プラットフォームでサポートされているクラシックから Azure Resource Manager への移行に関する技術的な詳細Technical deep dive on platform-supported migration from classic to Azure Resource Manager

Azure クラシック デプロイ モデルから、Azure Resource Manager デプロイ モデルへの移行を詳しく見ていきましょう。Let's take a deep-dive on migrating from the Azure classic deployment model to the Azure Resource Manager deployment model. Azure Platform 上の 2 つのデプロイメント モデルの間で、どのようにリソースが移行されるかを理解できるように、リソースと機能レベルでリソースについて説明していきます。We look at resources at a resource and feature level to help you understand how the Azure platform migrates resources between the two deployment models. 詳細については、次のサービス告知記事を参照してください。「プラットフォームでサポートされているクラシックから Azure Resource Manager への IaaS リソースの移行」。For more information, please read the service announcement article: Platform-supported migration of IaaS resources from classic to Azure Resource Manager.

クラシック デプロイ モデルから Azure Resource Manager への IaaS リソースの移行Migrate IaaS resources from the classic deployment model to Azure Resource Manager

最初に、サービスとしてのインフラストラクチャ (IaaS) リソースにおけるデータ プレーン操作と管理プレーン操作の違いについて理解することが重要です。First, it's important to understand the difference between data-plane and management-plane operations on the infrastructure as a service (IaaS) resources.

  • "管理/コントロール プレーン" は、リソースを変更するための管理/コントロール プレーンまたは API を指します。Management/control plane describes the calls that come into the management/control plane or the API for modifying resources. たとえば、VM の作成、VM の再起動、新しいサブネットでの仮想ネットワークの更新などの操作は、実行中のリソースを管理しますが、For example, operations like creating a VM, restarting a VM, and updating a virtual network with a new subnet manage the running resources. VM への接続には直接影響しません。They don't directly affect connecting to the VMs.
  • "データ プレーン" (アプリケーション) はアプリケーション自体のランタイムを指します。ここには、Azure API を経由しないインスタンスとのやり取りが含まれます。Data plane (application) describes the runtime of the application itself, and involves interaction with instances that don’t go through the Azure API. たとえば、Web サイトへのアクセスや実行中の SQL Server インスタンスまたは MongoDB サーバーからのデータのプルは、データ プレーンまたはアプリケーションによるやり取りです。For example, accessing your website, or pulling data from a running SQL Server instance or a MongoDB server, are data plane or application interactions. その他の例としては、ストレージ アカウントから BLOB をコピーすることや、パブリック IP アドレスにアクセスしてリモート デスクトップ プロトコル (RDP) または Secure Shell (SSH) で仮想マシンに接続することが挙げられます。Other examples include copying a blob from a storage account, and accessing a public IP address to use Remote Desktop Protocol (RDP) or Secure Shell (SSH) into the virtual machine. これらの操作の場合、計算、ネットワーク、およびストレージでアプリケーションは実行されたままになります。These operations keep the application running across compute, networking, and storage.

クラシック デプロイ モデル スタックと Resource Manager スタックとで、データ プレーンに違いはありません。The data plane is the same between the classic deployment model and Resource Manager stacks. 両者の違いは、移行プロセス時にクラシック デプロイ モデルのリソースが Resource Manager スタックにおける表現に自動で変換される点にあります。The difference is that during the migration process, Microsoft translates the representation of the resources from the classic deployment model to that in the Resource Manager stack. したがって、Resource Manager スタックのリソースは、新しいツール、API、SDK を使って管理する必要があります。As a result, you need to use new tools, APIs, and SDKs to manage your resources in the Resource Manager stack.

管理/コントロール プレーンとデータ プレーンの違いを示す図

注意

一部の移行シナリオでは、Azure Platform が仮想マシンを停止および割り当て解除してから再起動します。In some migration scenarios, the Azure platform stops, deallocates, and restarts your virtual machines. その結果、短時間のデータ プレーン ダウンタイムが発生します。This causes a brief data-plane downtime.

