Azure の仮想マシンの可用性オプションAvailability options for virtual machines in Azure

この記事では、Azure 仮想マシン (VM) の可用性機能の概要について説明します。This article provides you with an overview of the availability features of Azure virtual machines (VMs).

高可用性High availability

ワークロードは、通常は複数の仮想マシンに分散されて、高いスループットとパフォーマンスを獲得し、更新やその他のイベントによって VM が影響を受ける場合に冗長性を確保します。Workloads are typically spread across different virtual machines to gain high throughput, performance, and to create redundancy in case a VM is impacted due to an update or other event.

高可用性を実現するために Azure が提供するオプションはいくつかあります。There are few options that Azure provides to achieve High Availability. まず、基本的な構成要素について説明します。First let’s talk about basic constructs.

可用性ゾーンAvailability zones

可用性ゾーンは、VM 上のアプリケーションとデータの可用性を維持するための制御レベルを拡張します。Availability zones expand the level of control you have to maintain the availability of the applications and data on your VMs. 可用性ゾーンとは、Azure リージョン内の物理的に独立したゾーンのことです。An Availability Zone is a physically separate zone, within an Azure region. サポートされている Azure リージョンごとに 3 つの可用性ゾーンがあります。There are three Availability Zones per supported Azure region.

可用性ゾーンはそれぞれ異なる電源、ネットワーク、および冷却装置を持ちます。Each Availability Zone has a distinct power source, network, and cooling. 複数のゾーンにレプリケートされた VM を使用するソリューションを構築することで、1 つのデータセンターで障害が発生してもアプリケーションとデータを保護することができます。By architecting your solutions to use replicated VMs in zones, you can protect your apps and data from the loss of a datacenter. 1 つのゾーンが侵害された場合、レプリケートされたアプリとデータが別のゾーンですぐに利用可能になります。If one zone is compromised, then replicated apps and data are instantly available in another zone.

可用性ゾーン

可用性ゾーンに Windows または Linux の VM をデプロイする方法の詳細をご覧ください。Learn more about deploying a Windows or Linux VM in an Availability Zone.

障害ドメインFault domains

障害ドメインは、オンプレミスのデータ センター内のラックのように、共通の電源やネットワーク スイッチを共有する基盤となるハードウェアの論理グループです。A fault domain is a logical group of underlying hardware that share a common power source and network switch, similar to a rack within an on-premises datacenter.

更新ドメインUpdate domains

更新ドメインは、メンテナンスや再起動が同時に行われる可能性のある、基盤となるハードウェアの論理グループです。An update domain is a logical group of underlying hardware that can undergo maintenance or be rebooted at the same time.

これにより、Azure プラットフォームに定期メンテナンスを実施している間もアプリケーションのインスタンスが常に 1 つは稼働している状態を確保することができます。This approach ensures that at least one instance of your application always remains running as the Azure platform undergoes periodic maintenance. メンテナンス中は更新ドメインの再起動が順番に処理されない場合がありますが、一度に再起動される更新ドメインは 1 つのみです。The order of update domains being rebooted may not proceed sequentially during maintenance, but only one update domain is rebooted at a time.

Virtual Machines スケール セットVirtual Machines Scale Sets

Azure Virtual Machine Scale Sets では、負荷分散が行われる VM のグループを作成して管理することができます。Azure virtual machine scale sets let you create and manage a group of load balanced VMs. 需要または定義されたスケジュールに応じて、VM インスタンスの数を自動的に増減させることができます。The number of VM instances can automatically increase or decrease in response to demand or a defined schedule. スケール セットは、アプリケーションの高可用性を実現します。また、多数の VM の一元的な管理、構成、更新を可能にします。Scale sets provide high availability to your applications, and allow you to centrally manage, configure, and update many VMs. 高可用性アプリケーションを提供し、99.95% Azure SLA に適合するために、1 つのスケール セット内に 2 つ以上の VM を作成することをお勧めします。We recommended that two or more VMs are created within a scale set to provide for a highly available application and to meet the 99.95% Azure SLA. スケール セット自体にはコストはかかりません。料金は、作成した各 VM インスタンスに対してのみ発生します。There is no cost for the scale set itself, you only pay for each VM instance that you create. 1 つの VM が Azure Premium SSD を使用している場合、Azure SLA は計画外メンテナンス イベントに適用されます。When a single VM is using Azure premium SSDs, the Azure SLA applies for unplanned maintenance events. スケール セット内の仮想マシンは、複数の更新ドメインと障害ドメインにデプロイして、データセンターの障害や、計画済みまたは計画外のメンテナンス イベントによる障害に対する可用性と復元性を最大にすることができます。Virtual machines in a scale set can be deployed across multiple update domains and fault domains to maximize availability and resilience to outages due to data center outages, and planned or unplanned maintenance events. スケール セット内の仮想マシンは、1 つの可用性ゾーン (リージョン) にデプロイすることもできます。Virtual machines in a scale set can also be deployed into a single Availability zone, or regionally. 可用性ゾーンのデプロイ オプションは、オーケストレーション モードによって異なる場合があります。Availability zone deployment options may differ based on the orchestration mode.

