Windows Server 向け Azure Hybrid BenefitAzure Hybrid Benefit for Windows Server

ソフトウェア アシュアランスを取得したお客様は、Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit により、オンプレミスの Windows Server ライセンスを使用し、Azure で Windows 仮想マシンを低コストで実行することができます。For customers with Software Assurance, Azure Hybrid Benefit for Windows Server allows you to use your on-premises Windows Server licenses and run Windows virtual machines on Azure at a reduced cost. Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典を使用して、Windows OS 搭載の新しい仮想マシンをデプロイすることができます。You can use Azure Hybrid Benefit for Windows Server to deploy new virtual machines with Windows OS. この記事では、Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典での新しい VM のデプロイ方法と、既存の稼働中 VM を更新する方法について説明します。This article goes over the steps on how to deploy new VMs with Azure Hybrid Benefit for Windows Server and how you can update existing running VMs. Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit のライセンスとコスト削減について詳しくは、Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit のライセンス ページをご覧ください。For more information about Azure Hybrid Benefit for Windows Server licensing and cost savings, see the Azure Hybrid Benefit for Windows Server licensing page.

各 2 プロセッサ ライセンスまたは 16 コア ライセンスの各セットでは、最大 8 コアのインスタンスを 2 つ、または最大 16 コアのインスタンスを 1 つ利用できます。Each 2-processor license or each set of 16-core licenses are entitled to two instances of up to 8 cores, or one instance of up to 16 cores. Standard Edition のハイブリッド特典ライセンスは、オンプレミスまたは Azure 内のどちらかで 1 度のみ使用できます。The Azure Hybrid Benefit for Standard Edition licenses can only be used once either on-premises or in Azure. Datacenter Edition エディションの特典は、オンプレミスと Azure 内の両方で同時に使用することができます。Datacenter Edition benefits allow for simultaneous usage both on-premises and in Azure.

SQL Server やサード パーティ製マーケットプレース ソフトウェアなどの追加のソフトウェアを搭載した VM を含め、Windows Server OS を実行するすべてのリージョンの任意の VM で Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典の使用がサポートされるようになりました。Using Azure Hybrid Benefit for Windows Server with any VMs running Windows Server OS are now supported in all regions, including VMs with additional software such as SQL Server or third-party marketplace software.

クラシック VMClassic VMs

クラシック VM では、オンプレミスのカスタム イメージからの新規 VM のデプロイのみがサポートされています。For classic VMs, only deploying new VM from on premises custom images is supported. この記事でサポートされる機能を利用するには、最初にクラシック VM を Resource Manager モデルに移行する必要があります。To take advantage of the capabilities supported in this article, you must first migrate classic VMs to Resource Manager model.

重要

クラシック VM は 2023 年 3 月 1 日に廃止される予定です。Classic VMs will be retired on March 1, 2023.

ASM の IaaS リソースを使用する場合は、すぐに移行の計画を開始し、2023 年 3 月 1 日までに完了してください。ASM の IaaS リソースを使用する場合は、すぐに移行の計画を開始し、2023 年 3 月 1 日までに完了してください。If you use IaaS resources from ASM, please complete your migration by March 1, 2023. Azure Resource Manager の多数の機能強化を活用するために、早急に切り替えを行うことをお勧めします。We encourage you to make the switch sooner to take advantage of the many feature enhancements in Azure Resource Manager.

詳細については、「2023 年 3 月 1 日までに IaaS リソースを Azure Resource Manager に移行する」を参照してください。For more information, see Migrate your IaaS resources to Azure Resource Manager by March 1, 2023.

Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit の使用方法Ways to use Azure Hybrid Benefit for Windows Server

Azure Hybrid Benefit で Windows 仮想マシンを使用する方法はいくつかあります。There are few ways to use Windows virtual machines with the Azure Hybrid Benefit:

