Azure の Linux 仮想マシンのサイズ

この記事では、Linux アプリとワークロードの実行に使用できる Azure 仮想マシンに利用可能なサイズとオプションについて説明します。 また、これらのリソースの使用を計画するときに注意する必要のあるデプロイの考慮事項も示します。 この記事は、 Windows 仮想マシンにも利用できます。

重要


サイズ Description
汎用 DSv2、Dv2、DS、D、Av2、A0 ~ 7 バランスのとれた CPU 対メモリ比。 テストと開発、小~中規模のデータベース、および低~中程度のトラフィックの Web サーバーに最適です。
コンピューティングの最適化 Fs、F 高い CPU 対メモリ比。 トラフィックが中程度の Web サーバー、ネットワーク アプライアンス、バッチ処理、アプリケーション サーバーに適しています。
メモリの最適化 GS、G、DSv2、DS、Dv2、D 高いメモリ対コア比。 リレーショナル データベース サーバー、中~大規模のキャッシュ、およびメモリ内分析に適しています。
ストレージの最適化 Ls 高いディスク スループットと IO。 ビッグ データ、SQL、および NoSQL のデータベースに最適です。
GPU NV、NC 負荷の高いグラフィックスのレンダリングやビデオ編集に特化した仮想マシン。 1 つまたは複数の GPU で利用できます。
ハイ パフォーマンス コンピューティング H、A8 ~ 11 高スループットのネットワーク インターフェイス (RDMA) のオプションを備えた、最も高速かつ強力な CPU 仮想マシン。


Azure コンピューティング ユニット (ACU) を確認することで、Azure SKU 全体の処理性能を比較できます。

利用可能な VM のサイズの種類について詳しく説明します。