メンテナンス スケジュールを使用してサービスの更新とメンテナンスを管理するUse maintenance schedules to manage service updates and maintenance

このメンテナンス スケジュール機能は、Service Health 計画メンテナンス通知、リソース ヘルス チェック モニター、Azure Synapse Analytics 内の Synapse SQL プール (データ ウェアハウス) のメンテナンス スケジューリング サービスを統合します。The maintenance schedule feature integrates the Service Health Planned Maintenance Notifications, Resource Health Check Monitor, and maintenance scheduling service for Synapse SQL pool (data warehouse) within Azure Synapse Analytics.

メンテナンス スケジューリングは、新機能、アップグレード、および修正プログラムを受信するのに都合のよい時間枠を選択するために使用してください。You should use maintenance scheduling to choose a time window when it's convenient to receive new features, upgrades, and patches. プライマリおよびセカンダリ メンテナンス ウィンドウを 7 日の期間内で選択する必要があり、各ウィンドウは別の曜日範囲内にある必要があります。You will need to choose a primary and a secondary maintenance window within a seven-day period, each window must be within separate day ranges.

たとえば、土曜日の 22:00 から日曜日の 01:00 をプライマリ ウィンドウとしてスケジュールし、水曜日の 19:00 から 22:00 をセカンダリ ウィンドウとしてスケジュールできます。For example, you can schedule a primary window of Saturday 22:00 to Sunday 01:00, and then schedule a secondary window of Wednesday 19:00 to 22:00. プライマリ メンテナンス期間でメンテナンスを実行できなかった場合、セカンダリ メンテナンス期間で再度メンテナンスを試みます。If maintenance can't be performed during your primary maintenance window, it will try the maintenance again during your secondary maintenance window. サービス メンテナンスは、プライマリ ウィンドウとセカンダリ ウィンドウの両方で発生する場合があります。Service maintenance could on occasion occur during both the primary and secondary windows. すべてのメンテナンス操作の迅速な完了を保証するために、DW400c 以下のデータ ウェアハウス層は指定されたメンテナンス ウィンドウ外にメンテナンスを完了する可能性があります。To ensure rapid completion of all maintenance operations, DW400c and lower data warehouse tiers could complete maintenance outside of a designated maintenance window.

新しく作成されたすべてのデータ ウェアハウス インスタンスには、デプロイ時にシステム定義のメンテナンス スケジュールが適用されます。All newly created data warehouse instances will have a system-defined maintenance schedule applied during deployment. デプロイが完了するとすぐに、スケジュールを編集できます。The schedule can be edited as soon as deployment is complete.

メンテナンス ウィンドウの長さは 3 ~ 8 時間ですが、これは、データ ウェアハウスがこの期間オフラインになることを示すわけではありません。Although a maintenance window can be between three and eight hours this does not mean the data warehouse will be offline for the duration. メンテナンスはそのウィンドウ内の任意の時点で発生する可能性があり、その期間中、サービスがデータ ウェアハウスに新しいコードをデプロイするときに最大 5 ~ 6 分続く 1 回の切断を予測しておく必要があります。Maintenance can occur at any time within that window and you should expect a single disconnect during that period lasting ~5 -6 mins as the service deploys new code to your data warehouse. DW400c 以下では、メンテナンス ウィンドウ内のさまざまな時点で接続が複数回にわたり短期間失われることがあります。DW400c and lower may experience multiple brief losses in connectivity at various times during the maintenance window. メンテナンスが開始されると、アクティブなセッションがすべて取り消され、コミットされていないトランザクションはロールバックされます。When maintenance starts, all active sessions will be canceled, and non-committed transactions will be rolled back. インスタンスのダウンタイムを最小化するために、選択したメンテナンス期間の前に、長時間実行されるトランザクションがデータ ウェアハウスにないことを確認してください。To minimize instance downtime, make sure that your data warehouse has no long-running transactions before your chosen maintenance period.

時間の制約がある更新プログラムをデプロイする必要がない限り、すべてのメンテナンス操作は指定されたメンテナンス ウィンドウ内に完了するはずです。All maintenance operations should finish within the specified maintenance windows unless we are required to deploy a time sensitive update. スケジュールされたメンテナンス中にデータ ウェアハウスが一時停止されると、再開操作中に更新されます。If your data warehouse is paused during a scheduled maintenance, it will be updated during the resume operation. データ ウェアハウスの保守が完了すると、すぐに通知が届きます。You'll be notified immediately after your data warehouse maintenance is completed.

