Backup Exec を使用したバックアップ ターゲットとしての StorSimpleStorSimple as a backup target with Backup Exec

概要Overview

Azure StorSimple は、Microsoft が提供するハイブリッド クラウド ストレージ ソリューションです。Azure StorSimple is a hybrid cloud storage solution from Microsoft. StorSimple では、Azure ストレージ アカウントをオンプレミス ソリューションの拡張機能として使用し、オンプレミス ストレージとクラウド ストレージにまたがって自動でデータを階層化することでデータ急増の難点に対応できます。StorSimple addresses the complexities of exponential data growth by using an Azure storage account as an extension of the on-premises solution, and automatically tiering data across on-premises storage and cloud storage.

この記事では、Veritas Backup Exec と StorSimple の統合について取り上げ、両方のソリューションを統合するためのベスト プラクティスについて説明します。In this article, we discuss StorSimple integration with Veritas Backup Exec and best practices for integrating both solutions. StorSimple との統合を最適化できるように Backup Exec をセットアップする方法についての推奨事項も紹介します。We also make recommendations on how to set up Backup Exec to best integrate with StorSimple. 個別のバックアップ要件とサービスレベル アグリーメント (SLA) に合わせて Backup Exec を最適にセットアップする方法については、Veritas のベスト プラクティス、バックアップ アーキテクト、および管理者に従います。We defer to Veritas best practices, backup architects, and administrators for the best way to set up Backup Exec to meet individual backup requirements and service-level agreements (SLAs).

構成手順と主要な概念についての説明は行いますが、この記事は構成またはインストールの方法をステップバイステップで説明するガイドではありません。Although we illustrate configuration steps and key concepts, this article is by no means a step-by-step configuration or installation guide. 基本的なコンポーネントとインフラストラクチャが正常に動作しており、ここで説明する概念をサポートする準備が整っていることを前提としています。We assume that the basic components and infrastructure are in working order and ready to support the concepts that we describe.

対象読者Who should read this?

この記事の情報は特に、ストレージ、Windows Server 2012 R2、イーサネット、クラウド サービス、Backup Exec に関する知識を持つバックアップ管理者、ストレージ管理者、ストレージ アーキテクトの役に立ちます。The information in this article will be most helpful to backup administrators, storage administrators, and storage architects who have knowledge of storage, Windows Server 2012 R2, Ethernet, cloud services, and Backup Exec.

サポートされているバージョンSupported versions

StorSimple をバックアップ ターゲットとして使用する理由Why StorSimple as a backup target?

StorSimple は、以下の理由からバックアップ ターゲットに適しています。StorSimple is a good choice for a backup target because:

  • 変更を行うことなくバックアップ先として使用できる、バックアップ アプリケーション用の標準的なローカル ストレージが提供されます。It provides standard, local storage for backup applications to use as a fast backup destination, without any changes. StorSimple を使用すると、最新のバックアップから復元を素早く行うこともできます。You also can use StorSimple for a quick restore of recent backups.
  • クラウド階層化が Azure クラウド ストレージ アカウントとシームレスに統合されており、費用効果の高い Azure Storage を使用できます。Its cloud tiering is seamlessly integrated with an Azure cloud storage account to use cost-effective Azure Storage.
  • 障害復旧のためのオフサイト ストレージを自動的に提供します。It automatically provides offsite storage for disaster recovery.

主要な概念Key concepts

すべてのストレージ ソリューションと同様、ソリューションのストレージ性能、SLA、変更率、容量増加の必要性について慎重に評価することが不可欠です。As with any storage solution, a careful assessment of the solution’s storage performance, SLAs, rate of change, and capacity growth needs is critical to success. クラウドの階層を導入することで、お客様のクラウドへのアクセス時間と処理能力が、StorSimple のジョブを実行する能力に根本的な影響を与えます。The main idea is that by introducing a cloud tier, your access times and throughputs to the cloud play a fundamental role in the ability of StorSimple to do its job.

StorSimple は、適切に定義されたデータのワーキング セット (ホットデータ) 上で動作するアプリケーションにストレージを提供するよう設計されています。StorSimple is designed to provide storage to applications that operate on a well-defined working set of data (hot data). このモデルでは、データのワーキング セットはローカルの階層に格納され、残りの非ワーキング/コールド/アーカイブ セットはクラウドに格納されます。In this model, the working set of data is stored on the local tiers, and the remaining nonworking/cold/archived set of data is tiered to the cloud. このモデルを示したのが次のグラフです。This model is represented in the following figure. ほぼ平らな緑の線は、StorSimple デバイスのローカル階層に格納されているデータを表しています。The nearly flat green line represents the data stored on the local tiers of the StorSimple device. 赤い線は、すべての階層で StorSimple ソリューションに格納されているデータの総量を表しています。The red line represents the total amount of data stored on the StorSimple solution across all tiers. 平らな緑の線と右上がりの曲線を描く赤い線の間の空間は、クラウドに格納されているデータの総量を表しています。The space between the flat green line and the exponential red curve represents the total amount of data stored in the cloud.

StorSimple の階層化 StorSimple の階層化の図StorSimple tiering StorSimple tiering diagram

このグラフを見ると、StorSimple をバックアップ ターゲットとして稼働させることが適切であることがわかります。With this architecture in mind, you will find that StorSimple is ideally suited to operate as a backup target. StorSimple を使用すると次のことが可能になります。You can use StorSimple to:

  • データのローカル ワーキングセットから最も頻度に復元を実行する。Perform your most frequent restores from the local working set of data.
  • 復元の頻度が低いオフサイトのディザスター リカバリーと過去のデータ用にクラウドを使用する。Use the cloud for offsite disaster recovery and older data, where restores are less frequent.

StorSimple の利点StorSimple benefits

StorSimple は、オンプレミスとクラウドのストレージへのシームレスなアクセスを生かして、Microsoft Azure とシームレスに統合するオンプレミス ソリューションを提供します。StorSimple provides an on-premises solution that is seamlessly integrated with Microsoft Azure, by taking advantage of seamless access to on-premises and cloud storage.

