StorSimple 8000 シリーズ: ハイブリッド クラウド ストレージ ソリューションStorSimple 8000 series: a hybrid cloud storage solution

重要

StorSimple 8000 シリーズは 2022 年 12 月に提供終了となります。StorSimple 8000 series will reach its end-of-life in December 2022. StorSimple 8000 シリーズを新しくデプロイすることを検討している場合、ワークロード用として Azure File SyncAzure Data Box オンライン デバイスなどの代替製品を検討することをお勧めします。If you are considering new deployments of StorSimple 8000 series, we recommend that you explore other alternatives such as Azure File Sync or Azure Data Box Online devices for your workloads.

概要Overview

Microsoft Azure StorSimple へようこそ。StorSimple は、オンプレミスのデバイスと Microsoft Azure クラウド ストレージとの間で実行されるストレージ タスクを管理する統合ストレージ ソリューションです。Welcome to Microsoft Azure StorSimple, an integrated storage solution that manages storage tasks between on-premises devices and Microsoft Azure cloud storage. StorSimple は、企業のストレージとデータ保護に伴う多くの問題を解消し、費用を削減する、効率と経済性、管理性に優れた記憶域ネットワーク (SAN) ソリューションです。StorSimple is an efficient, cost-effective, and easily manageable storage area network (SAN) solution that eliminates many of the issues and expenses associated with enterprise storage and data protection. クラウド サービスと連携し、独自開発の StorSimple 8000 シリーズ デバイス、管理ツールを使用して、クラウド ストレージを含め、企業が保有するすべてのストレージをシームレスに表示します。It uses the proprietary StorSimple 8000 series device, integrates with cloud services, and provides a set of management tools for a seamless view of all enterprise storage, including cloud storage. (Microsoft Azure の Web サイトで発行されている StorSimple のデプロイメントに関する情報は、StorSimple 8000 シリーズ デバイスのみに適用されます。(The StorSimple deployment information published on the Microsoft Azure website applies to StorSimple 8000 series devices only. StorSimple 5000/7000 シリーズ デバイスをご利用の場合、StorSimple ヘルプにお進みください。)If you are using a StorSimple 5000/7000 series device, go to StorSimple Help.)

StorSimple では、 ストレージ階層化 を使用し、さまざまなストレージ メディアに格納されているデータを管理します。StorSimple uses storage tiering to manage stored data across various storage media. 現在作業中のセットはオンプレミスのソリッド ステート ドライブ (SSD) へ、あまり頻繁に使用しないデータはハード ディスク ドライブ (HDD) へ格納され、アーカイブ化したデータはクラウドへプッシュされます。The current working set is stored on-premises on solid state drives (SSDs), data that is used less frequently is stored on hard disk drives (HDDs), and archival data is pushed to the cloud. また、StorSimple 圧縮を使用して、データが消費するストレージの量を削減します。Moreover, StorSimple uses deduplication and compression to reduce the amount of storage that the data consumes. 詳細については、「 重複除去と圧縮」を参照してください。For more information, go to Deduplication and compression. StorSimple 8000 シリーズの文書で使用されている他の用語と概念の定義については、本記事の終わりに収録されている「 StorSimple 用語集 」を参照してください。For definitions of other key terms and concepts used in the StorSimple 8000 series documentation, go to StorSimple terminology at the end of this article.

ストレージ管理に加えて、StorSimple データ保護機能を使用すると、オンデマンド バックアップやスケジュールされたバックアップを作成して、ローカルやクラウドに格納できるようになります。In addition to storage management, StorSimple data protection features enable you to create on-demand and scheduled backups, and then store them locally or in the cloud. バックアップは増分スナップショットの形式で実行されます。これは短時間で作成し、復元できることを意味しています。Backups are taken in the form of incremental snapshots, which means that they can be created and restored quickly. クラウド スナップショットはセカンダリ ストレージ システム (テープ バックアップなど) を置き換え、データセンターにデータを復元したり、必要に応じてサイトを交代できるため、非常に重要になります。Cloud snapshots can be critically important in disaster recovery scenarios because they replace secondary storage systems (such as tape backup), and allow you to restore data to your datacenter or to alternate sites if necessary.

動画アイコン この動画を観ると、Microsoft Azure StorSimple を簡単にインストールできます。Watch the video for a quick introduction to Microsoft Azure StorSimple.

StorSimple を使用する理由Why use StorSimple?

次の表には、Microsoft Azure StorSimple の長所をいくつかまとめてあります。The following table describes some of the key benefits that Microsoft Azure StorSimple provides.

機能Feature 長所Benefit
透過的な統合Transparent integration iSCSI プロトコルを使用して、ユーザーに意識させることなくデータ ストレージ設備を連結します。Uses the iSCSI protocol to invisibly link data storage facilities. データは、その保存先がクラウドであれ、データ センターであれ、リモート サーバーであれ、すべて同じ場所に保存されているように見えます。This ensures that data stored in the cloud, at the datacenter, or on remote servers appears to be stored at a single location.
ストレージ コストの削減Reduced storage costs 現在の需要と照らして妥当な量のローカル ストレージまたはクラウド ストレージを割り当て、必要なときにのみクラウド ストレージを拡張します。Allocates sufficient local or cloud storage to meet current demands and extends cloud storage only when necessary. また、重複するデータを排除 (重複除去) したり圧縮を使用したりすることによって、ストレージの要件と費用を削減します。It further reduces storage requirements and expense by eliminating redundant versions of the same data (deduplication) and by using compression.
ストレージ管理の単純化Simplified storage management オンプレミス、リモート サーバー、およびクラウドに保存されているデータを構成して管理するためのシステム管理ツールが用意されています。Provides system administration tools to configure and manage data stored on-premises, on a remote server, and in the cloud. 加えて、バックアップと復元の機能は、Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインから管理することができます。Additionally, you can manage backup and restore functions from a Microsoft Management Console (MMC) snap-in.
ディザスター リカバリーとコンプライアンスの強化Improved disaster recovery and compliance 時間のかかる復旧は必要ありません。Does not require extended recovery time. データは必要に応じて復元されます。Instead, it restores data as it is needed. つまり、最小限の中断で通常の業務を継続することができます。This means normal operations can continue with minimal disruption. また、バックアップ スケジュールとデータ保持の設定を指定したポリシーを構成できます。Additionally, you can configure policies to specify backup schedules and data retention.
データのモビリティData mobility Microsoft Azure クラウド サービスにアップロードしたデータに他のサイトからアクセスし、復旧や移行の用途に利用することができます。Data uploaded to Microsoft Azure cloud services can be accessed from other sites for recovery and migration purposes. また、Microsoft Azure で実行されている仮想マシン (VM) に対して、StorSimple を使用して StorSimple Cloud Appliance を構成することができます。Additionally, you can use StorSimple to configure StorSimple Cloud Appliances on virtual machines (VMs) running in Microsoft Azure. この VM は、仮想デバイスを使用して、保存されているデータにアクセスし、テスト目的や復旧に利用することができます。The VMs can then use virtual devices to access stored data for test or recovery purposes.
ビジネス継続性Business continuity StorSimple 5000 ~ 7000 シリーズのユーザーは、データを StorSimple 8000 シリーズのデバイスに移行できます。Allows StorSimple 5000-7000 series users to migrate their data to a StorSimple 8000 series device.
Azure Government ポータルで入手可能Availability in the Azure Government Portal StorSimple は、Azure Government ポータルから入手できます。StorSimple is available in the Azure Government Portal. 詳細については、「 Government Portal でのオンプレミスの StorSimple デバイスのデプロイ」を参照してください。For more information, see Deploy your on-premises StorSimple device in the Government Portal.
データの保護と可用性Data protection and availability StorSimple 8000 シリーズでは、ローカル冗長ストレージ (LRS) と geo 冗長ストレージ (GRS) に加えて、ゾーン冗長ストレージ (ZRS) もサポートします。The StorSimple 8000 series supports Zone Redundant Storage (ZRS), in addition to Locally Redundant Storage (LRS) and Geo-redundant storage (GRS). ZRS の詳細については、 Azure Storage の冗長オプションに関する記事 を参照してください。Refer to this article on Azure Storage redundancy options for ZRS details.
クリティカル アプリケーションのサポートSupport for critical applications StorSimple を使用してローカル固定ボリュームに適したボリュームを識別し、クリティカル アプリケーションで必要なデータがクラウドに階層化されないようにすることができます。StorSimple lets you identify appropriate volumes as locally pinned which in turn ensures that data required by critical applications is not tiered to the cloud. ローカル固定ボリュームは、クラウドの待機時間や接続の問題によって影響を受けることはありません。Locally pinned volumes are not subject to cloud latencies or connectivity issues. ローカル固定ボリュームの詳細については、「StorSimple Device Manager サービスを使用してボリュームを管理する」をご覧ください。For more information about locally pinned volumes, see Use the StorSimple Device Manager service to manage volumes.
短い待機時間と高いパフォーマンスLow latency and high performance Azure Premium Storage の高いパフォーマンスと短い待機時間の特徴を活用するクラウド アプライアンスを作成できます。You can create cloud appliances that take advantage of the high performance, low latency features of Azure premium storage. StorSimple Premium クラウド アプライアンスの詳細については、Azure での StorSimple Cloud Appliance のデプロイと管理に関する記事を参照してください。For more information about StorSimple premium cloud appliances, see Deploy and manage a StorSimple Cloud Appliance in Azure.

