Azure 用の CentOS ベースの仮想マシンの準備Prepare a CentOS-based virtual machine for Azure

注意

Azure には、リソースの作成と操作に関して、Resource Manager とクラシック の 2 種類のデプロイメント モデルがあります。Azure has two different deployment models for creating and working with resources: Resource Manager and classic. この記事では、両方のモデルについて取り上げていますが、最新のデプロイでは Resource Manager モデルの使用をお勧めします。This article covers using both models, but Microsoft recommends that most new deployments use the Resource Manager model.

前提条件Prerequisites

この記事では、既に CentOS (または同様な派生版) Linux オペレーティング システムを仮想ハード ディスクにインストールしていることを前提にしています。This article assumes that you have already installed a CentOS (or similar derivative) Linux operating system to a virtual hard disk. .vhd ファイルを作成するツールは、Hyper-V のような仮想化ソリューションなど複数あります。Multiple tools exist to create .vhd files, for example a virtualization solution such as Hyper-V. 詳細については、「 Hyper-V の役割のインストールと仮想マシンの構成」を参照してください。For instructions, see Install the Hyper-V Role and Configure a Virtual Machine.

CentOS のインストールに関する注記CentOS installation notes

  • Azure で Linux を準備する際のその他のヒントについては、「 Linux のインストールに関する一般的な注記 」も参照してください。Please see also General Linux Installation Notes for more tips on preparing Linux for Azure.
  • VHDX 形式は Azure ではサポートされていません。サポートされるのは 固定 VHD のみです。The VHDX format is not supported in Azure, only fixed VHD. Hyper-V マネージャーまたは convert-vhd コマンドレットを使用して、ディスクを VHD 形式に変換できます。You can convert the disk to VHD format using Hyper-V Manager or the convert-vhd cmdlet. VirtualBox を使用する場合は、ディスクの作成時に、既定で動的に割り当てられるサイズではなく、固定サイズを選択することを意味します。If you are using VirtualBox this means selecting Fixed size as opposed to the default dynamically allocated when creating the disk.
  • Linux システムをインストールする場合は、LVM (通常、多くのインストールで既定) ではなく標準パーティションを使用することをお勧めしますWhen installing the Linux system it is recommended that you use standard partitions rather than LVM (often the default for many installations). これにより、特に OS ディスクをトラブルシューティングのために別の同じ VM に接続する必要がある場合に、LVM 名と複製された VM の競合が回避されます。This will avoid LVM name conflicts with cloned VMs, particularly if an OS disk ever needs to be attached to another identical VM for troubleshooting. LVM または RAID をデータ ディスク上で使用できます。LVM or RAID may be used on data disks.
  • UDF ファイル システムをマウントするためのカーネル サポートが必要です。Kernel support for mounting UDF file systems is required. Azure での最初の起動時に、ゲストに接続されている UDF でフォーマットされたメディアを介して、プロビジョニング構成が Linux VM に渡されます。At first boot on Azure the provisioning configuration is passed to the Linux VM via UDF-formatted media that is attached to the guest. Azure Linux エージェントは、その構成を読み取り、VM をプロビジョニングする UDF ファイル システムをマウントできる必要があります。The Azure Linux agent must be able to mount the UDF file system to read its configuration and provision the VM.
  • 2.6.37 未満の Linux カーネル バージョンは、HYPER-V で大きい VM サイズの NUMA をサポートできません。Linux kernel versions below 2.6.37 do not support NUMA on Hyper-V with larger VM sizes. この問題は、主に、アップストリームの Red Hat 2.6.32 カーネルを使用した古いディストリビューションに影響し、RHEL 6.6 (kernel-2.6.32-504) で修正されました。This issue primarily impacts older distributions using the upstream Red Hat 2.6.32 kernel, and was fixed in RHEL 6.6 (kernel-2.6.32-504). 2.6.37 より古いカスタム カーネルまたは2.6.32-504 より古い RHEL ベースのカーネルを実行しているシステムでは、grub.conf のカーネル コマンドラインで、ブート パラメーター numa=off を設定する必要があります。Systems running custom kernels older than 2.6.37, or RHEL-based kernels older than 2.6.32-504 must set the boot parameter numa=off on the kernel command-line in grub.conf. 詳細については、Red Hat KB 436883 を参照してください。For more information see Red Hat KB 436883.
  • OS ディスクにスワップ パーティションを構成しないでください。Do not configure a swap partition on the OS disk. Linux エージェントは、一時的なリソース ディスク上にスワップ ファイルを作成するよう構成できます。The Linux agent can be configured to create a swap file on the temporary resource disk. このことに関する詳細については、次の手順を参照してください。More information about this can be found in the steps below.
  • すべての VHD のサイズは 1 MB の倍数であることが必要です。All of the VHDs must have sizes that are multiples of 1 MB.

