Azure での仮想マシンに対する計画メンテナンスPlanned maintenance for virtual machines in Azure

Azure は、定期的に更新を行い、仮想マシンのホスト インフラストラクチャの信頼性、パフォーマンス、セキュリティの向上に努めています。Azure periodically performs updates to improve the reliability, performance, and security of the host infrastructure for virtual machines. そうした更新は、ホスティング環境のソフトウェア コンポーネント (ホストにデプロイされているオペレーティング システム、ハイパーバイザー、各種エージェント) の修正から、ネットワーク コンポーネントのアップグレード、ハードウェアの使用停止に至るまで、さまざまな範囲に及んでいます。These updates range from patching software components in the hosting environment (like operating system, hypervisor, and various agents deployed on the host), upgrading networking components, to hardware decommissioning. これらの更新のほとんどは、ホストされている仮想マシンに影響を及ぼすことなく実行されます。The majority of these updates are performed without any impact to the hosted virtual machines. ただし、更新による影響が生じる場合もあります。However, there are cases where updates do have an impact:

  • 再起動なしの更新が可能な場合、Azure はメモリ保持メンテナンスを使用して、ホストが更新されたり、VM が既に完全に更新されているホストに移動されたりする間、VM を一時停止します。If a reboot-less update is possible, Azure uses memory preserving maintenance to pause the VM while the host is updated or the VM is moved to an already updated host altogether.

  • 再起動を伴うメンテナンスの場合は、メンテナンスの予定日時が知らされます。If maintenance requires a reboot, you get a notice of when the maintenance is planned. また、その場合、都合の良いときに自分でメンテナンスを開始できる時間枠が与えられます。In these cases, you'll also be given a time window where you can start the maintenance yourself, at a time that works for you.

このページでは、2 種類のメンテナンスが Microsoft Azure でどのように実行されるかについて説明します。This page describes how Microsoft Azure performs both types of maintenance. 計画外のイベント (停止) の詳細については、Windows 仮想マシンまたは Linux 仮想マシンの可用性の管理に関するページを参照してください。For more information about unplanned events (outages), see Manage the availability of virtual machines for Windows or Linux.

仮想マシンで実行されるアプリケーションは、Azure Metadata Service for Windows または Azure Metadata Service for Linux を使って、今後の更新についての情報を収集できます。Applications running in a virtual machine can gather information about upcoming updates by using the Azure Metadata Service for Windows or Linux.

計画メンテナンスを管理する場合の「方法」については、Linux または Windows の計画メンテナンスの通知の処理に関するページを参照してください。For "how-to" information on managing planned maintenance, see "Handling planned maintenance notifications" for Linux or Windows.

メモリ保持メンテナンスMemory preserving maintenance

更新プログラムが完全な再起動を必要としない場合は、メモリ保持メンテナンスのメカニズムを使用して、仮想マシンへの影響を限定します。When updates don't require a full reboot, memory preserving maintenance mechanisms are used to limit the impact to the virtual machine. 仮想マシンは最大で 30 秒間一時停止状態になり、RAM 内のメモリは保持されます。その間、ホスティング環境により、必要な更新プログラムとパッチが適用されるか、既に更新済みのホストに VM が移動されます。The virtual machine is paused for up to 30 seconds, preserving the memory in RAM, while the hosting environment applies the necessary updates and patches, or moves the VM to an already updated host. その後仮想マシンが再開され、仮想マシンの時計が自動的に同期されます。The virtual machine is then resumed and the clock of the virtual machine is automatically synchronized.

可用性セットの VM については、更新ドメインが 1 つずつ更新されます。For VMs in availability sets, update domains are updated one at a time. ある更新ドメイン (UD) 内のすべての VM が一時停止され、更新された後、再開されます。その後、引き続き、次の UD の計画済みメンテナンスが実行されます。All VMs in one update domain (UD) are paused, updated and then resumed before planned maintenance moves on to the next UD.

こうしたタイプの更新が一部のアプリケーションに影響を及ぼすことがあります。Some applications may be impacted by these types of updates. リアルタイム イベント処理、メディア ストリーミングまたはコード変換、あるいは高スループットのネットワーク シナリオなどを実行するアプリケーションは、30 秒の一時停止を許容するようには設計されていない可能性があります。Applications that perform real-time event processing, like media streaming or transcoding, or high throughput networking scenarios, may not be designed to tolerate a 30 second pause. VM が別のホストに移動されている場合、一部の機密性の高いワークロードで、数分間から最長で仮想マシンの一時停止の間、わずかなパフォーマンスの低下が見られることがあります。 In case the VM is being move to a different host, some sensitive workloads might notice a slight performance degradation in the few minutes leading up to the Virtual Machine pause.

再起動を伴うメンテナンスMaintenance requiring a reboot

計画済みメンテナンスで VM の再起動が必要になる場合は、事前に通知が届きます。When VMs need to be rebooted for planned maintenance, you are notified in advance. 計画済みメンテナンスには、"セルフサービス期間" と "予定メンテナンス期間" の 2 つのフェーズがあります。Planned maintenance has two phases: the self-service window and a scheduled maintenance window.

