OpenShift Container Platform 3.11 を Azure へデプロイするDeploy OpenShift Container Platform 3.11 in Azure

Azure で OpenShift Container Platform 3.11 をデプロイするには、次のいずれかの方法を使用できます。You can use one of several methods to deploy OpenShift Container Platform 3.11 in Azure:

どのオプションでも、Red Hat サブスクリプションが必要です。For all options, a Red Hat subscription is required. デプロイ中に、Red Hat Enterprise Linux インスタンスは Red Hat サブスクリプションに登録され、OpenShift Container Platform の資格を含むプール ID に接続されます。During the deployment, the Red Hat Enterprise Linux instance is registered to the Red Hat subscription and attached to the Pool ID that contains the entitlements for OpenShift Container Platform. 有効な Red Hat Subscription Manager (RHSM) のユーザー名、パスワード、およびプール ID があることを確認してください。Make sure you have a valid Red Hat Subscription Manager (RHSM) username, password, and Pool ID. アクティブ化キー、組織 ID、およびプール ID を使用できます。You can use an Activation Key, Org ID, and Pool ID. これらの情報は、 https://access.redhat.com にサインインして確認できます。You can verify this information by signing in to https://access.redhat.com.

OpenShift Container Platform Resource Manager 3.11 テンプレートを使用したデプロイDeploy using the OpenShift Container Platform Resource Manager 3.11 template

プライベート クラスターPrivate Clusters

プライベートの OpenShift クラスターをデプロイする場合は、マスター ロード バランサー (Web コンソール) またはインフラ ロード バランサー (ルーター) に関連付けられているパブリック IP を持たないこと以外にも、要件があります。Deploying private OpenShift clusters requires more than just not having a public IP associated to the master load balancer (web console) or to the infra load balancer (router). 一般に、プライベート クラスターでは、カスタム DNS サーバー (既定の Azure DNS ではない)、カスタム ドメイン名 (contoso.com など)、および定義済みの仮想ネットワークを使用します。A private cluster generally uses a custom DNS server (not the default Azure DNS), a custom domain name (such as contoso.com), and pre-defined virtual network(s). プライベート クラスターの場合、すべての適切なサブネットおよび DNS サーバー設定を使って、事前に仮想ネットワークを構成する必要があります。For private clusters, you need to configure your virtual network with all the appropriate subnets and DNS server settings in advance. その後、existingMasterSubnetReferenceexistingInfraSubnetReferenceexistingCnsSubnetReference、および existingNodeSubnetReference を使用して、クラスターによって使用される既存のサブネットを指定します。Then use existingMasterSubnetReference, existingInfraSubnetReference, existingCnsSubnetReference, and existingNodeSubnetReference to specify the existing subnet for use by the cluster.

プライベート マスターが選択されている場合 (masterClusterType=private)、masterPrivateClusterIp には静的プライベート IP が指定される必要があります。If private master is selected (masterClusterType=private), a static private IP needs to be specified for masterPrivateClusterIp. この IP は、マスター ロード バランサーのフロント エンドに割り当てられます。This IP will be assigned to the front end of the master load balancer. IP は、マスター サブネット用の CIDR 内にあり、使用中でないことが要件です。The IP must be within the CIDR for the master subnet and not in use. masterClusterDnsType は "custom" に設定される必要があり、masterClusterDns にはマスター DNS 名が指定される必要があります。masterClusterDnsType must be set to "custom" and the master DNS name must be provided for masterClusterDns. DNS 名は、静的プライベート IP にマップする必要があり、マスター ノード上でコンソールにアクセスするために使用されます。The DNS name must map to the static Private IP and will be used to access the console on the master nodes.

プライベート ルーターが選択されている場合 (routerClusterType=private)、routerPrivateClusterIp には静的プライベート IP が指定される必要があります。If private router is selected (routerClusterType=private), a static private IP needs to be specified for routerPrivateClusterIp. この IP は、インフラ ロード バランサーのフロント エンドに割り当てられます。This IP will be assigned to the front end of the infra load balancer. IP は、インフラ サブネット用の CIDR 内にあり、使用中でないことが要件です。The IP must be within the CIDR for the infra subnet and not in use. routingSubDomainType は "custom" に設定される必要があり、routingSubDomain にはルーティング用のワイルドカード DNS 名が指定される必要があります。routingSubDomainType must be set to "custom" and the wildcard DNS name for routing must be provided for routingSubDomain.