CentOS 6.xCentOS 6.x

  1. Hyper-V マネージャーで仮想マシンを選択します。In Hyper-V Manager, select the virtual machine.

  2. [接続] をクリックすると、仮想マシンのコンソール ウィンドウが開きます。Click Connect to open a console window for the virtual machine.

  3. CentOS 6 では、NetworkManager が Azure Linux エージェントと干渉する可能性があります。In CentOS 6, NetworkManager can interfere with the Azure Linux agent. 次のコマンドを実行して、このパッケージをアンインストールします。Uninstall this package by running the following command:

     # sudo rpm -e --nodeps NetworkManager
    
  4. /etc/sysconfig/network ファイルを作成または編集して次のテキストを追加します。Create or edit the file /etc/sysconfig/network and add the following text:

     NETWORKING=yes
     HOSTNAME=localhost.localdomain
    
  5. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ファイルを作成または編集して次のテキストを追加します。Create or edit the file /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 and add the following text:

     DEVICE=eth0
     ONBOOT=yes
     BOOTPROTO=dhcp
     TYPE=Ethernet
     USERCTL=no
     PEERDNS=yes
     IPV6INIT=no
    
  6. udev ルールを編集して、イーサネット インターフェイスの静的ルールが生成されないようにします。Modify udev rules to avoid generating static rules for the Ethernet interface(s). これらのルールは、Microsoft Azure または Hyper-V で仮想マシンを複製する際に問題の原因となる可能性があります。These rules can cause problems when cloning a virtual machine in Microsoft Azure or Hyper-V:

     # sudo ln -s /dev/null /etc/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules
     # sudo rm -f /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
    
  7. 次のコマンドを実行して、起動時にネットワーク サービスが開始されるようにします。Ensure the network service will start at boot time by running the following command:

     # sudo chkconfig network on
    
  8. Azure データセンター内でホストされている OpenLogic のミラーを使用する場合は、/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo ファイルを次のリポジトリに置き換えます。If you would like to use the OpenLogic mirrors that are hosted within the Azure datacenters, then replace the /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo file with the following repositories. これにより、Azure Linux エージェントなどの追加パッケージを含む [openlogic] リポジトリも追加されます。This will also add the [openlogic] repository that includes additional packages such as the Azure Linux agent:

     [openlogic]
     name=CentOS-$releasever - openlogic packages for $basearch
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/openlogic/$releasever/openlogic/$basearch/
     enabled=1
     gpgcheck=0
    
     [base]
     name=CentOS-$releasever - Base
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/os/$basearch/
     gpgcheck=1
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    
     #released updates
     [updates]
     name=CentOS-$releasever - Updates
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/updates/$basearch/
     gpgcheck=1
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    
     #additional packages that may be useful
     [extras]
     name=CentOS-$releasever - Extras
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/extras/$basearch/
     gpgcheck=1
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    
     #additional packages that extend functionality of existing packages
     [centosplus]
     name=CentOS-$releasever - Plus
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
     gpgcheck=1
     enabled=0
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    
     #contrib - packages by Centos Users
     [contrib]
     name=CentOS-$releasever - Contrib
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=contrib&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/contrib/$basearch/
     gpgcheck=1
     enabled=0
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
    

    注意

    これ以降の説明では、少なくとも [openlogic] リポジトリを使用していることを前提とします。このリポジトリは、以下の Azure Linux エージェントのインストールに使用されます。The rest of this guide will assume you are using at least the [openlogic] repo, which will be used to install the Azure Linux agent below.