StorSimple では、ソリッドステート デバイス (SSD) ストレージおよびシリアル接続 SCSI (SAS) ストレージを備えたオンプレミス デバイスと、Azure Storage の間で自動的に階層化が行われます。StorSimple uses automatic tiering between the on-premises device, which has solid-state device (SSD) and serial-attached SCSI (SAS) storage, and Azure Storage. 自動階層化では、アクセス頻度の高いデータは SSD 層と SAS 層でローカルに保管されます。Automatic tiering keeps frequently accessed data local, on the SSD and SAS tiers. アクセス頻度の低いデータは Azure Storage に移動されます。It moves infrequently accessed data to Azure Storage.

StorSimple には次の利点があります。StorSimple offers these benefits:

  • クラウドを使用してこれまでにない重複除去レベルを実現するための一意の重複除去と圧縮アルゴリズムUnique deduplication and compression algorithms that use the cloud to achieve unprecedented deduplication levels
  • 高可用性High availability
  • Azure を使用した geo レプリケーションGeo-replication by using Azure geo-replication
  • Azure の統合Azure integration
  • クラウドのデータ暗号化Data encryption in the cloud
  • ディザスター リカバリーとコンプライアンスの強化Improved disaster recovery and compliance

StorSimple には 2 つの主要なデプロイメント シナリオ (プライマリ バックアップ ターゲットとセカンダリ バックアップ ターゲット) が用意されていますが、基本的にはシンプルなブロック ストレージ デバイスです。Although StorSimple presents two main deployment scenarios (primary backup target and secondary backup target), fundamentally, it's a plain, block storage device. StorSimple では、すべての圧縮と重複除去が行われます。StorSimple does all the compression and deduplication. クラウドとアプリケーションおよびファイル システムの間で、データはシームレスに送受信されます。It seamlessly sends and retrieves data between the cloud and the application and file system.

StorSimple について詳しくは、「StorSimple 8000 シリーズ:ハイブリッド クラウド ストレージ ソリューション」をご覧ください。For more information about StorSimple, see StorSimple 8000 series: Hybrid cloud storage solution. また、StorSimple 8000 シリーズの技術仕様に関するページも参照してください。Also, you can review the technical StorSimple 8000 series specifications.

重要

バックアップ ターゲットとして StorSimple デバイスを使用できるのは、StorSimple 8000 の Update 3 以降のバージョンのみです。Using a StorSimple device as a backup target is supported only for StorSimple 8000 Update 3 and later versions.

アーキテクチャの概要Architecture overview

以下の各表は、デバイス モデルとそのアーキテクチャをまとめたものです。The following tables show the device model-to-architecture initial guidance.

StorSimple のローカル ストレージとクラウド ストレージの容量StorSimple capacities for local and cloud storage

ストレージの容量Storage capacity 81008100 86008600
ローカル ストレージの容量Local storage capacity < 10 TiB*< 10 TiB* < 20 TiB*< 20 TiB*
クラウド ストレージの容量Cloud storage capacity > 200 TiB*> 200 TiB* > 500 TiB*> 500 TiB*

*ストレージの容量は、重複除去または圧縮がないことを前提としています。* Storage size assumes no deduplication or compression.

StorSimple のプライマリ バックアップとセカンダリ バックアップの容量StorSimple capacities for primary and secondary backups

バックアップ シナリオBackup scenario ローカル ストレージの容量Local storage capacity クラウド ストレージの容量Cloud storage capacity
プライマリ バックアップPrimary backup 回復ポイントの目標 (RPO) を達成する高速復旧のためにローカル ストレージに格納される最近のバックアップRecent backups stored on local storage for fast recovery to meet recovery point objective (RPO) バックアップ履歴 (RPO) はクラウドの容量に収まりますBackup history (RPO) fits in cloud capacity
セカンダリ バックアップSecondary backup クラウドの容量では、バックアップ データのセカンダリ コピーを格納できますSecondary copy of backup data can be stored in cloud capacity 該当なしN/A

プライマリ バックアップ ターゲットとしての StorSimpleStorSimple as a primary backup target

このシナリオでは、StorSimple ボリュームは、バックアップ アプリケーションにとって唯一のバックアップ用リポジトリになります。In this scenario, StorSimple volumes are presented to the backup application as the sole repository for backups. 次の図は、すべてのバックアップで、バックアップと復元の両方に StorSimple 階層化ボリュームを使用するソリューション アーキテクチャを表しています。The following figure shows a solution architecture in which all backups use StorSimple tiered volumes for backups and restores.

プライマリ バックアップ ターゲットとしての StorSimple の論理図

プライマリ ターゲット バックアップの論理的ステップPrimary target backup logical steps

  1. バックアップ サーバーが対象のバックアップ エージェントに接続され、バックアップ エージェントからデータがバックアップ サーバーに転送されます。The backup server contacts the target backup agent, and the backup agent transmits data to the backup server.
  2. バックアップ サーバーから StorSimple 階層化ボリュームにデータが書き込まれます。The backup server writes data to the StorSimple tiered volumes.
  3. バックアップ サーバーがカタログ データベースを更新して、バックアップ ジョブを完了します。The backup server updates the catalog database, and then finishes the backup job.
  4. スナップショット スクリプトにより、StorSimple クラウド スナップショット マネージャーがトリガー (起動または削除) されます。A snapshot script triggers the StorSimple cloud snapshot manager (start or delete).
  5. 保持ポリシーに基づき、バックアップ サーバーから期限切れのバックアップが削除されます。The backup server deletes expired backups based on a retention policy.

プライマリ ターゲットの復元の論理的ステップPrimary target restore logical steps

  1. バックアップ サーバーが、ストレージ リポジトリから適切なデータの復元を開始します。The backup server starts restoring the appropriate data from the storage repository.
  2. バックアップ エージェントがバックアップ サーバーからデータを受信します。The backup agent receives the data from the backup server.
  3. バックアップ サーバーが復元ジョブを完了します。The backup server finishes the restore job.

セカンダリ バックアップ ターゲットとしての StorSimpleStorSimple as a secondary backup target

このシナリオでの StorSimple ボリュームの主な用途は、長期間の保持またはアーカイブです。In this scenario, StorSimple volumes primarily are used for long-term retention or archiving.

次の図は、初回のバックアップと復元のターゲットで高性能ボリュームにしているアーキテクチャを表しています。The following figure shows an architecture in which initial backups and restores target a high-performance volume. これらのバックアップは、設定したスケジュールで StorSimple 階層化ボリュームにコピー、アーカイブされます。These backups are copied and archived to a StorSimple tiered volume on a set schedule.