また、プライベート マスターとプライベート ルーターが選択された場合は、domainName にカスタム ドメイン名を入力することも必要になります。If private masters and private router are selected, the custom domain name must also be entered for domainName

デプロイが成功した後は、踏み台ノードは SSH 接続できるパブリック IP を備えたノードだけです。After successful deployment, the Bastion Node is the only node with a public IP that you can ssh into. マスター ノードがパブリック アクセス用に構成されている場合でも、SSH アクセスには公開されません。Even if the master nodes are configured for public access, they aren't exposed for ssh access.

Resource Manager テンプレートを使用してデプロイするには、パラメーター ファイルを使用して入力パラメーターを指定します。To deploy using the Resource Manager template, you use a parameters file to supply the input parameters. デプロイをさらにカスタマイズするには、GitHub リポジトリをフォークし、適切な項目を変更します。To further customize the deployment, fork the GitHub repo and change the appropriate items.

一般的なカスタマイズ オプションには以下のような項目がありますが、この限りではありません。Some common customization options include, but aren't limited to:

  • Bastion VM サイズ (azuredeploy.json 内の変数)Bastion VM size (variable in azuredeploy.json)
  • 名前付け規則 (azuredeploy.json 内の変数)Naming conventions (variables in azuredeploy.json)
  • OpenShift クラスターの詳細 - ホスト ファイル (deployOpenShift.sh) 経由で変更済みOpenShift cluster specifics, modified via hosts file (deployOpenShift.sh)

パラメーター ファイルの構成Configure the parameters file

OpenShift Container Platform テンプレートには、異なるバージョンの OpenShift Container Platform で利用できる複数の分岐があります。The OpenShift Container Platform template has multiple branches available for different versions of OpenShift Container Platform. ニーズに基づいて、リポジトリから直接デプロイすることも、リポジトリをフォークし、デプロイする前にテンプレートまたはスクリプトに対してカスタムの変更を加えることもできます。Based on your needs, you can deploy directly from the repo or you can fork the repo and make custom changes to the templates or scripts before deploying.

以前に作成したサービス プリンシパルの値 appIdaadClientId パラメーターに使用します。Use the appId value from the service principal you created earlier for the aadClientId parameter.

次の例では、必要なすべての入力を含む azuredeploy.parameters.json という名前のパラメーター ファイルを示します。The following example shows a parameters file named azuredeploy.parameters.json with all the required inputs.

