Azure portal を使用して可用性ゾーン内に仮想マシンを作成する

適用対象: ✔️ Windows VM

この記事では、Azure Portal を使用して Azure 可用性ゾーン内に仮想マシンを作成する手順を説明します。 可用性ゾーンとは、1 つの Azure リージョン内で物理的に分離されたゾーンのことです。 可用性ゾーンは、データセンター全体に及ぶ珍しい障害や損失からアプリとデータを保護するために使用します。

可用性ゾーンを使用するには、サポートされている Azure リージョンに仮想マシンを作成します。

Azure へのサインイン

  1. Azure Portal ( https://portal.azure.com ) にサインインします。

  2. [リソースの作成] > [コンピューティング] > [仮想マシン] をクリックします。

  3. 仮想マシンの情報を入力します。 ユーザー名とパスワードが、仮想マシンへのサインインに使われます。 パスワードは 12 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。

  4. 米国東部 2 など、可用性ゾーンをサポートするリージョンを選びます。

  5. [可用性オプション] で、 [可用性ゾーン] ドロップダウンを選択します。

  6. [可用性ゾーン] で、ドロップダウン リストからゾーンを選択します。

  7. VM のサイズを選択します。 推奨されるサイズを選ぶか、機能に基づいてフィルター処理します。 使うゾーンでサイズが使用可能であることを確認します。

  8. VM に関する情報の入力を完了します。 完了したら、 [確認および作成] を選択します。

  9. 情報が検証されたら、 [作成] を選択します。

  10. VM が作成された後、VM のページの [要点] セクション で、一覧表示された可用性ゾーンを確認できます。

マネージド ディスクのゾーンと IP アドレスを確認する

VM が可用性ゾーンに展開されると、その VM のマネージド ディスクが同じ可用性ゾーンに作成されます。 既定では、パブリック IP アドレスもそのゾーンに作成されます。

これらのリソースに対するゾーンの設定は、ポータルで確認できます。

  1. 左側のメニューから [ディスク] を選択し、OS ディスクを選択します。 ディスクのページには、ディスクの場所と可用性ゾーンに関する詳細情報が含まれます。

  2. VM のページに戻り、パブリック IP アドレスを選択します。 左側のメニューで [プロパティ] を選択します。 プロパティ ページには、パブリック IP アドレスの場所と可用性ゾーンに関する詳細情報が含まれます。

次のステップ

この記事では、可用性ゾーン内に VM を作成する方法を説明しました。 Azure VM の可用性の詳細を確認してください。