移行エクスペリエンスThe migration experience

移行を開始する前に:Before you start the migration:

  • 移行するリソースで、サポートされていない機能や構成が使用されていないことを確認します。Ensure that the resources that you want to migrate don't use any unsupported features or configurations. 通常プラットフォームでは、これらの問題が検出され、エラーが生成されます。Usually the platform detects these issues and generates an error.
  • 仮想ネットワーク内にない VM は準備操作の一環として停止され、割り当てが解除されます。If you have VMs that are not in a virtual network, they are stopped and deallocated as part of the prepare operation. パブリック IP アドレスが失われないようにする場合は、準備操作をトリガーする前に IP アドレスの予約を検討してください。If you don't want to lose the public IP address, consider reserving the IP address before triggering the prepare operation. 仮想ネットワーク内にある VM は停止されず、割り当ては解除されません。If the VMs are in a virtual network, they are not stopped and deallocated.
  • 移行中に発生する可能性のある予期しないエラーに備え、営業時間外での移行を計画します。Plan your migration during non-business hours to accommodate for any unexpected failures that might happen during migration.
  • 準備手順の完了後に検証しやすいように、PowerShell、コマンド ライン インターフェイス (CLI) コマンド、または REST API を使用して、VM の現在の構成をダウンロードします。Download the current configuration of your VMs by using PowerShell, command-line interface (CLI) commands, or REST APIs to make it easier for validation after the prepare step is complete.
  • 移行を開始する前に、Resource Manager デプロイ モデルを処理する自動化スクリプトと運用化スクリプトを更新します。Update your automation and operationalization scripts to handle the Resource Manager deployment model, before you start the migration. 必要に応じて、リソースの準備ができた状態で GET 操作を実行できます。You can optionally do GET operations when the resources are in the prepared state.
  • クラシック デプロイ モデルの IaaS リソースで構成されているロールベースのアクセス制御 (RBAC) ポリシーを評価し、移行が完了したら計画します。Evaluate the Role-Based Access Control (RBAC) policies that are configured on the IaaS resources in the classic deployment model, and plan for after the migration is complete.

移行のワークフローを次に示します。The migration workflow is as follows:

移行のワークフローを示す図

注意

以降のセクションで説明する操作はすべてべき等です。The operations described in the following sections are all idempotent. サポートされていない機能や構成エラー以外の問題が発生した場合、準備、中止、またはコミットの操作を再試行してください。If you have a problem other than an unsupported feature or a configuration error, retry the prepare, abort, or commit operation. Azure でもう一度アクションが試行されます。Azure tries the action again.

検証Validate

検証操作は、移行プロセスの最初の手順です。The validate operation is the first step in the migration process. この手順の目的は、クラシック デプロイ モデルから移行するリソースの状態を分析することです。The goal of this step is to analyze the state of the resources you want to migrate in the classic deployment model. この操作では、リソースを移行できるかどうかが評価されます (成功または失敗)。The operation evaluates whether the resources are capable of migration (success or failure).

移行を検証する仮想ネットワークまたはクラウド サービス (仮想ネットワークでない場合) を選択します。You select the virtual network or a cloud service (if it’s not in a virtual network) that you want to validate for migration. リソースを移行できない場合、その理由が Azure によって一覧表示されます。If the resource is not capable of migration, Azure lists the reasons why.

検証操作で実施されないチェックChecks not done in the validate operation

検証操作で分析されるのは、クラシック デプロイ モデルにおけるリソースの状態に限られます。The validate operation only analyzes the state of the resources in the classic deployment model. クラシック デプロイ モデルの各種構成に起因する障害やサポート対象外のシナリオについてはすべてチェックすることができます。It can check for all failures and unsupported scenarios due to various configurations in the classic deployment model. 一方、移行中に Azure Resource Manager スタックが原因で起こりうるリソースの問題については一切チェックすることができません。It is not possible to check for all issues that the Azure Resource Manager stack might impose on the resources during migration. これらの問題は、移行に続く手順 (準備操作) でそれらのリソースに変換処理が適用されるときにだけチェックされます。These issues are only checked when the resources undergo transformation in the next step of migration (the prepare operation). 次の表は、検証操作でチェックされないすべての問題を一覧にしたものです。The following table lists all the issues not checked in the validate operation:

検証操作で実施されないネットワーク チェックNetworking checks not in the validate operation
仮想ネットワークに ER ゲートウェイと VPN ゲートウェイの両方が割り当てられている。A virtual network having both ER and VPN gateways.
仮想ネットワーク ゲートウェイ接続が切断状態。A virtual network gateway connection in a disconnected state.
Azure Resource Manager スタックにすべての ER 回線が事前に移行されている。All ER circuits are pre-migrated to Azure Resource Manager stack.
Azure Resource Manager のネットワーク リソースのクォータ チェックAzure Resource Manager quota checks for networking resources. (例: 静的パブリック IP、動的パブリック IP、ロード バランサー、ネットワーク セキュリティ グループ、ルート テーブル、ネットワーク インターフェイス)。For example: static public IP, dynamic public IPs, load balancer, network security groups, route tables, and network interfaces.
すべてのロード バランサー規則がデプロイと仮想ネットワークにわたって有効である。All load balancer rules are valid across deployment and the virtual network.
同じ仮想ネットワーク内にある停止済み (割り当て解除済み) VM 間のプライベート IP の競合。Conflicting private IPs between stop-deallocated VMs in the same virtual network.

準備Prepare

準備操作は、移行プロセスの 2 番目の手順です。The prepare operation is the second step in the migration process. この手順の目的は、クラシック デプロイ モデルから Resource Manager リソースへの IaaS リソースの変換をシミュレートすることです。The goal of this step is to simulate the transformation of the IaaS resources from the classic deployment model to Resource Manager resources. さらに、準備操作ではこれをサイドバイサイドで視覚的に示します。Further, the prepare operation presents this side-by-side for you to visualize.

注意

この手順では、クラシック デプロイ モデルのリソースは変更されません。Your resources in the classic deployment model are not modified during this step. この手順で安全に移行を試すことができます。It's a safe step to run if you're trying out migration.

移行を準備する仮想ネットワークまたはクラウド サービス (仮想ネットワークでない場合) を選択します。You select the virtual network or the cloud service (if it’s not a virtual network) that you want to prepare for migration.

  • リソースを移行できない場合は、移行プロセスが停止され、準備操作が失敗した理由が一覧表示されます。If the resource is not capable of migration, Azure stops the migration process and lists the reason why the prepare operation failed.
  • リソースを移行できる場合は、移行対象のリソースに対する管理プレーン操作がロックされます。If the resource is capable of migration, Azure locks down the management-plane operations for the resources under migration. たとえば、移行中、VM にデータ ディスクを追加することはできません。For example, you are not able to add a data disk to a VM under migration.

次に、リソースを移行するために、クラシック デプロイ モデルから Resource Manager へのメタデータの移行が開始されます。Azure then starts the migration of metadata from the classic deployment model to Resource Manager for the migrating resources.

準備操作が完了すると、クラシック デプロイ モデルと Resource Manager の両方でリソースを視覚化するためのオプションが表示されます。After the prepare operation is complete, you have the option of visualizing the resources in both the classic deployment model and Resource Manager. クラシック デプロイ モデルのすべてのクラウド サービスに対して、cloud-service-name>-Migratedというパターンのリソース グループ名が Azure Platform で作成されます。For every cloud service in the classic deployment model, the Azure platform creates a resource group name that has the pattern cloud-service-name>-Migrated.

注意

移行されるリソースのために作成されたリソース グループの名前 (つまり "-Migrated") は選択できません。It is not possible to select the name of a resource group created for migrated resources (that is, "-Migrated"). ただし、移行の完了後には、Azure Resource Manager の移動機能を使用して、リソースを任意のリソース グループに移動できます。After migration is complete, however, you can use the move feature of Azure Resource Manager to move resources to any resource group you want. 詳細については、「 新しいリソース グループまたはサブスクリプションへのリソースの移動」を参照してください。For more information, see Move resources to new resource group or subscription.

次の 2 つのスクリーンショットには、準備操作が正常に終了した後の結果が表示されています。The following two screenshots show the result after a successful prepare operation. 最初のスクリーンショットには、元のクラウド サービスを含むリソース グループが表示されています。The first one shows a resource group that contains the original cloud service. 2 番目のスクリーンショットには、"-Migrated" の付いた新しいリソース グループが表示されています。ここには、同じ Azure Resource Manager リソースが含まれています。The second one shows the new "-Migrated" resource group that contains the equivalent Azure Resource Manager resources.

