド対応ですが、Data 1 はクラウドと iSCSI の両方に対応しています。Data 0 is cloud-enabled whereas Data 1 is both cloud and iSCSI-enabled. このデバイス上の他のネットワーク インターフェイスは、クラウドにも iSCSI にも対応していません。No other network interfaces on this device are enabled for cloud or iSCSI.

    Data 1 が失敗した場合、これが最後の iSCSI ネットワーク インターフェイスであるため、他のコントローラー上の Data 1 に対するコントローラー フェールオーバーが発生します。If Data 1 fails, given it is the last iSCSI network interface, this will result in a controller failover to Data 1 on the other controller.

ネットワークのベスト プラクティスNetworking best practices

StorSimple ソリューションの最適なパフォーマンスを得るためには、上記のネットワーク要件に加えて、次のベスト プラクティスに従ってください。In addition to the above networking requirements, for the optimal performance of your StorSimple solution, please adhere to the following best practices:

  • StorSimple デバイスで専用の 40 Mbps 帯域幅 (またはそれ以上) が常に利用できるようにします。Ensure that your StorSimple device has a dedicated 40 Mbps bandwidth (or more) available at all times. この帯域幅は他のいかなるアプリケーションとも共有できません (あるいは、QoS ポリシーを利用して確実に配分する必要があります)。This bandwidth should not be shared (or allocation should be guaranteed through the use of QoS policies) with any other applications.
  • インターネットへのネットワーク接続を常に利用できるようにします。Ensure network connectivity to the Internet is available at all times. インターネット接続が途切れるなど、デバイスのインターネット接続が信頼できないと、結果的にサポートされない構成になります。Sporadic or unreliable Internet connections to the devices, including no Internet connectivity whatsoever, will result in an unsupported configuration.
  • iSCSI とクラウドのアクセスに対してデバイスに専用のネットワーク インターフェイスを置くことで、iSCSI とクラウド トラフィックを分離します。Isolate the iSCSI and cloud traffic by having dedicated network interfaces on your device for iSCSI and cloud access. 詳細については、StorSimple デバイスで ネットワーク インターフェイスを変更する 方法を参照してください。For more information, see how to modify network interfaces on your StorSimple device.
  • ネットワーク インターフェイスには、Link Aggregation Control Protocol (LACP) 構成を使用しないでください。Do not use a Link Aggregation Control Protocol (LACP) configuration for your network interfaces. このような構成はサポートされていません。This is an unsupported configuration.

StorSimple の高可用性の要件High availability requirements for StorSimple

StorSimple ソリューションに含まれるハードウェア プラットフォームには、可用性と信頼性の機能があります。これらの機能は、可用性が高くフォールト トレラントなストレージ インフラストラクチャの基礎をデータセンターで実現します。The hardware platform that is included with the StorSimple solution has availability and reliability features that provide a foundation for a highly available, fault-tolerant storage infrastructure in your datacenter. ただし、StorSimple ソリューションの可用性が得られるようにするには、特定の要件とベスト プラクティスに準拠する必要があります。However, there are requirements and best practices that you should comply with to help ensure the availability of your StorSimple solution. StorSimple をデプロイする前に、StorSimple デバイスおよび接続されているホスト コンピューターについて次の要件とベスト プラクティスを慎重に確認します。Before you deploy StorSimple, carefully review the following requirements and best practices for the StorSimple device and connected host computers.

StorSimple デバイスのハードウェア コンポーネントの監視と保守の詳細については、「StorSimple デバイス マネージャー サービスを使用したハードウェア コンポーネントと状態の監視」および「StorSimple のハードウェア コンポーネントの交換」を参照してください。For more information about monitoring and maintaining the hardware components of your StorSimple device, go to Use the StorSimple Device Manager service to monitor hardware components and status and StorSimple hardware component replacement.

StorSimple デバイスの高可用性の要件と手順High availability requirements and procedures for your StorSimple device

StorSimple デバイスの高可用性を確保するには、次の情報を慎重に確認します。Review the following information carefully to ensure the high availability of your StorSimple device.

PCMPCMs

StorSimple デバイスには、冗長なホットスワップ型の電源および冷却モジュール (PCM) が含まれています。StorSimple devices include redundant, hot-swappable power and cooling modules (PCMs). 各 PCM はシャーシ全体にサービスを提供するのに十分な容量を備えています。Each PCM has enough capacity to provide service for the entire chassis. 高可用性を確保するには、PCM を両方とも取り付ける必要があります。To ensure high availability, both PCMs must be installed.

