Windows Virtual Desktop プレビューとはWhat is Windows Virtual Desktop Preview?

このたびパブリック プレビューを迎えた Windows Virtual Desktop プレビューは、クラウド上で運営されるデスクトップとアプリの仮想化サービスです。Now available in public preview, Windows Virtual Desktop Preview is a desktop and app virtualization service that runs on the cloud.

Azure 上の Windows Virtual Desktop でできることは次のとおりです。Here’s what you can do when you run Windows Virtual Desktop on Azure:

  • マルチ セッションの Windows 10 デプロイを設定し、スケーラビリティを備えた完全版の Windows 10 を提供Set up a multi-session Windows 10 deployment that delivers a full Windows 10 with scalability
  • Office 365 ProPlus を仮想化および最適化し、マルチ ユーザーの仮想シナリオで運用Virtualize Office 365 ProPlus and optimize it to run in multi-user virtual scenarios
  • Windows 7 仮想デスクトップに無料の延長セキュリティ更新プログラムを提供Provide Windows 7 virtual desktops with free Extended Security Updates
  • 既存のリモート デスクトップ サービス (RDS) と Windows Server のデスクトップやアプリをあらゆるコンピューターで利用Bring your existing Remote Desktop Services (RDS) and Windows Server desktops and apps to any computer
  • デスクトップとアプリの両方を仮想化Virtualize both desktops and apps
  • 統一的な管理エクスペリエンスを使って Windows 10、Windows Server、Windows 7 のデスクトップとアプリを管理Manage Windows 10, Windows Server, and Windows 7 desktops and apps with a unified management experience

紹介ビデオIntroductory video

Windows Virtual Desktop について、その独自性や新機能を、このビデオで学習してください。Learn about Windows Virtual Desktop, why it’s unique, and what’s new in this video:


Windows Virtual Desktop に関するその他のビデオについては、 プレイリスト を参照してください。For more videos about Windows Virtual Desktop, see our playlist.

主な機能Key capabilities

Windows Virtual Desktop を使うと、スケーラブルで柔軟な環境を設定することができます。With Windows Virtual Desktop, you can set up a scalable and flexible environment:

  • ゲートウェイ サーバーを追加で稼働させることなく、Azure サブスクリプション内に完全な仮想デスクトップ環境を作成できます。Create a full desktop virtualization environment in your Azure subscription without having to run any additional gateway servers.
  • 多種多様なワークロードに対応するうえで必要なホスト プールをいくつでも公開できます。Publish as many host pools as you need to accommodate your diverse workloads.
  • Azure ギャラリーから独自のイメージを取得して運用ワークロードに使用したり、テストしたりできます。Bring your own image for production workloads or test from the Azure Gallery.
  • プールしたマルチ セッション リソースを使ってコストを節約できます。Reduce costs with pooled, multi-session resources. Windows Virtual Desktop 限定の新しい Windows 10 Enterprise マルチ セッション機能と、Windows Server 上のリモート デスクトップ セッション ホスト (RDSH) ロールを併用すれば、ユーザーにこれまでと同じリソースを提供しつつ、仮想マシンの数やオペレーティング システム (OS) のオーバーヘッドを大幅に削減できます。With the new Windows 10 Enterprise multi-session capability exclusive to Windows Virtual Desktop and Remote Desktop Session Host (RDSH) role on Windows Server, you can greatly reduce the number of virtual machines and operating system (OS) overhead while still providing the same resources to your users.
  • (永続的な) 個人用デスクトップを提供できるので、個々人が自分のマシンを保有しているような感覚を持たせることができます。Provide individual ownership through personal (persistent) desktops.