{
    "$schema": "https://schema.management.azure.com/schemas/2015-01-01/deploymentParameters.json#",
    "contentVersion": "1.0.0.0",
    "parameters": {
        "_artifactsLocation": {
            "value": "https://raw.githubusercontent.com/Microsoft/openshift-container-platform/master"
        },
        "location": {
            "value": "eastus"
        },
        "masterVmSize": {
            "value": "Standard_E2s_v3"
        },
        "infraVmSize": {
            "value": "Standard_D4s_v3"
        },
        "nodeVmSize": {
            "value": "Standard_D4s_v3"
        },
        "cnsVmSize": {
            "value": "Standard_E4s_v3"
        },
        "osImageType": {
            "value": "defaultgallery"
        },
        "marketplaceOsImage": {
            "value": {
                "publisher": "RedHat",
                "offer": "RHEL",
                "sku": "7-RAW",
                "version": "latest"
            }
        },
        "storageKind": {
            "value": "changeme"
        },
        "openshiftClusterPrefix": {
            "value": "changeme"
        },
        "minorVersion": {
            "value": "69"
        },
        "masterInstanceCount": {
            "value": 3
        },
        "infraInstanceCount": {
            "value": 3
        },
        "nodeInstanceCount": {
            "value": 3
        },
        "cnsInstanceCount": {
            "value": 3
        },
        "osDiskSize": {
            "value": 64
        },
        "dataDiskSize": {
            "value": 64
        },
        "cnsGlusterDiskSize": {
            "value": 128
        },
        "adminUsername": {
            "value": "changeme"
        },
        "enableMetrics": {
            "value": "false"
        },
        "enableLogging": {
            "value": "false"
        },
        "enableCNS": {
            "value": "false"
        },
        "rhsmUsernameOrOrgId": {
            "value": "changeme"
        },
        "rhsmPoolId": {
            "value": "changeme"
        },
        "rhsmBrokerPoolId": {
            "value": "changeme"
        },
        "sshPublicKey": {
            "value": "GEN-SSH-PUB-KEY"
        },
        "keyVaultSubscriptionId": {
            "value": "255a325e-8276-4ada-af8f-33af5658eb34"
        },
        "keyVaultResourceGroup": {
            "value": "changeme"
        },
        "keyVaultName": {
            "value": "changeme"
        },
        "enableAzure": {
            "value": "true"
        },
        "aadClientId": {
            "value": "changeme"
        },
        "domainName": {
            "value": "contoso.com"
        },
        "masterClusterDnsType": {
            "value": "default"
        },
        "masterClusterDns": {
            "value": "console.contoso.com"
        },
        "routingSubDomainType": {
            "value": "nipio"
        },
        "routingSubDomain": {
            "value": "apps.contoso.com"
        },
        "virtualNetworkNewOrExisting": {
            "value": "new"
        },
        "virtualNetworkName": {
            "value": "changeme"
        },
        "addressPrefixes": {
            "value": "10.0.0.0/14"
        },
        "masterSubnetName": {
            "value": "changeme"
        },
        "masterSubnetPrefix": {
            "value": "10.1.0.0/16"
        },
        "infraSubnetName": {
            "value": "changeme"
        },
        "infraSubnetPrefix": {
            "value": "10.2.0.0/16"
        },
        "nodeSubnetName": {
            "value": "changeme"
        },
        "nodeSubnetPrefix": {
            "value": "10.3.0.0/16"
        },
        "existingMasterSubnetReference": {
            "value": "/subscriptions/abc686f6-963b-4e64-bff4-99dc369ab1cd/resourceGroups/vnetresourcegroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/openshiftvnet/subnets/mastersubnet"
        },
        "existingInfraSubnetReference": {
            "value": "/subscriptions/abc686f6-963b-4e64-bff4-99dc369ab1cd/resourceGroups/vnetresourcegroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/openshiftvnet/subnets/infrasubnet"
        },
        "existingCnsSubnetReference": {
            "value": "/subscriptions/abc686f6-963b-4e64-bff4-99dc369ab1cd/resourceGroups/vnetresourcegroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/openshiftvnet/subnets/cnssubnet"
        },
        "existingNodeSubnetReference": {
            "value": "/subscriptions/abc686f6-963b-4e64-bff4-99dc369ab1cd/resourceGroups/vnetresourcegroup/providers/Microsoft.Network/virtualNetworks/openshiftvnet/subnets/nodesubnet"
        },
        "masterClusterType": {
            "value": "public"
        },
        "masterPrivateClusterIp": {
            "value": "10.1.0.200"
        },
        "routerClusterType": {
            "value": "public"
        },
        "routerPrivateClusterIp": {
            "value": "10.2.0.200"
        },
        "routingCertType": {
            "value": "selfsigned"
        },
        "masterCertType": {
            "value": "selfsigned"
        }
    }
}

パラメーターをユーザー固有の情報に置き換えます。Replace the parameters with your specific information.

リリースによってパラメーターは異なっている可能性があるため、お使いの分岐に必要なパラメーターを確認してください。Different releases may have different parameters so verify the necessary parameters for the branch you use.