ご利用の VM に対するメンテナンスは、セルフサービス期間に行うことができます。The self-service window lets you initiate the maintenance on your VMs. この期間に、個々の VM にその状態を照会し、自分が最後に行ったメンテナンス要求の結果を確認します。During this time, you can query each VM to see their status and check the result of your last maintenance request.

セルフサービス メンテナンスを開始するときは、既に更新されているノードにご利用の VM を移し、再度電源を投入します。When you start self-service maintenance, your VM is moved to a node that has already been updated and then powers it back on. VM が再起動されるため、一時ディスクは失われ、仮想ネットワーク インターフェイスに関連付けられた動的 IP アドレスは更新されます。Because the VM reboots, the temporary disk is lost and dynamic IP addresses associated with virtual network interface are updated.

セルフサービス メンテナンスを開始して、そのプロセス中にエラーが発生し、操作が停止された場合、VM は更新されません。また、計画済みメンテナンスのループからも外されます。If you start self-service maintenance and there is an error during the process, the operation is stopped, the VM is not updated and it is also removed from the planned maintenance iteration. 後ほど、Microsoft から新しいスケジュールをご連絡いたします。また別途、セルフサービス メンテナンスの機会が設けられます。You will be contacted in a later time with a new schedule and offered a new opportunity to do self-service maintenance.

セルフサービス期間が過ぎると、予定メンテナンス期間が始まります。When the self-service window has passed, the scheduled maintenance window begins. この期間でも、メンテナンス期間について照会することはできますが、この時点でセルフ メンテナンスを開始することはできません。During this time window, you can still query for the maintenance window, but no longer be able to start the maintenance yourself.

再起動を必要とするメンテナンスの管理については、Linux または Windows の計画メンテナンスの通知の処理に関するページを参照してください。For information on managing maintenance requiring a reboot, see "Handling planned maintenance notifications" for Linux or Windows.

計画メンテナンス実施時の可用性に関する考慮事項 Availability Considerations during Planned Maintenance

計画メンテナンス期間まで待つ場合、ご利用の VM の可用性を最大限に保つために考慮すべき事柄がいくつかあります。If you decide to wait until the planned maintenance window, there are a few things to consider for maintaining the highest availability of your VMs.

ペアになっているリージョンPaired Regions

各 Azure リージョンは、同じ geo 内の別のリージョンと組み合わせて、リージョン ペアにして使用します。Each Azure region is paired with another region within the same geography, together they make a regional pair. 計画メンテナンス中は、リージョン ペアの一方のリージョンの VM だけが更新されます。During planned maintenance, Azure will only update the VMs in a single region of a region pair. たとえば、米国中北部の仮想マシンが更新されるとき、同時に米国中南部の仮想マシンが更新されることはありません。For example, when updating the Virtual Machines in North Central US, Azure will not update any Virtual Machines in South Central US at the same time. ただし、北ヨーロッパなどのその他のリージョンは、米国東部と同時にメンテナンスされる可能性があります。However, other regions such as North Europe can be under maintenance at the same time as East US. 各リージョンに対して適切に VM を分散させるためには、リージョン ペアの動作を理解することが大切です。Understanding how region pairs work can help you better distribute your VMs across regions. 詳細については、Azure リージョン ペアに関するページを参照してください。For more information, see Azure region pairs.

可用性セットとスケール セットAvailability sets and scale sets

Azure VM にワークロードをデプロイするとき、可用性セット内に VM を作成することで、アプリケーションの高可用性を確保することができます。When deploying a workload on Azure VMs, you can create the VMs within an availability set to provide high availability to your application. そうすることで、障害発生時やメンテナンスの間であっても、少なくとも 1 つの仮想マシンを使用できるようになります。This ensures that during either an outage or maintenance events, at least one virtual machine is available.

可用性セット内の個々の VM は最大 20 個の更新ドメイン (UD) に分散されます。Within an availability set, individual VMs are spread across up to 20 update domains (UDs). 計画メンテナンス中は、指定された時間に 1 つの更新ドメインのみ影響を受けます。During planned maintenance, only a single update domain is impacted at any given time. 更新ドメインへの影響が必ずしも順番に生じるわけではないことに注意してください。Be aware that the order of update domains being impacted does not necessarily happen sequentially.

Virtual Machine Scale Sets は、同一の VM のセットをデプロイして管理するために使用できる Azure コンピューティング リソースです。Virtual machine scale sets are an Azure compute resource that enables you to deploy and manage a set of identical VMs as a single resource. スケール セットは、可用性セット内の VM と同じように、複数の更新ドメインに対して分散するように自動的にデプロイされます。The scale set is automatically deployed across update domains, like VMs in an availability set. 可用性セットと同様、スケール セットの場合も、影響を受ける更新ドメインは一度に 1 つだけです。Just like with availability sets, with scale sets only a single update domain is impacted at any given time.

高可用性を実現するための仮想マシンの構成について詳しくは、Windows 仮想マシンの可用性管理に関するページまたは Linux 仮想マシンの可用性管理に関するページを参照してください。For more information about configuring your virtual machines for high availability, see Manage the availability of your virtual machines for Windows or Linux.

次の手順Next steps

再起動を必要とするメンテナンスの管理については、「計画済みのメンテナンスの通知の処理」を参照してください。For information on managing maintenance requiring a reboot, see Handling planned maintenance notifications.