元のクラウド サービスを示すスクリーンショット

準備操作時の Azure Resource Manager リソースを示すスクリーンショット

ここで、準備フェーズ完了後のリソースを概観しておきましょう。Here is a behind-the-scenes look at your resources after the completion of the prepare phase. データ プレーンのリソースは同じであることに注意してください。Note that the resource in the data plane is the same. 管理プレーン (クラシック デプロイ モデル) とコントロール プレーン (Resource Manager) の両方で表されています。It's represented in both the management plane (classic deployment model) and the control plane (Resource Manager).

準備フェーズの図

注意

クラシック デプロイ モデルの仮想ネットワーク内にない VM は、この移行フェーズで "停止済みかつ割り当て解除済み" になります。VMs that are not in a virtual network in the classic deployment model are stopped and deallocated in this phase of migration.

チェック (手動またはスクリプト)Check (manual or scripted)

このチェック手順では、移行が正しく行われていることを検証するために、前の手順でダウンロードした構成を使用できます。In the check step, you have the option to use the configuration that you downloaded earlier to validate that the migration looks correct. また、ポータルにサインインし、プロパティとリソースをスポット チェックして、メタデータが正しく移行されていることを検証することもできます。Alternatively, you can sign in to the portal, and spot check the properties and resources to validate that metadata migration looks good.

仮想ネットワークを移行する場合、仮想マシンの構成のほとんどが再開されません。If you are migrating a virtual network, most configuration of virtual machines is not restarted. これらの VM 上のアプリケーションについて、アプリケーションがまだ実行されていることを検証できます。For applications on those VMs, you can validate that the application is still running.

監視スクリプトと操作スクリプトをテストすることで、VM が期待どおりに機能していること、および更新したスクリプトが正しく機能することを確認できます。You can test your monitoring and operational scripts to see if the VMs are working as expected, and if your updated scripts work correctly. リソースが準備されている状態の場合は、GET 操作のみがサポートされます。Only GET operations are supported when the resources are in the prepared state.

移行のコミットが必要になるまでの期間は設定されません。There is no set window of time before which you need to commit the migration. この状態で必要なだけ時間をかけることができます。You can take as much time as you want in this state. ただし、中止またはコミットするまで、これらのリソースに対して管理プレーンがロックされることに注意してください。However, the management plane is locked for these resources until you either abort or commit.

問題がある場合は、いつでも移行を中止し、クラシック デプロイ モデルに戻ることができます。If you see any issues, you can always abort the migration and go back to the classic deployment model. 戻ると、リソースに対する管理プレーン操作がロック解除されるため、クラシック デプロイ モデルでそれらの VM に対する通常の操作を再開することができます。After you go back, Azure opens the management-plane operations on the resources, so that you can resume normal operations on those VMs in the classic deployment model.

中止Abort

この手順は省略可能です。クラシック デプロイ モデルに対する変更を元に戻し、移行を中止したい場合に使用します。This is an optional step if you want to revert your changes to the classic deployment model and stop the migration. リソースの (準備手順で作成された) Resource Manager メタデータは、この操作で削除されます。This operation deletes the Resource Manager metadata (created in the prepare step) for your resources.

中止手順の図

注意

この操作は、コミット操作をトリガーした後には実行できません。This operation can't be done after you have triggered the commit operation.

コミットCommit

検証が完了したら、移行をコミットできます。After you finish the validation, you can commit the migration. リソースは Resource Manager デプロイ モデルでのみ使用できるようになります。クラシック デプロイ モデルには表示されません。Resources do not appear anymore in the classic deployment model, and are available only in the Resource Manager deployment model. つまり、移行されたリソースは新しいポータルでのみ管理できます。The migrated resources can be managed only in the new portal.

注意

これはべき等操作です。This is an idempotent operation. 失敗した場合、操作を再試行してください。If it fails, retry the operation. 失敗が続く場合は、サポート チケットを作成するか、VM フォーラムでフォーラム投稿を作成し、"ClassicIaaSMigration" タグを付けてください。If it continues to fail, create a support ticket or create a forum post with a "ClassicIaaSMigration" tag on our VM forum.

