Azure における Windows 仮想マシンの概要Overview of Windows virtual machines in Azure

Azure Virtual Machines (VM) は、Azure が提供するスケーラブルなオンデマンド コンピューティング リソースの 1 つです。Azure Virtual Machines (VM) is one of several types of on-demand, scalable computing resources that Azure offers. 通常、コンピューティング環境を他の手段より細かく管理する必要がある場合に、VM を選択します。Typically, you choose a VM when you need more control over the computing environment than the other choices offer. この記事では、VM を作成する前に検討する必要のある事項、VM の作成方法、VM の管理方法に関する情報を提供します。This article gives you information about what you should consider before you create a VM, how you create it, and how you manage it.

Azure VM は、VM を実行する物理的なハードウェアを購入して維持する手間を省き、仮想化がもたらす柔軟性を提供します。An Azure VM gives you the flexibility of virtualization without having to buy and maintain the physical hardware that runs it. ただし、VM のメンテナンス、つまり VM 上で動作するソフトウェアの構成、その修正プログラムの適用、インストールは必要です。However, you still need to maintain the VM by performing tasks, such as configuring, patching, and installing the software that runs on it.

Azure の仮想マシンは、さまざまな方法で利用できます。Azure virtual machines can be used in various ways. 次に例をいくつか示します。Some examples are:

  • 開発とテスト – Azure VM は、アプリケーションのコーディングとテストに必要な特定の構成でコンピューターをすばやく簡単に作成する手段を提供します。Development and test – Azure VMs offer a quick and easy way to create a computer with specific configurations required to code and test an application.
  • クラウドのアプリケーション – アプリケーションの需要は変動する可能性があるため、Azure の VM でアプリケーションを実行することは経済的に理に適っています。Applications in the cloud – Because demand for your application can fluctuate, it might make economic sense to run it on a VM in Azure. VM が必要になったら追加分の料金を支払い、不要になったらシャットダウンすることができます。You pay for extra VMs when you need them and shut them down when you don’t.
  • データセンターの拡張 – Azure 仮想ネットワーク内の仮想マシンは、組織のネットワークに簡単に接続できます。Extended datacenter – Virtual machines in an Azure virtual network can easily be connected to your organization’s network.

アプリケーションで使用する VM の数は、ニーズに応じてスケールアップおよびスケールアウトできます。The number of VMs that your application uses can scale up and out to whatever is required to meet your needs.

VM の作成前に検討する必要のある事項What do I need to think about before creating a VM?

Azure でアプリケーション インフラストラクチャを構築する際には、多数の設計上の考慮事項が必ず存在します。There are always a multitude of design considerations when you build out an application infrastructure in Azure. 開始する前に、VM の次の側面を考慮することが重要です。These aspects of a VM are important to think about before you start:

  • アプリケーション リソースの名前The names of your application resources
  • リソースが格納される場所The location where the resources are stored
  • VM のサイズThe size of the VM
  • 作成できる VM の最大数The maximum number of VMs that can be created
  • VM で実行されるオペレーティング システムThe operating system that the VM runs
  • 開始した後の VM の構成The configuration of the VM after it starts
  • VM で必要な関連リソースThe related resources that the VM needs

名前を付けるNaming

仮想マシンには名前が割り当てられ、コンピューター名がオペレーティング システムの一部として構成されます。A virtual machine has a name assigned to it and it has a computer name configured as part of the operating system. VM の名前は最大で 15 文字です。The name of a VM can be up to 15 characters.

Azure を使用してオペレーティング システム ディスクを作成する場合、コンピューター名と仮想マシン名は同じになります。If you use Azure to create the operating system disk, the computer name and the virtual machine name are the same. 以前構成されたオペレーティング システムが含まれる独自のイメージをアップロードして使用し、それを基に仮想マシンを作成する場合は、別の名前にすることができます。If you upload and use your own image that contains a previously configured operating system and use it to create a virtual machine, the names can be different. 独自のイメージ ファイルをアップロードするときは、オペレーティング システムのコンピューター名と仮想マシン名を同じにすることをお勧めします。We recommend that when you upload your own image file, you make the computer name in the operating system and the virtual machine name the same.

