StorSimple Virtual Array の概要Introduction to the StorSimple Virtual Array

概要Overview

Microsoft Azure StorSimple Virtual Array は、ハイパーバイザーで実行されるオンプレミスの仮想アレイと Microsoft Azure のクラウド ストレージとの間でストレージ タスクを管理する統合ストレージ ソリューションです。The Microsoft Azure StorSimple Virtual Array is an integrated storage solution that manages storage tasks between an on-premises virtual array running in a hypervisor and Microsoft Azure cloud storage. 仮想アレイは、企業のストレージとデータ保護に伴う多くの問題を解消し、費用を削減する、効率と経済性、管理性にファイル サーバーまたは iSCSI サーバー ソリューションです。The virtual array is an efficient, cost-effective, and easily managed file server or iSCSI server solution that eliminates many of the issues and expenses associated with enterprise storage and data protection. 仮想アレイは、アクセス頻度の低いアーカイブ データの記憶域に特に適しています。The virtual array is particularly well-suited for the storage of infrequently accessed archival data.

この記事では、仮想アレイの概要を説明します。その他のリソースについては次をご覧ください。This article provides an overview of the virtual array - here are some other resources:

仮想アレイは、iSCSI プロトコルまたはサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルをサポートします。The virtual array supports the iSCSI or Server Message Block (SMB) protocol. Virtual Array は、既存のハイパーバイザー インフラストラクチャ上で実行され、クラウドへの階層化、クラウド バックアップ、高速復元、項目レベルの回復、ディザスター リカバリー機能を実現します。It runs on your existing hypervisor infrastructure and provides tiering to the cloud, cloud backup, fast restore, item-level recovery, and disaster recovery features.

StorSimple Virtual Array の重要な機能を次の表にまとめます。The following table summarizes the important features of the StorSimple Virtual Array.

機能Feature StorSimple Virtual ArrayStorSimple Virtual Array
インストール要件Installation requirements 仮想化インフラストラクチャ (Hyper-V または VMware) を使用Uses virtualization infrastructure (Hyper-V or VMware)
可用性Availability 単一ノードSingle node
総容量 (クラウドを含む)Total capacity (including cloud) 使用可能容量は仮想アレイあたり最大 64 TBUp to 64 TB usable capacity per virtual array
ローカル容量Local capacity 使用可能容量は仮想アレイあたり 390 GB ~ 6.4 TB (500 GB ~ 8 TB のディスク領域のプロビジョニングが必要)390 GB to 6.4 TB usable capacity per virtual array (need to provision 500 GB to 8 TB of disk space)
ネイティブ プロトコルNative protocols iSCSI または SMBiSCSI or SMB
目標復旧時間 (RTO)Recovery time objective (RTO) iSCSI: サイズに関係なく、2 分未満iSCSI: less than 2 minutes regardless of size
目標復旧時点 (RPO)Recovery point objective (RPO) 日次バックアップとオンデマンド バックアップDaily backups and on-demand backups
ストレージ階層化Storage tiering ヒート マッピングを使用して、ローカルまたはクラウドに階層化するデータを決定Uses heat mapping to determine what data should be tiered in or out
サポートSupport サプライヤーによってサポートされる仮想化インフラストラクチャVirtualization infrastructure supported by the supplier
パフォーマンスPerformance 基になるインフラストラクチャによって異なるVaries depending on underlying infrastructure
データのモビリティData mobility 同じデバイスに復元することも、項目レベルの回復 (ファイル サーバー) を実行することも可能Can restore to the same device or do item-level recovery (file server)
ストレージ層Storage tiers ローカル ハイパーバイザー ストレージとクラウドLocal hypervisor storage and cloud
共有サイズShare size 階層化: 最大 20 TB、ローカル固定: 最大 2 TBTiered: up to 20 TB; locally pinned: up to 2 TB
ボリューム サイズVolume size 階層化:500 GB - 5 TB、ローカル固定:50 GB - 200 GBTiered: 500 GB to 5 TB; locally pinned: 50 GB to 200 GB
階層化ボリュームに対する最大のローカル予約は 200 GB です。Maximum local reservation for tiered volumes is 200 GB.
スナップショットSnapshots クラッシュ整合性Crash consistent
項目レベルの回復Item-level recovery 可能: ユーザーが共有から復元可能Yes; users can restore from shares

StorSimple を使用する理由Why use StorSimple?

