Azure Time Series Insights ExplorerAzure Time Series Insights Explorer

この記事では、Azure Time Series Insights Gen2 デモ環境内で使用できるさまざまな機能とオプションについて説明します。This article describes the various features and options available within the Azure Time Series Insights Gen2 Demo environment.

前提条件Prerequisites

Azure Time Series Insights Explorer を使用するには、次のことが必要です。To get started with the Azure Time Series Insights Explorer, you must:

Azure Time Series Insights Explorer を試すExplore the Azure Time Series Insights Explorer

Azure Time Series Insights Explorer は次の 7 つの要素で構成されます。The Azure Time Series Insights Explorer consists of the following seven elements:

Azure Time Series Insights Explorer の概要Azure Time Series Insights Explorer overview

  1. 環境パネル:すべての Azure Time Series Insights Gen2 環境を表示します。Environment panel: Displays all your Azure Time Series Insights Gen2 environments.
  2. ナビゲーション バー:分析 ページと モデル ページを切り替えることができます。Navigation bar: Lets you switch between the Analyze and Model pages.
  3. 階層ツリーと検索パネル:グラフ化する特定のデータ要素を選択したり、検索したりできます。Hierarchy tree and search panel: Lets you select and search for specific data elements to be charted.
  4. タイム シリーズ ウェル:現在選択されているデータ要素がすべて表示されます。Time series well: Shows all your currently selected data elements.
  5. グラフ パネル:現在作業しているグラフが表示されます。Chart panel: Displays your current working chart.
  6. タイムライン:作業する時間範囲を変更できます。Timeline: Lets you modify your working time span.
  7. アプリ バー:現在のテナントなどのユーザー管理オプションが含まれており、テーマと言語の設定を変更することができます。App bar: Contains your user management options (such as current tenant), and allows you to change them and language settings.

1.環境パネル1. Environment panel

環境パネルには、アクセスできるすべての Azure Time Series Insights Gen2 環境が表示されます。The environment panel displays all the Azure Time Series Insights Gen2 environments you have access to. このリストには、Gen2 環境と Gen1 環境が含まれています。The list includes Gen2 environments as well as Gen1 environments. 使用する環境を選択するだけですぐにそこに移動します。Simply select the environment you want to use to immediately be taken there.

  1. 表示された環境の横にあるドロップダウン矢印を選択します。Select the drop-down arrow next to your displayed environment.

    環境パネルEnvironment panel

  2. 次に、目的の環境を選択します。Then, select the environment you want.

2.ナビゲーション バー2. Navigation bar

ナビゲーション バーThe navigation bar

ナビゲーション バーを使用して、次の 2 つのビューを選択します。Use the navigation bar to select between two views:

  • 分析:モデル化されたタイム シリーズ データまたはモデル化されていないタイム シリーズ データで、グラフを作成したり、豊富な分析を実行したりするために使用します。Analyze: Use it to chart and perform rich analytics on your modeled or unmodeled time series data.
  • モデル:Azure Time Series Insights Gen2 の新しい種類、階層、インスタンスをタイム シリーズ モデルにプッシュするために使用します。Model: Use it to push new Azure Time Series Insights Gen2 types, hierarchies, and instances to your Time Series Model.

モデルの作成Model authoring

Azure Time Series Insights Gen2 によって、ご利用のタイム シリーズ モデルに対する完全な CRUD (作成、読み取り、更新、削除) 操作がサポートされています。The Azure Time Series Insights Gen2 supports full create, read, update, and delete (CRUD) operations on your Time Series Model.