azuredeploy.Parameters.json ファイルの説明azuredeploy.Parameters.json file explained

プロパティProperty 説明Description 有効なオプションValid Options Default valueDefault Value
_artifactsLocation 成果物 (json、スクリプトなど) への URLURL for artifacts (json, scripts, etc.) https://raw.githubusercontent.com/Microsoft/openshift-container-platform/masterhttps://raw.githubusercontent.com/Microsoft/openshift-container-platform/master
location リソースのデプロイ先となる Azure リージョンAzure region to deploy resources to
masterVmSize マスター VM のサイズ。Size of the Master VM. azuredeploy.json ファイルに一覧表示された許可されている VM サイズのいずれかから選択しますSelect from one of the allowed VM sizes listed in the azuredeploy.json file Standard_E2s_v3Standard_E2s_v3
infraVmSize インフラ VM のサイズ。Size of the Infra VM. azuredeploy.json ファイルに一覧表示された許可されている VM サイズのいずれかから選択しますSelect from one of the allowed VM sizes listed in the azuredeploy.json file Standard_D4s_v3Standard_D4s_v3
nodeVmSize アプリ ノード VM のサイズ。Size of the App Node VM. azuredeploy.json ファイルに一覧表示された許可されている VM サイズのいずれかから選択しますSelect from one of the allowed VM sizes listed in the azuredeploy.json file Standard_D4s_v3Standard_D4s_v3
cnsVmSize コンテナー ネイティブ ストレージ (CNS) ノード VM のサイズ。Size of the Container Native Storage (CNS) Node VM. azuredeploy.json ファイルに一覧表示された許可されている VM サイズのいずれかから選択しますSelect from one of the allowed VM sizes listed in the azuredeploy.json file Standard_E4s_v3Standard_E4s_v3
osImageType 使用する RHEL イメージ。The RHEL image to use. defaultgallery:オンデマンド、marketplace: サード パーティのイメージdefaultgallery: On-Demand; marketplace: third-party image defaultgallerydefaultgallery
マーケットプレースmarketplace
defaultgallerydefaultgallery
marketplaceOsImage osImageType が marketplace の場合、マーケットプレース オファーの 'publisher'、'offer'、'sku'、'version' に適切な値を入力します。If osImageType is marketplace, then enter the appropriate values for 'publisher', 'offer', 'sku', 'version' of the marketplace offer. このパラメーターは、オブジェクトの種類ですThis parameter is an object type
storageKind 使用されるストレージの種類The type of storage to be used キー管理managed
unmanagedunmanaged
キー管理managed
openshiftClusterPrefix すべてのノードに対してホスト名を構成するために使用されるクラスター プレフィックス。Cluster Prefix used to configure hostnames for all nodes. 1 から 20 文字までBetween 1 and 20 characters myclustermycluster
minoVersion デプロイする OpenShift Container Platform 3.11 のマイナー バージョンThe minor version of OpenShift Container Platform 3.11 to deploy 6969
masterInstanceCount デプロイするマスター ノードの数Number of Masters nodes to deploy 1、3、51, 3, 5 33
infraInstanceCount デプロイするインフラ ノードの数Number of infra nodes to deploy 1, 2, 31, 2, 3 33
nodeInstanceCount デプロイするノードの数Number of Nodes to deploy 1、2、3、4、5、6、7、8、9、10、11、12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、25、26、27、28、29、301, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 16, 17, 18, 19, 20, 21, 22, 23, 24, 25, 26, 27, 28, 29, 30 22
cnsInstanceCount デプロイする CNS ノードの数Number of CNS nodes to deploy 3、43, 4 33
osDiskSize VM 用の OS ディスクのサイズ (GB 単位)Size of OS disk for the VM (in GB) 64、128、256、512、1024、204864, 128, 256, 512, 1024, 2048 6464
dataDiskSize Docker ボリューム用のノードにアタッチするデータ ディスクのサイズ (GB 単位)Size of data disk to attach to nodes for Docker volume (in GB) 32、64、128、256、512、1024、204832, 64, 128, 256, 512, 1024, 2048 6464
cnsGlusterDiskSize glusterfs によって使用する CNS ノードにアタッチするデータ ディスクのサイズ (GB 単位)Size of data disk to attach to CNS nodes for use by glusterfs (in GB 32、64、128、256、512、1024、204832, 64, 128, 256, 512, 1024, 2048 128128
adminUsername OS (VM) ログインと初期の OpenShift ユーザーの両方に対する管理者ユーザー名Admin username for both OS (VM) login and initial OpenShift user ocpadminocpadmin
enableMetrics メトリックを有効にします。Enable Metrics. メトリックではより多くのリソースが必要になるため、インフラ VM に適したサイズを選択しますMetrics require more resources so select proper size for Infra VM truetrue
falsefalse
falsefalse