StorSimple は、アプリケーションを変更せずに、ユーザーとサーバーを数分で Azure ストレージに接続します。StorSimple connects users and servers to Azure storage in minutes, with no application modification.

StorSimple Virtual Array ソリューションの主なメリットを次の表に示します。The following table describes some of the key benefits that the StorSimple Virtual Array solution provides.

機能Feature 長所Benefit
透過的な統合Transparent integration 仮想アレイは、iSCSI プロトコルまたは SMB プロトコルをサポートします。The virtual array supports the iSCSI or the SMB protocol. ローカル層とクラウド層間でデータの移動は、シームレスで、ユーザーに対して透過的です。The data movement between the local tier and the cloud tier is seamless and transparent to the user.
ストレージ コストの削減Reduced storage costs StorSimple では、最もよく使用されるホットデータの現在の需要を満たす十分なローカル ストレージをプロビジョニングします。With StorSimple, you provision sufficient local storage to meet current demands for the most used hot data. ストレージのニーズが増加すると、データはコスト効率の良いクラウド ストレージに階層化されます。As storage needs grow, StorSimple tiers cold data into cost-effective cloud storage. クラウドでは、重複除去と圧縮を使用することで、ストレージ要件とコストがさらに削減されます。The data is deduplicated and compressed before sending to the cloud to further reduce storage requirements and expense.
ストレージ管理の単純化Simplified storage management StorSimple では、StorSimple Device Manager を使用して、複数のデバイスをクラウドで一元管理します。StorSimple provides centralized management in the cloud using StorSimple Device Manager to manage multiple devices.
ディザスター リカバリーとコンプライアンスの強化Improved disaster recovery and compliance StorSimple はディザスター リカバリーに長い時間を費やすことはありません。メタデータがすぐに復元され、必要に応じて保存済みのデータが復元されます。StorSimple facilitates faster disaster recovery by restoring the metadata immediately and restoring the data as needed. つまり、最小限の中断で通常の業務を継続することができます。This means normal operations can continue with minimal disruption.
データのモビリティData mobility クラウドに階層化されたデータには、復旧と移行の目的で他のサイトからアクセスできます。Data tiered to the cloud can be accessed from other sites for recovery and migration purposes. データは元の仮想アレイにのみ復元できます。Note that you can restore data only to the original virtual array. ただし、ディザスター リカバリー機能を使用して、仮想アレイ全体を別の仮想アレイに復元できます。However, you use disaster recovery features to restore the entire virtual array to another virtual array.

StorSimple ワークロードの概要StorSimple workload summary

サポートされる StorSimple ワークロードの概要を、次の表に示します。A summary of supported StorSimple workloads is tabulated below.

シナリオScenario ワークロードWorkload サポートされていますSupported 制限Restrictions 適用可能なバージョンVersions applicable
リモート オフィス/ブランチ オフィス (ROBO)Remote Office/Branch Office (ROBO) ファイル共有File sharing はいYes ファイル サーバーの最大制限を参照してください。See maximum limits for file server.
サポートされている SMB バージョンのシステム要件を参照してください。See system requirements for supported SMB versions.
すべてのバージョンAll versions
クラウド アーカイブCloud archiving アーカイブ ファイル共有Archival file sharing はいYes ファイル サーバーの最大制限を参照してください。See maximum limits for file server.
サポートされている SMB バージョンのシステム要件を参照してください。See system requirements for supported SMB versions.
すべてのバージョンAll versions