  • 1 つの電源で障害が発生した場合に可用性を確保するには、PCM をそれぞれ別々の電源に接続しておきます。Connect your PCMs to different power sources to provide availability if a power source fails.
  • PCM で障害が発生した場合は、すぐに交換を要求します。If a PCM fails, request a replacement immediately.
  • 故障した PCM は必ず、交換部品の取り付け準備ができてから取り外します。Remove a failed PCM only when you have the replacement and are ready to install it.
  • 両方の PCM を同時に取り外さないでください。Do not remove both PCMs concurrently. PCM モジュールには、バックアップ バッテリ モジュールが含まれます。The PCM module includes the backup battery module. 両方の PCM を取り外すと、バッテリの保護なしでシャットダウンされ、デバイスの状態は保存されません。Removing both of the PCMs will result in a shutdown without battery protection, and the device state will not be saved. バッテリの詳細については、「 バックアップ バッテリ モジュールを保守する」を参照してください。For more information about the battery, go to Maintain the backup battery module.

コントローラー モジュールController modules

StorSimple デバイスには、冗長なホットスワップ型のコントローラー モジュールが含まれています。StorSimple devices include redundant, hot-swappable controller modules. コントローラー モジュールは、アクティブ/パッシブで動作します。The controller modules operate in an active/passive manner. どのような場合も、一方のコントローラー モジュールがアクティブでサービスを提供し、もう一方のコントローラー モジュールがパッシブになります。At any given time, one controller module is active and is providing service, while the other controller module is passive. アクティブ コントローラー モジュールが故障したか取り外された場合は、パッシブ コントローラー モジュールの電源が入って動作可能になります。The passive controller module is powered on and becomes operational if the active controller module fails or is removed. 各コントローラー モジュールには、シャーシ全体にサービスを提供できるだけの十分な容量があります。Each controller module has enough capacity to provide service for the entire chassis. 高可用性を確保するには、両方のコントローラー モジュールを取り付ける必要があります。Both controller modules must be installed to ensure high availability.

  • 両方のコントローラー モジュールが常に取り付けられている状態にします。Make sure that both controller modules are installed at all times.
  • コントローラー モジュールで障害が発生した場合は、すぐに交換を要求します。If a controller module fails, request a replacement immediately.
  • 故障したコントローラーは必ず、交換部品の取り付け準備ができてから取り外します。Remove a failed controller module only when you have the replacement and are ready to install it. 長時間モジュールを取り外すと通気に影響し、その結果、システムの冷却に影響します。Removing a module for extended periods will affect the airflow and hence the cooling of the system.
  • 両方のコントローラー モジュールへのネットワーク接続が同じであり、接続したネットワーク インターフェイスのネットワーク構成が同じになっていることを確認します。Make sure that the network connections to both controller modules are identical, and the connected network interfaces have an identical network configuration.
  • コントローラー モジュールの障害または交換が必要な場合は、障害状態にあるコントローラー モジュールを交換する前に、もう 1 つのコントローラー モジュールがアクティブ状態であることを確認します。If a controller module fails or needs replacement, make sure that the other controller module is in an active state before replacing the failed controller module. コントローラーがアクティブであることを確認するには、「 デバイスのアクティブなコントローラーを識別する」を参照してください。To verify that a controller is active, go to Identify the active controller on your device.
  • 両方のコントローラー モジュールを同時に取り外さないでください。Do not remove both controller modules at the same time. コントローラー フェールオーバーが進行中の場合、スタンバイ コントローラー モジュールをシャットダウンしたり、シャーシから取り外したりしないでください。If a controller failover is in progress, do not shut down the standby controller module or remove it from the chassis.
  • コントローラー フェールオーバー後、いずれかのコントローラー モジュールを取り外す前に少なくとも 5 分待機します。After a controller failover, wait at least five minutes before removing either controller module.

ネットワーク インターフェイスNetwork interfaces

StorSimple デバイス コントローラー モジュールはそれぞれ、1 ギガ ビットのイーサネット ネットワーク インターフェイスを 4 つと、10 ギガビットのイーサネット ネットワーク インターフェイスを 2 つ備えています。StorSimple device controller modules each have four 1 Gigabit and two 10 Gigabit Ethernet network interfaces.