高性能ボリュームのサイズは、保持ポリシーの容量とパフォーマンスの要件に対応できるものにする必要があります。It is important to size your high-performance volume so that it can handle your retention policy capacity and performance requirements.

セカンダリ バックアップ ターゲットとしての StorSimple の論理図

セカンダリ ターゲット バックアップの論理的ステップSecondary target backup logical steps

  1. バックアップ サーバーが対象のバックアップ エージェントに接続され、バックアップ エージェントからデータがバックアップ サーバーに転送されます。The backup server contacts the target backup agent, and the backup agent transmits data to the backup server.
  2. バックアップ サーバーが、高性能ストレージにデータを書き込みます。The backup server writes data to high-performance storage.
  3. バックアップ サーバーがカタログ データベースを更新して、バックアップ ジョブを完了します。The backup server updates the catalog database, and then finishes the backup job.
  4. 保持ポリシーに基づき、バックアップ サーバーが StorSimple にバックアップをコピーします。The backup server copies backups to StorSimple based on a retention policy.
  5. スナップショット スクリプトにより、StorSimple クラウド スナップショット マネージャーがトリガー (起動または削除) されます。A snapshot script triggers the StorSimple cloud snapshot manager (start or delete).
  6. 保持ポリシーに基づき、バックアップ サーバーから期限切れのバックアップが削除されます。The backup server deletes expired backups based on a retention policy.

セカンダリ ターゲットの復元の論理的ステップSecondary target restore logical steps

  1. バックアップ サーバーが、ストレージ リポジトリから適切なデータの復元を開始します。The backup server starts restoring the appropriate data from the storage repository.
  2. バックアップ エージェントがバックアップ サーバーからデータを受信します。The backup agent receives the data from the backup server.
  3. バックアップ サーバーが復元ジョブを完了します。The backup server finishes the restore job.

ソリューションのデプロイ方法Deploy the solution

ソリューションのデプロイでは、3 つの手順を行う必要があります。Deploying the solution requires three steps:

  1. ネットワーク インフラストラクチャを計画する。Prepare the network infrastructure.
  2. StorSimple デバイスをバックアップ ターゲットとしてデプロイする。Deploy your StorSimple device as a backup target.
  3. Backup Exec をデプロイする。Deploy Backup Exec.

各手順について、以降のセクションで詳しく説明します。Each step is discussed in detail in the following sections.

ネットワークのセットアップSet up the network

StorSimple は Azure クラウドと統合されたソリューションであるため、Azure クラウドに有効かつ正常に接続できる必要があります。Because StorSimple is a solution that's integrated with the Azure cloud, StorSimple requires an active and working connection to the Azure cloud. この接続は、クラウド スナップショット、管理、メタデータ転送のような操作のほか、Azure クラウド ストレージで古くアクセスの少ないデータを階層化するのに使用されます。This connection is used for operations like cloud snapshots, management, and metadata transfer, and to tier older, less accessed data to Azure cloud storage.

ソリューションを最適に実行するには、次のネットワークのベスト プラクティスに従うことをお勧めします。For the solution to perform optimally, we recommend that you follow these networking best practices:

  • Azure と StorSimple 階層化を接続するリンクは、実際の帯域幅要件を満たしている必要があります。The link that connects your StorSimple tiering to Azure must meet your bandwidth requirements. これを達成するには、RPO と回復時刻の目標 (RTO) の SLA に対応した必須のサービスの品質 (QoS) レベルをインフラストラクチャ スイッチに適用します。To achieve this, apply the necessary Quality of Service (QoS) level to your infrastructure switches to match your RPO and recovery time objective (RTO) SLAs.
  • Azure Blob Storage へのアクセスの最大待機時間は、80 ミリ秒程度である必要があります。Maximum Azure Blob storage access latencies should be around 80 ms.

StorSimple のデプロイ方法Deploy StorSimple

StorSimple のデプロイメントの詳細なガイダンスについては、オンプレミスの StorSimple デバイスのデプロイに関するページをご覧ください。For a step-by-step StorSimple deployment guidance, see Deploy your on-premises StorSimple device.

Backup Exec のデプロイDeploy Backup Exec

Backup Exec のインストールのベスト プラクティスについては、Backup Exec のインストールのベスト プラクティスに関するページをご覧ください。For Backup Exec installation best practices, see Best practices for Backup Exec installation.

ソリューションのセットアップSet up the solution

このセクションでは、構成の例をいくつかご紹介します。In this section, we demonstrate some configuration examples. 次の例と推奨事項では、最も基本的な実装について説明します。The following examples and recommendations illustrate the most basic and fundamental implementation. この実装例は、直接的には実際のバックアップ要件に当てはまらない可能性があります。This implementation might not apply directly to your specific backup requirements.

StorSimple のセットアップSet up StorSimple

StorSimple のデプロイメント タスクStorSimple deployment tasks その他のコメントAdditional comments
オンプレミスの StorSimple デバイスのデプロイ。Deploy your on-premises StorSimple device. サポートされているバージョン:Update 3 以降。Supported versions: Update 3 and later versions.
バックアップ ターゲットを有効にする。Turn on the backup target. バックアップ ターゲット モードの有効化または無効化、および状態の取得には次のコマンドを使用します。Use these commands to turn on or turn off backup target mode, and to get status. 詳細については、StorSimple デバイスへのリモート接続に関するページをご覧ください。For more information, see Connect remotely to a StorSimple device.
バックアップ モードを有効にする: Set-HCSBackupApplianceMode -enableTo turn on backup mode: Set-HCSBackupApplianceMode -enable.
バックアップ モードを無効にする: Set-HCSBackupApplianceMode -disableTo turn off backup mode: Set-HCSBackupApplianceMode -disable.
バックアップ モード設定の現在の状態を取得する: Get-HCSBackupApplianceModeTo get the current state of backup mode settings: Get-HCSBackupApplianceMode.
バックアップ データを格納するボリュームの共通ボリューム コンテナーを作成する。Create a common volume container for your volume that stores the backup data. ボリューム コンテナー内のすべてのデータが重複除去されます。All data in a volume container is deduplicated. StorSimple のボリューム コンテナーでは、重複除去のドメインを定義します。StorSimple volume containers define deduplication domains.
StorSimple ボリュームを作成する。Create StorSimple volumes. ボリューム サイズはクラウド スナップショットの実行時間に影響するため、予想される使用量に可能な限り近いサイズのボリュームを作成します。Create volumes with sizes as close to the anticipated usage as possible, because volume size affects cloud snapshot duration time. ボリューム サイズの決定方法については、「保持ポリシー」を参照してください。For information about how to size a volume, read about retention policies.