LocationsLocations

Azure で作成されるすべてのリソースは、世界各地の複数の地理的リージョンに分散されます。All resources created in Azure are distributed across multiple geographical regions around the world. 通常、このリージョンは VM の作成時には場所と呼ばれます。Usually, the region is called location when you create a VM. VM の場合、この場所によって仮想ハード ディスクの格納場所を指定します。For a VM, the location specifies where the virtual hard disks are stored.

次の表に、利用可能な場所の一覧を取得する方法の一部を示します。This table shows some of the ways you can get a list of available locations.

MethodMethod 説明Description
Azure ポータルAzure portal VM を作成するときに一覧から場所を選択します。Select a location from the list when you create a VM.
Azure PowerShellAzure PowerShell Get-AzLocation コマンドを使用します。Use the Get-AzLocation command.
REST APIREST API 場所の一覧表示操作を使用します。Use the List locations operation.
Azure CLIAzure CLI az account list-locations 操作を使用します。Use the az account list-locations operation.

VM サイズVM size

使用する VM のサイズは、実行するワークロードによって決まります。The size of the VM that you use is determined by the workload that you want to run. さらに、選択したサイズによって、処理能力、メモリ、ストレージの容量などの要素が決まります。The size that you choose then determines factors such as processing power, memory, and storage capacity. Azure では、さまざまな種類の使用をサポートするために、さまざまなサイズを用意しています。Azure offers a wide variety of sizes to support many types of uses.

Azure では、VM のサイズおよびオペレーティング システムに基づいて時間単位の料金が請求されます。Azure charges an hourly price based on the VM’s size and operating system. 時間単位を満たさない場合は、分単位でのみ請求されます。For partial hours, Azure charges only for the minutes used. ストレージは別料金で、別個に請求されます。Storage is priced and charged separately.

VM の制限VM Limits

サブスクリプションにはそれぞれ既定のクォータ制限が設けられており、プロジェクトで多数の VM をデプロイする場合に、その点が影響する可能性があります。Your subscription has default quota limits in place that could impact the deployment of many VMs for your project. 現在は、リージョンあたり 20 VM の制限がサブスクリプションごとに設けられています。The current limit on a per subscription basis is 20 VMs per region. 制限は、サポート チケットで引き上げを依頼することによって引き上げることができます。Limits can be raised by filing a support ticket requesting an increase

オペレーティング システム ディスクおよびイメージOperating system disks and images

仮想マシンは、仮想ハード ディスク (VHD) を使用して、オペレーティング システム (OS) およびデータを格納します。Virtual machines use virtual hard disks (VHDs) to store their operating system (OS) and data. VHD は、OS をインストールするために選択できるイメージの保存にも使用できます。VHDs are also used for the images you can choose from to install an OS.

Azure には、Windows Server オペレーティング システムのさまざまなバージョンと種類で使用できる Marketplace イメージが多数用意されています。Azure provides many marketplace images to use with various versions and types of Windows Server operating systems. Marketplace イメージは、イメージの発行元、プラン、SKU、およびバージョン (通常は最新バージョンとして指定) によって識別されます。Marketplace images are identified by image publisher, offer, sku, and version (typically version is specified as latest). 64 ビットのオペレーティング システムのみがサポートされています。Only 64-bit operating systems are supported. サポートされているゲストのオペレーティング システム、ロール、機能の詳細については、「Microsoft Azure 仮想マシンのマイクロソフト サーバー ソフトウェアのサポート」を参照してください。For more information on the supported guest operating systems, roles, and features, see Microsoft server software support for Microsoft Azure virtual machines.

次の表に、イメージに関する情報を見つける方法をいくつか示します。This table shows some ways that you can find the information for an image.