アラートと監視Alerts and monitoring

Service Health 通知とリソース ヘルス チェック モニターとの統合により、お客様は差し迫ったメンテナンス アクティビティについての情報を得ることができます。Integration with Service Health notifications and the Resource Health Check Monitor allows customers to stay informed of impending maintenance activity. このオートメーションでは Azure Monitor を利用しています。This automation takes advantage of Azure Monitor. 差し迫ったメンテナンス イベントの通知方法を自分で決めることができます。You can decide how you want to be notified of impending maintenance events. また、ダウンタイムを管理し、業務への影響を最小化することに寄与する自動化されたフローも自分で決めることができます。Also, you can choose which automated flows will help you manage downtime and minimize operational impact.

すべてのメンテナンス イベントの 24 時間前に事前通知が発行されますが、DWC400c と下位層はその対象ではありません。A 24-hour advance notification precedes all maintenance events that aren't for the DWC400c and lower tiers.

注意

時間が重要な更新プログラムをデプロイする必要がある場合、高度な通知の時間が大幅に短縮されることがあります。In the event we are required to deploy a time critical update, advanced notification times may be significantly reduced. これは、更新プログラムの重大な特質により、指定のメンテナンス期間外に行われる場合があります。This could occur outside an identified maintenance window due to the critical nature of the update.

メンテナンスが行われるという事前通知を受けても、通知にある期間中にメンテナンスを実行できない場合、キャンセル通知が届きます。If you received advance notification that maintenance will take place, but maintenance can't be performed during the time period in the notification, you'll receive a cancellation notification. メンテナンスは、次の定期メンテナンス期間中に再開されます。Maintenance will then resume during the next scheduled maintenance period.

すべてのアクティブ メンテナンス イベントが [Service Health - Planned Maintenance](Service Health - 計画メンテナンス) セクションに表示されます。All active maintenance events appear in the Service Health - Planned Maintenance section. Service Health の履歴には、過去のイベントの記録がすべて含まれます。The Service Health history includes a full record of past events. アクティブなイベント中に Azure Service Health チェック ポータル ダッシュボードを使用してメンテナンスを監視できます。You can monitor maintenance via the Azure Service Health check portal dashboard during an active event.

メンテナンス スケジュールの提供状況Maintenance schedule availability

選択したリージョンでメンテナンス スケジューリングが利用できない場合でも、メンテナンス スケジュールはいつでも表示および編集できます。Even if maintenance scheduling isn't available in your selected region, you can view and edit your maintenance schedule at any time. ご利用のリージョンでメンテナンス スケジューリングが利用可能になると、特定されたスケジュールはすぐにお使いの Synapse SQL プールでアクティブになります。When maintenance scheduling becomes available in your region, the identified schedule will immediately become active on your Synapse SQL pool.

メンテナンス スケジュールを表示するView a maintenance schedule

既定では、新しく作成されるすべてのデータ ウェアハウス インスタンスに対し、デプロイの間に、8 時間のプライマリおよびセカンダリ メンテナンス ウィンドウが適用されます。By default, all newly created data warehouse instances have an eight-hour primary and secondary maintenance window applied during deployment. 上記の通り、ウィンドウはデプロイが完了するとすぐに変更できます。As indicated above, you can change the windows as soon deployment is complete. 指定されているメンテナンス ウィンドウの範囲外では、事前に通知することなく、メンテナンスは行われません。No maintenance will take place outside the specified maintenance windows without prior notification.

Synapse SQL プールに適用されたメンテナンス スケジュールを表示するには、次の手順のようにします。To view the maintenance schedule that has been applied to your Synapse SQL pool, complete the following steps:

  1. Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal.
  2. 表示する Synapse SQL プールを選択します。Select the Synapse SQL pool that you want to view.
  3. 選択した Synapse SQL プールが、[概要] ブレードで開きますThe selected Synapse SQL pool opens on the overview blade. データ ウェアハウスに適用されているメンテナンス スケジュールが、 [Maintenance schedule](メンテナンス スケジュール) の下に表示されます。The maintenance schedule that's applied to the data warehouse appears below Maintenance schedule.

