クイック スタート:Azure portal で Linux 仮想マシンを作成するQuickstart: Create a Linux virtual machine in the Azure portal

Azure 仮想マシン (VM) は、Azure portal で作成できます。Azure virtual machines (VMs) can be created through the Azure portal. Azure portal では、ブラウザー ベースのユーザー インターフェイスを使用して、VM とその関連リソースを作成できます。The Azure portal is a browser-based user interface to create VMs and their associated resources. このクイック スタートでは、Azure portal を使用して、Ubuntu 16.04 LTS を実行する Linux 仮想マシン (VM) をデプロイする方法を示します。This quickstart shows you how to use the Azure portal to deploy a Linux virtual machine (VM) running Ubuntu 16.04 LTS. また、VM の動作を確認するために、VM に SSH 接続し、NGINX Web サーバーをインストールします。To see your VM in action, you also SSH to the VM and install the NGINX web server.

Azure サブスクリプションをお持ちでない場合は、開始する前に 無料アカウント を作成してください。If you don't have an Azure subscription, create a free account before you begin.

SSH キー ペアの作成Create SSH key pair

このクイック スタートを完了するには、SSH キー ペアが必要です。You need an SSH key pair to complete this quickstart. 既存の SSH キーの組がある場合は、この手順をスキップできます。If you already have an SSH key pair, you can skip this step.

Bash シェルを開き、ssh-keygen を使用して SSH キー ペアを作成します。Open a bash shell and use ssh-keygen to create an SSH key pair. Bash シェルがローカル コンピューターにない場合は、Azure Cloud Shell を使用してください。If you don't have a bash shell on your local computer, you can use the Azure Cloud Shell.

ssh-keygen -t rsa -b 2048

上のコマンドは、公開キーと秘密キーを既定の名前 (id_rsa) で ~/.ssh directory に生成します。The above command generates public and private keys with the default name of id_rsa in the ~/.ssh directory. このコマンドからは、公開キーの完全パスが返されます。The command returns the full path to the public key. cat に公開キーのパスを指定すれば、その内容が表示されます。Use the path to the public key to display its contents with cat.

cat ~/.ssh/id_rsa.pub

このコマンドの出力結果を保存します。Save the output of this command. VM にログインするための管理者アカウントを構成する際に必要となります。You will need it when configuring your administrator account to log in to your VM.

PuTTy の使用を含む SSH キー ペアの作成方法の詳細については、Windows で SSH キーを使用する方法に関するページを参照してください。For more detailed information on how to create SSH key pairs, including the use of PuTTy, see How to use SSH keys with Windows.

Cloud Shell を使用して SSH キーの組を作成した場合、Cloud Shell により自動的にマウントされる Azure ファイル共有にキー ペアが格納されます。If you create your SSH key pair using the Cloud Shell, it will be stored in an Azure File Share that is automatically mounted by the Cloud Shell. キーを取得するまでは、このファイル共有またはストレージ アカウントを削除しないでください。削除すると、VM にアクセスできなくなります。Don't delete this file share or storage account until after you have retrieved your keys or you will lose access to the VM.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure Portal にサインインします。Sign in to the Azure portal.

仮想マシンの作成Create virtual machine

  1. Azure portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Choose Create a resource in the upper left corner of the Azure portal.

  2. Azure Marketplace リソースの一覧の上にある検索ボックスで Canonical の Ubuntu Server 16.04 LTS を検索して選択し、 [作成] を選択します。In the search box above the list of Azure Marketplace resources, search for and select Ubuntu Server 16.04 LTS by Canonical, then choose Create.

  3. [基本] タブの [Project details] (プロジェクトの詳細) で、正しいサブスクリプションが選択されていることを確認し、 [リソース グループ][新規作成] を選択します。In the Basics tab, under Project details, make sure the correct subscription is selected and then choose to Create new under Resource group. ポップアップで、リソース グループの名前として「myResourceGroup」と入力し、 [OK] を選択します。In the pop-up, type myResourceGroup for the name of the resource group and then choose OK.

    VM の新しいリソース グループを作成する

  4. [Instance details] (インスタンスの詳細) で、 [仮想マシン名] として「myVM」と入力し、 [リージョン] として [米国東部] を選択します。Under Instance details, type myVM for the Virtual machine name and choose East US for your Region. 他の既定値はそのままにします。Leave the other defaults.