StorSimple 階層化ボリュームを使用し、 [アクセス頻度の低いアーカイブ データにこのボリュームを使用します] チェック ボックスをオンにします。Use StorSimple tiered volumes, and select the Use this volume for less frequently accessed archival data check box.
ローカル固定ボリュームのみの使用はサポートされていません。Using only locally pinned volumes is not supported.
すべてのバックアップ ターゲット ボリュームに対し、一意の StorSimple バックアップ ポリシーを作成する。Create a unique StorSimple backup policy for all the backup target volumes. ボリュームの整合性グループは、StorSimple のバックアップ ポリシーで定義されます。A StorSimple backup policy defines the volume consistency group.
スナップショットに有効期限があるためスケジュールを無効にする。Disable the schedule as the snapshots expire. スナップショットは後処理オペレーションとしてトリガーされます。Snapshots are triggered as a post-processing operation.

ホスト バックアップ サーバー ストレージのセットアップSet up the host backup server storage

次のガイドラインに従って、ホスト バックアップ サーバーのストレージを用意します。Set up the host backup server storage according to these guidelines:

  • (Windows Disk マネージャーで作成された) スパン ボリュームは使用しないでください。Don't use spanned volumes (created by Windows Disk Management). スパン ディスクはサポートされていません。Spanned disks are not supported.
  • アロケーション サイズ 64 KB の NTFS を使用してボリュームをフォーマットします。Format your volumes using NTFS with 64-KB allocation size.
  • StorSimple ボリュームを Backup Exec サーバーに直接マッピングします。Map the StorSimple volumes directly to the Backup Exec server.
    • 物理サーバーに iSCSI を使用します。Use iSCSI for physical servers.
    • 仮想サーバーにパススルー ディスクを使用します。Use pass-through disks for virtual servers.

StorSimple と Backup Exec のベスト プラクティスBest practices for StorSimple and Backup Exec

以下の各セクションのガイドラインに従って、ソリューションをセットアップします。Set up your solution according to the guidelines in the following sections.

オペレーティング システムのベスト プラクティスOperating system best practices

  • Windows Server の暗号化と、NTFS ファイル システムの重複除去を無効にします。Disable Windows Server encryption and deduplication for the NTFS file system.
  • StorSimple ボリュームでの Windows Server の最適化を無効にします。Disable Windows Server defragmentation on the StorSimple volumes.
  • StorSimple ボリュームでの Windows Server のインデックス作成を無効にします。Disable Windows Server indexing on the StorSimple volumes.
  • (StorSimple ボリュームに対してではなく) ソース ホストでウィルス対策スキャンを実行します。Run an antivirus scan at the source host (not against the StorSimple volumes).
  • タスク マネージャーで、既定の Windows Server のメンテナンスを無効にします。Turn off the default Windows Server maintenance in Task Manager. これは、次の方法のいずれかで実行します。Do this in one of the following ways:
    • Windows タスク スケジューラでメンテナンス コンフィギュレータを無効にする。Turn off the Maintenance configurator in Windows Task Scheduler.
    • Windows Sysinternals から PsExec をダウンロードする。Download PsExec from Windows Sysinternals. PsExec のダウンロード後、Azure PowerShell を管理者として実行し、次のように入力します。After you download PsExec, run Azure PowerShell as an administrator, and type:
      psexec \\%computername% -s schtasks /change /tn “MicrosoftWindowsTaskSchedulerMaintenance Configurator" /disable
      

StorSimple のベスト プラクティスStorSimple best practices

  • StorSimple デバイスが Update 3 以降に更新されていることを確認します。Be sure that the StorSimple device is updated to Update 3 or later.
  • iSCSI とクラウド トラフィックを分離します。Isolate iSCSI and cloud traffic. StorSimple とバックアップ サーバーの間のトラフィックには専用の iSCSI 接続を使用します。Use dedicated iSCSI connections for traffic between StorSimple and the backup server.
  • StorSimple デバイスが専用のバックアップ ターゲットであることを確認します。Be sure that your StorSimple device is a dedicated backup target. 混合ワークロードは、RTO と RPO に影響を与えるため、サポートされていません。Mixed workloads are not supported because they affect your RTO and RPO.

Backup Exec のベスト プラクティスBackup Exec best practices

  • Backup Exec は、StorSimple ボリュームではなく、サーバーのローカル ドライブにインストールする必要があります。Backup Exec must be installed on a local drive of the server, and not on a StorSimple volume.
  • Backup Exec ストレージの同時書き込み操作数を最大値に設定します。Set the Backup Exec storage concurrent write operations to the maximum allowed.
    • Backup Exec ストレージのブロックとバッファー サイズは、512 KB に設定します。Set the Backup Exec storage block and buffer size to 512 KB.
    • Backup Exec ストレージのバッファー読み取りと書き込みを有効にします。Turn on Backup Exec storage buffered read and write.
  • StorSimple では、Backup Exec の完全バックアップと増分バックアップがサポートされています。StorSimple supports Backup Exec full and incremental backups. 合成バックアップや差分バックアップは使用しないことをお勧めします。We recommend that you not use synthetic and differential backups.
  • バックアップ データ ファイルに含めるデータは、特定のジョブのものだけに限定する必要があります。Backup data files should contain data only for a specific job. たとえば、複数のジョブにまたがってメディアを追加することはできません。For example, no media appends across different jobs are allowed.
  • ジョブの検証を無効にします。Disable job verification. 必要に応じて、最近のバックアップ ジョブの後に検証をスケジュールします。If necessary, verification should be scheduled after the latest backup job. このジョブがバックアップの時間帯に影響を与えることを理解しておくことが重要です。It is important to understand that this job affects your backup window.
  • [Storage] (ストレージ) > [Your disk] (ディスク) > [Details] (詳細) > [Properties] (プロパティ) の順に選択します。Select Storage > Your disk > Details > Properties. [Pre-allocate disk space] (ディスク領域の事前割当) を無効にします。Turn off Pre-allocate disk space.

