Windows が実行されている Azure 仮想マシンに接続してサインオンする方法How to connect and sign on to an Azure virtual machine running Windows

Azure Portal の [接続] ボタンを使用して、Windows デスクトップからリモート デスクトップ (RDP) セッションを開始します。You'll use the Connect button in the Azure portal to start a Remote Desktop (RDP) session from a Windows desktop. まず、仮想マシンに接続して、サインオンします。First you connect to the virtual machine, and then you sign on.

Mac から Windows VM に接続するには、Microsoft リモート デスクトップなど、Mac 用の RDP クライアントをインストールする必要があります。To connect to a Windows VM from a Mac, you will need to install an RDP client for Mac such as Microsoft Remote Desktop.

仮想マシンへの接続Connect to the virtual machine

  1. まだサインインしていない場合は、 Azure ポータルにサインインします。If you haven't already done so, sign in to the Azure portal.

  2. 左側のメニューで [Virtual Machines] を選択します。On the left menu, select Virtual Machines.

  3. 一覧から仮想マシンを選択します。Select the virtual machine from the list.

  4. 仮想マシンのページの上部にある [接続] を選択します。On the top of the page for the virtual machine, select Connect.

  5. [仮想マシンへの接続] ページで、適切な IP アドレスとポートを選択します。On the Connect to virtual machine page, select the appropriate IP address and port. ほとんどの場合、既定の IP アドレスとポートを使用する必要があります。In most cases, the default IP address and port should be used. [RDP ファイルのダウンロード] を選択します。Select Download RDP file. VM に Just-In-Time ポリシーが設定されている場合は、RDP ファイルをダウンロードする前に、まず [Request access] (アクセス権の要求) ボタンをクリックしてアクセス権を要求する必要があります。If the VM has a just-in-time policy set, you first need to select the Request access button to request access before you can download the RDP file. Just-In-Time ポリシーの詳細については、Just in Time ポリシーを使用した仮想マシン アクセスの管理に関するページを参照してください。For more information about the just-in-time policy, see Manage virtual machine access using the just in time policy.

  6. ダウンロードした RDP ファイルを開き、プロンプトが表示されたら [接続] を選択します。Open the downloaded RDP file and select Connect when prompted.

  7. .rdp ファイルの発行元が不明であることを示す警告が表示されます。You will get a warning that the .rdp file is from an unknown publisher. これは予期されることです。This is expected. [リモート デスクトップ接続] ウィンドウで [接続] を選択して続行します。In the Remote Desktop Connection window, select Connect to continue.

    Screenshot of a warning about an unknown publisher.

  8. [Windows セキュリティ] ウィンドウで、 [その他][別のアカウントを使用する] の順に選択します。In the Windows Security window, select More choices and then Use a different account. 仮想マシンのアカウントの資格情報を入力し、 [OK] を選択します。Enter the credentials for an account on the virtual machine and then select OK.

    ローカル アカウント:通常は、仮想マシンの作成時に指定したローカル アカウントのユーザー名とパスワードです。Local account: This is usually the local account user name and password that you specified when you created the virtual machine. この場合、ドメインは仮想マシンの名前です。これを vmname\username の形式で入力します。In this case, the domain is the name of the virtual machine and it is entered as vmname\username.

    ドメインに参加している VM:VM がドメインに属している場合は、Domain\Username の形式でユーザー名を入力します。Domain joined VM: If the VM belongs to a domain, enter the user name in the format Domain\Username. また、アカウントは管理者グループに属しているか、VM へのリモート アクセス特権が付与されている必要があります。The account also needs to either be in the Administrators group or have been granted remote access privileges to the VM.

    ドメイン コントローラー:VM がドメイン コントローラーである場合は、そのドメインのドメイン管理者アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。Domain controller: If the VM is a domain controller, enter the user name and password of a domain administrator account for that domain.

  9. [はい] を選択して、目的の仮想マシンであることを確認し、ログオンを完了します。Select Yes to verify the identity of the virtual machine and finish logging on.

    VM の ID の検証に関するメッセージが表示されているスクリーンショット。

    ヒント

    ポータルの [接続] ボタンが淡色表示され、Express Routeサイト間 VPN 接続で Azure に接続されていない場合は、VM を作成してパブリック IP アドレスを割り当ててから RDP を使用する必要があります。If the Connect button in the portal is grayed-out and you are not connected to Azure via an Express Route or Site-to-Site VPN connection, you will need to create and assign your VM a public IP address before you can use RDP. 詳細については、Azure のパブリック IP アドレスに関するページを参照してください。For more information, see Public IP addresses in Azure.

PowerShell を使用して仮想マシンに接続するConnect to the virtual machine using PowerShell

注意

この記事は、新しい Azure PowerShell Az モジュールを使用するために更新されました。This article has been updated to use the new Azure PowerShell Az module. AzureRM モジュールはまだ使用でき、少なくとも 2020 年 12 月までは引き続きバグ修正が行われます。You can still use the AzureRM module, which will continue to receive bug fixes until at least December 2020. Az モジュールと AzureRM の互換性の詳細については、「Introducing the new Azure PowerShell Az module (新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要)」を参照してください。To learn more about the new Az module and AzureRM compatibility, see Introducing the new Azure PowerShell Az module. Az モジュールのインストール手順については、Azure PowerShell のインストールを参照してください。For Az module installation instructions, see Install Azure PowerShell.

PowerShell を使用していて、Aure PowerShell モジュールがインストールされている場合は、Get-AzRemoteDesktopFile コマンドレットを使用して接続することもできます。次に例を示します。If you are using PowerShell and have the Aure PowerShell module installed you may also connect using the Get-AzRemoteDesktopFile cmdlet, as shown below.

この例のコマンドを実行すると、RDP 接続が直ちに起動され、上記のようなプロンプトが表示されます。This example will immediately launch the RDP connection, taking you through similar prompts as above.

Get-AzRemoteDesktopFile -ResourceGroupName "RgName" -Name "VmName" -Launch

今後の使用のために、RDP ファイルを保存することもできます。You may also save the RDP file for future use.

Get-AzRemoteDesktopFile -ResourceGroupName "RgName" -Name "VmName" -LocalPath "C:\Path\to\folder"

次の手順Next steps

接続に問題がある場合は、リモート デスクトップ接続に関するトラブルシューティングのページを参照してください。If you have difficulty connecting, see Troubleshoot Remote Desktop connections.