モデル検索パネルThe model search panel

  • タイム シリーズ モデルの種類:タイム シリーズ モデルの種類を使用して、計算を行うための変数または数式を定義できます。Time Series Model type: You can use Time Series Model types to define variables or formulas for doing computations. それらは、特定のタイム シリーズ モデル インスタンスに関連付けられます。They're associated with a given Time Series Model instance. 1 つの型は、1 つまたは複数の変数を持つことができます。A type can have one or more variables.
  • タイム シリーズ モデルの階層:階層は、データの体系的な編成です。Time Series Model hierarchy: Hierarchies are systematic organizations of your data. 階層は、タイム シリーズ モデル内のさまざまなインスタンス間のリレーションシップを示しています。Hierarchies depict the relationships between different instances in your Time Series Model.
  • タイム シリーズ モデルのインスタンス:インスタンスは、タイム シリーズ自体を表します。Time Series Model instance: Instances are the time series themselves. ほとんどの場合は、環境内での資産の一意識別子である DeviceID または AssetID を持っています。In most cases, they're the DeviceID or AssetID, which is the unique identifier of the asset in the environment.

タイム シリーズ モデルの詳細については、タイム シリーズ モデルに関するページをご覧ください。To learn more about the Time Series Model, read Times Series Models.

3.階層ツリーと検索パネル3. Hierarchy tree and search panel

階層ツリーと検索パネルを利用すると、タイム シリーズ モデル階層を簡単に検索してその内部を移動し、グラフに表示する特定のタイム シリーズ インスタンスを見つけることができます。The hierarchy tree and search panel allow you to easily search and navigate your Time Series Model hierarchy to find the specific time series instances you want to display on your chart. 選択したインスタンスは、現在のグラフだけでなく、データ ウェルにも追加されます。When you select your instances, they are not only added to the current chart but are also added to the data well.

階層ツリーと検索パネルHierarchy tree and search panel

検索結果ウィンドウでは、階層ビューやリスト ビューで結果を表示し、表示するインスタンスを見つけやすくすることもできます。The search results pane also lets you view your results in a hierarchy view or a list view making it easy to find the instances you want to display.

4.タイム シリーズ ウェル4. Time series well

ウェルには、選択したタイム シリーズ モデル インスタンスに関連付けられているインスタンス フィールドとその他のメタデータが表示されます。The well displays instance fields and other metadata associated with selected Time Series Model instances. 右側にあるチェック ボックスを選択して、現在のグラフでの特定のインスタンスの表示/非表示を切り替えることができます。By selecting the check boxes on the right side, you can hide or display specific instances from the current chart.

Gen2 ウェルThe Gen2 well

要素の左にある赤い [削除] (ごみ箱) コントロールを選択することで、現在のデータ ウェルから特定のデータ要素を削除できます。You may remove specific data elements from your current data well by selecting the red Delete (trash can) control on the left side of the element. ウェルでは、グラフにおける各要素の表示方法も制御できます。The well also lets you control how each element is displayed in the chart. 最小/最大値に陰影を付けたり、データ ポイントを追加したり、時系列の要素を動かしたり、段階的にインスタンスを視覚化したりできます。You can choose to add min/max shadows, data points, shift the element in time and visualize the instance a stepped manner.

また、探索コントロールでは、タイム シフトや散布図を簡単に作成できます。Additionally, The explorations control lets you create time shifts and scatter plots easily.

ウェル レイアウト オプションWell layout options

注意

次のメッセージが表示される場合、インスタンスには選択した時間範囲のデータがありません。If the following message appears, the instance doesn't have any data during the time span selected. 問題を解決するには、時間範囲を広げるか、またはインスタンスがデータをプッシュしていることを確認します。To resolve the issue, increase the time span or confirm that the instance is pushing data.

データ通知なし

5.グラフ パネル5. Chart panel

グラフでは、タイム シリーズのインスタンスを線として表示できます。The chart enables you to display time series instances as lines. Web コントロールをクリックすることで、環境パネル、データ モデル、時間範囲コントロール パネルを折りたたみ、グラフを大きくすることができます。You can collapse the environment panel, data model, and time span control panel by clicking the web controls to make the chart larger.