  • 両方のコントローラー モジュールへのネットワーク接続が同じであり、コントローラー モジュール インターフェイスが接続されているネットワーク インターフェイスのネットワーク構成が同じになっていることを確認します。Make sure that the network connections to both controller modules are identical, and the network interfaces that the controller module interfaces are connected to have an identical network configuration.
  • ネットワーク デバイスで障害が発生した場合にサービスの可用性を確保できるようにするには、ネットワーク接続をそれぞれ異なる複数のスイッチでデプロイします。When possible, deploy network connections across different switches to ensure service availability in the event of a network device failure.
  • 唯一のまたは最後に残った iSCSI 対応インターフェイス (IP アドレスが割り当てられた) のプラグを抜く場合は、そのインターフェイスをまず無効にしてから、ケーブルを外します。When unplugging the only or the last remaining iSCSI-enabled interface (with IPs assigned), disable the interface first and then unplug the cables. 先にインターフェイスのプラグを抜くと、アクティブ コントローラーはパッシブ コントローラーにフェール オーバーします。If the interface is unplugged first, then it will cause the active controller to fail over to the passive controller. パッシブ コントローラーの対応するインターフェイスもプラグが抜かれている場合は、両方のコントローラーが複数回再起動してから 1 つのコントローラーに落ち着きます。If the passive controller also has its corresponding interfaces unplugged, then both the controllers will reboot multiple times before settling on one controller.
  • 少なくとも 2 つのデータ インターフェイスを各コントローラー モジュールからネットワークに接続します。Connect at least two DATA interfaces to the network from each controller module.
  • 2 つの 10 GbE インターフェイスを有効にした場合は、これらをそれぞれ異なる複数のスイッチでデプロイします。If you have enabled the two 10 GbE interfaces, deploy those across different switches.
  • 可能であれば、サーバー上で MPIO を使用して、サーバーがリンク、ネットワーク、またはインターフェイスの障害に耐え得るようにします。When possible, use MPIO on servers to ensure that the servers can tolerate a link, network, or interface failure.

高可用性および高パフォーマンスを実現するためのデバイスのネットワーク接続方法の詳細については、「StorSimple 8100 デバイスの取り付け」または「StorSimple 8600 デバイスの取り付け」を参照してください。For more information about networking your device for high availability and performance, go to Install your StorSimple 8100 device or Install your StorSimple 8600 device.

SSD と HDDSSDs and HDDs

StorSimple デバイスには、ミラー化されたスペースを使用して保護されているソリッド ステート ドライブ (SSD) とハード ディスク ドライブ (HDD) が含まれています。StorSimple devices include solid state disks (SSDs) and hard disk drives (HDDs) that are protected using mirrored spaces. ミラー化されたスペースを使用すると、デバイスは 1 台または複数台の SSD または HDD で障害が発生してもそれを許容できます。Use of mirrored spaces ensures that the device is able to tolerate the failure of one or more SSDs or HDDs.

  • すべての SSD と HDD モジュールが取り付けられていることを確認します。Make sure that all SSD and HDD modules are installed.
  • SSD または HDD で障害が発生した場合は、すぐに交換を要求します。If an SSD or HDD fails, request a replacement immediately.
  • SSD または HDD の障害または交換が必要な場合、交換が必要な SSD または HDD のみを取り外すようにします。If an SSD or HDD fails or requires replacement, make sure that you remove only the SSD or HDD that requires replacement.
  • どの時点でもシステムから複数台の SSD または HDD を取り外さないでください。Do not remove more than one SSD or HDD from the system at any point in time. 特定の種類のディスク (HDD、SSD) での 2 つ以上のエラー、または短時間の連続したエラーは、システムの誤作動やデータ損失を発生させる可能性があります。A failure of 2 or more disks of certain type (HDD, SSD) or consecutive failure within a short time frame may result in system malfunction and potential data loss. その場合は、 Microsoft サポート にお問い合わせください。If this occurs, contact Microsoft Support for assistance.
  • 交換中は、SSD と HDD のドライブの [ハードウェアの正常性] ブレードで [共有コンポーネント] を監視します。During replacement, monitor the Shared components in the Hardware health blade for the drives in the SSDs and HDDs. 緑のチェック状態は、ディスクが正常または OK であると示しています。一方、赤の感嘆符は障害中の SSD または HDD を示しています。A green check status indicates that the disks are healthy or OK, whereas a red exclamation point indicates a failed SSD or HDD.
  • システム エラーに備えて、保護する必要があるすべてのボリュームのクラウド スナップショットを構成することもお勧めします。We recommend that you configure cloud snapshots for all volumes that you need to protect in case of a system failure.

