Azure portal で MSIX アプリのアタッチを設定するSet up MSIX app attach with the Azure portal

この記事では、Windows Virtual Desktop 環境で MSIX アプリのアタッチを設定する方法について説明します。This article will walk you through how to set up MSIX app attach in a Windows Virtual Desktop environment.

必要条件Requirements

重要

作業を開始する前に、必ずこちらのフォームに記入して送信し、サブスクリプションで MSIX アプリ アタッチを有効にしてください。Before you get started, make sure to fill out and submit this form to enable MSIX app attach in your subscription. 承認されたリクエストがない場合、MSIX アプリ アタッチは機能しません。If you don't have an approved request, MSIX app attach won't work. リクエストの承認には、営業日に最大で 24 時間かかる可能性があります。Approval of requests can take up to 24 hours during business days. リクエストが受諾されて完了すると、電子メールが届きます。You'll get an email when your request has been accepted and completed.

MSIX アプリ アタッチを構成するために必要な項目を次に示します。Here's what you need to configure MSIX app attach:

  • 機能する Windows Virtual Desktop のデプロイ。A functioning Windows Virtual Desktop deployment. Windows Virtual Desktop (classic) のデプロイ方法については、「Windows Virtual Desktop でテナントを作成する」を参照してください。To learn how to deploy Windows Virtual Desktop (classic), see Create a tenant in Windows Virtual Desktop. Azure Resource Manager の統合を使用して Windows Virtual Desktop をデプロイする方法については、「Azure portal を使用してホスト プールを作成する」を参照してください。To learn how to deploy Windows Virtual Desktop with Azure Resource Manager integration, see Create a host pool with the Azure portal.
  • 少なくとも 1 つのアクティブなセッション ホストが含まれている Windows Virtual Desktop ホスト プール。A Windows Virtual Desktop host pool with at least one active session host.
  • このホスト プールは検証環境に存在している必要があります。This host pool must be in the validation environment.
  • MSIX パッケージ化ツール。The MSIX packaging tool.
  • MSIX のパッケージされたアプリケーションは、ファイル共有にアップロードされる MSIX イメージに展開されます。An MSIX-packaged application expanded into an MSIX image that's uploaded into a file share.
  • MSIX パッケージが格納される Windows Virtual Desktop デプロイ内のファイル共有。A file share in your Windows Virtual Desktop deployment where the MSIX package will be stored.
  • MSIX イメージをアップロードしたファイル共有には、ホスト プール内のすべての仮想マシン (VM) からアクセスできる必要もあります。The file share where you uploaded the MSIX image must also be accessible to all virtual machines (VMs) in the host pool. ユーザーには、イメージにアクセスするための読み取り専用アクセス許可が必要になります。Users will need read-only permissions to access the image.
  • 証明書が公的に信頼されていない場合は、「証明書をインストールする」の手順に従ってください。If the certificate isn't publicly trusted, follow the instructions in Install certificates.

MSIX アプリ アタッチ アプリケーションの自動更新をオフにするTurn off automatic updates for MSIX app attach applications

作業を開始する前に、MSIX アプリ アタッチ アプリケーションの自動更新を無効にする必要があります。Before you get started, you must disable automatic updates for MSIX app attach applications. 自動更新を無効にするには、管理者特権でのコマンド プロンプトで次のコマンドを実行する必要があります。To disable automatic updates, you'll need to run the following commands in an elevated command prompt:

rem Disable Store auto update:

reg add HKLM\Software\Policies\Microsoft\WindowsStore /v AutoDownload /t REG_DWORD /d 0 /f
Schtasks /Change /Tn "\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\Automatic app update" /Disable
Schtasks /Change /Tn "\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\Scheduled Start" /Disable

rem Disable Content Delivery auto download apps that they want to promote to users:

reg add HKCU\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ContentDeliveryManager /v PreInstalledAppsEnabled /t REG_DWORD /d 0 /f

reg add HKLM\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\ContentDeliveryManager\Debug /v ContentDeliveryAllowedOverride /t REG_DWORD /d 0x2 /f

注意

Hyper-v を有効にした後で、仮想マシンを再起動することをお勧めします。We recommend that you restart the virtual machine after enabling Hyper-V.

MSIX アプリ アタッチ管理インターフェイスを構成するConfigure the MSIX app attach management interface

次に、Azure portal 用の MSIX アプリ アタッチ管理インターフェイスをダウンロードして構成する必要があります。Next, you'll need to download and configure the the MSIX app attach management interface for the Azure portal.

管理インターフェイスを設定するには、次のようにします。To set up the management interface:

  1. Azure portal を開きますOpen the Azure portal.

  2. この拡張機能を信頼できるかどうかを尋ねるプロンプトが表示されたら、 [許可] を選択します。If you get a prompt asking if you consider the extension trustworthy, select Allow.

