Azure Portal を使用して可用性ゾーン内に Windows 仮想マシンを作成するCreate a Windows virtual machine in an availability zone with the Azure portal

この記事では、Azure Portal を使用して Azure 可用性ゾーン内に仮想マシンを作成する手順を説明します。This article steps through using the Azure portal to create a virtual machine in an Azure availability zone. 可用性ゾーンとは、1 つの Azure リージョン内で物理的に分離されたゾーンのことです。An availability zone is a physically separate zone in an Azure region. 可用性ゾーンは、データセンター全体に及ぶ珍しい障害や損失からアプリとデータを保護するために使用します。Use availability zones to protect your apps and data from an unlikely failure or loss of an entire datacenter.

可用性ゾーンを使用するには、サポートされている Azure リージョンに仮想マシンを作成します。To use an availability zone, create your virtual machine in a supported Azure region.

Azure へのサインインSign in to Azure

Azure Portal ( https://portal.azure.com ) にサインインします。Sign in to the Azure portal at https://portal.azure.com.

仮想マシンの作成Create virtual machine

  1. Azure Portal の左上隅にある [リソースの作成] をクリックします。Click Create a resource in the upper left-hand corner of the Azure portal.

  2. [コンピューティング][Windows Server 2016 Datacenter] の順に選択します。Select Compute, and then select Windows Server 2016 Datacenter.

  3. 仮想マシンの情報を入力します。Enter the virtual machine information. ここに入力したユーザー名とパスワードが、仮想マシンへのサインインに使用されます。The user name and password entered here is used to sign in to the virtual machine. パスワードは 12 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。The password must be at least 12 characters long and meet the defined complexity requirements. 米国東部 2 など、可用性ゾーンをサポートする場所を選びます。Choose a Location such as East US 2 that supports availability zones. 完了したら、 [OK] をクリックします。When complete, click OK.

    ポータルのブレードで VM に関する基本情報を入力する

  4. VM のサイズを選択します。Choose a size for the VM. 推奨されるサイズを選ぶか、機能に基づいてフィルター処理します。Select a recommended size, or filter based on features. 使うゾーンでサイズが使用可能であることを確認します。Confirm the size is available in the zone you want to use.

    VM のサイズを選ぶ

  5. [設定] > [高可用性] で、 [可用性ゾーン] ドロップダウン リストからいずれかの番号付きのゾーンを選択し、残りを既定値のままにして、 [OK] をクリックします。Under Settings > High availability, select one of the numbered zones from the Availability zone dropdown, keep the remaining defaults, and click OK.

    可用性ゾーンを選択する

  6. 概要ページで、 [作成] をクリックして、仮想マシンの展開を始めます。On the summary page, click Create to start the virtual machine deployment.

  7. 対応する VM が、Azure Portal のダッシュボードにピン留めされます。The VM will be pinned to the Azure portal dashboard. デプロイが完了すると、VM の概要が自動的に表示されます。Once the deployment has completed, the VM summary automatically opens.

マネージド ディスクのゾーンと IP アドレスを確認するConfirm zone for managed disk and IP address

VM が可用性ゾーンに展開されると、その VM のマネージド ディスクが同じ可用性ゾーンに作成されます。When the VM is deployed in an availability zone, a managed disk for the VM is created in the same availability zone. 既定では、パブリック IP アドレスもそのゾーンに作成されます。By default, a public IP address is also created in that zone.

これらのリソースに対するゾーンの設定は、ポータルで確認できます。You can confirm the zone settings for these resources in the portal.

  1. [リソース グループ] をクリックし、VM のリソース グループの名前 (myResourceGroup など) をクリックします。Click Resource groups and then the name of the resource group for the VM, such as myResourceGroup.

  2. ディスク リソースの名前をクリックします。Click the name of the Disk resource. [概要] ページには、リソースの場所と可用性ゾーンに関する詳細情報が含まれています。The Overview page includes details about the location and availability zone of the resource.

    マネージド ディスクの可用性ゾーン

  3. パブリック IP アドレス リソースの名前をクリックします。Click the name of the Public IP address resource. [概要] ページには、リソースの場所と可用性ゾーンに関する詳細情報が含まれています。The Overview page includes details about the location and availability zone of the resource.

    IP アドレスの可用性ゾーン

次の手順Next steps

この記事では、可用性ゾーン内に VM を作成する方法を説明しました。In this article, you learned how to create a VM in an availability zone. Azure VM のリージョンと可用性の詳細を確認してください。Learn more about regions and availability for Azure VMs.