  1. Azure Marketplace で提供されている Windows Server イメージの 1 つから VM をデプロイできますYou can deploy VMs from one of the provided Windows Server images on the Azure Marketplace
  2. カスタム VM をアップロードし、Resource Manager テンプレートまたは Azure PowerShell を使ってデプロイできますYou can upload a custom VM and deploy using a Resource Manager template or Azure PowerShell
  3. 既存の VM については、Azure ハイブリッド特典で実行するか、Windows Server のオンデマンド料金を支払うかの間で切り替えおよび変換することができますYou can toggle and convert existing VM between running with Azure Hybrid Benefit or pay on-demand cost for Windows Server
  4. Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典を仮想マシン スケール セットに適用することもできますYou can also apply Azure Hybrid Benefit for Windows Server on virtual machine scale set as well

Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典で VM を作成するCreate a VM with Azure Hybrid Benefit for Windows Server

Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典では、Windows Server OS ベースのすべてのイメージがサポートされます。All Windows Server OS based images are supported for Azure Hybrid Benefit for Windows Server. Azure プラットフォーム サポートのイメージを使用したり、独自のカスタム Windows Server イメージをアップロードしたりできます。You can use Azure platform support images or upload your own custom Windows Server images.

ポータルPortal

Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典で VM を作成するには、[Save money](コストの削減) セクションの切り替えを使用します。To create a VM with Azure Hybrid Benefit for Windows Server, use the toggle under the "Save money" section.

PowerShellPowerShell

New-AzVm `
    -ResourceGroupName "myResourceGroup" `
    -Name "myVM" `
    -Location "East US" `
    -ImageName "Win2016Datacenter" `
    -LicenseType "Windows_Server"

CLICLI

az vm create \
    --resource-group myResourceGroup \
    --name myVM \
    --location eastus \
    --license-type Windows_Server

TemplateTemplate

Resource Manager テンプレート内に、追加パラメーター licenseType を指定する必要があります。Within your Resource Manager templates, an additional parameter licenseType must be specified. Azure Resource Manager テンプレートの作成で詳細を確認できますYou can read more about authoring Azure Resource Manager templates

"properties": {
    "licenseType": "Windows_Server",
    "hardwareProfile": {
        "vmSize": "[variables('vmSize')]"
    }

既存の VM を Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典を使用するように変換するConvert an existing VM using Azure Hybrid Benefit for Windows Server

Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典を利用するように変換したい既存の VM がある場合は、以下の手順に従って、VM のライセンスの種類を更新できます。If you have an existing VM that you would like to convert to take advantage of Azure Hybrid Benefit for Windows Server, you can update your VM's license type by following the instructions below.

注意

VM 上のライセンスの種類を変更しても、システムが再起動したり、サービスが中断したりすることはありません。Changing the license type on the VM does not cause the system to reboot or cause a service interuption. メタデータ フラグが更新されるだけです。It is simply an update to a metadata flag.

ポータルPortal

ポータル VM ブレードから、"構成" オプションを選択して Azure ハイブリッド特典を使用するように VM を更新し、"Azure ハイブリッド特典" オプションに切り替えることができます。From portal VM blade, you can update the VM to use Azure Hybrid Benefit by selecting "Configuration" option and toggle the "Azure hybrid benefit" option

PowerShellPowerShell

  • 既存の Windows Server VM を Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典に変換するConvert existing Windows Server VMs to Azure Hybrid Benefit for Windows Server

    $vm = Get-AzVM -ResourceGroup "rg-name" -Name "vm-name"
    $vm.LicenseType = "Windows_Server"
    Update-AzVM -ResourceGroupName rg-name -VM $vm
    
  • 特典付きの Windows Server VM を従量課金制に戻すConvert Windows Server VMs with benefit back to pay-as-you-go

    $vm = Get-AzVM -ResourceGroup "rg-name" -Name "vm-name"
    $vm.LicenseType = "None"
    Update-AzVM -ResourceGroupName rg-name -VM $vm
    

CLICLI

  • 既存の Windows Server VM を Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典に変換するConvert existing Windows Server VMs to Azure Hybrid Benefit for Windows Server

    az vm update --resource-group myResourceGroup --name myVM --set licenseType=Windows_Server
    

VM がライセンスの特典を利用していることを確認する方法How to verify your VM is utilizing the licensing benefit

VM を PowerShell、Resource Manager テンプレート、ポータルのいずれかの方法でデプロイした後、次の方法で設定を確認できます。Once you have deployed your VM through either PowerShell, Resource Manager template or portal, you can verify the setting in the following methods.

ポータルPortal

ポータルの VM ブレードから、[Configuration] (構成) タブを選択して Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典の切り替えを表示できます。From portal VM blade, you can view the toggle for Azure Hybrid Benefit for Windows Server by selecting "Configuration" tab.

PowerShellPowerShell

次の例は、1 つの VM のライセンスの種類を示していますThe following example shows the license type for a single VM

Get-AzVM -ResourceGroup "myResourceGroup" -Name "myVM"

出力:Output:

Type                     : Microsoft.Compute/virtualMachines
Location                 : westus
LicenseType              : Windows_Server

この出力を、Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit のライセンスなしでデプロイされた次の VM と比べてください。This output contrasts with the following VM deployed without Azure Hybrid Benefit for Windows Server licensing:

Type                     : Microsoft.Compute/virtualMachines
Location                 : westus
LicenseType              :

CLICLI

az vm get-instance-view -g MyResourceGroup -n MyVM --query "[?licenseType=='Windows_Server']" -o table

注意

VM 上のライセンスの種類を変更しても、システムが再起動したり、サービスが中断したりすることはありません。Changing the license type on the VM does not cause the system to reboot or cause a service interuption. これはメタデータのライセンス フラグのみです。It is a metadata licensing flag only.

サブスクリプションのすべての Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典付き VM の一覧表示List all VMs with Azure Hybrid Benefit for Windows Server in a subscription

Windows Server 向け Azure Hybrid Benefit でデプロイされたすべての仮想マシンを参照し、カウントするには、自分のサブスクリプションから次のコマンドを実行します。To see and count all virtual machines deployed with Azure Hybrid Benefit for Windows Server, you can run the following command from your subscription:

ポータルPortal

仮想マシンまたは仮想マシン スケール セットのリソース ブレードから、[Azure Hybrid Benefit](Azure ハイブリッド特典) を含むようテーブル列を構成することで、すべての VM と ライセンスの種類の一覧を表示することができます。From the Virtual Machine or Virtual machine scale sets resource blade, you can view a list of all your VM(s) and licensing type by configuring the table column to include "Azure Hybrid Benefit". VM の設定は、[Enabled](有効)、[Not enabled](無効)、または [Not supported](未サポート) の状態にできます。The VM setting can either be in "Enabled", "Not enabled" or "Not supported" state.

PowerShellPowerShell

$vms = Get-AzVM
$vms | ?{$_.LicenseType -like "Windows_Server"} | select ResourceGroupName, Name, LicenseType

CLICLI

az vm list --query "[?licenseType=='Windows_Server']" -o table

Windows Server 向け Azure ハイブリッド特典で仮想マシン スケール セットをデプロイするDeploy a Virtual Machine Scale Set with Azure Hybrid Benefit for Windows Server

仮想マシン スケール セットの Resource Manager テンプレート内の VirtualMachineProfile プロパティ内に、追加パラメーター licenseType を指定する必要があります。Within your virtual machine scale set Resource Manager templates, an additional parameter licenseType must be specified within your VirtualMachineProfile property. これは、ARM テンプレート、PowerShell、Azure CLI、または REST を使用してご自分のスケール セットの作成時または更新時に行うことができます。You can do this during create or update for your scale set through ARM template, PowerShell, Azure CLI or REST.

次の例では、Windows Server 2016 Datacenter イメージで ARM テンプレートを作成します。The following example uses ARM template with a Windows Server 2016 Datacenter image:

"virtualMachineProfile": {
    "storageProfile": {
        "osDisk": {
            "createOption": "FromImage"
        },
        "imageReference": {
            "publisher": "MicrosoftWindowsServer",
            "offer": "WindowsServer",
            "sku": "2016-Datacenter",
            "version": "latest"
        }
    },
    "licenseType": "Windows_Server",
    "osProfile": {
            "computerNamePrefix": "[parameters('vmssName')]",
            "adminUsername": "[parameters('adminUsername')]",
            "adminPassword": "[parameters('adminPassword')]"
    }

仮想マシン スケール セットの変更方法の詳細を確認し、スケール セットの更新方法をさらに調べることもできます。You can also learn more about how to Modify a virtual machine scale set for more ways to update your scale set.

次のステップNext steps