    信頼されていない拡張機能ウィンドウのスクリーンショット。A screenshot of the untrusted extensions window. [許可] が赤で強調表示されています。"Allow" is highlighted in red.

MSIX イメージをホスト プールに追加するAdd an MSIX image to the host pool

次に、MSIX イメージをホスト プールに追加する必要があります。Next you'll need to add the MSIX image to your host pool.

MSIX イメージを追加するには、次のようにします。To add the MSIX image:

  1. Azure portal を開きます。Open the Azure portal.

  2. 検索バーに「Windows Virtual Desktop」と入力し、サービス名を選択します。Enter Windows Virtual Desktop into the search bar, then select the service name.

    Azure portal で、ユーザーが検索バーのドロップダウン メニューから [Windows Virtual Desktop] を選択しているスクリーンショット。A screenshot of a user selecting "Windows Virtual Desktop" from the search bar drop-down menu in the Azure portal. [Windows Virtual Desktop] が赤で強調表示されています。"Windows Virtual Desktop" is highlighted in red.

  3. MSIX アプリを配置するホスト プールを選択します。Select the host pool where you plan to put the MSIX apps.

  4. [MSIX packages](MSIX パッケージ) を選択して、現在ホスト プールに追加されているすべての MSIX パッケージ が含まれているデータ グリッドを開きます。Select MSIX packages to open the data grid with all MSIX packages currently added to the host pool.

  5. [+追加] を選択して、 [Add MSIX package](MSIX パッケージの追加) タブを開きます。Select + Add to open the Add MSIX package tab.

  6. [Add MSIX package](MSIX パッケージの追加) タブで、次の値を入力します。In the Add MSIX package tab, enter the following values:

    • [MSIX image path](MSIX イメージのパス) には、ファイル共有上の MSIX イメージを指す有効な UNC パスを入力します。For MSIX image path, enter a valid UNC path pointing to the MSIX image on the file share. (例: \\storageaccount.file.core.windows.net\msixshare\appfolder\MSIXimage.vhd)。完了したら、 [追加] を選択し、MSIX コンテナーを調べてそのパスが有効かどうかを確認します。(For example, \\storageaccount.file.core.windows.net\msixshare\appfolder\MSIXimage.vhd.) When you're done, select Add to interrogate the MSIX container to check if the path is valid.

    • [MSIX package](MSIX パッケージ) では、ドロップダウン メニューから関連する MSIX パッケージ名を選択します。For MSIX package, select the relevant MSIX package name from the drop-down menu. このメニューは、 [MSIX image path](MSIX イメージのパス) に有効なイメージ パスを入力した場合にのみ設定されます。This menu will only be populated if you've entered a valid image path in MSIX image path.

    • [Package applications](アプリケーションのパッケージ) では、MSIX パッケージ内でユーザーが使用できるようにするすべての MSIX アプリケーションが一覧に含まれていることを確認してください。For Package applications, make sure the list contains all MSIX applications you want to be available to users in your MSIX package.

    • 必要に応じて、ユーザー デプロイで、パッケージをよりユーザーフレンドリにしたい場合は、 [表示名] を入力します。Optionally, enter a Display name if you want your package to have a more user-friendly in your user deployments.

    • [バージョン] に正しいバージョン番号が指定されていることを確認します。Make sure the Version has the correct version number.

    • 使用する [Registration type](登録の種類) を選択します。Select the Registration type you want to use. どれを使用するかは、ニーズによって異なります。Which one you use depends on your needs:

    • [On-demand registration](オンデマンド登録) では、ユーザーがアプリケーションを起動するまで、MSIX アプリケーションの完全な登録が延期されます。On-demand registration postpones the full registration of the MSIX application until the user starts the application. こちらの登録の種類を使用することをお勧めします。This is the registration type we recommend you use.

    • [Log on blocking](ログオン ブロック) では、ユーザーがサインインしている間だけ登録されます。Log on blocking only registers while the user is signing in. この種類ではユーザーのサインイン時間が長くなる可能性があるため、お勧めしません。We don't recommend this type because it can lead to longer sign-in times for users.

  7. [状態] では、希望する状態を選択します。For State, select your preferred state.

    • [アクティブ] 状態の場合、ユーザーはパッケージを操作できます。The Active status lets users interact with the package.
    • [非アクティブ] 状態の場合は、Windows Virtual Desktop によってパッケージは無視されて、ユーザーに配布されません。The Inactive status causes Windows Virtual Desktop to ignore the package and not deliver it to users.
  8. 終了したら、 [追加] を選択します。When you're done, select Add.

MSIX アプリをアプリ グループに発行するPublish MSIX apps to an app group

次に、アプリをパッケージに発行する必要があります。Next, you'll need to publish the apps into the package. これは、デスクトップとリモート アプリの両方のアプリケーション グループに対して行う必要があります。You'll need to do this for both desktop and remote app application groups.