Gen2 グラフの概要Gen2 chart overview

  1. グラフの種類:視覚化に使用できるデータ要素を制御します。Chart type: Controls which data elements are available for visualization.

  2. 間隔のサイズ:間隔のサイズ スライダー ツールでは、同じ期間で時間間隔を拡大/縮小できます。Interval size: The Interval size slider tool enables you to zoom in and out of intervals over the same time span. これにより、緩やかな傾向を示す長期間からミリ秒単位の短期間に至るまで、より細かく動作を制御できます。粒度の細かい、高解像度のデータ片を確認することが可能になります。This provides more precise control of movement between large slices of time that show smooth trends down to slices as small as the millisecond, allowing you to review granular, high-resolution cuts of your data. スライダーの既定の開始点は、解像度、クエリ速度、および細分性のバランスをとって、選択したデータが最適に表示されるよう設定されます。The slider's default starting point is set as the most optimal view of the data from your selection; balancing resolution, query speed, and granularity.

  3. ズームとパン:このコントロールを選択すると、グラフがズームまたはパンされます。Zoom and pan: Select this control to zoom and pan the chart.

  4. Y 軸コントロール:Y 軸の使用可能な表示オプションを順番に切り替えます。Y-axis control: Cycles through the available y-axis view options:

    • Stacked:各線に個別に Y 軸が作成されます。Stacked: Each line has an individual Y-axis.
    • Overlap:これを使用し、同じ Y 軸上で複数の線を重ねます。Y 軸データは、選択されている線に基づいて変化します。Overlap: Use it to stack multiple lines on the same Y-axis, with the Y-axis data changing based on the line selected.
    • Shared:すべての Y 軸データが一緒に表示されます。Shared: All Y-axis data displayed together.
  5. マーカー要素:現在選択されているデータ要素とそれに関連する詳細です。Marker element: The currently selected data element and its associated details.

現在のグラフ上にあるデータ ポイントを 左クリック したまま、選択領域を任意のエンドポイントまでドラッグすることで特定のデータ スライスの詳細を表示できます。You can further drill into a specific data slice by left-clicking a data point on the current graph while holding down the mouse and then dragging the selected area to the endpoint of your choice. 以下に示されるとおり、青い選択領域を 右クリック し、 [ズーム] を選択します。Right-click the blue, selected area and then select Zoom as shown below. 選択期間にある利用統計情報イベントを表示したり、ダウンロードしたりすることもできます。You can also view and download the telemetry events in the selected timespan.

Gen2 グラフのズームGen2 chart zoom

ズーム 操作を実行すると、選択したデータ セットが表示されます。After you perform the Zoom action, your selected data set will be displayed. フォーマット コントロールを選択すると、データの 3 とおりの Y 軸表現が順番に表示されます。Select the format control to cycle through the three y-axis representations of your data.

Gen2 グラフの y 軸Gen2 chart y-axis

下に 重複グラフ の例を示します。Here, an example of an overlapping chart is provided:

重複グラフのオプションOverlapping chart option

[その他の操作] ボタンをクリックすると、画面が展開され、 [CSV としてダウンロードする][Power BI に接続する][Show chart data as a table](グラフ データをテーブルとして表示する) 、および [生イベントの探索] オプションが表示されます。The More actions button expands to display the Download as CSV, Connect to Power BI, Show chart data as a table, and Explore raw events options.

[その他の操作] オプションMore actions option

[Power BI に接続] オプションの詳細については、Power BI コネクタに関する記事を参照してください。Learn more about the Connect to Power BI option in Power BI connector.

6.期間編集パネル6. Time editor panel

Azure Time Series Insights Gen2 を使用するときは、最初に時間範囲を選択します。When working with Azure Time Series Insights Gen2 you first will select a time span. 選択した時間範囲によって、Azure Time Series Insights Gen2 アップデート ウィジェットで操作できるデータセットを制御します。The selected time span will control the data set that is available for manipulation with the Azure Time Series Insights Gen2 update widgets.

