共有ディスクを有効にするEnable shared disk

この記事では、Azure マネージド ディスクに対して共有ディスク機能を有効にする方法について説明します。This article covers how to enable the shared disks feature for Azure managed disks. Azure 共有ディスクは、マネージド ディスクを複数の仮想マシン (VM) に同時に接続できるようにする Azure マネージド ディスクの新機能です。Azure shared disks is a new feature for Azure managed disks that enables you to attach a managed disk to multiple virtual machines (VMs) simultaneously. マネージド ディスクを複数の VM に接続すると、新規にデプロイするか、既存のクラスター化されたアプリケーションを Azure に移行することができます。Attaching a managed disk to multiple VMs allows you to either deploy new or migrate existing clustered applications to Azure.

共有ディスクが有効になっているマネージド ディスクの概念的な情報については、Azure 共有ディスクに関する記事を参照してください。If you are looking for conceptual information on managed disks that have shared disks enabled, see Azure shared disks.

制限事項Limitations

一部の種類のディスクでのみ、共有ディスクを有効にできます。Enabling shared disks is only available to a subset of disk types. 現在のところ、Ultra ディスクと Premium SSD のみで共有ディスクを有効にできます。Currently only ultra disks and premium SSDs can enable shared disks. 共有ディスクが有効になっているマネージド ディスクはそれぞれ、次の制約を受けます。制限はディスクの種類別に整理されています。Each managed disk that have shared disks enabled are subject to the following limitations, organized by disk type:

Ultra ディスクUltra disks

Ultra ディスクには、共有ディスクとは関係なく、独自の制限リストがあります。Ultra disks have their own separate list of limitations, unrelated to shared disks. Ultra ディスクの制限については、「Azure Ultra ディスクの使用」を参照してください。For ultra disk limitations, refer to Using Azure ultra disks.

Ultra ディスクを共有するとき、次の追加制限があります。When sharing ultra disks, they have the following additional limitations:

共有 Ultra ディスクは、既定で、Ultra ディスクをサポートするすべてのリージョンで利用でき、それらを使用するためのアクセスに対してサインアップする必要はありません。Shared ultra disks are available in all regions that support ultra disks by default, and do not require you to sign up for access to use them.

Premium SSDPremium SSDs

  • Azure Resource Manager または SDK サポートに現在、制限されています。Currently limited to Azure Resource Manager or SDK support.
  • OS ディスクではなく、データ ディスクでのみ有効にすることができます。Can only be enabled on data disks, not OS disks.
  • ReadOnly ホスト キャッシュは、maxShares>1 の Premium SSD では使用できません。ReadOnly host caching is not available for premium SSDs with maxShares>1.
  • ディスク バーストは、maxShares>1 の Premium SSD では使用できません。Disk bursting is not available for premium SSDs with maxShares>1.
  • Azure 共有ディスクで可用性セットと仮想マシン スケール セットを使用している場合、仮想マシン障害ドメインによるストレージ障害ドメイン配置は共有データ ディスクには適用されません。When using Availability sets and virtual machine scale sets with Azure shared disks, storage fault domain alignment with virtual machine fault domain is not enforced for the shared data disk.
  • 近接配置グループ (PPG) を使用する場合は、ディスクを共有するすべての仮想マシンが同じ PPG に含まれている必要があります。When using proximity placement groups (PPG), all virtual machines sharing a disk must be part of the same PPG.
  • Windows Server フェールオーバー クラスターの一部のバージョンでは、ベーシック ディスクのみを使用できます。詳細については、「フェールオーバー クラスタリングのハードウェア要件と記憶域オプション」を参照してください。Only basic disks can be used with some versions of Windows Server Failover Cluster, for details see Failover clustering hardware requirements and storage options.
  • Azure Site Recovery のサポートは、まだ使用できません。Azure Site Recovery support is not yet available.
  • Azure Backup は Azure ディスク バックアップ (プレビュー) を通じて利用できます。Azure Backup is available through Azure Disk Backup (preview).

リージョン別の提供状況Regional availability

共有 Premium SSD は、マネージド ディスクが使用可能なすべてのリージョンで利用できます。Shared premium SSDs are available in all regions that managed disks are available.

サポートされるオペレーティング システムSupported operating systems

共有ディスクは、複数のオペレーティング システムでサポートされます。Shared disks support several operating systems. サポートされているオペレーティング システムについては、概念に関する記事の WindowsLinux のセクションを参照してください。See the Windows and Linux sections of the conceptual article for the supported operating systems.