MSIX イメージが既にある場合は、スキップして、「MSIX アプリをアプリ グループに発行する」に進んでください。If you already have an MSIX image, skip ahead to Publish MSIX apps to an app group. レガシ アプリケーションをテストする場合は、「VM 上でデスクトップ インストーラーからの MSIX パッケージを作成する」の手順に従って、レガシ アプリケーションを MSIX パッケージに変換します。If you want to test legacy applications, follow the instructions in Create an MSIX package from a desktop installer on a VM to convert the legacy application to an MSIX package.

アプリを発行するには、次のようにします。To publish the apps:

  1. Windows Virtual Desktop リソース プロバイダーで、 [アプリケーション グループ] タブを選択します。In the Windows Virtual Desktop resource provider, select the Application groups tab.

  2. アプリを発行するアプリケーション グループを選択します。Select the application group you want to publish the apps to.

    注意

    MSIX アプリケーションは、MSIX アプリ アタッチを使用して、リモート アプリとデスクトップ アプリの両方のグループに配布できます。MSIX applications can be delivered with MSIX app attach to both remote app and desktop app groups

  3. アプリ グループに入ったら、 [アプリケーション] タブを選択します。 [アプリケーション] グリッドには、アプリ グループ内のすべての既存のアプリが表示されます。Once you're in the app group, select the Applications tab. The Applications grid will display all existing apps within the app group.

  4. [+追加] を選択して [アプリケーションの追加] タブを開きます。Select + Add to open the Add application tab.

    ユーザーが [+追加] を選択して [アプリケーションの追加] タブを開いているスクリーンショットA screenshot of the user selecting + Add to open the add application tab

  5. [アプリケーション ソース] では、アプリケーションのソースを選択します。For Application source, choose the source for your application.

    • デスクトップ アプリ グループを使用している場合は、 [MSIX パッケージ] を選択します。If you're using a Desktop app group, choose MSIX package.

      ユーザーが [アプリケーション ソース] のドロップダウン メニューから [MSIX パッケージ] を選択しているスクリーンショット。A screenshot of a customer selecting MSIX package from the application source drop-down menu. [MSIX パッケージ] が赤で強調表示されています。MSIX package is highlighted in red.

    • リモート アプリ グループを使用している場合は、次のいずれかのオプションを選択します。If you're using a remote app group, choose one of the following options:

      • [スタート] メニューStart menu
      • アプリのパスApp path
      • MSIX パッケージMSIX package
    • [アプリケーション名] には、アプリケーションのわかりやすい名前を入力します。For Application name, enter a descriptive name for the application.

    次のオプション機能を構成することもできます。You can also configure the following optional features:

    • [表示名] には、ユーザーに表示されるパッケージの新しい名前を入力します。For Display name, enter a new name for the package that your users will see.

    • [説明] には、アプリ パッケージの簡単な説明を入力します。For Description, enter a short description of the app package.

    • リモート アプリ グループを使用している場合は、これらのオプションも構成できます。If you're using a remote app group, you can also configure these options:

      • Icon path (アイコン パス)Icon path
      • Icon Index (アイコン インデックス)Icon index
      • Show in web feed (Web フィードに表示する)Show in web feed
  6. 終了したら、 [保存] を選択します。When you're done, select Save.

注意

ユーザーが同じホスト プールのリモート アプリ グループとデスクトップ アプリ グループに割り当てられている場合、フィードにはデスクトップ アプリグループが表示されます。When a user is assigned to remote app group and desktop app group from the same host pool the desktop app group will be displayed in the feed.

ユーザーをアプリ グループに割り当てるAssign a user to an app group

MSIX アプリをアプリ グループに割り当てたら、ユーザーにそれに対するアクセス権を付与する必要があります。After assigning MSIX apps to an app group, you'll need to grant users access to them. アクセス権を割り当てるには、発行されている MSIX アプリケーションが含まれたアプリ グループにユーザーまたはユーザー グループを追加します。You can assign access by adding users or user groups to an app group with published MSIX applications. Azure portal を使用してアプリ グループを管理する」の手順に従って、ユーザーをアプリ グループに割り当てます。Follow the instructions in Manage app groups with the Azure portal to assign your users to an app group.

注意

パブリック プレビュー中にリモート アプリをテストするときに、MSIX アプリ アタッチのリモート アプリがフィードから消えることがあります。MSIX app attach remote apps may disappear from the feed when you test remote apps during public preview. このアプリが表示されないのは、評価環境で使用しているホスト プールが運用環境の RD ブローカーによって提供されているためです。The apps don't appear because the host pool you're using in the evaluation environment is being served by an RD Broker in the production environment. 運用環境の RD ブローカーによって MSIX アプリ アタッチのリモート アプリの存在が登録されないため、このアプリはフィードに表示されません。Because the RD Broker in the production environment doesn't register the presence of the MSIX app attach remote apps, the apps won't appear in the feed.

