Azure の Windows 仮想マシン

Azure Virtual Machines (VM) は、Azure が提供するスケーラブルなオンデマンド コンピューティング リソースの 1 つです。 通常、コンピューティング環境を他の手段より細かく管理する必要がある場合に、VM を選択します。 この記事では、VM を作成する前に検討する必要のある事項、VM の作成方法、VM の管理方法に関する情報を提供します。

Azure VM は、VM を実行する物理的なハードウェアを購入して維持する手間を省き、仮想化がもたらす柔軟性を提供します。 ただし、VM のメンテナンス、つまり VM 上で動作するソフトウェアの構成、その修正プログラムの適用、インストールは必要です。

Azure の仮想マシンは、さまざまな方法で利用できます。 いくつかの例を次に示します。

  • 開発とテスト – Azure VM は、アプリケーションのコーディングとテストに必要な特定の構成でコンピューターをすばやく簡単に作成する手段を提供します。
  • クラウドのアプリケーション – アプリケーションの需要は変動する可能性があるため、Azure の VM でアプリケーションを実行することは経済的に理に適っています。 VM が必要になったら追加分の料金を支払い、不要になったらシャットダウンすることができます。
  • データセンターの拡張 – Azure 仮想ネットワーク内の仮想マシンは、組織のネットワークに簡単に接続できます。

アプリケーションで使用する VM の数は、ニーズに応じてスケールアップおよびスケールアウトできます。

VM の作成前に検討する必要のある事項

Azure でアプリケーション インフラストラクチャを構築する際には、多数の設計上の考慮事項が必ず存在します。 開始する前に、VM の次の側面を考慮することが重要です。

  • アプリケーション リソースの名前
  • リソースが格納される場所
  • VM のサイズ
  • 作成できる VM の最大数
  • VM で実行されるオペレーティング システム
  • 開始した後の VM の構成
  • VM で必要な関連リソース

場所

Azure で作成されるすべてのリソースは、世界各地の複数の地理的リージョンに分散されます。 通常、このリージョンは VM の作成時には 場所 と呼ばれます。 VM の場合、この場所によって仮想ハード ディスクの格納場所を指定します。

次の表に、利用可能な場所の一覧を取得する方法の一部を示します。

Method 説明
Azure portal VM を作成するときに一覧から場所を選択します。
Azure PowerShell Get-AzLocation コマンドを使用します。
REST API 場所の一覧表示操作を使用します。
Azure CLI az account list-locations 操作を使用します。

可用性

Azure は、単一インスタンス仮想マシン向けに、業界をリードする 99.9% というサービス レベル アグリーメントを発表しました。ただし、すべてのディスクに Premium Storage を使用した VM をデプロイすることが条件となります。 デプロイが、VM に適用される 99.95% という標準のサービス レベル アグリーメントの要件を満たすためには、可用性セット内でワークロードを実行する複数の VM をデプロイする必要があります。 可用性セットにより、Azure データ センターにある複数の障害ドメインに VM を分散すると共に、メンテナンス期間の異なるホストにデプロイすることができます。 完全な Azure SLA では、全体としての Azure の可用性の確保について説明します。

VM サイズ

使用する VM のサイズは、実行するワークロードによって決まります。 さらに、選択したサイズによって、処理能力、メモリ、ストレージの容量などの要素が決まります。 Azure では、さまざまな種類の使用をサポートするために、さまざまなサイズを用意しています。

Azure では、VM のサイズおよびオペレーティング システムに基づいて時間単位の料金が請求されます。 時間単位を満たさない場合は、分単位でのみ請求されます。 ストレージは別料金で、別個に請求されます。

VM の制限

サブスクリプションにはそれぞれ既定のクォータ制限が設けられており、プロジェクトで多数の VM をデプロイする場合に、その点が影響する可能性があります。 現在は、リージョンあたり 20 VM の制限がサブスクリプションごとに設けられています。 制限は、サポート チケットで引き上げを依頼することによって引き上げることができます。

オペレーティング システム ディスクおよびイメージ

仮想マシンは、仮想ハード ディスク (VHD) を使用して、オペレーティング システム (OS) およびデータを格納します。 VHD は、OS をインストールするために選択できるイメージの保存にも使用できます。

Azure には、Windows Server オペレーティング システムのさまざまなバージョンと種類で使用できる Marketplace イメージが多数用意されています。 Marketplace イメージは、イメージの発行元、プラン、SKU、およびバージョン (通常は最新バージョンとして指定) によって識別されます。 64 ビットのオペレーティング システムのみがサポートされています。 サポートされているゲストのオペレーティング システム、ロール、機能の詳細については、「Microsoft Azure 仮想マシンのマイクロソフト サーバー ソフトウェアのサポート」を参照してください。

次の表に、イメージに関する情報を見つける方法をいくつか示します。

Method 説明
Azure portal 値は、使用するイメージを選択する際に自動的に指定されます。
Azure PowerShell Get-AzVMImagePublisher -Location location
Get-AzVMImageOffer -Location location -Publisher publisherName
Get-AzVMImageSku -Location location -Publisher publisherName -Offer offerName
REST API イメージ発行元の一覧表示
イメージ プランの一覧表示
イメージ SKU の一覧表示
Azure CLI az vm image list-publishers --location 場所
az vm image list-offers --location 場所 --publisher 発行元名
az vm image list-skus --location 場所 --publisher 発行元名 --offer プラン名

独自のイメージをアップロードして使用することができますが、そのとき、発行元名、プラン、SKU は使用されません。

拡張機能

VM の拡張機能は、デプロイ後の構成と自動化タスクを通じて VM に追加の機能を提供します。

拡張機能を使用して、次のような一般的なタスクを実行できます。

  • カスタム スクリプトの実行カスタム スクリプト拡張機能を利用すれば、VM のプロビジョニングの際にスクリプトを実行して、VM でワークロードを構成できます。
  • 構成のデプロイと管理PowerShell Desired State Configuration (DSC) 拡張機能 を利用すれば、VM で DSC をセットアップして構成と環境を管理できます。
  • 診断データの収集Azure Diagnostics 拡張機能を利用すれば、アプリケーションの正常性を監視するために使用できる診断データを収集するように VM を構成できます。

次の表のリソースは VM によって使用されるため、VM の作成時に存在するか、作成する必要があります。

リソース 必須 説明
リソース グループ はい VM は、リソース グループに含まれる必要があります。
ストレージ アカウント はい VM には、その仮想ハード ディスクを格納するストレージ アカウントが必要です。
Virtual Network はい VM は、仮想ネットワークのメンバーである必要があります。
パブリック IP アドレス いいえ VM には、リモートでアクセスするためのパブリック IP アドレスを割り当てることができます。
ネットワーク インターフェイス はい VM には、ネットワークで通信するためのネットワーク インターフェイスが必要です。
データ ディスク いいえ VM には、ストレージ容量を拡張するためのデータ ディスクを含めることができます。

データの保存場所

Azure では、顧客データを 1 つのリージョンに格納できるようにする機能は現在、アジア太平洋地域の東南アジア リージョン (シンガポール) と、ブラジル地域のブラジル南部リージョン (サンパウロ州) でのみ使用できます。 その他のすべてのリージョンでは、顧客データは geo 内に格納されます。 詳細については、セキュリティ センターに関するページを参照してください。

次のステップ

最初の VM を作成する