更新:ポータルを使用して専用ホストに VM をデプロイするPreview: Deploy VMs to dedicated hosts using the portal

この記事では、仮想マシン (VM) をホストするための Azure 専用ホストを作成する方法について説明します。This article guides you through how to create an Azure dedicated host to host your virtual machines (VMs).

重要

現在、専用ホストはパブリック プレビュー段階にあります。Azure Dedicated Hosts is currently in public preview. このプレビュー バージョンはサービス レベル アグリーメントなしで提供されています。運用環境のワークロードに使用することはお勧めできません。This preview version is provided without a service level agreement, and it's not recommended for production workloads. 特定の機能はサポート対象ではなく、機能が制限されることがあります。Certain features might not be supported or might have constrained capabilities. 詳しくは、Microsoft Azure プレビューの追加使用条件に関するページをご覧ください。For more information, see Supplemental Terms of Use for Microsoft Azure Previews.

プレビューに関する既知の制限事項Known preview limitations

  • 仮想マシン スケール セットは、現在、専用ホストではサポートされていません。Virtual machine scale sets are not currently supported on dedicated hosts.
  • プレビューの初期リリースでは、次の VM シリーズがサポートされています: DSv3 と ESv3。The preview initial release supports the following VM series: DSv3 and ESv3.

ホスト グループを作成するCreate a host group

ホスト グループは、専用ホストのコレクションを表す新しいリソースです。A host group is a new resource that represents a collection of dedicated hosts. リージョンと可用性ゾーンにホスト グループを作成し、それにホストを追加します。You create a host group in a region and an availability zone, and add hosts to it. 高可用性を計画する場合は、追加のオプションがあります。When planning for high availability, there are additional options. 専用ホストでは、次のいずれかまたは両方のオプションを使用できます。You can use one or both of the following options with your dedicated hosts:

  • 複数の可用性ゾーンにまたがります。Span across multiple availability zones. この場合は、使用する各ゾーンにホスト グループを用意する必要があります。In this case, you are required to have a host group in each of the zones you wish to use.
  • 物理ラックにマップされる複数の障害ドメインにまたがります。Span across multiple fault domains which are mapped to physical racks.

どちらの場合も、ホスト グループに対して障害ドメイン数を指定する必要があります。In either case, you are need to provide the fault domain count for your host group. グループ内で障害ドメインをまたがりたくない場合は、障害ドメインの数を 1 にします。If you do not want to span fault domains in your group, use a fault domain count of 1.

可用性ゾーンと障害ドメインの両方を使用することもできます。You can also decide to use both availability zones and fault domains.

この例では、1 つの可用性ゾーンと 2 つの障害ドメインを使用してホスト グループを作成します。In this example, we will create a host group using 1 availability zone and 2 fault domains.

  1. Azure portal を開きます。Open the Azure portal.

  2. 左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Select Create a resource in the upper left corner.

  3. [ホストグループ] を検索し、結果から [ホスト グループ (プレビュー)] を選択します。Search for Host group and then select Host Groups (preview) from the results.

    ホスト グループの検索結果。

  4. [ホスト グループ (プレビュー)] ページで、 [作成] を選択します。In the Host Groups (preview) page, select Create.

  5. 使用するサブスクリプションを選択し、 [新規作成] を選択して新しいリソース グループを作成します。Select the subscription you would like to use, and then select Create new to create a new resource group.

  6. [名前] として「myDedicatedHostsRG」と入力し、 [OK] を選択します。Type myDedicatedHostsRG as the Name and then select OK.

  7. [Host group name](ホスト グループ名) に「myHostGroup」と入力します。For Host group name, type myHostGroup.

  8. [場所] で、 [米国東部] を選択します。For Location, select East US.

  9. [可用性ゾーン] で、 [1] を選択します。For Availability Zone, select 1.

  10. [Fault domain count](障害ドメインの数) で、 [2] を選択します。For Fault domain count, select 2.

  11. [確認および作成] を選択して、検証が行われるのを待ちます。Select Review + create and then wait for validation.

    ホスト グループの設定

  12. "検証に成功しました" というメッセージが表示されたら、 [作成] を選択してホスト グループを作成します。Once you see the Validation passed message, select Create to create the host group.

ホスト グループの作成には少しだけ時間がかかります。It should only take a few moments to create the host group.

専用ホストを作成するCreate a dedicated host

次に、ホスト グループに専用ホストを作成します。Now create a dedicated host in the host group. ホストの名前に加えて、ホストの SKU を指定する必要があります。In addition to a name for the host, you are required to provide the SKU for the host. ホスト SKU では、専用ホストに対してサポートされている VM シリーズとハードウェアの世代がキャプチャされます。Host SKU captures the supported VM series as well as the hardware generation for your dedicated host. プレビュー期間中は、次のホスト SKU 値がサポートされます: DSv3_Type1 と ESv3_Type1。During the preview, we will support the following host SKU values: DSv3_Type1 and ESv3_Type1.

ホスト SKU の詳細と価格については、「Azure 専用ホストの価格」を参照してください。For more information about the host SKUs and pricing, see Azure Dedicated Host pricing.