  9. /etc/yum.conf ファイルに次の行を追加します。Add the following line to /etc/yum.conf:

     http_caching=packages
    
  10. 次のコマンドを実行して、現在の yum メタデータを消去し、最新のパッケージでシステムを更新します。Run the following command to clear the current yum metadata and update the system with the latest packages:

    # yum clean all
    

    古いバージョンの CentOS 用のイメージを作成している場合を除き、すべてのパッケージを最新のものに更新することをお勧めします。Unless you are creating an image for an older version of CentOS, it is recommended to update all the packages to the latest:

    # sudo yum -y update
    

    このコマンドを実行すると、再起動が必要になることがあります。A reboot may be required after running this command.

  11. (省略可能) Linux Integration Services (LIS) 用ドライバーをインストールします。(Optional) Install the drivers for the Linux Integration Services (LIS).

    重要

    この手順は、CentOS 6.3 およびそれ以前では必須です。それ以降のリリースでは、この手順を省略できます。The step is required for CentOS 6.3 and earlier, and optional for later releases.

    # sudo rpm -e hypervkvpd  ## (may return error if not installed, that's OK)
    # sudo yum install microsoft-hyper-v
    

    または、LIS ダウンロード ページの手動インストール手順に従って、RPM を VM にインストールします。Alternatively, you can follow the manual installation instructions on the LIS download page to install the RPM onto your VM.

  12. Azure Linux エージェントと依存関係をインストールします。Install the Azure Linux Agent and dependencies:

    # sudo yum install python-pyasn1 WALinuxAgent
    

    手順 3. で説明した NetworkManager パッケージおよび NetworkManager-gnome パッケージを削除していない場合、WALinuxAgent パッケージによってこれらのパッケージが削除されます。The WALinuxAgent package will remove the NetworkManager and NetworkManager-gnome packages if they were not already removed as described in step 3.

  13. GRUB 構成でカーネルのブート行を変更して Azure の追加のカーネル パラメーターを含めます。Modify the kernel boot line in your grub configuration to include additional kernel parameters for Azure. これを行うには、テキスト エディターで /boot/grub/menu.lst を開き、既定のカーネルに次のパラメーターが含まれていることを確認します。To do this, open /boot/grub/menu.lst in a text editor and ensure that the default kernel includes the following parameters:

    console=ttyS0 earlyprintk=ttyS0 rootdelay=300
    

    これにより、すべてのコンソール メッセージが最初のシリアル ポートに送信され、メッセージを Azure での問題のデバッグに利用できるようになります。This will also ensure all console messages are sent to the first serial port, which can assist Azure support with debugging issues.

    上記のほかに、次のパラメーターを 削除 することをお勧めします。In addition to the above, it is recommended to remove the following parameters:

    rhgb quiet crashkernel=auto
    

    クラウド環境では、すべてのログをシリアル ポートに送信するため、グラフィカル ブートおよびクワイエット ブートは役立ちません。Graphical and quiet boot are not useful in a cloud environment where we want all the logs to be sent to the serial port. 必要に応じて crashkernel オプションは構成したままにすることができますが、このパラメーターにより、VM 内の使用可能なメモリ量が 128 MB 以上減少するため、比較的小さなサイズの VM では問題となる可能性がある点に注意してください。The crashkernel option may be left configured if desired, but note that this parameter will reduce the amount of available memory in the VM by 128MB or more, which may be problematic on the smaller VM sizes.

    重要

    CentOS 6.5 およびそれ以前では、カーネル パラメーター numa=off も設定する必要があります。CentOS 6.5 and earlier must also set the kernel parameter numa=off. Red Hat KB 436883 を参照してください。See Red Hat KB 436883.

  14. SSH サーバーがインストールされており、起動時に開始するように構成されていることを確認します。Ensure that the SSH server is installed and configured to start at boot time. 通常これが既定です。This is usually the default.

  15. OS ディスクにスワップ領域を作成しないでください。Do not create swap space on the OS disk.

    Azure Linux エージェントは、Azure でプロビジョニングされた後に VM に接続されたローカルのリソース ディスクを使用してスワップ領域を自動的に構成します。The Azure Linux Agent can automatically configure swap space using the local resource disk that is attached to the VM after provisioning on Azure. ローカル リソース ディスクは 一時 ディスクであるため、VM のプロビジョニングが解除されると空になることに注意してください。Note that the local resource disk is a temporary disk, and might be emptied when the VM is deprovisioned. Azure Linux Agent のインストール後に (前の手順を参照)、 /etc/waagent.conf にある次のパラメーターを正確に変更します。After installing the Azure Linux Agent (see previous step), modify the following parameters in /etc/waagent.conf appropriately:

    ResourceDisk.Format=y
    ResourceDisk.Filesystem=ext4
    ResourceDisk.MountPoint=/mnt/resource
    ResourceDisk.EnableSwap=y
    ResourceDisk.SwapSizeMB=2048    ## NOTE: set this to whatever you need it to be.
    
  16. 次のコマンドを実行して仮想マシンをプロビジョニング解除し、Azure でのプロビジョニング用に準備します。Run the following commands to deprovision the virtual machine and prepare it for provisioning on Azure:

    # sudo waagent -force -deprovision
    # export HISTSIZE=0
    # logout
    
  17. Hyper-V マネージャーで [アクション]、[シャットダウン] の順にクリックします。Click Action -> Shut Down in Hyper-V Manager. これで、Linux VHD を Azure にアップロードする準備が整いました。Your Linux VHD is now ready to be uploaded to Azure.


CentOS 7.0+CentOS 7.0+

CentOS 7 (および同様な派生版) への変更Changes in CentOS 7 (and similar derivatives)

Azure 用の CentOS 7 仮想マシンを準備する手順は、CentOS 6 の場合とほとんど同じですが、次のように、重要な違いがいくつかあります。Preparing a CentOS 7 virtual machine for Azure is very similar to CentOS 6, however there are several important differences worth noting:

  • NetworkManager パッケージが、Azure Linux エージェントと競合しなくなりました。The NetworkManager package no longer conflicts with the Azure Linux agent. このパッケージは既定でインストールされます。このパッケージを削除しないことをお勧めします。This package is installed by default and we recommend that it is not removed.
  • GRUB2 が、既定のブートローダーとして使用されるようになったため、カーネル パラメーターの編集手順が変更されました (以下を参照)。GRUB2 is now used as the default bootloader, so the procedure for editing kernel parameters has changed (see below).
  • XFS が既定のファイル システムになりました。XFS is now the default file system. 必要に応じて、引き続き ext4 ファイル システムを使用できます。The ext4 file system can still be used if desired.

構成の手順Configuration Steps

  1. Hyper-V マネージャーで仮想マシンを選択します。In Hyper-V Manager, select the virtual machine.

  2. [接続] をクリックすると、仮想マシンのコンソール ウィンドウが開きます。Click Connect to open a console window for the virtual machine.

