VM で Azure Linux エージェントを更新する方法How to update the Azure Linux Agent on a VM

Azure 上の Linux VM の Azure Linux エージェント を更新するには、既に次の環境が整っている必要があります。To update your Azure Linux Agent on a Linux VM in Azure, you must already have:

  • Linux VM が Azure で実行されている。A running Linux VM in Azure.
  • SSH を使用してその Linux VM に接続している。A connection to that Linux VM using SSH.

まずは常に Linux ディストリビューション リポジトリでパッケージを確認することをお勧めします。You should always check for a package in the Linux distro repository first. 使用できるパッケージが最新のバージョンでない可能性もありますが、自動更新を有効にすると Linux エージェントが常に最新の更新プログラムを入手します。It is possible the package available may not be the latest version, however, enabling autoupdate will ensure the Linux Agent will always get the latest update. パッケージ マネージャーからのインストールに問題がある場合は、ディストリビューション ベンダーにサポートを依頼してください。Should you have issues installing from the package managers, you should seek support from the distro vendor.

Azure での仮想マシン エージェントの最小バージョンのサポートMinimum virtual machine agent support in Azure

先に進む前に、Azure での仮想マシン エージェントの最小バージョンのサポートを確認してください。Verify the Minimum version support for virtual machine agents in Azure before proceeding.

Azure Linux エージェントを更新するUpdating the Azure Linux Agent

UbuntuUbuntu

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

apt list --installed | grep walinuxagent

パッケージ キャッシュを更新するUpdate package cache

sudo apt-get -qq update

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo apt-get install walinuxagent

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=n/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

waagent サービスを再起動しますRestart the waagent service

14.04 のエージェントをリセットするRestart agent for 14.04

initctl restart walinuxagent

16.04 / 17.04 のエージェントをリセットするRestart agent for 16.04 / 17.04

systemctl restart walinuxagent.service

DebianDebian

Debian 7 “Wheezy”Debian 7 “Wheezy”

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

dpkg -l | grep waagent

パッケージ キャッシュを更新するUpdate package cache

sudo apt-get -qq update

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo apt-get install waagent

エージェントの自動更新を有効にするEnable agent auto update

このバージョンの Debian には 2.0.16 以上のバージョンがないため、自動更新は使用できません。This version of Debian does not have a version >= 2.0.16, therefore AutoUpdate is not available for it. 上記のコマンドの出力で、パッケージが最新であるかどうかがわかります。The output from the above command will show you if the package is up-to-date.

Debian 8 “Jessie” / Debian 9 “Stretch”Debian 8 “Jessie” / Debian 9 “Stretch”

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

apt list --installed | grep waagent

パッケージ キャッシュを更新するUpdate package cache

sudo apt-get -qq update

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo apt-get install waagent

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=n/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

waagent サービスを再起動しますRestart the waagent service

sudo systemctl restart walinuxagent.service

Red Hat / CentOSRed Hat / CentOS

RHEL/CentOS 6RHEL/CentOS 6

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

sudo yum list WALinuxAgent

使用できる更新プログラムを確認するCheck available updates

sudo yum check-update WALinuxAgent

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo yum install WALinuxAgent

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/\# AutoUpdate.Enabled=y/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

waagent サービスを再起動しますRestart the waagent service

sudo service waagent restart

RHEL/CentOS 7RHEL/CentOS 7

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

sudo yum list WALinuxAgent

使用できる更新プログラムを確認するCheck available updates

sudo yum check-update WALinuxAgent

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo yum install WALinuxAgent  

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=n/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

waagent サービスを再起動しますRestart the waagent service

sudo systemctl restart waagent.service

SUSE SLESSUSE SLES

SUSE SLES 11 SP4SUSE SLES 11 SP4

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

zypper info python-azure-agent

使用できる更新プログラムを確認するCheck available updates

上記の出力で、パッケージが最新であるかどうかがわかります。The above output will show you if the package is up to date.

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo zypper install python-azure-agent

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=n/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

waagent サービスを再起動しますRestart the waagent service

sudo /etc/init.d/waagent restart

SUSE SLES 12 SP2SUSE SLES 12 SP2

現在のパッケージのバージョンを確認するCheck your current package version

zypper info python-azure-agent

使用できる更新プログラムを確認するCheck available updates

上記のコマンドの出力で、パッケージが最新であるかどうかがわかります。In the output from the above, this will show you if the package is up-to-date.

最新バージョンのパッケージをインストールするInstall the latest package version

sudo zypper install python-azure-agent

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=n/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

waagent サービスを再起動しますRestart the waagent service

sudo systemctl restart waagent.service

Oracle 6 および 7Oracle 6 and 7

Oracle Linux の場合、 Addons リポジトリが有効になっていることを確認します。For Oracle Linux, make sure that the Addons repository is enabled. /etc/yum.repos.d/public-yum-ol6.repo ファイル (Oracle Linux 6) または/etc/yum.repos.d/public-yum-ol7.repo ファイル (Oracle Linux) を選択して編集し、このファイルの [ol6_addons] または [ol7_addons] の下の行 enabled=0enabled=1 に変更します。Choose to edit the file /etc/yum.repos.d/public-yum-ol6.repo(Oracle Linux 6) or /etc/yum.repos.d/public-yum-ol7.repo(Oracle Linux), and change the line enabled=0 to enabled=1 under [ol6_addons] or [ol7_addons] in this file.