これらの要件を実装するための最新の Backup Exec 設定およびベスト プラクティスについては、Veritas 社の Web サイトをご覧ください。For the latest Backup Exec settings and best practices for implementing these requirements, see the Veritas website.

保持ポリシーRetention policies

最も一般的なタイプのバックアップ保持ポリシーの 1 つが、Grandfather-Father-Son (GFS) ポリシーです。One of the most common backup retention policy types is a Grandfather, Father, and Son (GFS) policy. GFS ポリシーでは、増分バックアップを 1 日 1 回実行し、完全バックアップは週 1 回および月 1 回実行します。In a GFS policy, an incremental backup is performed daily and full backups are done weekly and monthly. このポリシーでは 6 つの StorSimple 階層化ボリュームを使用します。This policy results in six StorSimple tiered volumes. 1 つのボリュームには、週、月、年単位の完全バックアップが格納されます。One volume contains the weekly, monthly, and yearly full backups. 残りの 5 つのボリュームには、日単位の増分バックアップが格納されます。The other five volumes store daily incremental backups.

次の例では、GFS 方式を使用しています。In the following example, we use a GFS rotation. この例では、次の条件を前提としています。The example assumes the following:

  • 非重複除去または圧縮データを使用します。Non-deduped or compressed data is used.
  • 完全バックアップはそれぞれ 1 TiB です。Full backups are 1 TiB each.
  • 毎日の増分バックアップはそれぞれ 500 GiB です。Daily incremental backups are 500 GiB each.
  • 4 個の週単位バックアップは 1 か月間保持します。Four weekly backups are kept for a month.
  • 12 個の月単位バックアップは 1 年間保持します。Twelve monthly backups are kept for a year.
  • 1 個の年単位バックアップは 10 年間保持します。One yearly backup is kept for 10 years.

上記の前提条件に基づき、月単位と年単位の完全バックアップ用に 26 TiB の StorSimple 階層化ボリュームを作成します。Based on the preceding assumptions, create a 26-TiB StorSimple tiered volume for the monthly and yearly full backups. 日単位の増分バックアップそれぞれに対し、5 TiB の StorSimple 階層化ボリュームを作成します。Create a 5-TiB StorSimple tiered volume for each of the incremental daily backups.

バックアップ タイプとリテンションBackup type retention サイズ (TiB)Size (TiB) GFS 乗数*GFS multiplier* 合計容量 (TiB)Total capacity (TiB)
週単位 - 完全Weekly full 11 44 44
毎日 - 増分Daily incremental 0.50.5 20 (1 か月あたり同じ週数をサイクルする)20 (cycles equal number of weeks per month) 12 (追加のクォータに対し 2)12 (2 for additional quota)
月単位 - 完全Monthly full 11 1212 1212
年単位 - 完全Yearly full 11 1010 1010
GFS 要件GFS requirement 3838
追加のクォータAdditional quota 44 GFS 要件合計 4242 total GFS requirement

* GFS 乗数は、バックアップ ポリシー要件を遵守するために保護および保持する必要があるコピー数を指します。* The GFS multiplier is the number of copies you need to protect and retain to meet your backup policy requirements.

Backup Exec ストレージのセットアップSet up Backup Exec storage

Backup Exec ストレージのセットアップ方法To set up Backup Exec storage

  1. Backup Exec 管理コンソールで、 [Storage] (ストレージ) > [Configure Storage] (ストレージの構成) > [Disk-Based Storage] (ディスクベース ストレージ) > [Next] (次へ) の順に選択します。In the Backup Exec management console, select Storage > Configure Storage > Disk-Based Storage > Next.

    Backup Exec 管理コンソール、ストレージの構成ページ

  2. [Disk Storage] (ディスク ストレージ) を選択して、 [Next] (次へ) を選択します。Select Disk Storage, and then select Next.

    Backup Exec 管理コンソール、ストレージの選択ページ

  3. Saturday Full (土曜日・完全) などの内容が分かる名前と説明を入力します。Enter a representative name, for example, Saturday Full, and a description. [次へ] を選択します。Select Next.

    Backup Exec 管理コンソール、名前と説明のページ

  4. ディスク ストレージ デバイスの作成先になるディスクを選択して、 [Next] (次へ) を選択します。Select the disk where you want to create the disk storage device, and then select Next.

    Backup Exec 管理コンソール、ストレージ ディスクの選択ページ

  5. 書き込み操作の数を 16 に増やして、 [Next] (次へ) を選択します。Increment the number of write operations to 16, and then select Next.

    Backup Exec 管理コンソール、同時書き込み操作の設定ページ

  6. 設定を確認し、 [Finish] (完了) を選択します。Review the settings, and then select Finish.

    Backup Exec 管理コンソール、ストレージ構成の概要ページ

  7. 各ボリューム割り当ての最後に、「StorSimple と Backup Exec のベスト プラクティス」での推奨設定に合わせてストレージ デバイスの設定を変更します。At the end of each volume assignment, change the storage device settings to match those recommended at Best practices for StorSimple and Backup Exec.

    Backup Exec 管理コンソール、ストレージ デバイスの設定ページ

  8. Backup Exec への StorSimple ボリュームの割り当てが完了するまで手順 1 - 7 を繰り返します。Repeat steps 1-7 until you are finished assigning your StorSimple volumes to Backup Exec.

プライマリ バックアップ ターゲットとして StorSimple をセットアップするSet up StorSimple as a primary backup target

注意

クラウドに階層化済みのバックアップからのデータ復元は、クラウドのスピードで実行されます。Data restore from a backup that has been tiered to the cloud occurs at cloud speeds.

次の図は、バックアップ ジョブに対する一般的なボリュームのマッピングを示しています。The following figure shows the mapping of a typical volume to a backup job. この場合、週単位のバックアップはすべて "土曜日 - 完全" ディスクにマッピングし、増分バックアップは月曜日から金曜日の増分ディスクにマッピングしています。In this case, all the weekly backups map to the Saturday full disk, and the incremental backups map to Monday-Friday incremental disks. すべてのバックアップと復元は、StorSimple 階層化ボリュームから行われます。All the backups and restores are from a StorSimple tiered volume.