コミット手順の図

移行フローチャートMigration flowchart

次のフローチャートで移行の流れを示します。Here is a flowchart that shows how to proceed with migration:

Screenshot that shows the migration steps

クラシック デプロイ モデル リソースから Resource Manager リソースへの変換Translation of the classic deployment model to Resource Manager resources

次の表では、リソースはクラシック デプロイ モデルと Resource Manager で呼称が異なる場合があります。You can find the classic deployment model and Resource Manager representations of the resources in the following table. その他の機能とリソースは現在サポートされていません。Other features and resources are not currently supported.

クラシック表示Classic representation Resource Manager の表示Resource Manager representation メモNotes
クラウド サービス名Cloud service name DNS nameDNS name 移行中、 <cloudservicename>-migratedの命名パターンで、すべてのクラウド サービスに新しいリソース グループが作成されます。During migration, a new resource group is created for every cloud service with the naming pattern <cloudservicename>-migrated. このリソース グループには、すべてのリソースが含まれています。This resource group contains all your resources. クラウド サービス名は、パブリック IP アドレスが関連付けられた DNS 名になります。The cloud service name becomes a DNS name that is associated with the public IP address.
仮想マシンVirtual machine 仮想マシンVirtual machine VM 固有のプロパティはそのまま移行されます。VM-specific properties are migrated unchanged. コンピューター名など、一部の osProfile 情報はクラシック デプロイ モデルに格納されておらず、移行後も空のままです。Certain osProfile information, like computer name, is not stored in the classic deployment model, and remains empty after migration.
VM に接続されているディスク リソースDisk resources attached to VM VM に接続されている暗黙的なディスクImplicit disks attached to VM ディスクは、Resource Manager デプロイ モデルの最上位リソースとしてモデル化されません。Disks are not modeled as top-level resources in the Resource Manager deployment model. VM の下で暗黙的なディスクとして移行されます。They are migrated as implicit disks under the VM. VM に接続されているディスクのみがサポートされています。Only disks that are attached to a VM are currently supported. 現在 Resource Manager VM ではクラシック デプロイ モデルのストレージ アカウントを使用できるため、更新がなくてもディスクを簡単に移行できます。Resource Manager VMs can now use storage accounts in the classic deployment model, which allows the disks to be easily migrated without any updates.
VM 拡張機能VM extensions VM 拡張機能VM extensions XML 拡張機能を除くすべてのリソース拡張機能が、クラシック デプロイ モデルから移行されます。All the resource extensions, except XML extensions, are migrated from the classic deployment model.
仮想マシン証明書Virtual machine certificates Azure Key Vault の証明書Certificates in Azure Key Vault クラウド サービスにサービス証明書が含まれている場合、移行によってクラウド サービスごとに新しい Azure キー コンテナーが作成され、証明書はそこに移動されます。If a cloud service contains service certificates, the migration creates a new Azure key vault per cloud service, and moves the certificates into the key vault. VM は、Key Vault の証明書を参照するように更新されます。The VMs are updated to reference the certificates from the key vault.

キー コンテナーは削除しないでください。Do not delete the key vault. VM の状態が失敗に変わる可能性があります。This can cause the VM to go into a failed state.
WinRM 構成WinRM configuration osProfile の WinRM 構成WinRM configuration under osProfile Windows リモート管理の構成は、移行の一環として、そのまま移動されます。Windows Remote Management configuration is moved unchanged, as part of the migration.
可用性セットのプロパティAvailability-set property 可用性セットのリソースAvailability-set resource クラシック デプロイ モデルでは、可用性セットの指定は VM のプロパティです。Availability-set specification is a property on the VM in the classic deployment model. 可用性セットは、移行の一環として、上位のリソースになります。Availability sets become a top-level resource as part of the migration. 1 つのクラウド サービスに対して複数の可用性セット、または 1 つ以上の可用性セットとクラウド サービスの可用性セットにない VM という構成はサポートされていません。The following configurations are not supported: multiple availability sets per cloud service, or one or more availability sets along with VMs that are not in any availability set in a cloud service.
VM のネットワーク構成Network configuration on a VM プライマリ ネットワーク インターフェイスPrimary network interface 移行後、VM のネットワーク構成がプライマリ ネットワーク インターフェイス リソースとして表示されます。Network configuration on a VM is represented as the primary network interface resource after migration. 仮想ネットワークにない VM の場合は、内部 IP アドレスが移行中に変わります。For VMs that are not in a virtual network, the internal IP address changes during migration.
VM の複数のネットワーク インターフェイスMultiple network interfaces on a VM ネットワーク インターフェイスNetwork interfaces VM に複数のネットワーク インターフェイスが関連付けられている場合、移行の一環として、各ネットワーク インターフェイスがすべてのプロパティと共に上位のリソースになります。If a VM has multiple network interfaces associated with it, each network interface becomes a top-level resource as part of the migration, along with all the properties.
負荷分散エンドポイント セットLoad-balanced endpoint set Load BalancerLoad balancer クラシック デプロイ モデルでは、クラウド サービスごとに暗黙的なロード バランサーが割り当てられました。In the classic deployment model, the platform assigned an implicit load balancer for every cloud service. 移行中に、新しいロード バランサー リソースが作成され、そのロード バランサー エンドポイント セットはロード バランサー ルールになります。During migration, a new load-balancer resource is created, and the load-balancing endpoint set becomes load-balancer rules.
受信 NAT のルールInbound NAT rules 受信 NAT のルールInbound NAT rules VM に定義されている入力エンドポイントは、移行中、ロード バランサーで受信ネットワーク アクセス変換ルールに変換されます。Input endpoints defined on the VM are converted to inbound network address translation rules under the load balancer during the migration.
VIP アドレスVIP address DNS 名のあるパブリック IP アドレスPublic IP address with DNS name 仮想 IP アドレスがパブリック IP アドレスになり、ロード バランサーに関連付けられます。The virtual IP address becomes a public IP address, and is associated with the load balancer. 仮想 IP は、それに割り当てられている入力エンドポイントがある場合にのみ移行することができます。A virtual IP can only be migrated if there is an input endpoint assigned to it.
仮想ネットワークVirtual network 仮想ネットワークVirtual network 仮想ネットワークとそのすべてのプロパティが Resource Manager デプロイ モデルに移行されます。The virtual network is migrated, with all its properties, to the Resource Manager deployment model. -migratedという名前で新しいリソース グループが作成されます。A new resource group is created with the name -migrated.
予約済み IPReserved IPs 静的割り当て方法のあるパブリック IP アドレスPublic IP address with static allocation method ロード バランサーに関連付けられている予約済み IP が、クラウド サービスまたは仮想マシンの移行に伴って移行されます。Reserved IPs associated with the load balancer are migrated, along with the migration of the cloud service or the virtual machine. 現時点では、関連付けられていない予約済み IP 移行はサポートされていません。Unassociated reserved IP migration is not currently supported.
VM ごとのパブリック IP アドレスPublic IP address per VM 動的割り当て方法のあるパブリック IP アドレスPublic IP address with dynamic allocation method VM に関連付けられているパブリック IP アドレスは、割り当て方法が静的に設定されているパブリック IP アドレス リソースとして変換されます。The public IP address associated with the VM is converted as a public IP address resource, with the allocation method set to static.
NSGNSGs NSGNSGs サブネットに関連付けられているネットワーク セキュリティ グループは、Resource Manager デプロイ モデルへの移行の一環として複製されます。Network security groups associated with a subnet are cloned as part of the migration to the Resource Manager deployment model. 移行中、クラシック デプロイ モデルの NSG は削除されません。The NSG in the classic deployment model is not removed during the migration. ただし、NSG の管理プレーン操作は、移行中はブロックされます。However, the management-plane operations for the NSG are blocked when the migration is in progress.