enableLogging ログ記録を有効にします。Enable Logging. elasticsearch ポッドでは 8 GB の RAM が必要になるため、インフラ VM 用に適切なサイズを選択しますelasticsearch pod requires 8 GB RAM so select proper size for Infra VM truetrue
falsefalse
falsefalse
enableCNS コンテナー ネイティブ ストレージを有効にしますEnable Container Native Storage truetrue
falsefalse
falsefalse
rhsmUsernameOrOrgId Red Hat Subscription Manager のユーザー名または組織 IDRed Hat Subscription Manager Username or Organization ID
rhsmPoolId コンピューティング ノードに対する OpenShift 権利が含まれている Red Hat Subscription Manager のプール IDThe Red Hat Subscription Manager Pool ID that contains your OpenShift entitlements for compute nodes
rhsmBrokerPoolId マスター ノードおよびインフラ ノードの OpenShift 権利が含まれている Red Hat Subscription Manager のプール ID。The Red Hat Subscription Manager Pool ID that contains your OpenShift entitlements for masters and infra nodes. 別のプール ID を持っていない場合は、'rhsmPoolId' と同じプール ID を入力しますIf you don't have different pool IDs, enter same pool ID as 'rhsmPoolId'
sshPublicKey SSH 公開キーをここにコピーCopy your SSH Public Key here
keyVaultSubscriptionId キー コンテナーを含むサブスクリプションのサブスクリプション IDThe Subscription ID of the subscription that contains the Key Vault
keyVaultResourceGroup キー コンテナーを含むリソース グループの名前The name of the Resource Group that contains the Key Vault
keyVaultName 作成したキー コンテナーの名前The name of the Key Vault you created
enableAzure Azure Cloud Provider を有効にしますEnable Azure Cloud Provider truetrue
falsefalse
truetrue
aadClientId Azure Active Directory のクライアント ID。サービス プリンシパル用のアプリケーション ID とも呼ばれますAzure Active Directory Client ID also known as Application ID for Service Principal
domainName 使用するカスタム ドメインの名前 (該当する場合)。Name of the custom domain name to use (if applicable). 完全なプライベート クラスターをデプロイしない場合は、"none" に設定しますSet to "none" if not deploying fully private cluster なしnone
masterClusterDnsType OpenShift Web コンソールのドメインの種類。Domain type for OpenShift web console. 'default' では、マスター インフラ パブリック IP の DNS ラベルが使用されます。'default' will use DNS label of master infra public IP. 'custom' を使用して独自の名前を定義できます'custom' allows you to define your own name defaultdefault
customcustom
defaultdefault
masterClusterDns masterClusterDnsType に 'custom' を選択した場合に、OpenShift Web コンソールへのアクセスに使用するカスタム DNS 名The custom DNS name to use to access the OpenShift web console if you selected 'custom' for masterClusterDnsType console.contoso.comconsole.contoso.com
routingSubDomainType 'nipio' に設定した場合、routingSubDomain では nip.io が使用されます。If set to 'nipio', routingSubDomain will use nip.io. ルーティングに使用する独自のドメインがある場合は、'custom' を使用しますUse 'custom' if you have your own domain that you want to use for routing nipionipio
customcustom
nipionipio
routingSubDomain routingSubDomainType に 'custom' を選択した場合に、ルーティングに使用するワイルドカード DNS 名The wildcard DNS name you want to use for routing if you selected 'custom' for routingSubDomainType apps.contoso.comapps.contoso.com
virtualNetworkNewOrExisting 既存の Virtual Network を使用するか、新しい Virtual Network を作成するかを選択しますSelect whether to use an existing Virtual Network or create a new Virtual Network existingexisting
newnew
newnew
virtualNetworkResourceGroupName virtualNetworkNewOrExisting に 'new' を選択した場合、新しい Virtual Network 用のリソース グループの名前Name of the Resource Group for the new Virtual Network if you selected 'new' for virtualNetworkNewOrExisting resourceGroup().nameresourceGroup().name
virtualNetworkName virtualNetworkNewOrExisting に 'new' を選択した場合、作成する新しい Virtual Network の名前The name of the new Virtual Network to create if you selected 'new' for virtualNetworkNewOrExisting openshiftvnetopenshiftvnet
addressPrefixes 新しい仮想ネットワークのアドレス プレフィックスAddress prefix of the new virtual network 10.0.0.0/1410.0.0.0/14
masterSubnetName マスター サブネットの名前The name of the master subnet mastersubnetmastersubnet
masterSubnetPrefix マスター サブネットに使用される CIDR - addressPrefix のサブセットにする必要がありますCIDR used for the master subnet - needs to be a subset of the addressPrefix 10.1.0.0/1610.1.0.0/16