ディスク サイズDisk sizes

現状では、Ultra ディスクと Premium SSD のみで共有ディスクを有効にできます。For now, only ultra disks and premium SSDs can enable shared disks. ディスクのサイズによって maxShares 制限が異なる場合があります。これは、maxShares 値を設定するときに超えることはできません。Different disk sizes may have a different maxShares limit, which you cannot exceed when setting the maxShares value. Premium SSD の場合、ディスク共有をサポートするディスク サイズは P15 以上です。For premium SSDs, the disk sizes that support sharing their disks are P15 and greater.

ディスクごとに、ディスクを同時に共有できるノードの最大数を表す maxShares 値を定義できます。For each disk, you can define a maxShares value that represents the maximum number of nodes that can simultaneously share the disk. たとえば、2 ノードのフェールオーバークラスターをセットアップする場合は、maxShares=2を設定します。For example, if you plan to set up a 2-node failover cluster, you would set maxShares=2. 最大値は上限です。The maximum value is an upper bound. ノード数が指定された maxShares 値よりも少ない場合は、ノードがクラスターに参加したり、クラスターから離脱したり (ディスクのマウントまたはマウント解除) できます。Nodes can join or leave the cluster (mount or unmount the disk) as long as the number of nodes is lower than the specified maxShares value.

注意

maxShares 値を設定または編集できるのは、ディスクがすべてのノードからデタッチされている場合のみです。The maxShares value can only be set or edited when the disk is detached from all nodes.

Premium SSD の範囲Premium SSD ranges

次の表は、maxShares の許容最大値をプレミアム ディスク サイズ別にまとめたものです。The following table illustrates the allowed maximum values for maxShares by premium disk sizes:

ディスク サイズDisk sizes maxShares の制限maxShares limit
P15、P20P15, P20 22
P30、P40、P50P30, P40, P50 55
P60、P70、P80P60, P70, P80 1010

ディスクの IOPS と帯域幅の制限は、maxShares 値の影響を受けません。The IOPS and bandwidth limits for a disk are not affected by the maxShares value. たとえば、P15 ディスクの最大 IOPS は、maxShares = 1 でも maxShares > 1 でも 1100 です。For example, the max IOPS of a P15 disk is 1100 whether maxShares = 1 or maxShares > 1.

Ultra ディスクの範囲Ultra disk ranges

最小 maxShares 値は 1、最大 maxShares 値は 5 です。The minimum maxShares value is 1, while the maximum maxShares value is 5. Ultra ディスクにサイズ制限はありません。Ultra ディスクではサイズを問わず、maxShares に最大値までのあらゆる値を使用できます。There are no size restrictions on ultra disks, any size ultra disk can use any value for maxShares, up to and including the maximum value.

共有ディスクのデプロイDeploy shared disks

Premium SSD を共有ディスクとしてデプロイするDeploy a premium SSD as a shared disk

共有ディスク機能が有効になっているマネージド ディスクをデプロイするには、新しいプロパティ maxShares を使用し、1 より大きい値を定義します。To deploy a managed disk with the shared disk feature enabled, use the new property maxShares and define a value greater than 1. これにより、複数の VM 間でディスクを共有できるようになります。This makes the disk shareable across multiple VMs.

重要

maxShares の値は、ディスクがすべての VM からマウント解除されている場合にのみ設定または変更できます。The value of maxShares can only be set or changed when a disk is unmounted from all VMs. maxSharesに使用できる値については、ディスクのサイズ を参照してください。See the Disk sizes for the allowed values for maxShares.

az disk create -g myResourceGroup -n mySharedDisk --size-gb 1024 -l westcentralus --sku Premium_LRS --max-shares 2

Ultra ディスクを共有ディスクとしてデプロイするDeploy an ultra disk as a shared disk

共有ディスク機能が有効になっているマネージド ディスクをデプロイするには、maxShares パラメーターを 1 より大きい値に変更します。To deploy a managed disk with the shared disk feature enabled, change the maxShares parameter to a value greater than 1. これにより、複数の VM 間でディスクを共有できるようになります。This makes the disk shareable across multiple VMs.

重要

maxShares の値は、ディスクがすべての VM からマウント解除されている場合にのみ設定または変更できます。The value of maxShares can only be set or changed when a disk is unmounted from all VMs. maxSharesに使用できる値については、ディスクのサイズ を参照してください。See the Disk sizes for the allowed values for maxShares.

リージョン ディスクの例Regional disk example
#Creating an Ultra shared Disk 
az disk create -g rg1 -n clidisk --size-gb 1024 -l westus --sku UltraSSD_LRS --max-shares 5 --disk-iops-read-write 2000 --disk-mbps-read-write 200 --disk-iops-read-only 100 --disk-mbps-read-only 1

#Updating an Ultra shared Disk 
az disk update -g rg1 -n clidisk --disk-iops-read-write 3000 --disk-mbps-read-write 300 --set diskIopsReadOnly=100 --set diskMbpsReadOnly=1

#Show shared disk properties:
az disk show -g rg1 -n clidisk
ゾーン ディスクの例Zonal disk example

この例は、前のものとほぼ同じですが、可用性ゾーン 1 にディスクを作成する点が異なります。This example is almost the same as the previous, except it creates a disk in availability zone 1.