MSIX パッケージの状態を変更するChange MSIX package state

次に、パッケージの処理内容に応じて、MSIX パッケージの状態を [アクティブ] または [非アクティブ] に変更する必要があります。Next, you'll need to change the MSIX package state to either Active or Inactive, depending on what you want to do with the package. アクティブ パッケージとは、発行後にユーザーが操作できるパッケージのことです。Active packages are packages your users can interact with once they're published. 非アクティブ パッケージは Windows Virtual Desktop によって無視されるため、ユーザーは内部のアプリを操作できません。Inactive packages are ignored by Windows Virtual Desktop, so your users can't interact with the apps inside.

アプリケーション一覧を使用して状態を変更するChange state with the Applications list

アプリケーション一覧を使用してパッケージの状態を変更するするには、次のようにします。To change the package state with the Applications list:

  1. ホスト プールにアクセスし、 [MSIX パッケージ] を選択します。Go to your host pool and select MSIX packages. ホスト プール内の既存のすべての MSIX パッケージの一覧が表示されます。You should see a list of all existing MSIX packages within the host pool.

  2. 状態を変更する必要がある MSIX パッケージを選択し、 [状態の変更] を選択します。Select the MSIX packages whose states you need to change, then select Change state.

更新パッケージを使用して状態を変更するChange state with update package

更新パッケージを使用してパッケージの状態を変更するには、次のようにします。To change the package state with an update package:

  1. ホスト プールにアクセスし、 [MSIX パッケージ] を選択します。Go to your host pool and select MSIX packages. ホスト プール内の既存のすべての MSIX パッケージの一覧が表示されます。You should see a list of all existing MSIX packages within the host pool.

  2. MSIX パッケージの一覧から、状態を変更するパッケージの名前を選択します。Select the name of the package whose state you want to change from the MSIX package list. これにより、 [更新パッケージ] タブが開きます。This will open the Update package tab.

  3. [状態] スイッチを [非アクティブ] または [アクティブ] に切り替えて、 [保存] を選択します。Toggle the State switch to either Inactive or Active, then select Save.

MSIX パッケージの登録の種類を変更するChange MSIX package registration type

パッケージの登録の種類を変更するには、次のようにします。To change the package's registration type:

  1. [MSIX パッケージ] を選択します。Select MSIX packages. ホスト プール内の既存のすべての MSIX パッケージの一覧が表示されます。You should see a list of all existing MSIX packages within the host pool.

  2. MSIX パッケージ グリッド から パッケージ名 を選択します。これにより、パッケージを更新するためのブレードが開きます。Select Package name in the MSIX packages grid this will open the blade to update the package.

  3. 必要に応じて [On-demand/Log on blocking](オンデマンド/ログオン ブロック) ボタンで [登録の種類] を切り替えて、 [保存] を選択します。Toggle the Registration type via the On-demand/Log on blocking button as desired and select Save.

MSIX パッケージを削除するRemove an MSIX package

MSIX パッケージをホスト プールから削除するには、次のようにします。To remove an MSIX package from your host pool:

  1. [MSIX パッケージ] を選択します。Select MSIX packages. ホスト プール内の既存のすべての MSIX パッケージの一覧が表示されます。You should see a list of all existing MSIX packages within the host pool.

  2. 削除するパッケージ名の右側にある省略記号を選択し、 [削除] を選択します。Select the ellipsis on the right side the name of the package you want to delete, then select Remove.

MSIX アプリを削除するRemove MSIX apps

パッケージから個々の MSIX アプリを削除するには、次のようにします。To remove individual MSIX apps from your package:

  1. ホスト プールにアクセスし、 [アプリケーション グループ] を選択します。Go to the host pool and select Application groups.

  2. MSIX アプリを削除するアプリケーション グループを選択します。Select the application group you want to remove MSIX apps from.

  3. [アプリケーション] タブを開きます。Open the Applications tab.

  4. 削除するアプリを選択し、 [削除] を選択します。Select the app you want to remove, then select Remove.

次のステップNext steps

Windows Virtual Desktop Tech Community にアクセスして、コミュニティにこの機能に関する質問をします。Ask our community questions about this feature at the Windows Virtual Desktop TechCommunity.

また、Windows Virtual Desktop についてのフィードバックは、Windows Virtual Desktop フィードバック ハブにお寄せいただくこともできます。You can also leave feedback for Windows Virtual Desktop at the Windows Virtual Desktop feedback hub.

役に立つその他の記事を次に示します。Here are some other articles you might find helpful: