個人用デスクトップ ホスト プールの割り当ての種類を構成するConfigure the personal desktop host pool assignment type

重要

このコンテンツは、Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop オブジェクトを含む Windows Virtual Desktop に適用されます。This content applies to Windows Virtual Desktop with Azure Resource Manager Windows Virtual Desktop objects. Azure Resource Manager オブジェクトなしで Windows Virtual Desktop (classic) を使用している場合は、この記事を参照してください。If you're using Windows Virtual Desktop (classic) without Azure Resource Manager objects, see this article.

ニーズに合わせて、個人用デスクトップ ホスト プールの割り当ての種類を構成して Windows Virtual Desktop 環境を調整することができます。You can configure the assignment type of your personal desktop host pool to adjust your Windows Virtual Desktop environment to better suit your needs. このトピックでは、ユーザーの自動割り当てまたは直接割り当てを構成する方法について説明します。In this topic, we'll show you how to configure automatic or direct assignment for your users.

注意

この記事の手順は、プールされたホスト プールではなく個人用デスクトップ ホスト プールにのみ適用されます。これは、プールされたホスト プール内のユーザーは特定のセッション ホストに割り当てられないためです。The instructions in this article only apply to personal desktop host pools, not pooled host pools, since users in pooled host pools aren't assigned to specific session hosts.

前提条件Prerequisites

この記事では、Windows Virtual Desktop PowerShell モジュールを既にダウンロードしてインストールしていることを前提としています。This article assumes you've already downloaded and installed the Windows Virtual Desktop PowerShell module. まだ行っていない場合は、PowerShell モジュールのセットアップに関する記事の手順に従ってください。If you haven't, follow the instructions in Set up the PowerShell module.

自動割り当てを構成するConfigure automatic assignment

自動割り当ては、Windows Virtual Desktop 環境で作成された新しい個人用デスクトップ ホスト プールの既定の割り当ての種類です。Automatic assignment is the default assignment type for new personal desktop host pools created in your Windows Virtual Desktop environment. ユーザーを自動的に割り当てる場合、特定のセッション ホストは必要ありません。Automatically assigning users doesn't require a specific session host.

ユーザーを自動的に割り当てるには、まずユーザーを個人用デスクトップ ホスト プールに割り当てて、ユーザーが自分のフィードでデスクトップを表示できるようにします。To automatically assign users, first assign them to the personal desktop host pool so that they can see the desktop in their feed. 割り当てられたユーザーが自分のフィードでデスクトップを起動すると、ホスト プールにまだ接続していない場合は、使用可能なセッション ホストが要求されます。これにより、割り当てプロセスが完了します。When an assigned user launches the desktop in their feed, they will claim an available session host if they have not already connected to the host pool, which completes the assignment process.

ユーザーを VM に自動的に割り当てるようにホスト プールを構成するには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。To configure a host pool to automatically assign users to VMs, run the following PowerShell cmdlet:

Update-AzWvdHostPool -ResourceGroupName <resourcegroupname> -Name <hostpoolname> -PersonalDesktopAssignmentType Automatic

ユーザーを個人用デスクトップ ホスト プールに割り当てるには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。To assign a user to the personal desktop host pool, run the following PowerShell cmdlet:

New-AzRoleAssignment -SignInName <userupn> -RoleDefinitionName "Desktop Virtualization User" -ResourceName <appgroupname> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -ResourceType 'Microsoft.DesktopVirtualization/applicationGroups'

直接割り当てを構成するConfigure direct assignment

自動割り当てとは異なり、直接割り当てを使用する場合、ユーザーが個人用デスクトップに接続するには、ユーザーを個人用デスクトップ ホストプールと特定のセッション ホストの両方に割り当てる必要があります。Unlike automatic assignment, when you use direct assignment, you must assign the user to both the personal desktop host pool and a specific session host before they can connect to their personal desktop. ユーザーがセッション ホストの割り当てなしでホスト プールにのみ割り当てられている場合、ユーザーはリソースにアクセスできません。If the user is only assigned to a host pool without a session host assignment, they won't be able to access resources.

ユーザーをセッション ホストに直接割り当てる必要があるようにホスト プールを構成するには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。To configure a host pool to require direct assignment of users to session hosts, run the following PowerShell cmdlet:

Update-AzWvdHostPool -ResourceGroupName <resourcegroupname> -Name <hostpoolname> -PersonalDesktopAssignmentType Direct

ユーザーを個人用デスクトップ ホスト プールに割り当てるには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。To assign a user to the personal desktop host pool, run the following PowerShell cmdlet:

New-AzRoleAssignment -SignInName <userupn> -RoleDefinitionName "Desktop Virtualization User" -ResourceName <appgroupname> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -ResourceType 'Microsoft.DesktopVirtualization/applicationGroups'

特定のセッション ホストにユーザーを割り当てるには、次の PowerShell コマンドレットを実行します。To assign a user to a specific session host, run the following PowerShell cmdlet:

Update-AzWvdSessionHost -HostPoolName <hostpoolname> -Name <sessionhostname> -ResourceGroupName <resourcegroupname> -AssignedUser <userupn>

ユーザーを Azure portal のセッション ホストに直接割り当てるには、次の手順を実行します。To directly assign a user to a session host in the Azure portal:

  1. Azure Portal ( https://portal.azure.com ) にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.
  2. 検索バーに「Windows Virtual Desktop」と入力します。Enter Windows Virtual Desktop into the search bar.
  3. [サービス] の下で [Windows Virtual Desktop] を選択します。Under Services, select Windows Virtual Desktop.
  4. [Windows Virtual Desktop] ページで、ウィンドウの左側にあるメニューの [ホスト プール] を選択します。At the Windows Virtual Desktop page, go the menu on the left side of the window and select Host pools.
  5. 更新するホスト プールの名前を選択します。Select the name of the host pool you want to update.
  6. 次に、ウィンドウの左側にあるメニューに移動し、 [アプリケーション グループ] を選択します。Next, go to the menu on the left side of the window and select Application groups.
  7. 編集するデスクトップ アプリ グループの名前を選択し、ウィンドウの左側にあるメニューの [割り当て] を選択します。Select the name of the desktop app group you want to edit, then select Assignments in the menu on the left side of the window.
  8. [+ 追加] を選択し、このデスクトップ アプリ グループの公開先となるユーザーまたはユーザー グループを選択します。Select + Add, then select the users or user groups you want to publish this desktop app group to.
  9. [Assign VM](VM の割り当て) を選択して、セッション ホストをユーザーに割り当てます。Select Assign VM in the Information bar to assign a session host to a user.
  10. ユーザーに割り当てるセッション ホストを選択し、 [割り当てる] を選択します。Select the session host you want to assign to the user, then select Assign.
  11. 選択可能なユーザーの一覧から、セッション ホストを割り当てるユーザーを選択します。Select the user you want to assign the session host to from the list of available users.
  12. 終了したら、 [選択] を選択します。When you're done, select Select.

次のステップNext steps

個人用デスクトップ割り当ての種類を構成したので、次は Windows Virtual Desktop クライアントにサインインしてユーザー セッションの一部としてテストすることができます。Now that you've configured the personal desktop assignment type, you can sign in to a Windows Virtual Desktop client to test it as part of a user session. 次の 2 つの手順では、任意のクライアントを使用してセッションに接続する方法を説明します。These next two How-tos will tell you how to connect to a session using the client of your choice: