StorSimple Virtual Array Update 0.5 のリリース ノートStorSimple Virtual Array Update 0.5 release notes

概要Overview

このリリース ノートには、Microsoft Azure StorSimple Virtual Array 更新プログラムのリリースに関する未解決の重大な問題と解決済みの問題が示されています。The following release notes identify the critical open issues and the resolved issues for Microsoft Azure StorSimple Virtual Array updates.

リリース ノートは継続的に更新されます。対応策を必要とする重大な問題が見つかった場合は、それらの問題が追加されます。The release notes are continuously updated, and as critical issues requiring a workaround are discovered, they are added. StorSimple Virtual Array をデプロイする前に、リリース ノートに含まれる情報を十分に確認してください。Before you deploy your StorSimple Virtual Array, carefully review the information contained in the release notes.

Update 0.5 はソフトウェア バージョン 10.0.10290.0 に対応しています。Update 0.5 corresponds to the software version 10.0.10290.0.

注意

更新プログラムは中断を伴い、デバイスを再起動します。Updates are disruptive and restart your device. I/O が進行中である場合は、デバイスにダウンタイムが発生します。If I/O are in progress, the device incurs downtime. 更新プログラムの適用方法に関する詳細な手順については、Update 0.5 のインストールに関するページをご覧ください。For detailed instructions on how to apply the update, go to Install Update 0.5.

Update 0.5 の新機能What's new in the Update 0.5

Update 0.5 は主にバグ修正ビルドです。Update 0.5 is primarily a bug-fix build. 主な機能強化およびバグ修正は次のとおりです。The main enhancements and bug-fixes are as follows:

  • バックアップの回復性の向上- このリリースには、バックアップの回復性を向上させる修正が含まれています。Backup resiliency improvements - This release has fixes that improve the backup resiliency. 以前のリリースでは、バックアップは特定の例外に対してのみ再試行されました。In the earlier releases, backups were retried only for certain exceptions. このリリースでは、バックアップの例外のすべてを再試行し、バックアップの回復性がより高くなりました。This release retries all the backup exceptions and makes the backups more resilient.

  • 記憶域使用率の監視の更新プログラム- 2017 年 6 月 30 日をもって、StorSimple 仮想デバイス シリーズの記憶域使用率の監視は終了します。Updates for storage usage monitoring - Starting 30 June 2017, the storage usage monitoring for StorSimple Virtual Device Series will be retired. これは、Update 0.4 以前を実行しているすべての仮想アレイ上の監視チャートに適用されます。This applies to the monitoring charts on all the virtual arrays running Update 0.4 or lower. この更新プログラムには、Azure Portal で記憶域使用率の監視を継続して使用するために必要な変更が含まれています。This update contains the changes required for you to continue the use of storage usage monitoring in the Azure portal. 監視機能を引き続き使用するには、2017 年 6 月 30 日までに、この重要な更新プログラムをインストールしてください。Install this critical update before June 30, 2017 to continue using the monitoring feature.

Update 0.5 で修正された問題Issues fixed in the Update 0.5

次の表に、このリリースで修正された問題の概要を示します。The following table provides a summary of issues fixed in this release.

いいえ。No. 特徴量Feature 問題Issue
11 バックアップの回復性Backup resiliency 以前のリリースでは、バックアップは特定の例外に対してのみ再試行されました。In the earlier releases, backups were retried only for certain exceptions. このリリースには、バックアップの例外のすべてを再試行することによりバックアップの回復性を高くする修正が含まれています。This release contains a fix to make backups more resilient by retrying all the backup exceptions.
22 監視Monitoring StorSimple 仮想デバイス シリーズの記憶域使用率の監視は、2017 年 6 月 30 日をもって廃止されます。The storage usage monitoring for StorSimple Virtual Device Series will be deprecated starting June 30, 2017. この変更は、StorSimple Virtual Array で実行されている StorSimple デバイス マネージャー サービス上の監視チャートに影響を与えます (1200 モデル)。This action impacts the monitoring charts on the StorSimple Device Manager service running on StorSimple Virtual Arrays (1200 model). このリリースには、ユーザーが 2017 年 6 月 30 日以降も仮想アレイ上の記憶域使用率の監視を引き続き使用できるようにする更新プログラムが含まれています。This release has updates that allow the user to continue the use of storage usage monitoring on the virtual arrays beyond June 30, 2017.
33 ファイル サーバーFile server 以前のリリースでは、ユーザーは暗号化されたファイルを仮想アレイに誤ってコピーする可能性がありました。In the earlier releases, a user could mistakenly copy encrypted files to the virtual array. このリリースには、暗号化されたファイルの仮想アレイへのコピーを許可しない修正プログラムが含まれています。This release contains a fix that would not allow copying of encrypted files to virtual array. この更新より前に、既存の暗号化されたファイルがデバイスに存在する場合は、すべての暗号化されたファイルがシステムから削除されるまで、バックアップは失敗し続けます。If your device has existing encrypted files prior to the update, backups will continue to fail until all the encrypted files are deleted from the system.

