マスター VHD イメージに Office をインストールするInstall Office on a master VHD image

この記事では、Microsoft 365 Apps for enterprise、OneDrive、およびその他の一般的なアプリケーションをマスター仮想ハード ディスク (VHD) イメージにインストールして、Azure にアップロードする方法を説明します。This article tells you how to install Microsoft 365 Apps for enterprise, OneDrive, and other common applications on a master virtual hard disk (VHD) image for upload to Azure. ユーザーが特定の業種 (LOB) 向けアプリケーションにアクセスする必要がある場合は、この記事の手順を完了した後にそれらをインストールすることをお勧めします。If your users need to access certain line of business (LOB) applications, we recommend you install them after completing the instructions in this article.

この記事では、仮想マシンが既に作成されていることを前提としています。This article assumes you've already created a virtual machine (VM). そうでない場合は、「マスター VHD イメージを準備してカスタマイズする」を参照してくださいIf not, see Prepare and customize a master VHD image

この記事では、Azure と Hyper-V マネージャーのどちらでプロビジョニングされているかにかかわらず、VM に対して昇格されたアクセス権があることも前提としています。This article also assumes you have elevated access on the VM, whether it's provisioned in Azure or Hyper-V Manager. そうでない場合は、「Azure のすべてのサブスクリプションと管理グループを管理する目的でアクセス権限を昇格させる」を参照してください。If not, see Elevate access to manage all Azure subscription and management groups.

注意

これらの手順は、組織の既存のプロセスで使用できる Windows Virtual Desktop 固有の構成に対するものです。These instructions are for a Windows Virtual Desktop-specific configuration that can be used with your organization's existing processes.

共有コンピューターのアクティブ化モードで Office をインストールするInstall Office in shared computer activation mode

共有コンピューターのライセンス認証により、組織内で複数のユーザーによってアクセスされるコンピューターに Microsoft 365 Apps for enterprise をデプロイすることができます。Shared computer activation lets you to deploy Microsoft 365 Apps for enterprise to a computer in your organization that is accessed by multiple users. 共有コンピューターのライセンス認証の詳細については、Microsoft 365 Apps に対する共有コンピューターのライセンス認証の概要に関するページを参照してください。For more information about shared computer activation, see Overview of shared computer activation for Microsoft 365 Apps.

Office 展開ツールを使用して Office をインストールします。Use the Office Deployment Tool to install Office. Windows 10 Enterprise マルチセッションでは次のバージョンの Office のみがサポートされています。Windows 10 Enterprise multi-session only supports the following versions of Office:

  • Microsoft 365 Apps for enterpriseMicrosoft 365 Apps for enterprise
  • Microsoft 365 Business Premium サブスクリプションに付属している Microsoft 365 Apps for businessMicrosoft 365 Apps for business that comes with a Microsoft 365 Business Premium subscription

Office 展開ツールには、構成 XML ファイルが必要です。The Office Deployment Tool requires a configuration XML file. 次のサンプルをカスタマイズするには、「Office 展開ツールの構成オプション」をご覧ください。To customize the following sample, see the Configuration Options for the Office Deployment Tool.

マイクロソフトが提供しているこのサンプル構成 XML では、次の操作を行います。This sample configuration XML we've provided will do the following things:

  • 月次エンタープライズ チャネルから Office をインストールし、月次エンタープライズ チャネルから更新プログラムを配信します。Install Office from the Monthly Enterprise Channel and deliver updates from the Monthly Enterprise Channel.
  • x64 アーキテクチャを使用します。Use the x64 architecture.
  • 自動更新を無効にします。Disable automatic updates.
  • Office の既存のインストールを削除し、その設定を移行します。Remove any existing installations of Office and migrate their settings.
  • 共有コンピューターのライセンス認証を有効にします。Enable shared computer activation.

注意

Visio のステンシル検索機能が Windows Virtual Desktop で期待どおりに動作しないことがあります。Visio's stencil search feature may not work as expected in Windows Virtual Desktop.

このサンプル構成 XML では、以下の操作は行われません。Here's what this sample configuration XML won't do:

注意

共有コンピューターのライセンス認証は、グループ ポリシー オブジェクト (GPO) またはレジストリ設定を使用して設定することができます。Shared Computer Activation can be set up through Group Policy Objects (GPOs) or registry settings. GPO は、 [コンピューターの構成] \ [ポリシー] \ [管理用テンプレート] \ [Microsoft Office 2016 (マシン)] \ [ライセンスの設定] にありますThe GPO is located at Computer Configuration\Policies\Administrative Templates\Microsoft Office 2016 (Machine)\Licensing Settings

Office 展開ツールには、setup.exe が含まれています。The Office Deployment Tool contains setup.exe. Office をインストールするには、コマンド ラインで次のコマンドを実行します。To install Office, run the following command in a command line:

Setup.exe /configure configuration.xml

サンプルの configuration.xmlSample configuration.xml

次の XML サンプルでは、月次エンタープライズ チャネル リリースがインストールされます。The following XML sample will install the Monthly Enterprise Channel release.

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="MonthlyEnterprise">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-US" />
      <Language ID="MatchOS" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="Teams" />
    </Product>
  </Add>
  <RemoveMSI/>
  <Updates Enabled="FALSE"/>
  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />
  <Logging Level=" Standard" Path="%temp%\WVDOfficeInstall" />
  <Property Name="FORCEAPPSHUTDOWN" Value="TRUE"/>
  <Property Name="SharedComputerLicensing" Value="1"/>
</Configuration>

注意

Office チームは、OfficeClientEdition パラメーターに 64 ビット インストールを使用することをお勧めします。The Office team recommends using 64-bit install for the OfficeClientEdition parameter.