StorSimple Virtual Array は、アクセス頻度の低いデータに最適です。The StorSimple Virtual Array is best suited for infrequently accessed data. 仮想アレイはパフォーマンスを向上させるためにローカル キャッシュを備えていますが、ユーザーはデバイスがストレージ (クラウド) の最下層のファイルを処理することを想定しておく必要があります。While the virtual array has a local cache to boost performance, users should assume that the device services files at the lowest tier of storage (the cloud). 各仮想アレイは、約 100 Mbps で Azure Storage の書き込みと読み取りができます。Each virtual array can write and read to Azure storage at approximately 100 Mbps. そのリンクはデバイスに入ってくるすべての要求間で共有されるため、次の図に示すようにボトルネックになる可能性があります。That link is shared across all the requests coming into the device and can become a bottleneck as shown in the diagram below.

クラウド アーカイブ

複数の同時実行ユーザーが、仮想アレイにアクセスする場合、そのユーザーすべてが Azure への接続を共有するため、パフォーマンスが低下します。When multiple concurrent users access the virtual array, they all share the connection to Azure leading to a lower performance. ユーザーごとのパフォーマンスの保証はなく、要求を受信すると、デバイスは要求を個別に処理します。There is no guaranteed performance per user and the device processes individual requests as they arrive.

StorSimple Virtual Array は、高可用性を必要とするワークロードには適していません。StorSimple Virtual Array is not suitable for workloads that require high availability. 仮想アレイは、ソフトウェア更新プログラムがインストールされるときに、ダウンタイムが発生する単一ノードのデバイスです。The virtual array is a single node device that experiences downtime when software updates are installed. 管理者は、30 分のメンテナンス時間を 1 年あたり 3 ~ 4 回計画する必要があります。Administrators should plan for a maintenance window of 30 minutes 3-4 times per year.

WorkflowsWorkflows

StorSimple Virtual Array は、次のワークフローに特に適してします。The StorSimple Virtual Array is particularly suitable for the following workflows:

クラウドベースのストレージ管理Cloud-based storage management

Azure Portal で実行されている StorSimple Device Manager サービスを使用して、複数のデバイスや複数の場所に保存されたデータを管理できます。You can use the StorSimple Device Manager service running in the Azure portal to manage data stored on multiple devices and in multiple locations. これは、分散型ブランチ シナリオで特に役立ちます。This is particularly useful in distributed branch scenarios. 仮想アレイと StorSimple 物理デバイスを管理する StorSimple Device Manager サービスのインスタンスを個別に作成する必要があります。Note that you must create separate instances of the StorSimple Device Manager service to manage virtual arrays and physical StorSimple devices. また、仮想アレイでは、Azure クラシック ポータルではなく、新しい Azure Portal を使用するようになりました。Also note that the virtual array now uses the new Azure portal instead of the Azure classic portal.

クラウドベースのストレージ管理

場所に依存しないバックアップLocation-independent backup

仮想アレイでは、クラウド スナップショットによって、ボリュームまたは共有の場所に依存しない特定時点のコピーが提供されます。With the virtual array, cloud snapshots provide a location-independent, point-in-time copy of a volume or share. クラウド スナップショットは既定で有効になっており、無効にすることはできません。Cloud snapshots are enabled by default and cannot be disabled. 単一の日次バックアップ ポリシーによって、すべてのボリュームと共有が同時にバックアップされます。また、必要に応じて、追加のアドホック バックアップを作成することもできます。All volumes and shares are backup up at the same time through a single daily backup policy, and you can take additional ad hoc backups whenever necessary.

データ保護とディザスター リカバリーData protection and disaster recovery

仮想アレイでは、次のデータ保護とディザスター リカバリーのシナリオをサポートします。The virtual array supports the following data protection and disaster recovery scenarios:

