入れ子になった Traffic Manager プロファイルNested Traffic Manager profiles

Traffic Manager では、さまざまなトラフィック ルーティング方法を使用して、Traffic Manager が各エンド ユーザーからのトラフィックを受信するエンドポイントを選択する方法を制御できます。Traffic Manager includes a range of traffic-routing methods that allow you to control how Traffic Manager chooses which endpoint should receive traffic from each end user. 詳細については、「 Traffic Manager のトラフィック ルーティング方法」を参照してください。For more information, see Traffic Manager traffic-routing methods.

Traffic Manager プロファイルごとに 1 つのトラフィック ルーティング方法を指定します。Each Traffic Manager profile specifies a single traffic-routing method. ただし、単一の Traffic Manager プロファイルで提供されるものよりも高度なトラフィック ルーティングが必要になるシナリオもあります。However, there are scenarios that require more sophisticated traffic routing than the routing provided by a single Traffic Manager profile. Traffic Manager プロファイルを入れ子にして、複数のトラフィック ルーティング方法の利点を組み合わせることができます。You can nest Traffic Manager profiles to combine the benefits of more than one traffic-routing method. 入れ子になったプロファイルを使用すると、既定の Traffic Manager の動作をオーバーライドして、より大規模でより複雑なアプリケーションのデプロイに対応することができます。Nested profiles allow you to override the default Traffic Manager behavior to support larger and more complex application deployments.

次の例で、入れ子になった Traffic Manager プロファイルをさまざまなシナリオで使用する方法を説明します。The following examples illustrate how to use nested Traffic Manager profiles in various scenarios.

例 1:"パフォーマンス" トラフィック ルーティングと "加重" トラフィック ルーティングの組み合わせExample 1: Combining 'Performance' and 'Weighted' traffic routing

アプリケーションを Azure リージョンの米国西部、西ヨーロッパ、東アジアにデプロイしたとします。Suppose that you deployed an application in the following Azure regions: West US, West Europe, and East Asia. Traffic Manager の "パフォーマンス" トラフィック ルーティング方法を使用して、ユーザーに最も近いリージョンにトラフィックを振り分けます。You use Traffic Manager's 'Performance' traffic-routing method to distribute traffic to the region closest to the user.

単一の Traffic Manager プロファイル

次に、サービスの更新を広くロールアウトする前にテストする必要があるとします。Now, suppose you wish to test an update to your service before rolling it out more widely. トラフィックのごく一部をテスト デプロイに送信するには、"重み付け" トラフィック ルーティング方法を使用する必要があります。You want to use the 'weighted' traffic-routing method to direct a small percentage of traffic to your test deployment. 西ヨーロッパに既存の運用環境デプロイと共にテスト デプロイを設定します。You set up the test deployment alongside the existing production deployment in West Europe.

単一プロファイルで "重み付け" と "パフォーマンス" の両方のトラフィック ルーティングを組み合わせることはできません。You cannot combine both 'Weighted' and 'Performance traffic-routing in a single profile. このシナリオをサポートするには、西ヨーロッパの 2 つのエンドポイントと "重み付け" トラフィック ルーティング方法を使用して Traffic Manager プロファイルを作成します。To support this scenario, you create a Traffic Manager profile using the two West Europe endpoints and the 'Weighted' traffic-routing method. 次に、この "子" プロファイルを "親" プロファイルにエンドポイントとして追加します。Next, you add this 'child' profile as an endpoint to the 'parent' profile. 親プロファイルでは、パフォーマンス トラフィック ルーティング方法が引き続き使用され、エンドポイントとして他のグローバル デプロイが含まれます。The parent profile still uses the Performance traffic-routing method and contains the other global deployments as endpoints.

次の図にこの例を示します。The following diagram illustrates this example:

入れ子になった Traffic Manager プロファイル

この構成では、親プロファイルを使用して転送されるトラフィックによって、通常どおりリージョン全体にトラフィックが振り分けられます。In this configuration, traffic directed via the parent profile distributes traffic across regions normally. 西ヨーロッパ内では、入れ子になったプロファイルによって、割り当てられた重みに従って運用エンドポイントとテスト エンドポイントにトラフィックが分散されます。Within West Europe, the nested profile distributes traffic to the production and test endpoints according to the weights assigned.

親プロファイルで "パフォーマンス" トラフィック ルーティング方法を使用するときは、各エンドポイントに場所を割り当てる必要があります。When the parent profile uses the 'Performance' traffic-routing method, each endpoint must be assigned a location. 場所は、エンドポイントを構成するときに割り当てます。The location is assigned when you configure the endpoint. デプロイメントに最も近い Azure リージョンを選択してください。Choose the Azure region closest to your deployment. Azure のリージョンは、インターネット待機時間テーブルでサポートされている場所の値です。The Azure regions are the location values supported by the Internet Latency Table. 詳細については、Traffic Manager の "パフォーマンス" によるトラフィック ルーティング方法に関する記事をご覧ください。For more information, see Traffic Manager 'Performance' traffic-routing method.