MethodMethod 説明Description
Azure ポータルAzure portal 値は、使用するイメージを選択する際に自動的に指定されます。The values are automatically specified for you when you select an image to use.
Azure PowerShellAzure PowerShell Get-AzVMImagePublisher -Location locationGet-AzVMImagePublisher -Location location
Get-AzVMImageOffer -Location location -Publisher publisherNameGet-AzVMImageOffer -Location location -Publisher publisherName
Get-AzVMImageSku -Location location -Publisher publisherName -Offer offerNameGet-AzVMImageSku -Location location -Publisher publisherName -Offer offerName
REST APIREST APIs イメージ発行元の一覧表示List image publishers
イメージ プランの一覧表示List image offers
イメージ SKU の一覧表示List image skus
Azure CLIAzure CLI az vm image list-publishers --location 場所az vm image list-publishers --location location
az vm image list-offers --location 場所 --publisher 発行元名az vm image list-offers --location location --publisher publisherName
az vm image list-skus --location 場所 --publisher 発行元名 --offer プラン名az vm image list-skus --location location --publisher publisherName --offer offerName

独自のイメージをアップロードして使用することができますが、そのとき、発行元名、プラン、SKU は使用されません。You can choose to upload and use your own image and when you do, the publisher name, offer, and sku aren’t used.

拡張機能Extensions

VM の拡張機能は、デプロイ後の構成と自動化タスクを通じて VM に追加の機能を提供します。VM extensions give your VM additional capabilities through post deployment configuration and automated tasks.

拡張機能を使用して、次のような一般的なタスクを実行できます。These common tasks can be accomplished using extensions:

次の表のリソースは VM によって使用されるため、VM の作成時に存在するか、作成する必要があります。The resources in this table are used by the VM and need to exist or be created when the VM is created.

ResourceResource 必須Required 説明Description
[リソース グループ]Resource group はいYes VM は、リソース グループに含まれる必要があります。The VM must be contained in a resource group.
ストレージ アカウントStorage account はいYes VM には、その仮想ハード ディスクを格納するストレージ アカウントが必要です。The VM needs the storage account to store its virtual hard disks.
Virtual NetworkVirtual network はいYes VM は、仮想ネットワークのメンバーである必要があります。The VM must be a member of a virtual network.
パブリック IP アドレスPublic IP address いいえNo VM には、リモートでアクセスするためのパブリック IP アドレスを割り当てることができます。The VM can have a public IP address assigned to it to remotely access it.
ネットワーク インターフェイスNetwork interface はいYes VM には、ネットワークで通信するためのネットワーク インターフェイスが必要です。The VM needs the network interface to communicate in the network.
データ ディスクData disks いいえNo VM には、ストレージ容量を拡張するためのデータ ディスクを含めることができます。The VM can include data disks to expand storage capabilities.

最初の VM の作成方法How do I create my first VM?

VM を作成する際、いくつかの選択肢があります。You have several choices for creating your VM. どの選択肢を利用するかは、環境によって異なります。The choice that you make depends on the environment you are in.

次の表は、VM の作成を開始するうえでの情報を提供します。This table provides information to get you started creating your VM.

MethodMethod 記事Article
Azure ポータルAzure portal ポータルを使用して Windows を実行する仮想マシンを作成するCreate a virtual machine running Windows using the portal
テンプレートTemplates リソース マネージャー テンプレートで Windows 仮想マシンを作成するCreate a Windows virtual machine with a Resource Manager template
Azure PowerShellAzure PowerShell PowerShell を使用して Windows VM を作成するCreate a Windows VM using PowerShell
クライアント SDKClient SDKs C# を使用した Azure リソースのデプロイDeploy Azure Resources using C#
REST APIREST APIs VM の作成または更新Create or update a VM
Azure CLIAzure CLI Azure CLI を使用した VM の作成Create a VM with the Azure CLI

起こってほしくはないものの、問題が発生することもあります。You hope it never happens, but occasionally something goes wrong. そのような場合は、Azure での Windows 仮想マシンの作成に伴う Resource Manager デプロイメントの問題のトラブルシューティングに関するページを参照してください。If this situation happens to you, look at the information in Troubleshoot Resource Manager deployment issues with creating a Windows virtual machine in Azure.

作成した VM の管理方法How do I manage the VM that I created?

