Azure 仮想マシンのサイズの名前付け規則

適用対象: ✔️ Linux VM ✔️ Windows VM ✔️ フレキシブル スケール セット ✔️ 均一スケール セット

このページでは、Azure VM に使用される名前付け規則の概要について説明します。 VM では、これらの名前付け規則を使用して、さまざまな機能と仕様が示されます。

名前付け規則の説明

[ファミリ] + [サブファミリ]* + [vCPU の数] + [制約付き vCPU]* + [追加機能] + [アクセラレータの種類]* + [バージョン]

説明
ファミリ VM ファミリのシリーズを示します
\* サブファミリ 特殊化された VM を区別するためにのみ使用されます
vCPU の数 VM の vCPU の数を示します
*制約付き vCPU 特定の VM サイズにのみ使用されます。 制約付き vCPU 対応のサイズに対する vCPU の数を示します
追加機能 1 つ以上の小文字により、次のような追加機能が示されます。
a = AMD ベースのプロセッサ
b = ブロック ストレージのパフォーマンス
d = ディスクフル (つまり、ローカル一時ディスクが存在します)。これは、新しい Azure VM 用です。「Ddv4 および Ddsv4 シリーズ」を参照してください
i = 分離サイズ
l = 低メモリ。メモリ集中型のサイズよりも少ないメモリ量
m = メモリ集中型。特定のサイズの最大メモリ容量
t = 最少メモリ。特定のサイズの最小メモリ容量
s = Premium Storage 対応。Ultra SSD を使用できる可能性が含まれます (注: M128、M64 などの一部の新しいサイズでは、s 属性がなくても、Premium Storage がサポートされます)
\* アクセラレータの種類 特殊化された SKU および GPU SKU でハードウェア アクセラレータの種類を示します。 名前にハードウェア アクセラレータが含まれるのは、2020 年第 3 四半期以降に公開された新しい特殊化された SKU および GPU SKU だけです。
Version VM ファミリ シリーズのバージョンを示します

具体的な例

[ファミリ] + [サブファミリ]* + [vCPU の数] + [追加機能] + [アクセラレータの種類]* + [バージョン]

例 1:M416ms_v2

説明
ファミリ M
vCPU の数 416
追加機能 m = メモリ集中型
s = Premium Storage 対応
Version v2

例 2:NV16as_v4

説明
ファミリ N
サブファミリ V
vCPU の数 16
追加機能 a = AMD ベースのプロセッサ
s = Premium Storage 対応
Version v4

例 3: NC4as_T4_v3

説明
ファミリ N
サブファミリ C
vCPU の数 4
追加機能 a = AMD ベースのプロセッサ
s = Premium Storage 対応
アクセラレータの種類 T4
Version v3

例 4: M8-2ms_v2 (制約付き vCPU)

説明
ファミリ M
vCPU の数 8
制約付きの (実際の) vCPU の数 2
追加機能 m = メモリ集中型
s = Premium Storage 対応
Version v2

次のステップ

Azure で使用可能な VM サイズの詳細について確認します。