Azure での仮想マシンのメンテナンスMaintenance for virtual machines in Azure

Azure では、定期的にそのプラットフォームを更新して、仮想マシンのホスト インフラストラクチャの信頼性、パフォーマンス、セキュリティの向上に努めています。Azure periodically updates its platform to improve the reliability, performance, and security of the host infrastructure for virtual machines. これらの更新の目的は、ホスティング環境のソフトウェア コンポーネントの修正から、ネットワーク コンポーネントのアップグレード、ハードウェアの使用停止まで、広い範囲に及びます。The purpose of these updates ranges from patching software components in the hosting environment to upgrading networking components or decommissioning hardware.

更新は、ホストされている VM にはほとんど影響しません。Updates rarely affect the hosted VMs. 更新が影響を及ぼす場合、Azure は影響が最小となる更新方法を選択します。When updates do have an effect, Azure chooses the least impactful method for updates:

  • 更新で再起動を必要としない場合、VM は、ホストの更新中に一時停止されるか、または既に更新済みのホストにライブ移行されます。If the update doesn't require a reboot, the VM is paused while the host is updated, or the VM is live-migrated to an already updated host.

  • メンテナンスで再起動が必要な場合は、計画メンテナンスが通知されます。If maintenance requires a reboot, you're notified of the planned maintenance. Azure により、都合の良いときに自分でメンテナンスを開始できる時間枠も与えられます。Azure also provides a time window in which you can start the maintenance yourself, at a time that works for you. セルフ メンテナンスの時間枠は、そのメンテナンスが緊急でない限り、通常は 30 日間です。The self-maintenance window is typically 30 days unless the maintenance is urgent. Azure は、計画されたプラットフォーム メンテナンスで VM の再起動を必要とするケースの数を減らすためのテクノロジに投資しています。Azure is investing in technologies to reduce the number of cases in which planned platform maintenance requires the VMs to be rebooted.

このページでは、2 種類のメンテナンスが Azure でどのように実行されるかについて説明します。This page describes how Azure performs both types of maintenance. 計画外のイベント (停止) の詳細については、 Windows 向けの VM の可用性の管理に関する記事または Linux 向けの該当する記事をご覧ください。For more information about unplanned events (outages), see Manage the availability of VMs for Windows or the corresponding article for Linux.

VM 内で、Linux または Windows 向けの Scheduled Events を使用して、今後のメンテナンスに関する通知を受け取ることができます。Within a VM, you can get notifications about upcoming maintenance by using Scheduled Events for Windows or for Linux.

計画メンテナンスを管理する方法については、Linux 向けの計画メンテナンスの通知の処理に関する記事または Windows 向けの該当する記事をご覧ください。For instructions on managing planned maintenance, see Handling planned maintenance notifications for Linux or the corresponding article for Windows.

再起動を必要としないメンテナンスMaintenance that doesn't require a reboot

前述のように、ほとんどのプラットフォーム更新は、お客様の VM に影響しません。As stated earlier, most platform updates don't affect customer VMs. 影響を及ぼさない更新が不可能な場合、Azure は、お客様の VM への影響が最小となる更新メカニズムを選択します。When a no-impact update isn't possible, Azure chooses the update mechanism that's least impactful to customer VMs.

影響がゼロではないメンテナンスでは、ほとんどの場合、VM の一時停止は 10 秒未満です。Most nonzero-impact maintenance pauses the VM for less than 10 seconds. 場合によっては、Azure はメモリ保持メンテナンスのメカニズムを使用します。In certain cases, Azure uses memory-preserving maintenance mechanisms. これらのメカニズムでは、最大 30 秒間 VM が一時停止され、RAM 内のメモリが保持されます。These mechanisms pause the VM for up to 30 seconds and preserve the memory in RAM. その後、VM が再開され、クロックが自動的に同期されます。The VM is then resumed, and its clock is automatically synchronized.

メモリ保持メンテナンスは、Azure VM の 90% 以上で機能します。Memory-preserving maintenance works for more than 90 percent of Azure VMs. G、M、N、および H シリーズでは機能しません。It doesn't work for G, M, N, and H series. Azure では、ライブ マイグレーション テクノロジの使用を拡大すると共に、一時停止期間を短縮するためにメモリ保持メンテナンス メカニズムの改善に取り組んでいます。Azure increasingly uses live-migration technologies and improves memory-preserving maintenance mechanisms to reduce the pause durations.

再起動を必要としないメンテナンス操作は、一度に 1 つの障害ドメインに適用されます。These maintenance operations that don't require a reboot are applied one fault domain at a time. それらは、警告の正常性シグナルを受信した場合、停止します。They stop if they receive any warning health signals.

こうした種類の更新が、一部のアプリケーションに影響を与える可能性があります。These types of updates can affect some applications. VM を別のホストにライブ移行する場合、影響を受けやすい一部のワークロードでは、VM の一時停止に至るまでの数分間にわずかなパフォーマンスの低下が見られることがあります。When the VM is live-migrated to a different host, some sensitive workloads might show a slight performance degradation in the few minutes leading up to the VM pause. VM のメンテナンスに対する準備をして Azure のメンテナンスの影響を減らすには、そのようなアプリケーションに Linux または Windows 向けの Scheduled Events を使用してみてください。To prepare for VM maintenance and reduce impact during Azure maintenance, try using Scheduled Events for Windows or Linux for such applications. Azure では、こうした影響されやすいアプリケーション向けのメンテナンス管理機能に取り組んでいます。Azure is working on maintenance-control features for these sensitive applications.

ライブ マイグレーションLive migration

ライブ マイグレーションは、再起動を必要とせず、VM のメモリを保持する操作です。Live migration is an operation that doesn't require a reboot and that preserves memory for the VM. これにより一時停止または凍結が発生しますが、その継続時間は通常は 5 秒未満です。It causes a pause or freeze, typically lasting no more than 5 seconds. G、M、N、H シリーズを除く、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) VM はすべて、ライブ マイグレーションに対応しています。Except for G, M, N, and H series, all infrastructure as a service (IaaS) VMs, are eligible for live migration. 対象となる VM は、Azure フリートにデプロイされている IaaS VM の 90% 以上に相当します。Eligible VMs represent more than 90 percent of the IaaS VMs that are deployed to the Azure fleet.

Azure プラットフォームでは、次のシナリオでライブ マイグレーションを開始します。The Azure platform starts live migration in the following scenarios:

  • Azure の計画メンテナンスPlanned maintenance
  • ハードウェア障害Hardware failure
  • 割り当ての最適化Allocation optimizations

計画メンテナンスの一部のシナリオでライブ マイグレーションが使用されており、Scheduled Events を使用して、ライブ マイグレーションの操作がいつ開始するか事前に把握できます。Some planned-maintenance scenarios use live migration, and you can use Scheduled Events to know in advance when live migration operations will start.

Azure Machine Learning アルゴリズムでハードウェア障害の発生が予測されている場合や、お客様が VM の割り当てを最適化したい場合に、ライブ マイグレーションを使用して VM を移動することもできます。Live migration can also be used to move VMs when Azure Machine Learning algorithms predict an impending hardware failure or when you want to optimize VM allocations. 機能低下しているハードウェアのインスタンスを検出する予測モデリングの詳細については、予測機械学習とライブ マイグレーションによる Azure VM の回復性の向上に関する記事をご覧ください。For more information about predictive modeling that detects instances of degraded hardware, see Improving Azure VM resiliency with predictive machine learning and live migration. ライブ マイグレーションの通知は、Azure portal の Monitor および Service Health のログ、およびScheduled Events に表示されます (これらのサービスを使用している場合)。Live-migration notifications appear in the Azure portal in the Monitor and Service Health logs as well as in Scheduled Events if you use these services.

再起動を必要とするメンテナンスMaintenance that requires a reboot

計画メンテナンスで VM の再起動が必要になるまれなケースでは、事前に通知が届きます。In the rare case where VMs need to be rebooted for planned maintenance, you'll be notified in advance. 計画メンテナンスには、"セルフサービス フェーズ" と "予定メンテナンス フェーズ" の 2 つのフェーズがあります。Planned maintenance has two phases: the self-service phase and a scheduled maintenance phase.

通常 4 週間続くセルフ サービス フェーズ中に、ご利用の VM でメンテナンスを開始します。During the self-service phase, which typically lasts four weeks, you start the maintenance on your VMs. セルフ サービスの一環として、個々の VM に照会し、その状態と自分が最後に行ったメンテナンス要求の結果を確認できます。As part of the self-service, you can query each VM to see its status and the result of your last maintenance request.

セルフサービス メンテナンスを開始すると、VM は、既に更新済みのノードに再デプロイされます。When you start self-service maintenance, your VM is redeployed to an already updated node. VM が再起動されるため、一時ディスクは失われ、仮想ネットワーク インターフェイスに関連付けられた動的 IP アドレスは更新されます。Because the VM reboots, the temporary disk is lost and dynamic IP addresses associated with the virtual network interface are updated.

セルフサービス メンテナンス中にエラーが発生した場合、その操作が停止し、VM は更新されず、セルフサービス メンテナンスを再試行するオプションが提供されます。If an error arises during self-service maintenance, the operation stops, the VM isn't updated, and you get the option to retry the self-service maintenance.

セルフ サービス フェーズが終了すると、予定メンテナンス フェーズが開始します。When the self-service phase ends, the scheduled maintenance phase begins. このフェーズの間、ユーザーはメンテナンス フェーズについて照会することはできますが、自分でメンテナンスを開始することはできません。During this phase, you can still query for the maintenance phase, but you can't start the maintenance yourself.

再起動を必要とするメンテナンスを管理する方法について詳しくは、Linux 向けの計画メンテナンスの通知の処理に関する記事または Windows 向けの該当する記事をご覧ください。For more information on managing maintenance that requires a reboot, see Handling planned maintenance notifications for Linux or the corresponding article for Windows.

予定メンテナンス中の可用性に関する考慮事項Availability considerations during scheduled maintenance

予定メンテナンス フェーズまで待つ場合、ご利用の VM の可用性を最大限に保つために考慮すべき事柄がいくつかあります。If you decide to wait until the scheduled maintenance phase, there are a few things you should consider to maintain the highest availability of your VMs.

ペアになっているリージョンPaired regions

各 Azure リージョンは、同じ地理的近傍内の別のリージョンとペアになっています。Each Azure region is paired with another region within the same geographical vicinity. それらは合わせて 1 つのリージョン ペアになります。Together, they make a region pair. 予定メンテナンス フェーズの間、Azure はリージョン ペアの一方のリージョンの VM だけを更新します。During the scheduled maintenance phase, Azure updates only the VMs in a single region of a region pair. たとえば、Azure は米国中北部の VM の更新中、同時に米国中南部の VM を更新することはありません。For example, while updating the VM in North Central US, Azure doesn't update any VM in South Central US at the same time. ただし、北ヨーロッパなどのその他のリージョンは、米国東部と同時にメンテナンスされる可能性があります。However, other regions such as North Europe can be under maintenance at the same time as East US. 各リージョンに対して適切に VM を分散させるためには、リージョン ペアの動作を理解することが大切です。Understanding how region pairs work can help you better distribute your VMs across regions. 詳細については、Azure リージョン ペアに関するページを参照してください。For more information, see Azure region pairs.

可用性セットとスケール セットAvailability sets and scale sets

Azure VM にワークロードをデプロイするとき、可用性セット内に VM を作成して、アプリケーションの高可用性を確保することができます。When deploying a workload on Azure VMs, you can create the VMs within an availability set to provide high availability to your application. 可用性セットを使用すると、再起動を必要とする停止またはメンテナンス イベントの間であっても、少なくとも 1 つの VM を確実に使用できるようになります。Using availability sets, you can ensure that during either an outage or maintenance events that require a reboot, at least one VM is available.

可用性セット内の個々の VM は最大 20 個の更新ドメイン (UD) に分散されます。Within an availability set, individual VMs are spread across up to 20 update domains (UDs). 予定メンテナンス中は、一度に 1 つの UD だけが更新されます。During scheduled maintenance, only one UD is updated at any given time. UD は必ずしも順番に更新されるとは限りません。UDs aren't necessarily updated sequentially.

仮想マシン スケール セットは、同一の VM のセットを単一のリソースとしてデプロイして管理するために使用できる Azure コンピューティング リソースです。Virtual machine scale sets are an Azure compute resource that you can use to deploy and manage a set of identical VMs as a single resource. スケール セットは、可用性セット内の VM と同じように、UD をまたがって自動的にデプロイされます。The scale set is automatically deployed across UDs, like VMs in an availability set. 可用性セットと同様に、スケール セットを使用する場合、予定メンテナンス中に更新される UD は一度に 1 つだけです。As with availability sets, when you use scale sets, only one UD is updated at any given time during scheduled maintenance.

高可用性のための VM の設定の詳細については、 Windows 向けの VM の可用性の管理に関する記事または Linux 向けの該当する記事をご覧ください。For more information about setting up your VMs for high availability, see Manage the availability of your VMs for Windows or the corresponding article for Linux.

次の手順Next steps

仮想マシンに影響を与える計画メンテナンスの管理については、計画メンテナンスの通知の処理に関するページを参照してください。For information on managing planned maintenance impacting virtual machines, see Handling planned maintenance notifications.