StorSimple のコンポーネントStorSimple components

Microsoft Azure StorSimple ソリューションには、次のコンポーネントが含まれています。The Microsoft Azure StorSimple solution includes the following components:

  • Microsoft Azure StorSimple デバイス - SSD と HDD に冗長コントローラーと自動フェールオーバー機能を組み合わせた、オンプレミスのハイブリッド ストレージ アレイです。Microsoft Azure StorSimple device – an on-premises hybrid storage array that contains SSDs and HDDs, together with redundant controllers and automatic failover capabilities. ストレージの階層管理はコントローラーによって行われます。現在使用されているデータ (ホット データ) はローカル ストレージ (デバイスまたはオンプレミス サーバー) に配置され、使用頻度の低いデータはクラウドに移動されます。The controllers manage storage tiering, placing currently used (or hot) data on local storage (in the device or on-premises servers), while moving less frequently used data to the cloud.
  • StorSimple Cloud Appliance - 物理的なハイブリッド ストレージ デバイスのアーキテクチャと大部分の機能をそのまま再現したソフトウェア版の StorSimple デバイスです (別名 StorSimple Virtual Appliance)。StorSimple Cloud Appliance – also known as the StorSimple Virtual Appliance, this is a software version of the StorSimple device that replicates the architecture and most capabilities of the physical hybrid storage device. StorSimple Cloud Appliance は、Azure 仮想マシン内の単一ノードで動作します。The StorSimple Cloud Appliance runs on a single node in an Azure virtual machine. Azure Premium Storage を利用する Premium 仮想デバイスは、Update 2 以降で使用できます。Premium virtual devices, which take advantage of Azure premium storage, are available in Update 2 and later.
  • StorSimple デバイス マネージャー サービス - StorSimple デバイスまたは StorSimple Cloud Appliance を単一の Web インターフェイスから管理できる、Azure ポータルの拡張機能です。StorSimple Device Manager service – an extension of the Azure portal that lets you manage a StorSimple device or StorSimple Cloud Appliance from a single web interface. StorSimple デバイス マネージャー サービスを使用して、サービスの作成と管理、デバイスの表示と管理、アラートの表示、ボリュームの管理、バックアップ ポリシーやバックアップ カタログの表示と管理を行うことができます。You can use the StorSimple Device Manager service to create and manage services, view and manage devices, view alerts, manage volumes, and view and manage backup policies and the backup catalog.
  • StorSimple 用 Windows PowerShell - StorSimple デバイスの管理に使用するコマンドライン インターフェイスです。Windows PowerShell for StorSimple – a command-line interface that you can use to manage the StorSimple device. StorSimple 用 Windows PowerShell の機能を使って、StorSimple デバイスの登録、デバイスのネットワーク インターフェイスの構成、特定の種類の更新プログラムのインストール、サポート セッションへのアクセスによるデバイスのトラブルシューティング、デバイスの状態の変更などを行うことができます。Windows PowerShell for StorSimple has features that allow you to register your StorSimple device, configure the network interface on your device, install certain types of updates, troubleshoot your device by accessing the support session, and change the device state. StorSimple 用 Windows PowerShell には、シリアル コンソールに接続するか、Windows PowerShell リモート処理を使用してアクセスできます。You can access Windows PowerShell for StorSimple by connecting to the serial console or by using Windows PowerShell remoting.
  • StorSimple 用 Azure PowerShell コマンドレット – コマンドラインからのサービス レベル タスクと移行タスクを自動化することができる Windows PowerShell コマンドレットのコレクションです。Azure PowerShell StorSimple cmdlets – a collection of Windows PowerShell cmdlets that allow you to automate service-level and migration tasks from the command line. StorSimple 用の Azure PowerShell コマンドレットの詳細については、「 コマンドレット リファレンス」を参照してください。For more information about the Azure PowerShell cmdlets for StorSimple, go to the cmdlet reference.
  • StorSimple Snapshot Manager - ボリューム グループと Windows ボリューム シャドウ コピー サービスを使用してアプリケーション整合性のあるバックアップを生成する MMC スナップインです。StorSimple Snapshot Manager – an MMC snap-in that uses volume groups and the Windows Volume Shadow Copy Service to generate application-consistent backups. また、StorSimple Snapshot Manager を使用して、バックアップ スケジュールを作成したり、ボリュームを複製または復元したりすることもできます。In addition, you can use StorSimple Snapshot Manager to create backup schedules and clone or restore volumes.
  • SharePoint 用 StorSimple アダプター - Microsoft Azure StorSimple のストレージとデータ保護を SharePoint サーバー ファームにまで透過的に拡張すると共に、SharePoint サーバーの全体管理ポータルで Azure StorSimple ストレージを表示して管理できるようにするツールです。StorSimple Adapter for SharePoint – a tool that transparently extends Microsoft Azure StorSimple storage and data protection to SharePoint Server farms, while making StorSimple storage viewable and manageable from the SharePoint Central Administration portal.

次の図は、Microsoft Azure StorSimple のアーキテクチャとコンポーネントの全体像を示したものです。The diagram below provides a high-level view of the Microsoft Azure StorSimple architecture and components.

StorSimple のアーキテクチャ

以降のセクションでは、これらのコンポーネントについてそれぞれ説明します。また、このソリューションでデータを整理し、ストレージを割り当て、ストレージ管理とデータ保護を容易にする方法について説明します。The following sections describe each of these components in greater detail and explain how the solution arranges data, allocates storage, and facilitates storage management and data protection. 最後のセクションでは、StorSimple のコンポーネントとその管理に関連する重要な用語と概念を定義します。The last section provides definitions for some of the important terms and concepts related to StorSimple components and their management.

StorSimple デバイスStorSimple device

Microsoft Azure StorSimple デバイスは、プライマリ ストレージを備え、このストレージに保存されているデータに対する iSCSI アクセスをサポートするオンプレミス ハイブリッド ストレージ デバイスです。The Microsoft Azure StorSimple device is an on-premises hybrid storage array that provides primary storage and iSCSI access to data stored on it. また、クラウド ストレージとの通信を管理し、Microsoft Azure StorSimple ソリューションに格納されているすべてのデータのセキュリティと機密性の確保をサポートしています。It manages communication with cloud storage, and helps to ensure the security and confidentiality of all data that is stored on the Microsoft Azure StorSimple solution.