[概要] ブレード

メンテナンス スケジュールの変更Change a maintenance schedule

メンテナンス スケジュールをいつでも更新または、変更できます。A maintenance schedule can be updated or changed at any time. 選択したインスタンスのアクティブなメンテナンス サイクルが経過している間、設定は保存されています。If the selected instance is going through an active maintenance cycle, the settings will be saved. 指定した次のメンテナンス期間になると、設定がアクティブになります。They'll become active during the next identified maintenance period. アクティブなメンテナンス イベント中にデータウェアハウスを監視する方法についてさらに理解するLearn more about monitoring your data warehouse during an active maintenance event.

プライマリ ウィンドウとセカンダリ ウィンドウの指定Identifying the primary and secondary windows

プライマリ ウィンドウとセカンダリ ウィンドウは別の曜日範囲にする必要があります。The primary and secondary windows must have separate day ranges. たとえば、プライマリ ウィンドウを火曜日から木曜日にしたら、土曜日から日曜日をセカンダリ ウィンドウにします。An example is a primary window of Tuesday–Thursday and a secondary of window of Saturday–Sunday.

Synapse SQL プールに対するメンテナンス スケジュールを変更するには、次の手順のようにします。To change the maintenance schedule for your Synapse SQL pool, complete the following steps:

  1. Azure portal にサインインするSign in to the Azure portal.

  2. 更新する Synapse SQL プールを選択します。Select the Synapse SQL pool that you want to update. [概要] ブレードで、ページが開きます。The page opens on the overview blade. [概要] ブレードの [Maintenance Schedule](メンテナンス スケジュール) 概要リンクを選択して、メンテナンス スケジュール設定用のページを開きます。Open the page for maintenance schedule settings by selecting the Maintenance Schedule summary link on the overview blade. または、左側にあるリソース メニューの [Maintenance Schedule](メンテナンス スケジュール) オプションを選択します。Or, select the Maintenance Schedule option on the left-side resource menu.

    概要ブレードのオプション

  3. ページ上部のオプションを使用して、プライマリ メンテナンス ウィンドウの優先日の範囲を指定できます。Identify the preferred day range for your primary maintenance window by using the options at the top of the page. この選択は、平日または週末にプライマリ ウィンドウが発生するかどうかを決定します。This selection determines if your primary window will occur on a weekday or over the weekend. 選択した値に応じて、ドロップダウンの値が更新されます。Your selection will update the drop-down values. プレビュー中、一部のリージョンでは、利用可能な [Day](日) オプションのフルセットがまだサポートされていない可能性があります。During preview, some regions might not yet support the full set of available Day options.

    メンテナンスの設定ブレード

  4. ドロップダウン リスト ボックスを使用して、優先されるプライマリとセカンダリのメンテナンス ウィンドウを選択します。Choose your preferred primary and secondary maintenance windows by using the drop-down list boxes:

    • [日] : 選択したウィンドウでメンテナンスを実行する優先日。Day: Preferred day to perform maintenance during the selected window.
    • [開始時刻] : メンテナンス ウィンドウに対する優先開始時刻。Start time: Preferred start time for the maintenance window.
    • [時間枠] : 時間枠の優先時間数。Time window: Preferred duration of your time window.

    ブレードの下部にある [スケジュールの概要] 領域が、選択した値に基づいて更新されます。The Schedule summary area at the bottom of the blade is updated based on the values that you selected.

  5. [保存] を選択します。Select Save. 新しいスケジュールがアクティブになったことを確認するメッセージが表示されます。A message appears, confirming that your new schedule is now active.

    メンテナンス スケジュールがサポートされていないリージョンにスケジュールを保存すると、次のメッセージが表示されます。If you're saving a schedule in a region that doesn't support maintenance scheduling, the following message appears. "Your settings are saved and become active when the feature becomes available in your selected region." (設定は保存されており、選択したリージョンで機能が使用可能になるとアクティブになります。)Your settings are saved and become active when the feature becomes available in your selected region.

    リージョンの可用性に関するメッセージ

次のステップNext steps

  • Azure Monitor を使用してアラートを作成、表示、管理する方法について詳しく知るLearn more about creating, viewing, and managing alerts by using Azure Monitor.
  • ログ アラート ルール用の Webhook アクションについて詳しく知るLearn more about webhook actions for log alert rules.
  • アクション グループの作成と管理について詳しく知るLearn more Creating and managing Action Groups.
  • Azure Service Health について詳しく知るLearn more about Azure Service Health.