#Creating an Ultra shared Disk 
az disk create -g rg1 -n clidisk --size-gb 1024 -l westus --sku UltraSSD_LRS --max-shares 5 --disk-iops-read-write 2000 --disk-mbps-read-write 200 --disk-iops-read-only 100 --disk-mbps-read-only 1 --zone 1

#Updating an Ultra shared Disk 
az disk update -g rg1 -n clidisk --disk-iops-read-write 3000 --disk-mbps-read-write 300 --set diskIopsReadOnly=100 --set diskMbpsReadOnly=1

#Show shared disk properties:
az disk show -g rg1 -n clidisk

VM での Azure 共有ディスクの使用Using Azure shared disks with your VMs

maxShares>1 を使用して共有ディスクをデプロイしたら、そのディスクを1つ以上の VM にマウントできます。Once you've deployed a shared disk with maxShares>1, you can mount the disk to one or more of your VMs.

注意

Ultra ディスクをデプロイする場合は、必要な要件を満たしていることを確認してください。If you are deploying an ultra disk, make sure it matches the necessary requirements. 詳細については、「Azure Ultra ディスクの使用」を参照してください。See Using Azure ultra disks for details.


$resourceGroup = "myResourceGroup"
$location = "WestCentralUS"

$vm = New-AzVm -ResourceGroupName $resourceGroup -Name "myVM" -Location $location -VirtualNetworkName "myVnet" -SubnetName "mySubnet" -SecurityGroupName "myNetworkSecurityGroup" -PublicIpAddressName "myPublicIpAddress"

$dataDisk = Get-AzDisk -ResourceGroupName $resourceGroup -DiskName "mySharedDisk"

$vm = Add-AzVMDataDisk -VM $vm -Name "mySharedDisk" -CreateOption Attach -ManagedDiskId $dataDisk.Id -Lun 0

update-AzVm -VM $vm -ResourceGroupName $resourceGroup

サポートされている SCSI PR コマンドSupported SCSI PR commands

クラスター内の VM に共有ディスクをマウントしたら、SCSI PR を使用して、クォーラムを確立し、ディスクに読み取り/書き込みを行うことができます。Once you've mounted the shared disk to your VMs in your cluster, you can establish quorum and read/write to the disk using SCSI PR. Azure 共有ディスクを使用する場合は、次の PR コマンドを使用できます。The following PR commands are available when using Azure shared disks:

ディスクを操作するには、次のようにして、「永続的な予約アクション」リストから開始します。To interact with the disk, start with the persistent-reservation-action list:

PR_REGISTER_KEY 

PR_REGISTER_AND_IGNORE 

PR_GET_CONFIGURATION 

PR_RESERVE 

PR_PREEMPT_RESERVATION 

PR_CLEAR_RESERVATION 

PR_RELEASE_RESERVATION 

PR_RESERVE、PR_PREEMPT_RESERVATION、または PR_RELEASE_RESERVATION を使用する場合は、次のいずれかの永続的な予約の種類を指定します。When using PR_RESERVE, PR_PREEMPT_RESERVATION, or PR_RELEASE_RESERVATION, provide one of the following persistent-reservation-type:

PR_NONE 

PR_WRITE_EXCLUSIVE 

PR_EXCLUSIVE_ACCESS 

PR_WRITE_EXCLUSIVE_REGISTRANTS_ONLY 

PR_EXCLUSIVE_ACCESS_REGISTRANTS_ONLY 

PR_WRITE_EXCLUSIVE_ALL_REGISTRANTS 

PR_EXCLUSIVE_ACCESS_ALL_REGISTRANTS 

PR_RESERVE、PR_REGISTER_AND_IGNORE、PR_REGISTER_KEY、PR_PREEMPT_RESERVATION、PR_CLEAR_RESERVATION、または PR_RELEASE-RESERVATION を使用する場合は、永続的な予約キーを指定する必要もあります。You also need to provide a persistent-reservation-key when using PR_RESERVE, PR_REGISTER_AND_IGNORE, PR_REGISTER_KEY, PR_PREEMPT_RESERVATION, PR_CLEAR_RESERVATION, or PR_RELEASE-RESERVATION.

次のステップNext steps

Azure Resource Manager テンプレートを使用してディスクをデプロイすることを希望する場合は、次のサンプル テンプレートを使用できます。If you prefer to use Azure Resource Manager templates to deploy your disk, the following sample templates are available: