管理イメージから VM を作成するCreate a VM from a managed image

Azure portal または PowerShell を使用して、Azure 管理 VM イメージから複数の仮想マシン (VM) を作成できます。You can create multiple virtual machines (VMs) from an Azure managed VM image using the Azure portal or PowerShell. 管理 VM イメージには、OS や データ ディスクなど、VM の作成に必要な情報が含まれています。A managed VM image contains the information necessary to create a VM, including the OS and data disks. OS ディスクやデータ ディスクなど、イメージを構成する仮想ハード ディスク (VHD) は、マネージド ディスクとして保管されます。The virtual hard disks (VHDs) that make up the image, including both the OS disks and any data disks, are stored as managed disks.

新しい VM を作成する前に、ソース イメージとして使用するマネージド VM イメージを作成し、そのイメージにアクセスする必要があるすべてのユーザーに、イメージに対する読み取りアクセスを許可する必要があります。Before creating a new VM, you'll need to create a managed VM image to use as the source image and grant read access on the image to any user who should have access to the image.

ポータルの使用Use the portal

  1. Azure Portalを開きます。Open the Azure portal.
  2. 左側のメニューで、 [すべてのリソース] を選択します。On the left menu, select All resources. [種類] でリソースを並べ替えて、イメージを簡単に見つけることができます。You can sort the resources by Type to easily find your images.
  3. 一覧から使うイメージを選びます。Select the image you want to use from the list. イメージの [概要] ページが開きます。The image Overview page opens.
  4. メニューから [VM の作成] を選択します。Select Create VM from the menu.
  5. 仮想マシンの情報を入力します。Enter the virtual machine information. ここに入力したユーザー名とパスワードが、仮想マシンへのログインに使用されます。The user name and password entered here will be used to log in to the virtual machine. 完了したら、 [OK] を選択します。When complete, select OK. 既存のリソース グループに新しい VM を作成するか、 [新規作成] を選択して VM を格納する新しいリソース グループを作成することができます。You can create the new VM in an existing resource group, or choose Create new to create a new resource group to store the VM.
  6. VM のサイズを選択します。Select a size for the VM. その他のサイズも表示するには、 [すべて表示] を選択するか、 [Supported disk type (サポートされているディスクの種類)] フィルターを変更します。To see more sizes, select View all or change the Supported disk type filter.
  7. [設定] で必要な変更を行い、 [OK] を選択します。Under Settings, make changes as necessary and select OK.
  8. 概要ページでは、イメージ名が [プライベート イメージ] の一覧に表示されます。On the summary page, you should see your image name listed as a Private image. [OK] を選択して、仮想マシンのデプロイを開始します。Select Ok to start the virtual machine deployment.

PowerShell の使用Use PowerShell

PowerShell を使用すると、New-AzVm コマンドレットに対して設定された簡略化されたパラメーターを使用して、イメージから VM を作成できます。You can use PowerShell to create a VM from an image by using the simplified parameter set for the New-AzVm cmdlet. このイメージは、VM を作成する同じリソース グループに存在する必要があります。The image needs to be in the same resource group where you'll create the VM.

New-AzVm の簡易なパラメーター セットでは、イメージから VM を作成するための名前、リソース グループ、およびイメージ名を指定する必要があります。The simplified parameter set for New-AzVm only requires that you provide a name, resource group, and image name to create a VM from an image. New-AzVm には、自動的に作成するすべてのリソースの名前として -Name パラメーターの値が使用されます。New-AzVm will use the value of the -Name parameter as the name of all of the resources that it creates automatically. この例では、各リソースのより詳細な名前を指定しますが、それらがコマンドレットで自動的に作成されるようにしてください。In this example, we provide more detailed names for each of the resources but let the cmdlet create them automatically. また、仮想ネットワークなどのリソースを事前に作成し、そのリソース名をコマンドレットに渡すこともできます。You can also create resources beforehand, such as the virtual network, and pass the resource name into the cmdlet. New-AzVm では、一致する名前の既存のリソースが見つかった場合は、それが使用されます。New-AzVm will use the existing resources if it can find them by their name.

次の例では、myImage という名前のイメージから myVMFromImage という名前の VM を (myResourceGroup リソース グループ内に) 作成します。The following example creates a VM named myVMFromImage, in the myResourceGroup resource group, from the image named myImage.

New-AzVm `
    -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -Name "myVMfromImage" `
    -ImageName "myImage" `
    -Location "East US" `
    -VirtualNetworkName "myImageVnet" `
    -SubnetName "myImageSubnet" `
    -SecurityGroupName "myImageNSG" `
    -PublicIpAddressName "myImagePIP" `
    -OpenPorts 3389

次の手順Next steps

Azure PowerShell モジュールを使用して Windows VM を作成および管理するCreate and manage Windows VMs with the Azure PowerShell module