  • ボリュームまたは共有の復元 - ボリュームまたは共有を回復する新しいワークフローとして復元を使用します。Volume or share restore – Use the restore as new workflow to recover a volume or share. この手法を使用して、ボリュームまたは共有全体を回復します。Use this approach to recover the entire volume or share.
  • 項目レベルの回復 - 共有により、最近のバックアップへのアクセスを簡素化できます。Item-level recovery – Shares allow simplified access to recent backups. クラウドで利用できる特別な .backup フォルダーから、個々のファイルを簡単に回復できます。You can easily recover an individual file from a special .backup folder available in the cloud. この復元機能はユーザー主導型であり、管理者の介入は不要です。This restore capability is user-driven and no administrative intervention is required.
  • ディザスター リカバリー - フェールオーバー機能を使用して、すべてのボリュームまたは共有を新しい仮想アレイに回復します。Disaster recovery – Use the failover capability to recover all volumes or shares to a new virtual array. 新しい仮想アレイを作成して StorSimple Device Manager サービスに登録し、元の仮想アレイをフェールオーバーします。You create the new virtual array and register it with the StorSimple Device Manager service, then fail over the original virtual array. プロビジョニング済みのリソースは、新しい仮想アレイが引き継ぎます。The new virtual array will then assume the provisioned resources.

StorSimple Virtual Array のコンポーネントStorSimple Virtual Array components

仮想アレイには、次のコンポーネントがあります。The virtual array includes the following components:

  • 仮想アレイ - 仮想化環境またはハイパーバイザーにプロビジョニングされた仮想マシンに基づくハイブリッド クラウド ストレージ デバイス。Virtual array – A hybrid cloud storage device based on a virtual machine provisioned in your virtualized environment or hypervisor.
  • StorSimple Device Manager サービス - さまざまな地理的場所からアクセスできる単一の Web インターフェイスから、1 つ以上の StorSimple デバイスを管理できる、Azure Portal の拡張機能。StorSimple Device Manager service – An extension of the Azure portal that lets you manage one or more StorSimple devices from a single web interface that you can access from different geographical locations. StorSimple Device Manager サービスを使用して、サービスの作成と管理、デバイスやアラートの表示と管理、ボリューム、共有、既存のスナップショットの管理を行うことができます。You can use the StorSimple Device Manager service to create and manage services, view and manage devices and alerts, and manage volumes, shares, and existing snapshots.
  • ローカル Web ユーザー インターフェイス - デバイスの構成に使用する Web ベースの UI。この UI を使用して、ローカル ネットワークに接続し、デバイスを StorSimple Device Manager サービスに登録できます。Local web user interface – A web-based UI that is used to configure the device so that it can connect to the local network, and then register the device with the StorSimple Device Manager service.
  • コマンド ライン インターフェイス - StorSimple Virtual Array でサポート セッションを開始する際に使用できる Windows PowerShell インターフェイス。Command-line interface – A Windows PowerShell interface that you can use to start a support session on the virtual array. 以降のセクションでは、これらのコンポーネントについてそれぞれ説明します。また、このソリューションでデータを整理し、ストレージを割り当て、ストレージ管理とデータ保護を容易にする方法について説明します。The following sections describe each of these components in greater detail and explain how the solution arranges data, allocates storage, and facilitates storage management and data protection.

仮想アレイVirtual array

仮想アレイは、プライマリ ストレージを提供し、クラウド ストレージとの通信を管理する単一ノード ストレージ ソリューションです。仮想アレイでは、デバイス上に保存されたすべてのデータのセキュリティと機密性も確保されます。The virtual array is a single-node storage solution that provides primary storage, manages communication with cloud storage, and helps to ensure the security and confidentiality of all data that is stored on the device.

仮想アレイは、ダウンロード可能な 1 つのモデルで使用できます。The virtual array is available in one model that is available for download. 仮想アレイの最大容量は、デバイス上が 6.4 TB (基になるストレージ要件は 8 TB)、クラウド ストレージを含めると 64 TB です。The virtual array has a maximum capacity of 6.4 TB on the device (with an underlying storage requirement of 8 TB) and 64 TB including cloud storage.

仮想アレイには次の特長があります。The virtual array has the following features:

  • コスト効率に優れています。It is cost effective. 既存の仮想化インフラストラクチャを使用し、既存の Hyper-V または VMware ハイパーバイザーにデプロイできます。It makes use of your existing virtualization infrastructure and can be deployed on your existing Hyper-V or VMware hypervisor.
  • Virtual Array はデータセンターにあり、iSCSI サーバーまたはファイル サーバーとして構成できます。It resides in the datacenter and can be configured as an iSCSI server or a file server.
  • クラウドと統合されています。It is integrated with the cloud.
  • バックアップはクラウドに保存されるので、ディザスター リカバリーが容易になり、項目レベルの回復 (ILR) を簡素化できます。Backups are stored in the cloud, which can facilitate disaster recovery and simplify item-level recovery (ILR).
  • 物理デバイスと同様に、仮想アレイには更新プログラムを適用できます。You can apply updates to the virtual array, just as you would apply them to a physical device.

注意

仮想アレイを拡張することはできません。A virtual array cannot be expanded. そのため、仮想アレイの作成時に十分なストレージをプロビジョニングすることが重要です。Therefore, it's important to provision adequate storage when you create the virtual array.

StorSimple Device Manager サービスStorSimple Device Manager service

Microsoft Azure StorSimple には Web ベースのユーザー インターフェイス (StorSimple Device Manager サービス) があり、クラウド ストレージを一元管理できます。Microsoft Azure StorSimple provides a web-based user interface, the StorSimple Device Manager service, that enables you to centrally manage StorSimple storage. StorSimple Device Manager サービスを使用して、次のタスクを実行できます。You can use the StorSimple Device Manager service to perform the following tasks:

  • 1 つのサービスから複数の StorSimple Virtual Array を管理する。Manage multiple StorSimple Virtual Arrays from a single service.
  • StorSimple Virtual Array のセキュリティ設定を構成、管理する Configure and manage security settings for StorSimple Virtual Arrays. (クラウドでの暗号化には、Microsoft Azure API を利用)。(Encryption in the cloud is dependent on Microsoft Azure APIs.)
  • ストレージ アカウントの資格情報とプロパティを構成する。Configure storage account credentials and properties.
  • ボリュームまたは共有を構成および管理する。Configure and manage volumes or shares.
  • ボリュームまたは共有上のデータをバックアップおよび復元する。Back up and restore data on volumes or shares.
  • パフォーマンスを監視する。Monitor performance.
  • システム設定を確認し、問題の可能性を特定する。Review system settings and identify possible problems.

StorSimple Device Manager サービスを使用して、仮想アレイの日常的な管理を行います。You use the StorSimple Device Manager service to perform daily administration of your virtual array.

詳細については、「StorSimple Device Manager サービスを使用した StorSimple デバイスの管理」をご覧ください。For more information, go to Use the StorSimple Device Manager service to administer your StorSimple device.

ローカル Web ユーザー インターフェイスLocal web user interface

仮想アレイには、1 回限りの構成と StorSimple Device Manager サービスへのデバイスの登録に使用する Web ベースの UI が用意されています。The virtual array includes a web-based UI that is used for one-time configuration and registration of the device with the StorSimple Device Manager service. この UI を使用して、仮想アレイのシャットダウンと再起動、診断テストの実行、ソフトウェアの更新、デバイス管理者のパスワードの変更、システム ログの表示、サービス要求を送信するための Microsoft サポートへの連絡を行うことができます。You can use it to shut down and restart the virtual array, run diagnostic tests, update software, change the device administrator password, view system logs, and contact Microsoft Support to file a service request.

Web ベースの UI の使用方法については、「 Web UI を使用した StorSimple Virtual Array の管理」をご覧ください。For information about using the web-based UI, go to Use the web-based UI to administer your StorSimple Virtual Array.

コマンド ライン インターフェイスCommand-line interface

付属の Windows PowerShell インターフェイスを使用して、Microsoft サポートとのサポート セッションを開始できます。サポート セッションは、Microsoft サポートが仮想アレイで発生する問題のトラブルシューティングを行い、解決するのに役立ちます。The included Windows PowerShell interface enables you to initiate a support session with Microsoft Support so that they can help you troubleshoot and resolve issues that you might encounter on your virtual array.