仮想デスクトップをデプロイおよび管理できます。You can deploy and manage virtual desktops:

  • ホスト プールの構成、アプリ グループの作成、ユーザーの割り当て、リソースの公開には、Windows Virtual Desktop の PowerShell インターフェイスと REST インターフェイスを利用できます。Use the Windows Virtual Desktop PowerShell and REST interfaces to configure the host pools, create app groups, assign users, and publish resources.
  • 単一のホスト プールから完全版のデスクトップと個々のリモート アプリのどちらも公開できます。また、ユーザー グループに応じてアプリ グループを個別に作成できるほか、ユーザーを複数のアプリ グループに割り当ててイメージの数を削減することも可能です。Publish full desktop or individual remote apps from a single host pool, create individual app groups for different sets of users, or even assign users to multiple app groups to reduce the number of images.
  • 環境の管理では、ロールの割り当てにあらかじめ用意されている委任アクセス権を使用したり、診断情報を収集してさまざまな構成やユーザー エラーに対する理解を深めたりすることができます。As you manage your environment, use built-in delegated access to assign roles and collect diagnostics to understand various configuration or user errors.
  • 新しい診断サービスを使ってエラーのトラブルシューティングが可能です。Use the new Diagnostics service to troubleshoot errors.
  • 管理するのはイメージと仮想マシンのみです。インフラストラクチャの管理は必要ありません。Only manage the image and virtual machines, not the infrastructure. お使いの Azure サブスクリプション内の仮想マシンだけを管理すれば良いので、リモート デスクトップ サービスの場合のように、リモート デスクトップ関連のロールを個人で管理する必要がありません。You don't need to personally manage the Remote Desktop roles like you do with Remote Desktop Services, just the virtual machines in your Azure subscription.

このほか、仮想デスクトップにユーザーを割り当てて接続することもできます。You can also assign and connect users to your virtual desktops:

  • 割り当てられたユーザーは、Windows Virtual Desktop クライアントを起動して、公開されている Windows デスクトップやアプリケーションに接続できるようになります。Once assigned, users can launch any Windows Virtual Desktop client to connect users to their published Windows desktops and applications. デバイスにインストールされているネイティブ アプリケーションと Windows Virtual Desktop HTML5 Web クライアントのどちらかを使って、あらゆるデバイスから接続できます。Connect from any device through either a native application on your device or the Windows Virtual Desktop HTML5 web client.
  • サービスには逆接続を使って安全にユーザーを接続するので、受信ポートを開く必要が一切ありません。Securely establish users through reverse connections to the service, so you never have to leave any inbound ports open.

必要条件Requirements

Windows Virtual Desktop を設定し、ユーザーを Windows のデスクトップやアプリケーションに正常に接続するうえで必要なことがいくつかあります。There are a few things you need to set up Windows Virtual Desktop and successfully connect your users to their Windows desktops and applications.

以下の OS のサポートが追加される予定になっています。デプロイする予定のデスクトップとアプリに基づいて、ユーザーのための 適切なライセンス があることを確認してください。We plan to add support for the following OSes, so make sure you have the appropriate licenses for your users based on the desktop and apps you plan to deploy:

OSOS 必要とされるライセンスRequired license
Windows 10 Enterprise マルチ セッションまたは Windows 10 EnterpriseWindows 10 Enterprise multi-session or Windows 10 Enterprise Microsoft 365 E3、E5、A3、A5、F1、BusinessMicrosoft 365 E3, E5, A3, A5, F1, Business
Windows E3、E5、A3、A5Windows E3, E5, A3, A5
Windows 7 EnterpriseWindows 7 Enterprise Microsoft 365 E3、E5、A3、A5、F1、BusinessMicrosoft 365 E3, E5, A3, A5, F1, Business
Windows E3、E5、A3、A5Windows E3, E5, A3, A5
Windows Server 2012 R2、2016、2019Windows Server 2012 R2, 2016, 2019 ソフトウェア アシュアランス付きの RDS クライアント アクセス ライセンス (CAL)RDS Client Access License (CAL) with Software Assurance

インフラストラクチャが Windows Virtual Desktop をサポートするうえで必要なものは次のとおりです。Your infrastructure needs the following things to support Windows Virtual Desktop:

  • Azure Active DirectoryAn Azure Active Directory
  • Azure Active Directory と同期している Windows Server Active Directory。A Windows Server Active Directory in sync with Azure Active Directory. これは、次のいずれかを使うことにより可能になります。This can be enabled through:
    • Azure AD ConnectAzure AD Connect
    • Azure AD Domain ServicesAzure AD Domain Services
  • Azure サブスクリプション (Windows Server Active Directory を含むか、Windows Server Active Directory に接続している仮想ネットワークが含まれるもの)An Azure subscription, containing a virtual network that either contains or is connected to the Windows Server Active Directory

Windows Virtual Desktop 用に作成する Azure 仮想マシンに必要な条件は次のとおりです。The Azure virtual machines you create for Windows Virtual Desktop must be:

注意

Azure サブスクリプションが必要な場合には、1 か月間の無料試用版にサインアップ できます。If you need an Azure subscription, you can sign up for a one-month free trial. 無料試用版の Azure をご利用中の場合には、Windows Server Active Directory が Azure Active Directory と同期した状態を保つことができるよう、Azure AD Domain Services を使用する必要があります。If you're using the free trial version of Azure, you should use Azure AD Domain Services to keep your Windows Server Active Directory in sync with Azure Active Directory.

Windows Virtual Desktop の構成要素には、お客様がユーザーに配信する Windows のデスクトップとアプリのほか、Microsoft が Azure 上でサービスとしてホストしている管理ソリューションがあります。Windows Virtual Desktop comprises the Windows desktops and apps you deliver to users and the management solution, which is hosted as a service on Azure by Microsoft. パブリック プレビューの期間中は、デスクトップとアプリは任意の Azure リージョンの仮想マシン (VM) 上にデプロイできるのに対して、管理ソリューションと VM 関連のデータはどちらも、米国 (米国東部 2 リージョン) でホストされます。During public preview, desktops and apps can be deployed on virtual machines (VMs) in any Azure region, and the management solution and data for these VMs will reside in the United States (US East 2 region). このため、パブリック プレビュー期間中にサービスをテストするときは、米国を宛先とするデータ転送が発生することがあります。This may result in data transfer to the United States while you test the service during public preview. 管理ソリューションとデータを Azure の全リージョンにローカライズして展開していく作業は、一般提供が始まってから開始する予定です。We'll start to scale out the management solution and data localization to all Azure regions starting at general availability.

最適なパフォーマンスを実現するために、お使いのネットワークが次の要件を満たしていることを確認してください。For optimal performance, make sure your network meets the following requirements:

  • クライアントのネットワークからホスト プールをデプロイした Azure リージョンまでのラウンドトリップ (RTT) 待ち時間は、150 ミリ秒を下回っている必要があります。Round-trip (RTT) latency from the client's network to the Azure region where host pools have been deployed should be less than 150 ms.
  • デスクトップとアプリをホストしている VM が管理サービスに接続する際には、ネットワーク トラフィックが国/リージョン外に流れることがあります。Network traffic may flow outside country/region borders when VMs that host desktops and apps connect to the management service.
  • ネットワークのパフォーマンスを最適化するために、セッション ホストの VM を管理サービスと同じ Azure リージョンに配置することをお勧めします。To optimize for network performance, we recommend that the session host's VMs are collocated in the same Azure region as the management service.

サポートされているリモート デスクトップ クライアントSupported Remote Desktop clients

次のリモート デスクトップ クライアントは、Windows Virtual Desktop をサポートします。The following Remote Desktop clients support Windows Virtual Desktop:

サポートされている仮想マシン OS イメージSupported virtual machine OS images

Windows Virtual Desktop は、次の OS イメージをサポートします。Windows Virtual Desktop supports the following OS images:

  • Windows 10 (Enterprise マルチ セッション)Windows 10 Enterprise multi-session
  • Windows Server 2016Windows Server 2016

次の手順Next steps

まずは、テナントを作成する必要があります。To get started, you'll need to create a tenant. テナントの作成方法については、テナント作成に関するチュートリアルに進んでください。To learn more about how to create a tenant, continue to the tenant creation tutorial.