Update 0.5 の既知の問題Known issues in the Update 0.5

次の表では、StorSimple Virtual Array の既知の問題の概要と、以前のリリースのリリース ノートに記載されていた問題を説明します。The following table provides a summary of known issues for the StorSimple Virtual Array and includes the issues release-noted from the previous releases.

いいえ。No. 特徴量Feature 問題Issue 対応策/コメントWorkaround/comments
1.1. 更新プログラムUpdates プレビュー リリースで作成された仮想デバイスは、サポートされている一般提供版に更新することはできません。The virtual devices created in the preview release cannot be updated to a supported General Availability version. これらの仮想デバイスは、障害復旧 (DR) ワークフローを使用して一般提供リリースにフェールオーバーする必要があります。These virtual devices must be failed over for the General Availability release using a disaster recovery (DR) workflow.
2.2. プロビジョニング済みのデータ ディスクProvisioned data disk 特定の指定されたサイズのデータ ディスクをプロビジョニングし、対応する StorSimple 仮想デバイスを作成した後は、データ ディスクを拡張または縮小することはできません。Once you have provisioned a data disk of a certain specified size and created the corresponding StorSimple virtual device, you must not expand or shrink the data disk. これを行おうとすると、デバイスのローカル層のすべてのデータが失われます。Attempting to do results in a loss of all the data in the local tiers of the device.
3.3. グループ ポリシーGroup policy デバイスがドメインに参加しているときに、グループ ポリシーを適用すると、デバイスの動作に悪影響を及ぼすことがあります。When a device is domain-joined, applying a group policy can adversely affect the device operation. 仮想アレイが Active Directory の独自の組織単位 (OU) にあり、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) が適用されていないことを確認します。Ensure that your virtual array is in its own organizational unit (OU) for Active Directory and no group policy objects (GPO) are applied to it.
4.4. ローカル Web UILocal web UI Internet Explorer で拡張セキュリティ機能 (IE ESC) を有効にすると、[Troubleshooting] や [Maintenance] など、ローカル Web UI の一部のページが正しく動作しないことがあります。If enhanced security features are enabled in Internet Explorer (IE ESC), some local web UI pages such as Troubleshooting or Maintenance may not work properly. これらのページ上のボタンも動作しないことがあります。Buttons on these pages may also not work. Internet Explorer で拡張セキュリティ機能を無効にします。Turn off enhanced security features in Internet Explorer.
5.5. ローカル Web UILocal web UI Hyper-V 仮想マシンでは、Web UI のネットワーク インターフェイスは 10 Gbps のインターフェイスとして表示されます。In a Hyper-V virtual machine, the network interfaces in the web UI are displayed as 10 Gbps interfaces. この動作には、Hyper-V の動作が反映されています。This behavior is a reflection of Hyper-V. Hyper-V では、仮想ネットワーク アダプターに対して常に 10 Gbps と表示されます。Hyper-V always shows 10 Gbps for virtual network adapters.
6.6. 階層化ボリューム/共有Tiered volumes or shares StorSimple の階層化ボリュームを使用するアプリケーションのバイト範囲ロックはサポートされていません。Byte range locking for applications that work with the StorSimple tiered volumes is not supported. バイト範囲ロックを有効にすると、StorSimple の階層化が機能しなくなります。If byte range locking is enabled, StorSimple tiering does not work. 推奨される方法は次のとおりです。Recommended measures include:

アプリケーション ロジックでバイト範囲ロックを無効にします。Turn off byte range locking in your application logic.

階層化ボリュームではなく、ローカル固定ボリュームにこのアプリケーションのデータを配置します。Choose to put data for this application in locally pinned volumes as opposed to tiered volumes.