例 2:入れ子になったプロファイル内でのエンドポイントの監視Example 2: Endpoint monitoring in Nested Profiles

Traffic Manager は、各サービス エンドポイントの正常性をアクティブに監視します。Traffic Manager actively monitors the health of each service endpoint. エンドポイントが正常でない場合、Traffic Manager は、別のエンドポイントにユーザーを送信してサービスの可用性を維持します。If an endpoint is unhealthy, Traffic Manager directs users to alternative endpoints to preserve the availability of your service. このエンドポイントの監視とフェールオーバーの動作は、すべてのトラフィック ルーティング方法に適用されます。This endpoint monitoring and failover behavior applies to all traffic-routing methods. 詳細については、 Traffic Manager のエンドポイント監視に関する記事をご覧ください。For more information, see Traffic Manager Endpoint Monitoring. エンドポイントの監視は、入れ子になったプロファイルに対しては異なった動作をします。Endpoint monitoring works differently for nested profiles. 入れ子になったプロファイルを使用した場合、親プロファイルでは子の正常性チェックが直接には実行されません。With nested profiles, the parent profile doesn't perform health checks on the child directly. 代わりに、子プロファイルのエンドポイントの正常性を使用して、子プロファイルの全体的な正常性が計算されます。Instead, the health of the child profile's endpoints is used to calculate the overall health of the child profile. この正常性の情報は、入れ子になったプロファイルの階層の上位に伝達されます。This health information is propagated up the nested profile hierarchy. 親プロファイルは、集計したこの正常性を使用して、子プロファイルにトラフィックを送信するかどうかを決定します。The parent profile uses this aggregated health to determine whether to direct traffic to the child profile. 入れ子になったプロファイルの正常性の監視について詳しくは、「FAQ」をご覧ください。See the FAQ for full details on health monitoring of nested profiles.

前の例に戻って、西ヨーロッパの運用環境デプロイで障害が発生したとします。Returning to the previous example, suppose the production deployment in West Europe fails. 既定では、"子" プロファイルはすべてのトラフィックをテスト デプロイに送信します。By default, the 'child' profile directs all traffic to the test deployment. テスト デプロイにも障害が発生した場合、すべての子エンドポイントが正常ではないため、親プロファイルは、子プロファイルでトラフィックを受信するべきではないと判断します。If the test deployment also fails, the parent profile determines that the child profile should not receive traffic since all child endpoints are unhealthy. その後、親プロファイルは、他の地域にトラフィックを振り分けます。Then, the parent profile distributes traffic to the other regions.

入れ子になったプロファイルのフェールオーバー (既定の動作)

この配置で問題ない場合もあります。You might be happy with this arrangement. ただし、限られた一部のトラフィックではなく、西ヨーロッパ向けのすべてのトラフィックが、このテスト デプロイに送信される懸念もあります。Or you might be concerned that all traffic for West Europe is now going to the test deployment instead of a limited subset traffic. テスト デプロイの状態に関係なく、西ヨーロッパの運用環境のデプロイが失敗した場合は、他のリージョンにフェールオーバーする必要があります。Regardless of the health of the test deployment, you want to fail over to the other regions when the production deployment in West Europe fails. このフェールオーバーを実現するには、親プロファイルのエンドポイントとして子プロファイルを構成するときに、"MinChildEndpoints" パラメーターを指定することができます。To enable this failover, you can specify the 'MinChildEndpoints' parameter when configuring the child profile as an endpoint in the parent profile. このパラメーターは、子プロファイル内の利用可能なエンドポイントの最小数を決定します。The parameter determines the minimum number of available endpoints in the child profile. 既定値は '1' です。The default value is '1'. このシナリオでは、MinChildEndpoints の値を 2 に設定します。For this scenario, you set the MinChildEndpoints value to 2. このしきい値を下回ると、親プロファイルは、子プロファイル全体を利用不可と判断し、他のエンドポイントにトラフィックを送信します。Below this threshold, the parent profile considers the entire child profile to be unavailable and directs traffic to the other endpoints.

次の図はこの構成を示します。The following figure illustrates this configuration:

"MinChildEndpoints" が 2 に設定された、入れ子になったプロファイルのフェールオーバー

注意

"優先順位" によるトラフィック ルーティング方法では、単一のエンドポイントにすべてのトラフィックが振り分けられます。The 'Priority' traffic-routing method distributes all traffic to a single endpoint. そのため、子プロファイルの MinChildEndpoints を '1' 以外の値に設定してもほとんど意味はありません。Thus there is little purpose in a MinChildEndpoints setting other than '1' for a child profile.

例 3:"パフォーマンス" トラフィック ルーティングにおける優先フェールオーバー リージョンExample 3: Prioritized failover regions in 'Performance' traffic routing

"パフォーマンス" トラフィック ルーティング方式の既定の動作では、エンドポイントが地理的に異なる場所にある場合、エンド ユーザーはネットワーク待ち時間が最も短いという意味で "最も近い" エンドポイントにルーティングされます。The default behavior for the 'Performance' traffic-routing method is when you have endpoints in different geographic locations the end users are routed to the "closest" endpoint in terms of the lowest network latency.