プライマリ バックアップ ターゲット構成の論理図

プライマリ バックアップ ターゲットとしての StorSimple の GFS スケジュールの例StorSimple as a primary backup target GFS schedule example

4 週間、月単位、および年単位の GFS ローテーション スケジュールの例を以下に示します。Here's an example of a GFS rotation schedule for four weeks, monthly, and yearly:

頻度/バックアップ タイプFrequency/backup type 完全Full 増分 (1 - 5 日目)Incremental (days 1-5)
週単位 (第 1 - 4 週)Weekly (weeks 1-4) 土曜日Saturday 月曜日 - 金曜日Monday-Friday
月単位Monthly 土曜日Saturday
年単位Yearly 土曜日Saturday

StorSimple ボリュームを Backup Exec バックアップ ジョブに割り当てるAssign StorSimple volumes to a Backup Exec backup job

次の手順は、Backup Exec とターゲット ホストが Backup Exec エージェントのガイドラインに従って構成されていることを前提としています。The following sequence assumes that Backup Exec and the target host are configured in accordance with the Backup Exec agent guidelines.

StorSimple ボリュームを Backup Exec バックアップ ジョブに割り当てる方法To assign StorSimple volumes to a Backup Exec backup job

  1. Backup Exec 管理コンソールで、 [Host] (ホスト) > [Backup] (バックアップ) > [Backup to Disk] (ディスクへのバックアップ) の順に選択します。In the Backup Exec management console, select Host > Backup > Backup to Disk.

    Backup Exec 管理コンソール、ホスト、バックアップ、ディスクへのバックアップの選択

  2. [Backup Definition Properties] (バックアップ定義のプロパティ) ダイアログ ボックスの [Backup] (バックアップ) で、 [Edit] (編集) を選択します。In the Backup Definition Properties dialog box, under Backup, select Edit.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ定義のプロパティ ダイアログ ボックス

  3. 完全バックアップと増分バックアップを、RPO 要件および RTO 要件と Veritas のベスト プラクティスに合うよう設定します。Set up your full and incremental backups so that they meet your RPO and RTO requirements and conform to Veritas best practices.

  4. [Backup Options] (バックアップ オプション) ダイアログ ボックスで、 [Storage] (ストレージ) を選択します。In the Backup Options dialog box, select Storage.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ オプションのストレージ ダイアログ ボックス

  5. 該当する StorSimple ボリュームをバックアップ スケジュールに割り当てます。Assign corresponding StorSimple volumes to your backup schedule.

    注意

    [圧縮][暗号化の種類] は、 [なし] に設定します。Compression and Encryption type are set to None.

  6. [Verify] (検証) で、 [Do not verify data for this job] (このジョブのデータは検証しない) チェック ボックスをオンにします。Under Verify, select the Do not verify data for this job check box. このオプションを使用すると、StorSimple 階層化に影響する可能性があります。Using this option might affect StorSimple tiering.

    注意

    最適化、インデックス作成とバックグラウンドの検証は、StorSimple 階層化に悪影響を与えます。Defragmentation, indexing, and background verification negatively affect the StorSimple tiering.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ オプションの検証設定

  7. 要件を満たすよう残りのバックアップ オプションを設定したら、 [OK] を選択し完了します。When you've set up the rest of your backup options to meet your requirements, select OK to finish.

セカンダリ バックアップ ターゲットとして StorSimple をセットアップするSet up StorSimple as a secondary backup target

注意

クラウドに階層化済みのバックアップからのデータ復元は、クラウドのスピードで実行されます。Data restores from a backup that has been tiered to the cloud occur at cloud speeds.

このモデルでは、一時キャッシュとして機能する (StorSimple 以外の) ストレージ メディアが必要です。In this model, you must have a storage media (other than StorSimple) to serve as a temporary cache. たとえば、Redundant Array of Independent Disks (RAID) ボリュームを使用して、領域、入出力 (I/O)、および帯域幅に対応することができます。For example, you can use a redundant array of independent disks (RAID) volume to accommodate space, input/output (I/O), and bandwidth. RAID 5、50、10 を使用することをお勧めします。We recommend using RAID 5, 50, and 10.

次の図は、一般的な保持期間が短い (サーバーに) ローカルなボリュームと、保持期間が長いアーカイブ ボリュームを表しています。The following figure shows typical short-term retention local (to the server) volumes and long-term retention archives volumes. このシナリオでは、すべてのバックアップは (サーバーに) ローカルな RAID ボリュームで実行されます。In this scenario, all backups run on the local (to the server) RAID volume. これらのバックアップは、アーカイブ ボリュームに定期的に複製、アーカイブされます。These backups are periodically duplicated and archived to an archives volume. (サーバーに) ローカルな RAID ボリュームのサイズは、短期間の保持容量とパフォーマンスの要件に対応できるものにする必要があります。It is important to size your local (to the server) RAID volume so that it can handle your short-term retention capacity and performance requirements.

セカンダリ バックアップ ターゲットとしての StorSimple の GFS の例StorSimple as a secondary backup target GFS example

セカンダリ バックアップ ターゲットとしての StorSimple の論理図

次の表に、ローカル ディスクおよび StorSimple ディスク上で実行するようにバックアップを設定する方法を示します。The following table shows how to set up backups to run on the local and StorSimple disks. この表には、個々および全体の容量要件も記載されています。It includes individual and total capacity requirements.

バックアップの構成と容量要件Backup configuration and capacity requirements

バックアップ タイプとリテンションBackup type and retention 構成済みストレージConfigured storage サイズ (TiB)Size (TiB) GFS 乗数GFS multiplier 合計容量* (TiB)Total capacity* (TiB)
第 1 週 (完全と増分)Week 1 (full and incremental) ローカル ディスク (短期)Local disk (short-term) 11 11 11
StorSimple 第 2 - 4 週StorSimple weeks 2-4 StorSimple ディスク (長期)StorSimple disk (long-term) 11 44 44
月単位 - 完全Monthly full StorSimple ディスク (長期)StorSimple disk (long-term) 11 1212 1212
年単位 - 完全Yearly full StorSimple ディスク (長期)StorSimple disk (long-term) 11 11 11
GFS ボリュームのサイズ要件GFS volumes size requirement 18*18*

* 合計容量は、StorSimple ディスクの 17 TiB とローカル RAID ボリュームの 1 TiB の合計です。* Total capacity includes 17 TiB of StorSimple disks and 1 TiB of local RAID volume.