ストレージ管理テクノロジStorage management technologies

仮想アレイと他のコンポーネントに加え、StorSimple ソリューションでは次のソフトウェア テクノロジを使用して、重要なデータへの迅速なアクセス、ストレージ使用量の削減、仮想アレイに保存されているデータの保護を実現します。In addition to the virtual array and other components, the StorSimple solution uses the following software technologies to provide quick access to important data, reduce storage consumption, and protect data stored on your virtual array:

自動ストレージ階層化Automatic storage tiering

仮想アレイでは、新しい階層化メカニズムを使用して、仮想アレイとクラウド全体にわたり、保存されているデータを管理します。The virtual array uses a new tiering mechanism to manage stored data across the virtual array and the cloud. 層はローカル 仮想アレイと Azure クラウド ストレージの 2 つだけです。There are only two tiers: the local virtual array and Azure cloud storage. StorSimple Virtual Array では、現在の使用状況、データの古さ、および他のデータとの関係を追跡するヒート マップに基づいて、データを自動的に各層に配置します。The StorSimple Virtual Array automatically arranges data into the tiers based on a heat map, which tracks current usage, age, and relationships to other data. 使用頻度が最も高い (最もホットな) データはローカルに保存され、使用頻度の低いデータとまったく使用されていないデータは自動的にクラウドに移行されます Data that is most active (hottest) is stored locally, while less active and inactive data is automatically migrated to the cloud. (バックアップはすべてクラウドに保存されます)。StorSimple は、使用パターンの変化に応じて、データとストレージの割り当てを調整し、再整理します。(All backups are stored in the cloud.) StorSimple adjusts and rearranges data and storage assignments as usage patterns change. たとえば、時間の経過と共に一部の情報があまりアクティブではなくなったとします。For example, some information might become less active over time. 使用頻度が徐々に低下してくると、そのデータはクラウドに階層化されます。As it becomes progressively less active, it is tiered out to the cloud. この同じデータの使用頻度が再び高くなると、ストレージ アレイに階層化されます。If that same data becomes active again, it is tiered in to the storage array.

特定の階層化された共有またはボリュームのデータには、独自のローカル層スペース (その共有またはボリュームにプロビジョニングされている領域の合計の約 10%) が保証されます。Data for a particular tiered share or volume is guaranteed its own local tier space (approximately 10% of the total provisioned space for that share or volume). これにより、仮想アレイの、その共有またはボリュームの使用可能ストレージが減ると同時に、ある共有またはボリュームの階層化が、他の共有またはボリュームの階層化のニーズによる影響を受けることはなくなります。While this reduces the available storage on the virtual array for that share or volume, it ensures that tiering for one share or volume will not be affected by the tiering needs of other shares or volumes. そのため、共有またはボリュームに非常にビジーなワークロードがあっても、他のすべてのワークロードをクラウドに強制的に移行することはできません。Thus a very busy workload on one share or volume cannot force all other workloads to the cloud.

iSCSI 用に作成された階層型ボリュームは、ボリュームのサイズに関係なく、最大 200 GB のローカル予約領域を持っています。Tiered volumes created for iSCSI have a maximum local reservation of 200 GB regardless of the size of the volume.

自動ストレージ階層化

注意

ボリュームをローカル固定として指定できます。この場合、データは仮想アレイ上に保持され、クラウドに階層化されることはありません。You can specify a volume as locally pinned, in which case the data remains on the virtual array and is never tiered to the cloud. 詳細については、「 ローカル固定共有/ボリューム」をご覧ください。For more information, go to Locally pinned shares and volumes.

ローカル固定共有/ボリュームLocally pinned shares and volumes

適切な共有およびボリュームをローカル固定として作成できます。You can create appropriate shares and volumes as locally pinned. この機能により、重要なアプリケーションに必要なデータを仮想アレイに保持し、クラウドに階層化されないようにできます。This capability ensures that data required by critical applications remains in the virtual array and is never tiered to the cloud. ローカル固定共有/ボリュームには次の特長があります。Locally pinned shares and volumes have the following features:

  • クラウドの待機時間や接続の問題による影響を受けることはありません。They are not subject to cloud latencies or connectivity issues.
  • StorSimple のクラウド バックアップとディザスター リカバリー機能から引き続きメリットが得られます。They still benefit from StorSimple cloud backup and disaster recovery features.