"注意": ローカル固定ボリュームを使用しているときにバイト範囲ロックを有効にすると、復元が完了する前でも、ローカル固定ボリュームがオンラインになる場合があります。Caveat: When using locally pinned volumes and byte range locking is enabled, the locally pinned volume can be online even before the restore is complete. このような場合、復元中であれば、復元が完了するまで待つ必要があります。In such instances, if a restore is in progress, then you must wait for the restore to complete.
7.7. 階層化共有Tiered shares 複数の大きなファイルを処理すると、階層化に時間がかかる可能性があります。Working with large files could result in slow tier out. 複数の大きなファイルを処理するときは、最も大きなファイルのサイズを共有のサイズの 3% 未満にすることをお勧めします。When working with large files, we recommend that the largest file is smaller than 3% of the share size.
8.8. 共有の使用済み容量Used capacity for shares 共有にデータがなくても、共有の使用量が表示されることがあります。You may see share consumption when there is no data on the share. この使用量は、共有の使用済み容量にメタデータが含まれているためです。This consumption is because the used capacity for shares includes metadata.
9.9. 障害復旧Disaster recovery ファイル サーバーの障害復旧はソース デバイスと同じドメインに対してのみ実行できます。You can only perform the disaster recovery of a file server to the same domain as that of the source device. このリリースでは、別のドメインのターゲット デバイスに対する障害復旧はサポートされていません。Disaster recovery to a target device in another domain is not supported in this release. これは今後のリリースで実装されます。This is implemented in a later release. 詳細については、StorSimple Virtual Array のフェールオーバーと障害復旧に関するページをご覧ください。For more information, go to Failover and disaster recovery for your StorSimple Virtual Array
10.10. Azure PowerShellAzure PowerShell このリリースでは、Azure PowerShell を使用して StorSimple 仮想デバイスを管理することはできません。The StorSimple virtual devices cannot be managed through the Azure PowerShell in this release. 仮想デバイスの管理はすべて、Azure Portal とローカル Web UI を使用して行う必要があります。All the management of the virtual devices should be done through the Azure portal and the local web UI.
11.11. パスワードの変更Password change 仮想アレイ デバイス コンソールは、en-US キーボード形式の入力のみを受け入れます。The virtual array device console only accepts input in en-us keyboard format.
12.12. CHAPCHAP 作成された CHAP 資格情報は、削除できません。CHAP credentials once created cannot be removed. また、CHAP 資格情報を変更する場合は、変更を有効にするために、ボリュームをオフラインにしてからオンラインにする必要があります。Additionally, if you modify the CHAP credentials, you need to take the volumes offline and then bring them online for the change to take effect. この問題は今後のリリースで対処されます。This issue is addressed in a later release.
13.13. iSCSI サーバーiSCSI server iSCSI ボリュームに対して表示される '使用済みストレージ' は、StorSimple デバイス マネージャー サービスと iSCSI ホストで異なる場合があります。The 'Used storage' displayed for an iSCSI volume may be different in the StorSimple Device Manager service and the iSCSI host. iSCSI ホストにはファイル システム ビューがあります。The iSCSI host has the filesystem view.

デバイスでは、ボリュームが最大サイズのときに割り当てられるブロックを確認できます。The device sees the blocks allocated when the volume was at the maximum size.
14.14. ファイル サーバーFile server フォルダー内のファイルが代替データ ストリーム (ADS) に関連付けられている場合、ADS のバックアップまたは復元には、障害復旧、複製、および項目レベルの回復が使用されません。If a file in a folder has an Alternate Data Stream (ADS) associated with it, the ADS is not backed up or restored via disaster recovery, clone, and Item Level Recovery.
15.15. ファイル サーバーFile server シンボリック リンクはサポートされていません。Symbolic links are not supported.
16.16. ファイル サーバーFile server Windows 暗号化ファイル システム (EFS) で保護されているファイルを StorSimple Virtual Array のファイル サーバーにコピーまたは保存すると、サポートされていない構成になります。Files protected by Windows Encrypting File System (EFS) when copied over or stored on the StorSimple Virtual Array file server result in an unsupported configuration.

次のステップNext step

StorSimple Virtual Array に Update 0.5 をインストールします。Install Update 0.5 on your StorSimple Virtual Array.

リファレンスReferences

以前のリリース ノートをお探しですか。Looking for an older release note? 参照先:Go to: