Azure Windows 仮想マシンのライセンス認証に関する問題のトラブルシューティングTroubleshoot Azure Windows virtual machine activation problems

カスタム イメージから作成された Azure Windows 仮想マシン (VM) をライセンス認証するときに問題が発生する場合は、問題のトラブルシューティングを行うために、このドキュメントに記載されている情報を使用できます。If you have trouble when activating Azure Windows virtual machine (VM) that is created from a custom image, you can use the information provided in this document to troubleshoot the issue.

Azure Virtual Machines の Windows 製品ライセンス認証の Azure KMS エンドポイントについてUnderstanding Azure KMS endpoints for Windows product activation of Azure Virtual Machines

Azure では、KMS (キー管理サービス) ライセンス認証に対して、VM が存在するクラウド リージョンに応じたエンドポイントが使用されます。Azure uses different endpoints for KMS (Key Management Services) activation depending on the cloud region where the VM resides. このトラブルシューティング ガイドを使用する際は、ご利用のリージョンに適用される適切な KMS エンドポイントを使用してください。When using this troubleshooting guide, use the appropriate KMS endpoint that applies to your region.

  • Azure パブリック クラウド リージョン: kms.core.windows.net:1688Azure public cloud regions: kms.core.windows.net:1688
  • Azure China 21Vianet 国内クラウド リージョン: kms.core.chinacloudapi.cn:1688Azure China 21Vianet national cloud regions: kms.core.chinacloudapi.cn:1688
  • Azure Germany 国内クラウド リージョン: kms.core.cloudapi.de:1688Azure Germany national cloud regions: kms.core.cloudapi.de:1688
  • Azure US Gov 国内クラウド リージョン: kms.core.usgovcloudapi.net:1688Azure US Gov national cloud regions: kms.core.usgovcloudapi.net:1688

症状Symptom

Azure Windows VM をライセンス認証しようとすると、次の例のようなエラー メッセージが表示されます。When you try to activate an Azure Windows VM, you receive an error message resembles the following sample:

エラー:0xC004F074 ソフトウェア ライセンス サービスにより、コンピューターのライセンス認証ができなかったことが報告されました。キー管理サービス (KMS) に接続できませんでした。詳細については、アプリケーション イベント ログを参照してください。Error: 0xC004F074 The Software LicensingService reported that the computer could not be activated. No Key ManagementService (KMS) could be contacted. Please see the Application Event Log for additional information.

原因Cause

一般に、Azure VM のライセンス認証の問題は、Windows VM が適切な KMS クライアント セットアップ キーを使用して構成されていないか、Windows VM に Azure KMS サービス (kms.core.windows.net、ポート 1688) に対する接続の問題がある場合に発生します。Generally, Azure VM activation issues occur if the Windows VM is not configured by using the appropriate KMS client setup key, or the Windows VM has a connectivity problem to the Azure KMS service (kms.core.windows.net, port 1688).

解決策Solution

注意

サイト間 VPN と強制トンネリングを使用している場合は、「Use Azure custom routes to enable KMS activation with forced tunneling (強制トンネリングで KMS ライセンス認証を有効にするために Azure カスタム ルートを使用する)」を参照してください。If you are using a site-to-site VPN and forced tunneling, see Use Azure custom routes to enable KMS activation with forced tunneling.

ExpressRoute を使用していて、既定のルートが公開されている場合は、「ExpressRoute 回路に接続された仮想ネットワークへのインターネット接続をブロックできますか?」を参照してください。If you are using ExpressRoute and you have a default route published, see Can I block Internet connectivity to virtual networks connected to ExpressRoute circuits?.

手順 1: 適切な KMS クライアント セットアップ キーを構成するStep 1 Configure the appropriate KMS client setup key

カスタム イメージから作成された VM の場合、適切な KMS クライアント セットアップ キーを構成する必要があります。For the VM that is created from a custom image, you must configure the appropriate KMS client setup key for the VM.