障害ドメインと更新ドメインFault domains and update domains

仮想マシン スケール セットを使用すると、障害ドメインと更新ドメインを調整することで、高可用性向けの設計が簡単になります。Virtual machine scale sets simplify designing for high availability by aligning fault domains and update domains. スケール セットの障害ドメインの数を定義するだけで済みます。You will only have to define fault domains count for the scale set. スケール セットで使用できる障害ドメインの数は、リージョンによって異なる場合があります。The number of fault domains available to the scale sets may vary by region. Azure での仮想マシンの可用性の管理に関する記事を参照してください。See Manage the availability of virtual machines in Azure.

スケール セットのオーケストレーション モードOrchestration modes for scale sets

仮想マシン スケール セットのオーケストレーション モードを使用すると、スケール セットでの仮想マシン インスタンスの管理方法をより詳細に制御できます。Virtual machine scale sets orchestration modes allow you to have greater control over how virtual machine instances are managed by the scale set. スケール セットで、統一または柔軟なオーケストレーション モードを有効にすることができます。You can enable a Uniform or Flexible orchestration mode on your scale set. 統一オーケストレーションは、同一のインスタンスを持つ大規模なステートレス ワークロードに最適化されています。Uniform orchestration is optimized for large-scale stateless workloads with identical instances. 柔軟なオーケストレーション (プレビュー) は、同一または複数の仮想マシンの種類を使用して大規模な高可用性を実現することを目的としています。Flexible orchestration (preview) is meant for high availability at scale with identical or multiple virtual machine types. これらのオーケストレーション モードの詳細と有効にする方法については、こちらをご覧ください。Learn more about these orchestration modes and how to enable them.

可用性セットAvailability sets

可用性セットは VM の論理グループで、これによって Azure は、冗長性と可用性を提供するためにアプリケーションが構築された方法を理解することができます。An availability set is a logical grouping of VMs that allows Azure to understand how your application is built to provide for redundancy and availability. 高可用性アプリケーションを提供し、99.95% Azure SLA に適合するために、1 つの可用性セット内に 2 つ以上の VM を作成することをお勧めします。We recommended that two or more VMs are created within an availability set to provide for a highly available application and to meet the 99.95% Azure SLA. 可用性セット自体にはコストはかかりません。料金は、作成した各 VM インスタンスに対してのみ発生します。There is no cost for the Availability Set itself, you only pay for each VM instance that you create. 1 つの VM が Azure Premium SSD を使用している場合、Azure SLA は計画外メンテナンス イベントに適用されます。When a single VM is using Azure premium SSDs, the Azure SLA applies for unplanned maintenance events.

可用性セットでは、VM はこれらの障害ドメイン間で自動的に分散されます。In an availability set, VMs are automatically distributed across these fault domains. これにより、物理ハードウェアの障害、ネットワークの停止、または停電が発生した場合の影響を抑えることが可能になります。This approach limits the impact of potential physical hardware failures, network outages, or power interruptions.

Azure Managed Disks を使用している VM の場合、VM は管理対象の可用性セットを使用している場合にマネージド ディスクの障害ドメインに合わせて配置されます。For VMs using Azure Managed Disks, VMs are aligned with managed disk fault domains when using a managed availability set. この配置により、VM に接続されたすべてのマネージド ディスクは必ず同じマネージド ディスクの障害ドメイン内にあります。This alignment ensures that all the managed disks attached to a VM are within the same managed disk fault domain.

管理対象の可用性セットには、マネージド ディスクを持つ VM だけを作成できます。Only VMs with managed disks can be created in a managed availability set. マネージド ディスクの障害ドメインの数はリージョンによって異なり、マネージド ディスクの障害ドメインはリージョンあたり 2 つまたは 3 つになります。The number of managed disk fault domains varies by region - either two or three managed disk fault domains per region. Linux VM または Windows VM のこれらのマネージド ディスク障害ドメインの詳細を参照してください。You can read more about these managed disk fault domains for Linux VMs or Windows VMs.

可用性セットの管理

また、可用性セット内の VM も、更新ドメイン間で自動的に分散されます。VMs within an availability set are also automatically distributed across update domains.

可用性セット

次のステップNext steps

可用性と冗長性の機能を使って、Azure 環境を構築できるようになりました。You can now start to use these availability and redundancy features to build your Azure environment. ベスト プラクティスに関する情報については、Azure の可用性のベスト プラクティスに関するページをご覧ください。For best practices information, see Azure availability best practices.