DNS サーバーDNS servers DNS サーバーDNS servers 仮想ネットワークまたは VM に関連付けられている DNS サーバーは、該当するリソース移行の一環として、すべてのプロパティと共に移行されます。DNS servers associated with a virtual network or the VM are migrated as part of the corresponding resource migration, along with all the properties.
UDRUDRs UDRUDRs サブネットに関連付けられているユーザー定義のルートは、Resource Manager デプロイ モデルへの移行の一環として複製されます。User-defined routes associated with a subnet are cloned as part of the migration to the Resource Manager deployment model. 移行中、クラシック デプロイ モデルの UDR は削除されません。The UDR in the classic deployment model is not removed during the migration. UDR の管理プレーン操作は、移行中はブロックされます。The management-plane operations for the UDR are blocked when the migration is in progress.
VM のネットワーク構成の IP 転送プロパティIP forwarding property on a VM's network configuration NIC の IP 転送プロパティIP forwarding property on the NIC VM上 の IP 転送プロパティは、移行中、ネットワーク インターフェイスでプロパティに変換されます。The IP forwarding property on a VM is converted to a property on the network interface during the migration.
複数の IP のあるロード バランサーLoad balancer with multiple IPs 複数のパブリック IP リソースのあるロード バランサーLoad balancer with multiple public IP resources 移行後、ロード バランサーが関連付けられているすべてのパブリック IP がパブリック IP リソースに変換され、ロード バランサーに関連付けられます。Every public IP associated with the load balancer is converted to a public IP resource, and associated with the load balancer after migration.
VM の内部 DNS 名Internal DNS names on the VM NIC の内部 DNS 名Internal DNS names on the NIC 移行中、VM の内部 DNS サフィックスは、NIC の "InternalDomainNameSuffix" という名前の読み取り専用プロパティに移行されます。During migration, the internal DNS suffixes for the VMs are migrated to a read-only property named “InternalDomainNameSuffix” on the NIC. サフィックス名は移行後もそのままで、VM 解決は前と同じように動作し続けます。The suffix remains unchanged after migration, and VM resolution should continue to work as previously.
仮想ネットワーク ゲートウェイVirtual network gateway 仮想ネットワーク ゲートウェイVirtual network gateway 仮想ネットワーク ゲートウェイのプロパティはそのまま移行されます。Virtual network gateway properties are migrated unchanged. ゲートウェイに関連付けられている VIP も変更されません。The VIP associated with the gateway does not change either.
ローカル ネットワーク サイトLocal network site ローカル ネットワーク ゲートウェイLocal network gateway ローカル ネットワーク サイトのプロパティは、ローカル ネットワーク ゲートウェイと呼ばれる新しいリソースにそのまま移行されます。Local network site properties are migrated unchanged to a new resource called a local network gateway. これは、オンプレミス アドレス プレフィックスおよびリモート ゲートウェイ IP を表します。This represents on-premises address prefixes and the remote gateway IP.
接続の参照Connections references 接続Connection ネットワーク構成のゲートウェイとローカル ネットワーク サイトを結ぶ接続の参照は、"接続" と呼ばれる新しいリソースによって表されます。Connectivity references between the gateway and the local network site in network configuration is represented by a new resource called Connection. ネットワーク構成ファイル内の接続の参照に関するすべてのプロパティは、"接続" リソースにそのままコピーされます。All properties of connectivity reference in network configuration files are copied unchanged to the Connection resource. クラシック デプロイ モデルの仮想ネットワーク間の接続は、仮想ネットワークを表すローカル ネットワーク サイトへの 2 つの IPsec トンネルを作成することで実現されます。Connectivity between virtual networks in the classic deployment model is achieved by creating two IPsec tunnels to local network sites representing the virtual networks. Resource Manager モデルでは、これが VNet2VNet の接続の種類に変更され、ローカル ネットワーク ゲートウェイは不要になります。This is transformed to the virtual-network-to-virtual-network connection type in the Resource Manager model, without requiring local network gateways.

移行後のオートメーションおよびツールの変更Changes to your automation and tooling after migration

クラシック デプロイ モデルから Resource Manager デプロイ モデルへのリソース移行の一環として、既存のオートメーションまたはツールを、リソース移行後も確実に機能し続けるように更新する必要があります。As part of migrating your resources from the classic deployment model to the Resource Manager deployment model, you must update your existing automation or tooling to ensure that it continues to work after the migration.

次の手順Next steps