Azure で動作保証済みの Linux ディストリビューションLinux on distributions endorsed by Azure

パートナーが Azure Marketplace で Linux イメージを提供しています。Partners provide Linux images in the Azure Marketplace. Microsoft はさまざまな Linux コミュニティと連携し、動作保証済みディストリビューション リストを拡充しています。We are working with various Linux communities to add even more flavors to the Endorsed Distribution list. それまでの間、Marketplace からご利用いただけないディストリビューションについては、「Linux オペレーティング システムを格納した仮想ハード ディスクの作成とアップロード」のガイドラインに従って、独自の Linux をいつでも使用できます。In the meantime, for distributions that are not available from the Marketplace, you can always bring your own Linux by following the guidelines at Creating and uploading a virtual hard disk that contains the Linux operating system.

サポートされているディストリビューションとバージョンSupported distributions and versions

次の表に、Azure でサポートされている Linux ディストリビューションとバージョンを示します。The following table lists the Linux distributions and versions that are supported on Azure. 詳細については、Microsoft Azure での Linux イメージのサポートに関するページを参照してください。Refer to Support for Linux images in Microsoft Azure for more detailed information.

Hyper-V および Azure 用の Linux Integration Services (LIS) ドライバーは、Microsoft からアップストリームの Linux カーネルに直接提供されるカーネル モジュールです。The Linux Integration Services (LIS) drivers for Hyper-V and Azure are kernel modules that Microsoft contributes directly to the upstream Linux kernel. 既定でディストリビューションのカーネルに組み込まれている LIS ドライバーもあります。Some LIS drivers are built into the distribution's kernel by default. Red Hat Enterprise (RHEL)/CentOS に基づく古いディストリビューションは、Linux Integration Services Version 4.1 for Hyper-V で個別にダウンロードして入手できます。Older distributions that are based on Red Hat Enterprise (RHEL)/CentOS are available as a separate download at Linux Integration Services Version 4.1 for Hyper-V. LIS ドライバーの詳細については、「Linux カーネルの要件」を参照してください。See Linux kernel requirements for more information about the LIS drivers.

Azure Linux エージェントは、Azure Marketplace のイメージにあらかじめインストールされており、通常はディストリビューションのパッケージのリポジトリで入手できます。The Azure Linux Agent is already pre-installed on the Azure Marketplace images and is typically available from the distribution's package repository. ソース コードは GitHubにあります。Source code can be found on GitHub.

ディストリビューションDistribution バージョンVersion ドライバーDrivers エージェントAgent
CentOSCentOS CentOS 6.3+、7.0+CentOS 6.3+, 7.0+ CentOS 6.3: LIS のダウンロードCentOS 6.3: LIS download

CentOS 6.4 以上、カーネル内CentOS 6.4+: In kernel

パッケージ: リポジトリ内の "WALinuxAgent"Package: In repo under "WALinuxAgent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub
CoreOSCoreOS 494.4.0+494.4.0+ カーネル内In kernel ソース コード: GitHubSource code: GitHub
DebianDebian Debian 7.9+、8.2+Debian 7.9+, 8.2+ カーネル内In kernel パッケージ: リポジトリ内の "waagent" Package: In repo under "waagent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub
Oracle LinuxOracle Linux 6.4+、7.0+6.4+, 7.0+ カーネル内In kernel パッケージ: リポジトリ内の "WALinuxAgent" Package: In repo under "WALinuxAgent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub
Red Hat Enterprise LinuxRed Hat Enterprise Linux RHEL 6.7+、7.1+RHEL 6.7+, 7.1+ カーネル内In kernel パッケージ: リポジトリ内の "WALinuxAgent" Package: In repo under "WALinuxAgent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub
SUSE Linux EnterpriseSUSE Linux Enterprise SLES/SLES for SAPSLES/SLES for SAP
11 SP411 SP4
12 SP1+12 SP1+
カーネル内In kernel パッケージ:Package:

Cloud:Tools リポジトリ内の 11 の場合for 11 in Cloud:Tools repo
"python-azure-agent" の下の "パブリック クラウド" モジュールに含まれる 12 の場合for 12 included in "Public Cloud" Module under "python-azure-agent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub

openSUSEopenSUSE openSUSE Leap 42.1+openSUSE Leap 42.1+ カーネル内In kernel パッケージ: Cloud:Tools リポジトリ内の "python-azure-agent"Package: In Cloud:Tools repo under "python-azure-agent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub
UbuntuUbuntu Ubuntu 12.04、14.04、16.04、16.10Ubuntu 12.04, 14.04, 16.04, 16.10 カーネル内In kernel パッケージ: リポジトリ内の "WALinuxAgent" Package: In repo under "walinuxagent"
ソース コード: GitHubSource code: GitHub

パートナーPartners

CoreOSCoreOS

https://coreos.com/docs/running-coreos/cloud-providers/azure/https://coreos.com/docs/running-coreos/cloud-providers/azure/

CoreOS Web サイトから入手:From the CoreOS website:

CoreOS はセキュリティ、一貫性、信頼性を実現するように設計されています。yum や apt でパッケージをインストールする代わりに、Linux コンテナーを使用して、より抽象的なレベルでサービスを管理します。コンテナーには 1 つのサービス コードとすべての依存関係がパッケージ化されており、1 つまたは複数の CoreOS マシン上で実行できます。CoreOS is designed for security, consistency, and reliability. Instead of installing packages via yum or apt, CoreOS uses Linux containers to manage your services at a higher level of abstraction. A single service's code and all dependencies are packaged within a container that can be run on one or many CoreOS machines.

CredativCredativ

http://www.credativ.co.uk/credativ-blog/debian-images-microsoft-azurehttp://www.credativ.co.uk/credativ-blog/debian-images-microsoft-azure

Credativ は、無償のソフトウェアを使用したプロフェッショナルなソリューションの開発および実装を専門とする、独立したコンサルティングおよびサービス企業です。Credativ is an independent consulting and services company that specializes in the development and implementation of professional solutions by using free software. 大手のオープン ソース スペシャリストとして、Credativ のサポートを利用している多くの IT 部門から国際的に認知されています。As leading open-source specialists, Credativ has international recognition with many IT departments that use their support. Credativ は現在、マイクロソフトと協力して、Debian 8 (Jessie) および 7 より前の Debian (Wheezy) に対応する Debian イメージを準備しています。In conjunction with Microsoft, Credativ is currently preparing corresponding Debian images for Debian 8 (Jessie) and Debian before 7 (Wheezy). 両方のイメージは、Azure で実行するために特別に設計され、プラットフォーム経由で簡単に管理できます。Both images are specially designed to run on Azure and can be easily managed via the platform. Credativ では、自社のオープン ソース サポート センターを通じて、Azure 用の Debian イメージの長期にわたる保守および更新もサポートします。Credativ will also support the long-term maintenance and updating of the Debian images for Azure through its Open Source Support Centers.

OracleOracle

http://www.oracle.com/technetwork/topics/cloud/faq-1963009.htmlhttp://www.oracle.com/technetwork/topics/cloud/faq-1963009.html

Oracle は、パブリック クラウドおよびプライベート クラウドに幅広いソリューション ポートフォリオを提供するという戦略を取っています。Oracle’s strategy is to offer a broad portfolio of solutions for public and private clouds. この戦略により、顧客は、Oracle クラウドやその他のクラウドで Oracle ソフトウェアをデプロイするときに、その方法を複数の選択肢から選び、柔軟に対応することができます。The strategy gives customers choice and flexibility in how they deploy Oracle software in Oracle clouds and other clouds. マイクロソフトと Oracle との提携により、お客様はマイクロソフトのパブリック クラウドおよびプライベート クラウドにおいて Oracle の保証とサポートの下で安心して Oracle のソフトウェアをデプロイできます。Oracle’s partnership with Microsoft enables customers to deploy Oracle software in Microsoft public and private clouds with the confidence of certification and support from Oracle. Oracle のパブリックおよびプライベート クラウド ソリューションに対する取り組みと投資が変わることはありません。Oracle’s commitment and investment in Oracle public and private cloud solutions is unchanged.

Red HatRed Hat

http://www.redhat.com/en/partners/strategic-alliance/microsofthttp://www.redhat.com/en/partners/strategic-alliance/microsoft

世界をリードするオープン ソース ソリューションのプロバイダーである Red Hat は、90% 超の Fortune 500 企業が、ビジネス上の課題を解決したり、IT およびビジネス戦略を調整したり、将来のテクノロジを準備するのを支援しています。The world's leading provider of open source solutions, Red Hat helps more than 90% of Fortune 500 companies solve business challenges, align their IT and business strategies, and prepare for the future of technology. Red Hat は、オープン ビジネス モデルおよび手頃な価格の予測可能なサブスクリプション モデルを使用して、安全なソリューションを提供することによってこれを実現しています。Red Hat does this by providing secure solutions through an open business model and an affordable, predictable subscription model.

SUSESUSE

http://www.suse.com/suse-linux-enterprise-server-on-azurehttp://www.suse.com/suse-linux-enterprise-server-on-azure

SUSE Linux Enterprise Server on Azure は、クラウド コンピューティングで優れた信頼性とセキュリティを実現する実績あるプラットフォームです。SUSE Linux Enterprise Server on Azure is a proven platform that provides superior reliability and security for cloud computing. SUSE の多機能な Linux プラットフォームは Azure クラウド サービスとシームレスに統合され、管理の容易なクラウド環境を実現します。SUSE's versatile Linux platform seamlessly integrates with Azure cloud services to deliver an easily manageable cloud environment. SUSE Linux Enterprise Server には、1,800 社を超える独立系ソフトウェア ベンダーによる 9,200 本を超える公認アプリケーションが存在し、SUSE は、データ センターで実行されているワークロードを Azure に安心して自信を持ってデプロイできることを保証しています。With more than 9,200 certified applications from more than 1,800 independent software vendors for SUSE Linux Enterprise Server, SUSE ensures that workloads running supported in the data center can be confidently deployed on Azure.

CanonicalCanonical

http://www.ubuntu.com/cloud/azurehttp://www.ubuntu.com/cloud/azure

Canonical のエンジニアリングおよびオープン コミュニティ体制は、消費者向け個人クラウド サービスも含めて、クライアント、サーバー、およびクラウド コンピューティングにおける Ubuntu の成功を支えています。Canonical engineering and open community governance drive Ubuntu's success in client, server, and cloud computing, which includes personal cloud services for consumers. Ubuntu における、携帯電話からクラウドまでの統一されたフリー プラットフォームという Canonical のビジョンにより、携帯電話、タブレット、テレビ、およびデスクトップで一貫したインターフェイス ファミリーが提供されます。Canonical's vision of a unified, free platform in Ubuntu, from phone to cloud, provides a family of coherent interfaces for the phone, tablet, TV, and desktop. このビジョンにより、Ubuntu はパブリック クラウド プロバイダーから家電メーカーに至るまでの多様な企業の最初の選択肢となり、個々の技術者のお気に入りとなっています。This vision makes Ubuntu the first choice for diverse institutions from public cloud providers to the makers of consumer electronics and a favorite among individual technologists.

世界中に開発者と開発センターが存在しているため、Canonical は独自の地位を確立しており、ハードウェア メーカーやコンテンツ プロバイダー、ソフトウェア開発者と提携して、PC やサーバー、携帯機器など、さまざまな Ubuntu ソリューションを市場に送り出しています。With developers and engineering centers around the world, Canonical is uniquely positioned to partner with hardware makers, content providers, and software developers to bring Ubuntu solutions to market for PCs, servers, and handheld devices.