Office をインストールした後で、Office の既定の動作を更新できます。After installing Office, you can update the default Office behavior. 次のコマンドを個別にまたはバッチ ファイルで実行して、動作を更新します。Run the following commands individually or in a batch file to update the behavior.

rem Mount the default user registry hive
reg load HKU\TempDefault C:\Users\Default\NTUSER.DAT
rem Must be executed with default registry hive mounted.
reg add HKU\TempDefault\SOFTWARE\Policies\Microsoft\office\16.0\common /v InsiderSlabBehavior /t REG_DWORD /d 2 /f
rem Set Outlook's Cached Exchange Mode behavior
rem Must be executed with default registry hive mounted.
reg add "HKU\TempDefault\software\policies\microsoft\office\16.0\outlook\cached mode" /v enable /t REG_DWORD /d 1 /f
reg add "HKU\TempDefault\software\policies\microsoft\office\16.0\outlook\cached mode" /v syncwindowsetting /t REG_DWORD /d 1 /f
reg add "HKU\TempDefault\software\policies\microsoft\office\16.0\outlook\cached mode" /v CalendarSyncWindowSetting /t REG_DWORD /d 1 /f
reg add "HKU\TempDefault\software\policies\microsoft\office\16.0\outlook\cached mode" /v CalendarSyncWindowSettingMonths  /t REG_DWORD /d 1 /f
rem Unmount the default user registry hive
reg unload HKU\TempDefault

rem Set the Office Update UI behavior.
reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\office\16.0\common\officeupdate /v hideupdatenotifications /t REG_DWORD /d 1 /f
reg add HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\office\16.0\common\officeupdate /v hideenabledisableupdates /t REG_DWORD /d 1 /f

マシンごとのモードで OneDrive をインストールするInstall OneDrive in per-machine mode

OneDrive は、通常はユーザーごとにインストールされます。OneDrive is normally installed per-user. この環境では、マシンごとにインストールする必要があります。In this environment, it should be installed per-machine.

マシンごとのモードで OneDrive をインストールする方法を次に示します。Here's how to install OneDrive in per-machine mode:

  1. 最初に、OneDrive のインストーラーをステージングする場所を作成します。First, create a location to stage the OneDrive installer. ローカル ディスク フォルダーまたは [\\unc] (file://unc) の場所で問題ありません。A local disk folder or [\\unc] (file://unc) location is fine.

  2. https://aka.ms/OneDriveWVD-Installer リンクを使用して、ステージング場所に OneDriveSetup.exe をダウンロードします。Download OneDriveSetup.exe to your staged location with this link: https://aka.ms/OneDriveWVD-Installer

  3. <ExcludeApp ID="OneDrive" /> を省略することで Office を OneDrive と共にインストールした場合は、次のコマンドを実行して、管理者特権でのコマンド プロンプトから既存のユーザーごとの OneDrive インストールをアンインストールします。If you installed office with OneDrive by omitting <ExcludeApp ID="OneDrive" />, uninstall any existing OneDrive per-user installations from an elevated command prompt by running the following command:

    "[staged location]\OneDriveSetup.exe" /uninstall
    
  4. このコマンドを管理者特権でのコマンド プロンプトから実行して、AllUsersInstall レジストリ値を設定します。Run this command from an elevated command prompt to set the AllUsersInstall registry value:

    REG ADD "HKLM\Software\Microsoft\OneDrive" /v "AllUsersInstall" /t REG_DWORD /d 1 /reg:64
    
  5. 次のコマンドを実行して OneDrive をマシンごとのモードでインストールします。Run this command to install OneDrive in per-machine mode:

    Run "[staged location]\OneDriveSetup.exe" /allusers
    
  6. 次のコマンドを実行して、すべてのユーザーのサインイン時に開始する OneDrive を構成します。Run this command to configure OneDrive to start at sign in for all users:

    REG ADD "HKLM\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run" /v OneDrive /t REG_SZ /d "C:\Program Files (x86)\Microsoft OneDrive\OneDrive.exe /background" /f
    
  7. 次のコマンドを実行して、 [Silently configure user account](ユーザー アカウントをサイレントで構成) を有効にします。Enable Silently configure user account by running the following command.

    REG ADD "HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive" /v "SilentAccountConfig" /t REG_DWORD /d 1 /f
    
  8. 次のコマンドを実行して、Windows の既知のフォルダーを OneDrive にリダイレクトおよび移動します。Redirect and move Windows known folders to OneDrive by running the following command.

    REG ADD "HKLM\SOFTWARE\Policies\Microsoft\OneDrive" /v "KFMSilentOptIn" /t REG_SZ /d "<your-AzureAdTenantId>" /f
    

Microsoft Teams と Skype for BusinessMicrosoft Teams and Skype for Business

Windows Virtual Desktop では、Skype for Business はサポートされていません。Windows Virtual Desktop doesn't support Skype for Business.

Microsoft Teams をインストールする方法については、「Windows Virtual Desktop で Microsoft Teams を使用する」をご覧ください。For help with installing Microsoft Teams, see Use Microsoft Teams on Windows Virtual desktop. Windows Virtual Desktop での Microsoft Teams のメディア最適化はプレビューで使用できません。Media optimization for Microsoft Teams on Windows Virtual Desktop is available in preview.

次のステップNext steps

イメージに Office が追加されたので、引き続きマスター VHD イメージをカスタマイズすることができます。Now that you've added Office to the image, you can continue to customize your master VHD image. マスター VHD イメージを準備してカスタマイズする」を参照してください。See Prepare and customize a master VHD image.