StorSimple デバイスには、SSD とハード ディスク ドライブ (HDD) が含まれており、クラスタリングと自動フェールオーバーもサポートしています。The StorSimple device includes SSDs and hard disk drives HDDs, as well as support for clustering and automatic failover. また、共有プロセッサ、共有ストレージ、および 2 つのミラーリングされたコントローラーが含まれています。It contains a shared processor, shared storage, and two mirrored controllers. 各コントローラーは、次の機能を提供しています。Each controller provides the following:

  • ホスト コンピューターへの接続Connection to a host computer
  • ローカル エリア ネットワーク (LAN) に接続するための最大 6 個のネットワーク ポートUp to six network ports to connect to the local area network (LAN)
  • ハードウェアの監視Hardware monitoring
  • 非揮発性ランダム アクセス メモリ (NVRAM) (停電した場合でも情報が保持されます)Non-volatile random access memory (NVRAM), which retains information even if power is interrupted
  • クラスター対応更新: フェールオーバー クラスター内のサーバーでソフトウェアの更新を管理することで、更新によるサービスの可用性への影響を最小限にするか、まったくないようにしますCluster-aware updating to manage software updates on servers in a failover cluster so that the updates have minimal or no effect on service availability
  • クラスター サービス: バックエンド クラスターのように機能して高可用性を提供し、HDD または SSD に障害が発生した場合やオフラインになった場合に発生する可能性がある悪影響を最小限に抑えますCluster service, which functions like a back-end cluster, providing high availability and minimizing any adverse effects that might occur if an HDD or SSD fails or is taken offline

どの時点でも、1 つのコントローラーのみがアクティブです。Only one controller is active at any point in time. アクティブなコントローラーに障害が発生すると、2 つ目のコントローラーが自動的にアクティブになります。If the active controller fails, the second controller becomes active automatically.

詳細については、「 StorSimple のハードウェア コンポーネントと状態」を参照してください。For more information, go to StorSimple hardware components and status.

StorSimple Cloud ApplianceStorSimple Cloud Appliance

StorSimple を使用して、物理的なハイブリッド ストレージ デバイスのアーキテクチャと機能を再現するクラウド アプライアンスを作成できます。You can use StorSimple to create a cloud appliance that replicates the architecture and capabilities of the physical hybrid storage device. StorSimple Cloud Appliance (StorSimple Virtual Appliance とも言います) は、Azure 仮想マシン内の単一ノードで動作しますThe StorSimple Cloud Appliance (also known as the StorSimple Virtual Appliance) runs on a single node in an Azure virtual machine. (クラウド アプライアンスは、Azure 仮想マシン上にのみ作成できます。(A cloud appliance can only be created on an Azure virtual machine. StorSimple デバイスまたはオンプレミス サーバーには作成できません)。You cannot create one on a StorSimple device or an on-premises server.)

クラウド アプライアンスには、次の機能があります。The cloud appliance has the following features:

  • 物理アプライアンスのように動作し、クラウドの仮想マシンに iSCSI インターフェイスを提供できます。It behaves like a physical appliance and can offer an iSCSI interface to virtual machines in the cloud.
  • クラウド アプライアンスは、クラウド内に無制限に作成でき、必要に応じてオン/オフを切り替えることができます。You can create an unlimited number of cloud appliances in the cloud, and turn them on and off as necessary.
  • 障害復旧、開発、テストなどのシナリオでオンプレミスの環境をシミュレーションし、アイテムレベルでバックアップから復旧できます。It can help simulate on-premises environments in disaster recovery, development, and test scenarios, and can help with item-level retrieval from backups.

StorSimple Cloud Appliance は 8010 デバイス (旧称: 1100 モデル) と 8020 デバイスの 2 つのモデルで利用できます。The StorSimple Cloud Appliance is available in two models: the 8010 device (formerly known as the 1100 model) and the 8020 device. 8010 デバイスの最大容量は 30 TB です。The 8010 device has a maximum capacity of 30 TB. Azure Premium Storage を利用する 8020 デバイスの最大容量は 64 TB です。The 8020 device, which takes advantage of Azure premium storage, has a maximum capacity of 64 TB. (ローカル層では、Azure Premium Storage はデータを SSD に格納するのに対し、Standard Storage はデータを HDD に格納します。)Premium Storage を使用するには、Azure Premium Storage アカウントが必要であることに注意してください。(In local tiers, Azure premium storage stores data on SSDs whereas standard storage stores data on HDDs.) Note that you must have an Azure premium storage account to use premium storage.

StorSimple Cloud Appliance の詳細については、Azure での StorSimple Cloud Appliance のデプロイと管理に関する記事を参照してください。For more information about the StorSimple Cloud Appliance, go to Deploy and manage a StorSimple Cloud Appliance in Azure.

StorSimple デバイス マネージャー サービスStorSimple Device Manager service

Microsoft Azure StorSimple には、データセンターとクラウド ストレージを一元管理できる Web ベースのユーザー インターフェイス (StorSimple デバイス マネージャー サービス) が用意されています。Microsoft Azure StorSimple provides a web-based user interface (the StorSimple Device Manager service) that enables you to centrally manage datacenter and cloud storage. StorSimple Device Manager サービスを使用して、次のタスクを実行できます。You can use the StorSimple Device Manager service to perform the following tasks:

  • StorSimple デバイスのシステム設定を構成する。Configure system settings for StorSimple devices.
  • StorSimple デバイスのセキュリティ設定を構成および管理するConfigure and manage security settings for StorSimple devices.
  • クラウドの資格情報とプロパティを構成する。Configure cloud credentials and properties.
  • サーバー上のボリュームを構成および管理する。Configure and manage volumes on a server.
  • ボリューム グループを構成する。Configure volume groups.
  • データをバックアップおよび復元する。Back up and restore data.
  • パフォーマンスを監視する。Monitor performance.
  • システム設定を確認し、問題の可能性を特定する。Review system settings and identify possible problems.

StorSimple デバイス マネージャー サービスを使用して、システムのダウン タイムが必要なタスク (初回のセットアップや更新プログラムのインストールなど) を除くすべての管理タスクを実行できます。You can use the StorSimple Device Manager service to perform all administration tasks except those that require system down time, such as initial setup and installation of updates.

詳細については、「StorSimple Device Manager サービスを使用した StorSimple デバイスの管理」をご覧ください。For more information, go to Use the StorSimple Device Manager service to administer your StorSimple device.

StorSimple 用 Windows PowerShellWindows PowerShell for StorSimple

StorSimple 用 Windows PowerShell にはコマンドライン インターフェイスがあり、Microsoft Azure StorSimple サービスの作成と管理、および StorSimple デバイスのセットアップと監視に使用できます。Windows PowerShell for StorSimple provides a command-line interface that you can use to create and manage the Microsoft Azure StorSimple service and set up and monitor StorSimple devices. これは Windows PowerShell ベースのコマンドライン インターフェイスであり、StorSimple デバイスの管理専用のコマンドレットが含まれています。It is a Windows PowerShell–based, command-line interface that includes dedicated cmdlets for managing your StorSimple device. StorSimple 用 Windows PowerShell には、次の機能があります。Windows PowerShell for StorSimple has features that allow you to:

  • デバイスを登録する。Register a device.
  • デバイスのネットワーク インターフェイスを構成する。Configure the network interface on a device.
  • 特定の種類の更新プログラムをインストールする。Install certain types of updates.
  • サポート セッションにアクセスしてデバイスのトラブルシューティングを行う。Troubleshoot your device by accessing the support session.
  • デバイスの状態を変更する。Change the device state.

StorSimple 用 Windows PowerShell には、(デバイスに直接接続されているホスト コンピューター上の) シリアル コンソールを使用してアクセスできるほか、Windows PowerShell リモート処理を使用してリモート アクセスできます。You can access Windows PowerShell for StorSimple from a serial console (on a host computer connected directly to the device) or remotely by using Windows PowerShell remoting. デバイスの最初の登録など、StorSimple 用 Windows PowerShell の一部のタスクは、シリアル コンソールでのみ実行できます。Note that some Windows PowerShell for StorSimple tasks, such as initial device registration, can only be done on the serial console.

詳細については、「 Windows PowerShell for StorSimple を使用してデバイスを管理する」を参照してください。For more information, go to Use Windows PowerShell for StorSimple to administer your device.

StorSimple 用 Azure PowerShell コマンドレットAzure PowerShell StorSimple cmdlets

StorSimple 用 Azure PowerShell コマンドレットは、コマンド ラインからのサービス レベル タスクと移行タスクを自動化することができる Windows PowerShell コマンドレットのコレクションです。The Azure PowerShell StorSimple cmdlets are a collection of Windows PowerShell cmdlets that allow you to automate service-level and migration tasks from the command line. StorSimple 用の Azure PowerShell コマンドレットの詳細については、「 コマンドレット リファレンス」を参照してください。For more information about the Azure PowerShell cmdlets for StorSimple, go to the cmdlet reference.

StorSimple Snapshot ManagerStorSimple Snapshot Manager

StorSimple Snapshot Manager は、ローカル データとクラウド データについて、一貫性のある特定の時点のバックアップ コピーを作成するために使用できる Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインです。StorSimple Snapshot Manager is a Microsoft Management Console (MMC) snap-in that you can use to create consistent, point-in-time backup copies of local and cloud data. スナップインは、Windows Server ベースのホストで動作します。The snap-in runs on a Windows Server–based host. StorSimple Snapshot Manager には、次の機能があります。You can use StorSimple Snapshot Manager to:

  • ボリュームを構成、バックアップ、削除する。Configure, back up, and delete volumes.
  • ボリューム グループを構成してバックアップ データのアプリケーション整合性を確保する。Configure volume groups to ensure that backed up data is application-consistent.
  • 事前に設定したスケジュールに基づいてデータがバックアップされ、指定した場所 (ローカルまたはクラウド) に格納されるように、バックアップ ポリシーを管理する。Manage backup policies so that data is backed up on a predetermined schedule and stored in a designated location (locally or in the cloud).
  • ボリュームと個々のファイルを復元する。Restore volumes and individual files.

バックアップはスナップショットとして取り込まれます。スナップショットは、最後のスナップショットが作成された時点以降の変更内容のみを記録するため、必要なストレージ容量は、完全バックアップよりもはるかに少なくなります。Backups are captured as snapshots, which record only the changes since the last snapshot was taken and require far less storage space than full backups. 必要に応じて、バックアップ スケジュールを作成するか、バックアップを即時に実行することができます。You can create backup schedules or take immediate backups as needed. さらに、StorSimple Snapshot Manager を使用すると、保存するスナップショット数を制御する保持ポリシーを設定できます。Additionally, you can use StorSimple Snapshot Manager to establish retention policies that control how many snapshots will be saved. 後でバックアップからデータを復元するときに、StorSimple Snapshot Manager で、ローカルまたはクラウドのスナップショットのカタログから選択できます。If you subsequently need to restore data from a backup, StorSimple Snapshot Manager lets you select from the catalog of local or cloud snapshots.

障害が発生した場合、または他の理由でデータを復元する必要がある場合、StorSimple Snapshot Manager は必要に応じて段階的に復元します。If a disaster occurs or if you need to restore data for another reason, StorSimple Snapshot Manager restores it incrementally as it is needed. データの復元において、ファイルを復元するとき、機器を交換するとき、または操作を別のサイトに移行するときに、システム全体をシャットダウンする必要はありません。Data restoration does not require that you shut down the entire system while you restore a file, replace equipment, or move operations to another site.

詳細については、「 StorSimple Snapshot Manager についてFor more information, go to What is StorSimple Snapshot Manager?

SharePoint 用 StorSimple アダプターStorSimple Adapter for SharePoint

Microsoft Azure StorSimple には SharePoint 用 StorSimple アダプターが含まれています。これは、StorSimple のストレージおよびデータ保護機能を透過的に SharePoint サーバー ファームに拡張するオプションのコンポーネントです。Microsoft Azure StorSimple includes the StorSimple Adapter for SharePoint, an optional component that transparently extends StorSimple storage and data protection features to SharePoint server farms. このアダプターはリモート BLOB Storage (RBS) プロバイダーおよび SQL Server RBS 機能と連携しているため、Microsoft Azure StorSimple システムでバックアップされるサーバーに BLOB を移動することができます。The adapter works with a Remote Blob Storage (RBS) provider and the SQL Server RBS feature, allowing you to move BLOBs to a server backed up by the Microsoft Azure StorSimple system. Microsoft Azure StorSimple は、使用状況に応じてローカルまたはクラウドに BLOB データを格納します。Microsoft Azure StorSimple then stores the BLOB data locally or in the cloud, based on usage.

SharePoint 用 StorSimple アダプターは、SharePoint サーバーの全体管理ポータル内から管理します。The StorSimple Adapter for SharePoint is managed from within the SharePoint Central Administration portal. そのため、SharePoint は引き続き一元管理することができます。また、すべてのストレージが SharePoint ファーム内にあるように見えます。Consequently, SharePoint management remains centralized, and all storage appears to be in the SharePoint farm.

詳細については、「 SharePoint 用 StorSimple アダプター」を参照してください。For more information, go to StorSimple Adapter for SharePoint.

ストレージ管理テクノロジStorage management technologies

専用の StorSimple デバイス、仮想デバイス、他のコンポーネントに加え、Microsoft Azure StorSimple では、次のソフトウェア テクノロジを使用して、データへの迅速なアクセスを提供し、ストレージの消費を低減しています。In addition to the dedicated StorSimple device, virtual device, and other components, Microsoft Azure StorSimple uses the following software technologies to provide quick access to data and to reduce storage consumption:

自動ストレージ階層化Automatic storage tiering

Microsoft Azure StorSimple では、現在の使用量、保有期間、および他のデータとの関係に基づいて、データが論理階層内で自動的に整理されます。Microsoft Azure StorSimple automatically arranges data in logical tiers based on current usage, age, and relationship to other data. 最もアクティブなデータはローカルに格納され、それほどアクティブではないデータや非アクティブなデータはクラウドに自動的に移行されます。Data that is most active is stored locally, while less active and inactive data is automatically migrated to the cloud. 次の図は、このストレージの手法を示しています。The following diagram illustrates this storage approach.

StorSimple のストレージ階層

迅速なアクセスを可能にするために、StorSimple では、非常にアクティブなデータ (ホット データ) は StorSimple デバイスの SSD に格納されます。To enable quick access, StorSimple stores very active data (hot data) on SSDs in the StorSimple device. また、ときどき使用されるデータ (ウォーム データ) は、デバイスまたはデータ センターにあるサーバーの HDD に格納されます。It stores data that is used occasionally (warm data) on HDDs in the device or on servers at the datacenter. 非アクティブなデータ、バックアップ データ、アーカイブやコンプライアンスの目的で保持されるデータは、クラウドに移動されます。It moves inactive data, backup data, and data retained for archival or compliance purposes to the cloud.

注意

Update 2 以降では、ボリュームをローカル固定として指定できます。その場合、データはローカル デバイス上に保持され、クラウドに階層化されません。In Update 2 or later, you can specify a volume as locally pinned, in which case the data remains on the local device and is not tiered to the cloud.