  3. /etc/sysconfig/network ファイルを作成または編集して次のテキストを追加します。Create or edit the file /etc/sysconfig/network and add the following text:

     NETWORKING=yes
     HOSTNAME=localhost.localdomain
    
  4. /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 ファイルを作成または編集して次のテキストを追加します。Create or edit the file /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 and add the following text:

     DEVICE=eth0
     ONBOOT=yes
     BOOTPROTO=dhcp
     TYPE=Ethernet
     USERCTL=no
     PEERDNS=yes
     IPV6INIT=no
     NM_CONTROLLED=no
    
  5. udev ルールを編集して、イーサネット インターフェイスの静的ルールが生成されないようにします。Modify udev rules to avoid generating static rules for the Ethernet interface(s). これらのルールは、Microsoft Azure または Hyper-V で仮想マシンを複製する際に問題の原因となる可能性があります。These rules can cause problems when cloning a virtual machine in Microsoft Azure or Hyper-V:

     # sudo ln -s /dev/null /etc/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules
    
  6. Azure データセンター内でホストされている OpenLogic のミラーを使用する場合は、/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo ファイルを次のリポジトリに置き換えます。If you would like to use the OpenLogic mirrors that are hosted within the Azure datacenters, then replace the /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo file with the following repositories. これにより、Azure Linux エージェント用のパッケージを含む [openlogic] リポジトリも追加されます。This will also add the [openlogic] repository that includes packages for the Azure Linux agent:

     [openlogic]
     name=CentOS-$releasever - openlogic packages for $basearch
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/openlogic/$releasever/openlogic/$basearch/
     enabled=1
     gpgcheck=0
    
     [base]
     name=CentOS-$releasever - Base
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/os/$basearch/
     gpgcheck=1
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
    
     #released updates
     [updates]
     name=CentOS-$releasever - Updates
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=updates&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/updates/$basearch/
     gpgcheck=1
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
    
     #additional packages that may be useful
     [extras]
     name=CentOS-$releasever - Extras
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=extras&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/extras/$basearch/
     gpgcheck=1
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
    
     #additional packages that extend functionality of existing packages
     [centosplus]
     name=CentOS-$releasever - Plus
     #mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=centosplus&infra=$infra
     baseurl=http://olcentgbl.trafficmanager.net/centos/$releasever/centosplus/$basearch/
     gpgcheck=1
     enabled=0
     gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-7
    

    注意

    これ以降の説明では、少なくとも [openlogic] リポジトリを使用していることを前提とします。このリポジトリは、以下の Azure Linux エージェントのインストールに使用されます。The rest of this guide will assume you are using at least the [openlogic] repo, which will be used to install the Azure Linux agent below.

  7. 次のコマンドを実行して、現在の yum メタデータをクリアし、更新をインストールします。Run the following command to clear the current yum metadata and install any updates:

     # sudo yum clean all
    

    古いバージョンの CentOS 用のイメージを作成している場合を除き、すべてのパッケージを最新のものに更新することをお勧めします。Unless you are creating an image for an older version of CentOS, it is recommended to update all the packages to the latest:

     # sudo yum -y update
    

    このコマンドを実行すると、再起動が必要になることがあります。A reboot maybe required after running this command.

  8. GRUB 構成でカーネルのブート行を変更して Azure の追加のカーネル パラメーターを含めます。Modify the kernel boot line in your grub configuration to include additional kernel parameters for Azure. これを行うには、テキスト エディターで /etc/default/grub を開き、次のように GRUB_CMDLINE_LINUX パラメーターを編集します。To do this, open /etc/default/grub in a text editor and edit the GRUB_CMDLINE_LINUX parameter, for example:

     GRUB_CMDLINE_LINUX="rootdelay=300 console=ttyS0 earlyprintk=ttyS0 net.ifnames=0"
    