  1. 管理者特権でのコマンド プロンプトで、slmgr.vbs /dlv を実行します。Run slmgr.vbs /dlv at an elevated command prompt. 出力の Description 値を確認して、リテール (RETAIL チャネル) ライセンス メディアから作成されたのか、ボリューム (VOLUME_KMSCLIENT) ライセンス メディアから作成されたのかを判断します。Check the Description value in the output, and then determine whether it was created from retail (RETAIL channel) or volume (VOLUME_KMSCLIENT) license media:

    cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /dlv
    
  2. slmgr.vbs /dlv で RETAIL チャネルが表示される場合は、次のコマンドを実行して、使用しているバージョンの Windows Server の KMS クライアント セットアップ キーを設定し、強制的にライセンス認証を再試行します。If slmgr.vbs /dlv shows RETAIL channel, run the following commands to set the KMS client setup key for the version of Windows Server being used, and force it to retry activation:

    cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /ipk <KMS client setup key>
    
    cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /ato
    

    たとえば、Windows Server 2016 Datacenter の場合は、次のコマンドを実行します。For example, for Windows Server 2016 Datacenter, you would run the following command:

    cscript c:\windows\system32\slmgr.vbs /ipk CB7KF-BWN84-R7R2Y-793K2-8XDDG
    

手順 2: VM と Azure KMS サービスの間の接続を確認するStep 2 Verify the connectivity between the VM and Azure KMS service

  1. ライセンス認証できない VM のローカル フォルダーに PSping ツールをダウンロードし、展開します。Download and extract the PSping tool to a local folder in the VM that does not activate.

  2. [スタート] で [Windows PowerShell] を検索し、それを右クリックして [管理者として実行] を選択します。Go to Start, search on Windows PowerShell, right-click Windows PowerShell, and then select Run as administrator.

  3. 正しい Azure KMS サーバーを使用するように VM が構成されていることを確認します。Make sure that the VM is configured to use the correct Azure KMS server. そのためには、次のコマンドを実行します。To do this, run the following command:

    Invoke-Expression "$env:windir\system32\cscript.exe $env:windir\system32\slmgr.vbs /skms kms.core.windows.net:1688"
    

    コマンドにより次のメッセージが返されるはずです:"キー管理サービスのマシン名は kms.core.windows.net:1688 に正常に設定されました"。The command should return: Key Management Service machine name set to kms.core.windows.net:1688 successfully.

  4. Psping を使用して、KMS サーバーへの接続があることを確認します。Verify by using Psping that you have connectivity to the KMS server. ダウンロードした Pstools.zip を展開したフォルダーに移動し、次のコマンドを実行します。Switch to the folder where you extracted the Pstools.zip download, and then run the following:

    .\psping.exe kms.core.windows.net:1688
    

    出力の最後から 2 番目の行が次のようになっていることを確認します:Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss)。In the second-to-last line of the output, make sure that you see: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss).

    Lost が 0 (ゼロ) より大きい場合、VM には KMS サーバーへの接続がありません。If Lost is greater than 0 (zero), the VM does not have connectivity to the KMS server. この状況で、VM が仮想ネットワーク内にあり、その VM にカスタム DNS サーバーが指定されている場合は、その DNS サーバーが kms.core.windows.net を解決できることを確認する必要があります。In this situation, if the VM is in a virtual network and has a custom DNS server specified, you must make sure that DNS server is able to resolve kms.core.windows.net. または、DNS サーバーを、kms.core.windows.net を解決できるサーバーに変更します。Or, change the DNS server to one that does resolve kms.core.windows.net.

    仮想ネットワークから DNS サーバーをすべて削除すると、VM で Azure の内部の DNS サービスが使用されることにご注意ください。Notice that if you remove all DNS servers from a virtual network, VMs use Azure's internal DNS service. このサービスは、kms.core.windows.net を解決できます。This service can resolve kms.core.windows.net.