西ヨーロッパのトラフィックをなるべく米国西部にフェールオーバーし、これらのエンドポイントがどちらも使用できない場合にのみ、他の場所に送信するとします。However, suppose you prefer the West Europe traffic failover to West US, and only direct traffic to other regions when both endpoints are unavailable. このソリューションは、"優先順位" トラフィック ルーティング方法と子プロファイルを使用して作成することができます。You can create this solution using a child profile with the 'Priority' traffic-routing method.

優先フェールオーバーを使用する "パフォーマンス" トラフィック ルーティング

西ヨーロッパ エンドポイントは米国西部エンドポイントよりも優先順位が高いため、どちらのエンドポイントもオンラインの場合は、すべてのトラフィックが西ヨーロッパ エンドポイントに送信されます。Since the West Europe endpoint has higher priority than the West US endpoint, all traffic is sent to the West Europe endpoint when both endpoints are online. 西ヨーロッパで障害が発生した場合、トラフィックは米国西部に送信されます。If West Europe fails, its traffic is directed to West US. 入れ子になったプロファイルを使用すると、西ヨーロッパと米国西部の両方で障害が発生した場合にのみ、トラフィックが東アジアに送信されます。With the nested profile, traffic is directed to East Asia only when both West Europe and West US fail.

このパターンは、すべてのリージョンで繰り返すことができます。You can repeat this pattern for all regions. 親プロファイル内の 3 つのエンドポイントすべてを 3 つの子プロファイルに置き換え、それぞれにフェールオーバーの順序を優先順位付けして指定します。Replace all three endpoints in the parent profile with three child profiles, each providing a prioritized failover sequence.

例 4:同じリージョンの複数のエンドポイント間での "パフォーマンス" トラフィック ルーティングの制御Example 4: Controlling 'Performance' traffic routing between multiple endpoints in the same region

特定のリージョンの複数のエンドポイントを含むプロファイルで "パフォーマンス" トラフィック ルーティング方法が使用されているとします。Suppose the 'Performance' traffic-routing method is used in a profile that has more than one endpoint in a particular region. 既定では、そのリージョンに送信されるトラフィックは、そのリージョンの使用可能なすべてのエンドポイントに均等に分散されます。By default, traffic directed to that region is distributed evenly across all available endpoints in that region.

"パフォーマンス" トラフィック ルーティングのリージョン内トラフィック分散 (既定の動作)

西ヨーロッパに複数のエンドポイントが追加されるのではなく、複数のエンドポイントが個別の子プロファイルに囲み込まれます。Instead of adding multiple endpoints in West Europe, those endpoints are enclosed in a separate child profile. この子プロファイルは、西ヨーロッパの唯一のエンドポイントとして親に追加されます。The child profile is added to the parent as the only endpoint in West Europe. そのリージョン内で優先順位ベースまたは重み付けトラフィック ルーティングを有効にすることで、子プロファイルの設定を使用して西ヨーロッパでのトラフィック分散を制御できます。The settings on the child profile can control the traffic distribution with West Europe by enabling priority-based or weighted traffic routing within that region.

"パフォーマンス" トラフィック ルーティングのカスタムのリージョン内トラフィック分散

例 5:エンドポイントごとの監視設定Example 5: Per-endpoint monitoring settings

従来のオンプレミス Web サイトから Azure でホストされる新しいクラウドベースのバージョンにトラフィックをスムーズに移行するために、Traffic Manager を使用するとします。Suppose you are using Traffic Manager to smoothly migrate traffic from a legacy on-premises web site to a new Cloud-based version hosted in Azure. 従来のサイトでは、ホーム ページの URI を使用して、サイトの正常性を監視します。For the legacy site, you want to use the home page URI to monitor site health. ただし、新しいクラウドベースのバージョンでは、その他のチェックも含まれたカスタムの監視ページ (パスは "/monitor.aspx") を実装します。But for the new Cloud-based version, you are implementing a custom monitoring page (path '/monitor.aspx') that includes additional checks.

Traffic Manager のエンドポイント監視 (既定の動作)

Traffic Manager プロファイルの監視の設定は、1 つのプロファイル内のすべてのエンドポイントに適用されます。The monitoring settings in a Traffic Manager profile apply to all endpoints within a single profile. 入れ子になったプロファイルを使用する場合は、サイトごとに別の子プロファイルを使用して、それぞれ異なる監視設定を定義します。With nested profiles, you use a different child profile per site to define different monitoring settings.

エンドポイントごとの設定を使用する Traffic Manager のエンドポイント監視

次の手順Next steps

Traffic Manager のプロファイルの詳細を確認するLearn more about Traffic Manager profiles

Traffic Manager プロファイルの作成Learn how to create a Traffic Manager profile