日時選択パネルTime selection panel

ヒント

タイムラインの一部が琥珀 (オレンジ) 色で強調表示され、ウォーム ストアで利用できるデータの範囲を示します。A portion of the timeline is highlighted in an amber or orange color to indicate the span of data that is available in warm store.

Azure Time Series Insights Gen2 で利用できる次の Web コントロールによって、作業期間を選択できます。The following web controls are available in Azure Time Series Insights Gen2 for selecting your working time span.

探索ウェル コントロールExploration well control

  1. 内部日付範囲スライダー コントロール:2 つの終端コントロールをドラッグして、目的の時間範囲を調整します。Inner date range slider control: Use the two endpoint controls by dragging them over the time span you want. この内部日付範囲は、外部日付範囲スライダー コントロールによって制限されます。This inner date range is constrained by the outer date range slider control.

  2. 日付範囲の拡大縮小ボタン:いずれかのボタンを選択して、目的の期間になるように時間範囲を広げたり狭めたりします。Increase and decrease date range buttons: Increase or decrease your time span by selecting either button for the interval you want.

  3. 時間範囲折りたたみコントロール:この Web コントロールを使用すると、内部日付範囲スライダー ツールを除くすべてのコントロールを非表示にできます。Time span collapse control: This web control lets you hide all the controls except for the inner date range slider tool.

  4. 外部日付範囲スライダー コントロール:終端コントロールを使用して、内部日付範囲コントロールで使用できる外部日付範囲を選択します。Outer date range slider control: Use the endpoint controls to select the outer date range, which will be available for your inner date range control.

  5. 時間範囲スライダー コントロール:過去 30 分過去 12 時間カスタム範囲 など、事前設定された時間範囲の選択肢をすばやく切り替えるために使用します。Time range slider control: Use it to quickly switch between preset time span selections, such as the last 30 minutes, the last 12 hours, or a custom range. この値を変更すると、間隔サイズ スライダー ツールで説明されている使用可能な間隔範囲も変化します。Changing this value also changes the available interval ranges discussed in the interval-size slider tool.

    日付範囲の開始と終了のパネルTo and from selection panel

7.アプリ バー7. App bar

Azure Time Series Insights Gen2 のナビゲーション パネルは、アプリの一番上に表示されます。The Azure Time Series Insights Gen2 navigation panel appears at the top of your app. 次の機能が用意されています。It provides the following functionalities:

共有アイコンShare icon

URL リンクをチームと共有するには、新しい [Share](共有) アイコンを選択します。Select the new Share icon to share a URL link with your team.

インスタンスの URL を共有するShare your instance URL

テナント セクションTenant section

テナントの選択Tenant selection

  • 現在の Azure Time Series Insights Gen2 サインイン アカウントの情報が表示されます。Displays your current Azure Time Series Insights Gen2 sign-in account information.
  • 使用可能なテーマを切り替えるために使用します。Use it to switch between the available themes.
  • Gen2 デモ環境を表示するために使用します。Use it to view the Gen2 Demo environment.

テーマの選択Theme selection

新しいテーマを選択するには、右上隅にあるプロフィール アイコンを選択します。To select a new theme, select your profile icon located in the upper-right corner. 次に、 [Change Theme](テーマの変更) を選択します。Then, select Change Theme.

テーマの選択Theme selection

ヒント

プロフィール アイコンを選択して言語を選択することもできます。Language selection is also available by selecting your profile icon.

Azure Time Series Insights Explorer では 2 つのテーマがサポートされています。Azure Time Series Insights Explorer supports two themes:

  • ライト テーマ:このドキュメントで示されている既定のテーマです。Light theme: The default theme shown throughout this document.

