Traffic Manager の Real User Measurements の概要Traffic Manager Real User Measurements overview

Traffic Manager プロファイルを設定して、パフォーマンスによるルーティング方法を使用する場合、サービスは DNS クエリ要求の送信元を確認し、その要求元を、待機時間が最短になる Azure リージョンに転送するルーティングの決定を行います。When you set up a Traffic Manager profile to use the performance routing method, the service looks at where the DNS query requests are coming from and makes routing decisions to direct those requestors to the Azure region that gives them the lowest latency. これを実現するために、さまざまなエンドユーザー ネットワークに対して Traffic Manager が保持する、ネットワーク待機時間インテリジェンスが利用されます。This is accomplished by utilizing the network latency intelligence that Traffic Manager maintains for different end-user networks.

Real User Measurements を使用すると、エンド ユーザーが使用するクライアント アプリケーションから、Azure リージョンへのネットワーク待機時間を測定し、ルーティングの決定を行うときに、Traffic Manager も同様にその情報を考慮するよう指定できます。Real User Measurements enables you to measure network latency measurements to Azure regions, from the client applications your end users use, and have Traffic Manager consider that information as well when making routing decisions. Real User Measurements を選択することで、エンドユーザーが存在するネットワークからの要求のルーティングの精度を向上させることができます。By choosing to use the Real User Measurements, you can increase the accuracy of the routing for requests coming from those networks where your end users reside.

Real User Measurements のしくみHow Real User Measurements work

リアル ユーザー測定は、クライアント アプリケーションが使用されているエンドユーザー ネットワークから見るように、そのアプリケーションが Azure リージョンへの待機時間を測定することで機能します。Real User Measurements work by having your client applications measure latency to Azure regions as it is seen from the end-user networks in which they are used. たとえば、さまざまな場所 (たとえば、北米リージョン) のユーザーがアクセスする Web ページがある場合、パフォーマンスによるルーティング方法を使用して、サーバー アプリケーションがホストされている最適な Azure リージョンへのユーザー アクセスを促すときに、リアル ユーザー測定の機能を使用できます。For example, if you have a web page that is accessed by users across different locations (for example, in the North American regions), you can use Real User Measurements with performance routing method to get them to the best Azure region in which your server application is hosted.

最初に、Azure 提供の JavaScript (および、それに含まれる一意のキー) を Web ページに埋め込みます。It starts by embedding an Azure provided JavaScript (with a unique key in it) in your web pages. 完了すると、ユーザーが Web ページにアクセスするたびに、JavaScript は Traffic Manager にクエリを実行して、測定する Azure リージョンに関する情報を取得します。Once that is done, whenever a user visits that webpage, the JavaScript queries Traffic Manager to get information about the Azure regions it should measure. サービスは、一連のエンドポイントをスクリプトに返して、そのリージョンを連続して測定します。これを行うために、その Azure リージョンでホストされている 1 つのピクセル イメージをダウンロードし、要求が送信された時刻と、最初のバイトが受信された時刻の間の待機時間を記録します。The service returns a set of endpoints to the script that then measure these regions consecutively by downloading a single pixel image hosted in those Azure regions and noting the latency between the time the request was sent and the time when the first byte was received. こうした測定値は、Traffic Manager サービスにレポートされます。These measurements are then reported back to the Traffic Manager service.

時間をかけて、多数のネットワークに対して、この処理を何回も実行すると、Traffic Manager が取得する、エンド ユーザーが存在するネットワークの待機時間特性に関する情報の精度が増します。Over time, this happens many times and across many networks leading to Traffic Manager getting more accurate information about the latency characteristics of the networks in which your end users reside. この情報は、Traffic Manager によるルーティングの決定の際に考慮されるようになります。This information starts getting to be included in the routing decisions made by Traffic Manager. 結果として、これが Real User Measurements に基づいた決定の精度向上につながります。As a result, it leads to increased accuracy in those decisions based on the Real User Measurements sent.

Real User Measurements を使用する場合は、Traffic Manager に送信された測定数に基づいて課金されます。When you use Real User Measurements, you are billed based on the number of measurements sent to Traffic Manager. 価格の詳細については、Traffic Manager の価格ページをご覧ください。For more details on the pricing, visit the Traffic Manager pricing page.

FAQFAQs

次の手順Next steps