Windows VM 用の Azure Portal での完全修飾ドメイン名の作成Create a fully qualified domain name in the Azure portal for a Windows VM

Azure ポータルで仮想マシン (VM) を作成すると、仮想マシン用のパブリック IP リソースが自動的に作成されます。When you create a virtual machine (VM) in the Azure portal, a public IP resource for the virtual machine is automatically created. この IP アドレスを使用して、VM にリモートでアクセスします。You use this IP address to remotely access the VM. ポータルでは完全修飾ドメイン名 (FQDN) は作成されませんが、VM の作成後に作成できます。Although the portal does not create a fully qualified domain name, or FQDN, you can create one once the VM is created. この記事では、DNS 名または FQDN を作成する手順を示します。This article demonstrates the steps to create a DNS name or FQDN.

FQDN の作成Create a FQDN

この記事では、既に VM が作成されていることを前提としています。This article assumes that you have already created a VM. 必要であれば、ポータルで VM を作成するか、 Azure PowerShell を使用して VM を作成することができます。If needed, you can create a VM in the portal or with Azure PowerShell. VM が起動したら、次の手順を実行します。Follow these steps once your VM is up and running:

  1. ポータルで VM を選択します。Select your VM in the portal. [DNS 名] の下の [構成] をクリックします。Under DNS name, click Configure.

    [DNS 名] の下の [構成] をクリックする

  2. 目的の DNS 名を入力し、 [保存] を選択します。Enter the desired DNS name and then select Save.

    パブリック IP リソースの DNS 名ラベルを入力

  3. VM の概要ブレードに戻るために、 [パブリック IP アドレス] ブレードを閉じます。To return to the VM overview blade, close the Public IP address blade. "DNS 名" が表示されていることを確認します。Verify that the DNS name is now shown.

リモート デスクトップ プロトコル (RDP) 用など、この DNS 名を使用して、VM にリモートで接続できるようになります。You can now connect remotely to the VM using this DNS name such as for Remote Desktop Protocol (RDP).

次の手順Next steps

これで、VM にパブリック IP と DNS 名が設定されたため、IIS、SQL、SharePoint などの一般的なアプリケーション フレームワークやサービスをデプロイできるようになりました。Now that your VM has a public IP and DNS name, you can deploy common application frameworks or services such as IIS, SQL, or SharePoint.

Azure デプロイの構築に関するヒントについては、Resource Manager の使用に関する記事から確認することもできます。You can also read more about using Resource Manager for tips on building your Azure deployments.