    また、1688 ポートを持つ KMS エンドポイントへの送信ネットワーク トラフィックは、VM 内のファイアウォールによってブロックされません。Also make sure that the outbound network traffic to KMS endpoint with 1688 port is not blocked by the firewall in the VM.

  5. [Network Watcher - 次ホップ] を使用して、対象の VM から、宛先 IP 23.102.135.246 (kms.core.windows.net) またはリージョンに適用される適切な KMS エンドポイントの IP アドレスへの、次ホップの種類がインターネットであることを確認します。Verify using Network Watcher Next Hop that the next hop type from the VM in question to the destination IP 23.102.135.246 (for kms.core.windows.net) or the IP of the appropriate KMS endpoint that applies to your region is Internet. 結果が VirtualAppliance または VirtualNetworkGateway の場合、既定のルートが存在する可能性があります。If the result is VirtualAppliance or VirtualNetworkGateway, it is likely that a default route exists. ネットワーク管理者に連絡し、協力して適切な措置を決定してください。Contact your network administrator and work with them to determine the correct course of action. このソリューションが組織のポリシーと一致している場合は、カスタム ルートである可能性があります。This may be a custom route if that solution is consistent with your organization's policies.

  6. kms.core.windows.net への接続が成功したことを確認した後、管理者特権の Windows PowerShell プロンプトで次のコマンドを実行します。After you verify successful connectivity to kms.core.windows.net, run the following command at that elevated Windows PowerShell prompt. このコマンドは、ライセンス認証を複数回試行します。This command tries activation multiple times.

    1..12 | ForEach-Object { Invoke-Expression "$env:windir\system32\cscript.exe $env:windir\system32\slmgr.vbs /ato" ; start-sleep 5 }
    

    ライセンス認証が成功すると、次のような情報が返されます。A successful activation returns information that resembles the following:

    Windows(R), ServerDatacenter Edition (12345678-1234-1234-1234-12345678) のライセンス認証を行っています … 製品は正常にライセンス認証されました。Activating Windows(R), ServerDatacenter edition (12345678-1234-1234-1234-12345678) … Product activated successfully.

よく寄せられる質問FAQ

Azure Marketplace から Windows Server 2016 を作成しました。I created the Windows Server 2016 from Azure Marketplace. Windows Server 2016 をライセンス認証するために KMS キーを構成する必要はありますか?Do I need to configure KMS key for activating the Windows Server 2016?

いいえ。No. Azure Marketplace のイメージでは、適切な KMS クライアント セットアップ キーが既に構成されています。The image in Azure Marketplace has the appropriate KMS client setup key already configured.

Windows ライセンス認証は、VM が Azure Hybrid Use Benefit (HUB) を使用しているかどうかにかかわらず、同じように動作しますか?Does Windows activation work the same way regardless if the VM is using Azure Hybrid Use Benefit (HUB) or not?

はい。Yes.

Windows ライセンス認証が期限切れになるとどうなりますか?What happens if Windows activation period expires?

猶予期間が終了し、Windows がまだライセンス認証されていない場合、Windows Server 2008 R2 以降のバージョンの Windows OS では、ライセンス認証に関する追加の通知が表示されます。When the grace period has expired and Windows is still not activated, Windows Server 2008 R2 and later versions of Windows will show additional notifications about activating. デスクトップの壁紙は黒のままで、Windows Update はセキュリティ更新プログラムと重要な更新プログラムだけをインストールし、オプションの更新プログラムはインストールしません。The desktop wallpaper remains black, and Windows Update will install security and critical updates only, but not optional updates. ライセンスの条件に関するページの下部の「Notifications (通知)」のセクションを参照してください。See the Notifications section at the bottom of the Licensing Conditions page.

お困りの際は、Need help? サポートにお問い合せください。Contact support.

お困りの際は、問題を迅速に解決するために、サポートにお問い合わせください。If you still need help, contact support to get your issue resolved quickly.