StorSimple は、使用パターンの変化に応じて、データとストレージの割り当てを調整し、再整理します。StorSimple adjusts and rearranges data and storage assignments as usage patterns change. たとえば、時間の経過と共に一部の情報があまりアクティブではなくなったとします。For example, some information might become less active over time. アクティブな程度の低下に従って、データは SSD から HDD へ、また HDD からクラウドへと移行されます。As it becomes progressively less active, it is migrated from SSDs to HDDs and then to the cloud. この同じデータが再びアクティブになると、また元のストレージ デバイスに移行されます。If that same data becomes active again, it is migrated back to the storage device.

ストレージの階層化プロセスは次のように行われます。The storage tiering process occurs as follows:

  1. システム管理者が、Microsoft Azure のクラウド ストレージ アカウントを設定します。A system administrator sets up a Microsoft Azure cloud storage account.
  2. 管理者は、シリアル コンソールと StorSimple デバイス マネージャー サービス (Azure ポータルで実行) を使用して、デバイスとファイル サーバーを構成し、ボリュームとデータ保護ポリシーを作成します。The administrator uses the serial console and the StorSimple Device Manager service (running in the Azure portal) to configure the device and file server, creating volumes and data protection policies. オンプレミスのコンピューター (ファイル サーバーなど) は、Internet Small Computer System Interface (iSCSI) を使用して StorSimple デバイスにアクセスします。On-premises machines (such as file servers) use the Internet Small Computer System Interface (iSCSI) to access the StorSimple device.
  3. 最初、StorSimple はデバイスの高速 SSD 階層にデータを格納します。Initially, StorSimple stores data on the fast SSD tier of the device.
  4. SSD 階層が容量に近づくと、StorSimple は最も古いデータ ブロックを重複除去して圧縮し、HDD 階層に移動します。As the SSD tier approaches capacity, StorSimple deduplicates and compresses the oldest data blocks, and moves them to the HDD tier.
  5. HDD 階層が容量に近づくと、StorSimple は最も古いデータ ブロックを暗号化し、HTTPS 経由で Microsoft Azure ストレージ アカウントに安全に送信します。As the HDD tier approaches capacity, StorSimple encrypts the oldest data blocks and sends them securely to the Microsoft Azure storage account via HTTPS.
  6. Microsoft Azure はデータセンターとリモート データセンターにデータの複数のレプリカを作成し、障害が発生した場合にデータを復旧できるようにします。Microsoft Azure creates multiple replicas of the data in its datacenter and in a remote datacenter, ensuring that the data can be recovered if a disaster occurs.
  7. クラウドに格納されているデータをファイル サーバーが要求すると、StorSimple はデータをシームレスに返送し、StorSimple デバイスの SSD 階層にコピーを格納します。When the file server requests data stored in the cloud, StorSimple returns it seamlessly and stores a copy on the SSD tier of the StorSimple device.

StorSimple によるクラウド データの管理方法How StorSimple manages cloud data

StorSimple により、すべてのスナップショットとプライマリ データ (ホストによって書き込まれたデータ) にわたって顧客データが重複除去されます。StorSimple deduplicates customer data across all the snapshots and the primary data (data written by hosts). 重複除去はストレージの効率性という点では最適ですが、"クラウド上にどのようなデータがあるのか" という点がわかりにくくなります。While deduplication is great for storage efficiency, it makes the question of “what is in the cloud” complicated. 階層化されたプライマリ データとスナップショット データは互いに重複しています。The tiered primary data and the snapshot data overlap with each other. クラウド内の単一のデータ チャンクは階層化されたプライマリ データとして使用でき、複数のスナップショットから参照することもできます。A single chunk of data in the cloud could be used as tiered primary data and also be referenced by several snapshots. すべてのクラウド スナップショットにおいて、特定の時点のデータすべてのコピーは、そのスナップショットを削除するまでクラウド内に保持されることが保証されています。Every cloud snapshot ensures that a copy of all the point-in-time data is locked into the cloud until that snapshot is deleted.

データは、そのデータへの参照が存在しない場合にのみクラウドから削除されます。Data is only deleted from the cloud when there are no references to that data. たとえば、StorSimple デバイス内の全データのクラウド スナップショットを作成してから、一部のプライマリ データを削除した場合、その "プライマリ データ" はすぐに削除されることがわかります。For example, if we take a cloud snapshot of all the data that is in the StorSimple device and then delete some primary data, we would see the primary data drop immediately. 階層化されたデータとバックアップを含む "クラウド データ" は、そのままの状態で残ります。The cloud data which includes the tiered data and the backups, stays the same. これは、そのクラウド データをまだ参照しているスナップショットがあるためです。This is because there is a snapshot still referencing the cloud data. クラウド スナップショット (および同じデータを参照している他のすべてのスナップショット) が削除されると、クラウドの使用量が減少します。After the cloud snapshot is deleted (and any other snapshot that referenced the same data), cloud consumption drops. クラウド データを削除する前には、そのデータをまだ参照しているスナップショットが存在しないことを確認します。Before we remove cloud data, we check that no snapshots still reference that data. このプロセスは、"ガベージ コレクション" と呼ばれ、デバイスで実行されているバックグラウンド サービスです。This process is called garbage collection and is a background service running on the device. クラウド データの削除は、そのデータへの他の参照を削除前にガベージ コレクション サービスが確認するため、すぐには行われません。Removal of cloud data is not immediate as the garbage collection service checks for other references to that data before the deletion. ガベージ コレクションの速度は、スナップショットの総数と合計データ量によって決まります。The speed of garbage collection depends on the total number of snapshots and the total data. 通常、クラウド データは 1 週間以内にクリーンアップされます。Typically, the cloud data is cleaned up in less than a week.

仮想プロビジョニングThin provisioning

仮想プロビジョニングは、物理リソースを超える空き容量がストレージにあるように見える仮想化テクノロジです。Thin provisioning is a virtualization technology in which available storage appears to exceed physical resources. StorSimple では、事前に十分なストレージを確保するのではなく、仮想プロビジョニングを使用して、現在の要件を満たすために必要な容量のみを割り当てます。Instead of reserving sufficient storage in advance, StorSimple uses thin provisioning to allocate just enough space to meet current requirements. クラウド ストレージの柔軟な性質がこの手法を容易にし、StorSimple は変化する需要に合わせてクラウド ストレージを増減できます。The elastic nature of cloud storage facilitates this approach because StorSimple can increase or decrease cloud storage to meet changing demands.

注意

ローカル固定ボリュームは仮想プロビジョニングされません。Locally pinned volumes are not thinly provisioned. ローカル専用のボリュームに割り当てられたストレージは、ボリュームの作成時に完全にプロビジョニングされます。Storage allocated to a local-only volume is provisioned in its entirety when the volume is created.

重複除去と圧縮Deduplication and compression

Microsoft Azure StorSimple は、重複除去とデータ圧縮を使用して、必要なストレージをさらに減らします。Microsoft Azure StorSimple uses deduplication and data compression to further reduce storage requirements.

重複除去では、格納されているデータ セットの重複を除去してデータを圧縮します。Deduplication reduces the overall amount of data stored by eliminating redundancy in the stored data set. 情報が変更されると、StorSimple は、変更されていないデータを無視して変更内容のみを取り込みます。As information changes, StorSimple ignores the unchanged data and captures only the changes. さらに、StorSimple は、不要な情報を特定して削除することで、格納されるデータの量を減らします。In addition, StorSimple reduces the amount of stored data by identifying and removing unnecessary information.

注意

ローカル固定ボリューム上のデータは、重複除去および圧縮されていません。Data on locally pinned volumes is not deduplicated or compressed. ただし、ローカル固定ボリュームのバックアップは、重複除去され圧縮されています。However, backups of locally pinned volumes are deduplicated and compressed.

StorSimple ワークロードの概要StorSimple workload summary

サポートされる StorSimple ワークロードの概要を、次の表に示します。A summary of the supported StorSimple workloads is tabulated below.