ホスト グループの障害ドメイン数を設定した場合は、ホストの障害ドメインを指定するように求められます。If you set a fault domain count for your host group, you will be asked to specify the fault domain for your host.

  1. 左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Select Create a resource in the upper left corner.

  2. "専用ホスト" を検索し、結果から [Dedicated hosts (preview)](専用ホスト (プレビュー)) を選択します。Search for Dedicated host and then select Dedicated hosts (preview) from the results.

    ホスト グループの検索結果。

  3. [Dedicated hosts (preview)](専用ホスト (プレビュー)) ページで、 [作成] を選択します。In the Dedicated Hosts (preview) page, select Create.

  4. 使用するサブスクリプションを選択します。Select the subscription you would like to use.

  5. [リソース グループ] として myDedicatedHostsRG を選択します。Select myDedicatedHostsRG as the Resource group.

  6. [インスタンスの詳細] で、 [名前] に「myHost」と入力し、場所として [米国東部] を選択します。In Instance details, type myHost for the Name and select East US for the location.

  7. [ハードウェア プロファイル] で、 [Size family](サイズ ファミリ) として [Standard Es3 family - Type 1](Standard Es3 ファミリ - Type 1) を選択し、 [ホスト グループ] として myHostGrup を選択し、 [障害ドメイン] として [1] を選択します。In Hardware profile, select Standard Es3 family - Type 1 for the Size family, select myHostGrup for the Host group and then select 1 for the Fault domain. 他のフィールドについては既定値を使用します。Leave the defaults for the rest of the fields.

  8. 終わったら、 [確認および作成] を選択して、検証が行われるのを待ちます。When you are done, select Review + create and wait for validation.

    ホストの設定

  9. "検証に成功しました" というメッセージが表示されたら、 [作成] を選択してホストを作成します。Once you see the Validation passed message, select Create to create the host.

VM の作成Create a VM

  1. Azure portal の左上隅にある [リソースの作成] を選択します。Choose Create a resource in the upper left-hand corner of the Azure portal.
  2. [新規] ページの [人気順] で、 [Windows Server 2016 Datacenter] を選択します。In the New page, under Popular, select Windows Server 2016 Datacenter.
  3. [基本] タブの [プロジェクトの詳細] で、正しいサブスクリプションが選択されていることを確認し、 [リソース グループ] として myDedicatedHostsRG を選択します。In the Basics tab, under Project details, make sure the correct subscription is selected and then select myDedicatedHostsRG as the Resource group.
  4. [Instance details] (インスタンスの詳細) で、 [仮想マシン名] として「myVM」と入力し、 [場所] として [米国東部] を選択します。Under Instance details, type myVM for the Virtual machine name and choose East US for your Location.
  5. [可用性オプション][可用性ゾーン] を選択し、ドロップダウンから [1] を選択します。In Availability options select Availability zone, select 1 from the drop-down.
  6. サイズでは、 [サイズの変更] を選択します。For the size, select Change size. 使用可能なサイズの一覧で、Esv3 シリーズの 1 つを選択します (Standard E2s v3 など)。In the list of available sizes, choose one from the Esv3 series, like Standard E2s v3. 使用可能なサイズをすべて表示するには、フィルターをクリアすることが必要な場合があります。You may need to clear the filter in order to see all of the available sizes.
  7. [Administrator account] (管理者アカウント) で、ユーザー名 (azureuser など) とパスワードを指定します。Under Administrator account, provide a username, such as azureuser and a password. パスワードは 12 文字以上で、定義された複雑さの要件を満たす必要があります。The password must be at least 12 characters long and meet the defined complexity requirements.
  8. [受信ポートの規則][選択したポートを許可する] を選択し、ドロップダウンから [RDP (3389)] を選択します。Under Inbound port rules, choose Allow selected ports and then select RDP (3389) from the drop-down.
  9. ページの上部にある [詳細設定] タブを選択し、 [ホスト] セクションで、 [ホスト グループ] として myHostGroup を、 [ホスト] として myHost を選択します。At the top of the page, select the Advanced tab and in the Host section, select myHostGroup for Host group and myHost for the Host. ホスト グループとホストを選択するSelect host group and host
  10. 残りの既定値はそのままにして、ページの一番下にある [Review + create] (確認および作成) ボタンを選択します。Leave the remaining defaults and then select the Review + create button at the bottom of the page.
  11. 検証が成功したことを示すメッセージが表示されたら、 [作成] を選択します。When you see the message that validation has passed, select Create.

次の手順Next steps

  • 詳細については、専用ホストの概要に関するページを参照してください。For more information, see the Dedicated hosts overview.

  • こちらには、リージョン内の回復性を最大にするためにゾーンと障害ドメインの両方を使用するサンプル テンプレートがあります。There is sample template, found here, that uses both zones and fault domains for maximum resiliency in a region.

  • Azure PowerShell を使用して専用ホストをデプロイすることもできます。You can also deploy a dedicated host using Azure PowerShell.