次に、最新バージョンの Azure Linux エージェントをインストールし、次のように入力します。Then, to install the latest version of the Azure Linux Agent, type:

sudo yum install WALinuxAgent

アドオンのリポジトリが見つからない場合、Oracle Linux リリースに応じて、.repo ファイルの末尾に次の行を追加してください。If you don't find the add-on repository you can simply add these lines at the end of your .repo file according to your Oracle Linux release:

Oracle Linux 6 仮想マシンの場合:For Oracle Linux 6 virtual machines:

[ol6_addons]
name=Add-Ons for Oracle Linux $releasever ($basearch)
baseurl=https://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL6/addons/x86_64
gpgkey=https://public-yum.oracle.com/RPM-GPG-KEY-oracle-ol6
gpgcheck=1
enabled=1

Oracle Linux 7 仮想マシンの場合:For Oracle Linux 7 virtual machines:

[ol7_addons]
name=Oracle Linux $releasever Add ons ($basearch)
baseurl=http://public-yum.oracle.com/repo/OracleLinux/OL7/addons/$basearch/
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-oracle
gpgcheck=1
enabled=1

次を入力します。Then type:

sudo yum update WALinuxAgent

通常、必要な手順はこれですべてですが、何らかの理由がある場合は、これを https://github.com から直接インストールする必要があります。その場合は、次の手順を実行してください。Typically this is all you need, but if for some reason you need to install it from https://github.com directly, use the following steps.

ディストリビューションにエージェントのパッケージが存在しない場合に Linux エージェントを更新するUpdate the Linux Agent when no agent package exists for distribution

コマンド ラインで「sudo yum install wget」と入力して、wget をインストールします (Red Hat、CentOS、Oracle Linux Version 6.4、6.5 のように既定ではインストールされないディストリビューションもあります)。Install wget (there are some distros that don't install it by default, such as Red Hat, CentOS, and Oracle Linux versions 6.4 and 6.5) by typing sudo yum install wget on the command line.

1.最新バージョンをダウンロードする1. Download the latest version

GitHub の Azure Linux エージェントのリリース が記載されている Web ページを開き、最新バージョンを見つけます。Open the release of Azure Linux Agent in GitHub in a web page, and find out the latest version number. (「 waagent --version」と入力すると最新のバージョンを検索できます)。(You can locate your current version by typing waagent --version.)

バージョン 2.2.x 以降の場合は次のように入力します:For version 2.2.x or later, type:

wget https://github.com/Azure/WALinuxAgent/archive/v2.2.x.zip
unzip v2.2.x.zip
cd WALinuxAgent-2.2.x

次の行はバージョン 2.2.0 を例として使用しています。The following line uses version 2.2.0 as an example:

wget https://github.com/Azure/WALinuxAgent/archive/v2.2.14.zip
unzip v2.2.14.zip  
cd WALinuxAgent-2.2.14

2.Azure Linux エージェントをインストールします。2. Install the Azure Linux Agent

バージョン 2.2.x の場合は次を使用します。For version 2.2.x, use:

パッケージ setuptools を先にインストールする必要がある場合は、 こちらをご覧ください。You may need to install the package setuptools first--see here. 次に、以下を実行します。Then run:

sudo python setup.py install

自動更新が有効になっていることを確認するEnsure auto update is enabled

まず、次を実行して自動更新が有効になっているかどうかを確認します。First, check to see if it is enabled:

cat /etc/waagent.conf

'AutoUpdate.Enabled' を検索する。Find 'AutoUpdate.Enabled'. この出力がある場合、自動更新は有効になっています。If you see this output, it is enabled:

# AutoUpdate.Enabled=y
AutoUpdate.Enabled=y

有効にするには、次を実行します。To enable run:

sudo sed -i 's/# AutoUpdate.Enabled=n/AutoUpdate.Enabled=y/g' /etc/waagent.conf

手順 3.waagent サービスを再起動します3. Restart the waagent service

ほとんどの Linux ディストリビューションでは、次のコマンドを使用します。For most of Linux distros:

sudo service waagent restart

Ubuntu の場合は、次のコマンドを使用します。For Ubuntu, use:

sudo service walinuxagent restart

CoreOs の場合は、次のコマンドを使用します。For CoreOS, use:

sudo systemctl restart waagent

4.Azure Linux エージェントのバージョンを確認する4. Confirm the Azure Linux Agent version

waagent -version

CoreOS では、上記のコマンドが機能しない場合があります。For CoreOS, the above command may not work.

これで、Azure Linux エージェントのバージョンが新しいバージョンに更新されたことが確認できます。You will see that the Azure Linux Agent version has been updated to the new version.

Azure Linux エージェントの詳細については、 Azure Linux エージェントの READMEを参照してください。For more information regarding the Azure Linux Agent, see Azure Linux Agent README.