infraSubnetName インフラ サブネットの名前The name of the infra subnet infrasubnetinfrasubnet
infraSubnetPrefix インフラ サブネットに使用される CIDR - addressPrefix のサブセットにする必要がありますCIDR used for the infra subnet - needs to be a subset of the addressPrefix 10.2.0.0/1610.2.0.0/16
nodeSubnetName ノード サブネットの名前The name of the node subnet nodesubnetnodesubnet
nodeSubnetPrefix ノード サブネットに使用される CIDR - addressPrefix のサブセットにする必要がありますCIDR used for the node subnet - needs to be a subset of the addressPrefix 10.3.0.0/1610.3.0.0/16
existingMasterSubnetReference マスター ノードに対する既存のサブネットの完全参照。Full reference to existing subnet for master nodes. 新しい vNet / サブネットを作成する場合には、必要なしNot needed if creating new vNet / Subnet
existingInfraSubnetReference インフラ ノードに対する既存のサブネットの完全参照。Full reference to existing subnet for infra nodes. 新しい vNet / サブネットを作成する場合には、必要なしNot needed if creating new vNet / Subnet
existingCnsSubnetReference CNS ノードに対する既存のサブネットの完全参照。Full reference to existing subnet for CNS nodes. 新しい vNet / サブネットを作成する場合には、必要なしNot needed if creating new vNet / Subnet
existingNodeSubnetReference コンピューティング ノードに対する既存のサブネットの完全参照。Full reference to existing subnet for compute nodes. 新しい vNet / サブネットを作成する場合には、必要なしNot needed if creating new vNet / Subnet
masterClusterType クラスターがプライベートまたはパブリックのどちらのマスター ノードを使用するかを指定します。Specify whether the cluster uses private or public master nodes. プライベートを選択した場合、マスター ノードがパブリック IP 経由でインターネットに公開されることはありません。If private is chosen, the master nodes won't be exposed to the Internet via a public IP. 代わりに、masterPrivateClusterIp に指定されたプライベート IP を使用しますInstead, it will use the private IP specified in the masterPrivateClusterIp publicpublic
プライベートprivate
publicpublic
masterPrivateClusterIp プライベート マスター ノードが選択された場合、内部ロード バランサーによってマスター ノードに対して使用されるプライベート IP アドレスを指定する必要があります。If private master nodes are selected, then a private IP address must be specified for use by the internal load balancer for master nodes. この静的 IP はマスター サブネット用の CIDR ブロック内にあり、既に使用されていないことが要件となります。This static IP must be within the CIDR block for the master subnet and not already in use. パブリック マスター ノードが選択された場合、この値は使用されないが、やはり指定しておく必要がありますIf public master nodes are selected, this value won't be used but must still be specified 10.1.0.20010.1.0.200
routerClusterType クラスターがプライベートまたはパブリックのどちらのインフラ ノードを使用するかを指定します。Specify whether the cluster uses private or public infra nodes. プライベートが選択された場合、インフラ ノードがパブリック IP 経由でインターネットに公開されることはありません。If private is chosen, the infra nodes won't be exposed to the Internet via a public IP. 代わりに、routerPrivateClusterIp に指定されたプライベート IP を使用しますInstead, it will use the private IP specified in the routerPrivateClusterIp publicpublic
プライベートprivate
publicpublic
routerPrivateClusterIp プライベート インフラ ノードが選択された場合、内部ロード バランサーによってインフラ ノードに対して使用されるプライベート IP アドレスを指定する必要があります。If private infra nodes are selected, then a private IP address must be specified for use by the internal load balancer for infra nodes. この静的 IP はインフラ サブネット用の CIDR ブロック内にあり、既に使用されていないことが要件となります。This static IP must be within the CIDR block for the infra subnet and not already in use. パブリック インフラ ノードが選択された場合、この値は使用されないが、やはり指定しておく必要がありますIf public infra nodes are selected, this value won't be used but must still be specified 10.2.0.20010.2.0.200
routingCertType ルーティング ドメイン用のカスタム証明書または既定の自己署名証明書を使用 - 「カスタム証明書」セクションの手順に従いますUse custom certificate for routing domain or the default self-signed certificate - follow instructions in Custom Certificates section selfsignedselfsigned
customcustom
selfsignedselfsigned
masterCertType マスター ドメイン用のカスタム証明書または既定の自己署名証明書を使用 - 「カスタム証明書」セクションの手順に従いますUse custom certificate for master domain or the default self-signed certificate - follow instructions in Custom Certificates section selfsignedselfsigned
customcustom
selfsignedselfsigned