    [Instance details] (インスタンスの詳細) セクション

  5. [Administrator account] (管理者アカウント) で、 [SSH Public Key] (SSH 公開キー) を選択し、ユーザー名を入力して公開キーをテキスト ボックスに貼り付けます。Under Administrator account, select SSH public key, type your user name, then paste your public key into the text box. 公開キーの先頭または末尾の空白はすべて削除します。Remove any leading or trailing white space in your public key.

    [Administrator account] (管理者アカウント)

  6. [受信ポートの規則] > [Public inbound ports] (パブリック受信ポート) で、 [Allow selected ports] (選択されたポートを許可する) を選択してから、ドロップダウンから [SSH (22)][HTTP (80)] を選択します。Under Inbound port rules > Public inbound ports, choose Allow selected ports and then select SSH (22) and HTTP (80) from the drop-down.

    RDP と HTTP のポートを開く

  7. 残りの既定値はそのままにして、ページの一番下にある [Review + create] (確認および作成) ボタンを選択します。Leave the remaining defaults and then select the Review + create button at the bottom of the page.

  8. [仮想マシンの作成] ページで、これから作成しようとしている VM の詳細を確認できます。On the Create a virtual machine page, you can see the details about the VM you are about to create. 準備ができたら [作成] を選択します。When you are ready, select Create.

VM がデプロイされるまでに数分かかります。It will take a few minutes for your VM to be deployed. デプロイが完了したら、次のセクションに移動してください。When the deployment is finished, move on to the next section.

仮想マシンへの接続Connect to virtual machine

VM との SSH 接続を作成します。Create an SSH connection with the VM.

  1. VM の概要ページの [接続] ボタンを選択します。Select the Connect button on the overview page for your VM.

    ポータル 9

  2. [Connect to virtual machine](仮想マシンへの接続) ページで、ポート 22 を介して IP アドレスで接続する既定のオプションをそのまま使用します。In the Connect to virtual machine page, keep the default options to connect by IP address over port 22. [VM ローカル アカウントを使用してログインする] に、接続コマンドが表示されます。In Login using VM local account a connection command is shown. ボタンをクリックしてこのコマンドをコピーします。Click the button to copy the command. SSH 接続コマンドの例を次に示します。The following example shows what the SSH connection command looks like:

    ssh azureuser@10.111.12.123
    
  3. SSH キーの組を作成したときと同じ Bash シェル (Azure Cloud Shell またはローカルの Bash シェルなど) を使用して、SSH 接続コマンドをシェルに貼り付け、SSH セッションを作成します。Using the same bash shell you used to create your SSH key pair (like the Azure Cloud Shell or your local bash shell) paste the SSH connection command into the shell to create an SSH session.

Web サーバーのインストールInstall web server

VM の動作を確認するために、NGINX Web サーバーをインストールします。To see your VM in action, install the NGINX web server. SSH セッションからパッケージ ソースを更新し、最新の NGINX パッケージをインストールします。From your SSH session, update your package sources and then install the latest NGINX package.

sudo apt-get -y update
sudo apt-get -y install nginx

完了したら、exit と入力して SSH セッションを終了します。When done, type exit to leave the SSH session.

動作中の Web サーバーを表示するView the web server in action

任意の Web ブラウザーを使用して、NGINX の既定のウェルカム ページを表示します。Use a web browser of your choice to view the default NGINX welcome page. Web アドレスとして、VM のパブリック IP アドレスを入力します。Enter the public IP address of the VM as the web address. パブリック IP アドレスは、VM の概要ページで確認できるほか、先ほど使用した SSH 接続文字列にも含まれています。The public IP address can be found on the VM overview page or as part of the SSH connection string you used earlier.

NGINX の既定のサイト

リソースのクリーンアップClean up resources

必要がなくなったら、リソース グループ、仮想マシン、およびすべての関連リソースを削除できます。When no longer needed, you can delete the resource group, virtual machine, and all related resources. これを行うには、仮想マシンのリソース グループを選択し、 [削除] を選択して、削除するリソース グループの名前を確認します。To do so, select the resource group for the virtual machine, select Delete, then confirm the name of the resource group to delete.

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、単純な仮想マシンをデプロイし、ネットワーク セキュリティ グループと規則を作成し、基本的な Web サーバーをインストールしました。In this quickstart, you deployed a simple virtual machine, created a Network Security Group and rule, and installed a basic web server. Azure 仮想マシンの詳細については、Linux VM のチュートリアルを参照してください。To learn more about Azure virtual machines, continue to the tutorial for Linux VMs.