  • ダーク テーマ:次に示すように Explorer をレンダリングします。Dark theme: Renders the Explorer as shown here:

    選択されたダーク テーマSelected dark theme

Gen1 環境コントロールGen1 environment controls

Gen2 の条件パネルGen2 terms panel

このセクションは、更新された UI での Explorer の使用を試みる既存の Gen1 環境のみに適用されます。This section applies only to existing Gen1 environments that attempt to use the Explorer in the updated UI. Gen1 製品と Gen2 製品を組み合わせて使用できます。You might want to use the Gen1 product and Gen2 product in combination. 更新された Explorer には、既存の UI からいくつかの機能が追加されていますが、新しい Azure Time Series Insights Explorer で Gen1 環境向けの完全な UI エクスペリエンスを利用できます。We've added some functionality from the existing UI to the updated Explorer, but you can get the full UI experience for a Gen1 environment in the new Azure Time Series Insights Explorer.

階層の代わりに、Azure Time Series Insights Gen2 条件パネルが表示されます。Instead of the hierarchy, the Azure Time Series Insights Gen2 terms panel is displayed. 条件パネルでは、環境内でのクエリを定義できます。The terms panel allows you to define queries in your environment. これは、述語に基づいてデータをフィルター処理するために使用することもできます。Use it to also filter data based on a predicate.

Where クエリ パネルWhere query panel

Azure Time Series Insights Gen2 条件編集パネルには、次のパラメーターが表示されます。The Azure Time Series Insights Gen2 terms editor panel takes the following parameters:

Where:次の表で示すオペランドのセットを使用して、イベントをすばやくフィルター処理するには、Where 句を使用します。Where: Use the where clause to quickly filter your events by using the set of operands listed in the following table. オペランドを選択して検索を実施した場合、述語はその検索に基づいて自動的に更新されます。If you conduct a search by selecting an operand, the predicate is automatically updated based on that search. サポートされるオペランドの型には以下が含まれます。Supported operand types include the following:

操作Operation サポートされている型Supported types NotesNotes
<, >, <=, >=<, >, <=, >= Double、DateTime、TimeSpanDouble, DateTime, TimeSpan
=, !=, <>=, !=, <> String、Bool、Double、DateTime、TimeSpan、NULLString, Bool, Double, DateTime, TimeSpan, NULL
IN String、Bool、Double、DateTime、TimeSpan、NULLString, Bool, Double, DateTime, TimeSpan, NULL すべてのオペランドは同じ型か NULL 定数である必要があります。All operands should be of the same type or be NULL constant.
HAS StringString 右側で使用できるのは定数文字列リテラルのみです。Only constant string literals are allowed on the right side. 空の文字列や NULL は許可されません。Empty string and NULL aren't allowed.

サポートされているクエリ操作とデータ型の詳細については、Time Series 式 (TSX) に関する記事を参照してください。To learn more about supported query operations and data types, read Time Series Expression (TSX).

Where 句の例Examples of where clauses

Where 句の例Where clause examples

測定する:現在のグラフの要素として使用できるすべての数値列 (Double) が表示されるドロップダウン リスト。Measure: A drop-down list that displays all the numeric columns (Doubles) you can use as elements for your current chart.

分割基準:このドロップダウン リストには、データのグループ化に使用できるモデル内のすべてカテゴリ列 (String) が表示されます。Split by: This drop-down list displays all the available categorical columns (Strings) in your model that you can group your data by. 最大 5 つの期間を追加して同じ X 軸に表示できます。You can add up to five terms to view on the same x-axis. 目的のパラメーターを入力し、 [追加] を選択して新しい条件を追加します。Enter the parameters you want, and then select Add to add a fresh term.

クエリ/フィルター ビュー 1Queried and filtered view one

次の図で示す表示アイコンを選択して、グラフ パネルでの要素の表示/非表示を切り替えることができます。You can show and hide elements in the chart panel by selecting the visible icon, as shown in the following image. クエリを完全に削除するには、赤い X を選択します。To completely remove queries, select the red X.

クエリ/フィルター オプションの取り消しCancel a queried and filtered option

次のステップNext steps