Azure コンピューティング ユニット (ACU)

Azure SKU 間で計算 (CPU) パフォーマンスを比較する手段を提供するため、Azure Compute Unit (ACU) の概念が作成されています。 これは、パフォーマンス ニーズを満たす可能性が最も高い SKU を簡単に見つけるのに役立ちます。 現在、ACU は小さい (Standard_A1) VM を 100 として標準化されており、他のすべての SKU についてはその SKU が標準ベンチマークをそれよりどれくらい速く実行できるかが表されます。

重要

ACU はガイドラインに過ぎません。 ワークロードの結果は異なる場合があります。


SKU ファミリ ACU \ vCPU
A0 50
A1 ~ A4 100
A5 ~ A7 100
A1_v2 ~ A8_v2 100
A2m_v2 ~ A8m_v2 100
A8 ~ A11 225*
D1 ~ D14 160
D1_v2 ~ D15_v2 210 - 250*
DS1 ~ DS14 160
DS1_v2 ~ DS15_v2 210-250*
D_v3 160 ~ 190* **
Ds_v3 160 ~ 190* **
E_v3 160 ~ 190* **
Es_v3 160 ~ 190* **
F1 ~ F16 210-250*
F1s ~ F16s 210-250*
G1 ~ G5 180 ~ 240*
GS1 ~ GS5 180 ~ 240*
H 290 ~ 300*
L4s ~ L32s 180 ~ 240*
M 160-180**

* が付いている ACU は、Intel® Turbo テクノロジを使用して CPU 周波数を上げ、パフォーマンスを増強します。 増強量は、VM のサイズ、ワークロード、および同じホストで実行されている他のワークロードによって変化します。

** ハイパー スレッドです。

さまざまなサイズの詳細に関するリンクは次のとおりです。