VM は、ブラウザーベースのポータル、スクリプトがサポートされるコマンドライン ツール、または直接 API を使用して管理できます。VMs can be managed using a browser-based portal, command-line tools with support for scripting, or directly through APIs. 実施する一般的な管理タスクは、VM に関する情報の収集、VM へのログオン、可用性の管理、バックアップの作成などです。Some typical management tasks that you might perform are getting information about a VM, logging on to a VM, managing availability, and making backups.

VM に関する情報の取得Get information about a VM

次の表に、VM に関する情報の取得方法の一部を示します。This table shows you some of the ways that you can get information about a VM.

MethodMethod 説明Description
Azure ポータルAzure portal ハブ メニューの [仮想マシン] をクリックし、一覧から VM を選択します。On the hub menu, click Virtual Machines and then select the VM from the list. その VM のブレードで、概要情報を確認したり、値の設定やメトリックの監視を実行したりできます。On the blade for the VM, you have access to overview information, setting values, and monitoring metrics.
Azure PowerShellAzure PowerShell PowerShell を使用して VM を管理する方法については、「Azure PowerShell モジュールを使用して Windows VM を作成および管理する」を参照してください。For information about using PowerShell to manage VMs, see Create and manage Windows VMs with the Azure PowerShell module.
REST APIREST API VM 情報の取得操作を使用して、VM に関する情報を取得します。Use the Get VM information operation to get information about a VM.
クライアント SDKClient SDKs C# を使用して VM を管理する方法については、「Azure Resource Manager と C# を使用した Azure 仮想マシンの管理」を参照してください。For information about using C# to manage VMs, see Manage Azure Virtual Machines using Azure Resource Manager and C#.
Azure CLIAzure CLI Azure CLI を使用して VM を管理する方法については、Azure CLI リファレンスを参照してください。For information about using Azure CLI to manage VMs, see Azure CLI Reference.

VM へのログオンLog on to the VM

Azure Portal の [接続] ボタンを使用して、リモート デスクトップ (RDP) セッションを開始します。You use the Connect button in the Azure portal to start a Remote Desktop (RDP) session. リモート接続の使用を試みているときに、問題が発生することがあります。Things can sometimes go wrong when trying to use a remote connection. その場合は、Windows を実行する Azure 仮想マシンへの Remote Desktop 接続のトラブルシューティングに関するページを参照してください。If this situation happens to you, check out the help information in Troubleshoot Remote Desktop connections to an Azure virtual machine running Windows.

可用性の管理Manage availability

アプリケーションの高可用性を確保する方法を把握しておくことが重要です。It’s important for you to understand how to ensure high availability for your application. この構成では、少なくとも 1 つの VM が実行され続けるように、複数の VM を作成します。This configuration involves creating multiple VMs to ensure that at least one is running.

Microsoft が VM に設けている 99.95% というサービス レベル アグリーメントの要件をカスタム デプロイで満たすためには、複数の VM をデプロイし、可用性セット内でワークロードを実行する必要があります。In order for your deployment to qualify for our 99.95 VM Service Level Agreement, you need to deploy two or more VMs running your workload inside an availability set. この構成により、複数の障害ドメインに VM を分散すると共に、メンテナンス期間の異なるホストにデプロイすることができます。This configuration ensures your VMs are distributed across multiple fault domains and are deployed onto hosts with different maintenance windows. 完全な Azure SLA では、全体としての Azure の可用性の確保について説明します。The full Azure SLA explains the guaranteed availability of Azure as a whole.

VM のバックアップBack up the VM

Recovery Services コンテナーは、Azure Backup サービスと Azure Site Recovery サービスの両方でデータと資産を保護するために使用されます。A Recovery Services vault is used to protect data and assets in both Azure Backup and Azure Site Recovery services. Recovery Services コンテナーを使用すれば、Resource Manager でデプロイされた VM のバックアップを PowerShell を使用してデプロイおよび管理できますYou can use a Recovery Services vault to deploy and manage backups for Resource Manager-deployed VMs using PowerShell.

次の手順Next steps