Azure CLI を使用したデプロイDeploy using Azure CLI

注意

次のコマンドには、Azure CLI 2.0.8 以降が必要です。The following command requires Azure CLI 2.0.8 or later. CLI のバージョンは、az --version コマンドを使用して確認できます。You can verify the CLI version with the az --version command. CLI のバージョンを更新するには、「Azure CLI のインストール」を参照してください。To update the CLI version, see Install Azure CLI.

次の例では、OpenShift クラスターとすべての関連リソースを openshiftrg という名前のリソース グループに myOpenShiftCluster のデプロイ名でデプロイします。The following example deploys the OpenShift cluster and all related resources into a resource group named openshiftrg, with a deployment name of myOpenShiftCluster. このテンプレートは GitHub リポジトリから直接参照され、azuredeploy.parameters.json ファイルという名前のローカル パラメーター ファイルが使用されます。The template is referenced directly from the GitHub repo, and a local parameters file named azuredeploy.parameters.json file is used.

az group deployment create -g openshiftrg --name myOpenShiftCluster \
      --template-uri https://raw.githubusercontent.com/Microsoft/openshift-container-platform/master/azuredeploy.json \
      --parameters @./azuredeploy.parameters.json

デプロイされるノードの総数と構成されたオプションに基づいて、デプロイが完了するには少なくとも 60 分かかります。The deployment takes at least 60 minutes to complete, based on the total number of nodes deployed and options configured. デプロイが完了すると、Bastion DNS FQDN と OpenShift コンソールの URL がターミナルに出力されます。The Bastion DNS FQDN and URL of the OpenShift console prints to the terminal when the deployment finishes.

{
  "Bastion DNS FQDN": "bastiondns4hawllzaavu6g.eastus.cloudapp.azure.com",
  "OpenShift Console URL": "http://openshiftlb.eastus.cloudapp.azure.com/console"
}

デプロイの完了を待ちながらコマンド ラインを関連付けたくない場合は、グループのデプロイのオプションの 1 つとして --no-wait を追加します。If you don't want to tie up the command line waiting for the deployment to complete, add --no-wait as one of the options for the group deployment. デプロイからの出力は、リソース グループのデプロイ セクションで、Azure portal から取得できます。The output from the deployment can be retrieved from the Azure portal in the deployment section for the resource group.

OpenShift クラスターへの接続Connect to the OpenShift cluster

デプロイが完了したら、デプロイの出力セクションから接続を取得します。When the deployment finishes, retrieve the connection from the output section of the deployment. OpenShift コンソール URL を使用して、ブラウザーから OpenShift コンソールに接続します。Connect to the OpenShift console with your browser by using the OpenShift Console URL. 踏み台ホストに SSH 接続することもできます。You can also SSH to the Bastion host. 管理者のユーザー名は clusteradmin で、踏み台のパブリック IP DNS FQDN は bastiondns4hawllzaavu6g.eastus.cloudapp.azure.com である例を次に示します。Following is an example where the admin username is clusteradmin and the bastion public IP DNS FQDN is bastiondns4hawllzaavu6g.eastus.cloudapp.azure.com:

$ ssh clusteradmin@bastiondns4hawllzaavu6g.eastus.cloudapp.azure.com

リソースをクリーンアップするClean up resources

リソース グループ、OpenShift クラスター、およびすべての関連リソースが不要になったら、az group delete コマンドを使用して削除できます。Use the az group delete command to remove the resource group, OpenShift cluster, and all related resources when they're no longer needed.

az group delete --name openshiftrg

次のステップNext steps