GFS スケジュールの例:週、月、年単位の GFS ローテーション スケジュールGFS example schedule: GFS rotation weekly, monthly, and yearly schedule

Week 完全Full 増分 (1 日目)Incremental day 1 増分 (2 日目)Incremental day 2 増分 (3 日目)Incremental day 3 増分 (4 日目)Incremental day 4 増分 (5 日目)Incremental day 5
第 1 週Week 1 ローカル RAID ボリュームLocal RAID volume ローカル RAID ボリュームLocal RAID volume ローカル RAID ボリュームLocal RAID volume ローカル RAID ボリュームLocal RAID volume ローカル RAID ボリュームLocal RAID volume ローカル RAID ボリュームLocal RAID volume
第 2 週Week 2 StorSimple 第 2 - 4 週StorSimple weeks 2-4
第 3 週Week 3 StorSimple 第 2 - 4 週StorSimple weeks 2-4
第 4 週Week 4 StorSimple 第 2 - 4 週StorSimple weeks 2-4
月単位Monthly StorSimple 月単位StorSimple monthly
年単位Yearly StorSimple 年単位StorSimple yearly

StorSimple ボリュームを Backup Exec のアーカイブおよび重複除去ジョブに割り当てるAssign StorSimple volumes to a Backup Exec archive and deduplication job

StorSimple ボリュームを Backup Exec のアーカイブおよび重複除去ジョブに割り当てる方法To assign StorSimple volumes to a Backup Exec archive and duplication job

  1. Backup Exec 管理コンソールで、StorSimple ボリュームへのアーカイブを行うように設定するジョブを右クリックして、 [Backup Definition Properties] (バックアップ定義のプロパティ) > [Edit] (編集) の順に選択します。In the Backup Exec management console, right-click the job that you want to archive to a StorSimple volume, and then select Backup Definition Properties > Edit.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ定義のプロパティ タブ

  2. [Add Stage] (ステージの追加) > [Duplicate to Disk] (ディスクに複製) > [Edit] (編集) の順に選択します。Select Add Stage > Duplicate to Disk > Edit.

    Backup Exec 管理コンソール、ステージの追加

  3. [Duplicate Options] (複製のオプション) ダイアログ ボックスで、 [Source] (ソース) および [Schedule] (スケジュール) について使用する値を選択します。In the Duplicate Options dialog box, select the values that you want to use for Source and Schedule.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ定義のプロパティと複製のオプション

  4. [Storage] (ストレージ) ドロップダウン リストから、アーカイブ ジョブでデータを格納する StorSimple ボリュームを選択します。In the Storage drop-down list, select the StorSimple volume where you want the archive job to store the data.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ定義のプロパティと複製のオプション

  5. [Verify] (検証) を選択し、 [Do not verify data for this job] (このジョブのデータは検証しない) チェック ボックスをオンにします。Select Verify, and then select the Do not verify data for this job check box.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ定義のプロパティと複製のオプション

  6. [OK] を選択します。Select OK.

    Backup Exec 管理コンソール、バックアップ定義のプロパティと複製のオプション

  7. [バックアップ] の欄で新しいステージを追加します。In the Backup column, add a new stage. ソースには増分を使用します。For the source, use incremental. ターゲットには、増分バックアップ ジョブをアーカイブする StorSimple ボリュームを選択します。For the target, choose the StorSimple volume where the incremental backup job is archived. 手順 1 - 6 を繰り返します。Repeat steps 1-6.

StorSimple クラウド スナップショットStorSimple cloud snapshots

StorSimple クラウド スナップショットは、StorSimple デバイスに存在するデータを保護するものです。StorSimple cloud snapshots protect the data that resides in your StorSimple device. クラウド スナップショットの作成は、ローカルのバックアップ テープをオフサイトの施設に配送することに相当します。Creating a cloud snapshot is equivalent to shipping local backup tapes to an offsite facility. Azure の geo 冗長ストレージを使用する場合、クラウド スナップショットの作成は、複数のサイトにバックアップ テープを配送することに相当します。If you use Azure geo-redundant storage, creating a cloud snapshot is equivalent to shipping backup tapes to multiple sites. 障害発生後にデバイスの復旧が必要な場合、別の StorSimple デバイスをオンラインにしてフェールオーバーを実行することが考えられます。If you need to restore a device after a disaster, you might bring another StorSimple device online and do a failover. フェールオーバー後は、最近のクラウド スナップショットからデータに (クラウドのスピードで) アクセスできるようになります。After the failover, you would be able to access the data (at cloud speeds) from the most recent cloud snapshot.

次のセクションでは、バックアップの後処理中に StorSimple クラウド スナップショットを開始および削除するショート スクリプトの作成方法について説明します。The following section describes how to create a short script to start and delete StorSimple cloud snapshots during backup post-processing.

注意

手動またはプログラムによって作成されたスナップショットは、StorSimple スナップショットの有効期間ポリシーに準拠しません。Snapshots that are manually or programmatically created do not follow the StorSimple snapshot expiration policy. これらのスナップショットは、手動またはプログラムによって削除する必要があります。These snapshots must be manually or programmatically deleted.

スクリプトを使用してクラウド スナップショットを開始および削除するStart and delete cloud snapshots by using a script

注意

StorSimple スナップショットを削除する前に、コンプライアンスとデータ リテンション期間の影響を慎重に評価します。Carefully assess the compliance and data retention repercussions before you delete a StorSimple snapshot. バックアップ後スクリプトを実行する方法の詳細については、Backup Exec のドキュメントを参照してください。For more information about how to run a post-backup script, see the Backup Exec documentation.

バックアップ ライフサイクルBackup lifecycle

バックアップ ライフサイクルの図

必要条件Requirements

  • スクリプトを実行するサーバーは、Azure クラウドのリソースにアクセスできる必要があります。The server that runs the script must have access to Azure cloud resources.
  • ユーザー アカウントは、必要な権限を持っていなければなりません。The user account must have the necessary permissions.
  • 関連する StorSimple ボリュームを使用する StorSimple バックアップ ポリシーを設定し、無効にする必要があります。A StorSimple backup policy with the associated StorSimple volumes must be set up but not turned on.
  • StorSimple リソース名、登録キー、デバイス名、バックアップ ポリシー ID が必要になります。You'll need the StorSimple resource name, registration key, device name, and backup policy ID.