シナリオScenario ワークロードWorkload サポートされていますSupported 制限Restrictions VersionVersion
コラボレーションCollaboration ファイル共有File sharing はいYes すべてのバージョンAll versions
コラボレーションCollaboration 分散ファイル共有Distributed file sharing はいYes すべてのバージョンAll versions
コラボレーションCollaboration SharePointSharePoint はい*Yes* ローカル固定ボリュームでのみサポートSupported only with locally pinned volumes Update 2 以降Update 2 and later
アーカイブArchival 簡易ファイルのアーカイブSimple file archiving はいYes すべてのバージョンAll versions
仮想化Virtualization 仮想マシンVirtual machines はい*Yes* ローカル固定ボリュームでのみサポートSupported only with locally pinned volumes Update 2 以降Update 2 and later
DatabaseDatabase SQLSQL はい*Yes* ローカル固定ボリュームでのみサポートSupported only with locally pinned volumes Update 2 以降Update 2 and later
ビデオの監視Video surveillance ビデオの監視Video surveillance はい*Yes* StorSimple デバイスがこのワークロード専用の場合のみサポートSupported when StorSimple device is dedicated only to this workload Update 2 以降Update 2 and later
バックアップBackup プライマリ対象バックアップPrimary target backup はい*Yes* StorSimple デバイスがこのワークロード専用の場合のみサポートSupported when StorSimple device is dedicated only to this workload Update 3 以降Update 3 and later
バックアップBackup セカンダリ対象バックアップSecondary target backup はい*Yes* StorSimple デバイスがこのワークロード専用の場合のみサポートSupported when StorSimple device is dedicated only to this workload Update 3 以降Update 3 and later

はい* - ソリューション ガイドラインと制限事項を適用する必要があります。Yes* - Solution guidelines and restrictions should be applied.

StorSimple 8000 シリーズ デバイスでは、次のワークロードはサポートされていません。The following workloads are not supported by StorSimple 8000 series devices. StorSimple でデプロイされた場合、これらのワークロードは結果的にサポートされない構成になります。If deployed on StorSimple, these workloads will result in an unsupported configuration.

  • 医用画像Medical imaging
  • ExchangeExchange
  • VDIVDI
  • OracleOracle
  • SAPSAP
  • ビッグ データBig data
  • コンテンツ配信Content distribution
  • SCSI から起動Boot from SCSI

StorSimple がサポートするインフラストラクチャ コンポ―ネントの一覧を次に示します。Following is a list of the StorSimple supported infrastructure components.

シナリオScenario ワークロードWorkload サポートされていますSupported 制限Restrictions VersionVersion
全般General ExpressRouteExpress Route はいYes すべてのバージョンAll versions
全般General DataCore FCDataCore FC はい*Yes* DataCore SANsymphony でサポートSupported with DataCore SANsymphony すべてのバージョンAll versions
全般General DFSRDFSR はい*Yes* ローカル固定ボリュームでのみサポートSupported only with locally pinned volumes すべてのバージョンAll versions
全般General インデックス作成Indexing はい*Yes* 階層化ボリュームでは、メタデータ インデックス作成のみがサポートされます (データなし)。For tiered volumes, only metadata indexing is supported (no data).
ローカル固定ボリュームでは、完全なインデックス作成がサポートされます。For locally pinned volumes, complete indexing is supported.
すべてのバージョンAll versions
全般General ウイルス対策Anti-virus はい*Yes* 階層化ボリュームでは、開くときと閉じるときのみスキャンがサポートされます。For tiered volumes, only scan on open and close is supported.
ローカル固定ボリュームでは、フル スキャンがサポートされます。For locally pinned volumes, full scan is supported.
すべてのバージョンAll versions

はい* - ソリューション ガイドラインと制限事項を適用する必要があります。Yes* - Solution guidelines and restrictions should be applied.

ソリューションをビルドするためにStorSimple と連携して使用されるその他のソフトウェアの一覧を次に示します。Following is a list of other software that are used with StorSimple to build solutions.

ワークロードの種類Workload type StorSimple と連携して使用されるソフトウェアSoftware used with StorSimple サポートされているバージョンSupported versions ソリューション ガイドへのリンクLink to solution guide
バックアップ ターゲットBackup target VeeamVeeam Veeam v 9 以降Veeam v 9 and later Veeam を使用したバックアップ ターゲットとしての StorSimpleStorSimple as a backup target with Veaam
バックアップ ターゲットBackup target Veritas Backup ExecVeritas Backup Exec Backup Exec 16 以降Backup Exec 16 and later Backup Exec を使用したバックアップ ターゲットとしての StorSimpleStorSimple as a backup target with Backup Exec
バックアップ ターゲットBackup target Veritas NetBackupVeritas NetBackup NetBackup 7.7.x 以降NetBackup 7.7.x and later NetBackup を使用したバックアップ ターゲットとしての StorSimpleStorSimple as a backup target with NetBackup
グローバルなファイル共有Global File Sharing
コラボレーションCollaboration
TalonTalon StorSimple と TalonStorSimple with Talon

StorSimple 用語集StorSimple terminology

Microsoft Azure StorSimple ソリューションをデプロイする前に、以下の用語と定義を確認することをお勧めします。Before deploying your Microsoft Azure StorSimple solution, we recommend that you review the following terms and definitions.