EBOD エンクロージャEBOD enclosure

StorSimple デバイス モデル 8600 には、主エンクロージャに加えて、Extended Bunch of Disks (EBOD) エンクロージャが含まれています。StorSimple device model 8600 includes an Extended Bunch of Disks (EBOD) enclosure in addition to the primary enclosure. EBOD には、EBOD コントローラーと、ミラー化されたスペースを使用して保護されるハード ディスク ドライブ (HDD) が含まれます。An EBOD contains EBOD controllers and hard disk drives (HDDs) that are protected using mirrored spaces. ミラー化されたスペースを使用すると、デバイスは 1 台または複数台の HDD で障害が発生してもそれを許容できます。Use of mirrored spaces ensures that the device is able to tolerate the failure of one or more HDDs. EBOD エンクロージャは、冗長な SAS ケーブルを使用して、主エンクロージャに接続されます。The EBOD enclosure is connected to the primary enclosure through redundant SAS cables.

  • 両方の EBOD エンクロージャ コントローラー モジュール、両方の SAS ケーブル、およびすべてのハード ディスク ドライブは必ず常時取り付けておきます。Make sure that both EBOD enclosure controller modules, both SAS cables, and all the hard disk drives are installed at all times.
  • EBOD エンクロージャ コントローラー モジュールで障害が発生した場合は、すぐに交換を要求します。If an EBOD enclosure controller module fails, request a replacement immediately.
  • EBOD エンクロージャ コントローラー モジュールで故障が発生した場合は、該当するモジュールを交換する前に、もう 1 つのコントローラー モジュールがアクティブ状態であることを確認します。If an EBOD enclosure controller module fails, make sure that the other controller module is active before you replace the failed module. コントローラーがアクティブであることを確認するには、「 デバイスのアクティブなコントローラーを識別する」を参照してください。To verify that a controller is active, go to Identify the active controller on your device.
  • EBOD コントローラー モジュールの交換中に、 [監視] > [ハードウェアの正常性] にアクセスして、StorSimple デバイス マネージャー サービスのコンポーネントの状態を継続して監視します。During an EBOD controller module replacement, continuously monitor the status of the component in the StorSimple Device Manager service by accessing Monitor > Hardware health.
  • SAS ケーブルの障害または交換が必要な場合 (Microsoft サポートはこのような判断にかかわる必要があります)、交換が必要な SAS ケーブルのみを取り外すようにします。If an SAS cable fails or requires replacement (Microsoft Support should be involved to make such a determination), make sure that you remove only the SAS cable that requires replacement.
  • どの時点でも両方の SAS ケーブルをシステムから同時に取り外さないでください。Do not concurrently remove both SAS cables from the system at any point in time.

ホスト コンピューターの高可用性の推奨事項High availability recommendations for your host computers

StorSimple デバイスに接続されているホストの高可用性を確保するには、以下のベスト プラクティスを慎重に確認してください。Carefully review these best practices to ensure the high availability of hosts connected to your StorSimple device.

  • 2 ノード ファイル サーバー クラスター構成を使用した StorSimple を構成します。Configure StorSimple with two-node file server cluster configurations. 単一障害点を削除し、ホスト側の冗長性を構築することにより、ソリューション全体の可用性が向上します。By removing single points of failure and building in redundancy on the host side, the entire solution becomes highly available.
  • ストレージ コントローラーのフェールオーバー中の高可用性を目的として、Windows Server 2012 (SMB 3.0) で利用できる継続的可用性 (CA) 共有を使用します。Use Continuously available (CA) shares available with Windows Server 2012 (SMB 3.0) for high availability during failover of the storage controllers. ファイル サーバー クラスターと Windows Server 2012 との継続的可用性の共有を構成するための追加情報については、この ビデオ メモを参照してください。For additional information for configuring file server clusters and Continuously Available shares with Windows Server 2012, refer to this video demo.

次のステップNext steps