クラウド スナップショットを開始または削除する方法To start or delete a cloud snapshot

  1. Azure PowerShell をインストールしますInstall Azure PowerShell.

  2. Manage-CloudSnapshots.ps1 PowerShell スクリプトをダウンロードして設定します。Download and setup Manage-CloudSnapshots.ps1 PowerShell script.

  3. スクリプトを実行するサーバーで PowerShell を管理者として実行します。On the server that runs the script, run PowerShell as an administrator. スクリプトによって行われる変更を確認するには、-WhatIf $true を指定してスクリプトを実行してください。Ensure that you run the script with -WhatIf $true to see what changes the script will make. 検証が完了したら、-WhatIf $false を渡します。Once the validation is complete, pass -WhatIf $false. 次のコマンドを実行します。Run the below command:

    .\Manage-CloudSnapshots.ps1 -SubscriptionId [Subscription Id] -TenantId [Tenant ID] -ResourceGroupName [Resource Group Name] -ManagerName [StorSimple Device Manager Name] -DeviceName [device name] -BackupPolicyName [backup policyname] -RetentionInDays [Retention days] -WhatIf [$true or $false]
    
  4. Backup Exec ジョブ オプションの前処理コマンドと後処理コマンドを編集し、Backup Exec のバックアップ ジョブにスクリプトを追加します。Add the script to your backup job in Backup Exec by editing your Backup Exec job options' pre-processing and post-processing commands.

    Backup Exec コンソール、バックアップ オプション、前処理および後処理コマンド タブ

注意

StorSimple クラウド スナップショット バックアップ ポリシーは、日単位のバックアップ ジョブの最後に後処理スクリプトとして実行することをお勧めします。We recommend that you run your StorSimple cloud snapshot backup policy as a post-processing script at the end of your daily backup job. RPO および RTO に適合するようバックアップ アプリケーション環境をバックアップ、復元する方法の詳細については、担当バックアップ アーキテクトにご相談ください。For more information about how to back up and restore your backup application environment to help you meet your RPO and RTO, please consult with your backup architect.

復元元としての StorSimpleStorSimple as a restore source

StorSimple デバイスからの復元は、他のブロック ストレージ デバイスからの復元と同じように行われます。Restores from a StorSimple device work like restores from any block storage device. クラウドに階層化されているデータの復元は、クラウドのスピードで実行されます。Restores of data that is tiered to the cloud occurs at cloud speeds. ローカル データの復元は、デバイスのローカル ディスクのスピードで実行されます。For local data, restores occur at the local disk speed of the device. 復元の実行方法については、Backup Exec のドキュメントを参照してください。For information about how to perform a restore, see the Backup Exec documentation. Backup Exec の復元のベスト プラクティスに従うことをお勧めします。We recommend that you conform to Backup Exec restore best practices.

StorSimple のフェールオーバーと障害復旧StorSimple failover and disaster recovery

注意

バックアップ ターゲットのシナリオについて、StorSimple Cloud Appliance は復元先としてサポートされていません。For backup target scenarios, StorSimple Cloud Appliance is not supported as a restore target.

障害は、さまざまな要素によって引き起こされます。A disaster can be caused by a variety of factors. 次の表は、よくあるディザスター リカバリーのシナリオをまとめたものです。The following table lists common disaster recovery scenarios.

シナリオScenario 影響Impact 復旧方法How to recover メモNotes
StorSimple デバイスの不具合StorSimple device failure バックアップと復元のオペレーションが中断されます。Backup and restore operations are interrupted. 不具合のあるデバイスを交換し、StorSimple フェールオーバーと障害復旧を実行します。Replace the failed device and perform StorSimple failover and disaster recovery. デバイスの復旧後に復元を実行する必要がある場合、完全なデータのワーキング セットがクラウドから新しいデバイスに送られます。If you need to perform a restore after device recovery, full data working sets are retrieved from the cloud to the new device. すべてのオペレーションはクラウドのスピードで実行されます。All operations are at cloud speeds. インデックスとカタログの再スキャン プロセスでは、すべてのバックアップ セットがスキャンされ、クラウドの階層からローカル デバイスの階層に戻される場合があり、時間のかかる可能性があります。The indexing and cataloging rescanning process might cause all backup sets to be scanned and pulled from the cloud tier to the local device tier, which might be a time-consuming process.
Backup Exec サーバーの不具合Backup Exec server failure バックアップと復元のオペレーションが中断されます。Backup and restore operations are interrupted. Backup Exec (BEDB) データベースの手動バックアップと復元方法」に従ってバックアップ サーバーを再構築し、データベースの復元を実行します。Rebuild the backup server and perform database restore as detailed in How to do a manual Backup and Restore of Backup Exec (BEDB) database. ディザスター リカバリー サイトの Backup Exec サーバーを再構築または復元する必要があります。You must rebuild or restore the Backup Exec server at the disaster recovery site. データベースを最新の時点に復元します。Restore the database to the most recent point. 復元した Backup Exec データベースと最新のバックアップ ジョブが同期されない場合、インデックスとカタログを作成する必要があります。If the restored Backup Exec database is not in sync with your latest backup jobs, indexing and cataloging is required. このインデックスとカタログの再スキャン プロセスでは、すべてのバックアップ セットがスキャンされ、クラウドの階層からローカル デバイスの階層に戻される場合があります。This index and catalog rescanning process might cause all backup sets to be scanned and pulled from the cloud tier to the local device tier. これにはさらに時間がかかります。This makes it further time-intensive.
バックアップ サーバーと StorSimple 両方の損失を招くサイトの不具合Site failure that results in the loss of both the backup server and StorSimple バックアップと復元のオペレーションが中断されます。Backup and restore operations are interrupted. まず StorSimple を復旧し、次に Backup Exec を復旧します。Restore StorSimple first, and then restore Backup Exec. まず StorSimple を復旧し、次に Backup Exec を復旧します。Restore StorSimple first, and then restore Backup Exec. デバイスの復旧後に復元を実行する必要がある場合、完全なデータのワーキング セットがクラウドから新しいデバイスに送られます。If you need to perform a restore after device recovery, the full data working sets are retrieved from the cloud to the new device. すべてのオペレーションはクラウドのスピードで実行されます。All operations are at cloud speeds.

参照References

この記事では次のドキュメントを参考にしています。The following documents were referenced for this article:

次の手順Next steps