重要な用語と定義Key terms and definitions

用語 (頭字語または省略形)Term (Acronym or abbreviation) 説明Description
アクセス制御レコード (ACR)access control record (ACR) ボリュームに接続できるホストを決定する、Microsoft Azure StorSimple デバイス上のボリュームに関連付けられているレコード。A record associated with a volume on your Microsoft Azure StorSimple device that determines which hosts can connect to it. 決定は、StorSimple デバイスに接続している (ACR に含まれる) ホストの iSCSI 修飾名 (IQN) に基づいて行われます。The determination is based on the iSCSI Qualified Name (IQN) of the hosts (contained in the ACR) that are connecting to your StorSimple device.
AES-256AES-256 クラウドとの間でやり取りされるデータを暗号化するための 256 ビットの Advanced Encryption Standard (AES) アルゴリズム。A 256-bit Advanced Encryption Standard (AES) algorithm for encrypting data as it moves to and from the cloud.
アロケーション ユニット サイズ (AUS)allocation unit size (AUS) Windows ファイル システムのファイルを保持するために割り当てることができるディスク領域の最小サイズ。The smallest amount of disk space that can be allocated to hold a file in your Windows file systems. ファイルのサイズがクラスター サイズの偶数倍でない場合は、ファイルを保持するために余分な領域を使用する必要があり (最大でクラスター サイズの次の倍数)、領域の損失やハード ディスクの断片化につながります。If a file size is not an even multiple of the cluster size, extra space must be used to hold the file (up to the next multiple of the cluster size) resulting in lost space and fragmentation of the hard disk.
Azure StorSimple ボリュームに推奨される AUS は、重複除去アルゴリズムとの相性がよい 64 KB です。The recommended AUS for Azure StorSimple volumes is 64 KB because it works well with the deduplication algorithms.
自動ストレージ階層化automated storage tiering 使用頻度の低いデータの SSD から HDD への、次にクラウド内階層への自動的な移動と、集中ユーザー インターフェイスからの全ストレージの管理の有効化。Automatically moving less active data from SSDs to HDDs and then to a tier in the cloud, and then enabling management of all storage from a central user interface.
バックアップ カタログbackup catalog バックアップのコレクション。通常は、使用されたアプリケーションのタイプによって関連付けられます。A collection of backups, usually related by the application type that was used. このコレクションは、StorSimple デバイス マネージャー サービス UI の [バックアップ カタログ] ブレードに表示されます。This collection is displayed in the Backup Catalog blade of the StorSimple Device Manager service UI.
バックアップ カタログ ファイルbackup catalog file StorSimple Snapshot Manager のバックアップ データベースに現在格納されている利用可能なスナップショットの一覧を含むファイル。A file containing a list of available snapshots currently stored in the backup database of StorSimple Snapshot Manager.
バックアップ ポリシーbackup policy 定義済みのスケジュールでバックアップを作成できるようにする、ボリューム、バックアップの種類、およびタイムテーブルの選択。A selection of volumes, type of backup, and a timetable that allows you to create backups on a predefined schedule.
バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB)binary large objects (BLOBs) データベース管理システムに単一のエンティティとして格納されるバイナリ データのコレクション。A collection of binary data stored as a single entity in a database management system. Blob は通常は画像、オーディオ、その他のマルチメディア オブジェクトですが、バイナリの実行可能コードが BLOB として保存されることもあります。BLOBs are typically images, audio, or other multimedia objects, although sometimes binary executable code is stored as a BLOB.
チャレンジ ハンドシェイク認証プロトコル (CHAP)Challenge Handshake Authentication Protocol (CHAP) パスワードまたはシークレットを共有するピアに基づいて接続のピアを認証するために使用されるプロトコル。A protocol used to authenticate the peer of a connection, based on the peer sharing a password or secret. CHAP は一方向または相互が可能です。CHAP can be one-way or mutual. 一方向 CHAP では、ターゲットがイニシエーターを認証します。With one-way CHAP, the target authenticates an initiator. 相互 CHAP では、ターゲットがイニシエーターを認証した後、イニシエーターがターゲットを認証します。Mutual CHAP requires that the target authenticate the initiator and that the initiator authenticates the target.
複製clone ボリュームの重複コピー。A duplicate copy of a volume.
Cloud as a Tier (CaaT)Cloud as a Tier (CaaT) すべてのストレージが 1 つのエンタープライズ ストレージ ネットワークの一部として表示されるように、ストレージ アーキテクチャ内の階層として統合されたクラウド ストレージ。Cloud storage integrated as a tier within the storage architecture so that all storage appears to be part of one enterprise storage network.
クラウド サービス プロバイダー (CSP)cloud service provider (CSP) クラウド コンピューティング サービスのプロバイダー。A provider of cloud computing services.
クラウド スナップショットcloud snapshot クラウドに格納されているボリューム データの特定時点のコピー。A point-in-time copy of volume data that is stored in the cloud. クラウド スナップショットは、別のオフサイト ストレージ システムにレプリケートされたスナップショットに相当します。A cloud snapshot is equivalent to a snapshot replicated on a different, off-site storage system. クラウド スナップショットは、ディザスター リカバリー シナリオで特に役立ちます。Cloud snapshots are particularly useful in disaster recovery scenarios.
クラウド ストレージ暗号化キーcloud storage encryption key デバイスがクラウドに送信する暗号化されたデータにアクセスするために StorSimple デバイスによって使用されるパスワードまたはキー。A password or a key used by your StorSimple device to access the encrypted data sent by your device to the cloud.
クラスター対応更新cluster-aware updating フェールオーバー クラスター内のサーバーでのソフトウェア更新の管理。更新によるサービスの可用性への影響を最小限にするか、まったくないようにしますManaging software updates on servers in a failover cluster so that the updates have minimal or no effect on service availability.
データパスdatapath 相互接続されたデータ処理操作を実行する機能単位のコレクション。A collection of functional units that perform inter-connected data processing operations.
非アクティブ化deactivate StorSimple デバイスと関連付けられたクラウド サービスの間の接続を解除する永続的な操作。A permanent action that breaks the connection between the StorSimple device and the associated cloud service. デバイスのクラウド スナップショットはこのプロセスの後も残っていて、複製したり、災害復旧に使用できます。Cloud snapshots of the device remain after this process and can be cloned or used for disaster recovery.
ディスク ミラーリングdisk mirroring 継続的な可用性を確保するためにリアルタイムで行われる、論理ディスク ボリュームの別のハード ドライブへのレプリケーション。Replication of logical disk volumes on separate hard drives in real time to ensure continuous availability.
ダイナミック ディスク ミラーリングdynamic disk mirroring ダイナミック ディスクへの論理ディスク ボリュームのレプリケーション。Replication of logical disk volumes on dynamic disks.
ダイナミック ディスクdynamic disks 論理ディスク マネージャー (LDM) を使用して複数の物理ディスクにデータを格納して管理するディスク ボリューム形式。A disk volume format that uses the Logical Disk Manager (LDM) to store and manage data across multiple physical disks. より多くの空き領域を提供するようにダイナミック ディスクを拡張できます。Dynamic disks can be enlarged to provide more free space.
Extended Bunch of Disks (EBOD) エンクロージャExtended Bunch of Disks (EBOD) enclosure 追加ストレージのための予備ハード ドライブ ディスクを格納する Microsoft Azure StorSimple デバイスのセカンダリ エンクロージャ。A secondary enclosure of your Microsoft Azure StorSimple device that contains extra hard drive disks for additional storage.
ファット プロビジョニングfat provisioning 予想されるニーズ (通常は現在のニーズより多い) に基づいてストレージ容量が割り当てられる従来型のストレージ プロビジョニング。A conventional storage provisioning in which storage space is allocated based on anticipated needs (and is usually beyond the current need). シン プロビジョニング」もご覧ください。See also thin provisioning.
ハード ディスク ドライブ (HDD)hard disk drive (HDD) 回転するプラッターを使用してデータを格納するドライブ。A drive that uses rotating platters to store data.
ハイブリッド クラウド ストレージhybrid cloud storage ローカル リソースとクラウド ストレージを含むオフサイト リソースの両方を使用するストレージ アーキテクチャ。A storage architecture that uses local and off-site resources, including cloud storage.
Internet Small Computer System Interface (iSCSI)Internet Small Computer System Interface (iSCSI) データ ストレージ装置や設備をリンクするためのインターネット プロトコル (IP) ベースのストレージ ネットワーク標準。An Internet Protocol (IP)–based storage networking standard for linking data storage equipment or facilities.
iSCSI イニシエーターiSCSI initiator Windows を搭載するホスト コンピューターが外部の iSCSI ベースのストレージ ネットワークに接続できるようにするソフトウェア コンポーネント。A software component that enables a host computer running Windows to connect to an external iSCSI-based storage network.
iSCSI 修飾名 (IQN)iSCSI Qualified Name (IQN) iSCSI ターゲットまたは iSCSI イニシエーターを識別する一意の名前。A unique name that identifies an iSCSI target or initiator.
iSCSI ターゲットiSCSI target ストレージ エリア ネットワークで一元的な iSCSI ディスク サブシステムを提供するソフトウェア コンポーネント。A software component that provides centralized iSCSI disk subsystems in storage area networks.