    これにより、すべてのコンソール メッセージが最初のシリアル ポートに送信され、メッセージを Azure での問題のデバッグに利用できるようになります。This will also ensure all console messages are sent to the first serial port, which can assist Azure support with debugging issues. NIC の新しい CentOS 7 名前付け規則もオフになります。It also turns off the new CentOS 7 naming conventions for NICs. 上記のほかに、次のパラメーターを 削除 することをお勧めします。In addition to the above, it is recommended to remove the following parameters:

     rhgb quiet crashkernel=auto
    

    クラウド環境では、すべてのログをシリアル ポートに送信するため、グラフィカル ブートおよびクワイエット ブートは役立ちません。Graphical and quiet boot are not useful in a cloud environment where we want all the logs to be sent to the serial port. 必要に応じて crashkernel オプションは構成したままにすることができますが、このパラメーターにより、VM 内の使用可能なメモリ量が 128 MB 以上減少するため、比較的小さなサイズの VM では問題となる可能性がある点に注意してください。The crashkernel option may be left configured if desired, but note that this parameter will reduce the amount of available memory in the VM by 128MB or more, which may be problematic on the smaller VM sizes.

  9. 上記のとおりに /etc/default/grub の編集を終了したら、次のコマンドを実行して GRUB 構成をリビルドします。Once you are done editing /etc/default/grub per above, run the following command to rebuild the grub configuration:

     # sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg
    
  10. VMWare、VirtualBox、または KVM からイメージをビルドする場合: Hyper-V ドライバーが initramfs に含まれていることを確認します。If building the image from VMWare, VirtualBox or KVM: Ensure the Hyper-V drivers are included in the initramfs:

    /etc/dracut.confを編集して、コンテンツを追加します。Edit /etc/dracut.conf, add content:

    add_drivers+=”hv_vmbus hv_netvsc hv_storvsc”
    

    Initramfs を再構築します。Rebuild the initramfs:

    # sudo dracut –f -v
    
  11. Azure Linux エージェントと依存関係をインストールします。Install the Azure Linux Agent and dependencies:

    # sudo yum install python-pyasn1 WALinuxAgent
    # sudo systemctl enable waagent
    
  12. OS ディスクにスワップ領域を作成しないでください。Do not create swap space on the OS disk.

    Azure Linux エージェントは、Azure でプロビジョニングされた後に VM に接続されたローカルのリソース ディスクを使用してスワップ領域を自動的に構成します。The Azure Linux Agent can automatically configure swap space using the local resource disk that is attached to the VM after provisioning on Azure. ローカル リソース ディスクは 一時 ディスクであるため、VM のプロビジョニングが解除されると空になることに注意してください。Note that the local resource disk is a temporary disk, and might be emptied when the VM is deprovisioned. Azure Linux Agent のインストール後に (前の手順を参照)、 /etc/waagent.conf にある次のパラメーターを正確に変更します。After installing the Azure Linux Agent (see previous step), modify the following parameters in /etc/waagent.conf appropriately:

    ResourceDisk.Format=y
    ResourceDisk.Filesystem=ext4
    ResourceDisk.MountPoint=/mnt/resource
    ResourceDisk.EnableSwap=y
    ResourceDisk.SwapSizeMB=2048    ## NOTE: set this to whatever you need it to be.
    
  13. 次のコマンドを実行して仮想マシンをプロビジョニング解除し、Azure でのプロビジョニング用に準備します。Run the following commands to deprovision the virtual machine and prepare it for provisioning on Azure:

    # sudo waagent -force -deprovision
    # export HISTSIZE=0
    # logout
    
  14. Hyper-V マネージャーで [アクション]、[シャットダウン] の順にクリックします。Click Action -> Shut Down in Hyper-V Manager. これで、Linux VHD を Azure にアップロードする準備が整いました。Your Linux VHD is now ready to be uploaded to Azure.

次のステップNext steps

これで、CentOS Linux 仮想ハード ディスク を使用して、Azure に新しい仮想マシンを作成する準備が整いました。You're now ready to use your CentOS Linux virtual hard disk to create new virtual machines in Azure. .vhd ファイルを Azure に初めてアップロードする場合は、「 Linux オペレーティング システムを格納した仮想ハード ディスクの作成とアップロード」の手順 2 と 3 をご覧ください。If this is the first time that you're uploading the .vhd file to Azure, see steps 2 and 3 in Creating and uploading a virtual hard disk that contains the Linux operating system.