ローカル固定共有/ボリュームを階層化として復元することも、階層化共有/ボリュームをローカル固定として復元することもできます。You can restore a locally pinned share or volume as tiered or a tiered share or volume as locally pinned.

ローカル固定ボリュームの詳細については、「 StorSimple Device Manager サービスを使用してボリュームを管理する (Update 2)」をご覧ください。For more information about locally pinned volumes, go to Use the StorSimple Device Manager service to manage volumes.

クラウドに階層化またはバックアップされたデータの重複除去と圧縮Deduplication and compression for data tiered or backed up to the cloud

StorSimple では、重複除去とデータ圧縮を使用して、クラウドでのストレージ要件をさらに削減します。StorSimple uses deduplication and data compression to further reduce storage requirements in the cloud. 重複除去では、格納されているデータ セットの重複を除去してデータを圧縮します。Deduplication reduces the overall amount of data stored by eliminating redundancy in the stored data set. 情報が変更されると、StorSimple は、変更されていないデータを無視して変更内容のみを取り込みます。As information changes, StorSimple ignores the unchanged data and captures only the changes. さらに、重複する情報を特定して削除することで、保存されるデータの量を減らします。In addition, StorSimple reduces the amount of stored data by identifying and removing duplicate information.

注意

仮想アレイに保存されたデータは、重複除去も圧縮もされません。Data stored on the virtual array is not deduplicated or compressed. すべての重複除去と圧縮は、データがクラウドに送信される直前に実行されます。All deduplication and compression occurs just before the data is sent to the cloud.

スケジュールされたバックアップとオンデマンド バックアップScheduled and on-demand backups

StorSimple のデータ保護機能を使用すると、オンデマンド バックアップを作成できます。StorSimple data protection features enable you to create on-demand backups. また、既定のバックアップ スケジュールにより、データが毎日バックアップされます。Additionally, a default backup schedule ensures that data is backed up daily. バックアップは増分スナップショットの形で作成され、クラウドに保存されます。Backups are taken in the form of incremental snapshots, which are stored in the cloud. 前回のバックアップ以降の変更だけを記録するスナップショットを作成し、すばやく復元できます。Snapshots, which record only the changes since the last backup, can be created and restored quickly. これらのスナップショットは、セカンダリ ストレージ システム (テープ バックアップなど) に代わるものであり、必要に応じてデータセンターまたは代替サイトにデータを復元することが可能となるため、ディザスター リカバリー シナリオで非常に重要になります。These snapshots can be critically important in disaster recovery scenarios because they replace secondary storage systems (such as tape backup), and allow you to restore data to your datacenter or to alternate sites if necessary.

個人情報の管理Managing personal information

仮想シリーズの StorSimple デバイス マネージャーは、2 つのキー インスタンスに個人情報を収集します。The StorSimple Device Manager for virtual series collects personal information in two key instances:

  • ユーザーのメール アドレスが構成されているアラート ユーザー設定。Alert user settings where email addresses of users are configured. この情報は、管理者がクリアできます。This information can be cleared by the administrator.
  • 共有に存在するデータにアクセスできるユーザー。Users who can access the data residing on the shares. 共有データにアクセスできるユーザーの一覧が表示され、エクスポートできるようになります。A list of users who can access the share data is displayed and can be exported. 共有が削除されると、この一覧も削除されます。This list is also deleted when the shares is deleted.

詳細については、セキュリティ センターにある Microsoft のプライバシー ポリシーを確認してください。For more information, review the Microsoft Privacy policy at Trust Center.

次の手順Next steps

仮想アレイ ポータルを準備する方法を確認します。Learn how to prepare the virtual array portal.