ライブ アーカイブlive archiving アーカイブ データにいつでもアクセスできるストレージ手法 (たとえば、オフサイトのテープに格納されていない)。A storage approach in which archival data is accessible all the time (it is not stored off-site on tape, for example). Microsoft Azure StorSimple はライブ アーカイブを使用します。Microsoft Azure StorSimple uses live archiving.
ローカル固定ボリュームlocally pinned volume デバイス上に存在しており、クラウドに階層化されないボリューム。a volume that resides on the device and is never tiered to the cloud.
ローカル スナップショットlocal snapshot Microsoft Azure StorSimple デバイスに保存されているボリューム データの特定の時点のコピー。A point-in-time copy of volume data that is stored on the Microsoft Azure StorSimple device.
Microsoft Azure StorSimpleMicrosoft Azure StorSimple データセンター ストレージ アプライアンスと、データセンター ストレージと同じようにクラウド ストレージを使用できるソフトウェアで構成された強力なソリューション。A powerful solution consisting of a datacenter storage appliance and software that enables IT organizations to leverage cloud storage as though it were datacenter storage. StorSimple があれば、コストを削減しながらデータ保護およびデータ管理を簡素化できます。StorSimple simplifies data protection and data management while reducing costs. このソリューションは、クラウドとのシームレスな統合によってプライマリ ストレージ、アーカイブ、バックアップ、およびディザスター リカバリー (DR) を統合します。The solution consolidates primary storage, archive, backup, and disaster recovery (DR) through seamless integration with the cloud. SAN ストレージと企業向けプラットフォームのクラウド データ管理を組み合わせることにより、StorSimple デバイスは、すべてのストレージ関連ニーズで速度、わかりやすさ、信頼性を実現します。By combining SAN storage and cloud data management on an enterprise-class platform, StorSimple devices enable speed, simplicity, and reliability for all storage-related needs.
電源および冷却モジュール (PCM)Power and Cooling Module (PCM) 電源と冷却ファンで構成される StorSimple デバイスのハードウェア コンポーネント。Hardware components of your StorSimple device consisting of the power supplies and the cooling fan, hence the name Power and Cooling module. デバイスの主エンクロージャが 2 個の 764 W PCM を備えるのに対し、EBOD エンクロージャは 2 個の 580 W PCM を備えます。The primary enclosure of the device has two 764W PCMs whereas the EBOD enclosure has two 580W PCMs.
主エンクロージャprimary enclosure アプリケーション プラットフォーム コントローラーが含まれている StorSimple デバイスの主要なエンクロージャ。Main enclosure of your StorSimple device that contains the application platform controllers.
目標復旧時間 (RTO)recovery time objective (RTO) 障害発生後にビジネス プロセスまたはシステムが完全に復元するまでに要する最長時間。The maximum amount of time that should be expended before a business process or system is fully restored after a disaster.
Serial Attached SCSI (SAS)serial attached SCSI (SAS) ハード ディスク ドライブ (HDD) の種類。A type of hard disk drive (HDD).
サービス データ暗号化キーservice data encryption key StorSimple デバイス マネージャー サービスに登録したすべての新しい StorSimple デバイスが使用できるキー。A key made available to any new StorSimple device that registers with the StorSimple Device Manager service. StorSimple デバイス マネージャー サービスとデバイス間で転送される構成データは、公開キーを使用して暗号化され、デバイス上では秘密キーを使用してのみ暗号化を解除できます。The configuration data transferred between the StorSimple Device Manager service and the device is encrypted using a public key and can then be decrypted only on the device using a private key. サービス データ暗号化キーを使用すると、サービスは暗号化解除用のこの秘密キーを取得できます。Service data encryption key allows the service to obtain this private key for decryption.
サービス登録キーservice registration key StorSimple デバイス マネージャー サービスへの StorSimple デバイスの登録を助けるキー。管理作業を容易にするために Azure ポータルに表示されます。A key that helps register the StorSimple device with the StorSimple Device Manager service so that it appears in the Azure portal for further management actions.
Small Computer System Interface (SCSI)Small Computer System Interface (SCSI) コンピューターの物理的接続とコンピューター間のデータの受け渡しのための標準のセット。A set of standards for physically connecting computers and passing data between them.
ソリッド ステート ドライブ (SSD)solid state drive (SSD) 可動部分を含まないディスク。たとえば、フラッシュ ドライブです。A disk that contains no moving parts; for example, a flash drive.
ストレージ アカウントstorage account 特定のクラウド サービス プロバイダーのストレージ アカウントにリンクされたアクセス資格情報のセット。A set of access credentials linked to your storage account for a given cloud service provider.
SharePoint 用 StorSimple アダプターStorSimple Adapter for SharePoint StorSimple ストレージおよびデータ保護を SharePoint サーバー ファームまで透過的に拡張する Microsoft Azure StorSimple のコンポーネント。A Microsoft Azure StorSimple component that transparently extends StorSimple storage and data protection to SharePoint server farms.
StorSimple デバイス マネージャー サービスStorSimple Device Manager service Azure StorSimple のオンプレミスのデバイスと仮想デバイスを管理できるようにする Azure ポータルの拡張機能。An extension of the Azure portal that allows you to manage your Azure StorSimple on-premises and virtual devices.
StorSimple Snapshot ManagerStorSimple Snapshot Manager Microsoft Azure StorSimple でのバックアップおよび復元操作を管理するための Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップイン。A Microsoft Management Console (MMC) snap-in for managing backup and restore operations in Microsoft Azure StorSimple.
バックアップの作成take backup ユーザーがボリュームの対話型バックアップを作成できるようにする機能。A feature that allows the user to take an interactive backup of a volume. 定義済みポリシーによる自動バックアップ作成に対して、手動でボリュームのバックアップを作成する代替手段です。It is an alternate way of taking a manual backup of a volume as opposed to taking an automated backup via a defined policy.
仮想プロビジョニングthin provisioning 使用可能なストレージ スペースをストレージ システムで使用する効率を最適化する方法。A method of optimizing the efficiency with which the available storage space is used in storage systems. 仮想プロビジョニングでは、ストレージは任意の時点で各ユーザーが必要な最小容量に基づいて複数のユーザーに割り当てられます。In thin provisioning, the storage is allocated among multiple users based on the minimum space required by each user at any given time. ファット プロビジョニング」もご覧ください。See also fat provisioning.
階層化tiering 現在の使用率、経過時間、他のデータとの関係に基づき、論理グループにデータを分けます。Arranging data in logical groupings based on current usage, age, and relationship to other data. StorSimple により、階層内のデータが自動的に配列されます。StorSimple automatically arranges data in tiers.
ボリュームvolume ドライブの形式で提供される論理ストレージ領域。Logical storage areas presented in the form of drives. StorSimple ボリュームは、iSCSI と StorSimple デバイスを使用して検出されるものなど、ホストによってマウントされるボリュームに対応します。StorSimple volumes correspond to the volumes mounted by the host, including those discovered through the use of iSCSI and a StorSimple device.
ボリューム コンテナーvolume container ボリュームのグループ化とそれらに適用される設定。A grouping of volumes and the settings that apply to them. StorSimple デバイスのすべてのボリュームは、ボリューム コンテナーにグループ化されます。All volumes in your StorSimple device are grouped into volume containers. ボリューム コンテナーの設定には、ストレージ アカウント、関連付けられている暗号化キーでクラウドに送信されるデータの暗号化設定、クラウド関連操作で消費される帯域幅が含まれます。Volume container settings include storage accounts, encryption settings for data sent to cloud with associated encryption keys, and bandwidth consumed for operations involving the cloud.
ボリューム グループvolume group StorSimple Snapshot Manager では、バックアップ処理を容易にするために構成されているボリュームのコレクション。In StorSimple Snapshot Manager, a volume group is a collection of volumes configured to facilitate backup processing.
ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS)Volume Shadow Copy Service (VSS) VSS 対応アプリケーションとやり取りして増分スナップショットの作成を調整することで、アプリケーション整合性を促進する Windows Server オペレーティング システム サービス。A Windows Server operating system service that facilitates application consistency by communicating with VSS-aware applications to coordinate the creation of incremental snapshots. VSS は、スナップショットの作成時に、アプリケーションが一時的に非アクティブ状態になるようにします。VSS ensures that the applications are temporarily inactive when snapshots are taken.
StorSimple 用 Windows PowerShellWindows PowerShell for StorSimple StorSimple デバイスを操作および管理するために使用される Windows PowerShell ベースのコマンド ライン インターフェイス。A Windows PowerShell–based command-line interface used to operate and manage your StorSimple device. このインターフェイスは、Windows PowerShell の基本機能の一部を維持するとともに、StorSimple デバイスの管理に適合するように調整された専用のコマンドレットを持っています。While maintaining some of the basic capabilities of Windows PowerShell, this interface has additional dedicated cmdlets that are geared towards managing a StorSimple device.

次の手順Next steps

StorSimple のセキュリティの詳細を確認します。Learn about StorSimple security.