セッション ホスト仮想マシンに Windows ライセンスを適用する

Windows Virtual Desktop のワークロードを実行するライセンスが適切に付与されているお客様は、Windows ライセンスをセッション ホスト仮想マシンに適用し、別のライセンスの料金を支払うことなくそれらを実行できます。 詳細については、「Windows Virtual Desktop の価格」を参照してください。

Windows Virtual Desktop ライセンスの使用方法

Windows Virtual Desktop ライセンスを使用すると、ホスト プールにセッション ホストとして登録され、ユーザー接続を受け取る任意の Windows または Windows Server 仮想マシンにライセンスを適用できます。 このライセンスは、ファイル共有サーバー、ドメイン コントローラーなどとして実行されている仮想マシンには適用されません。

Windows Virtual Desktop ライセンスを使用する方法は、いくつかあります。

  • Azure Marketplace オファリングを使用して、ホスト プールとそのセッション ホスト仮想マシンを作成できます。 この方法で作成された仮想マシンには、ライセンスが自動的に適用されます。
  • GitHub の Azure Resource Manager テンプレートを使用して、ホスト プールとそのセッション ホスト仮想マシンを作成できます。 この方法で作成された仮想マシンには、ライセンスが自動的に適用されます。
  • 既存のセッション ホスト仮想マシンにライセンスを適用できます。 これを行うには、まず「PowerShell を使用してホスト プールを作成する」の手順に従ってホスト プールと関連 VM を作成してから、この記事に戻ってライセンスを適用する方法を確認します。

セッション ホスト VM に Windows ライセンスを適用する

最新の Azure PowerShell がインストールおよび構成されていることを確認します。 次の PowerShell コマンドレットを実行して、Windows ライセンスを適用します。

$vm = Get-AzVM -ResourceGroup <resourceGroupName> -Name <vmName>
$vm.LicenseType = "Windows_Client"
Update-AzVM -ResourceGroupName <resourceGroupName> -VM $vm

セッション ホスト VM がライセンスの特典を利用していることを確認する

VM をデプロイした後、このコマンドレットを実行してライセンスの種類を確認します。

Get-AzVM -ResourceGroupName <resourceGroupName> -Name <vmName>

Windows ライセンスが適用されたセッション ホスト VM では、次のような内容が表示されます。

Type                     : Microsoft.Compute/virtualMachines
Location                 : westus
LicenseType              : Windows_Client

Windows ライセンスが適用されていない VM では、次のような内容が表示されます。

Type                     : Microsoft.Compute/virtualMachines
Location                 : westus
LicenseType              :

Azure サブスクリプションで Windows ライセンスが適用されているすべてのセッション ホスト VM の一覧を表示するには、次のコマンドレットを実行します。

$vms = Get-AzVM
$vms | Where-Object {$_.LicenseType -like "Windows_Client"} | Select-Object ResourceGroupName, Name, LicenseType

Windows Server リモート デスクトップ サービスをデプロイするための要件

Windows Server 2019、2016、または 2012 R2 を Windows 仮想デスクトップ ホストとしてデプロイ内で展開する場合は、それらの仮想マシンからリモート デスクトップ サービス ライセンス サーバーにアクセスできる必要があります。 リモート デスクトップ サービス ライセンス サーバーは、オンプレミスまたは Azure に配置できます。 詳細については、「リモート デスクトップ サービス ライセンス サーバーをアクティブ化する」を参照してください。